プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:旅行
30日31日で福山市鞆の浦にある仙酔島に行ってきた。
P1020407m.jpg
今回は普段滅多に遊んでやれることの無い二男家族と一緒に行った。

P1020413m.jpg
少し遅いお彼岸の墓参りをし、義母を迎えに行き、鞆の浦へ向かった。
P1020418m.jpg
義母は90歳を越えている。女房のいつ最後になるかも分からないからとの思いでこの旅行を計画した。

P1020417m.jpg
この辺りの名産なのかサヨリが天日干しされていた。
夕飯にテンプラとして出てきたが美味かった。

P1020426m_20090331201442.jpg
福山市営の渡船に乗り約5分で仙酔島に着く。

P1020429m.jpg


P1020431m_20090331201632.jpg
我々が泊まった国民宿舎。

夕飯の数々。
P1020434m_20090331201725.jpg

P1020435m_20090331201917.jpg
仙酔島名物のなんとか?あら塩で蓋をし蒸すらしい。
P1020436m_20090331202036.jpg
中にはスズキが入っていたが、この時点でお腹が一杯で殆ど残した。←もったいない。

P1020438m.jpg
そしてまだ鍋が残っていた。スープが美味しかったのでスープだけ飲んだ。

P1020440m.jpg
満足してもらえたかな…

実はこの二日間体調が優れず背中や腰そして関節部が痛だるくゾクゾクと寒気がして宿で寝るときに布団を二枚重ねて寝た。ということで二日目はあっちこっち寄りながら帰ろうと思っていたが義母を送り届けて早々に帰路についた。帰って病院に行き診察してもらったら風邪だろうといわれた。
女房曰く「遊び過ぎて疲れが出たんや」私「御もっともです…」
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
乗り放題1,000円を活用して山陽道神戸西ICから岡山道賀陽ICまで乗った。
通常では3,900円なのでかなり得だ。
しかし通行量は普段の日曜日に比べたら多かったが渋滞するほどでもなかった。

定番の直売所で野菜と昼飯のパンを買って長屋坂へ向かう。

用瀬小屋駐車場にB場さんの車を発見。B場さんがこちらを凝視しているようなので手を振る。
岩場で準備をしていたらB場さんが一人で来られた。
宿題の「カウントダウン」を登るというので一緒に登ることにした。
アップ後B場さんが取り付く、核心部は右からしかも、ど正対…難なくカチを取る。←強い!左手の引き付けは相当なもの私には出来そうも無い。

1便目は核心を抜けたところのクリップが出来ずテンション。
しかし1度のテンションだけで終了点へ。←2便目には落すやろうなぁ~と思った。

続いて私も1便目を出す、核心下までは難なく辿り着く、ここまでは出だしが悪いだけで後は難しくは無い。充分にレストして核心に突っ込む、がキョンした右足が滑りフォールしてしまう。
もう一度リハーサルをするが左手首が痛くなりそうだったので下りた。

P1020404m.jpg
「フリッカー」のリード君。今日はワンテンまで。
しかし最後に登った「TTハイスクール」を所用日数2日でO.Sとする変な記録を打ち立てた。
どういうことかと説明すれば、2月1日に核心部から取り付までクライムダウンしたまま今日まで登っていなかった為。

P1020400m.jpg
「MORISAMA」のあらみちゃん。マスターでO.Sトライ。
核心部に入る前にテンションをしたが、核心のスローパーを簡単にとめた。これには正直吃驚した。
その後もテンションしながらも終了点までいった。このグレイドを初見でテンションしたとはいえ終了点まで抜けたのは初めてやろと思う。いや~強なっとお。

P1020405m.jpg
「MORISAMA」のB場さん。
「カウントダウン」を2便目に危なげ無くR.Pしその勢いで「MORISAMA」2撃した。
真庭の狼の本領を発揮した一日だった。

