一昨日、山本惣一氏の「にぎやかな大地」を読み終えたので新たに借りようと図書館に行ったら氏の本が一冊も並んでなかった。「にぎやかな大地」を借りた時には数冊なんで居たはず…人気がある作家なんやと思いつつうろうろしていたら、やなぎみさと(柳美里)という名に惹かれ一冊の本を手にして後のページの作者の紹介文を読んだ。やなぎみさととちゃうんや~ユウミリって読むんか…と知った。
手にした本は「家族シネマ」という題で他に「真夏」「潮合い」が収められている短編集だった。
「家族シネマ」は平成8年に第116回芥川賞を受賞している。
51XE4BTBHDL._SL500_AA240_[1]
あらすじは離散した家族が映画に出演したらどうなるか、という内容だが、これが芥川賞を受賞した作品なんか…?よく分からん。

私は全く読んだことのない作家の作品には中々手が出せない。何でかは分からないが躊躇する。
図書館でウロウロしながらどうしても好きな作家の小説を手にとってしまう。そしてこれ読んだかなぁ~と過去の記憶を搾り出して未だ読んで無いと思い借りて帰って数ページ読んだところで、あっ!読んだ奴やってなことが度々ある。
これからは色々な作家の本にチャレンジしていこうと考えている。
山下惣一氏は当たりやった。
この二三日は暖かい日が続いているが、寒さの本番はこれからだろう。
寒い日のクライミングでは岩が冷たく指の感覚が無くなりテンションやフォールをよくする。
寒い日の指先を温める方法としては焼石が一番効果がある、だがコウモリ谷など一切の火気が厳禁されている岩場では使い捨てカイロを使っているが焼石に比べれば効果はイマイチだ。
指先が冷たさのため感覚が無くなるようなときには足先の感覚も無くなる場合が多い。
足先の感覚が無くなればスタンスに立っているかどうか分からなくなりやはりテンションやフォールをする。

そこで私はシューズを温める為に使い捨てカイロを二つとフリース地の帽子やネックウォーマー用意する。
P1010781m.jpg

使い捨てカイロをシューズの先に入れる。
P1010782m.jpg

そして保温用にフリース地の帽子やネックウォーマーに入れる。
P1010783m.jpg
これで1本のルートを登る間温かい。ただし汗かきの方にはお勧めできないかも…
登っている間に使い捨てカイロはチョークバックに入れる。

一度試してみては…
お気に入りの作家の本を殆ど?読みつくしたので最近手当たり次第に借りて読んでいる。
そんな中で自身を農民作家と呼んでいるのに目が止まり読んでみる事にした。
P1010789m.jpg
バブル崩壊直後の九州の玄界灘を望む農村を舞台にゴルフ場を核とするリゾート開発推進派と自然を残そうとする反対派の対立を一家族の長を主人公に描いている。

本の中に『昭和の農聖 松田喜一』の言葉に強く惹かれた。

…この松田氏の教えに「抜苦与楽の道」というのがある。「人間はみんな苦と楽の中間に生まれる」と農聖は説いた。しかし、人々は楽が好きで苦が嫌いだから楽な方へ向かっていく。ところが皮肉なことに楽を求めるほど楽が減って苦がふえる。反対に自ら苦を求めてその苦をひとつずつ克服していけば苦が減って楽がふえていく。世の中は楽を求めて生きる者ほど苦しく、苦を求めて生きる者ほど楽なのだ…
とのくだりがある。まさに現在社会の病巣と治療法を言い表していると思った。

この「抜苦与楽の道」の「抜苦与楽」とは元々仏法から来ている言葉で竜樹という南インドの大乗論師で「抜苦与楽」は竜樹の著した大智度論の中に出てくる、「大慈は一切衆生に楽を与え、大悲は一切衆生の苦を抜く」とあり苦を除き楽を与えること。らしい。

暫らくは山下惣一氏の本を読み漁ろうと思う。
アンパンマンさんとコウモリ谷へ行ってきた。
P1010784m.jpg
真っ青な空が衝原湖の湖面に映って綺麗だった。

予報で最高気温が11℃となっていたが、コウモリ谷は午前中しか壁に日が当らないので防寒対策を万全にして行った。しかし岩場に着いた時には薄っすらと汗を掻いていた。
早速パッチを脱いだ。
P1010785m.jpg
雲一つ無いコウモリ谷。風も無く太陽が一杯のコウモリ谷は最高のコンディションだった。

大好きな「マーメイド」でアップするが左腕に疲れを感じる。未だ備中での疲れが取れていないよう。
少し休憩して「マーメイド」から「鷲鼻ハング」に取り付く、ハングの乗っ越しで左腕がパンパンになりテンションする、そのワンテンだけで登れたので少し満足。
続いて「復活」を登るがやはり左腕の張りが気になる。中間部上辺りでヌンチャクをかけクリップしようとして突然フォールした。いつもなら左手でガバを掴んで右手でクリップするのだが今日は右手で違うホールドを掴んで左手でクリップしようとした、足の置く位置も変えた、その変えた足が滑ったのがフォールした原因だ。

