2007.09.30 土木工事
89歳になる義母の強い要望で29日30日両日に墓の土木工事をしてきた。
お墓の前の通路は幅1m程しかなく、反対側は3m程の崖に雑草が伸び放題になっていて危なかった。
P1010583m.jpg
施工前の状態。
市が管理する墓地だがあまりよく管理されていなく、お墓への通路は個人で好き勝手な施工がされている。
P1010585m.jpg
施工後。材料費2万円なり。
これで躓いて崖下に落ちる事は無いと思う…少しは親孝行が出来たかな^^。

帰りの山陽道吉備SAで、皮ごと食べられる不思議な桃太郎ぶどうひとふさが、なななんと4600円で売っていた。昨年備中町のお祭りでは300円で売っていた、その時初めて食べたが滅茶苦茶美味かった、今年も同じ時期に祭りがあるので一杯買い込んで一儲けしようかと考えている^^;
2007.09.28 なんか変?
今日仕事の途中に出会ったなんか変な光景。場所は神戸市中央区のとある所。
P1010003m.jpg
多分以前は道路と同じ高さの正真正銘の車庫だったと思う、その後床を作って部屋にしたと思われる。←あくまで想像やけど
笑えるのは写真の左下にある、ゼブラ塗装したブロックに『車出入口に付き駐車禁止』と書いてありました。

閑人閑話
私は非常に寝付きが良い、大概布団に入って5分もしないうちに寝入ってしまう、特技だと自分では思っている。
昨夜も22時半に寝た、どれ程の時間が経ったのか又何時頃かも分からないが、女房の声で目が覚めた。
女房「あんた、寝とん?」 私「?ん…!」 女房「私最近朝方まで寝られへんねん…睡眠薬のもうかなぁ…」 私「医者に行って相談してみ…」てな会話を夢うつつでした、それから又何時間後か又何時頃か分からないが、私は女房の大きな寝息で目が覚めた、眠気眼で窓から外を見るとまだ真っ暗だった、そして又何時間か経って5時に合わせた目覚まし時計の音で目が覚めた、その30分後に私が女房を起こした。
しかし、「寝とん?」と言う問いに「?ん…!」と応えるのも変な話や^^

2007.09.27 大間違い二つ
その一
8月27日に紹介した勝山の岩場のある景勝地『鬼の穴』ですが、大間違いでした^^;
P1010442m.jpg
これはただのゴミの穴でした、が23日の清掃活動で綺麗になりました。
本当の『鬼の穴』は15m先と看板に書いていました。
P1010559m.jpg
いやはや何とも面目無いm(_ _)m
これが本当の『鬼の穴』です。照明もありました、ただし20分で自動的に切れます。
P1010556m.jpg
『鬼の穴』入口
P1010558m.jpg
『鬼の穴』内部
中々立派でゴミも清掃活動のメンバーにより綺麗に片付けられました。

その二
9月10日備中・奥の院リボルトの記事で奥の院の取り付を
…『奥の院』は用瀬小屋から10分程の所にあります、『2ルンゼ』と『じゃろう岩』の中間辺りのガレ場を登って行けば岩場に突き当たります。…と書きましたが、、『2ルンゼ』と『じゃろう岩』の中間辺りは大間違いで『じゃろう岩』の直ぐ手前のガレ場が登り口でした。
P1010581m.jpg
右の白い柵が登り口で奥に見える岩場が『じゃろう岩』です、ほんま直ぐそこでした。それと10分ではなく15分はかかります。
24日の帰り道、成羽川左岸にコスモスが満開でした。
P1010582m.jpg

2007.09.26 備中奥の院
24日(月)9時ごろに岡山のS谷君と奥の院に行ったが誰もいなかった。
ルート名が分からない5.9?と新しいルート5.10a?のルート2本でアップをした。アップし終えた頃にMORI様が独りで来られその日は三人の貸切だった。
MORI様の話で5.9は5.10aで5.10aは5.10bだろうとのことだった、私もS谷君も妥当なグレイドだと感じた。
私がリボルトした「天井裏ダイレクト5.11c」を登ろうと思っていたが、前日に四国の藤本君が完成させた「ポッキー5.11c」がルートも長く非常に面白そうだったのでマスターO.Sトライした。
P1010577m.jpg
「ポッキー5.11c」をリードするS谷君

