FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩場整備
本日(9日)蝙蝠谷の一本橋と正面壁の吊階段に防腐剤を塗りました。
明日行かれる方は滑る恐れがありますので注意して下さい。
DSC_0086_20200609194936a30.jpg
半年間に溜まった落ち葉

DSC_0087_202006091949373cb.jpg
百均で買った刷毛で綺麗に

DSC_0091_20200609194943752.jpg
全ての面に防腐剤をタップリ塗りました。

DSC_0088.jpg
見た目は然程では無いが・・・

DSC_0089_20200609194940c9c.jpg
壁に接する面は削れて地が出ています。

DSC_0090_202006091949411b0.jpg
これもタップリ塗りました。

DSC_0092_202006091949442b7.jpg
何年か前に塗った翌日滑って落ちた方が居たので注意書きを掲示しておきました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
22日金曜日
10時から総勢6名で作業を開始
エリア上部から懸垂で降下、途中「ハングルート 5.10a」の終了点を交換
DSC_0002_202005251529332be.jpg
↑↑摩耗は見られなかったが交換することに。
↓↓交換後
DSC_0003_20200525152934505.jpg

DSC_0004_LI.jpg
赤線で囲った部分が浮き岩

M10.5mmのドリルビットで慎重に穴開けを
DSC_0009_202005251529403a2.jpg

使用したアンカーはSUSのM10mm×80mmのオールアンカー
DSC_0007_20200525152937812.jpg
ハンガーはPETZLのSUSハンガーを

DSC_0008.jpg
浮き岩と壁とはスチール製ターンバックルを使用した(出来ればSUSターンバックルを使用したかったが取り寄せに時間が掛かるため)

DSC_0016_20200525154719a5e.jpg
3ヶ所で固定。これで浮き岩自体が砕けない限り崩落することは無いと思うが100%の安全は保障出来ません。

その後FIXロープの張替えを
DSC_0022.jpg
スカーフェイスとシアター間

登下降路とスカーフェイス間
DSC_0024_20200525154723c07.jpg

回収したFIXロープの残骸
DSC_0026_2020052515472465d.jpg

帰り支度していた時にお手伝いしていただいた方から『これマダニ?』
DSC_0019_20200525154720f85.jpg
マダニです。「王様気分.10c」「殿様気分 5.10c」の取り付きに2匹いました。要注意です!

この日お手伝いしていただいたI氏、N氏、F氏、H氏、M氏お疲れ様でした。ありがとうございました。

23日土曜日
前日FIXロープの張替え時に行うつもりだったボルトの打替えが私の勘違いな思い込みで出来なかった作業を
DSC_0038_20200525160218a2d.jpg
↑↑22日ハンガーをアンカーの拡張側(下から)から入れようとしたが入らなかった。仕方無くロープだけを交換した。

↓↓帰る道すがら原因を考えていたが、家に近づいた頃『あっ!』と気付いた。ナットを外してネジ側から入れればと
DSC_0040.jpg
問題無く入りました。歳と共に頭と身体が固くなる仕方ないのかなぁ・・・半面柔らかくなる部分もあるけど
今回FIXロープ用の支点に使用したハンガーはメトリウス製だった。今までPETZLやFIXEだけで上下どちらからも入っていた。

昼から一人で不動へ、土曜日なので駐車スペースは満車だろうと思っていたが1台しか止まって無くて拍子抜けした。
DSC_0017_2020052516135266c.jpg
この支点にはオールアンカーとアイナットが使われていたが、赤矢印のピンが殆ど入っていない、これでは岩の中で拡張していないことになる。原因は穴開けが浅過ぎたためです。

DSC_0028_20200525160211efe.jpg
古い支点の横にSUSM10mm×60mmのオールアンカーを打ち込みました。

DSC_0029_20200525160212915.jpg
古い支点はハンガーを外してアンカーを切断しモルタルパテで迷彩しました。

DSC_0032.jpg
⇕⇕14ヶ所全ての支点を同じ施工をしました。
DSC_0033.jpg

この日回収した古いアンカー類
DSC_0036_202005251602171e0.jpg
今回使用した資材は【関西岩場環境整備ネット(KINet)】さんから提供していただきました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
22日金曜日10時から不動岩スカーフェイスの浮き岩固定作業を行います。
88049655_2839831779431148_2324436094436769792_o.jpg
赤線で囲った岩は2月24日に剥離落石があった残りの岩です。
落とすには大き過ぎて道路まで落ちる可能性があるので協議の結果固定することにしました。
当初4月22日に作業を予定していましたが大阪府・兵庫県に緊急事態宣言が発出されたので延期していました。

現在コロナ禍が未だ収束していないですが、21日に大阪府・兵庫県が緊急事態宣言を解除されそうとの報道から
解除されれば週末には多くのクライマーが訪れる事が予想されます。なのでこの日に決めました。
作業にあたっては事故を起こさないように安全に配慮すると共に、コロナをうつさないうつらないを肝に銘じ
マスク・消毒等万全を期して行います。
クライマー諸氏のご理解とご協力宜しくお願い致します。
固定作業が早目に終わればシアターの終了点の点検を行い交換が必要なものは交換します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
7日火曜日烏帽子岩で終了点整備をやって来ました。

助っ人は
DSC_0081.jpg
松ちゃん♀ 遅れて松ちゃん♂も来てました。

5日に登攀工作員さん写してもらった写真と2016年1月に調査した資料を基に取り掛かった。
烏帽子岩終了点摩耗度調査結果_page-0001 - コピー
赤線のルートはその後手直しされその他のルートにはKINetによりステンレス製のカラビナが各2枚応急処置として残置されていました。

