FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
命からがら撤退した15日には、同じ会のメンバーが別のルートを登っていたが早めに下山し我々を待ってくれていた。
非常に心配をかけてしまい申し訳なかった。
山の天気を甘く見過ぎとお叱りも受けた、当然のことと深く反省した。
この年は7月半ばを過ぎても梅雨が明けきらずぐずついた天気が7月終わりまで続いた。
やっと天候が安定してきた8月2日(水曜日)に夏季休暇を取って、N村さんと最終ピッチの整備に行った。
昼前には整備が終わったので肩で早めの昼飯を食べ4ピッチ目の北壁バンドを右上するルートとは別の左側の壁を右上し5ピッチ目の途中に合流するラインの下見を行う事にした、ここは当初A1で登られていたためリングボルトが打たれているが40年以上経っているため腐っていてフォール出来ないのでトップロープで試登するため懸垂下降しながら壁の様子を観察した、半分ほど降りたところでポツポツと雨が降り出した、先日の事があるので即撤退することにした、不行沢まで降りたあたりで雨脚が強くなり雷も鳴り出したが危険は全く感じなかった。
実働日数3日間という短期間で整備が完了したのは、最終ピッチの新しいライン以外は既成の「逆くの字ルート」のラインをトレースしたのと10mm径のボルト穴一つ開けるのに1分もかからない強力なハンマードリルのおかげである。
完了後にN村さんからルート名を「温故知新」にしたいと思うがどうかと聞かれ二つ返事で良いですねぇ~と快諾した。
その後に須磨労山のホームページにトポを掲載した、その結果多くのパーティーに登っていただくことが出来また感想も頂いた。
今回「岳人11月号」に掲載されるとは発売の直前にN村さんに教えていただくまで知らなかった。
t_gak2007101201_01[1].jpg
記事の中で~このルートに目を付けたマメオ(須磨労山)とN村(大津岳士会)は、~とあるが、これは間違いで正しくは~永年このルートのフリー化の構想を練っていたN村はマメオにこの話を持ちかけ~が本当のところである。
岳人発売後の週末にI本松氏やN村氏はじめ大津岳士会メンバーや須磨労山メンバーなどが三峰友人登路ルートから温故知新ルートを登りに行ったところ温故知新ルートに多くのパーティーが取り付いていて登れなかったそうです。
改めて雑誌の影響力の大きさに驚きました。

今日はここまで次回は多分最終回になると思います。
各ピッチの解説をします。







| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