プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
イチローが3000本安打を打った。
1992年7月12日の福岡ダイエーホークス戦で木村恵二投手からプロ初安打を記録(右前安打)
そして2008年7月30日、テキサス・レンジャーズのルイス・メンドーサ投手からレフト前に安打を放ち、日米通算3000本安打を達成。日本選手での3000本安打は張本勲以来二人目の快挙である。
150px-Ichiro3[1]
オリックス入団当初監督やコーチから振り子打法を否定され2軍生活を余儀なくされるが
1994年仰木監督に替って1軍の2番打者に抜擢され日本新記録の69試合連続出塁、日本球界初となるシーズン200本安打の偉業を達成。最終的に210安打(日本記録)まで延ばし、パ・リーグ新記録となる打率.385(後の2000年に自らパ・リーグ記録を更新)で首位打者を獲得。

彼の記録を書き上げたら限が無いのでこの辺でやめる。

打って守って走れるイチローだが、私が特に注目するのは怪我をしないということに尽きる。
いくら打って守って走れても常に故障しがちなら記録を作る事は出来ないだろうと思う。
3000本は彼にとっては一つの通過点であろう、元レッズのピート・ローズの大リーグ記録4256安打を抜く5000本安打に挑戦して欲しいと願う。

ところでイチローが2軍から1軍に上がった1994年のシーズンが始まる前に、青涛館横にあるレストラン「サンマルク」で女房と二男の三人で食事をしていたら私達の隣のテーブルに田口選手と当時未だ鈴木一朗と呼ばれていたイチローが座って食事を始めた。
田口は既に1軍で活躍していたがイチローは2軍だった。まさかその年に大活躍するとは思わなかったのでサインを貰ってなかった。今から思えば非常に残念なことをした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨夜ハチの巣の事をU氏連絡したらご存知だった。
しかも駆除しようとして刺されたとのこと。

今日知り合いで蜂のセミプロ数人に巣の写真を見てもらったらキイロスズメバチだろういわれた。
非常に攻撃性が強いので注意してといわれた。
030702kiirosuzume[1]m

kiiro2[1]m
資料1
特徴 - やや小形のスズメバチで、全身黄色いウブ毛に覆われている。

習性 - コガタスズメバチとともに平野部でよく見られるスズメバチで、刺される被害もこの2種によるものが多い。
 営巣は軒下や天井裏やガケのくぼみなど、雨風の当たらない場所にウロコ模様のある巨大な巣を作る。巣の大きさに比例して働きバチの数も多いので怒らせると怖い。
 秋にはキヅタや茶などの花によく来るが、ひたすら蜜をなめていることの多い他のスズメバチとは違って、隙を見てはハナアブを狩っている。

資料2
巣は大きなものでは直径50cmを越え,本市産のスズメバチでは最大です.巣盤数は5~10層,育房数は5,000~10,000房位になります.活動期間は5種の中で最も長く,5月上旬には営巣を開始し11月一杯まで活動します.働きバチは6月より羽化し,活動の最盛期には1000頭を越えます.オス,新女王は9月~11月に羽化します.
 本種は働きバチの羽化後営巣空間が狭くなると、より広い場所を求めて引っ越しする性質があります.時期は7月~8月で,候補地に働きバチが集団を作ったり、建物内に入り込んで相談が寄せられることがあります.働きバチは全ての幼虫が羽化するまで(引っ越し後1ヶ月ほど)は新巣と旧巣の間を行き来して子育てを行います.
 幼虫の餌としてはハエ,アブ,その他の昆虫類やクモなどを狩る何でも屋です.攻撃性,威嚇性ともに強く,巣に近づいただけで被害にあうことがあるので注意が必要です.

とうい事なので早急に駆除する必要があります。
知り合いが蜂専用の防護服を持っているので今貸してもらえるか確認中です。
借りれなくても2日(土)早朝に万全の準備をして駆除しようと考えています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
7月23日(水)に私の所属する会のラスマツさんから
活断層の最終ピンの横の30cmほどの穴にスズメバチが巣を作っていて活断層を登っている
クライマーを威嚇していると連絡があった。

そして今日、大阪P会のS山さんから巣の写真が送られてきましたのでコメントと共に紹介します。

こんにちは、
こうもり谷の活断層7ピンと8ピン目の左側クラックにスズメバチが巣を作りました。先週水曜日は直径10cm
くらいでした。7月28日現在直径20cm強に成長しています。
写真を添付します。活断層のクイックドローと比較してみてください。

DSCF3704m.jpg

DSCF3706m.jpg
これは非常に憂慮すべき事柄だと思います。
スズメバチが最も活動するのは10月と言われていますのでそれまでは巣作りが続くと思われます。
この状態であれば寒くなって活動を停止するまで活断層のある震災エリアには近づかないほうが賢明だと思うがシーズンに入っても暫らく近づけないのは辛いので何とかしなければとも思う。

