プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:旅行
日本列島が天候不良で大荒れの中、何故なのか予定通りツアーを消化出来た。
やっぱり日頃の行いの御蔭やねぇ^^
今回のツアーでは食べ過ぎない様にと強く心に誓ったけれど飛び立つ前の神戸空港でからくも
誓いを守る事は出来なかった。
御蔭で出発前に55.6kgだった体重が帰って量ったら57.0kgだった。
しかし翌日ツアー惚けで弁当を忘れて昼飯を抜いたら55.7kgまで一気減った。

北海道の見所で一箇所忘れていました。それは直線道路です。P1020915m.jpg
この道路は支笏湖に行く途中にあり7kmの直線で信号がありません。
7kmの直線道路は北海道では全然珍しくないそうです。やはり北海道はデッカイど~うでした。
なお日本一長い直線道路は北海道の国道12号線で29.2kmの直線が続いているそうです。ながぁ~!
次に行く時はツアーではなくマイカーにクライミングギヤと自転車を積んで一ヶ月程ゆっくり回りたいと思います。が女房がパートナーではクライミングでけへんなぁ…

昨日の答え
16、弟子屈てしかが  17、興部おこっぺ  18、椴法華とどほっけ  19、女満別めまんべつ  
20、常呂ところ  21、標津しべつ  22、音更おとふけ  23、伊茶仁いちゃに  24、去来牛さるきうし  
25、大楽毛おたのしけ  26、花畔ばんなぐろ  27、然別しかりべつ  28、訓子府くんねっぷ  
29、馬主来ぱしくる  30、寿都すっつ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
三日目の朝は北海道では今年二番目の冷え込みで旭川で-22.?で我々が泊まった登別の最低気温は-17℃だった。
P1020879m.jpg

8時にホテルを出てバスに乗り5分のところにある地獄谷に行った。
P1020881m.jpg

20分程見学し次は室蘭の地球岬に行った。
P1020897m.jpg
今回の観光地で一番良かった。
P1020894m.jpg
展望台から見た室蘭市内。奥に有珠山と昭和新山が見える。
P1020890m.jpg
室蘭市内にあるJR母恋駅です。無人駅で『母の日』にはここの入場券が飛ぶように売れるそうです。
母恋←「ぼこい」と読みます。
この後又又道央自動車道に乗って支笏湖に行きました。
P1020921m.jpg
この支笏湖は冬も凍らない湖の日本最北限だそうです。
又又又道央自動車道に乗りノーザンホースパークへ行き昼飯と見学をした。
P1020938m.jpg
このノーザンホースパークはかのデープインパクトで有名な社台ファームグループの経営だ。
P1020926m.jpg
大きな雪だるまが迎えてくれた。
P1020927m.jpg
ここの昼食の地鶏は美味かった。
ファーム内を自由に歩きまわれる。
P1020935m.jpg
この子の名前は忘れたが非常に人懐っこくメッチャ可愛かった。自由に見学出来るお馬ちゃんの中に生涯賞金三億云十万円と言うのが居た。馬に負けた…
その後お決まりの土産物店に連れて行かれた。
帰りの飛行機は予定通り飛び立ち19時過ぎ無事神戸空港に降り立った。
P1020943m.jpg

今回の旅行代金は2回の朝と夕飯が付いて2万9800円だった。
しかし三日間でのバスによる走行距離は772kmだった。

昨日の読み方の答え
1、国縫くんぬい  2、長万部おしゃまんべ  3、虻田あぶた  4、虎杖浜こじょうはま  5、倶知安くっちゃん  6、積丹しゃこたん  7、真狩まっかり  8、妹背牛もうせし  9、美唄びばい  10、増毛ましけ  11、比布ぴっぷ  12、安足間あんたろま  13、留辺蘂るべしべ  14、白老しらおい  15、白人ちろっと
どうでしたか幾つ読めました。
続いての出題です。
16、弟子屈  17、興部  18、椴法華  19、女満別  20、常呂  21、標津  22、音更 
23、伊茶仁  24、去来牛  25、大楽毛  26、花畔  27、然別  28、訓子府  29、馬主来
30、寿都 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
二つ玉低気圧の通過後に寒気が入り込み24日はかなり寒かった。
我々が泊まった部屋から駒ヶ岳が見えるのだが生憎雲に隠れて裾野しか見えなかった。
P1020846m.jpg

7時にバイキングでの朝食を食べ早速バスに乗って観光に出かけた。P1020860m.jpg
道路はガチガチに凍結しているのにも関らず結構なスピードで走っていた。
最初の観光地は大沼公園だが風が強く寒くて早々に引き上げ次の観光地函館ベイエリアへ向かった。
P1020864mm.jpg
大きくすると見苦しいので小さくしました。
P1020865m.jpg
日本三大夜景は上の山の上から見るそうです。
P1020866m.jpg
函館ベイエリアのレンガ倉庫の壁に取り付けられていた落石ならぬ『落雪注意』の看板。