昼飯を日の当たっている大テラスで食べたが暑かった。
P1010787m.jpg
震災エリアの取り付きで昼寝するアンパンマンさん。
ここは夏でも風が通り涼しいところなのだが今日は全く風が無かったので寒くなかった。
私も少し上で昼寝をした。

昼寝から覚めて「活断層」を登ったが集中出来ずハングしたから降りた。
最後に「復活」をキッチリR.Pしてコウモリ谷をあとにした。

今日我会の別のパーティーが不動岩に行っていたが無茶苦茶暑かったと思う。
ホンマに今日は冬には珍しく早春を思わせる気候だった。
春が待ち遠しい…
昨夜は久し振りに黒鳥商店街にある地酒屋さんの日本酒を呑ませてもらった。
非常にあっさりして円やかで旨かった。yukioやまうち軍団様ごちになりました。

前夜呑み過ぎたかなぁ~と思ったがキィーンと冷えた朝の空気が気持ち良かった。
前夜の残り物で朝食を済ませ長屋坂へ
yukio君ピョンキチさんに続いて2番乗りかと思いきや京都軍団と兵庫軍団そして名和CC三人衆とTO隊長おめぐペアーが既に来られていた。

今日の長屋坂も燦々と太陽が降り注ぎ暖かそう。しかし目指す「カウントダウン」に日が当るのはあと1時間ほど先だ。「ミセスリエコ」「スプリング」でアップし入念にスチレッチし「カウントダウン」のトライに備えるが両腕が異常に張っている、特に右肩甲骨付近にシコリがある。原因は昨日思いがけず取れた右カチに力が入り過ぎた所為だ。

そうこうするうち続々とクライマーが来た。
お兄ちゃんが来たので、アップしに?と聞いたら、いえ!今日はここで登りますとの事だった。
それからお兄ちゃんが来るときに見た成羽地域局前にある温度計は-5℃だったらしい。
(昨日は-1℃だったそうだ)
暫らくしてMORISAMAが来られお兄ちゃんと登っていた。
P1010780m.jpg
「流血戦」をリードするMORISAMA

満を持して12時頃「カウントダウン」に1便目をだす。しかし両腕の疲れを感じる。
核心下でゆっくり150を数え突っ込む、なんと気負い過ぎたのか右手の甲を庇状に出っ張った岩にぶっけ目指すカチと全然違う所を取ってしまいあえなくフォール。
もっとキョンをしっかり決めて右手をスタッティクに出せばいいのだが、手術した右膝を深く曲げるのに躊躇いが正直ある。全く違和感が無いわけではないので無理をしてはいけないとの思いでキョンをしている。

16時頃にヌンチャク回収を兼ねトライする。今度はカチを睨み付けて右手を出したら行き過ぎてしまいフォールしてしまった。
両腕も限界に近いのでチョンボして終了点へ行き回収した。
もっとキョンを決めれば余裕でカチが取れるだろう。
次回は2月1日日曜日に日帰りで行く。

おまけ
P1010778m.jpg
「スプリング」のあらみちゃん
今回の備中は一泊二日で長屋坂へ行ってきた。
週初めの予報で週末は今年一番の寒波が来襲するとのこと。そして備中の天気は晴れだが最高気温5℃最低気温-2~-5℃となっていた。冷蔵庫より冷たいではないか…
しかしこっちには強~い味方お天気ネーサンと自称晴れ女のあらみちゃんが付いているので心強い。
その強烈な晴れ女二人にコサック部隊を引き連れた今年最強のシベリア寒気団も恐れをなして猛威を振るえなかったようだ。おかげで2日間とも陽射しに恵まれ暖かで絶好のコンディションでクライミングを楽しむことが出来た。
P1010757m.jpg
寒さ対策に万全の用意をしたがここまでする必要はなかった。

P1010756m.jpg
備中へ来れば直売所で野菜や卵を購入。
ここの品物は新鮮で安くて美味い!

10時過ぎに長屋坂に着き夫々アップをし夫々の課題にトライを開始する。
この日のトピックスはお天気ネーサンが2便目に長年の宿題だった「黒鳥の交差点」をしなやかな登りで見事R.P
P1010760m.jpg

P1010764m.jpg
黒鳥の交差点と言えば力強くグイグイ登るイメージがあったがお天気ネーサンの登りはしなやかで力みの無い綺麗な登りだった。

あらみちゃんの女王様はイマイチ調子が出ず前回より後退。
私のカウントダウンは3便目に取れるとは思わなかったカチが取れた。
思わずに取れてしまったカチに驚き思考が一時停止し左手を出すのが遅れフォール。しかし最初に取り付いてから3年、トライ日数13日と22便目にして初めて核心のカチを取ることが出来た。
しかしこのルートはここからが本番なのでマダマダ先は長そう…
p1250101[1]
カウントダウンの私(yukio君のブログから拝借)

今夜の宿の用瀬小屋(別名酔うぜ小屋)でyukioやまうち軍団と我ら晴れ女とおっさん軍団とが入り乱れての親睦会が行なわれた。
P1010768m_20090126203614.jpg
まずは百均アミでシシャモを焼いて酒のあてに。

