2008.04.30 色々
昨日行った、こうもり谷へのアプローチが湖面に沈んでいた。
P1000018m.jpg
4月の雨の多さが原因だ。これも田植えが始れば水が引くと思う。
こうもり谷へは橋の手前の従来の反対側にトラロープを垂らしていますのでそこから降りるようにして下さい。橋を渡ったフェンスの所からは絶対に入らないようにして下さい。U津氏から固く言われています。←わかった○○ちゃん

この時期の山の色は新緑に覆われ生命の躍動を感じる。しかしここ数年この4月に山やクライミングで多くの親しい人の命が失われている。何故なのか私には分からない。
私はこの季節の山の色が四季の中でも一番好きだが辛い時期でもある。
P1000019m.jpg
こうもり谷も新緑に覆われている。

今日会社帰りの道にシマヘビがいた。かなりの大物だった。
P1000021m.jpg
30日神戸新聞朝刊に『西宮市塩瀬町名塩のJR福知山線廃線跡のハイキングコースで左手をマムシにかまれヘリコプターで病院に搬送』と載っていた。
マムシは7月を除いて、おとなしいです。昼間動き回っていることはなく、草むらや物陰でとぐろをまいてじっとしています。ふみつけない限り、かまれることはありません。
 ですが、7月は注意が必要です。お腹に子供がいる時、とにかく何かをかんで毒を出さないと、お腹の中の子供に影響するということです。←ただし定かでありませんので

こうもり谷にもマムシはいますので充分注意して下さい。
2008.04.29 各所で事故
今日は大事な用事を済ませ昼過ぎから、こうもり谷へ行った。
新緑が目に眩しく生命の躍動が感じられるが五竜岳と三倉岳で死亡事故があったもよう。

五竜岳⇒ここ

三倉岳⇒ここ

五竜岳での事故はROCK&SNOWの「ハードコア人体実験室」でも御馴染みの新井裕己氏だ。

GWで遠征をされるパーティーが多くあると思うが充分注意していただきたいと思う。

故人のご冥福をお祈りいたします。
2008.04.28 思い違い
所要日数8日出撃回数20回にしてやっと「アナコンダ」を登る事が出来た。
P1000016.jpg
yukio君が撮ってくれた写真。左は「MonAmi」を登るU氏、真っ先に握手していただきました^^。
P1010039m.jpg
思い返せば昨年の入梅の6月24日の雨の日に2回目の第一道場に「バラクーダ」を登る予定で行ったが岩場に下りてみると「いただきます」と「アナコンダ」以外は濡れて登れる状態ではなかった。
仕方なく「いただきます」でアップし「アナコンダ」に取り付くがコマカチの連続で殆ど各駅停車で終了点まで抜けた。2便目にしつこくハングドッグして核心までのムーブを解決したと思った。
こりゃ~3撃出来るなぁ~と、その時はホンマに思った。
そして充分にレストして3便目をだそうと壁を見たら、なんと!濡れているではないか…
出だしの穴の中のガバもビチョビチョに濡れている。
降りしきる雨で湿度が上がり壁全体が濡れてしまい本気トライが出来なくなり、A0を駆使してヌンチャクを回収するのが精一杯だった。
夏をやり過ごし涼しくなっただろうと10月7日に再び「アナコンダ」にトライしたが暑さのため全くムーブが起こせず途中敗退して、こんなハズでは無かったと意気消沈して家路に付いた。
その後12月に2度、今年になって3月と4月の清掃時にトライしたが核心の右手が保持出来ないままになっていた。
昨日なんで?なんで?なんでや?…と原因を考えて出た答えは、手足の動きに腰が付いて来ていないと結論に達した。
そして昨日2便目に腰を入れる事を意識したら今ままで保持出来なかった右手へんてこなピンチを余裕を持って取ることが出来た。
そして最後の水平カチを取れば核心は抜けるところで左足を見るからに滑りそうな穴に置いて立ち込み左手を水平カチに飛ばしたら案の定左足が滑った。落ちる!と思ったが、もう登りたない!!!との思いで必死で堪え無事核心部を抜けることが出来た。
終了点に最後のクリップをしたときは本当に嬉しかったです。
第一道場に居られた皆様の励ましは本当にありがたかったです。有難う御座いましたm(_)m
今から思えばこのルートを3撃出来ると思い込んだのは私の大きな思い違いだっと今では感じています。
この日はメンバーの初Nさん(初帝釈)が「いただきます」をO.S。「ケロケロ」を2撃でR.P。
P1010006m.jpg
「いただきます」をO.S
P1010048m.jpg
「ケロケロ」を2撃
あらみちゃんが「バイアグラ」を2便目にR.Pと全員がお土産を持ち帰ることが出来た、御蔭で帰りの車中は和気藹々でクライミング談義に花が咲きました。
P1010042m.jpg
2便目はマスターで見事な登りだった。

又先週に続き来られていた長老ご夫妻が「バラクーダ」をR.Pされました。特に長老さんは1便目の無様な(失礼)登りは何だったのかと思わせる登りで2撃されたのには驚きました。ツヨツヨです。
P1010064m.jpg
左「しゃくとり大先生」のyukio君。右「バラクーダ」の長老さん
P1010060m.jpg
「しゃくとり大先生」を登るyukio君

あとこの日は、お兄ちゃん・T女史ペアー。yukio君・ヒガピョン・T田さんパーティー。U氏・メグさんペアー。と男性2人ペアーが来られてました。

帰りに夕食を龍野の「うかいや」でホルモン定食840円を食べた、旨かったがホルモンが噛み切れず飲み込もうとしたが歯に引っかかって飲み込むのに苦労した。P1000017m.jpg

次からは野菜炒め定食にする。

次の帝釈はGWに行く、「バラクーダ」は後回しにして「しゃくとり大先生」をやろうと考えている。
2008.04.26 雑用色々
朝早く女房が外から、あんた!ちょっと来て~と哀願を込めた声で呼ぶので出てみたら
おるわおるわ毛虫スギドクガがスカイロケットにへばり付いている。
P1000012.jpg
毎年薬を散布して退治するのだが春になるとウジャウジャ湧いてくる。
女房が隣に家が建って見通しも悪くなったし毛虫も多いので伐ろと言うので買い物を済ませてから伐る事にした。