岩場の中間部にあるコルネのコーナーを登って行くラインで何故開拓当初ここにラインを引かなかったのかは不明だが、多分常に濡れていたのではないかと思う、その証拠にコルネの所々に水の流れた跡がハッキリ残っている、今年の夏は雨が少なく高温だったので乾いていたのだと考えられる。
中間部まではコルネのガバを使い大胆に右上して行き中間部からはコルネが少なくなり壁の形状が全く異なる、そして最後のピンにクリップして終了点までの間がまた違った面白さがある。
私は終了点を目前にしてムーブが分からず敢無くフォールした、テンションして何とかワンテンで抜けたが、2便目も同じところで力尽きてフォールしてしまった。原因は右足を高く上げ過ぎたためでしたが最後のムーブも解決したので次回は落せると思っています。
このルートはレストポイントが各所に有るものの最後は厳しく感じましたが高度感もありクライミングの色んなテクニックが各所で要求される登り甲斐のあるルートだと思いますので是非登って下さい。

設定者の藤本氏のコメントはこちら

2007.09.25 勝山の岩場
23日(日)の清掃活動のあと、名和CCの方々とクライミングを楽しんだ。
8月26日にリボルトした時に「もえつき症候群5.10c」を登った、トポのコメントに…アップには向かないかな?…とあったが実際本気にならざるを得なかった。
今回は「北風小僧5.10d★」と「愛のカンテ5.11a★」をマスターO.Sする事が出来た、次に登るルートを「エロンティアスピリット5.11c★★」を先に登るか「勝山町民5.11c★★★」を先に登るのか迷ったが、「勝山町民」はパワー系と聞いたので「エロンティアスピリット」を先に登る事にした。
しかし「エロンティアスピリット」のルート説明に…内容の濃い好ルートです。レストポイントのガバが欠けたことにより、一連のムーブがさらに面白くなりました。…を深く考える事無く登ったが核心部を越えたところで選択を誤ったと後悔したが遅く、力尽きて敢無くテンションし腕の回復の見込みが無いと判断し敗退した。
暫らく休憩して本命の「勝山町民」にFLトライしたが最後ピンにクリップをして、次に取った左ピンチのコルネが思った以上に悪く感じ弱気の虫が出てテンションしてしまう、やり直したら簡単に右ガバが取れた、又少し休憩して「勝山町民」に2便目を出したが下部が越せず敢無く敗退、なんとも情けない結果に終わった勝山の岩場だった。
しかし「エロンティアスピリット」は敗退したものの今の時期に力以上のものが出せたと満足している。次回は是非R.Pしたいと思う。
P1010572m.jpg
「エロンティアスピリット5.11c★★」をリードするT局長

勝山の岩場のルートガイドはこちら
勝山の岩場の注意点はこちら

余談:私の感想では「勝山町民」と「エロンティアスピリット」が同じグレイドになっているが「エロンティアスピリット」の方が難しく感じた。
2007.09.24 勝山清掃活動
23日(日)に勝山の岩場がある地域の方達の清掃活動に鳥取、島根、岡山、神戸のクライマー12名が参加しました。
勝山の岩場がある岡山県真庭市神代は秋の気配が濃厚だった。
P1010555m.jpg

このような清掃活動を通じて地元の方々と交流をし親交を深めていく事によってクライマーは変な奴らではないと理解をしていただくためにも非常に重要な活動だと思います、今回は周知期間が短かった為に集まった人員が少なかったですが岩場のある鬼の穴周辺は非常に綺麗になりました。
来年以降も年一回実施してくようなので参加したいと思う。
P1010560m.jpg
集まったゴミ、地元の方が撤収してくれました。
P1010562m.jpg
地元の方達との集い、ジュースなどをご馳走になりました。
清掃活動の詳細はTC-Netではこちら名和クライミングクラブは⇒こちら

