プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
地域別(ブロック)・人口規模別都市人口という表がある。
http://www.mayors.or.jp/research/jinkou/19990331/3-4.html
この表の割合で現在JFAに入会しているクライマー総数を割り出してみると(カッコ内は入会実数)、北海道:45人(53人) 関東:325人(549人) 東海:135人(124人) 近畿:212人(117人) 中国:68人(93人) 四国:31人(8人) 九州:119人(100人)この数字を見る限りでは近畿と四国に入会者少なく関東・中国で入会者が多くなっている。何故なのか私には分からないが、関東は規律を守ろうとする人が多いと思う、30年程前に長距離トラックで週に二三回関東方面に行っていた時、バス停で一列に並んでバスを待っている姿に感心したことがある、関西ではありえない光景である。それと道路が合流する箇所で関東はファスナーのように一台ずつ順序良く合流するが関西特に大阪では絶対に一台ずつ合流するなんて事はありえない、入ろうとすると必ず詰めて入れさせてくれない、関西人特に大阪人は吉本の社長を筆頭にケチなのである。というのが一般的な見方と思うのですが、実はそうではないと思う、それは2005年の小赤壁のリボルトに始まって昨年の不動岩のリボルトに対して個人や各種山岳会、ジム、ショップから多のカンパや資材の無償提供を受けた事実から言えます。
関東人気質と関西人気質の違いを調べてみたら面白いのがありました。
『所謂、東京人、京都人、大阪人の気質の違いについてである。「なにわのことは夢のまた夢」と題したエッセイに、江戸時代、幕府からおふれがでると、江戸の庶民は「まあー、しかたないか」としぶしぶ承諾する。京都の庶民は「そんなん、かんけいあらへん」と無視してしまう。ところが大阪の庶民は「そりゃあ、殺生でっせ」と反発する。』ここでの幕府をJFAに置き換えてみれば、あの数字は納得してしまう、JFAは東京者がやってて関西には恩恵が少ないと思っているクライマーが多いのではないかと私個人は考えています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
free fan54号が手元に届いた。
54cover_l[1].jpg
私はクライミングを初めて2年後の2000年からfree fanの発行元であるJFAに入会した。きっかけは先輩からJFAという団体があって会費を岩場の整備などに充てていると教えてもらった、そして迷わずに入会した。http://homepage2.nifty.com/jfa/クライミングを始めた当初岩場に打たれているボルト類は開拓者などの自己負担であることを知った、しかし殆どのボルト類が錆びたり曲がったりしていて不安を感じていた、実際不動のMCフェイスでフォールの衝撃でボルトが抜けるのを目の当たりにした、その人は一つ下のボルトで止まり事無きを得た。そう言う事もあって入会しまた友人にも進めた。54号の29ページにJFA2006年度会員数が載っている、総会員数は1081人、地域別に見ると関東の549人が最高で次が中部の124人、近畿は117人である、一番少ない地域は四国の8人である。クライマーの総数が日本全国で何人いるのか知らないが、会員数の余りの少なさに驚愕する。近畿の117人という会員数は余りにも少な過ぎると思う、私の所属する会のメンバーだけで20人程入会している。岩場はジムの様に登るのにお金はいらない、ただ古くなったボルトを打ち替えるのには相当のお金がかかるが誰かがやるだろうではいつになるか分からない、主義主張が違うからとか色々あると思うがリボルトやアクセス問題などの啓蒙に取り組んでいるJFAにもっと多くのクライマーが入会しても良いのではないかと日々痛切に感じている。
※決して私はJFAの回し者ではありません
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は「こうもり谷」に行ってきた。
衝原湖の散策路に梅の花が咲いていました。
P1000307a.jpg

衝原湖は呑吐(どんど)ダムに堰き止められた人造湖で、加古川水系の志染川、山田川にかかるダムです。    
P1000308a.jpg

三木市、神戸市、東播磨各地へ生活・農業用水を供給する目的で、1986年(昭和61年)に完成しました。↓↓
http://kobe-mari.maxs.jp/kobe/dondo_dam.htm

今日のこうもり谷は大変暖かく太陽があたっている所では暑く感じるほどでした。
但し岩は適当に冷たく空気も乾燥していて絶好のコンディションでした。
今日は、あらみちゃんが「鷲鼻ハング5.11d」を私は「カンテ5.12c」のR.Pを狙ったのですがワンテンで終わった。
ただしそれなりの収穫はありました、今までレスト出来なかった所でなんとか出来るようになったり、中間部上でクリップ体勢にもって行けなく飛ばしてランナウトさせていた箇所を何の気なしに起こしたムーブで楽にクリップ出来たり、最後のカチが連続するところでデッド気味に取っていた所を身体のフリでスタッティックに取れるようになった。2便目に後2手で終了点まで行ったが左腕が凝った様な感覚で保持出来ずフォールした。まぁ自分でも今までで一番安定した登りが出来たので満足しています。が、やっぱり悔しい!


