FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩場整備
今日蝙蝠谷の一本橋と吊階段に防腐剤を塗ってきた
DCIM0015_20181231172620c4a.jpg
大テラスへの吊階段

DCIM0012_201812311726168d2.jpg
蝙蝠谷入口の一本橋

一本橋だが今年台風通過毎に流された 記憶では3回かな?

設置時に流出防止のためチェーンが付けられていたが大量の雨が降ったら所定の位置から外れていた

これがもの凄く重いので元に戻すのは大変しんどかった

で今日外れ防止にチェーンを取り付けた
DCIM0010.jpg

DCIM0011_20181231172615711.jpg
使用した材料のうちチェーンとハンガーとカラビナは過去のリボルトで回収したものを再利用した

実質購入したのは8mmネジ釘と8mmオールアンカーを各2個で300円程やったかな?

そして一本橋と吊階段の観易い箇所に注意書きを掲示した
DCIM0016.jpg
吊階段下

DCIM0013.jpg
一本橋は渡る前の向こう壁へ

内容は
DCIM0014.jpg
近年何かにつけて少しの不備で責任が追及されるので念のために

実際数年前に塗った翌日に吊階段で滑って落ちた方が居た

今日の正面壁の気温は6℃だったが風が無かったので余り寒さは感じなかった

クライマーは何方も来られて無かったがこれくらいなら十分登れるなぁ・・・と思ったが寒がりの私は春まで行かない!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
FIXE社製終了点の「応力腐食割れ」の記事がJFAのFBに投稿されています。

FIXE.jpg

記事は⇒UIAA

記事は「応力腐食割れ」というステンレス合金などで発生する、経年、環境要因(塩害、酸性雨など)、引っ張り荷重/衝撃荷重などによって発生する微細な「亀裂」をともなう腐食によるFIXE製の終了点チェーンの破断事例のことが書いてあります。

応力腐食割れについては十数年前よりJFAでも認識しており、おもに海岸沿いの岩場の(頻繁に衝撃荷重のかかる)中間ボルトで発生するものと考えていましたが(※そのために現在のリボルト事業を進めています)、今回のUIAAの事例報告の記事は静荷重中心の終了点でそれが発生したために少し驚いております(記事では溶接部分がとくに弱いとあり、また、破断は写真にあるV字型のチェーンアンカーで起きやすいと言っています←※設置角度が悪かったのではないかとJFAのリボルト担当は推察)。

ただ考えてみれば、同じステンレス剛なので、中間ボルトであろうが終了点であろうが、素材としての応力腐食割れは起きうるわけで、今後は交換したすべての支点類をより注意深く経過観察する必要があると感じております。

一般のクライマーの皆さまにおかれましても、リボルトされた支点類であっても過信はせずに、使用時には注意していただきたいと思います(※残置支点だけでトップロープしたりせず、バックアップを必ずとり、ロワーダウン時は必ず点検をし、支点に負担をかけないように工夫するなど)。

なお、JFAでは今年からさらに腐食に強い「HCR-PLX」という新しい最高グレードのステンレス剛に使用資材を切り替えていっておりますが、これがこれまでのステンレス剛(SUS304/316)などに比べかなり高価なためなかなか購入・交換がままならないので、皆様からのご支援をいただきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

※西日本方面でこれらの終了点を使用しているのは少ないと思いますが、神戸市北区の烏帽子岩にV字型のチェーンアンカーが設置されている可能性があります。
ステンレス=錆びない=安全との認識になりがちですがステンレスも長年の雨や雪により錆が発生します。
又施工状態により一ヶ所に荷重が集中することもあります。この様な場合経年劣化による破断も有り得ます。
少しでも不安を感じたら躊躇せずバックアップを取りましょう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
今日、不動岩正面壁のなめくじ岩の浮き石を処理してきました。
1.jpg
赤丸が浮き石箇所です。

西壁の方からⅤ級程の緩傾斜を登り「リトルボーイ」の終了点上に出て「小熊」の終了点まで登りました。
2.jpg
赤丸が浮いた箇所。

この浮いた箇所を破壊せずに下すためなめくじ岩上に設置されている支点まで登りました。この支点は数年前のリボルトの時に設置したものです。
DCIM0003.jpg
確かな支点が一ヶ所では心許ないのでもう一ヶ所打ちました。

KINetで考案されたトップロープ式で浮き石を下す方法を使いました。
DCIM0004.jpg
浮き石の上っ面に10mm径の穴を開けました。

そこにグージョンボルトを設定し上の支点からのロープをセットし吊り下げ準備は完了。
DCIM0006.jpg
下に伸びているロープは下す時に壁に当たって割れるのを防ぐためのものです。

吊り下げ準備が出来たら浮き石の割れ目にバールを差し込みます。
DCIM0007.jpg

差し込むだけで石が動きました。そして殆ど力を入れないまま抉ると簡単に剥離しました。
DCIM0008.jpg
その後近辺の浮いた箇所も撤去しました。

剥離後の跡
DCIM0011.jpg
赤線で囲った箇所。

剥離させた岩はゆっくり慎重に下しました。
DCIM0009.jpg

岩の大きさです。
DCIM0015.jpg
打ち込んだグージョンボルトを取るため割りましたので小さく見えます。

作業時間は約2時間程。私を含め7名で作業しました。

不動岩はまもなくシーズンに入ります。今回の処理で事故の原因になる物を撤去出来て良かったです。

今日参加された皆様大変お疲れ様でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
今日現場を見に行って来ました。
IMG_0738.jpg
倒木3本の内、1本は亀さんHさんがノコギリで処理していた。
残り2本の細い方を伐ろうとした時、初Nさんが下山して行った。

細い方の片側を伐った時に初Nさんから電話あり駐車場オーナーのUさんがチェーンソーを持って今から行くとのことだった。
IMG_0742.jpg
実は昨日Uさんにチェーンソーで処理をお願いしていたが土曜日での約束だった。

一番太いのを出来ればノコギリで伐ってやろうと思っていたが約50cm程の直径なので見ただけで気が萎えていたのでメッチャ有難かった。
IMG_0746.jpg
チェーンソーの威力は凄く10分程で完了!感謝感謝です。

IMG_0752.jpg

帰り畑に愛する会のUさんが居たので経緯を報告することが出来ました。ラッキー!

それからアプローチでくそ腹立つ事が
IMG_0739.jpg
写真の赤丸にウンコがあった。人間の。
この辺りには以前からウンコが放置されている。
ここは橋の下で見え難いのであろうがここをアプローチとしているクライマーにとっては堪ったもんでは無い!

誰がするのか?ここはバス釣りの好ポイントなのか平日にも関わらずバスアングラーをよく見かける。

ウンコは水で洗い流しておきました。

この辺りでウンコをさせないようにする何か良い案は無いでしょうか?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
昨年(2017年10月31日)このブログで紹介しましたFIXE製アンカーのリコールですが日本に入荷している製品全てに問題が無いとのことです。
FIXEPLX_2018082815153875a.jpg
情報が提供がお大変遅くなりましたことをお詫びします。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