2007.07.29 六甲北石切場
裏六甲ドライブウェイ脇にある六甲北石切場は標高800m程あり夏のエリアとして一部のクライマーに人気がある。
P1010236m.jpg
アプローチの途中から見た岩場全景。
今日は六甲北石切場のアプローチの草刈と整備の可能性を探る為に行った。その前に山の反対側にある堡塁岩のアプローチ整備状況とリボルト実施の告知チラシを貼りに行った。
アプローチの立派さに驚いた。
P1010230m.jpg


P1010231m.jpg
小さな流れに掛かる立派な橋。

P1010233m.jpg
以前は土止めが腐り鉄筋が剥き出していて危険だった。もう安心して上り下りが出来る。

P1010234m.jpg
中央稜と西稜の分岐にリボルトのお知らせチラシを貼った。

六甲北石切場は六甲ドライブウェイ建設の為切り出された岩場跡で公有地だそうだ多分…。
岩質は花崗岩でスラブとクラックが主体だ。
規模は大きくないが高さがあるので面白い。
P1010239m.jpg

岩場基部からは正真正銘の六甲の宮水が出ている。
P1010243m.jpg
ただし日照りが続くと二週間程で出なくなるそうだ。
ここのルートには名前が付いていない、左からABCD…とアルファベット順になっている。グレイドも5.10+-ノーマルと言う表記に成っている。
ボルトは12mmカットアンカーでハンガーは全て手製だ。
終了点は古いロープを使ってカラビナを2~3枚掛けている、使用ロープは定期的に交換されている模様。
兵庫と言うか関西では800mの標高にあるエリアはここだけだと思う、同じ標高にある堡塁に比べても岩場の向きが東南の為、昼からは涼しくなる、道場周辺の岩場やこうもり谷に比べれば別天地の様相を呈している。

2007.07.28 温故知新
昨年8月2日(水)に整備を終えた兵庫県姫路市夢前町雪彦山不行岳北壁温故知新のトポを修正した。
旧トポでは不行沢からの4ピッチ目が温故知新の取り付きになっていたがルートを間違えるパーティーが多くあった為、No,3チムニー終了点と温故知新の取り付きの間にある北壁バンドⅢ級10mを加えた、これにより旧トポでは不行沢から不行の肩まで6ピッチだったのが7ピッチになった。
ところでNo,3チムニー終了点から間違えて左の壁に出て右上すれば温故知新の2ピッチ目に合流する、ここには昨年下見をしてフリールートとしての可能性を見出していた。元々このラインはエイドで登られていて現在は古いリングボルトが打たれている。
既に数パーティーが左壁をフリーで登られている。今年中にここのラインも整備する予定です、グレイド5.11b/cになると思う。
それとは別に温故知新の2ピッチ目の逆くの字クラックの左の壁にもフリーでの可能性を感じているので合わせて整備しようと考えている、ここにラインが引ければ不行沢からの2ピッチ目からフリーで登れると思う。この整備が出来上がれば忘れられようとしていた不行岳北壁もさらに甦ると思います。

P.S
雪彦山の紹介では雪彦山のホームページへようこそを管理者に承諾無しに使わせていただきました。ご都合が悪ければ連絡いただきましたら幸いです。
2007.07.27 KRST
KRSTとは九里浜式アルコール依存症スクリーニングテストのことで、自分の飲酒状態をチェックシートで判定できます。
先日の社内研修の資料に入っていたので早速判定してみました。
結果は-6.1で正常飲酒群でした
どうですか貴方も一度チェックしてみては…

ところでH女史様、貴女の判定は重篤問題飲酒群でしょう
2007.07.26 湿度80%
Yahooのピンポイント予報で、こうもり谷は曇り気温28度~29度、湿度70~80%。
梅雨が明けたのに何ともスッキリしない空模様に気分もイマイチ。
この蒸し暑さに普段は地中で暮らすジムグリが地上に出てきていた。
P1010209m.jpg

そして梅雨の長雨でアプローチの一部が冠水していた。サンダル必携。
P1010211m.jpg

この先3週間程山歩きや何やかやの雑用でクライミング出来ないので今日は休暇を取った。
そして宿題だった「レインボー5.11c」に2便出しやっとこさでR.Pした。
DSC00219m.jpg