P1020403m_20090329235009.jpg
私はその後2便出したがカチが止められなかった。鍛え直して出直さなあかん。

今日(昨日)の長屋坂には京都のOさんP、いつもニコニコK島軍団4人、広島軍団4人だけだった。

今日の岩の状態は非常に良かったと思うが一人そうでは無い方が居た模様。
P1020399m_20090329234950.jpg
「プリシラ」のK君。
最初はブランコをしてるのか、ターザンごっこをしているのか大きく揺られていたが、夕方近くから繋がって行けそうだった。がこのルートは暑くなるこれからは厳しいだろうと思う。←ひょっとして帰った後R.Pしてるかも…

次回の備中は2週間後、エリアは2ルンゼかな?で「寺島ルート」をやろうかな?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は朝から大忙しだった。
6時過ぎに起きテレビ体操して朝飯を作って食った。
その後庭の雑草を抜き、熱帯魚の水槽を掃除し、暖房器具を一台だけ残し片付けた。
そしてハナとセナを連れて買い物ツアーへ、今日は4軒寄った。2軒目のスーパーで女房が買い物をしている間に近くのカタカタ公園(ローラーの滑り台がカタカタ音がするので孫達が勝手に名付けた)で孫を遊ばした。
3軒目のホームセンターでウロウロしていて工具を衝動買いした。
P1020394m.jpg
KTC(京都機械工具株式会社)の12×14のメガネレンチと9.5sq.スピンナハンドルとメーカー不明のオイルフィルターレンチを買った。締めて5,250円なり。滅多に使わないけど持っているだけで満足するし眺めるだけでも心が安らぐ。

家に帰り早速買った工具を使い、ワゴンRのオイルとフィルターを交換した。
P1000041_20090328202058.jpg
今までは力任せに外していたが工具を使えば簡単に作業が出来る。

そして先週の鳳来で汚れたままのVOXYを内外共に掃除をした。
P1000040_20090328202251.jpg
今度時間があるときに水垢落しでもっと綺麗にしようと思う。

今日もよく働いた。
明日は久し振りの備中・長屋坂へ行く、メンバーはリード君とあらみちゃん。
「カウントダウン」が染み出していないことを祈る。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
私が鳳来へ行っている間にレイが死んだ。
P1000003_20090327195114.jpg
マルチーズの雄で確か15歳だったと思う。人間の年齢で言えば100歳近い。
私が神戸市須磨区に住んでいるときに、女房の友だちの友だちが飼って直ぐに転勤になり社宅(犬猫厳禁)に入らなければならなくなり新しい飼い主を探していて我家に白羽の矢が当たり飼う事にした。但し我家に居たのは一週間だけだった。当時我家は子供は学校、女房もパートに出ていて昼間は留守になっていた。レイという名は当時子供達(大人も)に大人気だった「北斗の拳」の南斗六聖拳の一人の名を拝借した。

生まれて3ヶ月ほどだったレイは誰も居ない昼間によく鳴いていたようでご近所から苦情がでた。
で、仕方なく姉に事情を話し飼ってもらうことにした。
たった一週間だけだったが私は非常に可愛がった。それをレイは忘れていなかった。
姉に任せてから年に数回ほどしか姉の家に行かないのに行く度に身体全身で喜びを表し私が帰るまで側を離れようとしなかった。
鳳来へ行く一週間ほど前に何故かレイのことが気になり仕事の合間に会いに行った。
それが最後だった。
レイは非常に幸せな人生否犬生を送ったと思う。
今度生まれ変わってくる時は人間として生まれて来いな…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
生キャラメルといえばタレントの田中義剛氏がオーナーの花畑牧場のが有名だ。
しかし最近神戸須磨区の極一部の地域で大好評とその店のオーナー自らが言っている生キャラメルがある。
P1020386m_20090326213616.jpg
P1020383m_20090326213623.jpg
先日その噂を聞きつけ仕事の合間に行って買ってきた。
この極一部地域で大好評の生キャラメルは我須磨労山メンバーのガッツ君(久し振りの登場)のお店『G・R・I・N・D・E・L』のものだ。
私は花畑牧場の生キャラメルも食べた事があるが贔屓目無しにガッツ君の作った生キャラメルの方が美味い!しっかりしたキャラメルの味が厭味なく味わえる。それに一粒が大きい!そして税込み650円で安い!ちなみに花畑牧場の生キャラメルは850円する。←田中義剛氏は儲け過ぎ!

