FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩場整備
22日金曜日
10時から総勢6名で作業を開始
エリア上部から懸垂で降下、途中「ハングルート 5.10a」の終了点を交換
DSC_0002_202005251529332be.jpg
↑↑摩耗は見られなかったが交換することに。
↓↓交換後
DSC_0003_20200525152934505.jpg

DSC_0004_LI.jpg
赤線で囲った部分が浮き岩

M10.5mmのドリルビットで慎重に穴開けを
DSC_0009_202005251529403a2.jpg

使用したアンカーはSUSのM10mm×80mmのオールアンカー
DSC_0007_20200525152937812.jpg
ハンガーはPETZLのSUSハンガーを

DSC_0008.jpg
浮き岩と壁とはスチール製ターンバックルを使用した(出来ればSUSターンバックルを使用したかったが取り寄せに時間が掛かるため)

DSC_0016_20200525154719a5e.jpg
3ヶ所で固定。これで浮き岩自体が砕けない限り崩落することは無いと思うが100%の安全は保障出来ません。

その後FIXロープの張替えを
DSC_0022.jpg
スカーフェイスとシアター間

登下降路とスカーフェイス間
DSC_0024_20200525154723c07.jpg

回収したFIXロープの残骸
DSC_0026_2020052515472465d.jpg

帰り支度していた時にお手伝いしていただいた方から『これマダニ?』
DSC_0019_20200525154720f85.jpg
マダニです。「王様気分.10c」「殿様気分 5.10c」の取り付きに2匹いました。要注意です!

この日お手伝いしていただいたI氏、N氏、F氏、H氏、M氏お疲れ様でした。ありがとうございました。

23日土曜日
前日FIXロープの張替え時に行うつもりだったボルトの打替えが私の勘違いな思い込みで出来なかった作業を
DSC_0038_20200525160218a2d.jpg
↑↑22日ハンガーをアンカーの拡張側(下から)から入れようとしたが入らなかった。仕方無くロープだけを交換した。

↓↓帰る道すがら原因を考えていたが、家に近づいた頃『あっ!』と気付いた。ナットを外してネジ側から入れればと
DSC_0040.jpg
問題無く入りました。歳と共に頭と身体が固くなる仕方ないのかなぁ・・・半面柔らかくなる部分もあるけど
今回FIXロープ用の支点に使用したハンガーはメトリウス製だった。今までPETZLやFIXEだけで上下どちらからも入っていた。

昼から一人で不動へ、土曜日なので駐車スペースは満車だろうと思っていたが1台しか止まって無くて拍子抜けした。
DSC_0017_2020052516135266c.jpg
この支点にはオールアンカーとアイナットが使われていたが、赤矢印のピンが殆ど入っていない、これでは岩の中で拡張していないことになる。原因は穴開けが浅過ぎたためです。

