2008.05.31 散髪
恒例買い物ツアー前に庭木のマメイヌツゲの散髪をした。
P1000207m.jpg
結構伸びている、玄関前なので年に二度散髪をする。
P1000209m.jpg
シートを敷いておけば掃除が楽
P1000211m.jpg
約一時間で仕上がり、多少の歪は素人なのでお愛嬌や

昼から熱帯魚の水槽の掃除をした。何故かタニシ?(巻貝)が異常発生していた。

買い物ツアーで華のリクエストで買ってきたフラフープをやってみたが巧く回らない。
嫁が一番巧く、次に華、そして女房と私、息子が一番下手だった。
女房に、そのうちフラフープがピッタリ密着するでと言ったらしばかれた
KINet…関西岩場環境整備ネットに堡塁岩「中央クラックの終了点なくなる!」のお知らせがアップされている。
IMG_2081[1]
これは昨年9月にリボルトされたときの写真だ。
chyuoryou_3[1]
これは08’5月28日に写したもので共にKINetから転載した。

KINetの行なったリボルトエリアは姫路小赤壁、不動岩、烏帽子岩、駒形岩、そして堡塁岩だ。
各岩場とも歴史あるエリアであるが、特に堡塁岩は日本のロッククライミング発祥のゲレンデでもあり開拓メンバーには日本のフリークライミングの先駆けとなった方々が多くいる。
なので堡塁岩はフリーのみならずマルチ、アイゼントレなどの練習ゲレンデとして多くのクライマーに親しまれている。
そういう堡塁岩のリボルトに際しては何度も検討会を開き、多くの方の意見を聞くようにした。
しかし中には反対意見も事実あったし、岩場に貼り出したリボルト告知チラシが破り捨てられたこともあった。
そんなこともあって当初の計画から大幅にリボルト範囲を狭めリボルトするルートはデシマルグレイドの付いたルートのみにするなどしハーケンやリングボルト、RCCボルトを残すようにした。
そして昨年9月29日30日にリボルトを行なった。
リボルト後に多くの方から感謝の声がKINetに寄せられたと聞いている。
私は都合でリボルトには参加してないが…

私自身今回の事態をどう受け止めてよいのか判断に苦しんでいる。
ただ終了点が欲しかったのか…リボルトに反対していた者の意思表示なのか…
8年前に私は今回のルートの隣のルートを懸垂下降するためバックアップとして取った買ったばかりのヌンチャクを盗まれた事がある。今回も盗難であればまだマシだと私は思っている。
今回の行為が反対勢力?によるものであれば今後はもっと酷い事される可能性があるからだ。

堡塁岩は私のクライミングの原点であり岩場のトップから神戸の町並みを眺めた時は心が癒される。
そういう場所でこの様な行為があったことに憤りと共に悲しく情けなくなる。

それから私は昨年9月でKINetを会社風に言えば依願退職させてもらいました。
理由は関西でのリボルトはやり終えたと思い、今後はクライミングに専念したいとの考えからです。
ただ備中や帝釈のリボルトは声が掛かればいつでも喜んでお手伝いさせていただきたいと考えています。
2008.05.29 癒し
朝一から兵庫県宍粟市一宮町にある、施設に二人の社員の送迎で行ってきた。
そこで苔玉を皿付き500円で売っていたので二つ買って帰った。
寝室の窓に置いたが中々ええ感じや^^
P1000199m.jpg

P1000202m.jpg


孫の世那が丸坊主になっていた。
P1000203m.jpg
私も丸坊主にしたいのだが女房から「それだけは止めてと」とキツク言われているので出来ない。

そろそろ入梅だ、クライミングシーズンも終わりか…
今週も昼から休みを取って、こうもり谷でクライミングと太陽と緑の道のパトロールをしてきた。
我会のアルツさんのブログにアプローチの護岸の崩壊が進んでいるとありました。
P1000181m.jpg
確かに亀裂が大きくなっていました。要注意!です。

16時過ぎに下山し仲間の車で私の担当する「太陽と緑の道」の山田側の始終点近くまで送ってもらった。今日のパトロールは標識が草木で隠れているだろうと思われるので標識回りの刈り込みが主な目的だった。
案の定Y字路にある標識が完全に隠れていた。
P1000182m.jpg

刈り込み後
P1000183m.jpg

暫らく歩いていると私の親指程の大きさの大スズメバチが一匹飛んでいた、同じところを行ったり来たりしている、刺激しないようにそ~っと静かに通り過ぎた、大スズメバチに比べたらマムシなんて可愛いものだと私は常々思っている。

また暫らく歩くと標識が隠れている。
P1000188m.jpg

刈り取り後に標識に「ハチに注意」と書かれてあった。以後充分注意しょ。
P1000189m.jpg


またまた暫らく歩いていると倒木が道を塞いでいた。
P1000190m.jpg

撤去後
P1000191m.jpg


19時前に藍那駅に着いた。今日は山道のゴミ拾いもした。
P1000194m.jpg
このコースは両始終点が車の通れる林道になっている、ゴミの殆どは林道に捨てられていた。このまま電車には乗れないので無理やりザックに押し込んで家で分別した。駅で電車を待っていたら置石の為遅れているとアナウンスがあった、何の為にこの様な卑劣な行為をするのか理解に苦しむ。ホンマしょーもない奴がおる。