ガッツ君がオーナーのグリンデルは昨年の世界同時不況の影響をもろに受けてクリスマス商戦は前年度の四割減という厳しさだったそうだ。いつか電話で話した折に、もう店をたたんで宅急便の運転手になろうかと真剣に考えていると話していた。その後友人のアドバイスで試しに作ってみたら、大好評でお蔭様で店をたたまなくて済みそうですと笑顔でいっていた。
不景気の時こそ創意工夫が大事やね。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
日本が二連覇するとは正直思わなかった。
2009teampix_2b[1]

決勝戦は日本、韓国どちらが勝っても不思議ではなかったように感じた。
ただ関西人としてなんで藤川を出せへんねんっとも思った。

冷静に考えればピークを過ぎつつある藤川よりこれから上り坂のダルビッシュの方がええとの判断なのだろう。

しかしイチローは流石である。
20090324k0000e050102000c-small[1]
試合を重ねると共に調子を上げてくる。
決勝戦でのタイムリーを彼は神が降りたと言ったが納得させられた。

元巨人の張本氏が日曜日のテレビでアメリカの野球なんて大した事無いとよく言っているが、確かに日本と韓国の強さは本物だと今回のゲームを通じて感じた。
特に日本は世界ランキング1位のキューバを2度破り、3位のアメリカをも破っての決勝進出だった。
それも完璧な勝ち方だった。
今回のWBCの優勝で日本の国も少し元気になったように思う。
選手の皆さんお疲れ様でした。ありがと!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日我家に定額給付金の申し込み書類が届いた。
一万二千円もらえる。
早速必要な書類を揃えて今朝ポストに投函した。
P1020390m.jpg

世論調査では多くの方が反対と新聞やテレビなどで言っている、反対理由の一番は近い将来消費税率のアップがあることだが、今回の定額給付金を見送ったとしても近い将来には消費税率を上げなければ日本という国はやっていけなくなる。例え民主党が政権をとっても同じだろう。
少し横道に逸れたが、私はタダでもらえる物はティシュペーパーでも遠慮せずもらう。しかし決してケチではないと自分では思っている。

親しいクライマーの中に少なからず反対している方がいる。
誰とは言わないが親しい方達だ。
神戸市では反対の方は一旦受け取って神戸市に寄付して欲しいと言っている。
反対しているクライマーもこれに習って一旦受け取ってJFAや各地のクライミングの任意団体の岩場整備基金に寄付すれば良いと思う。
如何でしょうか…

ところで私は戴いた給付金をGWの遠征費用に充てようと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
二日目は雲一つ無い快晴だった。
P1020362m_20090323205040.jpg
キャンプ場から見た鳳来湖。

P1020370m.jpg
ウォームアップエリアの『桃太郎 5.10a』でアップする。10台でこの被りは凄い!備中のプラナンよりも被っているがホールドが大ガバなので楽しい。しかも上部垂壁に核心があって良いルートだ。

アップ後、メインウォールに移動し昨日に続いて『卒業』にトライするが前腕があきらかに張っている。
しかもレストポイントを間違え探している間に足を滑らせフォールした。しかし何とか3回のテンションで抜けれた。今日何とかR.Pしたいと思い長いレストをすることにした。

その間昼寝をしたりK村さんの案内で鬼岩分岐まで行ったりした。
鬼岩分岐は鬼岩付近で唯一携帯電話が繋がる箇所だと教えてもらった。
メインウォールから約10分で鬼岩乗越しに行ける。
P1020373m.jpg
鬼岩分岐から見た明神山(1,016m)←違うかも…