続いて北海道昆布館でトイレ休憩との名目で土産物を買わされる。
昼食は函館海峡市場でホタテ定食を食べたが不味かった。
午後からトラピスチヌ修道院の一部を見学し次の目的地長万部かに市場に連れて行かれた又又土産を買えとの魂胆だ
まぁ~安いツアーでは付き物だがウンザリする。
その後道央自動車道の登別東I.Cで降り今宵の宿登別温泉「名湯の宿 パークホテル雅亭」へ向かったと思ったら明日の朝一で寄る予定の土産物屋に行かされた。
P1020886m.jpg
これ女房!?イヤイヤ登別温泉のマスコットの赤鬼。

P1020874m.jpg
道央自動車道から見た有珠山
P1020872m.jpg
この噴煙は2000年に噴火した火口から今も噴煙が上がっています。道路の直ぐそば
P1020876m.jpg
有珠山の隣には昭和新山が茶色いドームを見せています。一体溶岩ドームでは世界唯一だそうです。
と言う観光を終えパークホテル雅亭の硫黄泉にゆっくり浸かりバイキング形式の夕飯を又又腹一杯食べ爆睡。夜中女房の鼾で目が覚めた

余談
下記は北海道の地名ですが幾つ読めますか?
1、国縫  2、長万部  3、虻田  4、虎杖浜  5、倶知安  6、積丹  7、真狩  8、妹背牛  9、美唄  10、増毛  11、比布  12、安足間  13、留辺蘂  14、白老  15、白人
北海道の地名はアイヌの呼び方に無理やり漢字を当て字にしたそうです。正解は明日 
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
『<神戸発着>ちょっと贅沢なミステリーツアー3日間』とのうたい文句で㈱阪急交通社が募集したツアー旅行に23日から25日まで行って来た。
何がミステリーかと言えば女房と一緒だった…イヤイヤ出発直前まで何処に行くのか分からないのがミステリーなのだが、実際には一週間程前に旅行社から現地は寒いので防寒対策は充分にとか道路が凍結の為滑りますとか飛行場が積雪の為着陸出来ない事がありますなどの注意書きが送られて来た。
まぁ~神戸空港の就航路線で上記の条件が当てはまる所と言えば新千歳空港しかない。大まかな行先は事前に分かったが詳細は神戸空港で日程を貰うまで分からなかった。
23日当日の天気予報で天気図を見たら日本海と太平洋側に低気圧があった。所謂二つ玉低気圧でこの気圧配置になると天気は荒れに荒れる。
weathermap00_20080223[1]
冬山でこの二つ玉低気圧の為過去に多くの遭難事故があった。
朝の天気予報でも北海道は強い冬型の気圧配置のため荒れると流れていた。
どうなるのかなぁ~と思いながらも8時半頃車で神戸空港に向かった。
10時40分離陸予定が機材到着の遅れで30分程離陸が遅れるとの事だった。それに合わせて現地の気象調査中とのアナウンスもあった。
待っている間に神戸空港の空も荒れて来た。
P1020840m.jpg
雨風が強くなりこの先が思いやられた。手前の飛行機はJALの那覇行きJL3383便 B767で奥に見える飛行機が我々が乗るANAのNH401便 A320ちいっさ!
30分程遅れて飛び立ったが現地天候悪化の場合羽田空港引き返しの条件付きだった。飛行中機長から度々新千歳空港の気象情報がアナウンスされた。現在雪で2本ある滑走路の1本を閉鎖して除雪作業をしている。その為上空で待機してる航空機が10機あるとの内容だった。我々が乗ったNH401便も新千歳上空で30分程旋回して着陸許可を待った。この間揺れる事も余り無かった。機長や客室乗務員からこれより着陸しますとアナウンスがあったので外を見たが雪雲に覆われて空と地上との区別が全く付かなかった。暫らくしてショックがあったので着陸したと分かったが一面真っ白でよくこんな状態で着陸出来たなぁ~と感心した。計器があるとはいえこの条件化での着陸は相当神経を使い難しいだろうと思った。乗客の一部から拍手が起こったがその思いは充分に理解できた。
P1020841m.jpg
無事新千歳空港に着いた我々が乗ってきたNH401便。乗務員の皆様お疲れ様でした。
新千歳空港から1拍目の宿である大沼国定公園鹿部温泉『鹿部ロイヤルホテル』に向け道央自動車道を走った。道央自動車道も降りしきる雪で路面は真っ白。時折地吹雪で視界が無くなる、そんな悪条件にも関らずバスのドライバーは80km/hほどのスピードで飛ばす。慣れているとはいえ大丈夫かなぁ…としっかりシートベルトを締めた。何とか予定より2時間程の遅れで宿に着いた。やれやれと温泉にゆっくり浸かりバイキング形式の夕食を腹一杯食べ速攻で爆睡した。