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の不動岩正面壁は多くのクライマーで賑わっていた。 
P1000289aa.jpg
空いている「ペガサス5.11a」でアップする。このルートは昨年リボルトされケミカルアンカーに打ち替えられた。その時に核心部にあったお助けロープを撤去した、だからかなりランナウトしている。O.SやR.P狙いの人には厳しいと思う。
次に「カーテンコール5.12b」にヌンチャクがかかっていたので登った
P1000300aa.jpg
このルートは「タイコ5.11c」と「ワンマンショー5.11d」のルートの間に造られていて、このルートを登っていたら両サイドのルートが登れない迷惑ルートとして通っている。またこのホールドは使ったら駄目、こことここに足を置いたら駄目というように限定が多過ぎ面白みが全く無いので今まで取り付かなかった。多分これからは平日で空いていて気が向けば取り付くかも知れん。
次に「タイコ5.11c」と「ワンマンショー5.11d」を登った、「タイコ」は上部で皆が使うホールドを使わずにノーテンで登れた。「ワンマンショー」は上部核心で「タイコ」を登っているクライマーの足が手ホールドにあり、空くのを待っているうちにパンプしてフォールした。おまけに前にあった手ホールドが欠けて悪くなっていた。

KINetのBBSに不動岩のフリールートをプラブーツやアイゼンで登っているグループがいて困るという内容の投稿があった。http://8914.teacup.com/mameo/bbs不動岩は元々本チャンや人工の練習場所として拓かれておりエリアの中にはアブミやアイゼントレ用にルートが引かれているところもある、そこをフリーで登る様になったのでアブミやアイゼントレをするなとは言い難い。ほんまに古い岩場は何かと難しい。私はせっかちで考える前に行動してしまう、パートナーに言わせれば前も後も一切考えてないと言われる。そうかなぁ…???
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
一週間前に受けた胃の内視鏡検査の結果を聞きに行って来た。
医師「ん…一応ポリープは良性との結果が出てるけど…一部の組織に変なのぉ…癌細胞になるかも知れんのがあると書いてるなぁ…」
俺「はぁ…」
医師「三ヶ月後にもう一度内視鏡検査して同じところの細胞を取って再検査しよう」
俺「三ヵ月後ですか…」
医師「ゴールデンウィーク前にしよか」
俺「分かりました。日を決めてください、絶食せなあかんでしょう」
医師「日はこちらから連絡します」
俺「分かりました宜しくお願いします。あっそれから左膝の水の溜まり具合もついでにみてください」
医師「よっしゃー!」←ってな言い方はせんかった

今の気持ちは、判決を待つ被告人の心境かな
無罪放免か執行猶予付きか極刑か。まぁなるようになるやろう
明日からの備中がパートナーの体調不良で中止になった。ので明日は久し振りに不動岩に行くことにした。何登ろうかなぁ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
あるジムの掲示板に貼り出されていた、最近起こったある岩場の開拓での不祥事に付いての記事を読んで呆れてしまった。
その岩場は永年に渡って地権者の方や地元との友好関係を築いた上でボルダーエリアとして開拓されたそうです、開拓にあたっては地元の方達も手弁当で岩場への取り付き道の整備や案内看板などの設置をしてくださったそうです。
その岩場にある日突然なんの断りも無しに、ある山岳会の開拓団と称する輩が入り込み、木は切るわ、ボルダーにボルトは打つわ、岩にペンキでルート名を書き込むわ、おまけにゴミを放置したまま好き放題の事をやらかしたそうです。それを知った地権者の方や地元の方達が怒ってその岩場は立入禁止になったそうです。なんやら山岳会開拓団は全てのボルトの撤去を命じられゴミの始末をさせられたそうですが非常識も甚だしいと言わざるを得ません。その開拓団の責任者はかなり反省しているとのことですが、記事にクライマー以前に人間としての常識を疑うとありました。同じクライミングをする者として、そんな山岳会が存在するのに驚くと共に恥ずかしい思いでいっぱいになりました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先週に続き午後半休を取ってPUMPに行った。
メンバーは、サイボーグKさん、クッキングママさん、二番目に可愛いsakiちゃんの四人でした。オープン前に入り込み中2階の休憩スペースで昼飯を食っていたら二階のボルダーエリアから若者が4人下りてきた。ん…???どっかで見た顔やなぁ…?あっ!小山田大やんか。あれ~???木村伸介に似てるなぁ…。
彼らは24日に行なわれるインガカップ2007のルートセットに来ていたのです。二人とも、もっと大男かと思っていましたが予想以上に小柄なので驚きました。