華と世那を連れてお決まりのコースで買い物を済ませお墓に寄って昼飯を食った後に木を5本伐った。
P1000014m.jpg
西神南のスーパーで女房が買い物をしている間に近くの公園で遊ばす。長~い滑り台は世那のお気に入り。
P1000013m.jpg
ホームセンターで100円だして帽子を作った。華はウサギさん、世那は象さん。世那の象さんは私が作ったが手際の良さに係りの子がしきりに感心していた。こういうのは得意なんです

P1000011m.jpg
伐る前の状態。
P1000010m.jpg
伐った後、ずいぶん明るくなった。がお隣が丸見えや跡に何を植えようかなぁ…

明日早朝から初Nさん、あらみちゃんとで備中に日帰りで行く。
今日からyukio君達が2ルンゼに行っているので壁の様子を聞こうと用瀬小屋に電話をしたらO田君が出たので壁の状態を聞いたら2ルンゼは染み出しが多いとのこと。
長屋坂は「吹き矢の娘」辺りが濡れているそうだ。
奥の院は問題無いとのこと。
ニューエリはパリパリに乾いていてクライマーも8人程で空いていたそうだ。
なので明日はニューエリで「時間よ止まれ」をやるかなぁ…
それとも帝釈まで足を伸ばして「アナコンダ」で嵌ろうかなぁ…
2008.04.25 なんでや…
3年前の4月25日午前9時18分ごろ、尼崎市のJR宝塚線塚口⇔尼崎間のカーブで、
宝塚発同志社前行き快速電車(7両編成)が脱線。線路脇のマンションに衝突するなどして
乗客と運転士の107人が死亡562人(兵庫県警調べ)が重軽傷を負うJR史上最悪の事故が起こった。尼崎JR脱線事故である。
国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、大幅な速度超過が事故の主原因と断定。
車掌と輸送指令の無線交信に運転士が聞き入ったため、ブレーキ操作が遅れた可能性が高いと指摘した。←一部神戸新聞夕刊記事から引用

私はこの事故を会社の控え室のテレビで知った。時間が経つと共に死亡者の数が増えて行く報道に一体何が起こっているんやと思った。
そして事故原因が遅れを取り戻すため速度を出し過ぎたためと分かった時、なんでや!?と思わずにはおられなかった。
この年私は24年間続けた路線バスの運転士から今の職場に職種変更したばかりだった。
路線バスを自家用車やトラックなどで混雑する都市部の道路を定時運行させるのは不可能に近い。私も朝夕の渋滞時に何とか遅れを取り戻そうと空いた道路を満員の乗客を乗せて速度を超過して走らせていたし仲間の運転士も大概そうしていた。
電車と違いバスは運転席と乗客を隔てる物は無いに等しい、乗客が運転士に対してどのように思っているのか手に取るように分かる。「よー飛ばすやっちゃなぁ…」「何をチンタラ走っとんねん」「黄色で止まるな!」「下手くそなブレーキ踏みやがって」等等…

話が横道逸れたが
電車はバスと違い専用軌道を走るので邪魔ものは殆ど無い、それにATCなどの安全装置で守られている。
バスは運転士の技量一つにかかっている。なので速度超過による脱線と分かった時は信じられなかった。安全装置の不備も指摘されていたが、それよりも運転士をそこまで追い込むJRの体質に問題があるように思った。
その後日勤教育の悪弊が指摘され改善されているらしいが…

私の以前のバス会社は、管理職や係員などの会社側より運転士の方が発言力があった。
なので会社側との団交では、会社側「いくら遅れてもいいですから速度は抑えて走ってください」
運転士「何ゆうとんねん!文句言われるのはこっちやど」
会社側「そこは安全を第一に」
運転士「それやったら運転時分を伸ばさんかい!」
と言って赤字を増やした結果潰れかかり人員整理が行なわれた

この事故の後、JRに限らず各電鉄会社は安全を第一をに考え余裕を持って運行させている。
なのでしょっちゅう遅れている。まぁ~何事も急ぎ過ぎる日本人には我慢ならないようだが
二度とこのような悲惨な事故を繰り返さない為には仕方無いでしょうねぇ~
もっとゆとりを持って生活しましょう…

余談
私が24年間バスを運転して運んだ乗客数は約300万人程…あ~しんどかった
我会のアルツ氏からの情報です。

「備中の用瀬小屋の鍵使用と使用料について」
4月1日から備中地域局の宿直が廃止になっています。
通常日は午前8時15分から午後6時15分まで
土日祝日は午前8時30分から午後5時15分までが貸し出し支払いが可能です。
鍵の返却は地域局のトイレ横にボックスがあり上記時間外でも返却は可能です。


と言うことですのでご注意下さい。
2008.04.23 里帰り
日帰りで女房の里、広島県福山市に行ってきた。
朝7時半ごろに家を出る予定だったが、色々あって出たのは9時を少し回っていた。
毎回決めた時間通りに出たことは無いが今回ほど大幅に遅れたのは初めてだ。
クライミングに行くのでは無いので遅れても別段どうってことは無かった。

11時過ぎに福山に着き義姉と墓参りをした後、姪夫婦を呼んで昼飯を食べに行った。
義姉の家で女房達が話をしている間昼寝をした。
親戚の法事で出かけていた義母からの電話で目が覚め顔を見に行く。
今年90歳になる義母だが今も針仕事をするなど元気そのものだ。
義姉や姪が「最近惚けてきたんで~心配しよるんよ~」と言っていたが、話せば全くしっかりしているように感じた。ただ本などによると、たまに会う者には緊張して正常になるらしいが、90歳にもなれば
多少の惚けは仕方無いように思う。←私など○○ちゃんに「何遍おんなじ事ゆうとん!」、私「惚けたんかなぁ…」、○○ちゃん「かなぁ…ちゃうねん!惚けてんねん!」とよく言われる。
義母も朝から出かけていたので疲れているようだったので早めに切り上げ家路に付いた。