DSC_0028_20200525160211efe.jpg
古い支点の横にSUSM10mm×60mmのオールアンカーを打ち込みました。

DSC_0029_20200525160212915.jpg
古い支点はハンガーを外してアンカーを切断しモルタルパテで迷彩しました。

DSC_0032.jpg
⇕⇕14ヶ所全ての支点を同じ施工をしました。
DSC_0033.jpg

この日回収した古いアンカー類
DSC_0036_202005251602171e0.jpg
今回使用した資材は【関西岩場環境整備ネット(KINet)】さんから提供していただきました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
【緊急事態宣言解除後の岩場利用のガイドライン】
新型コロナウイルス(COVID-19)の対応が長期化するであろうことを見据え、JFAでは公衆衛生と岩場を擁する地域に配慮した緊急事態宣言解除後のクライミングのガイドラインの策定を進めてきました。
政府は5月14日、39県で緊急事態宣言を解除したのに続き、21日には京都・大阪・兵庫の3府県も宣言を解除すると報道されました。
宣言が解除された後は、我慢に我慢を重ねてきたクライマーが、どっと岩場に繰り出す事態も予想されます。緊急事態宣言の解除=収束ではなく、第2波、第3波が来ることも覚悟しておく必要があります。
クライマーが一気に岩場に集まれば、いわゆる「3密」の 密閉(移動時)・密集・密接の状態は避けられないでしょう。中には症状が出てないコロナウイルス感染者がいる可能性もあります。自分自身も感染者かもしれないということを心しておきましょう。
しかし、「このまま岩場に行かないでStay Homeを続ける」というクライマーは少数派だと思います。ではどうすればよいのか?
緊急事態宣言解除後のクライミング形態の参考になるガイドラインをいち早くアメリカのアクセスファンドが公開しています。これは、現時点でも、将来的に同様な状況が発生した場合にも適用が可能なガイドラインとなっていますが、アメリカの状況に則した一般的な内容であるため、これをもとに日本の岩場環境や社会情勢などを鑑みてアレンジしたものを以下に提言したいと思います。
※5/21時点での緊急事態宣言発出中の地域=北海道・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県
※アメリカ・アクセスファンドによるガイドラインは、いーづか様のブログ[May the friction be with you!]に掲載された意訳版を参考にさせていただきました。
●May the friction be with you!
https://takato77.hatenablog.com/entry/2020/05/01/071227
●米国アクセスファンドのCOVID-19対策記事の原典
https://www.accessfund.org/open-gate-blog/climbing-during-the-coronavirus-pandemic
◆Chill out(冷静になれ)
・できれば登りに行かない。
→当面の間はやはりこれが無難。基礎疾患をお持ちの方は特に注意してください。
・クライミングは、適切なソーシャルディスタンスの保持が難しい活動であることを理解する。
→1か所に長時間とどまり、狭いトレイルやビレイ場所をシェアし、安全確認時には濃厚接触も避けづらい。
・クライミングギアの共有や、水や食べ物のシェアを避ける。
→ロープ・クイックドロー・ビレイ器・ビレイグローブ・ボルダリングマット・チョークバッグ・ロングブラシ等は個人で用意する。飲料を同じボトルでのまわし飲みは厳禁。
→新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染(飛沫が付着した物に接触して感染する)が主な感染理由とされているため(※空気感染はしづらいといわれているが、現時点では未解明な部分も多い)。
◆Minimize everything(すべてを最小化する)
・感染拡大のリスクを受ける岩場近接地域へ配慮し、都道府県境を越えた遠征はしない。特に緊急事態宣言発出が継続中の道都県在住のクライマーは厳守。
・家の近くに岩場があるなら当面はそこに行く。
・混んでいる岩場やピークタイムは避ける。
・地域が来訪自粛を要請している岩場へは絶対に行かない。
・集団で行かない(自分とパートナーの2人までが基本)。
・車の乗り合わせはしない。
◆Be prepared(準備万端に)
・最新の情報を注視し、行政のガイドラインに従う。
・特に土地所有者や地元自治会、ローカルクライミングコミュニティの規定や指示には従う。
・上記を事前にきちんと調べておく。
・最初に選択した岩場が混んでいたら、あきらめて別の岩へ転進する。
・定められたスペースをハミ出すような無理な駐車は決してしない。
→コロナ禍とは関係なく、アクセス問題につながるおそれもあります。
・取り付きで密集・密接が容易に予想できるエリア(例:神奈川県の広沢寺、湯河原幕岩・茅ヶ崎ロック、埼玉県の名栗河又、兵庫県の烏帽子・駒形岩など)の利用は避ける。
→岩場でクラスターが発生したら、その岩場は立入禁止となり、コロナ完全終息まで登れなくなる可能性があります。
◆Protect health and safety(健康と安全を守る)
・岩場に出かける前に自分自身やパートナーの健康状態をよく確認する。
→特に2週間前〜直前に家族を含めて体調不良があった場合、念のため出かけることを控える。
・ソーシャルディスタンス(2m)をできるだけ保つ。当面はマスク着用が望ましい。
・岩場に行く前と後にはきちんと石鹸で手を洗う。また、トライの前後に消毒液スプレーを適宜使用する。持っていない人がいたら貸してあげる。
・リード時にはロープやクイックドロー、カムなどを口でくわえない。
・対面や車座になってレストや飲食をしない。
・手が洗えない簡易トイレのドアノブなどへの接触には特に注意する。
→やむを得ず触った場合は手指消毒を行なう。トイレのない岩場に行く場合は必ず携帯トイレを持参する。
・救助隊を出動させることのないよう、はしゃぎ過ぎず、限界を越えるようなトライ、アプローチ困難な岩場に行くことなどを控える。
・ボルダリングは身体的接触の機会が比較的多いため、より「3密」に配慮した行動をとる。
→スポットを頼む場合は汗の付着を防ぐために肌の露出を少なくした服装でのぞみ、できるだけ自力で着地できるよう、余裕をもったトライを心がける。
どうか皆さま、クライマー同士や地域とのトラブルのないよう、安全にクライミングを行なうようにお願いいたします。
2020年5月21日
NPO法人 日本フリークライミング協会(JFA)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
DSC_0018 - コピー
小川山「プラズマ火球 5.13c」の杉野保氏 2000年夏 飯山健治氏撮影