PUMP大阪店はインガカップ2007の為23日は臨時休業。
24日は大会。詳しくは↓↓
http://www.pump-climbing.com/html/gym/osaka_news.html#o_info050


P2220003a.jpg
今日は、5.10bから5.11cまでを12本登った。先週の宿題4本のうち3本を片付けることができた。もう1本は最後の最後に足を滑らせてフォールした。股関節がもうちょっと開けばなぁ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
リボルトをするにあたり原則として元のボルト位置に打ち直すと言う決まり事があります。あくまでも原則としてなんですが、ルートによっては理不尽にランナウトしていたりとか必要以上にボルト多過ぎたりとかしている場合があります。こういうルートのボルト位置を変更する場合には必ず設定者の許可を取り付けてから行なうのですが、私が行なったリボルトで駒形岩の「フィギュアヘッド5.11b」というルートの上部核心部のRCCボルトが度重なる墜落で曲がっていて、いつ抜けてもおかしくない状態でした。    
P1010778aa.jpg
このルートは色んなムーブが楽しめて大変人気があります。ここは既にリボルトされていたのですが、何故かこのボルトだけは手付かずのままでした。リボルト当事者に理由を聞いたところボルト間隔が近いのでリボルトをしなかったそうです。
P1010783aa.jpg
FIXE製ケミカルアンカーをHILTI製グルーアンカーHY-150で設置した。
P1010785aa.jpg
抜いたRCCボルトです、このようなプロテクションが今だ各所に残っていると思われます。

後日あるクライマーから、そのボルトは設定当初は無かったと連絡をいただき直ぐに設定者に承諾を得ようとしましたが所在が不明で連絡が取れず開拓に携わった方々に連絡し事後ですがリボルトの承諾を得ました。
駒形岩が開拓されたのは20数年前で、リボルトした問題のボルトは10年前には打たれていました。このように古い岩場をリボルトする時は開拓者に承諾を得ること事態が難しい状況にあります。また続く
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
3月3-4日(土・日)の両日に備中ニューエリア、2ルンゼでルート整備が行なわれます。当日は一部のルートが登れませんのでご注意下さい。
詳しくは↓↓
http://www.geocities.jp/tcnet_climbing/yotei.html

私は2005年11月兵庫県姫路市「小赤壁」のリボルトを初めとして2006年の神戸市裏六甲の「不動岩」「烏帽子岩」「駒形岩」そして備中の「権現岩」「羽山トンネルサイド」とリボルトを行なってきました。兵庫県の岩場に設置されていたプロテクションはリングボルトやRCCボルト、PETZLのP12と言うケービング用アルミハンガー、そして手製のハンガーや建築用オールアンカーなど多種多彩なボルトが多かったです。備中の岩場には、10mm・12mmオールアンカーに手製ハンガーが多く設置されています。これらのボルトはフリークライミングのプロテクションとしての規格を満たしてはいません。特に備中で多く設置されているオールアンカーは深く入ってはいるものの石灰岩と言う軟らかい岩質では充分なテンションがかからず、いとも簡単に抜く事が出来ました。石灰岩にはケミカルアンカーをグルーアンカーで設置するのが一番信頼性が高いと思います。

2005年11月小赤壁でのリボルト風景
P1010213a.jpg



P1020041a.jpg
2006年3月「烏帽子岩」のリボルトで発覚した錆びたアルミハンガー

P1020044a.jpg
同じく「烏帽子岩」でリボルトしたPETZL P12のボルトとハンガーですが、ボルトの真ん中から色が違ってみえます、このボルトはネジ山3個分しか捻じ込まれていませんでした。


P1020155a.jpg
打ち替えられた終了点です、左はリングボルトにロープやスリングを垂らしています、右は10mm全ネジにFIXE製ハンガー+カラビナを取り付けています。どちらが信頼性が高いか分かると思います。


