プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
7月に右膝を痛めてからジョギングをしていない。
なので最近体重計に乗るのが恐い。
7月55kg台だった体重が56kgになり今日計ったら58kgになっていた。
P1010162m.jpg
ショックや~
食べる量は変わっていないのに何故増えるのか…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日家に帰ってから我家に2台ある車のエンジンオイルの交換をした。
P1010149m_20080929200643.jpg
P1010150m_20080929200651.jpg
廃油は専用の処理箱に染込ませる。

P1010148m.jpg
その間に先週の備中ツアーで汚れたトヨタVOXYの車内とマットを掃除。

ついでに折れた金鎚を修理
P1010154m.jpg
P1010155.jpg
多分抜けないと思うが…

P1010158m.jpg
口をしっかり閉めて洩れないように
P1010161m.jpg
明日は燃えるゴミを出す日なのでゴミ集積所へ持って行けばええ。
ただ11月からは神戸市のゴミ捨てのルールが変わりエンジンオイルの廃油は捨てられなくなる。
なんで駄目になるのかなぁ…
次回からはガソリンスタンドかディーラーでするしかないのか…。

P1010159m.jpg
我家の車庫で私の遊びの道具置き場でもある。
ロードレーサーにマウンテンバイク、カヤックもあるがここ数年ここから出してない。
ご覧のように乱雑に見えるが乱雑である。女房はこの状態が気に入らない、が私には居心地の良い場所なのだ。

車のエンジンオイルを交換した直後は気のせいか走りが軽くなったように感じる。
人間もこのようにならないかと最近つくづく思う、50年以上も動き続ければ何処か不具合が出るのはしようがない。50年以上私を支えてくれた右膝も修繕しなければならないようだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の昼から太陽と緑の道の整備に行った。
月に一度整備をしているが一ヶ月経つのが物凄く早く感じる。

今日は分かれ道に新たに案内板を取り付け、根元が腐った標柱をやり変えた。
P1010128m.jpg
1.5mの鉄製の杭に案内板を取り付ける方法をとった。
費用は杭と取り付け金具で600円程だった。

P1010129m.jpg
ここは分岐になっていて右がルートなのだが左がルートと勘違いし易い。
ところで真ん中に写っている光った玉はなんや…?

P1010130m.jpg
この写真では右に移動している…?

横道に逸れたが
P1010131m.jpg
この位置に案内板を取り付ければ間違うことは無いと思う。写真では見難いが右の大きな木の所に設置した。この写真では写って無い…?まぁ~ええか。

P1010133m.jpg
根元が腐っている標柱が多い。

P1010134m.jpg
こうすれば将来案内板だけ交換すればよいだろう。

P1010138m.jpg
先月目星をつけていたアケビが何者かに食べられていた。多分鳥だろう。

P1010146m.jpg
もう山はすっかり秋だ、彼岸花の向うにススキが風に揺れていた。
彼岸花は毎年お彼岸の時期に必ず花を咲かせる、自然の摂理は凄い!。
ススキも一時は外来種のセイタカアワダチソウに駆逐されそうになったが現在は盛り返し繁殖地を奪い返している。頑張れ!日本のススキ!

来月はあと2箇所標柱を設置すればルートで間違い易い箇所は無くなると思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
爽やかな秋晴れの下、神戸登山研修所でビレイ講習会があった。
P1010120m_20080927202313.jpg

このビレイ講習会は、兵庫県勤労者山岳連盟主催、須磨勤労者山岳会主管で河野誠一氏を講師に迎えて行なわれた。
P1010103m_20080927202217.jpg
37名の参加があった。遠くは広島県からTO隊長とメグさんが参加された、お疲れ様でした。

コピー ~ snapshot20080829215117m
最初にPUMP制作の「安全クライミング」のDVDを観た。
杉田雅俊君と小西大介君の身体をはった演技だが、何故か笑えてしまう。
是非観る事をお勧めします。

P1010104m.jpg
講師の河野さんからビレイの注意点やカラビナの強度などについて話があった。

P1010105m.jpg
外に出て実技の準備。

P1010106m.jpg
TO隊長がピラミッドウォールの2ルートにヌンチャクをかけてくれた。ビレイヤーはメグさん。

P1010109m_20080927202241.jpg
実技では二人一組になって交互にビレイしルートの中間部辺りで故意落ちと不意落ちをしビレイヤーの動性を見て注意点を指摘するとういう事を行なった。

P1010111m_20080927202254.jpg
中にはマジ落ちするパーティーもあったりで真剣な中にも和気藹々の雰囲気で行なわれた。

今回のビレイ講習会はビレイというロープクライミングには絶対欠かせない技術なのだが、果たしてどれ程の方が安全で正確なビレイをされているのかと言うことに疑問を感じたのが最初でした。
そして講習会を開き正しいビレイのノウハウを広めたいと思い講師を河野さんにお願いしたところ気安くお引き受けしてくださった。
講習会を開くに当って我会の吉谷さんには兵庫県勤労者山岳連盟が主催する交渉を行なっていただきました。
又兵庫県山岳連盟の施設でもある神戸登山研修所の使用等の交渉を我会の一本松さん、西村さんに行なっていただきました。
須磨勤労者山岳会の岩佐会長はじめメンバー全員が開催に向け協力していただきました。
今日、受講されたクライマーの方々の真剣な取り組みで大成功に、そして無事故で終える事が出来ました。有難う御座いました。
又いつかこのような企画が行なえたらなぁ~と思っています。

