FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩場整備
今日、不動岩正面壁のなめくじ岩の浮き石を処理してきました。
1.jpg
赤丸が浮き石箇所です。

西壁の方からⅤ級程の緩傾斜を登り「リトルボーイ」の終了点上に出て「小熊」の終了点まで登りました。
2.jpg
赤丸が浮いた箇所。

この浮いた箇所を破壊せずに下すためなめくじ岩上に設置されている支点まで登りました。この支点は数年前のリボルトの時に設置したものです。
DCIM0003.jpg
確かな支点が一ヶ所では心許ないのでもう一ヶ所打ちました。

KINetで考案されたトップロープ式で浮き石を下す方法を使いました。
DCIM0004.jpg
浮き石の上っ面に10mm径の穴を開けました。

そこにグージョンボルトを設定し上の支点からのロープをセットし吊り下げ準備は完了。
DCIM0006.jpg
下に伸びているロープは下す時に壁に当たって割れるのを防ぐためのものです。

吊り下げ準備が出来たら浮き石の割れ目にバールを差し込みます。
DCIM0007.jpg

差し込むだけで石が動きました。そして殆ど力を入れないまま抉ると簡単に剥離しました。
DCIM0008.jpg
その後近辺の浮いた箇所も撤去しました。

剥離後の跡
DCIM0011.jpg
赤線で囲った箇所。

剥離させた岩はゆっくり慎重に下しました。
DCIM0009.jpg

岩の大きさです。
DCIM0015.jpg
打ち込んだグージョンボルトを取るため割りましたので小さく見えます。

作業時間は約2時間程。私を含め7名で作業しました。

不動岩はまもなくシーズンに入ります。今回の処理で事故の原因になる物を撤去出来て良かったです。

今日参加された皆様大変お疲れ様でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
三連休の最終日にロクスノ081で紹介されていたMORISAMAが開拓された【向こう長屋】に行って来ました。

取り付きは長屋坂の手前200m?の左カーブを抜ける辺り
DCIM0034.jpg
赤矢印辺りに赤い鳥居と『ゴミをすてるな』のチラシがあります。岩場への入口は水色矢印から
ここに普通車2台止めれます。

反対側にも駐車スペースがあります。
DCIM0033.jpg
軽なら2台止めれます。

アプローチは緩やかな登山道?で急登はありません。
DCIM0036.jpg
岩場への道では無いような傘をさしても歩けます。


入口から5分程で右側下に
DCIM0035.jpg
「スポ少ボルダー①」がありました。

そこから3分程で分岐点に
DCIM0037.jpg
大きな岩の上に不自然な石ころが乗っているのが目印(無くなっているかも?)
緑矢印の右は「テーブルロック」「テーブルサイド」「吊天井」エリアへ
黄色矢印は「モアイ岩」「代官ドリーネ」へ

この日は「モアイ岩」で遊びました。
DCIM0038.jpg
ここまで約10分。
ここには写真右から『ひふみん 5.9』『定跡 5.10b』『一手の重み 5.10b』『と銀 5.11b』『プロジェクト(推定5.12以上』『角道 5.10a』と6本のラインが引かれています。
この日はトポを持ってなかったので右から順に登り(と銀とプロジェクトはラインが不明で登っていない)私とあらみちゃんでグレイドを推測しましたがトポっと殆ど合っていました。

定跡5.10bですが終了点が2か所有りました。
DCIM0039_LI.jpg
トポでは赤矢印のラインになっていますが青矢印のラインはハングを豪快に越えて行くので面白いです。グレイドは5.10bで良いと感じました。

トポではプロジェクトを含め6本のルートになっていますがラインは交錯や合流があり8本のラインと読み取れます。

アプローチも優しいので初心者や初級者向が楽しめるエリアだと思います。

MORISAMAが雨に強いとのことでしたが当日の雨には弱いのではと感じました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
友人のアンパンマンさんからの情報です。

【不動岩正面壁、小熊の終了点左側の通称なめくじ岩?が欠けていました。
その下部を見ると欠けていた岩よりさらに大きな岩が剥離しそうでした。
手で触っても、グラグラ動きます。
H301007 小熊の終了点1-1 - コピー
(水色丸は「小熊」の終了点で赤線で囲った部分が浮き岩)

ロワーダウン時に剥がして持って降りようとしましたが、力を入れすぎて下部に落とすのが怖いのと、どれくらいの力で剥がれるのか分からなかったので、そのままにしています。
(少しの力では剥がれませんでしたが、足で踏んだら、多分落ちるでしょう。
 ただし、ルート上では無いので踏むことは考えられませんが、精いっぱいのクライマーなら触ることはあるでしょう!)
隙間は最大2センチ位あり、今後の風雨で自然落石の可能性もあります。
因みに、剥離を諦めてろわーダウン後に、他のエリアから来た人が、
『あるクライマーがトライ中、その岩の上部の岩が剥離し落下。中断で粉々になった一部が下にいたクライマーの手に当たったそうです。』
H301007 小熊の終了点2-2 - コピー
(水色線で囲った部分が剥離した跡、赤線で囲った部分がぐらぐらしている)

