FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
やっと最終回を迎えることが出来ました。
最終回と言っても裏話は前回で殆ど終わっていますのでここでは岳人とは別の「温故知新」までのアプローチの解説をしようかと思います。
須磨労山のホームページのトポにも掲載していますが、不行沢からの7ピッチを解説します。

1P目40mⅣ級…遭難プレートのある所が取り付きで、緩いスラブを登りテラス状のところを右上します。左上に伸びているバンドを辿り木が生えている手前を右上気味に直上するとクラックがあります、ここにリングボルトの懸垂下降用支点(50mシングルロープ用)があります。ここまでプロテクションは左上するバンドのハーケンのみです、落ちる事は無いと思いますが落ちれば重大事故になりますのでⅣ級と侮らず慎重に登って下さい。
私は左上するバンドの上部辺りにプロテクションの設置を要望したのですが、N村さんから初登以来この状態で来ているので現状を維持したいと言われ渋々納得したが、今は打たなくて良かったと思っています。

2P目25mⅢ級…1P終了点から左へ5・6mの所が取り付きです。
草の付いたボロボロのフェースを右上にある大きな松ノ木を目指します、松ノ木からはブッシュ帯の踏み跡を辿って行くと陰湿な壁に突き当たります。そこがNo,3チムニー下で3P目の取り付きになります。
大きな松ノ木は懸垂下降するときの支点として使います。このルートにプロテクションはありません。

3P目30mⅣ級…No,3チムニー左のフェースを登るのですが、少し木登りをしてのスタートとなります。プロテクションとしては出だしに残置ハーケンと中間部に2本新たにグージョンボルトを打ちました。
最後の傾斜が緩くなる箇所は脆いので落石をさせない様に注意して下さい。左上に大きな壁が、右には木や草の生えたバンドのある所が終了点です。ラッペルステーションを設置しています。

4P目10mⅢ級…岳人に掲載されているトポでは3Pに含まれていますが、間違って左壁(推定5.11b未整備)に行かれるパーティーがあったので区切りました。
右に木や草の生えたバンドが北壁バンドです、ここを登って行きます。ここにはプロテクションとして残置のリングボルトがあります。
ラッペルステーション設置。

5P目30m5.10aB6本…いよいよ「温故知新」の始りです。
左上の檜を目指します。左へトラバースし直上後左上します。
檜のある凹角基部がビレイステーションですが、非常に脆くあえて右の壁にラッペルステーションを設置しました。

6P目15m5.10bB4本…逆くの字の凹角のクラックを使って凹角出口まで登り右のフェースに出て直上し、やはり檜のテラスで終了。
凹角上のフェースの右は脆いので触らないでフェースを直上してください、その方が面白いです。
整備時に凹角に走るクラック部分にボルトを打つか打たないかでN村さんと意見を交わしたがクラックが濡れていることが多いので打つことにしたが発表後に要らないのではとの意見を頂いた。
ラッペルステーション設置。

7P目50m5.10aB12本…草も少なく岩も硬く変化に富んだ岩登りが視界も広がり高度感満点の中で楽しめるルートです。
終了点は肩のテラスにラッペルステーションを設置しました。
又ルートの中間部に50mシングルロープででも懸垂下降出来る様にリング付ハンガーを2個設置しました。
5.10aのグレイドを付けましたが5.9と感じられる方もいます、グレイドは兎も角私はこの最終ピッチを登りながら楽しくて楽しくて満面の笑顔でした。終了点の肩に着いた時は整備して本当に良かったと思いました。最終ピッチのライン決めを私に任せてくれたN村さんに感謝します。ありがとうございましたm(_ _)m
以上で「温故知新」裏話は終わりです。岩場でお会いした多くの方から読んでるでと言われ嬉しかったです。
長々と不味い文章を読んでくださり感謝します。
有難う御座いました。m(_ _)m

P.S
岳人ではドームの肩から懸垂下降で下山されていますが、時間があれば不行岳ピークから大天井岳を経由して下山してください。
下山には二通りの方法があります、車を東屋に止めた方は地蔵岳のコルを通り見晴し岩経由で東屋へ、地蔵岳のコルからピークへ登れば今登って来た不行岳北壁が一望出来ます、又見晴し岩からは地蔵岳の正面壁を登るクライマーが見えるでしょう。ここには『岩と雪の会こぶし』の人達が開いたマルチフリールート「セッピコルネッサンス5.11d」「上昇気流5.11b」「加古川~紅稜会ルート5.11c」があります。
車を下の駐車場に止められた方は出雲岩を通って下山すればいいでしょう。出雲岩の大ハングは一見の価値があると思います。
それから「温故知新」を登られた方や、これから登ってやろうと思われる方で、登った感想などをいただければ幸いです。

「温故知新」トポはこちら
「岩と雪の会こぶし」HPはこちら
地蔵岳マルチフリールートはこちら
雪彦山のHPはこちら
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