通算では5日7便かかった。
DSC00220m.jpg

今日も1便目に左手が滑ってフォールした、2便目はチョークをあまり付けずに登ったのが良かったのかも…
DSC00222m.jpg
こうもり谷のルートは「旅路5.13a」と「呪い5.13b」以外は殆ど登った、次回からは「旅路5.13a」で遊ぼうかなぁ…

ところで又しても用便後の不始末があった、ピンク色のトレペが3ヵ所そしてなんと芯まで岩の下に捻じ込んであった、犯人は同一人物や。
こうもり谷には麓に2箇所水洗トイレがある、駐車場横の事務所とサイクリングターミナルです。
P1010208m.jpg
2箇所共に9時~17時まで開いています、事務所の方は以前は設置していなかったトイレットペーパーを今年の5月から非営利団体山田の里?が好意で設置してくれています、綺麗に使って下さい、間違ってもトイレットペーパーを持ち帰らないようにして下さい。冗談ではなくトイレ内に注意書きがありました。
2007.07.25 青大将
何時もの時間の電車に乗り、何時もと同じ速度で我家への坂道を上がって我家の見える所まで来たら、女房が興奮して「蛇がおってん、黒くて太くて長い蛇やねん。階段を登って行こうとしていたから、虫取り網の後で下に落としてん…鳥肌が立ったわ、恐かったわ。それで階段横の水抜きの穴に入っていったわ、どうする…」、『ふぅ~ん…黒くて太くて長い!…そりゃー!わいの…?ちゃう!青大将や、日本で一番大きな蛇やけど無毒で大人しい、捕まえるのが難儀やなぁ…』「あんた恐いんやろ…」『いや!お前ほどではない!』「どついたろか!このおっさん!」
ネットで青大将の写真を見せたら
ao3[1]m.jpg
「これこれこの蛇やったわ、居ついたらどうする…」『家に居つく蛇は家を守ってくれると昔からの言われているからそっとしといたれ』と言う事があって我家は青大将と共生することになりました。なんでも首相官邸にも青大将がいるらしい。ただ夜には出会いたくないなぁ…。


堡塁岩はクライミングエリアとしては日本最古の岩場の一つであり、現在も曜日の如何を問わず多くのクライマーが訪れています。
P1000499a.jpg
しかし終了点や中間支点は何十年の歳月を経た物もが多くあり劣悪極まりない状態です、その為新たにボルト等が打たれるなどして岩場にとっては決して良い環境では無いと思います。
この状況を憂慮してKINet(関西岩場環境整備ネット)がリボルトを9月29日(土)30日(日)の2日間で行なう事になりました。
私も実行委員の一人としてリボルト作業に参加します。

堡塁のリボルトを行なうにあたり多くの方から意見をお聞きしました。
又現在調べられる限りの初登者に連絡を取りリボルトの承諾を得ました。
又何度も現地調査をして現状の終了点、中間支点も調べました。
そして堡塁岩リボルト計画案を作成して岳連、労山、ガイド、ショップオーナーの方々と話し合いを持ちました。又個人的にも意見の調整を行い出来うる限り誰もが納得出来るリボルトを目指しました。
そして出来上がったのが堡塁岩のルボルト計画です。
堡塁岩リボルトの原則として
※終了点及び懸垂下降点のリボルト。
※中間支点のリボルトはスポーツルートのみとする。
※一部の終了点でクラックにNPが使える箇所のリボルトは行なわない。

終了点と中間支点の資材はグルーアンカーステンレスを使用します。
終了点はグルーアンカーステンレスのみにします、これは各自で終了点の構築が出来るようにする為です。
懸垂下降点にはFIXE社のラッペルステーションを設置します。
このリボルトにご意見が御座いましたらお寄せ下されば幸いです。