余談
神戸空港から新千歳には1日JAL,ANA合わせて6便が飛んでいるが、23日我々が乗ったのは2便目だった。あとの3便目JAL JL3303便 B737 11時50分発は羽田へ引き返し18時頃新千歳着。4便目のANA NH403便 A320 14時35分は新千歳空港に着陸出来ず神戸空港に引き返した。5便6便は欠航した。
又道央自動車道は我々が通過したあと積雪の為通行止めになった。
平行して走っている一般国道で4・50台のトラックや乗用車が数十時間雪に閉じ込められた。
そして札幌から函館に向かうJRの列車が通常なら3時間で行くところを33時間かかったとニュースで流れていた。
これは私の日頃の行いの良い所為なのか…はたまた悪運のなせる業か…

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
理屈抜きで面白い。最後に涙がこぼれそうになった。
天才的サッカーセンスの持ち主の兄と走る為に生まれて来た幼馴染の一ノ瀬連、二人に影響され主人公「神谷(カミヤ)新二」は風になる。

一瞬の風になれ
     第一部
  ―イチニツイテ―
31763027[1]
春野台高校陸上部
とくに強豪でもないこの部に、二人のスプリンターが入部した。新二と連の物語。

一瞬の風になれ
     第二部
    ―ヨウイ―
31776393[1]
少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。
才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。
意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。

一瞬の風になれ
     第三部
     ―ドン―
31793372[1]
ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。この身体とこの走路があればいい「1本、1本、全力だ」。すべてはこのラストのために。

クライミングに通じるものがあると、あらみちゃんに進められ読んだ。
天性の素質は努力ではどうしようも無いが、本人が気付かぬまま埋もれている場合がある。
まぁ~私には埋もれた素質なんか無いが努力するのは好きだ。
今年の北京オリンピックでの100mと4×100mは違った角度で観れそう。

余談
一瞬の風になれ」が2月25日(月)26日(火)27日(水)28日(木)の4夜連続でフジテレビ系列で放映される。
pm11:00から
多分観ると思うけど原作の方が遙かに面白いと思う。
あっ!それから明日23日から25日までミステリーツアーに行きますのでブログはお休みします。ほな!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
いつ頃からティックマークなる行為が始ったのか知る由もないが昨年こうもり谷で3ルートのホールドにティックマークがされていたのを見て見苦しく異様に感じた。
人工壁にルートを判別する色テープが貼られていないのも異様に見えると思うけど…。
ティックマークを何故するのか…限界グレードのルートを登る便数を少なくする為?が一番大きな理由だと私は思っている。違うかなぁ…
それと少し話が逸れるが数年前にヨセミテエルキャピタンでH大先生がO.Sトライに失敗した後のコメントでホールドにチョーク跡が付いてればO.S出来たと言う意味の事を聞いた時非常に違和感を覚えた。
又今から6・7年前のこうもり谷でホールドにテープで印を付ける行為が問題になった事があった。私がクライミングを初めて間もない頃だったので何の事かよく理解出来なかった記憶がある。その後当事者と仲良くなり一緒に登るようになったが実力は雲泥の差があった。
私は5.10がやっとだったがその方は同い年でクライミングを始めた時期も同じくらいだったが5.12は楽に登っていたし5.13のルートにトライしていた。
何が違うのか何処が違うのか…まあ~生まれつき持ち合わせたセンスが違うのは当然としてクライミングに対する情熱が全然違っていた。
その方から刺激を受け私もクライミングに嵌り込んで行き現在があるがやはり生まれ持ったセンスの無さはどうしようも無い。
横道に逸れたがティックマークは『落書き』以外のなにものでもないと思います。
自然の壁は自然のままで登るのがいいのであってティックマークを付ければ人工登攀になるのではと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
スポーツマンシップは、スポーツのルールを遵守してゲーム(競技)を行っていくうえでの根本的な姿勢をいうものである。広義では、スポーツを行う上での品性ないしマナーということができるかもしれない。これらは、スポーツを実際に行う選手に限らず、選手を指導するコーチや監督、またスポーツに応援という形で間接的に関係するファンをも含めて求められる傾向がある。一種の美学としてもみなされる。(Wikipediaより)
しかし今夜の日本対中国のサッカーは酷すぎる
一番の戦犯は主審を初めとするレェフリーだ。主審、副審、線審は北朝鮮人、一人の線審が韓国人。公平であるべきレェフリーなのだがアウェーでの闘いだし歴史的な背景もあって日本が不利なジャッジをされる事は予想されたが今夜のジャッジは酷すぎる。
FIFAもこのようなレェフリーに対しては資格を剥奪するぐらいの強い姿勢をみせて欲しい。
そうすればもう少しマシなジャッジで試合が行なわれると思う。
それにしても日本代表は良く闘い我慢した。そやけど後1点取れよ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
今、宮本輝氏のエッセイ『血の騒ぎを聴け』を読んでいる。
4103325127_s[1]

