FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今、浅田次郎氏の小説「中原の虹」全四巻を読んでいる。
4062136066[1]
この間第一巻を読み終えた。第一巻は清朝末期を背景に張作霖が頭角を現す所までだ。

この小説の中で民衆の悲惨が随所に書かれている。中国に限らず何処の国家にも言えることだが、一部の特権階級が民衆から搾取した税で贅沢に暮らす。これは原始から変わらない構図だと思う。
特に中国は支配する者が秦であったり明であったり清朝であったりした、今は中国共産党と名前が変わっただけで民衆から、そして近隣諸国から搾取する構図は全く変わっていないと思う。

中国の人権問題が北京オリンピックを危うくしている。
これに対して日本仏教会が声明を発表したと登攀工作員日記で知った。

これに関して、私は少し違う角度から意見を述べたいと思います。
書寫山圓教寺執事長大樹玄承氏の言われる「私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かも知れません」についてなんですが、第二次世界大戦中日本の仏教界が挙って軍部に迎合した事実があります。当時の軍部は「国家神道」を理由に当時の仏教界へ神札を祭ることを強要し仏教界が受け入れた経緯があります。神と仏とは全く相容れないものであります。
この事実からして日本の仏教界は既に存在意義を無くしていると思います。

書寫山圓教寺執事長大樹玄承氏が日本軍国主義のような時代にでも同じ声明を発表される方であることを願ってやみません。

余談
「中原の虹」と併せて「蒼穹の昴」を読むと面白いです。
06274891[1]
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