今日で今月の任務も終わらせたやれやれやぁ~来月は山道の草刈をせなあかんやろなぁ…。

関西岩場環境整備ネット ~KINet~に「雪彦山不行岳北壁方面落石注意の続報」がアップされている。この近辺に行かれる方は充分に注意して欲しい。
天気予報で土曜日は雨、日曜日は曇から晴となっていたが気にする事無く
24日早朝帝釈へ向け出発。
備中から帝釈に近づくにつれ雨が本降りになる。
9時半過ぎに霧降山荘に着いたらyukio君が浮かぬ顔で空を眺めていた。
「やぁ!今日は何処へ?」
『この雨でズルズルのアプローチを降りるのが嫌なんでM-Wallに行こうかと思案中…』
「私らは第一道場に行きます」
と早速完全武装でいざ!第一道場へ
P1000143m.jpg


ケロクーダ(ケロケロの終了点からバラクーダへ)でアップとヌンチャク掛けをする。
そうこうしていたらyukioくんとひがぴょんさんが下りてきた。
yukio君がアップを兼ねてバラクーダを登ってヌンチャクを掛けてくれた。
P1000145m.jpg
「バラクーダ」と「しゃくとり大先生」のヌンチャク22本をぶら下げて登るyukio君。ありがとう

ひがぴょんさんはアプローチの出だしで滑って尾骶骨を強打したそうでホンマに痛そうにしていました。
P1000149m.jpg
が登り始めるとホントに痛いの?と聞きたくなるような登りをされてました。

あらみちゃんのクライミングシーズンは終わり完全トレーニングモード突入。
P1000150m.jpg
この日「いただきます」に3便出してご満悦。

yukio君が「しゃくとり大先生」にトライ。
P1000155m.jpg
しかし大先生だけあって中々手強そう。

一旦は雨も上がったが昼過ぎから又本格的に振り出しガスも出てきた。
P1000158m.jpg


私は1便目に核心最後の棚を取る前に痛恨のフォール。
16時前に2便目を出すが壁が湿っぽい…
080524_1254~0001
核心手前で充分にレスト。
080524_1521~0001
yukio君に教えてもらったムーブで核心部を抜けることが出来たと思ったが棚を取る前の右足を高く上げ過ぎ不安定になり修正しようと思うが出来そうに無い、1便目は棚に手を飛ばす前に落ちたので今度は駄目もとで左手を飛ばしたら棚に辛うじて掛かった。棚から上も一度クライムダウンして次のボルトにクリップして「ケロケロ」の終了点付近までトラバースして大レスト。パンパンに張った左腕を完全に回復させ2段ハングに取り付く。
大レストの御蔭で最後はちょっと余裕を残してR.P出来た。
080524_1523~0001
昨年10月7日に初めて取り付いてから5日と9便目のR.Pだった。
今日念願の目標の「バラクーダ」をR.P出来たのはyukio君のムーブとヌンチャクを掛けてくれた御蔭だ。
そしてこの日の最高気温が17度と天候も味方してくれた。
それと、いつも長時間ビレイしてくれるあらみちゃんにも感謝している。

夜にTO隊長、おメグさん、リナちゃん、と合流し美味しいお酒を頂いた。
P1000159m.jpg


それからこの日は、あらみちゃんの三十ん回目の誕生日だった。
P1000160m.jpg
昨年の誕生日に、こうもり谷の「カンテ」をR.Pしたが、何か因縁があるのかなぁ…来年の誕生日には何処を落せるのか楽しみや~。

ところで富士川ボルダーが大変な事になっている。
詳しくは⇒こちら
この様な事態になった原因は何なのか…

備中ニューエリアの駐車にも配慮が必要
詳しくはTC-Netで⇒こちら
火種を大きくしない為に絶対に守っていきたい。
2008.05.23 いざ!帝釈へ
明日早朝から、あらみちゃんと帝釈へ行く。
エリアは第一道場と岩谷を予定している。
道場では、「バラクーダ」と「しゃくとり大先生」を登る。
岩谷は初めてなのでルートを見てからにしようと考えている。

ところで現地での食事なのだが、今までは寒かったこともあって鍋が多かった。
それもボリュームが凄くて辟易する事がしばしばあった、しかし一生懸命に作ってくれているのに
食べ残すのは心苦しいと心で詫びて食べ残していた。
前回の帝釈からメニューを変えた、手軽に出来るスパゲティーや風呂に行くついでにお惣菜を
買っていたが、結構高くつく。
なので今回はお惣菜は止めて、わたくし特性のベーコン入りイタリアンスパゲティー(こんなのあったどうか知らない)と納豆が夕食のメニューだ、あと2分でチン!のご飯で、これまたわたくし特性のソース焼き飯を
作ろうと思う。
朝は、2分でチン!のご飯とスープーヌードルと納豆だ。

ところで上記の食費は税込み910円だ。一人頭2食で455円!安!
2008.05.22 モノクロ
現在では写真やテレビ、映画などはカラーが当たり前だが、そうでは無い時代があった。
約45~50年以前はモノクロいわゆる白黒が当たり前だった。
ただアメリカ映画は「総天然色」との触れ込みで騎兵隊とインディアンの戦いがカラーで上映されていて小学生の頃兄に連れられてよく観に行った。
そして中学から高校生の頃には殆どの映画がカラーになっていたが、一部の映画は部分カラーだった、それをまる分かりの変装をして映画館に行き、カラーになると身を乗り出して食い入るように観て興奮ぢていた。懐かしい古き良き時代だった。