早急にU氏と連絡を取って対処方法を考えようかと思います。

全く話は変わるが、今日やっと膝を診て貰った。
その時の医者とのやりとり。
私「先週山登りとクライミングで以前痛めていた右膝を痛めました。」
医者「右…?前は左膝やで…」
私「えっ!?そうでしたか」
医者「見せてください。」←私の膝を触診しながら診る。
医者「えらい腫れてますねぇ…こりゃ~凄いなぁ~」←といいながら触りまくる。
私「先生!それは筋肉ですよ…」
医者「えっ!?筋肉!?ほぇ~凄い筋肉ですねぇ…」←苦笑いしながら感心する。
私「いやだいぶん少なくなりました、以前の半分くらいに減りました」
医者「へぇー!!!凄いですねぇ~。まぁ~水も溜まってないようやし、ガクガクしますか?」
私「いえ!ガクガクしませんし痛みも普段の生活では感じなくなりました。」
医者「暫らく様子を見ましょか?湿布でも貼っててください」

しかし何とも頼りない医者のように思われるが私には相性がええようなんでこれからも
診てもらうが、腫れと筋肉を間違うか…

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の午後近畿で一時間に50mmを越す大雨が降った。
神戸の灘区を流れる都賀川で急激な増水により子どもや大人が4人亡くなり1人が行方不明になっている。
20080728-00000014-maip-soci-view-000[1]
この都賀川は六甲山系の長峰山の左の谷を源流とする六甲川と右の谷を源流とする杣谷川(そまだにがわ)が阪急電鉄神戸線の直ぐ北側で合流し大阪湾へと流れ込んでいる。
都賀川の長さは約2kmで短いが一直線で海に向かっている。
この都賀川は非常に水が綺麗なので市街地のダイエー横の公園から川に下りられるようになっており川遊びが出来るように整備されていて子ども達の人気スポットでもある。

私は中学生から高校生の夏の間は杣谷川の砂防ダムで泳いでいた。
この砂防ダム近くにカナディアンアカデミーという外国人学校があって(現在は六甲アイランドに移転)そこの生徒達もよく泳ぎに来ていた。しかし昭和42年の神戸大水害の時一夜でダムは砂で埋まってしまった。

神戸は山と海の距離が短く急である、それと市街地などはアスファルトで覆われていて降った雨は川へと集中する。今日のように短時間で物凄い雨量が降った場合、川の水は一気に上昇し穏やかな流れが短時間で激流に変わる。そうなれば人間なんて脆いものでどうすることも出来なかったと思う。

私にとって思い出深い都賀川での惨事に心が痛む。

お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。  合掌
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨年の2月22日以来実に1年5ヶ月振りのPUMPだった。

P1000594m.jpg
PUMP近くを流れる中島川。こんな晴れた日にPUMPに行くのは多分初めてだと思う。
P1000595m.jpg
左の壁は堤防で右の住宅の1階は道路の下で道路に面しているのは2階部分になる。
PUMP一帯はいわゆるゼロメートル地帯なので温暖化で海の水位が上昇すれば水没するだろう。

P1000597m.jpg
中島川の上でウミウが気持ち良さそうに風に吹かれていた。

P1000600m.jpg
今日は暑くなりそう。

P1000604m.jpg
9時を少し回って行ったら既に多くの方が来られていた。
そんな中で、おや!?へぇ~!?珍しい方が…とあらみちゃんに言ったら「否否マメオさんの方が珍しいねん、F君は時々来ているので珍しくない」と言われた。
四国香川県からJJF君が少年少女を連れて来ていた。
P1000606m.jpg
ず~っと少年少女達のビレイをし少年少女達が休憩している間に自分の登りをしていた。
見ていて頭が下がりました、この少年少女達の中から次代を背負うクライマーが間違い無く出てくるだろうと感じた。こういうことが我兵庫県ではあまり見られないように思うが、たまたま私がそういう場に遭遇していないだけなのだろうか…

17時過ぎにPUMPを後にして阪神電車出来島駅近くのお好み焼きへ行った。
P1000607m.jpg
とりあえず冷えた生ビールで喉を潤し、おでんとねぎスジ焼きを食べ
P1000608m.jpg
最後に焼きそばで締めた。旨かった~。
次回のPUMPは、さて…いつ行くのか…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、夕方の5時過ぎから太陽と緑の道のパトロールに行って来た。
月一がノルマなので今週を逃せばノルマが消化出来ないので痛い左足を引きずりながら行ってきた。(実際はそんなに痛く無い)

約一ヶ月振りだったが植物の成長の速さに驚いた。
P1000579m.jpg
刈り込み前
P1000580m.jpg
刈り込み後
P1000582m.jpg
刈り込み前
P1000583m.jpg
刈り込み後
P1000585m.jpg
刈り込み前
P1000586m.jpg
刈り込み後

今回は下草はそうでも無かったが、道横からの覆いかぶさりが多く見られた。
来月は下草の刈り取りと傷んだ案内表示板の交換をしようと思う。

P1000592m.jpg
行程の最後にある蓮池(たぶん蓮根畑だと思う。)

P1000593m.jpg
行程の最後の方の景色。水田の向うに見える山の向うにコウモリ谷がある。
我家から車で約10分でこんなのどかな所がある。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
クラッククライミングに於いてテーピングは必要不可欠と思っていたが
そうではないらしい。
三倉でお会いした三倉の主のR氏は「モルモット・クラック5.11a」を登る時以外はテーピングをしない
とお聞きし非常に驚いた。