その横でyukioやまうち軍団が
P1010770m_20090126203630.jpg
焼肉を始めた。
P1010769m_20090126203622.jpg
食材はタップリある、そのうち声がかかるだろうと期待をしながら我晴れ女とおっさん軍団は
P1010772m.jpg
鍋を慎ましく囲む

P1010771m.jpg
隣は大いに盛り上がっている。
P1010773m.jpg
そしてとうとうコタツを寄せて親睦会の始り。
我晴れ女とおっさん軍団はyukio君が黙々と焼いてくれる肉を黙って口に運び続けた。
P1010775m.jpg
誰が言い出したのかうどん焼きをしたら旨いで~と言ったらyukio君が焼いてくれた。
旨かった。
P1010776m.jpg
そして早々と撃沈したやまうちさんを引きずり寝袋に押し込めると同時に親睦会もお開きに
私も明日こそはと考える間もなく速攻で眠りに付いた。

しかしyukio君の酔っぱらい相手に嫌な顔せず世話する姿に頭が下がります。ありがとう。
又一緒に親睦会をしよな。
2009.01.25 備中長屋坂
今年最強の寒気団との予報だったが長屋坂は良く日が当って暖かな二日間でした。
今回お天気ネーサンが初日の2便目に「黒鳥の交差点」をホンマに綺麗な溜息が出るような登りでR.Pされました。
あらみちゃんの「女王様」は一手前進。私の「カウントダウン」はやっと核心のカチに手が届くようになりましたがその後からが勝負なのでまだまだ先は長そうです。
来週日曜日に日帰りで行く予定です。
詳しくは明日以降に
2009.01.23 姑息な奴ら
お雑煮クライミングの記事に対してこのブログと私の所属する須磨勤労者山岳会のらくがき帳にコメントがあった。

参照⇒須磨勤労者山岳会のらくがき帳


岩場で火気を使ったことに対しての意見だったのだが私は何か素直に受け入れないものがあった。
そんな時パソコンに詳しい方から情報をいただいた。その知り合いはIPアドレスを詳しく調べてくれ結果色々な事が判明した。

私のブログに投稿された「通りすがり」さんと須磨のHPのらくがき帳に投稿された「no Name」さんは同一人物で「通りすがり」さんが問題定義し「no Name」さんが賛同するという一人芝居をされている。フェアーではない。


それから今朝投稿された『いちクライマー』さんは昨年5月14日と16日に須磨のらくがき帳に「不動岩のボルト」との題名で投稿された『HT』さんと同一人物だ。このとき私は「不動岩のボルト」のHT氏のコメントに対して事実誤認だと反論した。よければ遡って読んでください。
それから『いちクライマー(別名HT)』さんが投稿された場所が大阪北区にある「タイムス株式会社メディアカフェポパイ太融寺店」というネットカフェからの投稿であるらしい。

上記のお二人はコロコロと名を変えて投稿されているが何の企みがあっての事か理解出来ない。
ええ加減に姑息な手段を使わずに正々堂々と名乗り出られたら如何かと言いたい。
私は前にも言いましたが逃げも隠れもしません、何処へなと出向きますので面と向かって話しませんか?通りすがりさん、no Nameさん、HTさん、いちクライマーさん
明日早朝から備中へ行く。
今回のメンツはお天気ネーサン、あらみちゃんと三人だ。

しかし何の因果が廻り合わせの妙か又シベリア大寒気団の襲来とぶつかる。
しかも今回の寒気団は二週前の比ではなさそう…ロシア最強というか世界最強の兵隊と言われているのかどうかは知らないがコサック部隊も加わっているくらいの今年最大級の寒気団みたい。

しかしそんなことは気にしないで行く。お天気ネーサンにも戦っても勝ち目は無いので無視して登りに集中して下さいと言っている。

しっかし寒いやろなぁ~。
18日に掲載した「お雑煮クライミング」の記事に対して『通りすがり』との名でコメントがあった。

下記の宴会の記事ですが岩場では今時火気はすべて厳禁です。

コーヒーやカップ麺程度ならともかく鍋までするなら百丈の河原でしてください。

多くのクライマーに迷惑がかかる恐れがあります。


このコメントに対して私は確かに仰る通りだと思った。
そして言い訳などはしない!っと思っていたが一点全く見当違いの指摘があったので書かせてもらう。
それは下記の宴会の記事ですがの箇所だ。18日に行なったお雑煮クライミングは絶対に宴会ではない!
宴会にはアルコールが付き物だが我須磨勤労者山岳会はクライミング時には一滴たりともアルコールを口にしない!クライミング後は浴びるほど呑む方も極少数居るが…

そもそもお雑煮クライミングは一昨年まで年初めの水曜日に姫路の小赤壁で気の合うクライミング仲間で我会が主催して行なっていた。昨年は水曜日に不動岩で行い約20名の方の参加があった。
今年は参加者が少く中止しようと思っていたが日曜日にしてはどうかと提案したら多くの賛同があったので18日に実施した。お雑煮クライミングのメインは当然クライミングである。お雑煮は昼飯の代りに寒い時期でもあるので暖かいお雑煮を食べて今年一年無事故でクライミングを楽しめるようにと親睦を深めるためのものであって重ねて言うが絶対宴会ではない!