そして1993年のスティーヴン・スピルバーグ監督によるアメリカ映画『シンドラーのリスト』(Schindler's List)には衝撃を受けた。戦争は人間を果てしなく狂わせるものなのかと…
モノクロの画面が圧倒的に訴える役目をしていた。(一部カラー)

身近なところでよく拝見する知人のブログ「登攀工作員日記」ではよくモノクロ写真が掲載されている、不思議と新鮮味を感じるのは私だけなのか…

それと備中常連イケチャンのブログ「Ikeda Engineering」にも最近モノクロ写真が掲載されてる。
備中や帝釈で親しくしている方達のクライミングシーンがモノクロで掲載されていて凄い迫力が出て
非常にいい。

で私も過去の写真をモノクロにした。
P1020710mmm.png
これは私が撮った、あらみちゃんの「両手に鼻の下」
P1020730mm.png
こちらは、あらみちゃんが撮った「水の泡」の私
こうやってみると、あらみちゃんの方が上手い!
今日は午後半休を取って「こうもり谷」へバスに乗って行った。
三宮から市バス64系統に乗る。
P1000116m.jpg
三宮駅バスターミナル前から12時05分バスに乗った。
P1000117m.jpg
JR新幹線新神戸駅のバス停から新神戸トンネルに入る。
P1000119m.jpg
トンネルを出た最初のバス停『箕谷』で降り陸橋を右方向に行く。ここまで三宮から約20分
P1000120m.jpg
道路を渡ってセブンイレブン横のバス停『小橋』から市バス111系統衝原行きに乗る、約4分の待ちだった。約15分で終点衝原に着いた。そして岩場までは約15分で取り付きに着く。三宮から衝原までの市バス料金は760円だ、往復で1520円だが神戸市交通局から市営地下鉄市バス一日乗り放題乗車カードが1000円で売られている、これを買えばかなりお徳だ。(市営地下鉄三宮駅案内所で売っている)

こうもり谷へのアプローチが水没している。
P1000123m.jpg
くるぶしまでの徒渉。

P1000124m.jpg
従来のアプローチから橋を渡ったところから入れるが、今はフェンスが張られている。U氏からここからは絶対に入らないようにと言われているので注意。

P1000128mm.jpg
「コーナー5.10b」を登る最近モチの上がらない満太郎さん。

P1000129mm.png
「鷲鼻ハング5.11d」のハングのホールドを探るラスマツさん

P1000133mm.jpg
「エネマ5.10d」をR.PしたトレトレKさん。
モノトーンにしてみました。

今日はフリーが久し振りの方が多く16時前に終えた。
P1000135m.jpg
早く終えたので仲間と別れて家まで歩いて帰ることにした。

P1000140m.jpg
こうもり谷の対岸に見えるシビレ山にあった蔓性植物。名前は知らないが非常に懐かしい。私が小学生の頃お袋がこの季節になると私は山へ取りに行かされた。
そしてメリケン粉に少しの砂糖を入れ煉ってこの葉で包んで蒸す。ガキの頃のいいおやつだった。
そう言えば5月はお袋の誕生日だ、生きていれば86歳だ。

途中ゴミを拾いながらだったので家まで約2時間10分程掛かった。車なら約15分なのだが…
P1000142m.jpg
天狗岩から見た私の住む町並み
「不動岩のボルト」についての記事で誤解を与える箇所がありましたので訂正します。
『そしてリボルト時にクラックの横に打たれたボルト』の箇所ですが、開拓当初にはボルトは打たれていなかったがリボルト時にはリングボルトかRCCボルトかは定かではありませんがクラックの横にボルトが打たれていましたので2006年のリボルト時に打ち足しは行なっていません。私は今から8年程前にこの「御懐妊」を登りましたがクラック横にボルトがあったのかどうか全く記憶にありません、ただこの部分を恐いなぁ~と思いながら登った記憶はあります。
不動岩のリボルトを行なうにあたって事前告知や開拓者へ承諾の取り付けなど出来うる限りの事をしました。事前告知は約3ヶ月前から近郊の岩場に告知チラシを貼り出しましたし開拓者への承諾も古い資料を参考にして連絡を取るようにしましたが、連絡の取れない場合が多かった。
まぁ~現時点で全ての開拓者へ承諾を取るのは不可能だと思うが努力は惜しむべきでは無いと思っている。
それから姫路小赤壁やJR道場周辺の岩場のリボルトにおいてKINetは1本たりともボルトの打ち足しを行なっていないことを元実行委員の一人として断言します。
それと今後のKINetのリボルト事業では出来れば加西の「古法華の岩場」をリボルトしていただけたらと思っています。
最近こうもり谷を訪れるクライマーが少ない、御蔭でのんびりとクライミングが楽しめる。
大方の方が殆どのルートを登られ他へと移られた為と思われる。
今日は私、あらみちゃん、たかちゃん、昨夜呑み過ぎて昼からのリード君、そしてKご夫妻だけだった。
P1000098m.jpg
アプローチに咲いていたが何という名前なのか知らない。

P1000102m.jpg
アップを兼ね「ロンググリーン」を登る私。

P1000104m.jpg
同じく「ロンググリーン」のたかちゃん。クライミングセンスは抜群なんですが、一人三役で大忙しの為続けてクライミングが出来ない。

P1000108m.jpg
同じく「ロンググリーン」のあらみちゃん。少し前からクライミングのバイオリズムが下降気味だ、そろそろ上昇の兆しを見せてもいいのだが…

P1000113m.jpg
「活断層」のリード君、我会で一番若く期待の★だ。しかし昨夜は焼酎のストレートをコップで水を呑む如くグビグビ呑んだのが祟り今日は散々だった。

