FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
お気に入りの作家の本を殆ど?読みつくしたので最近手当たり次第に借りて読んでいる。
そんな中で自身を農民作家と呼んでいるのに目が止まり読んでみる事にした。
P1010789m.jpg
バブル崩壊直後の九州の玄界灘を望む農村を舞台にゴルフ場を核とするリゾート開発推進派と自然を残そうとする反対派の対立を一家族の長を主人公に描いている。

本の中に『昭和の農聖 松田喜一』の言葉に強く惹かれた。

…この松田氏の教えに「抜苦与楽の道」というのがある。「人間はみんな苦と楽の中間に生まれる」と農聖は説いた。しかし、人々は楽が好きで苦が嫌いだから楽な方へ向かっていく。ところが皮肉なことに楽を求めるほど楽が減って苦がふえる。反対に自ら苦を求めてその苦をひとつずつ克服していけば苦が減って楽がふえていく。世の中は楽を求めて生きる者ほど苦しく、苦を求めて生きる者ほど楽なのだ…
とのくだりがある。まさに現在社会の病巣と治療法を言い表していると思った。

この「抜苦与楽の道」の「抜苦与楽」とは元々仏法から来ている言葉で竜樹という南インドの大乗論師で「抜苦与楽」は竜樹の著した大智度論の中に出てくる、「大慈は一切衆生に楽を与え、大悲は一切衆生の苦を抜く」とあり苦を除き楽を与えること。らしい。

暫らくは山下惣一氏の本を読み漁ろうと思う。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