FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:旅行
磐窟渓を後にして一路「吹屋ふるさと村」へ行こうとしたら
女房が野菜を買いたいと言い出したので川上バスセンターに逆戻りした。
ここでジャガイモ、トマト、ピリ辛ピーマン、ねぎ、傷物の桃(10個千円)、スイカ(千円)などを買った。
スイカを地元のジィちゃんに選んでもらったが滅茶苦茶美味かった。

備中地域局の横を通り、新見に行く途中から標識に従い車を走らせたら約20分ほどで「吹屋ふるさと村」に入った。
最初に目に付いた『広兼邸』を見学した。
P1000713m.jpg
この城壁の様な石垣の上に建てられた建物は大野呂の庄屋だった広兼氏の住居跡だ。
同家2代元治が享和(1801年~1803年)、文化(1804年~1817年)の頃、小泉銅山とローハ(ベンガラの材料)製造で巨万の富を築いたそうだ。
P1000712m.jpg
庭には水禽窟(すいきんくつ)があり涼やかな音をさせていた。
ここで「吹屋ふるさと村周遊券」大人800円を買った。

次に『笹畝坑道』を見学した。
P1000715m.jpg
坑道の中は年中15度前後だそうで非常に涼しかった。
P1000717m.jpg
今も一心に掘り続けています(笑)。
P1000719m_20080820221420.jpg

次に『ベンガラ館』に行った。
P1000723m.jpg
受付のお婆ちゃんが教科書を読むようにすらすらと説明してくれた。
「弁柄(ベンガラ)とは、別名紅殻とも云う。酸化第二鉄(Fe2O3)を主成分とする赤色の無機顔料である。ベンガラの名は、インドのベンガルに由来しているといわれる。
朱とともに最も古くから用いられた赤色顔料である。
吹屋の弁柄は吉岡銅山との関係が深く、銅山の捨石である磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)から偶然発見されたといわれる。」と言う具合に…

続いて吹屋の町並みを見て回った。
P1000724m.jpg
こぢんまりした静かな町並みは弁柄で赤く塗られていた。
ここで『郷土館』と『旧片山邸』を見学し、少し離れた『吹屋小学校』へ足を伸ばした。
P1000730m.jpg
築110年は現役の小学校としては日本最古だそうだ、生徒数は6人。ええ感じやった。

前々から一度訪れてみたかった吹屋ふるさと村は私の期待以上だった。
おばあちゃん達が経営する喫茶店でコーヒーを飲みたかったが定休日だった。残念。

吹屋ふるさと村を後にして新見から真庭市の神庭の滝へ向け車を走らせた。
神庭の滝は明日。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