2007.07.23 日本海
初めて日本海に行ったのは、高校2年の夏休みに京都府網野町にある琴引浜だった。須磨の海に比べあまりの美しさに感動した。
それから春先から晩秋までの休みの度に日本海通いが始った。
死んだお袋が「よ~も毎週毎週行けるもんやなぁ…」と感心していた。
釣と素潜りに興じていた、特に素潜りは楽しくサザエや鮑、そしてヤスで魚を一日中追い掛け回していた。
今思えば車の性能も今ほどではなく、道路も整備されてなく約160kmの距離を5,6時間掛けて通っていた、ただ都会の喧騒を離れて綺麗な海と空、塩の臭いの中にいるだけで幸せな気持ちになれた。いつだったか素潜りをしていて耳抜きに失敗し海の中で上下左右が分からなくなり危うく溺れかけた、そん事が2,3度ありこのまま続けたら死ぬなと思いキッパリ止めた。
その後色々な遊びをやったがクライミングが一番楽しくこの先ずっ~と続けて行くと思う、しかし昨年のGWと先の土日に島根半島に行ったが日本海の素晴しさは変わらないなぁ~と思った、もう以前のように深くは潜れないが浅瀬でゆったりと海の中をのぞいてみたいしノンビリと釣り糸を垂れていたいと感じた。
機会があれば又行きたいと思う。
21日(土)夜に島根フリー協と名和CCの交流会があったの参加させていただいた。
P1010182m.jpg
中国道を走るときは、いつも雨…

P1010184m.jpg
11時過ぎにM Wallに着き、ボルダーで遊ぶ。

P1010186m.jpg
M Wallから30分の所にある「片江ボルダー」に案内してもらって遊んだ。
P1010188m.jpg
湾内でも水が綺麗と思ったが雨後の為汚れているとのこと。

P1010189m.jpg
マリンパーク多古鼻での交流会。空には星が出ていたけどなぁ…
夜中から雨が降り朝になっても小雨が降る状態だったのでクライミングは中止。私はコンタクトレンズを忘れて来ていたので視力の全く合っていないメガネで早々に帰った。12時前に家に着いたので、コウモリ谷に行った。
P1010202m.jpg
今日のコウモリ谷は湿度が高く風も無くムッとした感じだった。
15時過ぎから湿度が低くなった。

P1010205m.jpg
年一回のコウモリ谷草取りが8月5日(日)午前8時から行なわれる、
朝早いが多くの方の参加が望まれる。
2007.07.20 健康診断結果
先月に受けた職員健康診断結果が分かった。
身長:165.5cm←昨年より1cm縮んでいる
体重:55.1kg←昨年より0.6kg減った
BMI:20.1←昨年と一緒(25以上で肥満)
腹囲cm:71.8←昨年より0.3cm縮んでいる(男性で85cm以上女性で95cm以上がメタボリックシンドロームの可能性)
視力:矯正視力右1.5 左1.2
聴力:正常
血圧:最高128 最低78←ただし現在降下剤服用中
脂質
総コレステロールmg/cℓ:150←昨年より減った(130~220が正常範囲)
中性脂肪mg/cℓ:66←昨年の約半分(30~150が正常範囲)
HDL-コレステロールmg/cℓ:76←昨年より少し増えた(40~100が正常範囲)
赤血球数:▽407←昨年より41減った(男410~600が正常範囲)
血球容積%:▽37.4←昨年より4.4減った(男39~55が正常範囲)
血色素量g/cℓ:▽13.3←昨年より1減った(男13.5~18.0が正常範囲)
白血球数:45←昨年より2増えた(40~95)
肝臓
AST(GOT):20←昨年と一緒(40以下)
ALT(GTP):15←昨年より2増えた(35以下)
γ-GTP:22←昨年より2増えた(男50以下)
ALP:179←昨年より40減った(400以下)

上記の総合判定はB(再検査不要)だった。貧血気味との所見だ
若い時は血気盛んやったけど歳と共に血の気が失せて血液が減ったのかも…
明日早朝から島根フリー協と名和CCの交流会に参加する予定だが…外は凄い雨が降っている…


娘の明美の「パパ、電話」という声に受話器を取った。
「奈津子です」
と低い声がした。
思わず息を飲んだ。動悸が激しくなった。
脳裏には一人の女性の姿が鮮明によみがえっていた。昔、一緒に暮らした女性だった。そのときから、二十五年近くがすぎている。
一瞬の沈黙があった後、「あなたの息子が重体です」と奈津子は言った。
と言う序文から始まるこの小説は1999年に発行された「イントゥルーダー」で
第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞している。
著者は高嶋哲夫氏で1949年、岡山県生まれ。
慶應義塾大学工学部卒業、大学院修士課程修了。
日本原子力研究所研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。
1979年、原子力学会技術賞受賞という経歴の持ち主。