P1020408a.jpg
FIXE製ケミカルアンカーをHILTI製グルーアンカーRE-500で設置しているところです。

現在、世界で最も信頼性の高いプロテクションはケミカルアンカーですが、FIXE製ケミカルアンカーの定価560円します、PETZLのコリノックスは1750円ほどします。このようにリボルトには多くの資金が必要です、それにはクライマーの方々のカンパが必要です。どうか宜しくお願いいたします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
濃いキャラさんが岩場での危険に対しての投稿がありました是非読んでいただきたく思いましたので紹介します。↓↓

http://www.geocities.jp/tcnet_climbing/toukou/page1.html

この投稿の中で落石に付いての記述があります。本チャンではヘルメットを被るが、フリーのゲレンデでは被らないクライマーが多いです、そう言う私もその一人ですが…。初心者の頃は先輩から言われ被っていたのですが慣れるとともに被らなくなりました、これは是正しなければと反省しています。いくら岩場では自己責任と言っても事故に遭えば他のクライマーの世話になるでしょう。だからせめて落石の多い岩場ではヘルメットを被るようにしなければと思います。
「岩場におけるクライミングの危険について」の記述でまだまだ感じた事がありますが今日はこのへんで。
あっ!gakuさんのブログ「M-Wall日記」が昨日で終了しました、残念でなりません、色々本当に勉強させていただきました。またしょうもないコメントにも丁寧に返事もいただきました。風の噂では新たにブログを開設すると聞いています、楽しみにしていますので早く開設して下さいねぇ…。ほな!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
一昨日、昨夜と充分に睡眠を取ったので疲れがとれたように思う。
昨年末から毎週何処かの岩場に行っていたのでかなり疲れが溜まっていたようだった。
この週末のレストは良い休養になった。
今日は昼から天気が回復したので、近くの里山に出かけた。
ここには秘密の岩がある。クライミング始めた当初にパートナーに恵まれず思うように岩場に行けなかった時、里山の中腹に小さい岩を見つけた。 家から歩いて30分程のところにあって高さは5mぐらい、岩質は「こうもり谷」と同じ凝灰岩でできている。休みになればせっせと通ってルートを作った、ただ初心者だったので岩の上からロープを垂らしてユマールで自己確保して登っていた。 P2180001aa.jpg

三つルートを作った、当初は難しいと思っていたが、今日行ってみたらボルダーグレイドで言えば7級から4級程と感じた。                                         P2180007aa.jpg

この岩のある里山一帯は麓の村の共有財産なので、村の知り合いに断りを入れて登っているP2180009aa.jpg

岩の上から見た我町並み、この写真では見えないが左側に明石海峡大橋が見える。岩の上のハンガーは私が手打ちしたビレイ点です。

P2180005aa.jpg

ここは神戸流通産業団地として造成されたところで以前あった山は神戸空港の埋め立てに使われた。手前にはバブル崩壊で造成を止めたゴルフ場がある。
P2180011aa.jpg

011708[1]a.jpg

今日は久し振りで愛車のマウンテンバイクに乗って里山に出かけた。
P2180003aa.jpg

この里山を東に歩いて1時間ほど行けば「こうもり谷」に出る、以前は良く歩いて行ったが最近は遠のいてた、今日は久し振りに出かけて気持ちが良った、これからは時々出かけるようにしようと思う。





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、近くの掛かりつけの医院で胃の内視鏡検査を受けた。
1月にバリュームで胃の検査を受けた結果「要精密検査」の通知を受けた。
胃の大湾部に膨らみが見られるので内視鏡で検査を受けろと言う内容だった。
今日はついでにエコーで他の内臓も診てもらった、結果は胆嚢付近にのう胞が数個あった以外、内臓脂肪も無く正常だった。
内視鏡の方は食道、十二指腸、など異常が無く綺麗だった(医者と同じ画面を見ながら説明してくれる)問題の膨らみだが、人差し指の第一関節ほどの大きさの膨らみがあった、医者は見た感じでは悪性ではなくただのポリープだと思うが切除して病理検査しますといって輪になった細いワイヤーでポリープを挟み電気を通して焼き切り、5本の細長い爪のようなもので摘んで引き出した、痛くも痒くもなく、へぇ~!ってな感じで終わった。一週間後に結果が分かる。
今日は身体がだるく検査後ゴロゴロと寝て過ごした、明日も体調イマイチなのと、今日出来なかった家の用事をしようと思うのでレストにした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日の記事で二点誤りがありましたので訂正します。
一点目は、PUMPには三ヶ月振りと書きましたが、昨年12月13日(水)に雨男のガッツ君、晴れ女のあらみちゃん、たぶん中間男のラスマツさんと行っていましたので二ヶ月ぶりでした。当然当日は雨でした。