P1020374m.jpg
「ハイカラ岩」にぶら下るヌンチャク。

P1020372m.jpg
鬼岩の全景を撮ろうとしたが大き過ぎて入らなかった。鬼岩の四面全てにルートがあるらしい。

充分にレストし15時過ぎに2便目をだす。
レストポイントまで何とか辿り着きレストするが、前腕の張りは容易には取れない。
これ以上しても回復は望めないと考え核心へ突っ込む。
核心部の細カチは5手だが2手取ったところで心が折れた…あかん…持てん…
あとボルト2本を残して悔いの残るテンションをしてしまった。
細カチといってもコウモリ谷の『カンテ 5.12c』の最後の細カチから比べればガバなのだが…
結局2便目は2回のテンションで抜けた。
1便毎にテンションの回数は減ったが悔いの残るトライだった。

P1020377m.jpg
最後にウォームアップエリアの『かみなり 5.11a』にヌンチャク回収を兼ねO.Sトライするが疲れきった前腕では2テンで抜けるのがやっとだった。

明日の天気は予報では雨とのことだったが今夜もう一泊し明日朝にどうするか決めることにし
盆栽センターで味噌カツ定食を食べ、ありいなで風呂に入りキャンプ場へ向かった。
しかしこの時点でこれから起こる最悪の事態が待ち受けていようとは誰も想像できなかった。

最悪の事態とは、鳳来湖キャンプ場に向かう途中に4台の車が連なる一団に追いついた。
この一団は先ほど寄ったコンビニに居たラテン系の若者の一団ではないのか…
それにひょっとしてこの一団もキャンプ場に向かうのでは…もしそうであれば今夜はゆったり静かに寝れないのではと嫌な予感がした。予想が当たり案の定ラテン系の一団も我々と同じキャンプ場に入ってきた。しかも我々のテントの直ぐ近くにテント張り出した。私は挨拶がてら明日早く出て行くので車が通れるスペースを開けて張ってくれといったら「ハ~イ!わかりました~よろしくおねがいしま~す」

それから彼ら男女合わせて10人ほどが宴会を始めた。私は多分あいつらは一晩中騒ぐだろうと予想していたが、果たしてその通りになった。
午前一時過ぎに、あらみちゃんが堪忍袋の緒を切らして「ちょっと注意してくる」と出て行った。
あらみちゃんの強い抗議にも関らず、奴らは我関せずと益々騒ぎをエスカレートして行った。
2時を過ぎるころから騒ぐのは4人ほどになったが一向に騒ぐのを止める気配が無い。
奴らは多分ブラジル人だと思われるがあれ程喋ることがあるのか、そしてあれ程大きな声を出さなくては喋れないのかとただただ感心した。
ムカついて腹が立ち何遍「おんどりゃーーー!!!ええ加減静かにせんかえーーーー!!!」と怒鳴り込んで行こうと思ったが多勢に無勢でボコボコに言わされるのは目に見えているのでシュラフに潜り込んでグッと我慢した。明け方の6時頃から待ちに待った雨が降り出したが一向に止める気配が無い。
我々は起きて朝飯を食っていたら雨脚が強くなってきた。それでやっと奴らも静かになった。
何か仕返しが出来ないものかと考えたが大人気ないので止めた。
しかし国民性の違いとは言え、他人への迷惑など全く気にせず自分たちが楽しければそれで良いという神経は理解出来ない。
ブラジル人には少しの親しみを感じていたが、今回の出来事で大嫌いになった。
次回から鳳来湖でキャンプするときは入口の左奥でテント張ろうと思う。