帰りに福山から備中を通って帰った。以前女房に定年後に備中近辺に移住したいと話していたのと私がどんなところでクライミングをしているか見ておいて欲しかった為だ。反応は悪くはなかったように感じた。

ところで用瀬小屋の駐車場にワインレッドの車が一台止まっていた。
多分○○さんペアーだろうと思う。
ニューエリに行かれてるのやろなぁ~ええなぁ~と思いながら通り過ぎた。
少し成羽よりのところにある野菜の直売所でコンニャクと茄子を買った。
それから成羽のスーパーゆめタウン高梁によって女房が厳選した特売品を買って帰った。
今日の走行距離500km弱少し疲れた。

27日日曜日にはクライミングで備中に行く予定、久し振りに2ルンゼに行こうと考えているが
壁の状態が心配だ。何方か情報教えて下さいm(_ _)m
2008.04.22 王子
2年と2ヶ月振りに王子でボルダーをしてきた。
ouji.jpg
相変わらず磨き抜かれたホールドに苦労するかと思いきや新しいホールドが結構あった。これからは毎週火曜日に行こうと思っているが王子は29日から5月7日までGWの休みに入るので次の火曜日は5月13日になる。折角鍛えようと思ったのに…休み多過ぎ


ところで今日、1999年山口県光市で起こった母子殺人事件の判決が元少年に下った。
死刑だった。私は当然だと思う。
被害者遺族の本村洋さんが言い続けてきた『人の命を奪った者は、その命で償うしかない』との考えは、その通だと思う。
差し戻し控訴審で大弁護団が結成されて以降元少年の供述が変わった、このことで私は弁護とは何なのかと思ったが今回の裁判所の判決は納得出来る内容だ。
今年で三回目になる「ながの村清掃活動」に前日の19日から、あらみちゃん、ミキ君の三人で行って来た。
木金の両日に四月の降水量を上回る雨が降ったので果たして登れるエリアがあるのかと考えならが
早朝6時に神戸を出た。
とりあえず雨に強い長屋坂に9時前に着いたが上からの垂れや染み出しで壁が濡れている。
特にフリッカーからMORISAMAの間はスコール状態だった。
こりゃーあかんなぁ~帝釈はどうかなぁ~と思い、めぐさんに電話で問い合わせ帝釈は大丈夫だとのことで移動する。
11時半ごろ第一道場に着いたら名和軍団が濡れて登れないだろうと思っていた「バイアグラ」に取り付いていた。全く濡れていなかったのには正直驚いた。
他の殆どのルートも濡れていなかった。帝釈が濡れて登れない時に備中が登れたり、備中が濡れて駄目な時に帝釈登れるなどこのへんの事情は理解し難い。

とりあえず「白帯」でアップし私は宿題の「アナコンダ」に、あらみちゃんは「バイアグラ」に、ミキ君は「いただきます」に取り付く。
特に「バイアグラ」は行列が出来るほどの人気で名和軍団の3人、倉敷のS君、あらみちゃんの5人でセッションが始まった。3月9日に、あらみちゃんはワンテンで抜けていたのでみんなからムーブを教えてと言われ、任して♪と大口を叩いたが…
P1030835m.jpg
多分一番抜けしたyoneさん。
P1030839m.jpg
二番抜けのS君
P1030832m.jpg
三番抜けのYsakiさんの後四番抜けしたT局長。(Ysakiさん写真無くてゴメン^^;)
P1030833m.jpg
あらみちゃんはみんなの毒気に中てられたのか前回全く問題の無かった出だしのハング越えで嵌り、結局2便出したが終了点まで行けずに敗退した。

私は「アナコンダ」に2便出したが2テンだった。
P1030834m.jpg


夜は霧降山荘でUさん、めぐさん、Oさん、yukio君、ひがぴょんさん、gakuさん親子、そしてI氏ペアーで大いに賑わった。
P1030847m.jpg
気心の知れた方達ばかりだったのとgakuさん差し入れの島根の地酒が美味しくて又もや呑み過ぎて翌日あらみちゃんに叱られた。
P1030849m.jpg
掃除機のホースをアイマスク代わりにして眠るミキ君

翌日8時からの清掃開始だのに起きたのは7時だった。慌てて朝食を食べふれあいセンターに行くと
既に多くのクライマーが集まっていた。村長さんの挨拶でトイレの使い方が酷いので今後は注意して
下さいと言われていたが、他の方が聞けばクライマーの品位が疑われる内容だった。
P1030850m.jpg

P1030857m.jpg
道ばたの草を刈った。この草はコンニャク畑に鋤き込むらしい。
P1030859m.jpg
今回は住民との交流も短時間で終わった。次回からもこの調子で行なって欲しい。
P1030861m.jpg
ながの村から頂いたお弁当を満開の枝垂桜を愛でながら美味しく頂きました。ご馳走様でした。

昼前に第一道場に行くと、登攀工作員さんご夫婦、長老さんご夫婦、お兄ちゃん、T女史、香川のJJF君と名和のrockwaveさんがおられた。
長老さんが「アナコンダ」を2便目にR.Pされたが、溜息の出る登りだった。元々地力が違うので参考にはならないが良い刺激になった。写真を撮りたかったがすんでに故障してしまい残念だった。

私は二日酔いでボロボロだったが「バイアグラ」を2便目にR.Pすることが出来た、2日3便でのR.Pは上出来だったと思う。
P1030866m.jpg
あと、名和のrockwaveさんが2撃された。あらみちゃんは前日と同じくボロボロだった。両日で「バイアグラ」に取り付いた7人中あらみちゃんを以外は全員R.Pした。
これはルート名のように女性には無縁なのかも…^^;(あらみちゃん以外は♂)
この日は岩の状態が非常に良くR.P日和だった。
長老さんが「アナコンダ」を、お兄ちゃんとT女史が「レッツGO!三匹」を、JJF君が「DANGER ZONE」を、私とrockwaveさんが「バイアグラ」をR.Pした。しかし私は「アナコンダ」を落したかった。
次回は何としても何とかしたい。
2008.04.18 雪彦山その後
13日雪彦山不行岳北壁で起こった落石?による死亡事故の経緯が多くのHPやブログに載り出した。
釈尊だったか日蓮だったか忘れたが、有形無形に関らず全てに生命が宿るとの言葉を今改めて私は実感している。私は生命が何なのか全く分からないが、植物、動物、当然人間もだが動くものだけに生命があると錯覚していたがそうではない。
今我々が住んでいる地球自体も一つの生命体といわれている。生命体である以上常に変化している。
何が言いたいのか上手く表現出来ないのと言えない自分にもどかしさとともに腹が立つ。