小説のあらすじは、ある日突然に、昔二ヶ月ほど一緒に暮らした女性から「あなたの息子が重体です」と告げられる。
主人公は息子と言われた男性の事を調べるうちに重大な事を見つける、それが元で息子と言われる男性が事故に見せかけて殺される。
その重大な事とは、関東電力が新潟県日の出町に建設中の日の出原子力発電所の耐震設計にミスがありデーターの改竄をして欠陥原発を造ろうとしていることだった。

私がこの小説を読み終えた二日後に新潟県中越沖地震が起き、
柏崎刈羽原子力発電所で放射能漏れや火災が発生した。
この小説は8年前に今後日本で起こるであろう自然災害による原発事故を暗示していたように思う。
原発事故で最悪なのは1986年旧ソ連のウクライナ共和国のチェルノブイリ原発事故を思い出す。
公に発表されている死者の数は、消火にあたたった消防士を含めて百人に満たない。だが実際は、万をこえている。原子炉のまわりには無数の死体がころがり、その死体はブルドーザーが掘った穴に埋められた。これらの作業にかりだされたのは、兵士と囚人だった。また、キエフの二つの病院で出た死者の数は一万五千人という報告もある。
さらに近在の町や村からは、百万単位の人が強制的に移住させられた。
ポーランドでは、事故の翌年の出産件数は例年の三割に減った、残りの七割は堕胎された。
今も死者は増え続けている。事故のとき子供だった者、まだ生まれていなかった者が、この事故のために死に続けている。そういった数を含めると死者の数は数十万は下らないと言われている。
日本では神戸淡路大震災以降耐震基準が見直され震度7が設けられた、
しかしこの基準で耐震設計している原発はどれ程有るのか、神戸淡路大震災以前に造られた原発は全て震度6での耐震設計と聞く、では震度7の地震が原発のある地域で起こったならばチェルノブイリ事故の比ではない犠牲者がでる可能性がある…これは決して他人事では無いと思う。

ところで小説の題名の「イントゥルーダー」とは
「侵入者。私たちは、コンピュータに入りこんできたものをそう呼んでいる。クラッカーやハッカーも含めて」
2007.07.18 しばらくです
一週間程前に所属する会の主だったメンバーに7月のクライミング予定と夏の計画書を添付ファイルにして送った。翌日だった思うがお二人から返事が来て、中お一人から添付ファイルが迷惑メールとして削除されてます、もうお一方からは一部文字化けしていますと返事があった。
こんな事は初めだった、メールはYahooとeonetの2つのアドレスを使っている、主にYahooメールの使用が多い、二つのプロバイダーにメールウイルス対策として月々200円程払っている。
それ以外にノートンのセキュリティに入っていたが昨年末で期限が切れていた、更新しようとするが出来なかったのでそのまま毎日更新するようにしていた、時たま突然にウイルスチェックが始まるので期限が切れていても効力があるのだと思ってた。
もともとPCには疎い方なので、まぁ~ええかと思っていたが、先のような事が起きれば迷惑を掛けるので新たにウイルス対策ソフトを買うことにした。
14日に近くのホームセンターでソースネクストの「ウイルスセキュリティZERO」を3790円で買った。
tv2[1].jpg