最後に講師は「ビレイ講習会があるから勉強しようと思い参加されたクライマーは問題はありません、それより私は大丈夫だと思っているクライマーが問題なのです。」と仰ってました。

参加者全員での記念撮影するのを忘れた。すみませんm(_)m
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日に続き良い天気。
2日間同宿だった、N村さん達は2ルンゼへ、tomokici君達は羽山へと行くとの事だった。
N村さん達に又お会いする事があったら宜しくと挨拶して我々は権現へ

9時過ぎに着いたら一番乗りだった。
P1010097m.jpg
左から、M女史、あらみちゃん、私、満太郎さん。
我々の直ぐ後に、ローカルのTさん、T君が来られた。

私は空いているうちに「河原ベイト」に取り付いた。
昨日見て目から鱗の落ちたS女史のムーブを試してみたらあっさりR.P出来た。
P1010086m.jpg
2006年10月1日に初めて取り付いて足掛け3年目、通算11日18便目でのR.Pだった。
嬉しさよりも自分の下手さに呆れた。
T君が、おめでとうございますと言ってくれた。嬉しさと照れくささが入り混じった変な気持ちだった。

9時半を過ぎたころからどんどんクライマーがやってきた。
お兄ちゃん。Sご夫妻。遠~く大阪から長老様と妻長老様。

そしてそして超久し振りに、濃いキャラさんが来られた。←このとき、ある方が「賑やかになるで」と言った。濃いキャラさんが来られたら、きっとあとお二人ほど来られるだろうと思ったら、お一人しか来られなかった。
その方は満太郎さんの古い知り合いの方だそうだが、日曜日は奥様が恐くて出られないらしい。

この日、長老様が「でえかでえどけえにでえてえたでえこんてえてえて」を2便目に、しなやかな曲線的な登りでR.Pされ、妻長老様は「もも」を力強い直線的な登りで、これまた2便目にR.Pされた。

私は「もも」に2便出したが核心手前で敗退。右膝への負担が大きく無理をしないようにとしたが、果たして膝が万全でも登れるのか…と思った。

我チームの満太郎さんが「逆さでシェイク」を3撃した。
P1010100m_20080926190019.jpg
アップで中間部まで登っていたので上部は2撃だ。
右中指を初日に痛めて力が入らないと言っていたが、流石である。
ローカルの方達も、凄い!と言ってくれた。
仲間が褒められると、やはり嬉しい。

16時半ごろ岩場をあとにした。次は10月11日に行こうと考えている。

ところで昨日ワインのことでライトボトル、ミディアムボトル、フルボトルと書いたが、ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディが正しいとメールをいただいた。←恥ずかしい^^;

明日は、神戸登山研修所でビレイ講習会が行なわれる。天気が良くなって一安心だ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
6時過ぎに目が覚めたので外に出て空を見上げたら朝霧の隙間から青い空が見えた。
6時半からラジオ体操をして小屋に入ったら朝飯が出来ていた。
P1010078m.jpg
メニューは、ご飯、納豆入り玉子焼き、味噌汁だった。あらみちゃんが満太郎さんにご飯の炊き方を教えてもらって炊いたご飯は美味かった。

昨夜小屋に泊まった松本から来られているN村さん達は権現へ、tomokici君達は川エリアへ、我々はとりあえず権現に行き駄目なら長屋坂に転戦しようと8時過ぎ小屋を出た。
小屋の冷蔵庫が壊れているので杉田商店に氷があればと寄ったが無かった。事情説明したらMORI様の義母様が家の冷蔵庫から氷を出してきてくれた。感謝感謝である。

P1010079m.jpg
権現は染み出しも結露も無くパリパリに乾いていた。
昼過ぎまで松本のN村さん達と我々だけの静かな権現だった。
N村さんが「河原ベイト」に取り付いた、私の宿題なので興味深々に見ていたら、あれよあれよと言う間に登ってしまわれた。降りて来て5.10台かな…との言葉に唖然とした。
歳の頃は私とあまり違わないと思ってパートナーの方に、あの方はお幾つぐらいなんですか~?とお聞きしたら、微笑みながら、幾つに見えます…というので、私は57歳なんですが同い年くらいですか?と答えたら、苦笑して50を少し超えたくらいですとのことだった。
N村さんはそのあと「下下」に取り付いたが終了点直下で惜しくもテンションしO.Sはならなかったが2便目に「下下ロングバージョン」をR.Pされた。あまりの強さに凄いですねぇ~というと粘りだけはありますからと謙遜された。
仲間の満太郎さんの話では、N村さんは松本CMC所属のアルパインクライマーで、あの馬目弘仁、横山勝丘、佐藤祐介、黒田 誠らと登っている方だった。そりゃ~強いはずである。
(R&S032P94参照)

私は「トメ吉」でアップし「河原ベイト」に3便出したがR.P出来なかった。←なんとも情けない奴
P1010089m_20080925193943.jpg
しかし昼過ぎに羽山から転戦してこられた、S女史のムーブで目から鱗が落ちた。