P1000106m.jpg
「呪い」のKさん(男性)
P1000115m.jpg
「活断層」のKさん(女性)

帰り間際にU氏が来られたが登らないで帰られた。消防団で神戸まつりの警備に昨日に続き従事していたそうだ。本当に頭が下がります。
それから一ヶ月程前から衝原湖の湖面が非常に高くなってアプローチが水没している。先週従来のアプローチの反対側にロープを設置したが無くなっていた。U氏のいうにはダムの管理人が撤去したのだろうとのことだった。衝原湖は水道と農業用水に使われていて釣が禁止されているが黙認状態だ。何処でもそうだが釣人達のマナーは悪い、我々がこうもり谷への行き帰りにゴミを拾っているが殆ど釣人達が捨てたゴミだ。

ところで『不動岩のボルトについて』の記事に多くの方に拍手していただき本当に感激しています。
又記事を読んで激励の電話やメールを多くの方(3人)からいただきました。この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m
それから今回の事に懲りる事無く今後もリボルトを続けて行こう思いますのでその節は宜しくお願いしますm(_ _)m
5月14日(水)に須磨労山のホームページのらくがき帳に下記の投稿があった。

No.1737 不動岩のボルト 投稿者:HT 投稿日:2008/05/14(Wed) 19:00 [返信]
部外者が書くのをお許しください。
ある読んだ文章からいろいろ調べて、新田さんが不動岩の既成ルートのクラックのところにボルトを打ちたしたのを知りました。
これは開拓者の同意をもらってもやってはいけないことではないですか。
ほかにも色いろ打ってるみたいですが。
新田さんのブログやこの掲示板のーNo.1033 “Rock&Snow” 035号についてーでは、よくボルトを打たれる新田さんがボルトに対しては禁欲的な菅さんを非難するというおかしな構図ですよね。
そこでは新田さんを支持される方も多かったようですがその皆さんはこのことを知られたうえでのことでしょうか。
また菅さんも他のことよりなぜこのことを話さないのでしょうか。
関係のない皆さんにはすみませんです。

-----------------------------------------------------------------------------
それに対して私は下記の返事をした。

No.1738 RE:不動岩のボルト 投稿者:マメオ 投稿日:2008/05/14(Wed) 21:09
HTさん、新田です。
「既成ルートのクラックのところにボルトを打ち足した」は何と言うルートでしょうか?
私は不動岩に限らずあっちこっちでリボルトをしてきましたがご指摘のような「既成ルートのクラックのところにボルトを打ち足した」というのに覚えがありません。
差し支えなければルート名を教えて下さい。

-----------------------------------------------------------------------------
そして我会の原さんがHTさんの投稿に対して書き込んだ。

No.1739 RE:不動岩のボルト 投稿者:須磨労山 原 投稿日:2008/05/15(Thu) 22:17
なんか、この書き込みはよく分かりません。
どこのルートでしょうか。スカーフェイスのような気がしますが。。。
マメオさん個人がリボルトをされている訳ではありません。KINETとゆう組織でリボルトしています。
投稿者が匿名で非難?者を実名で投稿されることに疑問を感じます

-----------------------------------------------------------------------------
そして今朝HTさんから返事が来た。

No.1740 RE:不動岩のボルト 投稿者:HT 投稿日:2008/05/16(Fri) 09:59
新田さん返事頂きありがとうございます。
ルートは御懐妊です。
知らないはずはないと思いますが。
打ったのは誰かは知らなくても打たれてるのはよく知られてます。
仮に知らないとすればそれほど雑なリボルトをされていたことでそれもそれで問題ですね。
どっちにせよこれでクライミングに対する姿勢がよく理解できましたのでもうこれで書き込みは終わりにします。
原さん、書き込んでもらってありがとうございます。
匿名のことは新田さんも過去に同様だったのでそうさせてもらいました。
打たれたボルトのいきさつは調べてください。
ほかの方はこの件については承認ということですね。
これでおしまいにします。
まったく関係のない皆さんには何度も気分の悪い書き込みをしてしまい本当に済みませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------
そして私は返事を返した。

No.1741 RE:不動岩のボルト 投稿者:マメオ 投稿日:2008/05/16(Fri) 19:09
HTさん、新田です。
やはり「御懐妊」でしたか。最初の記事で「御懐妊」ではと思ったのですが、クラックの横にボルトを打ち足したのが私だと断定されていました、私は打っていないので他のルートかなと思いお伺いした次第です。
しかしHTさんの仰っていることが支離滅裂なので戸惑っています。最初の記事では私(新田)が打ったと言っておきながら、二度目の記事では『打ったのは誰かは知らなくても打たれてるのはよく知られてます。』と言われています、これはどのように解釈すればよいのか私は理解出来ません。

それから『どっちにせよこれでクライミングに対する姿勢がよく理解できましたのでもうこれで書き込みは終わりにします。』私は大層な姿勢を持ち合わせてはいません。なんで今頃急に投稿し、勝手に終わらせる。まぁ~これ以上このらくがき帳を汚すのは忍びないので終わらせて下さい。