元々クラッククライミングにあまり興味が無かった私はテーピングの仕方もええ加減だった。
おかげで今回の三倉に於いて手痛い洗礼を受けた。
P1000578m.jpg
ほとんど治りかけたが右手親指の付け根辺りを擦り剥いた。
「ヒップ・クラック」最後のオフウィズスで思い切りクラックの奥に手を伸ばしフィストで保持しようとしたが出来ずにフォールした時に擦り剥いた。後から親指の付け根にもテーピングしておけばよかったと思ったが後の祭りだった。
P1000554m.jpg
初日のええ加減なテーピング。3ルート登ってこの乱れようだ。

そこで2日目は入念にテーピングした。
P1000565m.jpg
おかげで4ルート登ったが最後まで乱れる事はなかった。

しかしジャミングが巧ければテーピングはさほど関係無いとR氏のことで思った。

又今まであまり関心が無かったクラックだが三倉でその魅力を再認識した。
フェイスルートと違いクラックではジャミングが巧ければ全てのクラックがホールドになる。
そしてプロテクションも好きな所に取れる、又取るに当ってはNPのサイズの選択も非常に大事な要素になる。これはやはり経験がものを言う。

これからは三倉だけでなく名張にも行ってジャミングの技を磨きたいと考えている。

それから今回の三倉に於いて前腕が全くパンプすることがなかった、なんでや…
しかし両脇から腰にかけての体側がフェイスルートでは経験した事の無い痛みがあった。
なんでや…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
三倉から帰る朝喉が痛くて目が覚めた。
その痛みは神戸に帰ってからも続いている。←今日はだいぶマシ
それから火水と異様に身体がダルかった。
鼻もズルズルやし、身体も熱っぽかったので風邪かなぁ~と計ったら36.4度の平熱だった。

まぁ~食欲は旺盛やし、夜もクーラー無しでよく眠れているのだがダルい。

ただたんに今まで蓄積された疲労が出てきたのか、室内や車のクーラーが原因なのか
この夏は遠征の計画もないので暫らくはゆっくりして疲労回復に努めようと思うが
果たしてゆっくりして居られるのだろうか自分の事ながら自信が無い。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
新聞を読んでいて一体日本の国はどうなってしまったのかと思わずにはおれない。
食品の期日改ざんや産地偽装は当たり前。家電メーカーや自動車メーカーではリコールが後を絶たない。
個人に於いては、会社の金を使込んだり一度人を殺したかったとかいって通り魔殺人が頻繁に起こっている。
何とも恐ろしい世の中だ、おちおち外も歩いておれない。

この元は何処から来るのか私に分かるはずもないのだが、私の浅はかな頭で思うのに
ソビエト連邦が崩壊し社会主義国と自由主義国(資本主義国)の垣根が無くなり世界的に自由主義国
が大勢を占めるようになった為だと思う。

自由主義国別の言い方をすれば資本主義社会は常に経済成長を目指し続けている。
前年対比でGNPやGDPが何%伸びたかを競い合っている。
各企業に於いては、やれ前月比は前年比は何%伸びたかで企業の優劣が判断される。
しかし本当に伸ばし続けなくてはいけないのかと思う。

各企業は自社製品を売らんが為にマスメディア駆使して、これ買え、こっちの方がもっとええどと消費者を煽る。マスメディアもどこそこのセレブの生活など取り上げる。
ほんの極一部の裕福な人間(だからと言って幸福とは限らない)を賛美して一般大衆の溜息を誘う。
誘うだけならいいが、その裏には妬みが生じることを分かっているのだろうか…

犯罪は貧困から生じるといわれている、先進国の軍事予算を全て貧困対策に充てれば地球は本当に住みよい世界になると思うのだが…
それには超越した指導者が必要と思うが…まず出てこないと思う。

人間も動物なので弱肉強食の法則は人間世界が続く以上繰り返される事だろう。


話は変わるが、私のお気に入りブログに「イケダエンジニアリング。」がある。
文章は私のだらだらぐだぐだと違って簡潔で要点を得て小気味良い。
そしてなんといっても写真はピカイチだ。
登攀工作員さんにも引けを取らないのではと個人的は思っている。

そのイケダエンジニアリングに私の三倉での様子が掲載されてる。
是非ご覧下されば幸いです。

こちら⇒イケダエンジニアリング。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日三倉から予定より早めに家に帰り気になっていたヒヨドリを一番に見た。
ん…なんか様子が変…巣が壊れている。
P1000575m.jpg
下には親鳥と思われる羽が散乱している。

「やられた…」やった奴は猫か蛇か…

家の者が留守だったので様子を聞く事が出来ない。
仕方無いので疲れた身体に鞭打ち三倉の後片付けをしシャワーを浴びて
ビールを飲みながら情報収集に留守期間中の新聞を読んだ。
そのなかの21日朝刊「海山で事故相次ぐ」の記事を読み進むうち私の思考は完全に止まった。
えっ!?うそ!?…そこに私の友人の名前があった。

前の職場での後輩で今の職場では課は違うが同じ建物なので時たま顔を合わせ近況を話し合っていた。
三倉へ行く前日も久し振りに階段ですれ違い
「おう!久し振りやなぁ~どない?」
「はい!ぼちぼちですわ~」と言葉を交わしたばかりだった。