二点目は、sakiちゃんが一番若いと書きましたが、二番目でした。
一番若いのは、ようこちゃんでめちゃくちゃ美人です(年齢は知りません)、会の男性陣(一部)からは姫と呼ばれていましたが一昨年に会の男性(当り前か…)と結ばれ人妻になってしまいました
以上。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、半休を取ってsakiちゃんとPUMPに行った。
PUMPには昨年11月15日以来なので、ちょうど三ヶ月振りだった。
PUMPには雨の時にしか行かないので今日のように天気の良い日に行ったのは初めてかも
今日のPUMPは非常に空いていた。 P2150001a.jpg
写真に写っている方達と我々だけだった、16時頃からは我々だけの貸切状態だった。

今、店長の日曜大工(平日行なっても日曜大工とは…)で1階の受付とショップを改装中で2月16日に完成予定だそうです。
P2150002a.jpg


今日のパートナーのsakiちゃんは私の所属する山岳会では一番若くて可愛い女性である。昨年はクライミングで捻挫や骨折などのアクシデントを経験したが、現在は元気で意欲的にクライミングに取り組んでいる。
P2150004a.jpg

今日は5.10台を5本、5.11台を6本登った。貸切状態なのでどこのルートでも登り放題だったが、赤字ではないのかと心配してしまった…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
この冬は暖冬と言われているが、本当に暖かい。
毎朝通勤電車の中からビルの壁に設置されている温度計を見て手帳に書きとめている。
今朝8時15分頃の気温は13℃であった、ちなみに私が記録したこの冬の最低気温は2月2日の1℃である。
世界各地で異常が起こっていて原因の殆どは人間の乱開発によるそうである。
会社のエレベーターの横に「気づいて下さい、虐待を受けている子どもは、サインをおくっています」と書いたポスターが貼ってある。
この文の一部を変えてみたら「気づいて下さい、虐待を受けている地球は、サインをおくっています」
誰もがはっきりと分かるサインを地球はおくっています。各国の良識ある学者などは前々から警告をしていますが、各国の政治屋や企業家どもは目先の利益や自分達の保身・利権確保の為行動を起こそうとしません、今全世界で使われている軍事費を環境整備や医療整備、貧困の解消にあてればと思うのですが…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
この三連休の備中の岩場は何処も大賑わいでした。
用瀬のキャンプ場も小屋も各地からのクライマーで賑わっていました。
P2110028s.jpg

我々のパーティーは食事は小屋でしましたが寝る場所が無いのでテントで寝ました(利用料金は500円払いました)。
12日(月)の朝飯の時に、小屋に泊まっておられた方から小屋の鍵が無いと聞きました、詳細は分かりませんが土曜日(10日)に来た時に小屋は開いていたそうです。心当たりのある方は早急に返却して下さる様にお願いします。
小屋やキャンプ場を管理してくださっている備中地域局の担当の方々は本当に良くしてくれています。
以前にキャンプ場の炊事棟と便所の電灯が切れていたので交換をお願いしたら、その日に交換してくれました。
又トイレの容量が一杯でもう少しで溢れでそうだった時も直ぐに対処してくれました。
世の中の人の中には公共物を大切にしない人達がいますがクライマーには絶対いないと思います。
備中の岩場を擁する高梁川流域のエリアを今後とも存続させて行く為にも最低限のマナーと決まり事を守って行かなければと連休の備中で感じた次第です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
11日は長屋坂で「Morisama5.12a/b」のR.Pを狙ってトライしました。3便目に核心部での左足の処理が巧くでき核心のホールドをがっちり取れやっとこさR.Pできました。