最後に『匿名のことは新田さんも過去に同様だったのでそうさせてもらいました。』とありますが、そうだったとしてHTさんも同程度の方とお見受けしますねぇ…

この件に付いては私のブログ「Mr.ビーンズのマメマメ日記」で書きますので宜しければご覧下さい。


問題にされている「御懐妊5.10a」は不動岩スカーフェイスにある。
このルートは2006年4月22日にKINetによりリボルトされている。
当日私はマッターフェイスと同じスカーフェイスの「王様気分5.10c」と「犬と猫5.11b」のリボルトをした。
なので「御懐妊」には触れていない。
ただその後の後始末で行った、2006年5月14日にルート設定者であり初登者でもあるH氏とお仲間2人の方に「御懐妊」の取り付きで直接お話する事が出来ました。
その時の話で確かにクラック横にはボルトは打たなかった、NPで登っていたとお聞きしました。
そしてリボルト時にクラックの横に打たれたボルトはそのままで良い、ただし2ピン目とハングのピンの位置が悪いので手直しして欲しいと言われたので5月28日に手直しをした。

その後「御懐妊」のクラック横のボルトの取り扱いについてKINetと菅氏との間で何度か意見の交換を行なった。菅氏はKINetが 規約で「初登攀者の意思優先」を謳っている以上守って欲しいとの事でしたが、最後は、 今関わっておられる皆さんが「今の基準」で判断して、リボルトを行って頂いたら良いかと 個人的には思っております。ということで現在に至っていると私は思っていました。

ところが、なんで今頃…と思わせる投稿が上記の内容であり正直驚いている。
しかも一貫性が無く支離滅裂で正確性を極端に欠いている。
最初の記事では私が「御懐妊」のクラックの横にボルトを打ち足したと断定しておきながら、二度目の記事で『打ったのは誰かは知らなくても打たれてるのはよく知られてます。』と誰が打ったのか知らないとなっている。
そして『ほかにも色いろ打っているみたいですが。』とあるが何を根拠に言っているのか分からない。
私はリボルトでは姫路・小赤壁、裏六甲の不動岩・駒形岩・烏帽子岩、岡山県では勝山の岩場や備中の岩場で数え切れないほどの数をリボルトして来たがルート開拓以外に一箇所たりとも打ち足したところは無い。

それから『よくボルトを打たれる新田さんがボルトに対しては禁欲的な菅さんを非難するというおかしな構図ですよね。 』も何を言いたいのか理解に苦しむ。菅氏はクラックを主体に登られていてクラックルートの開拓もされている。なのでボルトに対しては禁欲的になるのは当然だ。そして私はリボルトでよくボルトを打っている。それを無理やり結びつけておかしな構図だというHTさんの悪意が感じられる。

二度目の記事で『どっちにせよこれでクライミングに対する姿勢がよく理解できましたのでもうこれで書き込みは終わりにします。』とあるが、私のクライミングの姿勢とはどんなのか教えて欲しいし、2年も前のことを突然引っ張り出し不正確な記事を書きたいように書いてこれで終わりにしますとはHTさんの傲慢さに呆れる。

ところで『匿名のことは新田さんも過去に同様だったのでそうさせてもらいました。』とのことですが私はマメオというWebネームで書き込んでいます。このときの相手の方々はマメオが新田であるとご存知だったと思います。まぁ~仮に御存知無くても調べれば直ぐに分かることですのでHTさんの匿名とは若干違うように思います。
それに私がそうだったからそうするというのは、その程度の人かと思わずにはおれません。

長々と言いたい事を書きましたが、本当はお会いして話すのが一番だと思っています。

HTさんへ私は逃げも隠れもしませんし何処へでも出掛けて行きますのでじっくり話しませんか…
ただし、揚げ足を取ることに専念したり、水掛け論に終始する事無く是々非々の姿勢を守っていただける事を希望します。でないとお会いして話すのは無意味だと思いますので。
今日午後半休を取って不動岩に行って来た。
パートナーはSONO君という30台の青年だ。
彼とは私のブログが縁で知り合うことになり今日初めて一緒に登った。
彼の出身はH県F市で私の女房の母方と同じだ。

神戸には仕事で来て2年半ほどになるがその間ルートクライミングはパートナーがいないため
出来なくて室内でのボルダーを主にしていたそうだ。

今日の不動岩正面壁は爽やかな五月晴れで珍しく誰もいなく我々だけだった。
P1000097m.jpg


取りあえず10台からで「ミート&ポテト5.10a」をO.Sトライ
P1000093m.jpg
異常に緊張しますと口では言っていたが全く危なげ無くO.S

続いて「イエスタデイ5.10b」から「リトルボーイ5.10c」にトライ
P1000094m.jpg
リトルボーイのハング越えのところで少しクライムダウンしたが見事両ルート共O.S

充分に休憩して「小熊物語5.11b」にトライ
P1000095m.jpg
下部のスラブで力を消耗した為か、2年半振りのルートで持久力が枯渇したのかハングを越えての大ガバが取れず敗退。
充分に休憩して2便目をだす、今まで見たことも無い大ガバを取らないムーブでハングを越えてからの2ピン目をクリップした。正直驚いた
後で試しにやってみたが結構きつかった。

2年半ものブランクを感じさせない登りに秘めたる力を垣間見た思いがした。
今後が楽しみだ

話は変わるが昨日私の所属する会のホームページのらくがき帳にHTとの匿名で私の実名を出して
私への非難と取れる内容の書き込みが有った。内容が全く事実に反しているので(悪意でそうしたのか…)近い内にこのブログで反論しようと考えています。
昨日の「弱いものいじめ」に関連していると思う、随想を紹介します。
これはいつかは忘れたが神戸新聞夕刊に載っていました。