2007.09.22 へび?
朝、家の前に出て???蛇?死んどる…なんでこんなところで…
P1000058.jpg
まだ子どもの蛇のようだが、種類は何か分からん?
ひょっとして7月半ばに我家住み付いた?青大将の子どもかなぁ…
P1000057.jpg
まあ~悪さする種類ちゃうから騒ぎ立てる事もないやろ。

明日の早朝から「勝山の岩場」の清掃活動に行く、清掃は1・2時間で終わるので後はクライミングを楽しむつもり、8月26日に私がリボルトした『勝山町民 5.11c ★★★ B4本 (林田裕志)短い中に内容の詰まった好ルート。オンサイトしてください。』を登るが特に楽しみにや、リボルトしたのでオンサイトにはならないがフラッシュ出来ればと考えている。
翌24日は備中に移動して奥の院に行ってみようと思う。
今回も一人旅、いや暫らくは一人旅が続きそう…気楽でええか^^;
詳細は火曜日にでも…

P.S
クライミング用語解説として、このブログにリンクしているのとは別に、無断でBE FREE!さんのものを使わせていただきました。理由は冒頭の文章が面白いからです、関西在住のクライマーの方々に受けると思います^^
BE FREE!の管理者様ご都合が悪ければお知らせ下さい。m(_ _)m



2007.09.21 良性やった
先週の土曜日に受けた内視鏡検査の結果は良性だった。
しかしピロリ菌が除菌されていなかったので二次除菌を一週間掛けて行なう。副作用で下痢症状が出るそうだが、元来腸が弱く下痢をよく起こす私には辛い一週間になりそ…朝の電車が…
今日さっそく会社帰りに行って来た。
阪神電車西元町駅東口から南に真っ直ぐ歩いて5分。
JR神戸駅からだと南東に15分~20分ぐらいかな…?
阪急電車花隈駅からやと15分~20分かな…?
P1000056.jpg
写真にあるようにビルの壁に『篠崎倉庫』と大きく書かれているので間違う事は無いと思う。

kakera365さんのブログにも紹介されているように新しいので綺麗!
P1000053.jpg
受付

P1000055.jpg
受付の奥の更衣室にあるシャワールーム

P1000054.jpg
一階のボルダーエリア。正式なオープンは10月6日なので今は課題数も少ない。オープンまでにはもっと課題を増やすと言ってました。ホールドはまっさらでかかりが良すぎて痛い><

P1000052.jpg
2階は床から天井までが160cmくらいかな…ぜ~んぶルーフでした。

P1000051.jpg
独りで遊んでいたら山井さんが来た、暫らく遊んで私は早めに帰った。

PUBは1階ではなく3階だった、飲むには3階まで上がる元気を残しとかなあかん。
二人のオーナーで経営されているそうで、ボルダー課題は名古屋のビッグロック田中周平氏が設定されたそうです。
又11月半ばからやはりビッグロックの田中亜貴さんが3ケ月程専任で来られるそうです。
10月6日のオープンまでは年会費1,050円だけで登れます、但し1回だけやけど。
それと飲み物の持ち込みは禁止、但しジム内の自販機で購入したものはOK!だそうです。
2007.09.19 朗報
神戸に新しくボルダリング専用のジムの「ロックガーデン」がオープンした。ロックガーデン?どっかで聞いたなぁ~。
今まで年に一二度王子の神戸登山研修所に行っていたが、どうも家と反対方向なので足が向かなかった。
ロックガーデンは家の途中にあるのでこれからは通おうと思う、ただ登山研修所の3倍の料金がいるがシャワールームもあるそうなので納得できる料金だと思う。
ガンガン通って強くなるどー!と言いたいが故障せんように程ほどにしょ