今日告別式だったが行けなかった。
いつも会ってもニコニコして優しい男だった。
奥様と中学生になる二人の子どもを残して40歳での突然の死、悔しかったやろなぁ…

  どうかどうか安らかに眠って下さい      合掌
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
三倉は想像以上に良い所でした。


今回は源助崩れと青白ハングへ行って来た。
P1000531m.jpg
源助崩れのテラスから
予定では3日間登るはずだったが、2日目の朝から右膝に違和感を感じるようになった。
膝に水が溜まる時のような感覚に少し不安を覚えたが気にしないようにしていたが
岩場を移動する度に痛みが酷くなり今日一緒に登る予定だった、Uさんに断りの連絡していただき
今朝早く三倉を後にした。残念…

今回2日間で7本のルートを登った。
初日は極端な寝不足だったが源助崩れの「モアイ・クラック 5.9」をO.S
「ヒップ・クラック 5.9」は核心で皆の期待通りフォール
P1000537m.jpg
「ヒップ・クラック」のチムニーでもがくあらみちゃん。
P1000547m.jpg
「ヒップ・クラック」最後のオフウィズスで足をズリズリするイケチャン。

最後に登った「水晶クラック 5.10b」に於いては右上のクラックで有得ないパフォーマンスを披露して
夜の宴会を大いに盛り上げた。結果は必死のパッチのエイドで何とか終了点へ。

R氏軍団と一緒に登って来たクライミング犬「タロウ」
P1000549m.jpg


P1000556m.jpg
19日夕方の三倉岳


P1000561m.jpg
TO隊長とメグさんは早朝から中岳でアメリカンエイドの練習。
U氏は仕事を終えて駆けつけてくれたが私は寝不足で殆ど意識朦朧で先に寝た。

2日目はU氏を先頭に青白ハングを目指した。
私は登る途中から膝に違和感が出てきたが…
P1000562m.jpg
青白ハング側面の「兵隊クラック」前のテラスから

私は「兵隊クラック 5.10a」をハンドジャムが巧く決まってO.S。
その後源助崩れに移動し昨日に続いて「水晶クラック」に皆が見守る中トライ
右上の幅広クラックでは正当な足ジャムを駆使して最後のガバに数センチのところで
痛恨のフォールをしてしまった。結果2テン。
暫らくは身体を動かす事も口を利くことも出来ないくらい全てを出し切った結果だったので
非常に満足したが滅茶苦茶悔しかった。

P1000572m.jpg
「水晶クラック」にトライするTO隊長。核心でNPを取らなければ…

その後「「モルモット・クラック 5.11a」のTRで取り付いたがFポイント近辺で敗退。
最後に「ソフトクリーム 5.9」をFLして2日目を終えた。
この時点で右膝の痛みはかなり酷くなっていた、明日一日何とか登ろうと思いながら下山したが
、あらみちゃんの「無理せんほうがええで」との忠告で21日朝帰ることにした。
21日にご一緒する予定だったU氏には大変申し訳無いことをしました。


今回の三倉岳ツアーにはU氏、TO隊長、メグさん、イケチャンが来てくれ楽しい時間を過ごす事が出来ました。特に2日間自分のクライミングを犠牲にして我々を案内してくれたイケチャンには大変感謝しています。
ありがとう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今夜から21日まで広島県の三倉岳に行きます。
超久し振りにクラッククライミングを楽しんできます…楽しめればの話やけど

三倉は前々から行きたいと思っていた岩場でしたが中々機会が無く
今回やっと行ける事になりましたが、何故か台風が近づいています。…腹立つ

ほな!ブログは暫らく休憩
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
梅雨が明けた。
明けたとたんに猛烈な暑さで参った。
夏が始ったばかりやのに今からこれではこの夏は無事に乗り切れるのか…

暑さの性ではないが、多分歳の性やと思うけど忘れ物というか思い違いが多くなったように感じる。
自己嫌悪に陥りそう…

昨日家に帰ったらディバッグに入れていた小さいバッグが無い。
家中を探し回ったが見当たらない。
今日会社の机の上にあった。今まで忘れた事が無かったので少し落ち込んだ。

最近最も落ち込んだ忘れ物は弁当だ。
朝女房が作ってくれペットボトルのお茶と水とを一緒に置いてくれているのだが
お茶と水とだけ持って会社に行ってしまった。

気づいた女房が携帯に電話するが何度掛けても出ない。
当然出ない私は何時も携帯をディバッグに入れている、しかもマナーモードにしているので会社に
着くまで全く気づかない。今年だけで2回あった。

女房は弁当を忘れた事に対して一緒に置いているお茶と水だけ持って行って弁当を忘れるのには
理解出来ないと呆れている。
しかし女房が一番腹を立てているは携帯に掛けても出ないことらしい。
まあ~私は携帯を肌身離す持っていないので出れない。