P1010080m_20080925193923.jpg
「下下」をリードする、あらみちゃん。彼女にはマダマダ暑過ぎるらしい。

P1010092m.jpg
「下下」をリードする満太郎さん。昨日羽山の「半日仕事」のポケットで右手中指を痛めたが「トメ吉」を2撃した。

P1010093m_20080925194001.jpg
「トメ吉」をR.PしたM女史。昨日羽山で「半日仕事」をR.P。

夕方近くに仕事帰りですと若いお二人が来られ「天下ご免のむこう傷」を登られていた。
今日の権現は4パーティー10人だった。

夕方N村さん達、tomokici君達と待ち合わせて朝予約していた「朝日堂」のお風呂に入った。
朝日堂は当日に宿泊客があれば朝予約すれば入れてもらえます。

今夜の夕飯は、満太郎さんが作ってくれました。
P1010096m.jpg
茄子入りミートソーススパゲティー、サラダそしてライトボトルの赤ワイン。満足満足。
私はこの夜までワインのライトボトル、ミディアムボトル、フルボトルの意味をビンの大きさだと思っていた。←皆に大笑いされた。

明日も権現
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
前日の快晴とは打って変って雨の一日だった。
用瀬小屋の手前にある産直店で野菜など食材を買っていたら、ドカーン!と雷がなった。
どっか近くに落ちたなぁ~と話していたら、なんと小屋とじゃろう岩の間辺りに落ちた模様。
後で分かったことだが、雷のため小屋の給湯器と冷蔵庫が壊れてしまった。

小屋に居合わせた久し振りの島根フリー協のメンバーが羽山に行くと言うので我々も行く事にし先に小屋を出たはずだったが、いつの間にか島根フリー協の車が前を走っていた。
P1010060m_20080924214529.jpg
雨に煙る羽山。しかし壁は垂れや染み出し結露も無く快適に近かった。

P1010057m.jpg
この日の羽山は大盛況だった。

P1010055m.jpg
この方クライマーだったの!?思わせるほど久し振りに登る姿を見た。

P1010069m.jpg
そういやこの方もクライマーだった。

P1010064m_20080924214544.jpg
「はつじょうき」のヤナ兄さん。

P1010071m.jpg
「半日仕事」のM岩さん。

P1010074m.jpg
遅れてやってきて「はつじょうき」をサクッと1便目でR.Pしたtomokici君(2~3年前2ピン目で指が攣って敗退して以来)。彼は翌日の川エリアで「燃えない岡山県民」もR.Pした。

私は「半日仕事」に2便。「はつじょうき」は下部だけ登ってこの日を終えた。

小屋は我々以外に2パーティーだけで静かだった。
P1010077m_20080924214642.jpg
今夜の夕食は
P1010075m_20080924214624.jpg
キャベツと豚肉を酒で蒸しただけだが美味かった。

先週3日登って一週間立ち詰めの仕事、そして今日のクライミングで右膝は腫れあがっいていた。
P1010076m.jpg
冷蔵庫が壊れてアイシングも出来なかったが、残り2日膝の腫れもものともせず必死のパッチで登ってしまった。

風呂もお湯が出ないのでこの日は9時過ぎに寝た。
明日は権現岩の巻
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
予定では19日夜から23日まで、小川山に行くのだったが、迷走台風13号の影響を考え中止した。それで21日朝から備中・下帝釈方面に行く事にした。なぜ21日朝からにしたのかというと、21日の天気が良くない予報だったし、女房を買い物ツアーに連れて行ってご機嫌を取るためでもあった。
P1010054m.jpg
この写真は14時過ぎに我家の2階から撮ったのだが、台風一過?の綺麗な青空が広がっている。
これなら小川山も行けたのではと思い、小川山の天気を見たら今日明日と悪かったので判断は正しかったと納得。
今回のツアーには、いつものあらみちゃんそして久し振りに満太郎さんとY子さんが参加する。
エリアは、権現、岩谷、羽山、2ルンゼ、長屋坂のどれかを考えている。

ただ右膝の具合があまり良くない、これは先週一週間本来の仕事ではない一日中立ちっ放しの仕事をしたからだったと思う。
少し腫れて痛みもあるが無理をしないで楽しんで来ようと思っている。
しかし無理をしないのは難しいやろなぁ…すぐ必死のパッチになるからなぁ…。

なのでブログは暫らくお休みします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今月の初め頃に、27日に神戸登山研修所で兵庫県勤労者山岳連盟主催で行なわれるビレイ講習会の参加者を兵庫県勤労者山岳連盟の機関紙『兵庫労山』等で募集した。申し込み先は私になっていて直ぐに多くの方から参加希望が舞い込んだ。その中で15日の22時17分にいただいたM.Sさんからの参加希望メールに、受け付けましたと直ぐに返信したのだが、何故かエラーで返信出来なかった。

Eメールアドレスしか相手への連絡方法が無かったので、仕方なくそのままにしていたら、昨日の21時11分に「Subject: Re: 9/27ビレイ講習会、参加希望 」のメールが届いた。
即OK!ですよと返信したが又エラーで返信出来なかった。

この方は女性で最初にいただいたメールの内容は
「こんばんは、はじめまして。
9/27のビレイ講習会の参加を希望します。まだクライミングを始めて間もないのですが、まずは登ることよりもビレイをしっかりと練習したいと思っております。
まだ参加枠に余裕がありましたら、是非ともよろしくお願い致します。」
と登ることよりもビレイをしっかり練習したいとの事だったので是非とも参加していただきたいと思っているのに残念でならない。