なので私はこの「宴会の記事」一点に関して私は『通りすがり』氏の悪意を強く感じた。
それと揚げ足を取られているようにも感じた。

尚、この記事は私個人の考えであって須磨勤労者山岳は全く関知していません。
2009.01.21 PUMP
昼から休んでPUMPに行ってきた。
3本登って喉かいがらっぽいので嗽をしに2階への階段を上がりきった所で私の思考が一時停止した。えっ!?なんでここに居るん???ありゃ!ご夫婦お揃いで…
P1000041_20090121212629.jpg
岡山は朝から雨だったそうです。
それからお饅頭ご馳走様でした美味しかったです。

今日は週末に備え余り無理をしないようにした。
各壁の5.11aを1本ずつ制覇しようと思ったが正面壁の左のKonoさん設定の5.11aはR.P出来なかった。2回登ったが2回ともホールドを見落としてしまった。ええルートでした。
18時から鍼の施術があったので16時半ごろPUMPを後にした。
P1000040_20090121212637.jpg
今日一緒に登った。満太郎さんとK井さん。

今日は膝半月板を手術された大先輩がお二人来られていて色々参考になるお話を聞く事が出来た。
結論として無理をしない!ちゅうことです。
4344401050.01._SCLZZZZZZZ_[1]
~血は母より受け継ぎ、骨は父より受け継ぐ・・お前はわしの骨~

1930年代の大阪を舞台とし、作者の実父をモデルに、その体躯と凶暴性で極道からも畏れられた男・金俊平(キム・ジュンピョン、김준평)の、蒲鉾製造業や高利貸しによる事業の成功やその裏での実の家族に対する暴力、そしてその後の愛人との結婚による転落、遂には「故郷」である北朝鮮での孤独な死までを描いた小説。第11回の山本周五郎賞を受賞しその後第119回直木賞にもノミネートされた。第78回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選出され、出品されたが、本選のノミネート5作品に選出されなかった。(Wikipediaから)

兎に角壮絶で、激しく、悪臭漂う物語だが私の中で郷愁にも似た想いが湧き上がってきた。
2009.01.19 繋がれた明日
51S7EMMG3DL._SL500_AA240_[1]
主人公が19歳の時、男女の些細なもつれから一人の男性を持っていたナイフで刺し殺してしまう。
裁判で6年の刑を受けるが刑期を11ヶ月残し仮保釈される。
そこから加害者の家族、被害者の家族を巻き込んだ夫々の人生模様が展開される。

読み終えた感想は如何なる理由があるにせよ人を傷付ける事は絶対に許されないと思う。
が…
今日我須磨勤労者山岳会新年恒例の『お雑煮クライミング』を不動岩で行なってきた。
毎年年初めの水曜日に行なっていたが水曜日の参加者が少なくなってきたのと週末しか休みの無いメンバーからの要望もあり日曜日の今日実施した。
生憎の空模様でクライミングは午前中のみで参加者が持ち寄った野菜やお餅でお雑煮を作り美味しくいただいたあと解散した。
P1010750m.jpg

P1010752m.jpg
食べ終える頃からポツポツ雨が降り出した。来年は烏帽子・駒形岩で行なう予定。

今日の私は散々だった。
朝寝返りをしようとしたら腰が痛くて抜けそうになり寝返りできない。
こりゃ~やばいなぁ~起きれるのかなぁ~しかし起きて不動岩に行かなくてはメンバーに迷惑がかかるので寝床の中でゆっくりストレッチをしたら痛みが少し和らぎ一安心。
テレビ体操をするが前屈と後反りが出来ない、私は前屈と後反りは年の割には非常に良く曲がるので少しショックだったが無理はしないように行なった。

不動岩のアプローチもON田さんとあらみちゃんに鍋やコンロを持ってもらった。
しかし登るとなると腰は全く痛く無い不思議だ。
「タイコ」をノーテンで登ろうと取り付くが核心の甘いピンチで指が岩から弾かれ全く保持出来ない、ん…なんでや…と思いつつ色々試してみるが全くもって弾かれ保持出来ない。結局このピンチだけチョンボで抜け終了点へ。
思い当たる原因は元々ホールドが甘いうえ空気が異常に乾燥しているのと私の指の乾燥のためだと思う(加齢の所為?)。私はどちらかと言えば少しヌメる方が登りやすい。なので冬の空気が乾燥して皮膚が感想するこの時期は辛い。

あと「たんつぼ小僧」に取り付いたが腰が異様に重く早々に諦めた。
早く暖かくなって欲しい~。
2009.01.17 1.17
あれから14年の歳月が過ぎた。
あの日の神戸の街の惨状を忘れてはならない、否忘れる事など出来ない。
しかし二度と再び見たくない。
090117quake005[1]
神戸新聞HP写真集から引用。
2009.01.16 不動岩
今日は我会のarutuさん、トレトレKさん、隠密初Nさんが不動岩に行かれているので昼から休暇を取って行ってきた。
アプローチ下の駐車スペースにはarutuさんと隠密初Nさんの車と姫路ナンバーの車の3台だけだった。まぁ~平日の金曜日なのでガラ空きやろうなぁ~と思いながらアプローチを登って行った。
アプローチを登りきって正面壁下を見た途端目が点になった。
なっななんと超満員や…不動岩は今年に入って2日4日に続いて3回目だが今日が一番クライマーが多かったのではと思った。←実際は4日が最高の人出だった。