日本に来てよく質問される、「日本のいいところ?悪いところ?」。
日本のいいところも悪いところも、大人がまるで子供のように安心して生活できるということだと思う。
日本は安全な国であり、日々身の危険を感じて自己防衛しなくていい。
自立しなくても生活は出来るし、自立しない方が生きやすい側面すらある。
他国と違い、無理に自己主張する必要も全くない。
他方、日本には大人があまり育たないような気がする。
成人式を迎えた若者ばかりではない。
むしろ幼稚なままで還暦を迎える大きな「コドモ」が問題である。
自分の行動に責任を感じない甘さ。
他者の世界が見えてこない視野の狭さ。
「自分さえよければいい」、今の日本にはそのような理屈が蔓延している。
西洋には昔から個人主義という考え方があるが、その中身は日本のそれと違う。
自分と他者をハッキリと分けるが、自己を主張しながら相手の主張をも認めるという形である。
そこには「私」と「あなた」と第三者が横に並んで、それぞれの世界が平等に存在している。
日本人は元々横のつながりよりもグループの中の縦のつながりを重んじる。
自分と相手を分けることなく、そのつながりを強調したがるし、ときにはそれに甘えることもある。
そこには「私の世界」と「あなたの世界」という厳しい線引きよりも「我らの世界」の温もりがあった。
ところが個人主義をはき違えた今の日本では、それが他者の存在しない、「ワタシだけの世界」に変わってしまった。
その狭い世界を突破し、人とのつながりの中で自由に活躍することがこれからの日本人の課題だと思う。


ネルケ 無方(ねるけ・むほう)
国内外から年間約150人が座禅に訪れる曹洞宗安泰寺の住職。
1968年旧西ドイツ生まれ。
ベルリン自由大学修士課程修了。
京都大留学中に兵庫県新温泉町の安泰寺で座禅修行。
2002年に恩師の後を継ぎ同寺住職となる。

私はこの随想を読んで特に強く感じたのは…自分の行動に責任を感じない甘さ。他者の世界が見えてこない視野の狭さ。…の箇所である。太平洋戦争後アメリカから与えられた民主主義と個人主義がどこでどう間違ったのか他者の存在しない、「ワタシだけの世界」に変わってしまった。
戦後生活が豊かになるに従い人心が荒廃してきたように思う。
そして日本人は目上のものを尊敬しない、お年寄りを大事にしない人間だらけになってしまった。

これを是正する手立ては…
2008.05.13 弱い者いじめ
先日から小学生一年生の華の胸から名札が外される事になった。
P1010007m.jpg
防犯の為で大阪府が始めたそうだが今は全国にこの動きが拡がっているそうだ。

ここ数年幼い子供達が犯罪に巻き込まれるケースが後を絶たない。
大人の身勝手な怒りの捌け口が弱い子供達に向けられている。
何故なんだろう…言う事を聞かないから…
我家では華は言うに及ばず、9月で3歳になる世那もハッキリ意思表示をする。
時々ママが言う事を聞かないと真剣に怒っている時がある。
そんな時私は後でママに自分の思い通りにならないからと言って叱るのは間違いだと自戒の念を込めてやんわり注意する。

今の世の中我侭な人間が多くなったのが原因ではないかと非常に我侭な私は考える。

又子供達だけではなく、女性やお年寄りもいじめの対象になっている。
自転車やミニバイクによる引ったくりも対象は女性やお年寄りが殆どだ。
女性やお年寄りは弱くて抵抗されないからだ(中にはそうでは無い方もいるが)
本来なら労わるべき者達のはずだが…
これは古来から続いている男尊女卑の思想が今も根強く残っているからなのではと思う。
それと昔から恐いものの例えとして
地震・雷・火事・親父と言われてきた。
しかるに現在は地震・雷・火事・女房となっている。←果たして我家だけか…
口では絶対に勝てないから手が出る(私は手は出しませんと言うより出せません、恐くて…)
これがエスカレートして命に関る暴力に発展する。
大人の欲求不満の捌け口として子供達に、男の欲求不満の捌け口として女性やお年寄りがいじめの被害に遭っているように思う。

これは日本だけではないし個人だけでもない、大企業は中小企業を中小企業は零細企業をいじめている。
世界の警察と自分で言っているアメリカ合衆国は自国の利益のために他国へ侵略と言う名のいじめを繰り返している。

しかし過去から現在そして未来永劫にいじめは無くならないだろうと思う。
何故か…難し過ぎて私には分からない。
今日、あらみちゃんとコウモリ谷へ行ってきた。
天気予報で雨は朝方で上がり昼から天気は回復するとの事だったので
昨夜から行く事に決めていた。
コウモリ谷は雨に強いので朝雨が上がれば絶対登れると確心していた。。
P1000088m.jpg
朝ゆっくりして岩場に着いたのは10時半頃だった。
壁は全く濡れていなかったし湿りもなかった。岩場のコンディションは抜群だった。
しかし寒かった、ダウンジャケットと冬用オーバースボンを持っていって正解だった。

今日は貸切やで!っとあらみちゃんに言ったら、んにゃ!絶対他に来る!と言うので
ほな賭けよか?と言ったら、ええわと逃げられた。
損したっと思っていたらアプローチから賑やかな声が聞こえてきた。
あっ!KさんとYさんや、賭けせんで良かった^^;
Kさん、Yさんは駄目もとでええと思い来たとのこと。