もしこのブログを読まれた方でM.Sさんにお心当たりのある方は連絡いただけましらた幸いです。
宜しくお願いします。m(_ _)m
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
14日の夜、用瀬小屋でMっちご夫妻から羽山の状態を聞いたら「いい!」
とのことだったので15日は予定通り羽山に行った。
ただ空模様が心配。

羽山の駐車スペースに着いたらMORI様とお兄ちゃんがいた。
久し振りなので少し話をした、その中で生岩コンペに出るようにとMORI様から言われ「ハイッ!」と返事して出ることにした。
そうこうしていると名和軍団3名が来られた。
天龍の整備に行くMORI様とお兄ちゃんと分かれて我々羽山に向かった。
しかしMORI様の備中の岩場の開拓や整備への情熱には本当に頭が下がります。

取り付きで準備運動をしていたらMっちご夫妻が来た。
アップとあわよくばR.Pを兼ねて「半日仕事」に取り付いたが上部でテンションしてしまった。
P1010041m.jpg
名和のmoriさんは「半日仕事」を2撃でR.P。私は2便目にR.P、とはいっても3年越し2日と半日かかってしまった。通算で5便や情けな。

その後、名和の局長が「スイーパー」をマスターO.Sされたというので、私もマスターで取り付き何とかO.Sすることが出来た。久々のマスターO.Sはやはり嬉しい。

P1010045m.jpg
右は「お百度参り5.13a」を登るMっち。左は「はつじょうき5.12a」の局長。

私もROCKWAVEさんのヌンチャクをお借りして「はつじょうき5.12a」に取り付いた。
F1000322m.jpg
えっ!?「はげじょうき」ではありません!「はつじょうき」です!!!しっかしハゲとんなぁ…
ヤナ兄さんに写真を撮っていただきました。
右膝の状態を考えて右手が取れたとこで無理せずに降りた。

この日は、あとF君が抜けそうになっているボルト1本のリボルトに来ていた。
P1010043m.jpg
作業をじっくり見せてもらったがええ仕事してました。お疲れ様。

15時過ぎに少し早いが天龍に寄って帰ることにした。
P1010047m.jpg
MORI様、お兄ちゃん、F君、ふ~さん、イケチャン、とあと名前を知らない方が三人ほどいて生岩コンペの準備をされていた。本当にお疲れ様でした。

少し前のブログに膝の具合も悪いのでコンペに出ないで他のエリアで登ろうかなぁ~と書いたが、ある方から出ないと一生後悔しますよとありがたい忠告をいただいた。
確かに仰る通りです。
当日は気楽に楽しもうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
前日、権現に行こうか岩谷に行こうか迷いに迷った挙句、岩谷に行った。
8時過ぎにリード君、あらみちゃんを乗せて一路岩谷に向け愛車のワゴンRを走らせたはずだった。

ん…!?何を血迷ったか気が付けば羽山に向かっていた。
急いでUターンし岩谷へ進路を変えた。約15分のロス。

9時の予定が早く着いたので、下帝釈が初めてのリード君を花面公園に案内し第一第二道場を見せる。
P1010025m.jpg
ついでに霧降山荘に行ったら、ふれあいセンター前に多くの親子連れがいた。
なんでも福山の子ども会のイベントが昨日からあったらしい。

山荘前で顔馴染の方達と挨拶をして岩谷へ向かう。
リード君、あらみちゃん、私で「おせち」をアップで登り、リード君、私は「バージンロード」を登る。
その後yukio君のミジカシイですよ~との忠告を聞く振りをして「365歩のマーチ」に取り付くが散々にいわされてしまった。

P1010030m_20080917201920.jpg
「初夜の床上手5.11c」をリードするTO隊長。この後私はTO隊長とメグさんの面白いですよ~とのお言葉をマジ受けし取り付いたが、「なんじゃこれー!」を三十数回叫ぶ羽目になりお二人を大喜びさせてしまった。私の登りを見ていた、ゲンさんってお方が「誰ですか…」とyukio君に聞いたらしい。

P1010029m.jpg
「Death Penalty5.11d」をリードするメグさん。

P1010033m_20080917201932.jpg
「北斗5.12a」をリードする、ひがぴょんさん。1便目上部で足を滑らせ痛恨のフォールをした時は、牛蛙も真っ青になる叫び声を岩場に轟かせていました。しかし満を持して取り付いた2便目に見事R.Pした時は以外に静かだったので、どんな雄叫びを上げるのかと期待した私は少しガッカリした。
ひがぴょんさん、おめでとうございました。

P1010034m.jpg
ひがぴょんさんのR.Pのあと、僕も何か登ろうっといって「365歩のマーチ」に取り付いたyukio君

その他、ゲンさんが「健KOカンテ5.12d」を奥様が「北斗5.12a」をR.Pしたりと大賑わいの岩谷だった。又○防さんがリボルトの手直しをされていた、感謝である。

初めての岩谷の印象はこじんまりした壁に内容の濃いルートが揃っていると感じた、これからも通いたい岩場になった。アプローチも楽だし

明日は、羽山
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
13日雨の音で眼が覚め時計を見たら、まだ3時半だった。
4時に床から起きて用意をするが一向に雨の止む気配が無い。