その中に「嫌いなもの」それは『いなかもの』である。というくだりがある、全文紹介します。

嫌いなもの
それは「いなかもの」である。
いなかものというと、地方に住んでいる人の蔑称と誤解する連中がいるが、そうではない。
「いなかもの」とは、いかなる人間か。ざっと思いつくままに箇条書きしてみる。とりわけ若い
方たちは、その意味について考えていただきたいと思う。
1、玄関を少しあけただけなのに、台所まで踏み込んで来る輩(やから)。一歩譲れば三歩押し入って来る輩と言い替えてもいい。
1、非はいつも相手にあるというふうに考えてしまう輩。
1、恩を仇(あだ)で返す輩。
1、人の幸運や幸福を妬んで、やっかむ輩。
1、何かにつけて「俺がしてやった」、「俺のお陰だ」と言う輩。
1、坐る場所でないところで坐る輩。
1、自分より弱い相手をいじめる輩。
1、お葬式に体操服のような服装で参列する輩。
1、相手が求めてもいないのに贈り物をして、それに対する感謝の意が少ないと怒る輩。
1、反対に自分にとってはありがたくないものを贈られて、相手を罵倒(ばとう)する輩。
1、自分と肌の合わない人に冷たくする輩。
1、人は失敗を犯すものだということを知らない輩。
1、人生の大事を感情で対処する輩。
1、ケチ。
まだまだあるだろうが、つまるところ、デリカシーがなく、姑息で勇気がなく、人を許さないくせに自慢や自己弁護ばかりするやつのことである。
私にえらそうに説教する資格はないが、若者たちよ、どうかこんな人間にだけはならないでくれよな。                                     1999.4

このところを読んで私にも当てはまるところの多いのに愕然としたがこの歳になってはなおそうにもなおらないと思うと恥ずかしさでいっぱいになった。人は謙虚でなければと思うのです。

人の性格はその人の顔に現われると言う顔の相は40歳までに決まると言われているる。温和な顔、傲慢な顔、姑息な顔、意地悪な顔、慈愛溢れる顔、猜疑心の強い顔、惚けーっとした顔(これは俺か!?)果たして私の顔は他人様からみればどんな相をしているのか…
しかし今の日本には老若男女を問わず傲慢な顔の人が多い。私も傲慢な顔をしているのか…

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
freefan#057に『日本のクライミング界が抱える問題点』が特集されている。
a0032559_17493729[1]

手にして一気読んだ。読んだ感想を抜粋して私の感じたままを書きたいが書けば特定の方に迷惑を掛ける事になるしオマエこそ何を偉そうにと言われるのでテンションを下げて書きます

※大野山問題のその後…おおいに議論しましょう←私の思いを代弁してくれてます。ありがとうございます

※プロフェッショナルクライマー考…「過激なティックマーク」は「登るための落書き」、または単に「落書き」と呼んではどうでしょうか。←賛成!私は昨年こうもり谷で三度実際に見ました。二度は知っている方でした。一人は全国的にも有名な方でJFAの理事もされている方です。(あっ!言ってしまった

※アクセス問題関連情報…聖人岩での焚き火跡と、設置された立て札について←冬寒い時の焚き火は身体や心も温まりますが何処でも焚いても良いものではないと思います。岩場のある所は大抵山の中や海岸沿いなどが多いですが山の中にある岩場で焚き火をすれば山火事の危険が常に付きまといます。私の近くのこうもり谷は火気厳禁でタバコも禁止です。
山火事は森林資源(所有者にとっては財産)を灰にしてしまします。現状復帰には何十年もの歳月を要します。先日の備中のあるエリアである岩場環境整備をしている代表の方が焚き火の用意をしていました。私はこの方の岩場環境整備とは何なのかと思わずにはおれませんでした。(マタマタ言ってしまった)焚き火に関しては私も偉そうな事は言えませんが自戒の念を籠めて言わせていただきました
最後にアクセス問題関連情報の末尾に『過去に岩場が利用禁止となった原因の大半は、クライマー側のマナーにありました。日本の―特に近郊のアプローチの良い岩場の多くは、私有地にあります。柵なり塀なりが無いにせよ、そこは他人の土地であり、その利用は地主の方の好意によって認められているものであることを忘れずに行動していただきたいと思います。』