これから左手を飛ばして核心のホールドを取ります。 P2110008s.jpg


ガッチリと良い所が取れました。
P2110009s.jpg


12日はニューエリアで「時間よ止まれ5.12a」のR.Pを狙い2便出しましたが、1便目に中間部のコルネを取るところでフォールするは核心部では左手が前回持てたピンチが持てずにフォールを繰り返すは、おまけにアンダーで右手人差し指を切るは散々でした。次回持越しとなりましたが、「Morisama5.12a/b」がR.Pできたので上出来の備中ツアーでした。あと8本や^^
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先日、ある岩場の5.12bのルートをリードしていて最終ピンからのムーブが何度やっても分からず降りてきて、くっそー!分からん!などと悪態をついていたら、仲間の一人が「そんなにグレイド追わんでもええやん」と言った。えっ!?いや未だ最後まで登れてないからと答えになってるのかどうか意味不明の返事をした。相手も「あっ!そーか」と理解したのかどうか納得したようだった。
その日以降にどうも「グレイド追わんでもええやん」と言う言葉が気にかかっていた。どう気にかかるのかと言えば、クライマーの中にグレイドの事ばかり言う人がいる、私もその一人やと思う。あそこの5.11をO.Sしたやら、あっちの5.12をR.Pしたやら、今度はあの5.11を狙っているなど、会う毎に聞かされれば聞かされる方は、五月蝿い奴やなぁ…となる。この五月蝿い奴の意味の中に、ホンマにゴチャゴチャ五月蝿いのと、あんたは偉い!大した奴やとヤッカミが含まれている場合がある。どちらにしても相手には良い印象を与えないので今後は言動には注意しようと思う。ただクライマーは巧い下手関係無くグレイドを追っている、これがなければ面白くないし、上達もしないと思う。私はクライミングを初めてず~っとグレイドを追いかけてきたように思う1998年6月にフリークライミングを堡塁岩で初めて経験した、4年後の2002年4月に5.11a「ジャスティス」を初めてR.Pし、3年後の2005年10月に5.12a「活断層」を22便目にR.Pした。クライミングを始めたとき、5.11なんて絶対登れないと思っていたが登れる人達とパートナーを組むようになって登れるようになった、夢の又夢と思っていた5.12も5.11をじっくり登り込む事によって登れるようになった。今の夢は5.13を登ることである。『佐賀のがばいばあちゃんの楽しく生きる方法語録』の[人間は死ぬまで夢を持て!その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。]を読んで非常に共感したし楽になった。しょせん夢である、その夢の実現目指してこれからもガンガングレイドを追って行こうと思う、嫌な奴と嫌われても^^
明日早朝から備中に行く、今回の目標は「Morisama5.12a/b」と「時間よ止まれ5.12a」のR.Pであるが、先週から腰が痛い…原因は最近フォールをよくするのでそれでかなぁ…と思う。無理をせんとこうと思うが…最後までやってしまう。まあ!どうなるか行ってからのお楽しみや^^ほな!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
「がばい」とは「すごい」と言う意味で、漫才コンビB&Bの島田洋七氏が少年時代を佐賀県に住む祖母との貧乏暮らしの様子を書いたものです。同世代を生きた者として、うんうんと頷きながら読んでいます。

P2090003a.jpg

プロローグ
ある夕ご飯の席のことだった。
「ばあちゃん、この二、三日ご飯ばっかりでおかずがないね」
俺がそう言うと、ばあちゃんはアハハハハハハハ……と笑いながら、
「明日は、ご飯もないよ」
と答えた。
俺とばあちゃんは、顔を見合わせると、また大笑いした。
今から四十年ほど前の話である。
思えば、あれから世の中は急変した。
所得倍増計画、高度経済成長、大学紛争、オイルショック、地価上昇、校内暴力、円高・ドル安、バブル、そしてバブルの崩壊、価格破壊、就職氷河期……。
「今、世の中はひどい不景気だ」とみんなは言うけれど、何のことはない。
昔に戻っただけだと、俺は思う。
変わってしまったのは、人間の方だ。
お金が」ないから。
ホテルで食事ができないから。
海外旅行に行けないから。
ブランド物が買えないから。……そんなことで不幸だと思ってしまうなんて、どうかしている。
中略
今、みんなはとてつもない勘違いをしているんじゃないだろうか。
四十年前までには確かにあった幸せを放棄して、不幸な方、不幸な方へと進んでいる気がする。
みんな、道を間違うな!
佐賀の、がばい(すごい)ばあちゃんの話を聞いてくれ!!
幸せは、お金が決めるものじゃない。
自分自身の、心のあり方で決まるんだ。