6時にあらみちゃんと神戸を出発。岡山に入っても雨は止むどころか強くなるではないか…
出来れば権現に行きたいがこの雨では長屋坂か…
成羽町に入って車のメーターを見たら、おっ!もうちょっとで10万キロではないか。
P1010021m.jpg
愛車のスズキワゴンRは9年7ヵ月で10万キロを走った。お疲れさん。
もうちょっと付き合おうな~。

用瀬小屋に着いたら雨は止んでいた。
テントを張ってとりあえず権現に向かう。
P1010022m.jpg
10時過ぎに着いたら既に3パーティーが登っていた。
毎度御馴染み、TO隊長とメグさんそして名和のROCKWAVEさん、凸凹コンビ、ローカルのお二人、その後も続々とやってくる。
壁は少し湿っぽいが問題無く登れそう。

私は「トメ吉」でアップし「河原ベイト」「逆さでシェイク」最後に「下下」を登ったが2年振りの権現は手強かった。ただ「下下」を終了点近くまで思った以上の登りが出来たので終了点まで抜けようと思ったがロングフォールして右膝に衝撃を加えたくなかったので降りた。

夕方から大雨が降ったので小屋に避難しTO隊長とメグさん達と一緒に食事をした。
P1010023m.jpg
その後、リード君が来たり、久し振りのNさんFさんペアーが来られ楽しい時間を過ごした。
特に小川山の話が出たときに、Nさんがクジラ岩の「エイハブ船長1級」とビクターの「三日月ハング1級」を若者に混じって登ったと嬉しそうに話されていたのが印象的だった。
Nさんは私より1歳若い(この事実を知った時はショックだった)大したものである。お互いこれからも切磋琢磨して良い競い合いをしたいと思う。
そうそうFさんいわく「Nさんが三日月ハングを落とした喜びで手を口にしてしゃがみ込みこんだので頭の天辺が見え三日月ハングが満月ハングになった。」との話に大爆笑した。

話題は全く変わりますが、ビレイ講習会は定員に達しましたので締め切らせていただきます。
多くの方の参加有難う御座いました。
尚、当日雨の場合は中止とさせていただきますが、その判断は前日26日午後5時の天気予報で27日の兵庫県南部の降水確率が50%を超していれば中止とします。
宜しくお願いします。

明日は、岩谷編です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
権現、岩谷、羽山で予定通りのクライミング行なってきた。
各エリアや用瀬小屋で顔なじみの方とお会いし楽しい話が出来たし、ちょっとしたお土産も持って帰る事が出来て良いツアーだった。
詳細は明日以降。

それから今日は孫のセナの3歳の誕生日だった。
IMG_0692m.jpg
ばあさんや姉の華から、いい様にされている元気一杯の腕白坊主だ。
IMG_0685m.jpg
ケーキ屋さん「グリンデル」で特注したポニョのケーキ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
明日の早朝から15日まで備中方面に行く。
予定エリアは長屋坂、権現、岩谷(リボルト後の点検次第)、羽山のどこかである。
どこもアプローチが無いところや。
膝と相談しながら無理をしないで登ろうと思うが、果して…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ROCK&SNOW-041のトラッド王国イギリスを大変興味深く読んだ。
906204[1]
親しいクライマーからイギリスの岩場のことは何度か聞いていたが、これ程とは考えも付かなかった。

私が特に印象に残った箇所を取り上げて見ます。
前哨戦
ピーク・ディストリクト/スタニッジエッジから
土曜日ということもあったが、車道から岩場を見上げてびっくり。
いるわいるわ、クライマーが。アリみたいにびっしり張り付いている。
…略…
聞いたところによると、このエリアだけで200人、スタニッジエッジ全体では1000人はいるだろうとのこと。そして驚くべきことに、この広大なエリアには人工的な支点が一本もない。つまり、すべてのルートがナチュプロで、クラックが途切れればランナウトで、フェイスやカンテならほとんどフリーソロで、登られているルートばかりなのだ。


4日目 とんでもない岩場
リーン半島/クレイグドリス
「ガッシャン」という派手な音が。「グラウンドした!」と飯山の声。
いま写真を撮ったばかりの彼女だ。
…略…
スタッフが即、救助要請。数人が見守るなか、十数分でヘリが到着、ローターが巻き起こす波しぶきが当らぬように彼女の周りを取り囲む。…略…
救助は迅速で手馴れている。
警察も到着し、ゲストのポルトガル人に事情聴取していたが、特におとがめ的なことはなく、友好的な態度さえ感じられた。
ここでのクライミングは無謀でも危険でもない。「冒険的」なのだ。自分の負うべきリスクと対峙し、できうる限り軽減しつつ、なおかつそれに立ち向かっていく。結果がどうあろうと責任は自分にある。地主も警察も防災も、それを知っている。>「クライミングを楽しんで。その代わりくれぐれも慎重に。なにかあったらいつでも助けに来てやる」彼女とともに吊り下げられた隊員が大きく手を振りながら去っていくのが印象的だった。
この国では「冒険」が認められている。