キャンプ場での嫌な出来事が毎回あるとは考えられないので次回からも鳳来湖キャンプ場で泊まろうと思う。そして次回からは散弾銃を持参しようと思う。

P.S
コメントを承認制にしました。理由は相変わらず迷惑コメントが多い為です。
なので私が承認するまでコメントが表示されるまで時間が掛りますのでご了承下さい。
ご理解いただけますようにお願い申し上げます。
これに懲りずにコメントをいただけましたら幸いです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
19日の夜から愛知県の鳳来へ行ってきた。
メンバーはK村女史、Y田女史、あらみちゃんの4人。
22時前に大阪を発ち日付が変わって愛知県に入る頃から雨が降り出した。
午前1時半ごろ鳳来湖キャンプ場に到着。ちょうど雨脚が弱まったので急いでテントを張る。
滞在中の健闘を祈ってビールで乾杯しすぐさまシュラフに潜り込む。
雨音を子守唄に眠ろうと思うが神経が昂って中々寝付けなかった。

寝ているのか目が覚めているのかうつらうつらしていたらテントの外が明るくなってきた。
時計を見たら5時過ぎだった。遠くから何か鳥か獣のような鳴声か聞こえてくる。
『わん!あっあっ~~~…』
最初は鹿が鳴いているのかと思ったが、聞けば鳳来湖キャンプ場名物の鶏の鳴声だった。
P1020330m.jpg
この鶏は3時頃から鳴き出すと前々から聞いていたが今回は遠慮したのか常識をわきまえるようになったのか5時頃から『コケコッコー!』ではなく『わん!あっあっ~~~…』とけったいな声で鳴いていた。
P1020331m.jpg
しかしこのオス鶏は4羽のメスを従えている。何とも羨ましい…否お疲れさんなのだ。

夜明けと共に雨も上がった。昨夜は真っ暗でどんなところか全く分からなかったが、夜が明けて外に出ていっぺん気に入ってしまった。
P1020327m.jpg
ここは水とトイレ(純日本風)はあるが外灯が全く無い。トイレのある建物も古く夜行くのはちょっと度胸がいる。

朝飯を食ってゆっくり「鬼岩」を目指す。
第一駐車場には河馬の置物が載った見慣れた車が止まっていた。

トイレを済ませ初めての「鬼岩」へのアプローチに踏み入る。
P1020364m.jpg
この辺りの川底は岩だった。
P1020381m_20090322203011.jpg
ということで大昔は海の底だったらしい…そういえばヒマラヤも海の底やったそう。

P1020339m_20090322203051.jpg
このアプローチは明神山の登山道なのでよく整備されて傘を差しても歩ける幅がある。
雰囲気も川に沿っていて横尾から涸沢へ行くような感じで気に入った。
もっともっと急な登りがあるのかと思っていたが六甲山の方が遙かに急登だ。

P1020336m.jpg
途中冬眠から覚めたばかりなのかボ~ッとした日本ヒキガエルがいた。

約1時間で鬼岩に到着。
P1020341m.jpg
岩の間に見える「アーリーモーニングライト・ウォール(メインウォール)」
デカ過ぎて全体が写せない。

P1020343m.jpg
メインウォールから5分ほどのところにある「ハイカラ岩」。『メタフォース 5.14c』『ムードラ 5.14c』がある。

わたしは初鳳来の3日間でメインウォールの『鬼岩入門 5.11a』『留年 5.11d』『卒業 5.12b』を登る目標を持っていたが、この被りは経験が無いのでちょっと気後れしそうになったが、メンバーや大ボス、C女史から、どこでもガバやから大丈夫といわれ取りあえずメインウォールの『あんこ 5.10b』でアップし『鬼岩入門 5.11a』に取り付いた。両ルート共にうまくO.S出来た。←ホンマどこでもガバで足もそこらじゅうにある。
気をよくして『留年 5.11d』に取り付こうとしたが上部が濡れていたので仕方なく『卒業 5.12b』にトライした。←15時過ぎには乾いて登れた。
中間部の少し下辺りの一番被っているところを直登しようとしたがホールドが甘い、少し右にはガバが連続しているがボルトが打ってあり隣のルートのようなので使ったら駄目だろうと思いあくまで直登に拘ったがテンションしてしまった。テンションしてから限定が無いので右を使っても良いといわれ右を登ったら抜けれた。ここがO.Sトライの難しいところだ。
この日は『卒業』に2便だし6テン、4テンまで持ち込めた。明日はなんとかR.Pしたいと思ったが…