しかし弁当を忘れた時は流石に落ち込んだ。
女房に悪いと思い昼飯は抜こうと考えたが、何の意味も無いし女房から「アホ!」
といわれるのは確実なんでやめた。

まぁ~こういうふうなんで数十手あるホールドを忘れるのは仕方ないか…

今日のヒヨちゃん。
P1000525m.jpg写りが悪く見難いですが、雛が大きな口を開けて餌をねだっています。

18日夜から念願の三倉岳に行く、台風の影響を受けそうだが今のところ雨の心配はなさそう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日、家に帰るなり女房が「家のヒヨドリの様子が変やねん」という。
見るといつもは巣で抱卵体勢なのだが巣の縁にとまって巣の中の様子を見ている。
暫らくすると抱卵体勢に入ったがきっと雛が孵ったんやと思ったが親鳥をどかせて見るわけにはいかん。
今朝、親鳥が朝飯かトイレかは知る由もないが、居なくなった隙に見たら、おおおっー!!!!
四つ子が生まれてた。
P1000518m.jpg
ほんの時たま「ピヨピヨ」と頼りなく泣いている。
親鳥が巣に帰ってきたら未だ目も明いていないのに身体を伸ばして餌をねだる様な姿勢をする。
可愛い!!!

我家にヒヨドリが来るまで、ただピィーピィーー!と鳴声の五月蝿い鳥やと思っていたが
今は可愛い。
女房などは、鳴声だけで「あっ!家のヒヨちゃんが帰って来た」という始末。確かに女房がいう通り
鳴声の後巣に居なかったヒヨドリが帰ってきている。

何とか外敵にやられず無事に巣立って欲しいと願っている。
しかしもうちょっとしたらピィピィと五月蝿いやろなぁ~。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
九州や中国、四国地方では梅雨が明けたようだが、関西はまだらしい。
先週末ごろから日中の気温が30度を超すようになった。
それに伴い夜も熱帯夜になり寝苦しくなった。
クーラーをつけて寝ようかと思うが、数年前からクーラーをつけて寝れば夜中に息苦しさで目が覚める。←歳の性か…
そこで昨年夏から窓を全開にし扇風機を弱で上向きにして回しアイスノンを枕にして寝ている。
P1000502m.jpg
イオン発生付きの扇風機。
P1000504m.jpg
これは快適なんだが冷た過ぎると目が覚めるので温度調整が難しい。
もっと暑くなると寝茣蓙を敷いて寝ようと思う。

ところで毎年恒例の「こうもり谷草引き」が8月3日(日)に行なわれる。
時間は8時に神社集合で、今年は神社の草引きは行なわないで隣の公園の草引きをする。
「こうもり谷を愛する会」から今年は区長さんが代わられたので多くのクライマーの参加を期待しますとのことです。


草引きは約1時間ほどで終わるらしいので終了後は「こうもり谷」でクライミングを楽しむ予定。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先週に梅雨が明けていたらしい備中の岩場で清掃活動があり行って来た。
昨日8時半過ぎに用瀬小屋駐車場に着いたら既に多くのクライマーが来ていた。
P1000482m.jpg
TCNet事務局から挨拶の後、各エリアに分かれて清掃やアプローチの整備を行なった。
私は長屋坂整備リーダーに指名された。
yukio君、ひがぴょんさん、ヤナ兄さん、M川さんで草刈とアプローチの整備をした。あらみちゃんは小屋とキャンプ場の清掃をした。
P1000486m.jpg
フェンス際の草刈をするひがぴょんさんとM川さん。
P1000485m.jpg
「フリッカー」の取り付きに茂った草。
P1000488m.jpg
草刈後。綺麗!
P1000490m.jpg
駐車スペース付近の道路の草も刈った。
P1000491m.jpg
清掃作業後冷たい水で手や顔を洗い生き返った。
yukio君、ひがぴょんさん、ヤナ兄さん、M川さん大変お疲れ様でした。

12時頃に各エリアに散らばっていたクライマーが帰ってきて少し休憩しAEDを使った心肺蘇生法の講習があったが私は昨年受講していたのでS谷君、あらみちゃんとで久し振りに2ルンゼに行った。
2ルンゼはあまり風が通らなくて蒸し暑かった。
壁も下部が少しヌメっていたりホールドを忘れていたりして難しく感じた。
P1000494m.jpg
「フェイス」のS谷君
P1000496m.jpg
「奥の手」のあらみちゃん
P1000498m.jpg
「バットマン」の私。1本登るごとに汗が滴り落ちた。

17時過ぎに駐車場に戻った。これからの時期は本気トライは出来ないなぁ~と思いながら帰り支度をしていたらB場さんが来られた。
『どちらに行ってたんですか?』と聞いたら『権現に行ってました、「下下」を3便目にR.P出来ました』と
笑顔で話されたのには正直ビックリした。
どんな状況下でも強い意志で臨まれたB場さんのモチベーションの高さには頭が下がりました。
反省!!!