クライミングエリアとしての岩場も生きている、だから変化がある、その変化の一つに落石や崩落が起こる。これは防ぎようの無い事なのか…不運だと片付けられる事なのか…
数年前私の親しい人が「世の中何が起きるか分からへん、そやから面白いねん、何があっても前向き生きて行こう!と私は思ってねん」と話してくれた。私は今までその言葉を何かあれば思い出し生きてきた、そしてこれからも生きて行こうと思う。


雪彦山、転落死亡事故の詳細⇒こちら

雪彦山 不行岳北壁方面の登攀に行かれる方へのお知らせ⇒こちら

今日は昼からエボコマ(烏帽子岩・駒形岩)に行く予定だったのでクライミング道具を持って出勤した。会社に着いてから携帯にメールが届いているのに気づき読んでみると「天気が早く悪くなりそうなので今日のエボコマは中止します」とのことで受信は6時30分ごろだった。その頃は朝飯を食うのに忙しくて気づかなかった。あ~早く気づいていればしんどい目をせんでもよかったのに…
しかし中止になった時は、『太陽と緑の道』をパトロールしようと思っていたし、たまには歩荷をするのもええかと思い直し13時頃から神鉄藍那駅から歩き出した。
P1030828m.jpg
この駅での1日の乗降客は多分50人もいないと思う。
P1030781m.jpg
藍那側の起終点の神戸市立藍那小学校。
ここから舗装路を歩く、歩くに従って道幅は狭くなる。
P1030785m.jpg
ここは長坂山と丹生山との分岐点。右側が私の担当の長坂山への道。ここは昔オフロードバイクでよく走り回ったところだ。
P1030793m.jpg
暫らく歩くと簡易舗装も無くなり地道になる。このトラロープは前任者が取り付けた。私は要らないと思ったが…
P1030795m.jpg
大きな桜が未だ花をつけていた。
P1030800m.jpg
コースの中ほどに「長坂山」への分岐があるが標識はご覧のような状態だ。
P1030801m.jpg
このよく整備された階段を登って行くと…
P1030802m.jpg
ちょっと広いところに出た、その先は下りになっていたのでここが「長坂山(397m)」の頂上だろう。三角点が無いのでこの看板がなければ全く分からない、おまけに眺望も無い。
P1030804m.jpg
また暫らく歩くと山道の際に墓標の様な物があった。近くで見ると反対側の起終点近くの神戸市立山田小学校の学校林整備の卒業記念碑のようだった。今年の記念碑に第116回と書かれてあり歴史を感じた。
少し下っていくと眺望が開けた。
P1030807m.jpg
この町並みは六甲山を挟んで三宮の裏側辺りになる。日の峰、桂木、大原という新興住宅街で我社の社員もここに多くの方が住んでいる。
さらに下っていくと
P1030816m.jpg
畑や田んぼが広がって終点はもう直ぐだ。
P1030820m.jpg
神戸市立山田小学校。
そして出発点の藍那小学校から約5.3km歩いて山田側起終点の「六條八幡神社」に着いた。
所用時間約2時間
P1030825m.jpg
ここは文正元年(1466)に建立で、室町時代の代表建築といわれる荘厳な三重塔がある。
少し休憩して、帰りはどうするか…バスもあるが同じ道を歩いて帰ることにした。
帰りは1時間20程で藍那駅に着いた。
途中「藍那の野鳥(夏)」の看板があった。
P1030827m.jpg
19種類の鳥が藍那の森にいるとのことだが、今日は「ウグイス」「ヤマドリの雌」「カワラヒラ」「ツバメ」を見た。写真に撮ろうとしたが難しい。
「カワセミ」や「コゲラ」もいるらしいので是非見たいと思う。
次回は5月の同じ時期に行こうと思う、一ヶ月でどのように模様替えをしてくれるのか楽しみだ。
ある方から、タダで登れるけど行く?とのお誘いに、へいっ!もちろん!と答え、今日行って来た。
P1000002.jpg
5の壁で遊ぶ、あるお方。
ここの課題は最後を遠く設定しているのが多い。
私は腰を痛めているので高い所から落ちたくないので無理に突っ込まないようにしたら
殆どの課題が登れない。
1時間半ほど遊んで腹が減ったので最後に2の壁の山井さんが設定した6級の課題を一撃し
気分を良くして帰ろうと出口の方に顔を向けたら、山井さんが居た。
P1000001.jpg
3の壁でアップする山井さん。
少し話をして近くの一貫楼で生ビールを飲みながらギョーザ、野菜炒め、小海老の唐揚、ソース焼きそば、炒飯を食べて帰った。
明日は昼からエボコマに行く予定。
13日兵庫県姫路市夢前町にある雪彦山でクライミング中の大阪の方が転落し死亡されたと
神戸新聞夕刊に載っていた。
記事によると…下の方にいた目撃者は「岩とともに、転落してきた」…とのことだが詳細は分からない。
雪彦山は私にとっても通い慣れたゲレンデでもあるし2年前の8月に不行岳北壁に「温故知新」を整備した関係もあって今回の事故に衝撃を受けている。
雪彦山に限らず春先は落石が多いので充分に注意をしなければと思うが…残念でならない。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
毎年恒例の道場周辺の清掃活動に行って来た。
P1030752m.jpg
武庫川右岸の桜並木。
P1030756m.jpg
挨拶されるキャシーさん。
P1030757m.jpg
河原には流れ着いたゴミが多かった。
P1030758m.jpg
見える岩場は不動岩。電車は脱線事故で多くの命が奪われた福知山線の普通電車。
P1030761m.jpg
集めたゴミを前に記念撮影。須磨労山からは10名が参加した。←中々優秀やな