最後に
ミーティングの意味するもの
イギリスがトラッドクライミングの本場であることは十分に承知していたし、自分らもその手のクライミングには精通していたつもりだった。しかし、ウェールズで行なわれているトラッドは想像をはるかにしのぐものであった。
とにかく残置支点を排除しようとするその姿勢は徹底している。大きくいえることは、イギリスのクライマーたちはどんなに短いルートであれ、それをひとつの冒険としてとらえ、徹底的にスタイルにこだわってきたということである。プロテクションに乏しいこれらのルートで落ちることは許されない。かといって、安易なエイドの使用や、ボルトプロテクションに逃げることなく、クライミングが本来もつ原始的な登り方、つまり、岩を傷つけることなく、しかもグランドアップで登ろうとした。…以下続く…



私はこの記事を読んでイギリスは大人の国であり、わが日本は大人になれない国なんだと強く感じた。やはり大航海時代を経て産業革命を成し遂げた国は凄い!
この記事を読むだけでもROCK&SNOW-041を買う値打ちはあると思う。

話は変わるが、今の日本はどないなってんのや!←これは又いずれ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
既に多くのHPやブログで紹介されいるが、10月12日13日の両日で
備中羽山渓谷の新エリア「天龍の岩場」で、エリア開放に合わせてお披露目生岩コンペが開催される。
おめでとうございます。
middle_1220882903[1]

私は羽山には開拓のお手伝いとリボルトに2度行ったが、一度目は壁の基部に県道が通っていて凄いところやなぁ…感心し、二度目にMORISAMAの案内で「天龍の岩場」を見た(その時はエリアの名前は無かった)そのときの感想は凄い!の一言だった。

今回エリア開放に合わせてのコンペだそうだが、主催、後援、協賛の名前を見て驚いた。
主催がTCNetではなく高梁市体育協会フリークライミング部になっていることだ。
兵庫県では考えられない事だ。
それからもっと驚いたのは協賛に地元のしかもクライミングとは全く縁の無い団体が名を連ねていることだ。これはTCNetを中心に中国各県のクライマーの地道な活動の成果だと思う。

ところで私は今までコンペと名の付くものには一度だけオウジーズ主催のボルダーコンペに出たことがあるが、リードでは無かったので、この催しの連絡を受けたとき出てみようと思い、パートナーにも一応了解を取ったが迷っている。膝も完全ではないし私のようなヘタッピが出ても恥を掻くだけだと思うようになってきたし、この両日に他のエリアは空いているやろうなぁ…とスケベ心も出てきた。
まぁ~未だ日にちがあるのでよ~く考えよう。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今回はかなりバージョンアップした5種類を紹介します。
まず始める前にアイシングをお忘れなく。
P1010002m
①-1椅子などを用意します。両足を前後に開きます、このとき膝と足は真っ直ぐになるようにします(がに股や内股にならないように)。
P1010001m
①-2背筋を伸ばして腰を真下に下げます。手を椅子の背もたれに置きバランスを取りながら行ないます。右足を前にして20回、次に左足を前にして20回を2セット。
P1010005m
②-1足を揃えて立ちます。
P1010004m
②-2右足を前に勢いを付けて出しながら腰を落として静止します。そして蹴るようにして元の位置に戻ります。このとき上体を左右に揺らさないよういにします。右足左足を交互に1回とし20回行ないます。足の前後の幅は蹴って戻れる程度にしますが狭ければ効果はあまり望めません。
P1010007m
③-1次はスクワットです。足を開いて立ちます。
P1010006m
③-2そのままの姿勢から腰を落として行きます。上体が前かがみにならないようにします。
そして膝が内に入らないように注意します。腰を落す位置は膝が90度に曲がるくらいです。
20回を2セット行ないます。
P1010008m
④-1適当な高さのテーブルなどに両手を置き足を広げて立ちます。少し前かがみになってもいいです。
P1010009m
④-2上体を前に向けたまま両足の裏を滑らせて横に向けながら腰を落します(キョンの姿勢です)。このとき足と膝が真っ直ぐになるように注意して下さい。
P1010010m
これを左右で1回を20回行ないます。
P1010012m
⑤-1両手両膝を付いて、四つんばいになります。
P1010015m
⑤-2左右どちらの足からでもいいですので、膝から真横に上げます。
P1010017m
⑤-3次に爪先で円を描くようにして後へ真っ直ぐ伸ばします。
P1010018m
P1010012m
⑤-4そして元の位置に戻します。これを左右10回づつ行い、最後にこの逆、四つんばいから足を後に真っ直ぐ伸ばして爪先で円を描くようにして⑤-2の状態にし、元の四つんばいになります。同じく左右に10づつ行ないます。
以上で膝筋トレその②ですが各パートごとのレストは1分です。
今回のメニューは股関節の柔軟性を高めるのが目的だそうです、どんなスポーツでも股関節の柔らかい方は怪我をしにくいそうです。

この5種類の筋トレとボール使った3種類の筋トレで計8種類の筋トレを行ないます。
週に最低3回出来れば毎日行なって下さい。
そしてこの筋トレには生涯終わりはありません、と安藤美姫似の理学療法士は言ってました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今朝起きたら、尻と太ももの裏側に痛みがあった。
なんでやろ…昨日久し振りに外岩で登ったからやろか…
いや違う、理学療法士から教わった新しいメニューのためだと直ぐに納得。
しかし尻と太ももがこんなに痛くなるのは初めてだ。