今日は持久力トレをしようと思い5ルートを短時間に登った。

不動岩正面壁の「ペガサス5.11a」「小熊物語5.11b」「タイコ5.11c」「ワンマンショウ5.11d」そして東稜の「ウリウリ5.11d」を私は不動五部作と呼んでいる。この5ルートをノーテンで登る事を目指している。
今日は「ペガサス5.11a」「小熊物語5.11b」「ウリウリ5.11d」「小熊物語5.11b」を登った。
アップで登った「ペガサス5.11a」はR.P、「小熊物語5.11b」はハング越えで出す手を間違えフォールしてワンテン、「ウリウリ5.11d」もトラバースからアンダーの位置の目測を誤りフォールしてワンテン。
最後に「タイコ」を登ろうと思っていたがS方さんのリクエストで「小熊物語」のヌンチャク回収に登りキッチリR.Pした。
まぁ~今日はええ持久力トレになったと思う。
2009.01.15 備中最終日
二日続きの寝不足だったのでyukio君とピョンキチさんとの鍋を囲んで楽しい一時を終えシュラフに潜ると同時に眠りに付いた。そして又突然にパチッと目が覚めた…ん~またかいなぁ…と思いつつ時計を見たら4時半だった。おうっ!結構寝てるやん気を良くしてシッコに行こうか行くまいかと少し迷ったが寝る事にしたらすんなり眠ったようで次に目を覚ましたら7時半だった。
私にしては充分過ぎる睡眠時間だった。こりゃ~体調がええでと思いつつ外を見たら雪が横殴りに降っていた。
まぁ~今日も長屋坂なんで慌てる事無くゆっくり目に出発した。
岩場に着くと青空が広がって来ると同時にクライマーが続々と集まってきた。
この日は三日間の中で一番暖かくコンディションが良く5人の方が夫々の課題をR.Pされた。

まず一番手はローカルのT橋君が1便目に「吹き矢の娘」を続いてNCCのyoneさんが「女王様」をなんと2撃でR.P
P1010736m.jpg
「女王様」をR.Pしたyoneさん。
今年の初めに「MORISAMSA」をR.Pされこの日は「女王様」を2撃で手中に収めたyoneさんをこれからは畏敬の念を込めて『鳥取のマシラ』と呼ばせていただくことにしました。
マシラさんに刺激を受けたと関西某ジムのS君も「女王様」を何便目だか知らないがR.P。
「女王様」の左横の「MORISAMSA」をご夫婦仲良く登っておられたJ部旦那がR.P!そのビレイをしていた嫁がぼそり…先に行かれてもた…と呟いたのを私は聞き逃さなかった。
R.Pに沸く中央壁から少し離れた「フリッカー」を静かに登っておられたT隊長とメグさん達は夕闇が近づいた頃メグさんがヌンチャク回収を兼ね最終トライでR.Pされた。いやぁ~恐れ入りました。

ところで私とお天気ネーサンはと言うと…
P1010714m.jpg
「黒鳥の交差点」のお天気ネーサン。
今回はシベリア大寒気団との壮絶な戦いのためワンテン止まりだったが次回はきっとR.Pされると確信している。

私の「カウントダウン」だが2本のルートでアップしたあと直ぐに取り付いたが腰に異様なダルさを感じ前日にyukio君から教えてもらった左回りランジを試す事無くチョンボをして核心を越えヌンチャクを回収した。←情けなや…
しかし夕方近くローカルのTガさんの「カウントダウン」の登りを何気なく見ていて、これや!これなら出来るとの確信を得た。
自宅のボードでみっちり練習して次回に備えようと思う。

おまけ
P1010735m.jpg
「黒鳥の交差点」をリードするピョンキチさん。

余談
いつも備中に行くときは用瀬小屋手前にある産直店で野菜類や玉子を買う。
ここは地元で採れた野菜類を格安で販売している。
新鮮で非常に美味い!白菜は甘いし椎茸はコリコリして絶品!玉子は黄身が盛り上がって食欲をそそる。地元還元の意味でもこれからも大いに利用しようと思う。
お土産に買って帰ったら女房も喜ぶし^^
2009.01.14 備中二日目
夜中何故かパッチと目が覚め時計を見たら午前2時41分だった。
オシッコに行って再度眠ろうとしたが外の異様な明るさが気になり中々寝付かれなかった。
そういえば夕方見た月は満月だった。
シュラフを頭からかぶって眠ろうとしたがどういう訳か「カウントダウン」の核心が頭に浮かんだ。
そこから頭の中が核心部のムーブを試行錯誤しだしバッチリ目が冴えて明け方近くまで寝付けなかった。やっとうとうとしかけたと思うと外がやけに騒々しい、風が出てきたようだ。
6時半過ぎに起きて外を見たら雪が激しくまっていた。
P1010718m.jpg
この日は一日雪が舞ったり晴れ間がのぞいたりと昨日に続き忙しない空模様だった。

P1010719m.jpg
「カウントダウン」の私。今回一番の収穫は出だしのムーブが固定できたことだ。

P1010723m.jpg
「女王様」のあらみちゃん。今回一緒に来る予定だったが持病の風邪でこの日我会の仲間と日帰りで来ていた。あらみちゃんも核心部を残すのみだ。どっちが先に越えられるかな?