清掃後に駒形岩に行った。
P1030763m.jpg
「斜陽」でアップするyukio君。右は「プロMINI」をリードするNさん。
P1030764m.jpg
「ボトムライン」は大賑わい。クライマーは昨日こうもり谷の「呪い5.13b」をR.Pしたtomokiti君。
P1030765m.jpg
「サイレントティアーズ」をリードする、ピョンキチさん。この後ギャラリーを驚愕させるピンチ持ちを披露してくれた。

私は「北斗の拳」をピンチ持ちムーブとランジムーブをやったがどちらも駄目だった。まだランジムーブの方がいけそうなのでランジの練習をしようと思う。しかし腰に悪い

清掃に参加していたyoukoさんが烏帽子岩の「ラマーズ」をやるというので一緒にさせてもらった。
P1030768m.jpg
中々パワフルな登りをするなぁ~と感心した。
私は今までと同じで最終ピンにクリップしてから動けない状態だった。ん…訳分からん
2008.04.12 色々
昨夜遅く寝たのに朝早く目が覚めてしまった。悔しい…
毎朝テレビ体操をしているが、今朝は起きてからなんやかやと動き回っていて途中からしたら
身体が思うように動かないのにショックを受けた。

新聞を取りに外に出たら我家の『根性タンポポ』が満開だった。
P1030742m.jpg

P1030743m.jpg
これは「セイヨウタンポポ」と思われる。確か四五年前からこの場所を定住の地にしたのか毎年黄色い花を咲かせている。

午前中から昼過ぎにかけて恒例の買い物ツアーに出かけた。

16時過ぎから王子登山研修所横でsakiちゃんを囲んで花見をした。
P1030746m.jpg
辛うじて花を残していた。
P1030747m.jpg
ボルダーで腰椎を骨折したが歩けるまでに回復した。しかし完全に治るには後一年近くかかるそうだ。
P1030745m.jpg
今日、王子のピラミッドウォールで国体予選が行なわれていた。我々が行った時には終わっていてスタッフが後片付けをしていた。

それから今日は須磨労山の集会日だった。
集会後行きつけの居酒屋『国冠』で反省会をした。
P1030748m.jpg

P1030750m.jpg
反省会が始まって少ししたら突然隣のグループのお一人と我会のガッツ君とでセッションが始まった。曲名は…忘れた^^;

てな今日一日でした。
明日はJR道場駅周辺の清掃がある。
2008.04.11 迷惑メール
今年の2月頃から携帯に迷惑メールが頻繁に入るようになった。
私の携帯はドコモなので受信時にも料金が掛かる。
欲しくも無いメールに金を払うのは馬鹿らしいので何か良い対策は無いかと取説を見たら
「メール選択受信設定」てのがあったので早速設定をした。
これは私宛に届いたメールを一度、iモードセンターに保留して受信するのか削除するのか
選択出きる仕組みだ。iモードセンターにメールが有るのか無いのかは
待ち受け画面のアンテナの横にアイコンが点灯して分かる、このとき着信音やバイブは作動しない。
こうして一ヶ月が経って昨日ドコモから3月度の請求書が来た。見て驚いた。
パケット通信料が2割程多くなっている。ひょっとしてiモードセンターに問い合わせる度に料金が
かかっているのではと思い今日ドコモ関西に確認したら、何とiモードセンターに保留されている
アイコンが点灯していて問い合わせると1回に付き7円かかると抜かしよった。
今まで1日に5~10回は問い合わせていた。
ドコモのねーちゃんと話していて段々腹が立ってきてそんなこと取説には書いてないどと大分文句を言ったが、申し訳ありませんの一点張りだった。
まぁ~文句を言っても無駄なので、他に何か対策は無いかと聞いたらパソコンからのメールを
拒否する設定があるというので早速設定した。
と言う訳で私の携帯にパソコンから配信されても受信しませんので宜しくお願いします。
尚、40件のパソコンのアドレスを受信できる設定がありますので追々登録します。

それと今夜半年振りに『ロックガーデン』に行った。
ちょっと用事があったのでついでに遊んできた
8時半頃から10時までいたが女性は一人も居なかった。←なんか不思議に感じた
しかしやっぱりボードは面白くない、4級の課題が登れない
面白くないから登れない、登れないから面白くない、悪循環やな
先日職場内の回覧で回ってきた冊子に興味ある記事があった。
自分の自由時間を計算する式が載っていた。
この記事は60歳で定年し80歳まで生きたとして自分の自由時間が約10万時間ある、その膨大な時間を如何様に使うか、使い方によってシニアライフの質が決まります。と言う事が書かれていた。

自分時間の計算式は
①睡眠時間(24時間の内)  [         ]時間
②食事時間(朝飯・昼飯・夕飯[         ]時間 ①②③の合計[        ]時間
③洗面・風呂          [         ]時間         「生活必需時間」

24時間-生活必需時間=[         ]
               「1日の自由時間」

1日の自由時間[      ]時間×365日×20年=[          ]万時間

次に20歳で職に就き60歳で定年を迎えた方の労働時間は
 仮に労働時間を月間200時間とすると60歳までの労働時間は
  200時間×12ヶ月×40年=96,000時間となります。

また、生活必需時間を計11時間とすれば、1日13時間が自分時間となります。
    ①睡眠時間・1日8時間
    ②食事時間・3食で2時間 ①②③の計11時間
    ③洗面・風呂などで1時間
   13時間×365日×20年(60歳~80歳)=約95,000時間

60歳までマジメに40年間働いたとすると労働時間は96,000時間となり、
60歳から80歳までの20年間の自分時間も95,000時間です。

人生における約10万時間という時間は膨大な長さです。その長い日々を充実させて笑顔で
過ごすのか、地域社会や家族にまで背を向けて、部屋に閉じこもるのか。
どういう生き方をしても、10万時間という長さは変わりません。