7月28日以来のこうもり谷だったが異常な蒸し暑さには参った。
しかし今日は親しくしている方達が多く来ていた、やなっち・こうちゃんご夫婦、O田君・youkoさんペアーなど相当久し振りにお会いしたので単発銃トーク(誰やろさんのマシンガントークにはトーク及ばない)をして楽しかった。
本格的に登るのは久し振りだったので易しめを本数を出そうと思っていたがヌンチャク掛けのリクエストで「復活」「活断層」をムーブの確認で「レインボー」を登ってよれてしまい結局6本しか登れなかった。
ただ最後に「セカンドチャンス」を登って「呪い」を少しだけ触ったが核心まではなんとか行けそうに感じたので当分遊べそうや。

15日の土曜日に正面壁付近の木をU氏が切ったそうで見通しが良くなっていたのには驚いた。
P1010545m.jpg

それから今日はMY本氏の愛犬『武蔵』が来ていた、少々お疲れ気味のようでした、シベリアンハスキーの♂でまだ5ヶ月の赤ん坊だそうだ。非常に大人しい飼い主とは正反対な良い子だ
P1010539m.jpg

2007.09.16 週末
ここ数日は台風の影響でか非常に蒸し暑い。
折角の三連休なのにコンディションは良くない、良かったとしてもクライミングの予定は17日一日だけなので心置きなく用事に専念できた。昨日は腹部のエコー検査と胃の内視鏡検査を受けた、前回受けたのが5月12日で結果はセーフだった、その時次回は6ヵ月後に受ける予定だったが、お腹が空いた時に胃に違和感があったので3ヶ月早めて診て貰った、結果は一週間後に分かるが2月に切除したポリープ跡が綺麗に治っていたが慢性胃炎と前回ピロリ菌の除菌を行なったが除菌出来ていなかったので来週一週間かけてピロリ菌の二次除菌を行なう、シブトイやっちゃ!
明日はコウモリ谷に行く、7月28日以来で小川山でのクライミングを省いてまともにクライミングをしてないので、明日は易し目を本数登って感覚を取り戻そうと思う。

お知らせ
下記の要領で勝山の岩場で清掃活動が実施されます。
【日  時】 9月23日(日)午前8時~1、2時間程度
【内  容】 勝山の岩場周辺の清掃活動
【集合場所】 勝山の岩場駐車場(岡山県真庭市勝山町)日本百岩場・赤本、またはこちらを参照下さい)
【主  催】 TCNet・高梁川流域クライミング交流会

*雨天中止。ゴミ袋は準備しますが、軍手、火鉢等、清掃に必要な用具は各自で持参下さい。
会社の総務部人権推進課から定期的に人権に関する回覧が廻ってくる。
先日、小泉吉宏著「ブッタとシッタカブッタ③」メディアファクトリー発刊の中から『ひとまとめに見てしまう』が紹介されていた。

ひとまとめに見てしまう
ブタたちがのどかにくらしていたのに、柵がつくられたことで、お互いを「西のやつら」、「東のやつら」と呼び合うようになってしまいました。
また、柵がなくなった後も、西や東にこだわり続けています。

見方がきっかけとなって…
人を「ひとまとめに見てしまう」というのは、誰にでも経験があるのではないでしょうか。
しかし、この見方は、場合によっては人に対して①画一的なイメージを持ってしまう、②人格や性格などを決めつけてしまう、③心の中に壁ができる、④対抗意識や敵対意識が生まれる、など人間関係をぎくしゃくさせる原因につながる恐れがあります。