お天気ネーサンはこの日シベリア大寒気団に圧倒されたのか「黒鳥の交差点」を昨日よりも悪いのぼりをしていた。

今日の長屋坂には関西勢とローカル勢とで大賑わいだった。
そんな中関西某ジムのS君が「カウントダウン」を2撃した。それもランジ2発と超格好ええ登りでギャラリーを大いに沸かせた。…俺も30年若かったらと思ったが無理やろなぁ…

夕方近く昨夜来られたyukio君が「カウントダウン」の核心部左回りランジのお手本試技を見せてくれた。…よぉっし!あしたやって見よう!と決意したが果たして…

小屋に帰り、yukio君、ピョンキチさんとで鍋を囲んだ。あらみちゃんに産直店で買ってきてもらった白菜、椎茸、下仁田ネギは非常に旨かった。
P1010731m.jpg

大好きなスイーツに幸せそうなyukio君
P1010732m.jpg

おまけ
MORISAMAが来られ「黒鳥の交差点」を力強く登って開拓へと向かわれました。
P1010722m.jpg

2009.01.13 備中一日目
10日早朝、お天気ネーサンと一路備中路へと車を走らせるが県境辺りから雨が降り出した。
行くところ行くところ太陽を独り占めし100戦100勝のネーサンと一緒だのにこの雨はなんなんだと思いながら車を走らせた。
ところが総社で降りて備中に近づくにつれて青空が広がってくるではないか…
さすが!ネーサン見直したと思うのも束の間、長屋坂に着いたら空模様が怪しくなり雪がチラチラしだした。そしてこの日はシベリア大寒気団とお天気ネーサンとの熾烈な争いが私の知らないところで行なわれていたのか雪と太陽が忙しく入れ替わるけったいな一日だった。
P1010711m.jpg
この後MORISAMAが来られ外気温は2℃といわれていたが然程寒いとは感じなかった。

P1010713m.jpg
「黒鳥の交差点」をリードするミキ君。
この日は、我々二人とミキティー3人集、J部ご夫妻+Tさん、Y田さんHさんP、OさんPとMORISAMA以外全て関西勢の長屋坂だった。

私はこの日今年の目標の一つの「カウントダウン」に3便だし一手進んだがやはり光明は見出せなかった。

一方、お天気ネーサンはシベリア大寒気団との見えざる戦いを続けながらもに精力的に「黒鳥の交差点」にトライええ感触を残してこの日を終えた。

P1010715m.jpg
宿に帰りネーサン差し入れの生産地不明の牛肉をレアーでいただいた。久し振りに食った本格的な牛肉に舌鼓を打たせていただいた。

そのご鶏肉のすき焼きをミキティー3人集と食べた。初めての「鶏肉すき焼き」は非常に旨かった。
P1010716m.jpg

すき焼きを食べ尽くしたあと夜の更けるのも忘れてクライミング談義に花を咲かせた。
P1010717m.jpg

深々と冷え込む夜だったが秘密兵器の御蔭で快適な眠りについたはずだったが…
以下明日へ
2009.01.12 備中から
見事返り討ちに遭いとっとと尻尾を巻いて帰って来ました。
3日間で6便だしましたが核心は一度も越える事ができませんでした。
しかし4人の方の違った核心ムーブを見ることができました。(詳しくは後日)
4人の方のムーブで右回りにしろ左回りにしろ私にはランジは出来ないことがハッキリしました。
4人の中のお一人の方のムーブは非常にひきつけられるものを感じました。
次回是非試してみたいと思います。これで駄目なら当分「カウントダウン」は封印しようと思っています。
P1010721m.jpg
「カウントダウン」の私。ここまではほぼ完璧。
2009.01.09 備中へ
明日の早朝から備中へ行く。
今年初めての備中なので非常に楽しみにしているが気温がメッチャ低そう…
しかし今回のパートナーは行くところ行くところ太陽に恵まれている、お天気ネーサン(気象予報士ではない)が一緒なので心強い。

エリアは長屋坂、ニューエリアへ行く予定。
「カウントダウン」「時間よ止まれ」を触るつもり、見事撃墜せるかハタマタ無残に返り討ちに遭うか。
多分後者の公算が強い!
2009.01.08 目標
昨年末に今年の目標を書いたがもっと具体的に書いて自分を追い込もうと思う。

昨年末に書いた今年の大まかな目標…来年はオンサイトグレイドを上げるのと12を5本以上は登りたい。そして未だ行った事の無い岩場にも行きたいと思っている。

現在の私のオンサイトグレイドは5.11cなので5.11dに出来れば5.12aをオンサイトしたと思っている。5.12aのオンサイトは城山で達成したいと姑息に考えている。