この本が書かれたのは2001年なので、文中での四十年前は今から言えば四十六年前になる。その時の私は十才で小学校四年生である。私の家も貧乏だった、というか日本の殆どの家が貧乏だったと思う。冷蔵庫や洗濯機、掃除機などは夢の製品だった。車なんて持っている家なんて皆無に等しかった。しかし今の世には無い他人への思いやりがあった。近所付き合いがあった、近所の内部事情は大概把握していた。それに大人は恐かった。古き良き時代やったと感慨に耽っていてはあかんとは思うのやけど…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、仕事を終えて家の近くの医院で左膝の水を抜いてもらった。今年に入って3回目である。そもそもの始りは、2001年11月に白馬杓子岳双子尾根ルートを登った帰りの電車の中で起こった。伸ばしていた足を元にも戻そうとしたところ激痛が走り全く膝を曲げられなくなった、翌日近くの医院で診てもらったら水が溜まっていると言われた、水を抜いて消炎剤を注射してもらったらいっぺんに痛みが無くなった。それから2年間ほどは何の問題も無く、走ったり、自転車で遠乗りをしても異常は無かったが、2年後に又水が溜まり抜いてもらった、原因は永年の酷使で炎症が起こっているのと無理な状態に曲げたり急激な負担がかかっている為と言われ、もっと筋力を付けなさいとも言われた。人並み以上の筋力があると自負していたのでショックやった。それ以降は2年置きに水が溜まっては抜いてもらっている。ここ2年程は、長い距離を走ったり、自転車での遠乗りはしていないがフリークライミングでは相当無理な格好で膝を酷使している。たぶんクライミングを止めるまで膝には水が溜まり続けると思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
JR道場駅に近づくにしたがい霞がかかったようになり幾らなんでも春霞には早過ぎるやろうと思っていたが、今日の烏帽子岩は色んな小鳥のさえずりも聞こえ春~!のようでした。

JR道場駅から不動岩を望む
P2070005a.jpg


今日は年休を取って久し振りに烏帽子岩の「平日クライミング」に参加しました。烏帽子岩で唯一落していなかった「プリティカンテ5.10c」を今日やっとこさR.Pした。

P2070011a.jpg

このルートは濡れている時が多く中々取り付けなかったのと限定(左カンテより出ない)が分からなかったので真剣にトライしていなかった。2P目までのクリップが核心で6級?ほどのボルダームーブで結構面白かった。この後昨年から触っていた「ラマーズ5.12b」に2便出したが最後のクリップをしてからのムーブが相変わらず出来なかった。
P2070019a.jpg

ここがかなり厳しい、左手の小さなアンダーを取って足を中央に寄せれば楽になる。
P2070021a.jpg


次に右手を飛ばしてピンチで持ち左手を飛ばして逆しの字のホールドをアンダー気味に取る、そして右足をヒールフックすれば3ピン目に楽にクリップできる。
P2070023a.jpg


ここからは、これと言ったホールドが無い。既に落した人に聞いたら左上気味に抜けると言うのだが、ほんまに小さい立てカチや水平カチがあるだけ、スタンスも右にはあるけど左には窪み程度のものしかない。どうすりゃ~よかんべ…
P2070024a.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
「死というものは、生のひとつの形なのだ。この宇宙に死はひとつもない。きのう死んだ祖母も、道ばたのふたつに割れた石ころも、海岸で朽ちている流木も、砂漠の砂つぶも、落ち葉も、畑の土も、おととし日盛りの公園で拾ってなぜかいまも窓辺に置いたままの干からびた蝉の死骸も、その在り様を言葉にすれば「死」というしかないだけなのだ。それらはことごとく「生」がその現われ方を変えたにすぎない。」これは宮本輝著作の「にぎやかな天地」上巻の冒頭に書かれている。この考え(思想)は仏法のものである。仏法では生命(命ではない)は永遠と説いているのを以前何かの書物で読んだ事がある、私には到底理解などできる訳がない。
この本の第五章に「死ぬ前の、いったい何年間が満たされたら、人間は幸福やろって考えたんや。人生の何たるかを知り、必要なだけの金があり、生きることが楽しくて仕方がなくて、自分と縁のある人たちも、いろいろと悩みはかかえとるが、まあなんとか息災にやっとる。ああ、人間に生まれてきてよかった。頑張って生きてきてよかった…。そういう時間を、人は人生の最後に何年間くらい持てたらええのかなァと考えると、五年間で充分かなと、いま不肖丸山澄男は思ったわけや」とのくだりがあり、少し置いて「…早死にするっちゅうのは、やっぱり幸福なことではないからね」とある。
今夜元同僚の、お通やに行って来た。始まる三十分前ごろに着き、会場の一番後ろの席に座った。いつからそうしていたのか、高校生のお嬢さんが、父の棺の横で遺影を前にして立ちつくしていた。その姿をみて彼が優しい父であり夫であったことが想像できた。彼の早すぎる死によって家族は深い悲しみと寂しさに包まれるだろうが、一日も早くそれぞれの人生を力強く生き抜いていただきたいと願わずにはおれない。残されたものがそれぞれ幸福になる、それが亡き人への供養になると思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今朝、友人からの連絡で前の職場の仲間が亡くなったと知った。48歳の若さである。いつも物静かで穏やかな顔をされた方でした。今年の初めに脳梗塞で倒れ一度も意識を回復する事なく逝ってしまわれた。死は万人に必ず訪れるのであるが働き盛りだっただけに残念でならないし本人も無念だったろうと思う。残されたご家族には強く生き抜いて欲しいと願うばかりです。どうか安らかにお眠り下さい。合掌
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の「こうもり谷」はアルツさん、モチマスさん、サイボーグKさん、あらみちゃん、sakiちゃん、マメオのSWACメンバーの貸切でした。相当の寒さを覚悟していましたがマーメイド前の広場は太陽があたって暖かかったです