私はトレーニング好きで何かと目新しい方法があれば取り入れて実行するが
昨日教わった5種類の方法は見たことはあるが今まで試したことがなかった。
今までのボールを使った筋トレとは違い、かなり動くし捻りもある。
ボールトレと併せて8種類の筋トレメニューになった。
それから昨日理学療法士が最後に言った、「これは終わりはありませんから続けて下さい」
との言葉は考えるとしんどくなる。

筋力を付けるのは最低でも3ヶ月はかかるが失くすのは早い、一週間程何もしないと確実に
落ちていく。
まあ~気をわずにボチボチ続けて行こうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は、約一ヶ月振りに、こうもり谷で登って来た。
7日から外でのクライミングを再開しようと前々から考えていたし
膝もトレーニングの成果か痛みも和らいできたからだ。
しかし今日の、こうもり谷は暑かった。
P1000890m_20080907212959.jpg
朝から天気が良く暑かった、が…
P1000891m.jpg
衝原湖も渇水状態。

今日の、こうもり谷は我々6名と他に3人だけだったが、14時過ぎごろから雷が鳴り出し、40分頃から大雨になったが一人として帰ろうとする者はいなかった。一時間ほどして止んだので再開した。
P1000893m.jpg
「カンテ」のmuraさん。最近は、われめにはまっているそうだ。
P1000896m.jpg
「エネマ」の、みなとさん。久し振りでした。
P1000898m_20080907213551.jpg
「アパガード」の、あらみちゃん。も久し振りの、こうもりだった。
P1000899m.jpg
「復活」の、ともちゃん。「カンテ」を落としたあとの目標が…。
P1000902m.jpg
「カンテ」の、sunnyKさん。ここでレストできるとは…。

私は4本登ったがイマイチモチが上がらなかった。
のでこんなのを撮ってみました。
P1000894m.jpg
何蜘蛛の巣か知りませんが綺麗だった。

雨で一時中断したため帰りのアプローチは暗かった。
P1000906m.jpg
しかし皆クライミングが本当に好きなんだなぁ~と感じた今日一日だった。


昨日膝を診てもらっている医院の理学療法士(フィギュアースケートの安藤美姫似)から新しい
メニューを5種類教えてもらった。キョンもあった。
理学療法士のおねぇちゃんから「もう来なくていい」と言われた、けどなんか物足りん…。
5種類のメニューは追々紹介します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日恒例の買い物ツアーで久し振りにダイエーに行った。
広場に消防車と救急車が停まっていて多くの親子連れが群がっていた。
9月9日は「救急の日」だそうで、それにちなんで写真撮影などのイベントをしていた。
その一環で「神戸市消防音楽隊」の生演奏があった。
P1000008_20080906133820.jpg
やはり生に限る!
その昔、私もブラスバンド部でクラリネットを吹いていた。
今はホラを吹いている。

昼から膝の具合を診てもらいその足で会の集会に行く。
明日は久し振りに、こうもり谷へ行って登ろうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
吹雪いた札幌の夜のことだ。
力のある眼のヒトだな、と思った。
それが五年前の第一印象だった。
北京五輪を取材した。
二十五年もスポーツライターをやっていると、いろんな出会いを重ねる。
記憶の片隅に残っていた選手が大舞台で活躍するようなことがある。
ソフトボールの金メダリスト、上野由岐子さんもそのひとりだった。
北京の決勝戦をバックネット裏でみながら、五年前のことを思い出した。
和食屋で、彼女はルネサス高崎の監督(当時)の宇津木妙子さんに連れられてやってきた。
左手ではしを使っていたので、「あれっ。左利きだったの」と聞けば、左右のバランスを保つためです、と右腕の投手ははにかんだ。
その後、彼女はテレビのバラエティー番組にも出るようになった。
ある番組でボウリングをさせられ、ガーターを投げた。
よくみると、左手で投げていた。
後日、「なぜ」と聞けば、「右手が宝物だから」と笑った。
ソフトボール以外に使わないのです、と。
一途なヒトである。
ちゃらちゃらした青春生活とは決別し、すべてをソフトに捧げてきた。
四年前との違いは、実はコンディションである。
栄養のバランスを自分で考え、苦手な野菜をたくさん食べるようにもなっていたのだった。
決勝戦の直前、「心境は?」と聞けば、「今を生きる、って感じですか」と漏らした。
優勝の翌日、「次の目標は」とぶつけた。
「今まで五輪のため、いろんなことを我慢してきた。これからは、違う形でソフトを楽しみたいな」。
二十六歳は日に焼けた少年のような顔をほころばすのだ。
願えばかなう。
上野さんもだが、これがスポーツ選手から一番よく聞く、モットーである。


松瀬  学(まつせ・まなぶ)
ノンフィクション作家。
1960年長崎県生まれ。
早稲田大学卒業。
共同通信を経てフリーに。
高校、大学でラクビーに打ち込み、スポーツ報道の道に。
著書に「汚れた金メダル」「五輪ボイコット」「こわ~い中国スポーツ」など。
千葉県在住。

5日神戸新聞夕刊の『随想』から



一途に打ち込めば必ず報われるとは限らない。
近代オリンピックの生みの親クーベルタン男爵の「オリンピックは参加することに意義がある」との名言はもはや死語になった。
各国がメダル獲得に国力を挙げて選手を養成している。
また選手の中には金メダル以外は価値が無いととれる言葉を平然と口にするものもいる。
国民なかにもメダル取れないようなら派遣は無駄、いう人たちもいる。
いつごろからこのようになったのだろうか。