P1020347m.jpg
『鬼岩入門 5.11a』をFLしたあらみちゃん。被りが強いのでビレイ点から見るとこのように見える。

P1020355m.jpg
『留年 5.11d』をリードするK村女史。

P1020351m.jpg
『FIRST 5.12a』をリードするY田女史。

この日は我々を入れ3パーティーだけだった。最後に岩場を後にし夕食と風呂に行った。
P1020382m.jpg
クライマーご用達「盆栽センター」。ここで食事すると「ありいな」のお風呂が無料で入れる。
私は「コロッケ定食」1,100円を食べた。美味かった。
ちなみに定食代は1,100円だが「ありいな」のお風呂代600円が無料なので格安なのだ。
ただし無料カードが一枚しかなく順番性なので遅く行くと入れないときがあるらしい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
HILTIのケミカルRE500が届いたので今日休みを取ってコウモリ谷へ行き仕上げてきた。
P1020318m.jpg
今回使用した資材。
終了点…FIXE #034ラッペルステーション(ケミカル)
中間支点…PETZL コリノックス
ケミカル…HILTI RE500

P1020114m.jpg
この終了点が
P1020319m.jpg
これに。


P1020143m_20090311192633.jpg
このボルトが
P1020320m.jpg
これに。

P1020153m.jpg
これが

P1020323m.jpg
これに変わった。

今日本で否、世界で一番信頼度の高い資材を使い施工した。
但し、100%安全では無いことを明記しておきます。
ケミカルのピンク色が目立つようであれば後日迷彩塗装しようと思う。

そして取り付きに注意のチラシを2箇所掲示した。
P1020324m.jpg
仕上げは1時間ほどで終わった。

駐車場で帰り支度をしていたら、私を呼ぶ声がするので声の方を見たら、アンパンマンさんとウメちゃんだった。←U氏ではありません。女性です。
一緒に登りませんかと言われたが、色々することがあるので後ろ髪を引かれながら家路に付いた。

家に帰って、昼飯を食って墓参りに行って、スーパーとホームセンターに行った。
帰って車のタイヤをスタッドレスからラジアルタイヤに履き替えた。
そして約1万キロほどエンジンオイルを交換してなかったVOXYのエンジンオイルとオイルフィルターを交換した。
これで憂い無く木曜の夜からの三連休に鳳来へ行ける。
初鳳来なので非常に楽しみにしている。
メンバーは、K村さん、Y田さん、そしていつものあらみちゃんの四人で行く。
ん…何とも凄い!メンバーや。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨年6月8日以来のニューエリアに行ってきた。

ニューエリアへのアプローチの遊歩道は崩土が綺麗に撤去されていた。
P1020169m.jpg

しかしいたる所で落石や崩落があった。
P1020171m.jpg
この遊歩道は危険だ。

前日の激しい雨でニューエリアには幻の滝が出現していた。
P1020174m.jpg
幻の滝の左にMORISAMAが拓いた「吟じました」5.9C★★をリードする、はたねー。

14日土曜日は寒かった。
上から何やら白いものが落ちてくると思って空を見たら雪だった。
余りの寒さの為早々と岩場を後にするパーティーが多かった。我チームマメオが最後のパーティーになってしまった。

小屋に戻りゆったり風呂に浸かり凍えた身体を解きほぐし暖かい鍋を囲んだ。
P1020180m.jpg

P1020181m.jpg
鍋は肉気無しのベジタブル鍋だった。ちょっと物足りなかった。

翌15日は雲一つ無い快晴だった。
P1020182m.jpg
「美しくカンテ」下の木の枝に何やら光るものが一箇所に付いている。近づいて見上げると樹氷だった。カンテからの雫が木の枝に当り夜間の放射冷却によって出来た一時の芸術だ。