如何ですか10万時間と言われれば膨大な時間であることは確かなのですが、
反面あっという間に過ぎ去るのも時間です。

さて?私は後3年で定年退職を迎えます。今密かにある計画を練っています。
いつだったか女房にそのことを少し話しました、即拒否されると思いきや、
以外な事に見てからやなぁ~との返事に驚いた。
その計画とは、当然クライミングに関する事ですが、いくらなんでも80歳までは無理かなぁ~と
思っている。近い内に、その計画を発表できると思います。
2008.04.09 不動岩
今日、午後半休を取って不動岩に行ってきた。
JR道場駅周辺の桜は満開だった。
P1030721m.jpg

P1030722m.jpg

平日だというのに多くのクライマーが来られていました。
P1030734m.jpg
ホンマ暇な方が多いなぁ…

P1030729m.jpg
初Nさんが「小熊物語」を2便目にR.Pされた。

私は昼からの参加だったので筋トレで5ルート登った。
P1030739m.jpg
「小熊物語」の私
年度替りの少しの間、何故か暇なので当分水曜日に半休を取る予定。

それから今日は、華の小学校入学式だった。
IMG_0366m.jpg

IMG_0369m.jpg
我ままで泣き虫なんで大丈夫かなぁ…
女房曰く「華より、あんたの方が我ままや!」 私『ん~かな
2008.04.08 日本仏教会
今、浅田次郎氏の小説「中原の虹」全四巻を読んでいる。
4062136066[1]
この間第一巻を読み終えた。第一巻は清朝末期を背景に張作霖が頭角を現す所までだ。

この小説の中で民衆の悲惨が随所に書かれている。中国に限らず何処の国家にも言えることだが、一部の特権階級が民衆から搾取した税で贅沢に暮らす。これは原始から変わらない構図だと思う。
特に中国は支配する者が秦であったり明であったり清朝であったりした、今は中国共産党と名前が変わっただけで民衆から、そして近隣諸国から搾取する構図は全く変わっていないと思う。

中国の人権問題が北京オリンピックを危うくしている。
これに対して日本仏教会が声明を発表したと登攀工作員日記で知った。

これに関して、私は少し違う角度から意見を述べたいと思います。
書寫山圓教寺執事長大樹玄承氏の言われる「私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かも知れません」についてなんですが、第二次世界大戦中日本の仏教界が挙って軍部に迎合した事実があります。当時の軍部は「国家神道」を理由に当時の仏教界へ神札を祭ることを強要し仏教界が受け入れた経緯があります。神と仏とは全く相容れないものであります。
この事実からして日本の仏教界は既に存在意義を無くしていると思います。

書寫山圓教寺執事長大樹玄承氏が日本軍国主義のような時代にでも同じ声明を発表される方であることを願ってやみません。

余談
「中原の虹」と併せて「蒼穹の昴」を読むと面白いです。
06274891[1]
5.12台にトライしだした2年程前から腰痛に悩まされている。
原因は歳の性とか落ち方が下手とかハーネスの性とか色々考えられるが
一番の原因はビレイヤーのピッタンコ・ビレイにあると思う。
このピッタンコ・ビレイはもろ腰へ衝撃がかかるので良くない。
神戸の近郊の岩場でよく見られる光景だ。備中ではあまり見かけない。
私も以前はピッタンコ・ビレイをしていた、今は強要されてしている
フリークライミングで落ちることは当たり前のことなのだが多くのクライマーは恐怖を感じながら落ちている。極稀に恍惚の表情で落ちている方がおられる。←誰とは敢えて言いませんけど

私の所属している須磨労山の殆どの方がピッタンコ・ビレイ崇拝者達だ。
以前私とよくペアーを組む方が登っていて「テンション」と言われて少しでも落すと「止めてって言ってるやろ」と上から凄い形相で睨まれた。最近は前ほどではなくなった。(やれやれ)

5.12台のルートはランナウトしている場合が殆どなので落ちる距離も長い、なのでピッタと止められると腰への負担は相当なものになる。ここでロープを流す技術があれば腰への負担は殆ど無くすことが出来る。この流す技術は可也難しい←止まらんようになったらえらいこっちゃ
ロープを流さなくてもクライマーが落ちてビレイヤーの手に衝撃が加わる時点で飛び上がって宙ぶらりんの状態になれば落ちた衝撃は殆ど相殺されるので腰への負担は無くなる。

今、腰が可也痛い、原因は土曜日に「旅路」の最終ピン手前からのロングフォールによる。
今日会社の昼休みに鍼を打ってもらって少し和らいだがまだまだ痛い。
それと登攀工作員日記にアークテリクスから画期的なハーネスが発売されたと載っていた。昨年買ったペツルのハーネスでは腰痛の改善は見込めないので買い換えようかと考えている。しかし値段が高い
確実に腰への負担が軽減されるなら高くても値打ちがあると思うのだが…

最後に、これから私をビレイするときはピッタンコ・ビレイをしないようにお願いします。
2008.04.06 春爛漫
私の住む隣の自治会(桜ヶ丘)の主催で近くの公園で桜祭りがあった。
この催し物に孫の華がダンスで出演するので見に行った。
先月の初めに女房から華が出るのでこの日は見に行ってと言われていた。
P1030665m.jpg
地域の中学校のブラスバンドや保育園の園児達が演奏を披露してくれた。それにしても中学校のブラスバンドは全員が女子だった。私も中学校時代ブラスバンドに入っていてクラリネットを吹いていた。その頃(44年ほど前)は男子の方が断然多かったが…

P1030667m.jpg
孫の世那のガールフレンドのチエちゃんと。

P1030673m.jpg
一番小さいのが華。
P1030674m.jpg
昨年は手と足を交互に出すところを右手右足を出していたが今年は交互に出してた。
P1030694m.jpg
決めのポーズもそれなりに決まっていた。