それから、キャンプ場のトイレ掃除をした、あらみちゃんから男子トイレが満杯やと聞いたので見たら大盛り満杯だった。TCNet実行委員の方に言い忘れて帰ったので今日、備中地域局に電話をしてその旨を伝えた。近々汲み取られると思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、三宮の連盟事務所で須磨労山の総会があった。
P1000480m
私が議長を務めたがもう少し討議をする課題があったように思う。

総会後近くで飲み会をした。
P1000481m
我会もご他聞にもれず高齢化が進んでいる。
これは兵庫県に於いては我会だけではないが無闇に会員を増やせばよいというものでもないように思う。


明日早朝から備中の清掃活動に行く。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の神戸新聞夕刊の随想に「神戸っ子気質」と題して載っていたので紹介します。

もう亡くなったが、祖父にこんな逸話がある。
エンジニアで細かいことに気がついた。
帰宅後、障子の一番上の桟を指で触り「掃除が行き届いておらん」と祖母を叱ったそうだ。
隔世遺伝か、私はその祖父に似ている、と親族はいう。
重箱の隅をつつく議論をする。
学生時代から、漢字の筆順や英文法にこだわった。
よくいえば忍耐強く、悪くいえば執拗だ。
二十歳頃、神戸ボクシングジムの谷崎孝会長からいわれたことがある。
「神戸の人間はあっさりしとる」と。「お前はしつこい」という皮肉かと思った。
神戸を離れて数十年、やっとその意味が分かった。
東京で関東、東北、九州などいろんな土地出身の人たちと交わったからだ。

「神戸っ子気質」というものがある。それを列挙してみよう。
①気さく
②明るい
③移り気
④新しいもの好き
⑤お洒落(格好を気にする、ええ格好しい)
⑥美味いもの好き
⑦飽き性
⑨おせっかい
⑩忘れっぽい(そんなことあったかいな)
これは今も神戸っ子を自認する私の観察だ。
港町、国際都市の神戸は昔から新しい文化の入り口だった。
新奇なものを受け入れ、古いものを忘れさせる。
流行に敏感だが、飽きっぽい。浜風に吹かれ、瀬戸の陽光に照らされ、神戸っ子気質が根付いたのだろう。
神戸の人間は総じて陰湿ではない。昔のいやなことは忘れる。それをいうのは野暮でしつこいと嫌われる。だから皆あっさりしている。
神戸の友人と昔のことを話すと、「お前、そんな古いこと、よう覚えとんな」と笑われる。
神戸っ子気質を端的に表す言葉がある。
それは「そんなことどうでもええやん」だ。
    じょーこいずみ=ボクシング国際マッチメーカー


私は1歳と半年ぐらいから神戸に住んでいる。父母共に四国は高知県の出身なので私は生粋の神戸っ子ではないが、「神戸っ子気質」を表した①~⑩は全て当てはまっていると思う。ただ⑩は多分に歳の性だとは思うが…
特に④新しいもの好き、⑤お洒落、⑥おせっかい、などは私そのものだと思う。
広島県福山市出身の女房から「あんたほんまに新しい物好きやなぁ~」と呆れられている。
そして私は格好を気にする、ええ格好しいなのだ…最近はそうでもないが
そしてそして非常なおせっかいやきでもある…聞かれてもいないのに教えてしまう。

神戸の人間は確かに「そんなことどうでもええやん」という言葉をよく使う。
何かのことで言い合いになれば誰かが「そんなことどうでもええやん」という。
そしていわれた当人同士も「そやな」と実にあっさり話題を変える。
そりゃそうと神戸の西の方に住んでいる方もよく「そんなことどうでもええやん」というが、あの方も「神戸っ子」なんかなぁ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
確か7月3日から抱卵が始って今日で8日目になる。
その間強い雨や雷がなったがじっとして卵を抱いている、又家の者が洗濯物を干しに出たり孫達が庭で騒いでもじっとして卵を抱いている。

朝や夕方に相方が来て何処かに飛び立って行くが直ぐに帰ってきて抱いている姿が
ほんとに健気なんで無事に雛が孵り巣立ってくれる事を祈っている。
P1000474m.jpg
真ん中の木エメラルドグリーンの中間部辺りに巣がある。
しかしなんでこんな低い木に巣を作ったのか、近所には猫もいるし蛇もいる、狙われたらひとたまりも無いと思う。
家の者には異様な鳴声がしたら直ぐに見るようには言っているが…
猫はともかく蛇やったらよう追っ払わんやろうなぁ…

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日も午後半休を取ってこうもり谷へ行ってきた。
今日のこうもり谷は湿度が高く一本登ると汗まみれになった。

そんな悪条件の下、我会のラスマツさんが「鷲鼻ハング5.11d」をR.Pした。
今日の条件下では値打ちのあるR.Pだと思う。
P1000462m.jpg


こうもり谷の岩質は凝灰岩なので石灰岩のように湿度が高くても結露する事が無い。
しかし手はヌメル。

私は午後からだったが7本登った。この時期の登り込みはシーズンに入れば必ず報われると信じて汗にまみれている。

湿度が高いためアプローチが滑りやすくなっている。
今日の帰りに我会の満太郎さんが一本橋を渡ったところで足を滑らせ滑落し危うく湖底に沈むところだったが持ち前のバランスの良さで下半身を湖水に沈めただけだった。
P1000471m.jpg
えっ!?バランスが良ければ滑落せんてですか?
確かに^^;

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
5時前に目が覚め外に出たら、ながの村全体が靄に包まれていた。
P1000436m.jpg
幻想的だが石灰岩が結露する原因の一つなのかも…
昨日花子岩に行かれていたI氏ご夫妻がまだ寝ている横で朝飯を食べ後片付けをしたりとゴソゴソし6時に霧降山荘を出発した。(I氏ご夫妻様すみませんでした)