この日は暖かかったため身体の動きが良かったのか。イケチャンが1便目に「ランコロ 5.12b」をR.P
P1020184m.jpg
本人は危なかった~っといっていたが、見ていて全く危なげ無かった。

そして妻長老さんが「ロマンチックまむし街道 5.12d」をR.P。しかし何度見ても妻長老さんの力強い登りは凄い!私もあやかりたい。←写真がありません。

それはそうと我チームマメオの面々は、はたねーが「両手に鼻の下 5.11d」。muraさん、あらみちゃん、私は「時間よ止まれ 5.12a」にトライ。
P1020190m.jpg
はたねーの「両手に鼻の下 5.11d」。
P1020189m_20090316214249.jpg
muraさんの「時間よ止まれ 5.12a」
「時間よ止まれ 5.12a」にトライした、muraさん、あらみちゃん、私の中で最悪だったのは私だった。
約9ヶ月振りだったにしても全くムーブが起こせく自己嫌悪に陥ってしまった。
特にあらみちゃんの登りは無駄の無い綺麗な登りだった。←先を越されそう。

2日間を通じてあまりの酷い登りに「時間よ止まれ 5.12a」を封印しようと思ったが、手の掛かる子ほど可愛いとの諺?通り無視出来ない存在だ。←手の掛かると言っても「時間よ止まれ 5.12a」が意地悪をしてるのでは無く私自身が一人で勝手に悶え苦しんでいるだけなのだ。もう暫らくは遊んでもらおうと思っている。

しかし今回全く成果が無かった訳ではなかった。
前々から私のTOYOTA VOXYで渡ってみたかった赤い橋が渡れた。
P1020191m.jpg
左右5cm程の余裕があった。何故赤い橋を渡ったのかと言えば白い橋を渡ったところから赤い橋までの間が工事中で通行止になっていたからだ。

P.S
久し振りのニューエリアはこれまた久し振りの方々とお会いした。
イケチャン、ふゅきゃ君、せっちゃん、yomeさん、moriさんなどなど、それと昨年の2月に東京から一人来ていたT田君にも会えた。K西君にも。備中はいつ行っても私の期待を裏切らないええとこや。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
折角苦労してニューエリアのブログを書いたのに保存するのを忘れた消してしまった。
がっくり…又気持ちを持ち直せたら書きます。←多分無理…あっあ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
二日間凄いスピードで時を刻んでいたように感じた。
今の私にはとてもついて行けません。
詳しくは明日。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日7週間ぶりに備中に行きます。
この雨では登れるエリアと言えばニューエリアぐらいですかねぇ…
メンバーは、あらみちゃん、はたねー、muraさんです。

時間よ~を止めたいです。ホンマ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
The Big Issue
sample01[1]m
The Big Issueに付いては登攀工作員さんのブログに詳しく書かれていますのでそちらをご覧下さい
こちらです⇒登攀工作員日記

今日紹介するのはビッグイシュー販売者(ホームレスの人)が、読者から寄せられた人生の悩みに対して答えたもので、野宿生活を経験した販売者さんの答えに味わいがあるのです。

悩…仕事がつまらなくて、すべてがむなしいです(20代/女性/事務職)

Q.大学を卒業し、今は小さな会社に勤めています。仕事がつまらなくて、すべてがむなしい。転職も考えるものの、特にやりたい仕事があるわけでのなく、得意なものもありません。将来への漠然とした不安もあります。販売者さんは、続けておくべきだったと思われることや仕事がありますか?