これに関連したブログ⇒登攀工作員日記
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日はガンちゃんと10ヶ月振りに烏帽子岩に行った。
そして「ラマーズ」を触った。
P1020836m.jpg
このルートは京都の方がボルト1本で初登されその後H川さんがボルト2本を追加し「ラマーズ5.12b」として発表された。デッドの連続とヒールフック、そして極め付きはドスラブを右の足が滑らないうちに左の足を出し左の足が滑らないうちに右の足を上げると言う事を数回くり返してランナウトした終了点へ…このルートに限定は無いがH川さんのコメントでは『真っ直ぐ登ればラマーズ』となっている。
私は今日3便出したがヒールフックから最終ピンを掛けてからのムーブがチンプンカンプンで全く登れそうにない。全然進歩していない。もう封印しようかと考えている。
今日のパートナーのガンちゃんは我会の会長だ。入会して以来初めて二人だけで登った。
ガンちゃんはヒマラヤで負った凍傷の為両手の一部と片足の指が無い。
そんなハンディを負いながらも何時も楽しそうに登られている。
今日は「お爺ちゃんのドタドタ落ち5.11a」にトライされていた。
核心の左手デッドがあと少しなのだが届かない。テンションしてやれば出来るのでR.Pも間近だろう。
そのガンちゃんがお昼に自宅で飼っている混血の烏骨鶏が産んだ卵をラーメンに入れて食べていた。メッチャメッチャ美味しそうだった。
P1020838m.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の夕方から須磨労山の月1回の集会が有ったので参加した。
ただ参加するだけではもったいないので鈴蘭台から山を越して行く事にした。
昨年も一度歩いて行ったが今日は少しコースを変えた。
妙号岩』をご存知の方は余り居ないと思います。R&S027で『日本の小さな岩場』で取り上げられた本当に小さな岩場です。私もクライミングをし始めた当初に2度ほど行った事があります。
その岩場の下に流れている川に昨年『石井ダム』が完成し市民のオアシスとして開放されているとの事と数日前の神戸新聞夕刊に『オシドリ』が50羽ほど越冬しているとの記事を読んでついでに見ようと思い行きました。
P1020808m.jpg
鈴蘭台側から行くとダムの上流に出ます。
P1020810m.jpg
これが妙号岩です。
P1020811m.jpg
有名な『罰当りルート V級』です。
P1020817m.jpg
ダムの堰堤から見た妙号岩全景です。傾斜はありません。
P1020819m.jpg
『石井ダム』の全景。鵯越駅からだと堰堤の下に出ます。堰堤の階段310段を上がれば堰堤の上に出れます。
アプローチは神鉄鈴蘭台駅から歩いて20分と同じく神鉄鵯越駅から歩いて40分ほどの二通りありますが神鉄鈴蘭台駅からのほうがアップダウンが無く楽です。駐車場はありません。
目的の『オシドリ』ですが蔭も形も見当たりませんでした。
菊水山・鍋蓋山を登ってさてこれからそのコースを行こうかと考えたが集会の時間が迫っていたので鍋蓋山頂上から少し降りた所から『七三峠』から『二本松林道』コースを取った。
P1020831m.jpg

そして北野町の異人館街に出て三宮の連盟事務所に行った。
25分程遅刻した。
P1020835m.jpg
右の丸い屋根は『うろこの館』だ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
又又週末に寒くなり雪が降るとの予報だ。もうええで…
今日出先の雑木林で春の兆しが無いかなぁ~と思って探して見たらありました
P1000021.jpg
白梅がチラホラ咲いていました。
P1000020.jpg
これは雪柳です。この木は初めに小さな花がいっぱい咲きそして葉がでます。雪柳が終わる頃に木蓮が咲き、そして桜が咲き春本番になります。
P1000012.jpg

P1000014.jpg
すぐ近くにジョウビタキの雄がいました。渡り鳥で冬に中国から飛んできます。胴がオレンジ色の綺麗な鳥です。しばらく遊んでいました。
帰り久し振りに一つ手前の駅で降り歩きました。
P1000019.jpg
一つ手前の駅から歩き始めて丁度一ヶ月になりました。一ヶ月前は真っ暗だったのですが今はまだ明るく西の空の夕日が綺麗かった。もうそこまで春は来ています。
しかしヌメリの始る季節の到来でもある
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
あらみちゃんのお勧めで「あさのあつこ」著作の『バッテリー』を読んだ。
31303076[1]
面白くて一気に読み終えた。感想は俺にもそういう一途な時があったなぁ~と、そして月日と共に大人の嫌らしさにどっぷり浸かってしまったと思った。戻ろうにも戻れない時代への懐かしさと悔悟を感じた。
多くの方に読まれているが未だの方は是非読んでみてはと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
9時前に小屋で知り合ったT田君を加えて4人でニューエリアへ向かう。
40分程で岩場へ既に広島のUさんやメグさん、Yさんが来られていた。
その後続々とクライマーが来て今日も大盛況だった。
P1020793m.jpg