5.12の5本は、長屋坂「カウントダウン」、2ルンゼ「寺島ルート」、権現岩「もも」、ニューエリア「時間よ止まれ」、岩谷「北斗」だ。

そして未知の岩場としては、九州の本匠、愛知の鳳来、山梨の瑞牆山など

それから三倉岳の「水晶クラック」のR.P
それと5.11台を13本オンサイト若しくはR.Pする。

以上だす。
今日休暇を取ってこうもり谷へ行ってきた。
11時現地集合だったので、ちゃっちゃっと墓参りと買い物を済ませてから行った。

今日の最高気温は8℃との予想だったが曇り空の為放射冷却が無かったのか岩はそんなに冷たく無くクライミングには全く影響は無かったし1本登ると身体が温まった。
どちらかと言うとこれくらいの方がクライミングには適していると感じた。

P1010690m_20090107184447.jpg
冬枯れのこうもり谷入口

P1010692m.jpg
今日は我会のラスマツさんと満太郎さん、私の3人の貸切だった。当然か…

今日は誰が言い出しのか知らないが、こうもり谷三部作「復活5.11c」「活断層5.12a」「カンテ5.12c」を登った。
P1010694m.jpg
「復活」をリードする満太郎さん。このルートはストレニアスでアンダーホールドが多い。そして最後にハングを越えて終了という11cにしては厳しいルートなのだ。

P1010701m.jpg
「活断層」をリードする満太郎さん。このルートも最後にハングを越えての終了となる。ハングまでは私の感じでは「復活」の方が厳しいと思う。

P1010704m.jpg
「カンテ」をリードするラシマツさん。12cにしては甘い!との意見もあるがまぁ~ええでしょ。

今日は「哲学の道5.10c」でアップして三部作に取り付いたが「復活」のハング越えのところで右手がすっぽ抜けてフォール。「活断層」ではハング下で力尽きてフォールした。しかしワンテンで抜けれたので納得。そして久し振りに「カンテ」をリードした。何処までテンションせずに行けるかなぁ~と思いつつリードしたが中間部の膝入れレストまで行けたのは予想外だった。「カンテ」は上部で手がすっぽ抜けて大フォールしたが4回のテンションで抜けれたのには満足できた。

あとこの三部作に「レインボー5.11c」と「鷲鼻ハング5.11d」を加えた五部作を一日でノーテンで登れば「こうもり谷マスター」の称号が与えられるらしい。この称号に値する方が現在多分唯一只一名居られます。

余談
P1010696m.jpg
今日の昼飯。
久し振りの我家製の稲荷寿司やった。
旨かった。

今週末からの三連休は備中に行く。
そろそろ宿題の課題にトライしようかと思っている。
時たま帰りの電車で会う全く知らない男性の服装にいつも感心して見入ってしまう。
年の頃は60前後だとお見受けするが頭の天辺から足元まで完璧なカウボーイ・スタイルというのかウエスタン・スタイルというのか見事に着こなしている。

我々の年齢の男は大方灰色を基調とした色合いの服を着ていて全く見栄えがしないし個性が無い。
私はというと何時もジーパンか綿パンにズック、上着は夏はポロシャツ、寒い時期はダウンというトテモ仕事に行く格好には見えない服を好んで着ている。なのでご近所の遙か昔にリタイアされた方から朝よく何処に行きますねん?と声を掛けられる。仕事ですと答えると、へぇ~っと驚かれる。

私にはとてもカウボーイの服を着て一歩も外を歩く勇気など無いが、その方は体格も立派なので見ても違和感が無い。所謂おっさんと呼ばれる人種にはもっと個性ある服装をしてもいいのでは時たまお見受けする中年カウボーイをみて思う。
さて私はどんな格好をしょっかな…
2009.01.05 初出
今日が初出だった。あっと!いう間の正月休みだった。
9連休やったがクライミングに行った日は3日だけ、それも飛び飛びに。
まぁ~このパターンはこの先も続くやろ。
遠征に行きたいが今年1年を考えれば無理や。

現役で新年を迎えるのはあと2回になった。
3年先の新年はいずこの地で迎えてるやろ…

今朝は床の中での寝返りも何とか出来る様になったので迷わず不動へ行った。
岩場までの急登を重荷を担いで登るのは腰によくないのでロープとヌンチャクを車に置いて登った。
何と!軽い事!腰痛が治っても暫らくの間痛いと言ってとこうかと思ってしまった。
P1010686m
岩場には我々SWACが一番乗りだったがその後次々と顔見知りの方が来られ正面壁の基部は足の置き場も無い程の大賑わいになった。

そんな混雑を避け西壁の基部にルーフをど真ん中から豪快にのっ越して行く「たん壷小僧」という何とも汚らしい名の5.11dのルートをM本さんに誘われ行った。
P1010679m
ボルト3本の短いワンムーブのルートでルーフの中に使えるホールドは無くルーフの上にあるガバを両手で取り足ブラから左足ヒールフックし身体を上げて上のスローパー気味のガバを取るのだが今の私の身体にはとっても良くないので一度のトライで止めた。身体が万全になれば再チャレンジしようと思う。