P1000439m.jpg
集合場所のグランドに7時半過ぎに着いた。8時前頃から地元の方やクライマーが続々と集まってきた。
我々クライマーは地元の方数人と竜宮の岩周辺のゴミ拾いと草刈を行なった。
P1000440m.jpg
一段落し休憩するクライマー。

その後再びクランドに戻りビールとジュースをいただき解散。
今後は行楽が終わった秋頃に行なわれるかも。

早速勝山の岩場に行き思い思いのルートに取り付いた。
P1000441m.jpg
「エロンティアスピリット」をリードするB場さん。3便目に再R.P。
P1000443m.jpg
「エロンティアスピリット」をすんなり再R.PしたS谷君。
それから核心上のムーブはなんとも凄かった、真似をしようとしたが全く出来なかった。
P1000446m.jpg
同じく「エロンティアスピリット」をリードする私。
1便目は核心のデッドが取れず敗退。2便目の3回目でやっとデッドが取れ何とか終了点へ
R.Pは次回かな…
「勝山町民」は結露で登れなかった。で結局今回は成果無し。

P1000447m.jpg
「もえつき症候群」をO.Sトライするyukio君。その前の「愛のカンテ」では終了点直下で惜しくもフォールしO.Sを逃した。気持ちを入れ替えて「もえつき症候群」にO.Sトライしたが核心で嵌りに嵌ったが執念で終了点へ。残念でした。次はすんなり行けるで。

P1000449m.jpg
「もえつき症候群」をFLしたぴょんきちさん。
「愛のカンテ」ではO.Sを逃したが「もえつき症候群」は核心で嵌る事無くすんなりでした。おめでとう御座いました。

P1000442m.jpg
「愛のカンテ」をリードするgaku夫人。登る姿を初めて見させていただきました。

今回のツアーは下帝釈峡の行った事のなかったエリアや観光スポットをyukio君とぴょんきちさんに案内していただいた。感謝である。
勝山の岩場清掃はクライマーの参加人数は少なかったが地元の方達との交流に於いては成果があったと感じた。
今後共地元の理解を得る一助になればと思うので出来る限り参加しようと思う。
今回参加された皆様本当にお疲れ様でした。

少し早く16時過ぎに勝山を発って米子道久世ICから中国道福崎ICまで約100弱を時速70kmでクーラーも付けずに走った。これは今回は一人だったので燃料費の節約のためだった。
御蔭で1リッターあたり約17kmと過去最高の燃費だった。
しかし高速道路を時速70kmで走っていると景色が良く見えるしのんびりゆったり運転できる。
まぁ~中国道で車が少ないから出来る事かとも思う、名神や東名でやったら大渋滞を引き起こすやろ。

来週は備中の岩場清掃だ。
詳しくはこちら⇒TCNet
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
5日朝5時過ぎに家を出た。
今回は一人旅だった。
山陽道の岡山県に入る頃から雨が降り出した、それもかなり強い雨脚に帝釈も雨なのではと不安になる。
総社を過ぎる辺りで雨が止んだ、備中から見える北の空に青空が出ていたので大丈夫かもと思う反面、用瀬小屋の横を走りながら壁を見ると真っ黒になっている、こりゃ~あかん帝釈もあかんかもと
意気消沈し掛けたがyukio君とぴょんきちさんが待っている、ながの村へと車を走らせた。

9時少し前だったので花面公園により第一道場の様子を見ることにした。
P1000423m.jpg
壁は全く濡れていない。第二道場や太郎岩も濡れていない。

約束の9時丁度に霧降山荘に着いた。駐車場に居られたyukio君、ぴょんきちさん、TO隊長と挨拶して用意をしていたらおメグさんとNCCのmoriさんとyoneさんが来られた。
我々三人はとりあえず岩谷へ、moriさんとyoneさんは第一道場へ、TO隊長とおメグさんはさて…?

P1000424m.jpg
岩谷のアプローチを、あっ!カエル!と賑やかに行くyukio君とぴょんきちさん。
P1000425m.jpg
ありゃまぁ~ぴょんきちさんより一層可愛くなって^^;
P1000426m.jpg
写真では分かりませんが岩谷は結露で登れませんでした。
次に一の壁を見て前面壁に行った。
P1000427m.jpg
徒渉するyukio君とぴょんきちさん。水が冷たかった。対岸から見る前面壁は登れそうだったが…
P1000428m.jpg
殆どのルートが結露で登れそうに無かったが…
欲を出して「やっぱりラガー」をO.Sトライしたがホールドが濡れてて結局3テンして必死のパッチで終了点へ
結局この日は私だけが登った。

その後「幻の鍾乳洞」の入口の見学などをして早々に山荘に帰った。
P1000432m.jpg
ここが入口、ちぃちゃい。
P1000434m.jpg
途中の対岸の風景
P1000435m.jpg
生命の力強さを感じた。持って帰ろうかと思ったが、ここにあってこそ値打ちがあると思い止めた。