このインタビューは伊豆・城ケ崎で不慮の事故により亡くなる2週間前に行われたそうです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
22日金曜日10時から不動岩スカーフェイスの浮き岩固定作業を行います。
88049655_2839831779431148_2324436094436769792_o.jpg
赤線で囲った岩は2月24日に剥離落石があった残りの岩です。
落とすには大き過ぎて道路まで落ちる可能性があるので協議の結果固定することにしました。
当初4月22日に作業を予定していましたが大阪府・兵庫県に緊急事態宣言が発出されたので延期していました。

現在コロナ禍が未だ収束していないですが、21日に大阪府・兵庫県が緊急事態宣言を解除されそうとの報道から
解除されれば週末には多くのクライマーが訪れる事が予想されます。なのでこの日に決めました。
作業にあたっては事故を起こさないように安全に配慮すると共に、コロナをうつさないうつらないを肝に銘じ
マスク・消毒等万全を期して行います。
クライマー諸氏のご理解とご協力宜しくお願い致します。
固定作業が早目に終わればシアターの終了点の点検を行い交換が必要なものは交換します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
17日日曜日(晴)暑かった。
西区から六甲山系には歩いて行けん!と先週FBに投稿したら『行ける!』とのコメントをいただいたので歩いてみた。
目的地は【須磨アルプス】
道程だが安全を考慮して歩道のある道を選んで歩くことにした。
家⇔農業公園⇔学園都市⇔名谷⇔須磨アルプス
DSC_0005_20200518150030144.jpg
学園都市と名谷の間にある総合運動公園【ほっともっとスタジアム】
以前オリックスのホームグラウンドでイチローが活躍していた。
ここまでで約2時間

DSC_0006_20200518150031d11.jpg
総合運動から須磨アルプス(赤矢印)望む
ここには日本で唯一新幹線の上を市営地下鉄が走っている。

DSC_0009.jpg
この階段が須磨アルプスの入口
六甲全山縦走路最初の難所で階段は440段ある。
若かりし頃この階段を一気に走り上がっていたがこの日は途中で一息入れながら上がった。

DSC_0012_20200518150036ac1.jpg
須磨アルプス最初のピーク【栂尾山頂】標高273m
ここまで約3時間
DSC_0013_202005181500377d6.jpg
【横尾山頂】標高312m

DSC_0014_2020051815003993f.jpg
この景観から【須磨アルプス】と呼ばれている。
花崗岩が風化によりこの景観が出来上がったが現在も風化が進行している。

名称【馬の背】縦走大会でここを起点に渋滞が起こる。
DSC_0015_202005181500416c8.jpg
昨年だったかイチローがここを走り抜けるCMがあった。NTTドコモやったかな。

次のピークは【東山】253mなのだがハイカーが多かったのでスルーした。
ここから新しい縦走路と分岐していたが元の縦走路を歩いた。

DSC_0016_2020051815004203c.jpg
須磨アルプスの麓を巻いている横尾道。新しい縦走路はここに下りてくるよう。
DSC_0017_20200518150043b3a.jpg
横尾道のベンチで定番の昼飯を
ここで靴を脱いで休憩したが足の指の付け根が痛い!ここから歩いて帰ればあと3時間程かかる。ここから20分程で地下鉄に乗れるが意地でも歩いて帰ったる!と靴を履き歩き出したが太腿と指の付け根が異常に痛いが我慢して後悔しながら何とか家に帰り着いた。そして完歩したことに少しの充実感に浸った。
share_1589779263635.jpg
歩数50,609歩でした。

FBにへそ曲がりが『行けるやろ』と書いたが、へそ曲がりはわしでした。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