早速説明書に従いインストールした、そしたらメールの送信が出来なくなった、又Yahooメールのアドレス帳も使えなくなった。ブログの更新も出来なくなった。インターネットでもページの切り替えが出来なくなった。
eonetのメールはサポートサービス(無料)で解決した、Yahooメールも送信は出来るようになったがアドレスが使えないまま、ブログも更新できない。ソースネクストに電話でサポートを受けて解決しようと説明書を見たら、土日祝日は駄目で平日の10:00~18:00の間だけの受け付けになっている、なんと不親切かと頭にきた。
月曜日が祝日だったので火曜日に携帯から東京のサポートセンターに電話(利用者負担)をした、直ぐに出たが音声案内で非常に混んでますのでそのまま繋がるまで待てと抜かしよる、携帯からなので直ぐに切った、公衆電話からカードで掛けなおしたが見る見る内に減って行く、繋がりそうもないので止めた。
家に帰って改めて説明書を読んで、インターネットの不具合は再インストールせよとあったので行なった、そしたら期限切れとの表示が出るようになった、最新版へのアップデートをしようと色々やったが出来ない、それならメールで問い合わせが出来るとあるので又色々やって問い合わせページに辿り着き必要事項を書き込んで送信をクリックしたらエラーが出て送信出来ない、他のメールは何の問題無しに出来るのにこれはソースネクストの陰謀ではないかと腹が立った、で今日ソースネクスト社に商品とレシートと文句を色々と最後に返品に応じろと書いて郵送した、送料240円なり。
PCでの色々な問い合わせは時間が掛かるがこんな酷い会社は始めてや。購入者の全てが充分に理解している訳では無いと思うし、どちらかと言えば私のように良く分からないまま使っているユーザーが多いと思う、そんなユーザーにも分かり易く取り扱えるようにするのがメーカー側の責任ではないかと自分の頭の悪い事を棚に上げて思うのである。
どうなるか数日すれば何らかの連絡があると思う、たぶん…
2007.07.11 台風の色々
今週末は、台風第4号 (マンニィ)の影響で外岩には行けそうもない…ほなジムはと言うと気乗りせんので家で動き回るつもり
気象庁のHPで台風の色んな事が載っている、中々面白い。
台風には名前がついている、今日本に接近中の台風は(マンニィ)と呼ばれている、マンニィは香港がつけた名前で香港にある海峡の名前らしい。日本を含む14ヶ国が10個の名前をつけているので140個の名前がある、一巡するのに5年ほどかかるそうである。
詳しくは気象庁HP台風の番号と名前を見て下さい、面白いです。
何時だったか、近くの家をメインテナンスしている業者が、我家の外壁の目地のコーキングに亀裂が入っているのでコーキングし直した方がいいですよ2000円でしますよと言われたのでしてもらった、一箇所だと非常に目立つのでもう一箇所後日しますと言って帰った。
7日の土曜日に来てもう一箇所してもらった。その業者はハウスクリーニング専門の業者でレンジフードやエアコンの掃除、高水圧による家のクリーニングをしている、年会費8500円を払えば家の各所の掃除を他社の半額以下でするのが売りだ。
我家も筑後10年が過ぎて汚れが目立つ、風呂やキッチン周り、エアコンの掃除は私の役目なのだが素人では限度がある、特にエアコンの掃除は難しい、そこで入ろうかどうしようか迷っていたら、今入会サービスで外階段周りのクリーニングとレンジフードの掃除、エアコン1台のクリーニングをサービスさせてもらうとのことだったので、素早く頭の中で計算をして入る事にした。
P1010140m.jpg
高水圧でクリーニングした跡、お隣さんとの違いに驚いた。

P1010142m.jpg
階段周りも一皮剥けたように綺麗になった。
これで私の仕事の分担が軽減される、女房曰く「一通りクリーニングし終わったら辞めたらええねん^^」
…さすが我女房殿…

2007.07.09 備中清掃活動
8日(日)に行なわれた備中清掃活動に、Y井君、Aちゃんの三人で行って来た。
6時過ぎにJR西明石駅を出発し9時前に用瀬小屋に着いた、少し早く着いたかなと思ったが既に可也の方が来ていた。
P1010144m.jpg
定刻を待つ参加者。

P1010145m.jpg
定刻になり実施要領を説明する主催者。

P1010150m.jpg
備中の各エリアに分かれ草刈やアプローチの整備、ゴミ拾いを行なった、我々はY氏、U女史五名で長屋坂の整備を行なった。写真はY氏が孤軍奮闘して階段状になったアプローチと張り替えられたフィックスロープ。