「○○の人たちは…」
自分が人をひとまとめに見ているかどうかは、自分でも気づきにくいかもしれません。
しかし、「○○の人たちは…」と自分が感じたときに、「人に対する自分の考えは偏っていないだろうか?」と振り返ることができれば、人間関係でのトラブルを減らせたり、また、人との良い交流を増やすことにつながるのではないかと思います。
次のような、人をひとまとめに見てしまう“柵”となりそうな例をあげてみましたので、一度自己チェックをしてみませんか。
「国籍」「出身地」「住んでいる地域」「年齢」「性別」「血液型」「職業」「役職」「学歴」「家族構成」「趣味」など
以上が回覧文の内容でした、私自身に当てはめて考えると、かなりひとまとめに見てしまっています、会社の中では「役職」「学歴」などで“柵”を作っているのを感じる時があります。
また「趣味」のクライミングでは、「○○会は…」とかというように自分の考えと違うのを理由に“柵”を作っています。
ただ“柵”をつくる事が全て悪いとは思いません、敵対意識は駄目ですが、良い意味での対抗意識などは自分の可能性を押し上げるのに必要だと思うし、人の振り見て我が振り直せの例えのように自分の行動を見直すきっかけになると思います。
しかし、あのおっさんだけは許せん!!!←独り言


9月6日に書き込んだコンクリートボンドの内容について、その後当事者の方から連絡がありました、私の良く存じている方でした。
その方からいただいた「ハーフ&ハーフ」のボルト位置変更の経緯と使用ボルトに付いての詳細を原文のまま掲載します。
※尚この掲載にあたっては当事者の方の承諾を得ています。

『ハーフ&ハーフの件について。お答えします。
まず「ハーフ&ハーフ」(5.10a)の開拓についてからですが、下部2本のボルト(正確には3本のボルト)はこのルートが出来る前に、打ちっ放しで終了点もなく、放置されていました。誰かがボルトを撃ったものの、ルートとしてとして作りきらず長い間、放置していました。

①そこでボルトを撃った者は放棄したと判断し、上部のラインにボルトを撃って「ハーフ&ハーフ」として確定しました(1998.2.11)。下部のボルトを撃った者から今までクレームも何も有りません。
グレードについてですが初めは5.9としていましたが、烏帽子岩でよく登っている人の意見を参考に5.10aとしました。

③ルートが出来た当初は左のテラスから登るのと、やや右からカンテを使って登る今のラインがあると思っていましたが(どちらでも同じグレード)、現在のボルトの下から登る人がほとんどで、「前のボルトの位置では リードをするのに恐い」という言う意見をこのルートを登っているクライマーから再三訊いていて、ここ数年ボルトの位置を今の位置に変えなければと思っていました。(左から登る人は左のテラスのかなり上まで行って2本目までプリクリップをしてから、1ピンめの下まで降りてから、登り始めていました)

④ボルトの位置を変えた後の反応ですが、今覚えている限り、最低5名以上から「今の位置でラインはよくなっ た」と直接言われました。

⑤尚、撃ったボルトは10mmφのグージョンボルトです。』
以上が戴いた詳細文です。

今回の事に関しては私が実際に現場を確認しないまま、ボルトの設置方法に問題があると断定した文章を書いてしまい、当事者の方の名誉を傷つけると共に関係者の方々にも大変不愉快な思いをさせてしまいました。
深く反省すると共に心からお詫びいたします、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

今回新たに打たれたボルトはステンレスグージョンボルトでケミカルアンカーと共に非常に信頼度の高いものでありますので安心して使用できます。但し100%の安全を保障するものではありませんのでご承知おき下さい。
それと塗られているコンクリートボンドは穴の中には注入されておらず、岩肌を平にする目的で塗られたそうです。
ST280018m.jpg


元のボルト跡にはナットで蓋がされています。
ST280019m.jpg


※コンクリートボンドをグージョンボルトやカットアンカー、オールアンカー等の拡張式アンカーの穴に注入して使用するのは、やはり危険ですので止めた方が良いと思います。

Fragmentsに掲載されている武庫川ボルダー駐車問題に付いて原文のまま紹介します。

~武庫川ボルダーへ行かれる方へ~
『先日、クライマー仲間が武庫川ボルダーへ行ったところ、 駐車場の管理人から「料金を払わずに駐車するクライマーが居る」と言われたそうです。
利用者は殆どがクライマーなので、犯人はほぼ間違いなくクライマーだと思われます。
武庫川ボルダーへ車で行かれる方は、必ず有料駐車場を利用して下さい。 料金の支払い場所は、駅前ロータリー奥にあります。
高々数百円の事ですので、ケチらずに宜しくお願いします。』

