P1020045.jpg
昨日届いた。

特集記事に

クライミングを科学する

ムーヴの原理を解析し、より効率的な登り方を検証する


ガキの頃から考える先に身体が勝手に動く私にはとっても難解な記事としてザーッと捲った瞬間に脳が拒否司令を出した。

しかし頑張って読んでみようと思っています。
第156回 芥川賞受賞作
P1020038.jpg
同じ灘区出やし財布に五百円の図書券があったので買った。

脚本家倉本聰が開設した【富良野塾】の二期生の二年間の生活を書いている

こんな小説初めて読んだ
友人のFBで見て速攻でポチッと

今日届いた
P1020023.jpg
ポチッとするとき税込み3,024円は高いなぁ~と思っていたが届いた本を手にして納得した

デカイ!

ホンマデカイ!

どれくらいデカイのか
P1020024.jpg
そして分厚い!

じっくり読もうかな
今号は表紙の写真を見るだけでも値打ちがあると思った。
P1020004.jpg
ユタ・キャニオンランズの「Witness the Wideness 5.13a」を第4登するパメラ・シャンティ・パック

見ているだけでムズムズして落ち着かなくなる。

【称名川本流単独完全遡行】 文・写真=大西良治

【トラッドでいこう! Let's Trad Climb】
等が面白い。

今号より新連載の
【地球の登り方(How to climb the earth)】…どっかで聞いたことの有る本が
第1回スペイン「ロデジャール」

文・写真はスペイン+クライミングといえばこの方 米山 学さん。

本当に詳しく書かれています。初めてスペインに行かれる方は必読です。

最初に読んだけど行けんやろなぁ…(涙)

久々の本
P1000231.jpg
仕事の慣れと暑さに開放されやっと本を読む気になった。

会のKさんからお借りした数冊の中から難しくないものをと適当に選んだがドンピシャ!

裏表紙に『日本晴の読み心地を約束する、極上の時代エンターテインメント。』と書かれているが正にその通り!

仇討ちもので久し振りに眠る間を惜しんで一気に読んだ。

肩凝るらんでええわ~。