その結果ドーピングが絶えない、特に旧東欧諸国の選手に多い。
ハンマー投げの室伏 広治選手が銅メダルに繰り上がりそうだ。
アテネに続いて北京でも繰り上げによるメダル獲得となるが、当人はたぶん複雑な思いでいるだろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は華の7歳の誕生日だった。
IMG_0633m.jpg
非常に甘えたで我ままそして大泣き虫。
最近生意気にもなってきて「おじぃちゃん!そんな事したら駄目でしょ!」と意見される事がある。
真っ直ぐに育ってくれな。


KINetの掲示板にガイドの三浦さんから御在所の岩場の情報があったので紹介します。

こんにちは、ガイドの三浦です。
名古屋の中村さんより次のメールが入りましたので、多くの仲間に伝えてください。
先日の三重県菰野町の集中豪雨により、御在所の岩場に行く裏道が被害に遭いました。
御在所は関西圏のクライマーもよく利用する岩場です。
今回の災害被害も頭に入れておいてください。


愛知県山岳連盟各位
日本プロガイド協会各位

 いつもお世話になります.名古屋愛山会の中村です.

 藤内小屋のお母さんから電話がありました.昨日からの豪雨で御在所の藤内小屋と日向小屋は壊滅的な被害を受けて営業ができないそうです.もう廃業とのオーナーからの声もございます.裏道も崩壊して通れないそうです.

 とり急ぎ御連絡申し上げます.



と言うことです。
8月後半から局地的な豪雨に日本各地が見舞われています。
先日も鳳来の隣の岡崎市に於いて豪雨の為全市に一時避難勧告出された。
鳳来の岩場は大丈夫なのだろうか…
鳳来だけでなく雨後の岩場は落石の危険が増大します、くれぐれも注意しましょう。
自己防衛のためヘルメットを被りましょう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は昨夜から午前中にかけ雨だったのでPUMPに行った。
P1000889m.jpg
平日だけあってガラガラだった。リードエリアには須磨のメンバー4人とK村さん達ご一行4人の8人だけだった。
今日は丁度一ヶ月振りのクライミングだったので5.8から登り5.9、5.10c、5.10dとグレイドを上げて行き5.11aまで登った。オールオンサイトだった。←人工壁で私はオンサイトと言うのに疑問を感じている。

中ほどと最後に氷でアイシングをしたので痛みは無かったが果たしてアイシングの御蔭やろか…?

K村さんは両膝の半月板が無いがクライミングには支障が無いと言われていた。
色々とアドバイスをいただいた。


それから梅雨前に神戸登山研修所でビレイ講習会を行なう予定だったが諸事情で延期になっていたがこのほど関係各機関との話し合いがすみ、9月27日(土)の10時から15時まで神戸登山研修所でビレイ講習会を行なう事になった。
P1000885m.jpg
参加資格はありませんので何方でも参加出来ますが人数に制限がありますのでお断りする場合があること了承願います。
費用は施設使用料として500円を徴収します。
神戸登山研修所には駐車場がありませんので公共交通機関でお越し下さい。
阪急電鉄王子公園駅から北へ徒歩5分。JR灘駅から北東へ徒歩10分。阪神電鉄西灘駅から北へ徒歩15分のところにあります。

尚、雨天の場合ですが屋外で行なう為実施出来ません。
雨天中止の判断は前日の17時の天気予報で兵庫県南部の降水確率が50%を越えていれば
中止します。

お問い合わせは私まで


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
8月30日31日の両日に備中・じゃろう岩でリボルトが行なわれた。
私は今までに備中で4ヶ所のエリアのリボルトに参加してきたが
今回は会の合宿の日と重なった為参加出来なかった。
まぁ~合宿が無くても今の膝の状態では無理だ。

リボルトに参加された方がブログで様子を紹介している。
イケダエンジニアリング。
整体登攀
MORISAMA通信
一様に重労働だと書かれている。そう本当にしんどいです。
リボルトを2日続けて行なうと当分の間腰は痛いは太ももは痺れるはで大変なんです。
備中に於いては後ボルト数にして1500本のリボルトが必要だとか。
一人で1日にリボルト出来る数は相当頑張って8~10本が限度です。
寒い季節は溶剤の固まる時間が長くかかるので出来ません、クソ暑い夏が適していますが
体力の消耗は半端ではありません。
備中では若くて元気な方達がリボルトを経験して育っている事は喜ばしいことだと思います。
MORISAMAも言われている様に私もそろそろリボルトから引退しようと考えています。
それから色んな都合でリボルト作業に参加出来ない方はカンパでの参加がありますので
少しでもカンパして下さい。何よりの手助けになります。

TCNet 高梁川流域クライミング交流会のホームページにリボルトの詳細が
紹介されています。⇒こちら

それからあるお方が『クライミングには、クライミング用のボルトを使わんといけん!クライミング界の常識にしましょう(^o^)』と仰っています。まさにその通りなんですがもう一点岩質に合ったクライミング用のボルトを使わんといけん!を付け加えさせていただきます。

来週6日7日には帝釈の「岩谷」でリボルトが行なわれる。
私は6日に膝の医者に行くので参加出来ない。
参加される皆様お疲れ様です、お気をつけて。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