数年来各地で起こっているアクセス問題の一因にクライマーは地元にお金を落さないと言われていますが、確かにその通りだと思います。
私は備中の岩場によく行き、用瀬小屋やキャンプ場を利用します。
小屋は一泊500円で風呂、トイレ、炊事場が使えます、キャンプ場は一泊300円でトイレ、炊事場が自由に使えます、料金の支払いは小屋は黒鳥商店街の外れにある「備中地域局」の地域振興課です、時間外の時は建物の正面に向かって右手に夜間受付がありますのでそこで小屋の鍵の受け取りと支払いをします。
キャンプ場の支払いはトイレの真ん中辺りに直径10cm高さ1m程の鉄製の円柱がありますのでそこに入れます、「備中地域局」で支払ってもいいです。
GWやシーズンの週末などは多くのクライマーで賑わっていますが、果して何人の方が正直に支払っているのかなぁ~と疑問に感じる時があります。
今年のGWにキャンプ場に宿泊されている方々が大勢小屋の風呂を使われていました、小屋の風呂を使えば500円払はなければいけませんが…たぶんご存知ではなかったのでしょう…
いくら備中町がクライマーに理解があると言っても限界があるように思います、クライマーの皆さん地元にお金を落しましょう^^;

8日(土)9日(日)の二日間をかけて行なったTC-Net主催のリボルトに行って来ました。
P1010491m.jpg
リボルトに集まったメンバー

『奥の院』は用瀬小屋から10分程の所にあります、『2ルンゼ』と『じゃろう岩』の中間辺りのガレ場を登って行けば岩場に突き当たります。
『奥の院』では三つの形態の石灰岩が楽しめます。
P1010495m.jpg
岩場の中間辺りにあるコルネ帯、ここに「天井裏オリジナル5.12a/b B10本」と「天井裏ダイレクト5.11c B10本」があります、登攀意欲をそそる岩の形状とラインです。ここから右側は垂壁だがホールドの乏しいスラブ帯、左側は短く被っていてホールドにも癖がある。

P1010493m.jpg
岩場左側の被ったエリアのたぶん「蟻地獄5.12a B4本」の終了点をリボルトする横ちゃん。


P1010494m.jpg
翌日同じく「蟻地獄5.12a B4本」のボルトをリボルトするHodaさん。

今回のリボルトには地元岡山はもちろんのこと、広島、島根、鳥取、大阪、兵庫から20人近くのクライマーが参加した。
荷揚げ班、アプローチ整備班、リボルト班、リボルト補助班に分かれて効率良く作業が進められた、又リボルト要員養成も空いた時間に行なった、次回からは若くて活き良いリボルト要員に任せて下から口だけ参加できそうです

それから土曜日の夜、平川コミニュティーセンターで備中の岩場が縁で先日ご結婚された、J君としのやんのお披露目パーティーがリボルトのついでに(これは私が言ったのではありません)ささやかながら楽しく行なわれました。
P1000049.jpg

P1000045.jpg
早速掴み合いの喧嘩?

P1000048.jpg
このケーキはF町君手作りです、凄く美味しかったですよ~

J君、しのやん何時までもお幸せに…

『奥の院』ではMORI様やF本君が新たにルートを開拓されたので既存のルートと併せてグレイドを再確認後にトポがTC-Netから発表されると思います。
『奥の院』リボルトの詳細はここ
2007.09.07 備中リボルト
明日、明後日の二日間備中のリボルトに行きます。
今回のリボルトエリアは奥の院と岡山エリアの残りをする予定だそうです。
詳しくはこちら⇒TCNetで
詳細は月曜日にでも…
烏帽子岩の「ハーフ&ハーフ」の1P目が従来の位置から右横50~60cmのところに新たに打たれていると連絡が入った、確認したのは2日の日曜日だったそうで、それ以前に打たれたようです。
烏帽子岩は昨年KINetがリボルトをしましたが「ハーフ&ハーフ」は10mmステンレスカットアンカーが使用されていたため現状のままにしておきました。今回どのような理由で誰が行なったかは定かではありませんが新たに打たれたボルトの設置方法に問題があります。
詳細はKINet掲示板で⇒ここ