昼過ぎにU氏が来られ昨日の風の向きも岩場には良かったのだろうと話されていた。

P1000090m.jpg
「カンテ」のKさん。久し振りに取り付いた割には非常に良い登りをされていた。
P1000091m.jpg
同じく「カンテ」のYさん。後3手のところでフォールされましたが、このルートはここからが勝負なのだ^^

15時過ぎから天気はどんどん回復して綺麗な青空が広がった。
P1000092m.jpg

今日は、「マーメイド」「旅路」を2便、「活断層」「復活」を登った。
「活断層」を始めてマスターで登れた、これも帝釈効果か…
2008.05.09 違う…
約四十年振りに西北(にしきた・阪急電鉄西宮北口駅)で降りた。
四十年の歳月は全く見知らぬ所に変わっていた。

通夜は19時からだったが早く着いたので一番後ろの席の端に座った。
笑っている遺影を見ていると目の後が熱くなった。
当時のままや、山や岩の話をしている時に見せた楽しそうな顔や…

19時から始った通夜は1時間弱で終わった。
多くの参列者に彼の人望が伺えた。
山岳部時代よく近くの山に連れて来ていた子供たちは大きくなっていた。
これから父を必要とする年頃なのにと思うと何に対してか分からないが怒りに似たものが込み上げてきた。

最後に顔を見た『…?違う!違うやろ…』

どうか家族を見守ってやってくれ
そして安らかに眠ってくれ                               合掌
2008.05.07 訃報
今朝メールをチェックしていて以前に所属していた山岳会の仲間からのメールを
なんやろ…と思いながら開いて愕然とした。
5年前時期を同じくして山岳会を辞めた仲間が山スキーで滑落事故死したとの知らせだった。

彼は私より7歳年下だが山岳会では大先輩で雪山や本チャンでの山行を指導してもらった。
剣の源次郎尾根や八峰、冬の表銀座縦走、そしてチンネ左稜線も二人で行った。
その当時から山スキーを行なっていて技術は相当なものだったし馬力もあった。
又安全面に関しても常に口を酸っぱくして新人達に説いていた。

GWの2日に富山県立山から入山し槍ヶ岳を経て6日に上高地に降る最終日に事故にあった模様。
このルートは日本のオートルートと言われ山スキーヤーに人気があるが、それなりの技術と体力が要求される。
彼は一緒に行動していた時に雪山シーズンになるといずれはヨーロッパオートルートを滑りたいと熱い思いで語っていたが今回はそれの準備だったのか…
もう少し年を取ってから彼とじっくり話し合いたい事があったが、もう叶わなくなってしまった。
非常に残念であり悔しい。
奥様と年頃のお子さんが三人いたと思うが強く生きて欲しいと願う。
ご冥福をお祈りします。


しかし4月5月と多くの方が山や岩場で亡くなられた。
寒く厳しい冬から新しい生命の息吹を感じるこの季節は反面生命の終焉の時期なのかと思わずにはおれない。例えが不謹慎かもしれないが、落ち葉と言えば秋を連想するが、一年で一番落ち葉の多い季節は春であるといつか新聞の記事で読んだ記憶がある。春の落ち葉は他の植物にとって大変栄養価が有って重要だとも書かれていたが果たして人間の場合はどうなのか…

日蓮だったと思うが生命は永遠であり死は生命が新しい肉体を得る為の仮の姿と説いた。
そして仏に縁する事により故人は身近に生まれてくると言った。私には全く分からないがそうなのかなぁ~とも思う。
しかし若くして亡くなるのは誰が決めた寿命なのか知る由もないが理不尽だと思う。

朝女房が「自分の好きな事をしていて死ぬのやからええんと違う?残された者は堪らんけど…」と言って私を睨み付けた。
確かに良く好きな事をしていて命を落とした時に使われる言葉だが当人は絶対にそうは思ってはいないと思う。絶対に…
三日間静かな第一道場でのクライミングを楽しんできました。
3日6時に神戸を出て10時前に永野村に着いた。
GW後半の初日だが大した渋滞に合う事が無かったのは幸運だった。
霧降山荘の駐車場に京都と佐賀ナンバーの車が2台止まっていて、佐賀の方達が出かけられることろだった。挨拶をして我々も早速第一道場へ向かう。
岩場に着くと京都のNさんご夫妻だけだった。佐賀の方達は暑過ぎると言われ第二道場へ行かれたらしい。
P1000008m.jpg
見ると「バラクーダ」にヌンチャクが掛かっているではないか…内心ラッキーとほくそ笑む。この時点で「しゃくとり大先生」は何処かへ行ってしまった。
「いただきます」でアップしNさんの後「バラクーダ」に取り付く。
昨年10月7日以来だ。昨年は「アナコンダ」に3便出してヘロヘロ状態で取り付き核心部の中間で敗退していた。今回は元気一杯で取り付く。核心部からはテンションしながらもムーブを起こして終了点まで行けた。むっむっ…こりゃ~行く前の大口が実現するかも…とこの時は思った。
ゆったり充分に休憩して17時ごろ2便目を出す。核心の中間までノーテン行けたが足に迷いテンションする。Nさんも同じところでテンションされていた。
明日明後日とあるので引き上げる。今日はNさんご夫妻と4人だけの第一道場だった。しかし暑かった

お風呂と買出しを兼ね東城温泉に行く、温泉は何時も賑わっているが今日は特に賑わっていた。
霧降山荘は佐賀の5人P、Nさんご夫婦、遅くに広島のYさんTさんが来られ大賑わいだったが時間差で食事をしたのでゆっくり食べれた。

