FC2ブログ

こうもり谷草抜きと堡塁岩

本日(5日)7回目となる「こうもり谷草抜き」が朝8時から70名ものクライマーが参加して行なわれた、我須磨労山からは11名の参加があった、我会の意識の高さを誇りに思う。
参加者は関西各地からとそしてなんと島根県からも一名の参加があった。
P1010324m.jpg

P1010331m.jpg
昨年は50名程だったので20名の参加者増は喜ばしいことだと思う。これからも毎年同じ8月の第一日曜日に行なわれる。
終了後には久し振りにお会いした方達と近況報告や岩場情報など有意義な時間が持てるのも活動の一つの魅力だと思う。
又村の消防団のご好意で飲み物とオニギリが配られた、来年以降も参加しようと思う。

終了後に須磨労山全員で堡塁岩に移動した。
アプローチを歩いて中央稜と西壁の分岐に近づいて「えっ!?」と思った、一週間前に貼り出した『堡塁岩岩場整備のお知らせ』チラシが無くなっている…3日前の木曜に来たメンバーの話では有ったということなので金曜日か土曜日に引き千切られたようだ。
P1010345m.jpg
赤いビニール紐だけが残っている、掲示した3ヵ所全てのチラシが引き千切られ木の枝の間に差し込まれていたり藪の中に捨てられていた。
P1010337m.jpg
堡塁岩は日本最古の岩場の一つでありリボルトに対して色んな意見があった、反対意見もあった、事前に多くの方の意見も出来る限りお聞きするようにした。その点では昨年までのリボルト時より何倍もの時間を掛けたつもりだったがまだまだ足らなかったのかと思う。
今日の出来事はリボルト反対の強い意思表示だと思う、残念なのはこの様な形での意思表示ではなく文章や言葉で意思表示をして欲しかった。
私はこういう形での意思表示には恐れを感じる、それはどんな恐れかと言うとこのままリボルトを実施した場合、リボルトした終了点や中間支点を破壊されるのではないかと思う、現に数年前ある方が中央稜の最上部にPETZLコリノックスを2本グルーアンカーHY-150で固定したが、その後何者かにハンマーのような物で叩かれ回る状態にされた。グルーアンカーの接着強度は相当なものでハンマーで少々叩いたところで動く事は無い、中央稜の最上部のPETZLコリノックスは現に動いている。
今回予定しているリボルトに使用するグルーアンカーはHILTI社製RE-500でHY-150よりも接着強度は強い。もし又リボルト後にハンマーで叩かれた場合、場所によっては岩そのものが破壊される可能性がある、もしそんなことが起これば岩場環境整備のリボルトが岩場破壊になりかねない、リボルト時期を延期させてでも多くの方の意見を聞く必要があると私は思うのだが…。

リボルトお知らせチラシにはKINet実行委員と代表者の連絡先を明記しているのでどんな意見でも構いませんので連絡いただけたらと思います。

2007.08.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-