コンクリートボンドの危険性はfree fan#047の14ページに番外編 コンクリートボンドと題して次のように書かれています(文責 井上大助氏)。『昔(今も?)の開拓クライマーがボルトと岩の支持強度を高めるために注入したと思われるコンクリートボンド(酢酸ビニル樹脂系接着剤。実は私も使ったことがある)ですが、埋設後10年近く経過しているだろうにもかかわらず、岩とボルトの隙間で乾燥(硬化)しきれずに残っているものがあります。もちろん岩からの水分の染み出しなども関係しているのでしょうが、意外にもこいつが潤滑油の働きをして、リボルトの際に古いボルトを撤去しようとするとき「ヌルッ」っていう感じでボルトが抜きやすいのです。抜きやすいってことは…?! ということでコーキング代わりにコンクリートボンドを注入するのはやめたほうが良さそうですね。使うならばやはり最低でもエポキシ系の接着剤か専門のネジロック剤でしょう。』

私も以前に使った事があります、ただし注入せずにボルト設置後のナット部分に塗って水の浸入を防ぐつもりで塗りました。今は使っていません。
私の過去のリボルトの経験からコンクリートボンドを塗っても意味が無いと感じています、ボルトの頭に塗られたコンクリートボンドは簡単に剥せますしボルトを撤去した穴の中のコンクリートボンドもピンセットなどで簡単に取れます、しかも固まってなくゴムのようにゴワゴワと柔らかい状態のものが殆どでした。
又ある専門の方は穴の中はチューブの中と同じ状態で固まる事は無いと言ってました。
今回の「ハーフ&ハーフ」の1P目の新たに設置されたボルトはスッポ抜ける危険性が考えられますので充分注意して下さい。
それとボルト位置が変えられていますが開拓者には承諾を得ているんですかねぇ…
中々ユニークで私のお気に入りブログの『晴れても雨でもお気楽くらいみんぐ…お天気ネーサンSunnyKのノーてんきワールド』記事で屏風岩で事故があったことを知った。一週間程前である。
原因は懸垂下降中にピンが抜けて200m滑落し全身打撲で亡くなられた、私と同じ56歳の男性だ。
私も同じルートを4年前に登ったが、ピンの状態は劣悪だと感じながら登った、特に核心部のボルト類はリングボルトのリングが取れその穴に2mmか3mmのシュリンゲを通したものが多い、絶対に落ちられないし加重する時も、そ~っと掛けるというようにしないと何時なんどき切れるか全く分からない、ロシアンルーレットそのものだと思った。
ビレイ支点も同じような状態だったので何時抜けても不思議では無いと思った、我々は登攀後屏風の頭を経由して涸沢に行ったが、可也のパーティーが登攀後懸垂下降している状況では又同じような事故が起こる可能性は大いにある、せめてビレイ支点だけでもリボルト出来ればと本気で思っている。
しかし、本チャンクライマー(?)の方々に言わせると、あのような頼りないピンで登るところに値打ちがあると言われる、私には理解出来ないのだが、現に昨年不動岩をリボルトしようとした時に可也多くの本チャンクライマー(?)の方々に、何故リボルトをするのかと反対意見をいただいたがビレイ支点だけは一部の反対を押し切ってリボルトをした、現在は多くの方に喜ばれていると感じる。
リボルト前の不動岩終了点
20070903204428.jpg