T田君は外岩はあまり登った事がないと言いながら城ガ崎の「シンデレラボーイ5.13a/b」を登ったと言う。なにこの坊や顔や態度の割には只者ではないと思いながら、おじさんとおばさん達は5.10bでアップするけど登ると聞いたら登れるなら何処でも良いですと殊勝な事を言ってくれた。早速登ってもらたがハーネスに掛けたヌンチャクを見てびっくらこいだなっなんと某有名クライミングメーカーのロゴが縫い付けてある非売品の真サラな代物だった。御主スポンサードを受けているのと聞いたらハニカミながら一応と控え目にぬかした。当然O.S←当り前
続いて何処か登ると聞いたら「親の心子知らず5.12a」を登りたいですと言うのでビレイした。このルートは広島のお姐さんや福山のお兄さんが苦労されているルートだったが
何と核心で右足をスリップさせながらもO.S
次は何処をと聞けば「四国第二国道5.13a/b」が長くてカッコいいから登りたいと仰るので女鉄人お二人の後に登らせてもらうことにした。
その間M子さんが「両手に鼻の下」を1便目に見事R.P
P1020795m.jpg

あらみちゃんは昨日の「両手に鼻の下」のR.Pの余韻に浸っていて放心状態
まぁ~「時間よ止まれ」でも登ろうとデレ~と取り付く
P1020797m.jpg

私はT田君のビレイで「時間よ止まれ」に1便目を出したが思った以上にええ登りが出来た。
最後のレスト体勢が巧く出来ず体勢を変え様としてスリップしフォールしてしまった。残念
P1020798m.jpg
少し長めに休憩して2便目を出したがボロボロだった。次回はきっと何とか…したい
T田君が「四国第二国道5.13a/b」に2便目を出すが同じ所でフォールした。
その後「時間よ止まれ」を多くのクライマーが見守る中見事O.S←私のビレイをしていたので正確にはFLかな
P1020801m.jpg

聞けば石灰岩は初めてだと言う。礼儀正しくて好感の持てる青年だった。今後の活躍が楽しみだ。
最後に四人で記念撮影した。
P1020804sm.jpg

T田君の世話をMORISAMAにお願いし早めに帰路に着いた。
今回はあらみちゃんとM子さんが宿題を片付けたが私は体調不良のせいで散々だった。
こう言う日もあるわなと自分に言い聞かせたツアーだった。
しかし2週間になるというのに何時まで喉のイガイガと咳が続くのか…腹立つ
次回の備中は3月9日10日を予定。やはりニューエリアか…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
2週間程前からの喉の痒みと咳が治らず体調不完全な状態だったが行けば何とかなるだろうと前回同様M子さん、あらみちゃんの三人で暖かなニューエリアでのクライミングを楽しんで来ました。
6時半JR西明石出発予定だったが電車が遅れて7時過ぎの出発になった。
連休の中日だったが何時もの日曜日より少し車が多い程度で快調に走れた。
岡山道賀陽ICで降り一路用瀬小屋へ向かう。
P1020783m.jpg
先日来降った雪が残っていたが四駆にスタッドレスタイヤは心強かった。
10時頃用瀬小屋に着き寝床を確保してニューエリアへ向かう。
天気が良いので多くのクライマーが来ていた。
P1020784m.jpg
三人で順番にフェイスでアップし各自の課題へと向かった。
あらみちゃんは「両手に鼻の下」にヌンチャクを掛けた後の2便目に綺麗な登りであっさりR.Pした。
P1020709m.jpg

続いてM子さんが「両手に鼻の下」に2便出すもR.P出来なかった。
P1020794m.jpg

私は「時間よ止まれ」にヌンチャクを掛けに登るが異常な重力に耐えられず各駅停止で何とか最終ピンまで掛けた。もう1便出したがボロボロだった。
P1020800m.jpg