P1010147m.jpg
草刈前の岩場基部

P1010149m.jpg
草刈後の岩場基部

P1010152m.jpg
清掃活動を知らずに登りに来ていたクライマー3人も手伝ってくれた。

P1010153m.jpg
12時に清掃は終わり、用瀬駐車場で負傷者の搬出方法と心肺蘇生法の講習会が行なわれた。

P1010155m.jpg
山岳会に所属しているクライマーは何度か経験があると思われるが、若いフリークライマーの中には全く知らない人も多いと思う、今後共継続して続けて欲しいと思います。
備中清掃活動の詳細はこちら
2007.07.07 月例集会
今日、三宮の労山県連事務所で月一回の集会が6時からあった。
P1010143m.jpg
内容は過去一ヶ月間の活動報告と次の一ヶ月間の活動予定が主で、たまに会運営における問題点や改善策等が話し合われる、出席率は良いと思う。今日は夏山を向かえ色んな形態での山行予定が発表された、一週間以上の縦走や本チャン、そして沢登りなどの計画が発表された。
私の夏山計画は、女房と雷鳥平にある雷鳥沢ヒュッテに一泊で行く事である、これが巧く行けば8月の終わりに上高地から出来れば涸沢往復をしたいと考えている、一度女房に屏風岩と涸沢から眺める前穂、奥穂、北穂の大パノラマを見せてやりたいと思う。
明日は備中での清掃活動がある、天気も何とかもちそうや^^
以前、コウモリ谷での糞尿後のトレペとティシュペーパーの後始末が酷いと書きましたが、又放置されたティシュペーパーがありました。
昨日仲間が写真を撮ってきてくれました。
DSC00188m.jpg
ピンク色のティシュペーパーが2ヶ所放置されています、このティシュペーパーは以前に5ヵ所程放置されていて仲間と回収したのですが、同じティシュペーパーなので同一人物と思われます。
先週の日曜日に啓蒙の為お願いチラシをコウモリ谷内に5ヵ所貼り出しました。
DSC00187m.jpg
こうもり谷を愛する会代表者のU氏に承諾を得て私が文案を考え作りました、一部の方に内容がキツ過ぎるといわれましたが私はキツ過ぎるぐらいでよいと思っていましたので変更せずに貼り出しました。
6月以降多くの方が訪れるようになりました、色んな方と話す機会が増えました、その中に規則は破る為にあると平然として言われる方がいました、私はあえて聞き流しましたがクライマーの中にも色んな方がいるなぁ~と思うとともにアクセス問題は無くならないのではと思った次第です。
2007.07.05 勘違い
私は遠くの岩場に行く時はETCの通勤割引をよく使う、ETCカードを2枚持っていてフルに活用している。
例えば備中に行く時は、山陽道姫路西ICから乗って総社ICで下りる、軽なので950円で済む。
先月、帝釈峡第一道場に行った時、中国道神戸三田から乗って佐用ICで一旦下り、ETCカードを入れ替えて乗りなおし新見ICで下りた。
その時通勤割引に成っていなかった、これは多分西日本高速道路株式会社の手違いやと相棒には大きな事を言った。何故そんな事を言ったのかというと、私は山陽自動車道の神戸西ICをよく利用して道場周辺の岩場に行く、往きは神戸北ICで下りる、軽だと通勤割引で300円で行ける、帰りは逆を走り神戸西ICで下りる、料金表示が割引時間内にも関らず600円と表示する。以前なんでやと思い電話で確認したら、神戸西ICは本四公団が管理しているそうで、本四公団曰く財政が厳しくコンピューターのプログラムの変更を未だ出来ていない為通常表示をしていますが請求は割り引いた料金を請求しますとの事で納得した経緯があった。
新見ICも多分同じことやろうと思っていたが、今日ETC利用紹介サービスで調べたら通常料金になっていた、早速電話で確かめた、電話のおねぇちゃんが何処から何処までご利用になりましたかと聞くので、中国道佐用ICから新見ICまで乗ったといったら、おねぇちゃんに、そ~ですか佐用ICと新見IC間は102.4Kmありますので通勤割引対象にはなりませんといわれた。へぇ!?さようか~わいの勘違いか…
どうりで4月のながの村清掃活動時に下りたICと景色が違うなぁ~とその時は深く考えなかったが、もう一つ向うの作東ICで乗り継ぎをせなあかんかった…
あっあ~1150円損した…
私の所属する須磨勤労者山岳会では年に一度開催する総会時にメンバーの年間山行回数を発表している。
毎年の一位と二位は大方決まっている、一位は断トツで山行回数113回、日数にすれば151日山に入っている、この方は専業主婦をされています。
二位は山行回数81回、山行日数112日でやはり主婦です、ただ片手間に仕事をしています。
まぁ~お二人とも二日から三日に一度の割で山に行っていますが、旦那が理解ある方なのか文句を言わせないのかは知る由もありませんが恐れ入るばかりです。
この一位二位は当分変わることが無いと思います。
三位には、なんと私目が入りました、山行回数70回、日数97日でサラリーマンとしては良く行っている方でしょう。
上記の回数にはジムなどの回数は含まれていませんので実際数はもっと多くなります、いやはや何と言っていのやら…
我会の特徴は実働メンバーが多いと言う事です、別の面から言いますと暇人が多いとも言えますが…
現在はフリークライミングが多いですが、冬のアイスや壁、今の時期ですと沢登りもやっています、又縦走や本チャン、海外でのクライミングも活発に行なっています。
メンバーは随時募集していますのでお気軽にお尋ね下さい、特に若い方は大歓迎です。
2007.07.03 ハーネス
昨日某山道具屋さんから電話でハーネスの新製品が入ったと連絡があったので、今日早速取りに行って来た。
P1010132m.jpg
差額372円を払った。
PETZLのハーネスは造りがしっかりしているのでお気に入りだったが、今回は大丈夫と思いたい。
新製品の入荷する間、古いハーネスを使っていたが、幅が狭く腰には良くなかった、これで少しは良くなるだろうと思う。
2007.07.02 今は…
以前日本は、「経済は一流、政治は三流」と言われた。
今では経済は三流、政治は四流五流…いやもっと落ちていると思う。
経済界は消費者の利益よりも企業の利潤を追求するあまり製造ミスや期限切れ材料の使用は当り前。
政治家は核兵器を容認する発言、トップの安部ちゃんも擁護する姿勢を見せていたが、余りに反響が強過ぎて一転不適切と態度を変える。