山荘で温泉に行く用意をしていたらmoriさんとyoneさんが第一道場から帰って来られた。
第一道場は灼熱地獄だったらしい。

勝山の清掃活動の様子は明日。
TCNetに清掃活動報告がアップされています。⇒こちら
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
P1000422m.jpg

この写真は5日に備中から帝釈への途中にある橋の上から写しました。

帝釈、勝山の詳細は明日以降にアップします。

家に帰って気になっていたヒヨドリだったがしっかり抱卵していたので安心した。
雛誕生も間近かな…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
明日の早朝から帝釈へ行く。
K君とHさんに合流して前面壁か岩谷へ行く予定。
どちらのエリアも初めてなので非常に楽しみにしている。
濡れていない事を祈る。

明後日6日の日曜日は帝釈から真庭市にある勝山の清掃に参加する。
清掃後は勝山の岩場で登る。
昨年の宿題「エロンティアスピリット」と「勝山町民」を片付けたいと考えているが…
果たして…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ここ数日ヒヨドリが姿を見せなかった。
数日前の早朝に女房が洗濯物を干していた時にヒヨドリのつがいが飛んできたが
女房の姿があったのでそのまま何処かへ行ってしまったままだった。

今朝ヒヨドリの巣を見たら、なんと居るではないか
ただ今までと少し様子が違う、今までは巣の回りをウロウロして直ぐに飛び立っていたが
今朝は巣に身体を沈めてじっとしている。
P1000418m.jpg
ひょっとして卵を抱いているのではと思ったので
家の者に余り近づかないようにと言って会社へ

会社から帰ったらヒヨドリが卵を抱くような格好で居るではないか

これは絶対卵を産んでいると確信したが見に行くわけには行かない。
暫らく見ているとお腹が減ったのか何処かへ飛び去った。
この機会だと思い巣に近づいて腕を一杯に伸ばしおおよその見当で写真を撮ったら
あったあった四個の卵があった
P1000421m.jpg


しかしその後雨が降ってきたが巣に戻って来ないけど大丈夫かな…

朝ヒヨドリの様子を遠くから眺めながら、ヒヨドリは大したもんやなぁ~と感心した女房の姿を見ても動じる事無く二三日で帰ってきて卵を産んで抱いとる。俺は一緒になって33年経つけど未だに吃驚する時があるのになぁ…と心の中で思った
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日午後半休を取って、こうもり谷へ行った。
三宮からバスに乗って行ったのだが、なんと運転士が象君だった。
超久し振りと言うか、昨日象君から今週末からクライミングを再開したいとメールをもらっていたので
お互い吃驚した。
しかし象君の運転するバスに初めて乗ったが安全運転やし車内マイクを使って優しく案内しているし
模範運転の見本みたいやった。
厳しい交通環境の中での運転はついつい神経が苛立ち気持ちにゆとりが持てない、私などは常に
目を三角にしてイラついていた。象君は身体も大きいが気持ちもゆったりと大きいのやろうなぁ~。
乗っている時間は約20分程だったが楽しい時間だった。
象君ありがとうこれからも頑張ってや

こうもり谷へ降りるところが4月以降衝原湖の水位が上昇して水没し降りるのに難儀していたが
今日行ったら何方かは分からないが(多分間違い無くUさんだと思う)手がかり足がかりを作ってくれていた。
P1000006.jpg
これで安心して上り下り出来ます。しかし今日は水位が下がっていて従来のアプローチが使えました

今日の、こうもり谷は我会からラスマツさん、満太郎さん、初Nさんと私の4人、そして今日こうもり谷デビューしたアンパンマンさん、そしていつもお一人で来られているドクターの6人だけだった。

初こうもりのアンパンマンさんは6本登られた内3本をO.S、1本FLされました。特に「マーメイド」は
マスターでO.Sとは思えない素晴しい登りでした。
P1000005.jpg
「エネマ」をFLしたアンパンマンさん。

私は昼からの参加だったが6本と3分1本登ったええ筋トレになった

ところでラスマツさんのお婆ちゃんが昨日お亡くなりになりました。
満108歳だったそうです、1900年のお生まれなので三世紀を生きてこられたそうです。
神戸市の最高齢者で兵庫県では二番目の最高齢者だったそうです。
謹んでご冥福をお祈りしたします。
しかし凄いなぁ~拍手やね
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日会社で健康診断があった。
今回から新たにメタボの項目が増えた。
私の腹回りは73.8cmだった、高校時代から比べ5・6cm増えただけだ
悪いところと言えば血圧が少々高めなので薬を飲んでいる、55歳を過ぎたころから徐々に血圧が上がりだし今年の初め頃から一番弱い薬を飲んでいる、なので朝夕計ると110~70の間に収まっている。ところが今日健康診断の時に141~85になっていて再度計りなおした
原因は多分血圧を計ってくれたのが若くて可愛い女性で、ゆったり腰を掛けてリラックスしてくださいねぇ~と笑顔で言われたためだと思う。←岩場で若い女性にお説教ばかり受けているのでつい興奮したのかなぁ…
患って初めて健康の有難さが分かる、健康であればこそクライミングも出来る。
健康の維持も努力が必要
これからも今まで以上に健康には気を使わねば…
明日午後半休をとってこうもり谷に行く。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