みなさん、くれぐれもご注意の程、宜しくお願い致します。】

因みに不動岩正面壁全景の写真です。
不動岩② 007 - コピー_LI
赤丸で囲った岩が通称なめくじ岩です。

クライマーと比較すると
不動岩② 009 - コピー_LI
クライマーはイケチャンで身長175cm位です。

これから不動岩正面壁もシーズンに入りますので十分注意して下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
徳島県のローカルクライマーさんが日和佐の岩場の状態をフェイスブックに投稿していますがシェアの仕方が分からないのでローカルさんの承諾を得て転載しました。写真も付け加えました。

↓↓投稿記事ここから↓↓
日和佐に偵察に来ています(9月24日)。
ラジャラウトの上部が剥離しています。
ラジャラウト①
(赤丸で囲った部分)
ラジャラウト②
(水色丸は上のボルト、緑丸は下のボルト)
ここにはボルトが打ってありました。
グランドフォールをする高さでは有りませんが、核心を余裕で通過出来る方以外はトライしない方が良いと思います。
ルート設定者と相談しておきます。

日和佐 080 - コピー
(2014年12月に撮影したものです。赤線で囲った部分が剥離)
日和佐 082 - コピー
(現状では写真で赤く囲った部分のボルトがありません)

日和佐 098 - コピー
ここにヌンチャクが掛けれなければ精神的圧迫は相当なものになると思います。因みにクライマーはハタネーです。)

波が高く、壁の状態も良くないので未確認のルートも有ります。
目立ったのはラジャラウトだけですが、足元の形状が変化している場所が何ヵ所か有ります。
潮騒エクスタシーの私が使っていたホールドが1つ無くなっていました。
影響の無いホールドです。
他のも有るかもしれません。
もうすぐシーズンに入りますが、充分に注意してください。
↑↑ここまで↑↑

あとメッセージでの情報です。
↓↓ここから↓↓
ひだまりエリアにおいてはルート上は目に見える大きな剥離は有りませんでした。フィッシュダンスの裏側に大きな剥離が有りました。潮騒エクスタシーのみ登りました。小さな欠けが幾つか有りました。
ドーム内は波が高く、状態も悪く、確認出来ない剥離が有るかもしれません。岬めぐりとオウ穴群に変化は有りませんでした。踊り子が何ヵ所か小さく欠けが有りました。ドームの入り口付近、岬めぐりの取り付き、サウダージのビレイポイント前のみんなが荷物を置いて有る付近等、足元の形状が変化している場所が有りました。
この夏から先日の台風で大きな変化をもたらしています。
ラジャラウトは人気ルートなので、早目の対応を考えています。
まずは注意換気のために情報を拡散してください。
よろしくお願い致します。
↑↑ここまで↑↑

上記のように見た目では判別出来ない傷が各所に有ると思われます。今後登るときはホールド、スタンスの何処が突然剥離するかも知れません。細心の注意をもって、そして自己責任で取り付くようにしましょう。

なお現在ルート設定者が対処するよう協議中とのことです。
要請があればお手伝いさせていただきます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
今日現場を見に行って来ました。
IMG_0738.jpg
倒木3本の内、1本は亀さんHさんがノコギリで処理していた。
残り2本の細い方を伐ろうとした時、初Nさんが下山して行った。

細い方の片側を伐った時に初Nさんから電話あり駐車場オーナーのUさんがチェーンソーを持って今から行くとのことだった。
IMG_0742.jpg
実は昨日Uさんにチェーンソーで処理をお願いしていたが土曜日での約束だった。

一番太いのを出来ればノコギリで伐ってやろうと思っていたが約50cm程の直径なので見ただけで気が萎えていたのでメッチャ有難かった。
IMG_0746.jpg
チェーンソーの威力は凄く10分程で完了!感謝感謝です。

IMG_0752.jpg

帰り畑に愛する会のUさんが居たので経緯を報告することが出来ました。ラッキー!

それからアプローチでくそ腹立つ事が
IMG_0739.jpg
写真の赤丸にウンコがあった。人間の。
この辺りには以前からウンコが放置されている。
ここは橋の下で見え難いのであろうがここをアプローチとしているクライマーにとっては堪ったもんでは無い!

誰がするのか?ここはバス釣りの好ポイントなのか平日にも関わらずバスアングラーをよく見かける。

ウンコは水で洗い流しておきました。

この辺りでウンコをさせないようにする何か良い案は無いでしょうか?
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