20070903204437.jpg

リボルト後の終了点
20070903204409.jpg

20070903204420.jpg


日本の本チャンルートは何処も劣悪なボルト類だらけで、どこの本チャンルートでも今回の屏風岩での事故が再現される可能性がある、中間支点が1本抜けてもその下の支点で止まる事があるだろうが、ビレイ支点のピンが抜ければ最後まで落ちるしかない、日本の山岳会全体で今回の事故を一過性の事だと見過ごす事無く真剣に今後の事を考える必要があると思うのだが…。
今回の事故でお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。


2007.09.02 雪彦山は中止
今朝5時に起きて外を見ると少し雨が降ったようだった、西の空を見ると雲に厚く覆われている。今日のルート整備はどうしようと悩んだ末、昨年の二の舞はしたくないので出発時間ギリギリに初Nさんに中止の連絡を入れた。そう昨年7月の終わりに「温故知新」の整備中に突然豪雨と雷に襲われ命からがら撤退した経験がある、もうこりごりや。
整備は10月に入ってから行なうことにした。

それならと烏帽子・駒形岩に我会のメンバーが行っているので合流した。暑いので8時にJR道場駅に集合し岩場に行くと、既に駐車スペースは満車だった、Nジムの講習会やガイドO氏の講習会が既に行なわれていた、誰も考える事は同じだ。
今日は非常に湿度が高く蒸し暑かった、駒形岩は風の通りが悪いのかムッとした空気が溜まっているいるようで不快で一日中ボーッとしてた。
この夏は、コウモリ、六甲北石切場、小川山などで登っていたので駒形岩の暑さは特別に感じた、「斜陽」「フィギュアヘッド」「サイレントティアーズ」「プロミネンス」を登り最後に「北斗の拳5.12a」の核心部のランジを試した一回目に良い感じで飛べ右手人差し指、中指、薬指の第二関節までガバに届いたが滑って保持できなかった、テンションして確認したらガバの一番甘い所だった、二回目を飛んだが中指の先が届いただけだった、今怪我をしたくないのでもっと涼しくなって条件が良くなってから飛ぼうと思う。
帰りに田んぼの中にアマサギがいた、車を止めて写そうとしたら飛び立ったが巧く撮れた。
P1010486m.jpg
この写真をギックリ腰で立つ事も儘ならない相棒に贈ります。
無理せずに早く良くなってや~。
2007.09.01 我家の一員
午前中に恒例買い物ツアーを済ませ昼から庭木の手入れをした。
昨年頃から我家の草木が弱っているのか、あっちこっちで枯れ始めたので今日は枯れたところを剪定したら大きなゴミ袋が一杯になった。
我家には龍の髭を各所に植えている、土止めの役目や年中緑色で繁殖力も強いし手入れが全く要らないのでお気に入りだ、だがやはり昨年頃から枯れが目立つようになった。
P1010458m.jpg

P1010461m.jpg
何が原因なのか分からない、栄養不良なのか…

二年ほど前に観葉植物のワイヤープランツを庭に植えたら上手く定着し勢力を伸ばしている、伸び過ぎたところを剪定したらトカゲの卵が二箇所から出てきた。
P1010455m.jpg

P1010456m.jpg
ここ数年見かけなかったので、どうしたのかなぁ~と思っていたが健在だったようだ。
卵の付近の雑草を抜いていたら今年産まれたと思われる子が出てきた。
P1010457m.jpg

少し離れた所に、つい最近産まれた子がいた。
P1010459m.jpg

P1010460m.jpg
中々可愛い、我家は昆虫類が多いので食べ物には事欠かないと思う。

明日は、初Nさんと雪彦山不行岳北壁温故知新のバリエーションルートの整備に行く、不行沢から4P目の北壁バンドを省略して「温故知新」1P目の途中に合流するラインで、以前はエイドで登られていた所をフリー化する、「温故知新」のルートと間違って既に何パーティーかがフリー登っている、その方々に聞くと5.11ノーマルはあるだろうとのことだ。昨年に一度懸垂下降しながら下見をしたが逆層で難しそうだった。出来れば明日一日で整備を終えたいが…
詳細は明日