華のダンスが早く終わったので昼から、こうもり谷へ行った。
昨日六部咲き程だった桜が八部咲き近く咲いていたのには驚いた。
P1030720m.jpg


今日の、こうもり谷は昨日より少し暖かかった。
P1030711m.jpg
ご覧のように太陽が当らないので、こうもり谷の季節到来である。
P1030712m.jpg
昨日に続き昼遅く来られたU氏のリハビリクライミング。
P1030717m.jpg
帰りの衝原湖に「川鵜」がいた。衝原湖で初めて見た?。
P1030713m.jpg
今日のアプローチ、昨日より開いているようだ。←気の性かな…下の写真は昨日写したもの。
P1030652m.jpg
イヤイヤ気の性では無い。確かに開いている。要注意!。
2008.04.05 こうもり谷
今日のこうもり谷は先週と同じく日が当っている所は暑く日陰では少々肌寒く感じた。
しかしクライミングには絶好のコンディションでした。このように良いコンディションも今月中くらいでしょう。

岩場に行くのに自転車道から湖面までのアプローチを少し下りコンクリートの護岸を通るのだが、今日護岸を見て驚いた。
P1030652m.jpg
先週は何とも無かったのに…
P1030653m.jpg
護岸の下が長年の間に削り取られ自重で割れたと思われる。
何時崩落しても不思議ではないと思う反面浮いていた護岸の下が斜面に当り止っている可能性も考えられるが充分に注意する必要があると思う。
下の写真は昨年7月26日に写したものです。先週の土曜日に歩いた時は何とも無かったのですが…    
P1010211m.jpg


今日のこうもり谷には私とあらみちゃんの須磨勢以外にNCペアー、M本さん、M子さん、お天気お姉さん、K井君、T田さん、?さん、Aさん、昼過ぎて珍しくUさんとドクターが来られていた。
P1030655m.jpg
確か69歳の時に「旅路」をR.PされたT田さん。日本最高齢最高グレードR.P記録保持者。今日は「呪い」をリードされていました。

P1030658m.jpg
この方はドクターでお年は75歳前後と思われます。平日によくお一人で来られユマーリングで登られています。
今日のクライマーの平均年齢は…ん~高!

先週「ロンググリーン」を落としたあらみちゃんの次なるターゲットは「レインボー」
P1030657m.jpg
恐いけど色んなムーブがあって非常に面白いルートです。恐がり屋のあらみちゃんには少々厳しいけどより上を目指すには克服してもらわな

私は「旅路」に2便出し1便目にテンションしながらも中々ええ登りが出来たと思う。2便目は腕が終わっていて中間部出だしで敗退。その後「活断層」を、しんどい!もうアカン!と思いつつも何と再R.Pしてしまった。疲れた腕で登りきれたので非常に嬉しかった
これで気を良くして「レインボー」のヌンチャク回収に登ったがボロボロだった。
他の方達が帰り支度をしていたが何故か物足りなさを感じ「ロンググリーン」を登った。
テンションやフォールもあったりしたが疲れている割にはまあ!登れたかな!?
今日は「旅路」を2回で1本として計6本登った。左腕を上に高く上げようとしたら痛いのだがこれだけ登れればええか
来週日曜日は道場周辺の清掃なので清掃後に駒形岩に行って「北斗の拳」をやろうと思う。

それから昨日の鳥は「ヤツガシラ」だとあらみちゃんが教えてくれた。
P1030594m.jpg
日本ではまず見ることの出来ない非常に珍しい鳥だそうです。
野鳥の面白いHPを見つけました。⇒こちら
あっと!言う間の5日間だった。
会社では人事異動だのなんだのと皆気忙しく働いてるんやろうなぁ~と少しだけ考えた。

今日の朝食もホテルからバスに乗って行き韓国式朝定食を食べた。
P1030589m.jpg
ワカメの入った薄味の味噌汁風だったが不味かった。

食後、世界遺産の宗廟を見学した。
P1030591m.jpg
宗廟へ行く途中に現韓国大統領の李明博氏がソウル市長時代に整備した清渓川を通った。ここは以前暗渠になっており上を高速道路が走っていた。ガイド曰く、高速道路を撤去し川を再生した御蔭でこの周辺の土地の値段は高騰した。そしてこの川の水は人工的に流されているその電気代は我々の税金で賄われているのです。
P1030592m.jpg
この宗廟は李氏朝鮮王朝の歴代の王と王妃、そして功臣の位牌を祭るために1395年に建てられた。
P1030593m.jpg
この方がガイドの李さん。李氏朝鮮王朝とは全く血縁関係はないそうだ。
P1030594m.jpg
宗廟にいた珍しい鳥。種類は分からないがヒヨドリより少し小さく嘴が細長く頭に丁髷がのっている。コゲラの仲間かも…
P1030599m.jpg
静かな佇まいだった。

この後、バスから青瓦台を見学した。
P1030602m.jpg
私は青瓦台より回りの山に目を奪われた。花崗岩の山が聳えている。しかしここにはルートが無いと思う。昔何時の王様の時代だったか聞き忘れたがこの山の上から虎が出てきて散歩中の王様の背後に迫った時、一人の兵が弓を発し虎を退治した。しかしこの兵は後日処刑された。理由は王様に向けて矢を放った為である。矢を放たず自分が虎に食われるべきだったとの事。←何と理不尽な…
この青瓦台見学で此度の旅行の全日程は終了し仁川国際空国(インチョンこくさいくうこう)から帰国した。
P1030616m.jpg
この仁川国際空国は広大な干潟を埋め立てて造られている。
P1030617m.jpg
昼飯の機内食。やっぱり冷たかった。
P1030625m.jpg
関空に「ツェッペリンNT」がいた。この飛行船での遊覧飛行が平日の昼間の基本料金が90,000円だそうだ。飛行時間は60分だそうだ。90,000円あればアメリカ本土やオーストラリアへ行って帰って来れる。誰が乗るのやろう…

以上で韓国旅行記は終わりです。韓国とは古くからの付き合いであり一時期不幸な期間があったが今後とも我日本に於いて最重要国の一つであることは間違いない。
下記の要領で恒例道場周辺の清掃が行なわれます。

*****************************************
裏六甲、道場周辺の清掃のご協力のお願い

毎年行ってきている清掃活動ですが、今年は、下記の日程と
内容で実施する予定です。
岩場や周辺を利用しているみなさんのご協力をお願いいたします。

日程:2008年4月13日(日曜日 )
集合場所:JR福知山線 道場駅前ロータリー 朝10時前に集合
時間:AM10:00ころ 清掃開始。
    AM11:10ころ  駅前ロータリーにゴミを持ち寄る。
              指定集積場所にゴミを移動。
   AM11:30ころ 解散。
雨天:決行
全体リーダー:藤尾哲也(藤尾がこられない場合は、岡田 清)
協力:KINet(関西岩場環境整備ネット)