松ちゃん♀に「イジわるおヨネ」を登ってもらい私はユマーリングで上がり作業しました。
DSC_0073.jpg
「イナバウアー」の終了点ですが相当酷い摩耗状態でした。これでロワーダウンされていたとは強心臓と言うか『俺は(私は)大丈夫!』って思っていたのでしょうか・・・

さてナットを外そうとして問題発生!M12で施工されているしWナットだったのでレンチかスパナが2個無ければ外せない。
(リボルト時私も作業したが完全に忘れていました)
DSC_0074.jpg
ならばちょっと手荒いけど摩耗したカラビナを切断しました。(時間的にはこっちの方が早い)

DSC_0075.jpg
KONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。

次は「イジわるおヨネ」ですが今時では滅多に見られないFIXEスーパーシャットアンカーが設置されていました。
DSC_0076.jpg
ここもWナットならば切る!それにしても恐ろしい摩耗
DSC_0077.jpg
ここにはFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。
DSC_0078.jpg
残置カラビナですが絶対に持ち去らないようにお願いします。

次は「アルゼンチリ」
DSC_0079.jpg
ここもよー減ってました
DSC_0080.jpg
ここもFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。

一度下りて松ちゃん♀に「ハーフ&ハーフ」を登ってもらいました。
DSC_0084.jpg
「ハーフ&ハーフ」終了点のカラビナです。いやはや見事な削られかたでした。
DSC_0085.jpg
ここはFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用カラビナは既存のものを残しました。

降りるついでに「サピエンス」もチェック
DSC_0086.jpg
感動するほど削れていました。
DSC_0087.jpg
摩耗したカラビナを切断すれば現在最も多く使われているラッペルステーションになります。
リングにロワーダウン用新品カラビナ2枚を残置しました。

昼飯後の最初のルートは「北山・林ルート(アフターバイトダイレクトと共用)」から
DSC_0089.jpg
FIXEカラビナ付ラッペルステーションにSUSカラビナが2枚残置されていましたがゴチャゴチャした感じでした。
で摩耗したカラビナを切断
DSC_0090.jpg
既存のSUSカラビナをそのまま使用。スッキリしました。ただチェーンの弛みが気になるのですが・・・

続いて「ハーフ&ハーフ」を
DSC_0091.jpg
FIXEカラビナ付ラッペルステーションにスチール製マイロン2個にSUSカラビナが付けられていました。ガルバニックコロージョンで錆が発生していたのと摩耗も酷かったので外しました
DSC_0092.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

次に右横の「タイムトンネル(短)」を(「すきま風」と共用)
DSC_0093.jpg
ここには高価なFIXE安全環付カラビナ付V字ラッペルステーションが設置されていました。
DSC_0095.jpg
安全環付カラビナの摩耗も酷いので切断し周辺にあったリングボルトも撤去しました。
DSC_0094.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

続いて「寄ってらっしゃい(「盛り上がろう」と共用)
DSC_0096.jpg
ここはあまり利用されていないのかカラビナは殆ど摩耗していなかったので既存のSUSカラビナ2枚を残置しました。
DSC_0097.jpg

続いて「ジャスティス」
DSC_0098.jpg
ここも「ハーフ&ハーフ」同様にFIXEカラビナ付ラッペルステーションにスチール製マイロン2個にSUSカラビナが付けられていましたのでカラビナとマイロンを撤去しました。
DSC_0099.jpg
人気ルートだけに摩耗の度合いが酷かった。
DSC_0100.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

次は右横の「ウィング」(「ラマーズ」と共用かな)
DSC_0101.jpg
「ジャスティス」と同様の処置をしました。残置カラビナは既存のものを残しました。

最後は「タフ」
DSC_0104.jpg
摩耗したカラビナを切断し新品のカラビナ2枚をロワーダウン用に残置しました。
以上で烏帽子岩の終了点整備は完了しました。
今後はロワーダウン用に残置したカラビナの摩耗の酷さに気付いた方が交換されることを願っています。

そしてこの日の残骸
DSC_0105.jpg
岩壁やクライマーどもが落ちた跡

※1月から始めた終了点整備ですがJFA(NPO法人 日本フリークライミング協会)とKINet(関西岩場環境整備ネット)さんから
資材の無償提供を受けて行いました。この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。
残りは不動岩のスカーフェイスとシアターの終了点整備ですが世相の雰囲気に配慮し実施したいと考えています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
誠に急なんですが明日(7日)烏帽子岩の「イナバウアー」「ハーフ&ハーフ」「いじわるおよね」「アルゼンチリ」その他
終了点のカラビナの摩耗の酷いものの交換を行います。
交換に所要する時間は約15分程です。
ご不便をお掛けすることになりますがご理解とご協力宜しくお願い致します。

今回使用する資材は関西岩場環境整備ネット(KINet)さんから無償提供されました。
DSC_0069.jpg
今回の提供で残りの摩耗の酷い終了点の全てを交換出来ると思います。

又先日知人のFキさんからカラビナ13枚を提供していただきました。
DSC_0068.jpg
この様な提供は本当に有難く感謝しています。

4日土曜日に偶然お会いした登攀工作員さんが烏帽子岩に行かれるとのことでしたので終了点の調査をお願いしました。
下記の写真は登攀工作員が撮影されたのですが摩耗の酷さがよく分かります。
ハーフ&ハーフ
「ハーフ&ハーフ」

イナバウアー
「イナバウアー」

いじわるおよね
「いじわるおよね」

アルゼンチリ
「アルゼンチリ」

それから4日に不動岩の「ペガサス」の終了点を入れ替えました。
DSCN0332.jpg
チェーンのコマ数を3個にして両支点からの角度を60°になるようにしました。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