朝早く目が覚めたのでカメラを持って散歩に出かけた。今日も良い天気だ暑くなりそう
P1000012m.jpg
桐の木?に花が咲いていた。ほんとここは桃源郷だ。6時半になったので車のラジオをつけNHKのラジオ体操をして身体を解す。気持ちいい
朝食は天気がいいので外で摂る。佐賀のメンバーも外で食べられたが内容の豪華さに驚いた。
P1000013mm.jpg
我々はレンジで2分のご飯にカップスープヌードルと納豆。お隣さんが羨ましい…

朝、メグさんが来られ佐賀のメンバーと第二道場へ行かれた。
Nさんご夫婦と我々は第一道場へ行く。
今日は日帰りで我会の初Nさんが「バイアグラ」持って帰るべく単身で来られる予定。

岩場に着くと昨日よりも暑い。Nさんご夫婦はアップした後、暑いのでレスト日にすると言って引き上げられた。なので4日は私、あらみちゃん、初Nさんの三人だけの第一道場だった。
「白帯」でアップして「バラクーダ」に取り付くが昨日と同じところでテンションする。
P1000028m.jpg
一度テンションすると不思議に行ける…?
今日は独占できるので日が陰って涼しくなってから2便目を出そうと思い、昼寝をしたり、初Nさんとあらみちゃんの登りを見て時間を潰し夕方2便目をだした。しかし雨の降る前兆だったのか異様に湿度が高く手が滑って保持出来ず敗退した。

「バイアグラ」の初Nさん、お持ち帰りは次回へ
P1000036m.jpg
N夫人のヌンチャクをお借りしました。

「ウナ・トポス」をO.Sしたあらみちゃん。
P1000044m.jpg

初Nさんを見送って「帝釈の湯」に行く。受付に見た顔の男性がいた。ながの村清掃の時に挨拶をされていた方だと、あらみちゃんに言われ納得する。ここは霧降山荘から車で10分、料金500円、ボディーソープとリンスインシャンプーが常備されている。そして空いているのが良い。

夕食をメグさんとご一緒させていただく。メグさんの熱いクライミング談義に聞惚れる。見習わねばと思う。何時ごろだったか雨が降り出し明け方には止んでいた。

5日の第一道場は、Nさんご夫婦、名和CCのお二人、そして昼を過ぎてから佐賀の4人の方が来られた。
私は最終日なので何としても結果を出そうと集中して1便目を出す。
核心部の出だしを巧くこなせたものの左手で取らなければならないのに右手が出てしまい持ち替えようとしてフォールする。手だけが出て腰が付いて来ていないのが原因だろうと自己判断する。三日目なので疲れていると自分自身を慰めるが不甲斐無さに腹が立つ。
夕方近く回収を兼ねての2便目を出すが気持ちが切れていてテンションしながらも何とか終了点に辿り着き回収する。
今回は三日間通しでNさんのヌンチャクをお借りしました。有難う御座いました。

名和CCのmoriさんは「バイアグラ」にトライ
P1000073m.jpg


ROCKWAVEさんは「ちょっとだけKY活動」にトライ
P1000069m.jpg


と言うようなことでGW帝釈ツアーは事故や怪我無く無事に終える事が出来ました。
しかし二三年前までツエルブは夢の夢でした、それを今は何とか登れるようになったばかりなのに
少ない回数で落せると大きな思い違いをしている自分に気づきました。もっともっと鍛錬しなければと強く思いました。
しかし「バラクーダ」は良いルートです。そして帝釈は素晴しいところだと改めて感じました。
次は24日25日に行きます。
2008.05.02 GW帝釈ツアー
明日の早朝から帝釈へ行きます。
第一道場とできれば第二道場へも行きたいと考えています。

第一道場では「バラクーダ」と「しゃくとり大先生」をR.Pして
第二道場では4本の5.11aを全部O.Sしたいなぁ~と考えています。←無理やけど


しかしガソリンが高くなってる、私の近くのセルフスタンドでレギュラーガソリン120円が
昨日から156円になってた。36円の値上げである。
従来のガソリン税は25円だそうで、今回問題になった暫定税率は25円だそうだ。
なので本来なら145円になるはずだが、11円は原油高の為なのか、ハタマタ便乗値上げなのか…ガソリンに税金が掛からなければ106円になるが道路の整備に必要と言われれば国民の義務として已むを得えないと思う反面果たして間違いの無い使い方がされているのか…国民には良く分からん
ちなみに諸外国のガソリン価格は日本よりも高い。→ここ

ほな次回の更新は6日に…
2008.05.01 はや五月
ほんと早いもので今年も四ヶ月があっと言う間に過ぎ去ってしまいました。
しかしなんとまぁ…日本の政治のお粗末さはどうしようもない。
自民党の別名を自滅党と言うそうだがこのままでは次の選挙で政権を渡す事になると思う。
代わりに民主党が政権を取ったところで余り代わり映えしないとも思うが…
では確実に日本の将来を託せる政党があるのかと言えばNOだろう。
ほなどうすれば良いのか…私に分かる訳が無い

以上の様な事を夕食時に話したら女房と息子が、あんたが政治家になり、と言いよった。
五票は入ると思う。えっ!内訳ですか…女房、長男、次男、次男の嫁、私

ブログの模様替えをしました。
GW中は五月晴れでありますように…
そして事故の無いGWでありますように…

山形県黒伏山で滑落死亡事故⇒ここ