核兵器の使用に対して1957年9月8日に、ある宗教家が『…もし原水爆を、いずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります。なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利を脅かすものは、これ魔物であり、サタンであり、怪物であります。それをこの人間社会、たとえ一国が原子爆弾を使って勝ったとしても、勝者でも、それを使用したものは、ことごとく死刑にされねばならんということを、私は主張するものであります。
 たとえ、ある国が原子爆弾を用いて世界を征服しようとも、その民族、それを使用したものは悪魔であり、魔物であるという思想を全世界に広めることこそ、全日本青年男女の使命であると信じるものであります。…』と言っている、我が国は世界で唯一原子爆弾を落とされた国である、それも2回も…広島では一瞬にして20数万人の人間が死んだ、それも兵隊ではなく、赤ちゃんや子供その母親やお年寄り等の民間人ばかりだった。上の宗教家の言葉を借りて言えば、アメリカは魔物であり、サタンであり、怪物である。しかし戦後から、多分この先ず~っと日本は魔物であり、サタンであり、怪物であるアメリカの手足となっていかな存続できんのやろうなぁ…
2007.07.01 苔め~!!!
今日のコウモリ谷は昼過ぎから雨が降ったり止んだりで湿度も高く最悪の条件でした。
しかし震災エリアと右岸壁は少々の雨では問題無く登れます、ただしビレイヤーはカッパ着用のこと。
今日は多くのクライマーが訪れ人気ルートは順番待ちでした。
私は他に誰も登らないし長い事登っている方を見かけたことが無い「レインボー 5.11c」に3便出しました、え~っと?今日でヌンチャク掛けを含めて6便目かな…?
「レインボー 5.11c」は「パインヒル 5.10c」のバンド上クラックを辿り「エネマ 5.10d」の終了点へ、そこが「レインボー5.11c」の取り付きです。
P1010119m.jpg

P1010120m.jpg

「パインヒル」のバンドからクラックを辿って行くのですが、クラックの上部は結構悪いです。あのY女史が悪戦苦闘(ちょっと大袈裟)してました。
「エネマ」の終了点から左斜め上にトラバースする高度感満点のルートです。
リーチがあればお買い得です、一つの穴と二つの大穴を取るのが核心なんですが、ボルト間隔が遠いので落ちるのが恐いです、しかし少し遠目ですが1ピン目を取っておけば大丈夫です。
P1010121m.jpg

今日は2便目に核心のムーブを解決して3便目をR.P狙いで出したが、核心部のトラバースを巧く越え、よっしゃ!いただき!と思いながら易しい直上ラインのカチを取ったら、なんと!苔でヌルヌル持ち直す間も無くフォールしてしまいました。
P1010122m.jpg
なんか最近こんなんばっかりや…時候柄しゃーないか…
来週は日曜日に備中で清掃活動がある、朝早く神戸を出る予定、雨よ降るな!