各自が用意するもの:大き目のゴミ袋(2-3袋)、はさみ、軍手、日よけの帽子、雨の場合はカッパ。
ゴミの仕分けの仕方:燃えるごみと燃えないごみ(カン、ビン、ペットボトル等)の2種類に分ける。

ゴミの置き場所   :下記の一か所です。ここ以外には置かないで下さい。
             不動岩へいく途中、踏み切りをわたる手前のゴミ置き場。
             (いったん駅前広場に集積し、仕分けしたあと、こちらに移動 する)
ゴミの回収      :神戸市により14日(月)に行われる予定
*****************************************
この日の朝食はホテルでのバイキングだった。
P1030509m.jpg
そろそろ毎食事のキムチに飽きてきたので有り難かった。

朝食後バスに乗り水原へと向かう。
P1030510m.jpg
途中トイレ休憩に寄った高速道路のサービスエリアの駐車場の中に色々な雑貨を売っているテントがあった。この雑貨屋はどこのサービスエリアにもあった。

世界遺産の水原の華城。中国万里の長城のミニチュア版だ。
P1030517m.jpg


この後ソウルへ行きロッテワールドの近くで昼飯を食った。
P1030538m.jpg
この辺りはロッテ村の様相。
P1030536m.jpg
石焼ビビンバと不味いチヂミ。

続いて、世界遺産の昌徳宮(チャンドックン、しょうとくきゅう)を見学した。
P1030547m.jpg
李氏朝鮮時代の宮殿。17世紀始めの面影を残している。

P1030559m.jpg
李朝時代の王朝庭園は秘苑(ビウォン)と呼ばれ韓国時代物の「チャングムの誓い」で王様とチャングムが池の回りを散歩するシーンはここで撮影されたそうだ。
P1030555m.jpg
この鳥は韓国の国鳥で「カササギ」と言います。韓国名では「カッチュン」。
その後、民芸品店とロッテ免税品店により早目にホテルへチェックインし明洞(ミョンドン)と南大門市場を散策した。
P1030562m.jpg
神戸ならセンター街にあたる。お洒落な店が並んでいるが客引きが凄いのと値段も高い。
P1030564m.jpg
明洞に最近出来たドーナツ屋、凄い人気で行列が出来ていた。我々も並んだ。サンプルですと言ってドーナツを一つくれた。
P1030587m.jpg
もっちっとして美味しい。近くにミスタードーナツもあるが客は少なかった。
P1030565m.jpg
日本語のメッチャ上手いお兄さんに「安いよ!」と呼び止められ入ったが確かに安かった。この兄さん関西クライマーのパンチョSさんそっくりだった。ひょっとして本人かも^^;
P1030567m.jpg
先日、放火で焼け落ちた「南大門
P1030570m.jpg
南大門市場の賑わい、雨が降っていたがかなりの人出だった。
P1030568m.jpg
なんじゃ…?おっ!「THE NORTH FACE」のパッチもん「THE BLACK FACE」。買っとけば良かった><

その後、夕飯を食った。
P1030566m.jpg
メニューは海鮮鍋。イマイチだった。

その後、オプションで「NANTA」を見た。
P1030581m.jpg
今、韓国で大人気だ。確かに面白かったが食べ物である野菜を粗末にするのはどうかなぁ…と感じた。(夕食と「NANTA」とで9000円だった。

以上で今日の予定は終了。盛り沢山だったので疲れた。
P1030583m.jpg
しかしこの装飾は、全く私の趣味ではないので寝付きが悪かった。

本日の走行距離…約145km
昨日の夕食時にマッコリをたらふく呑んだが度数が低いので悪酔いすることは無かった。
この日はホテルのレストランで二日酔いや疲れに良いと言うスープがメインだった。スープの名前は忘れた。
P1030454m.jpg
中々美味しかった。しかも栄養タップリそう…

8時にホテルを出発して「嶋潭三峰」(トザンサンボン)を見た後山の上にある「石門」を見に200段程の階段を登った。
P1030460m.jpg
階段の途中から見た「嶋潭三峰」
P1030463m.jpg
神の門といわれる「石門」。ここが開拓出来れば面白いルートが出来るやろなぁ~と思った。
この後、ダム湖の「忠州湖」(チュンジュ)遊覧観光をした。
P1030467m.jpg
湖水の水面が渇水の為かなり下がってお年寄りには核心だった。
P1030472m.jpg
周りの山は花崗岩からなっている。ガイドさんにクライミングは行なわれているのかと聞いたら、行なわれていないとのことだった。何とも勿体ない。クラックとスラブの宝庫なのに…
約40分ほど遊覧して清風船着場に着いて対岸を見たら人工壁のような構造物が見えた。
P1030485m.jpg
左のクレーンの様な物はバンジージャンプ台で右のベージュ色した逆三角形の構造物が人工壁と思われる。
この後、「清風文化財団地」(チョンプン)を見学して午前の予定を終了。
P1030494m.jpg
ここは忠州湖の建設に寄り湖底に沈む集落を山の上に移転させた。

昼飯は純豆腐チゲのを食べた。
P1030495m.jpg
日本の少し固めの豆腐と同じで美味しかった。
この後バスに乗り「温陽温泉」に行った。
P1030500m.jpg
今宵の宿「ONYANG PALACE HOTEL」
ホテルにチェックイン後、歩いて5分の所にある。焼肉屋で「プルコギ」を食べた。
P1030501m.jpg

P1030502m.jpg
食後の自由時間に近くの市場を散策した。
P1030506m.jpg
新鮮な野菜が豊富で安かった。特に苺が大きくて安かったが甘いのかどうか分からなかったので買わなかった。
ホテルの温泉に入り、早めに寝た。
P1030498m.jpg
こじんまりして清潔な部屋だった。

この日の走行距離…約250km