一人上機嫌のあらみちゃんと明日こそきっとと強い決意のM子さんと明日もボロボロやろうなぁ~と意気消沈の私の三人は早々に岩場を後にし用瀬小屋に帰った。
小屋に入ると若者が一人いた。
P1020788m.jpg
埼玉県から一人でバスと電車を乗り継いで来ましたT田です。宜しくお願いしますと挨拶された。
非常に感じの良い青年でもう直ぐ19歳の私学の名門W大学生だそうだ。
色々話して明日は一緒にニューエリアに行く事にした。そして彼の怪物振りを目の当たりにする事になるのだがそれは明日のお楽しみに
用瀬小屋には関西の顔馴染みが揃って遅くまで明かりの点いてた『酔うぜ小屋』だった。
P1020790m.jpg

P1020789m.jpg

P1020791m.jpg
酔い潰れてこの体勢で数時間眠っていたO君

それから「水の泡」取り付きの木が倒れていました。
P1020796m.jpg

名古屋から来られていたMさんがフリーで従来の取り付まで登られました。多分初登だと思います。グレイドが変わるかどうかは又検討していただきたいと思います。
壱日目はここまで
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
明日の早朝から備中へ行く。
エリアは前回行ったニューエリアを予定している。
メンバーは前回と同じM子さんとあらみちゃんの三人。
しかし今年になってからよく雨や雪が降る、今日も各地で大雪が降った。
私の住む地域は雨から雪に変わって道路も白くなりこのまま振り続けたらどうなるのかなぁ~と心配したが昼前頃から雨に変わって積もった雪は殆ど融けた。
はたして明日の備中までの道中は大丈夫か…まぁ~行けば何とかなるやろう。
壁の濡れ具合も心配だが明日明後日と天気は良さそうなので何処か登れるだろうと思う。
出来れば目標の「時間よ止まれ」と「水の泡」を登りたい。
あとのお二人は「両手に鼻の下」をやるだろう。
身体の調子はまだ咳が出るが大分良くなってきたので何とか結果をだしたい。
ほな!次の更新は12日夜に
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
机の前の電話が鳴ったので出た。
交換手「イヌの件です」
私「ハイ!繋いで下さい」
私「ハイ!○○係です。犬のどう言うことでしょうか?」
相手「兵庫県のイヌ課長が(私…犬課長~???)発行した何じゃかんじゃ…」
私「ちょちょっとお待ち下さい。詳しい者と換わりますので」
と言う何とも不可思議な内容だったので犬の担当者に換わってもらった。
犬の担当者「ハイ!換わりましたが犬がどうかされました…?あっ!医務ですか。」
何とイム(医務)とイヌ(犬)を間違えてた。←私が間違えたのではない
確かに私は交換手からはっきりイヌと聞いたし相手にもイヌと告げたけど…
一字違いで大違い
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日休暇を取ってあらみちゃんと不動岩に行って来た。
体調はイマイチだったが前々から気になっていた事があったので行く事にした。
気になる事とはゴミである。今年に入って今日で四回目の不動岩だったがゴミの多さに特に糞尿後のトイレットペーパー不始末は目に余るものがあった。他にお菓子の包み紙やペットボトル、テーピングテープ等が散乱していた。
P1020773m.jpg
木に引っかかったトイレットペーパー
P1020774m.jpg

P1020775m.jpg
人目に付かない所に放置されたトイレットペーパー
P1020777m.jpg
今日クライミングの合間にあらみちゃんと拾ったゴミ。
以前からそして現在も岩場のアクセス問題が後を絶たない。私が思うにはこの問題は永遠に解決する事が無いと思う。それはゴミを捨てる事に全く罪悪感を感じない人がいるからでこれはクライマーに限らず又世界の何処に行っても同じだと思う。まぁ~シンガポールの様に徹底した罰則を設ければ少しはマシになるかも知れないないが…
と言うことなんで最近私はこのように放置されたゴミを見ても腹を立てないようにした。腹を立てるより自分で拾おうと考え拾うようにしている。決してええカッコでしているのではない。
どちらかと言うと諦めの心境から来ている。それに腹を立てるのが馬鹿らしいと思うようになったからだ。

今日は久し振りに昼過ぎまでは太陽が照って気持ち良かった。
お昼ご飯はあらみちゃんがお雑煮を作ってくれた。
P1020776m.jpg
太陽の暖かさとお雑煮暖かさで汗ばむ程だったが15時過ぎから雪雲が出てきていっぺんに寒くなったので早々に切上げた。
帰りの国道428号線の峠付近は雪景色だった。
P1020781m.jpg

三連休の日月で備中ニューエリアに行くので体調を万全にしたいがどうも治りそうにない。
しかし行くのだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日紹介した鼻うがいの方法は器具を使うのでよくないと鼻うがいのスペシャリストから指摘を受けました。それとやり過ぎは良くないそうです。何事も程ほどが良いちゅうことです。
一昨日からマスクをして会社に行っています。
混み合う車内や会社の中で咳き込むのは大迷惑以外何ものでもないのでマスクは最低限のマナーだと思い着ける様にした。
ところで今日私の咳き込むのを見て「結核」じゃないですか?とかそりゃ~「気管支炎」やでとか言われた。しかしだんだん咳き込み方が酷くなるような感じや…昨日のヤブ医者め…