今日の正面壁は非常に混んでいた。なので人気ルートは可也の順番待ちをしなければならなかった。そんな状況の中、あるクライマーがある思い付きで二つのルートを途中トラバースして登り出した。
P1010682m
上にいるクライマーは右のルートから左のルートへトラバースしそのまま左のルートの終了点まで行ってしまった。左下にいるクライマーはルートの途中で上のクライマーが登り終えるのを待っていた。
下にいた多くのクライマーからこんな混雑する日になんて非常識なと呆れていた。
ホンマ平日の空いている時にして欲しいもんだと私も思った。

今日は7本登ったが腰の痛みは朝と変わらない。しかし用心しなければとは思う。用心をね…
2009.01.03 58
今日は私の58回目の誕生日だ。
P1010669m.jpg
昨年同様に孫達とのショット。孫はもう増えることはないやろうと思う。

手前のケーキは我会会員のガッツ君のショップ『グリンデル』製だ。
P1010668m.jpg
真ん中にコメントの書かれた板チョコがあったのだが孫のセナが食ってしまった。

ところで何でも昨年末のクリスマスケーキの売り上げが前年比50%減だったらしい。
大手のケーキ屋さんがどんどん潰れていっているそうだ。
今年は全ての業界が厳しいとの予測。
今こそ頑張れ!日本!かな。

話は変わるが腰痛だがだいぶんマシになった。今朝は寝返りするもの痛くて出来なかったが昼間ストレッチが出来るまでに回復した。
腰痛の原因だが2日は雪が舞う寒い日だったのにも関らず充分に準備のストレッチをしないまま登ったためだと思う。なので明日の不動では準備運動を充分にしようと思う。
2009.01.02 初登り
初登りに不動岩に行ってきた。
JR道場駅前に8時集合という隠密N師匠のいつもながら気合の入った時間設定に7時過ぎに家を出た。
北の空には雪雲らしきものが厚く覆っている。家を出て峠を越えたら薄っすらと雪化粧をしていた。
P1010638m.jpg
なぬ!?ここでこの状態なら不動は雪の中かも…と思いつつ退き帰そうとはせず車を走らせた。
8時に2分ほど遅れJR道場駅前に着いたら誰も居なかった。
駅前から不動岩を見れば薄っすら雪化粧をしている…登れるのかなぁ…
P1010641.jpg
隠密N師匠のことだから遅れて来る事はないし中止なんて有り得ないのでアプローチ取り付きの駐車スペースへ向かう。ん?名古屋ナンバーの車一台だけで師匠の車が停まっていない…?
う~ん???来ていない?そんな馬鹿な…ひょっとして烏帽子かと思い烏帽子に行くと一台も車が無い。再び不動に退き帰してトレーニングがてら空身で正面壁まで登ることにした。
P1010642m.jpg
おったおった雪の舞う中好きやなぁ~と呆れると共にさすが!と見直した。
早速私も道具を取りに下りた。途中でK山さんとTさんに出会った。好き者は我々だけではないようだ。
P1010645m.jpg
その後、S山仙人やS方さんも来られた。久し振りにお元気な姿を拝見でき嬉しかった。

P1010646m.jpg
昼飯に隠密N師匠の作ったお雑煮をご馳走になった。何故か鼠柄の蒲鉾が入っていた。
しかし非常に美味かった。ご馳走様でした。

P1010648m.jpg
相変わらず精力的に登られる隠密N師匠。しっかしこのデッカイお尻でよー登るなぁ~と毎回ながら感心する。
P1010653m.jpg
N師匠の何番目の弟子?になるのか知らんが、チカゴン(確かこう呼ばれていた?)年齢不肖だがスリムな身体はクライミング向きに見えた。今日3便目に「ペガサス」の核心を越え格好良くノーハンドレストをする。←私がやらせたのだが…先が楽しみな弟子だ。

P1010655m.jpg
この子は弟子のファイター君(何処から命名されたか知らん)「ミート&ポテト」のハングで悪戦苦闘するが結局越えられなかった。彼も身体的にはクライマー向きなのでそのうち頭角を現すと思う。たぶん…

P1010651m.jpg
今日は一日中雨や雪が舞って寒かったが時たま青空になり太陽が顔を見せれば暑かった。

今日「リトルボーイ」でアップした後から腰の左側辺りが異常に痛くなった。時間が経る毎に痛みが増した。しかし登っている時には全く痛みは感じなかった。原因として思い当たる節はない。
今も常に痛みがある。明日朝起きるのが恐い。
何とも無い事を祈る。

それから
P1010650m.jpg
正面壁の左端の基部に何処の何方かは知らないがちぃっちゃな鏡餅が置かれていた。
確か昨年もあったように思う。
安全を祈ってのことだと思うが粋な方やね。
謹賀新年

2009 元旦
P1010562m_20081231235438.jpg
                伊豆城山頂上より 2008.12.20撮影

皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします
本年もよろしくお願い申し上げます