P2040003a.jpg

岩も思ったより冷たくなくクライミングには絶好のコンデションでした。が「カンテ5.12c」を2便出しましたが下部では足に迷い、中間部では横道に逸れてムーブが繋がらないわで全く駄目駄目でした


kanntejyoubu.jpg

一ヶ月振りの「カンテ」にしてもホールドを忘れるとは頭悪い!
一からやり直しや!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
女房のお供をして近くのJA直売所とスーパー三軒梯子をした。JA直売所は二年前に出来たが安くて新鮮なので週末などは凄い人出で入場制限をする時がたまにある。今の時期ならキャベツ、白菜、大根、みずな、など近くの農家で朝取った物が並ぶ、値段は市場の三割から五割は安い。それに生産者の名前が入っているので安心感もある。この直売所が出来てから我家の晩飯に鍋物が多くなったのと野菜サラダの量が異常に多くなった。寒い時の鍋は身体が温まるし最後の雑炊など美味しいのでついつい食べ過ぎてしまう事が多い。食事の量を制限している身には
辛いメニューだ。
明日は久し振りに、こうもり谷へ行く。天気は良いが思ったほど気温が上がりそうにない、ほとんど日が当たらないので岩は冷たいやろうなぁ…「カンテ5.12c」R.Pできるかなぁ…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ブログを開いてから遠征などで記事を書けない場合を省いては毎日更新しようと思っていたが今日(正確には昨日)ある飲み会があって帰りが遅くなり日付が変わってしまった。で脆くも初心貫徹出来ませんでした。残念TT
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今朝も電車に揺られながら「絶対幸福主義」を読んだ。『幸福の定義』の項目の出だしに…あなたは幸せですか?…と問いかけている、その問いかけを自分自身に当てはめれば私は幸せだと思う。人が生活する上での最低条件である衣食住の衣では清潔な服を適当にアレンジしながら毎日過ごしている。食は中トロや神戸牛など食った事は無いがひもじい思いをしない程度に食べていける。住は小さいながらも自分の城を持っている、が借金も相当ある。衣食住が足りているのは職がありそれなりの収入があっての事なので幸せである。又大きな病気もせずこの歳まで来れたのは幸せ以外の何者では無いと思う。ただ37歳の時に自転車に乗っていて2tダンプと正面衝突をして死の一歩手前まで行ったが後遺症も無く元気に毎日を過ごしているこれ程の幸せはないと思う。話が横道にそれたが『幸福の定義』の項目の中でなるほどと思う一文があったので紹介します。[幸福に関するキーワードは「知足」、すなわち「足るを知る」ということであります。まず、今の自分の能力、今の自分が持っているものを知る。そして、その自分にできることを考え、ひとつひとつ実現させていく。それによって「まあ、ありがてえ。満足」という気持ちになれたら、幸せなのではないでしょうか。そうじゃなく、「あれが足りない、これが足りない」とばかり言っている人は、いつまでたっても幸せにはなれません。]ほんとその通りですねぇ…この項目の最後に「足るを知ることは、成長を諦めることではありません。むしろその逆で、足るを知り、つまり自分を知り、その自分にできることを着実にこなして小さな幸せを蓄積していくことによってこそ、人間は成長できるのです。そして、少しずつ前より幸福になっていけるのではないでしょうか」小さな努力簡単そうで非常に難しい…ついつい楽をして実現できないかなぁ~と思ってしまう。あっ!今日はロト6の抽選日や2億円当たってないかなぁ…。ほな!
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