ところでヤブ医者の語源は江戸時代に始るそうです。
ヤブは兵庫県北部の養父のことだそうです。
江戸で大層腕の良い医者がいて、その医者の出身地が養父町(現在は養父市)だったそうです。←江戸時代には養父町とは言ってなかったと思うけど
でその養父出身の医者に患者が集中するので他の医者達も養父出身だと言うようになり養父医者が氾濫したそうです。そのうちヤブ医者は腕の悪い医者の代名詞になったがもとを糺せばヤブ医者は名医だったそうです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
会社の帰りに耳鼻咽喉科で診てもらった。
私「云々斯く斯く」
医師「ん~~?風邪とも花粉症ともどちらとも言えないですねぇ…」
私「はぁ~そうなんですか…」
医師「まぁ~栄養を摂って充分に睡眠をとればいいと思いますよ」
私「両方とも充分ですが」
医師「どちらにも効く薬を出しますので様子を見てください」
私「分かりました」
当たり障りの無い受け応えをする頼りになるのかならないのかもう少し断定的に言って欲しいと感じた。悪く考えれば責任逃れのようにも取れんことはないけど…症状が軽い性なのかも
あらみちゃんお勧めの鼻うがいをやってみよか

今夜ブログを見たら構成が目茶目茶になっていたのでテンプレートを変えた。
このテンプレートの題は「ROCK」です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
朝八時頃起きて外を見たら雪が積もっていた。
昨夜の雨が雪に変わったらしいこの冬二度目の積雪だった。
P1020760m.jpg

先週の備中から帰ってから喉が痒いのとイガイガして咳が出るので市販のイソジンでうがいをしていた。金曜日に掛かり付けの医院でピロリ菌除菌の結果を聞きに行ったついでに喉の具合を言ったら花粉症だと言われた。イソジンでのうがいは喉の粘膜を刺激して良くないので粘膜を保護するうがい薬を処方してもらった。しかし花粉症とは…医師から鼻水は出ますか?と聞かれて早く歩いたりすると鼻水が出ますと言ったら、それは慢性鼻炎やね~とも言われた。
中学生の時に慢性鼻炎と診断されていたので気にはならないが喉の痒みとイガイガはたまらんので明日耳鼻咽喉科で診てもらおうと思う。
花粉症はもう始っているようなのでご注意を
それとピロリ菌の除菌は成功していた。ただお腹の具合には変化がない。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日の天気予報で土曜日の昼間から傘マークが消えたので女房と折衝し今日不動岩に行って来た。
マークが消えたと言っても雲マークだらけでしかも最高気温は6℃。不動岩が冬のエリアと言っても太陽が射さない不動はやはり寒かった
それに16時前頃から雪がちらほら降り出し一層寒くなったので早々に撤収した。
ただし先週の備中ニューエリアに比べれば大分マシだったし岩の冷たさも我慢出来ない程では無く良く止まって良い感じだった。
今日は不動正面壁の『チエちゃんのお尻』を2便目にR.Pした。これで不動正面にあるイレブンは全て落とした
このルートは限定だらけでラインがよく分からなかったのと限定ルートは面白くないので真剣に取り付いていなかった。あと正面壁で落としていないルートは『カーテンコール5.12b』だけになった。このルートも限定だらけでしかもライン上にあるホールドを使っては駄目と何とも理不尽な設定に成っている。過去に一度登った時に下りてから不動の主的な方から「あそこに足を置いては駄目ですよ」と言われて登る気がしなくなった。
それにこのルートはお邪魔虫ルートでこのルートに取り付いたら両サイドの「ワンマンショウ」と「タイコ」が登れなくなる。出来れば消滅させて欲しいと思っているのは私一人では無い。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
あっちこっちの岩場で問題が起こっています。
ホント真剣に考えないと身近な岩場が全面閉鎖になりかねません。
他人事では無いです。
落石による岩場の一部閉鎖『湯河原幕岩』⇒こちら
焚き火禁止の看板『鳳来の岩場』⇒こちら
上記に関連して『備中の岩場』でも焚き火は禁止です。⇒こちら
焚き火の問題に関しては私自身非常に反省しています。先週28日(月)に備中ニューエリアで焚き火をしました。常々偉そうな事を言っていましたが本当に申し訳ありませんでした。今後はどんなに寒くても焚き火は絶対にしません。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