A.(ビッグイシュー販売者 Aさん)
本当は相談に答えるような立場じゃないんです。僕の人生は、全部挫折してきて大阪・西成にたどり着いたわけですから。兄弟や家族、親、全部捨ててきた。その時に人を愛することをやめたんです。友達もつくらず、十何年間生きてきた。愛することがないから愛されることもなかった。
でもね、ビッグイシューに出合って、スタッフやお客さんやいろんな人に出合って、変わったんです。
人を愛すれば、人を好きになれるし、その人たちがいる街も好きになれる。西成に来た当初は平気で道にゴミを捨ててたような人間の僕が、今じゃタバコの吸殻を拾って歩いたりするんですから。
あなたは、仕事がつまらないと言っておられるけど、本当は仕事ではなく生き方に悩んでるんじゃないでしょうか。
自立という言葉がありますよね。意味は人それぞれ違うと思うんです。僕は、どんな仕事を探すかではないと今は思ってます。仕事ではなくて、生き方の問題やと思うんですよ。僕は50歳を過ぎて、自分の人生を振り返った時にね、「つまらん人生やったな」と思ったんです。そんなふうにしか思えないことほど、つらいものはないですよ。
若い頃、西成に来て、一人でいると楽だったけど、でも、どこかむなしさも感じてました。今は、自分のためにではなく、人のために何かできないかと思っているんです。今も、決して幸せな生活ではないし、大変ですけど。振り返って、つまらん人生だと思うのは本当につらいから、そう思わないような生き方をしたい、とね。
偉そうに人に言えるような人間じゃないんですけれど、あなたも何かを愛することができれば、きっとやりたいことも見つかるし、すべてが変わってくるんじゃないでしょうか。


私が今愛するものはクライミングです。当然家族も愛していますよ。
その愛するクライミングのために成すべきことも分かっています。
リボルトや清掃活動などもその一つです。

その清掃活動の詳細が各HPに掲載されました。

ながの村清掃活動~第4回クライマーと地域住民の交流~⇒TCNet

道場周辺の清掃⇒KINet

皆さん!奮って参加しましょう!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日のリボルトに新兵器?を試しに使った。
P1020164m.jpg
腰掛なのだが、非常に具合が良かった。
昨年いつだったか忘れたが、確か登攀工作員さんだった思うが何やかやと話をしていてリボルトの話しになり、私が腰が異常に痛くなると言ったら、板切れのようなもので腰を掛けたら楽ですよと教えてくれた。今回その話を思い出しリボルトの前日にたまたま家にあった板切れで作った。

P1000286.jpg
少し見難いですが、この板切れが非常な優れもので今回3時間ほどぶら下っていたが全く腰が痛くならなかった。
ハーネスだけでぶら下っていた時の腰の痛さは尋常では無くリボルト後も癒えることが無く持病になっていた。
腰だけでなくレッグループに長時間締め付けられた足も一週間ほど痺れが取れなかった。
なので歳も歳だし長時間ぶら下るのは無理だと考えていたがこの新兵器の御蔭であと少しは続けられそうだ。
追々に改善して行こうと考えている。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
重い荷を担ぎヒイヒイ言いながらやっとこさ岩場に着いてリボルトの準備をしていたらケミカル溶剤が破れ溶剤が出ている。こりゃ~アカン…
P1020141m.jpg
いつ破れたのか…

がっくりきて仕舞いかけたがarutuさんの穴だけ開けるのですか?との言葉に、あっ!そや!今日は穴だけ開けとこと思い直し作業を開始した。
P1000283m.jpg
おにぎり岩は終了点に簡単に行けユマーリングしなくていいので楽だ。

P1020142m_20090311192500.jpg
終了点はアイナットとオールアンカーが使われていた。どちらも建築用資材であり信頼度は可也低い。
P1020143m_20090311192633.jpg
取り付きから4番目のボルト。PETZLのケイビングアンカー『ロックアンカー』に『ブリーユ(アルミのハンガー)』が取り付けられていた。ブリーユの破断強度は15kN。
ボルト、ロックアンカーとも相当錆びていて簡単に折れた。

P1020144m.jpg
取り付から3番目のボルト。ここにはステンレス製のロックアンカーにブリーユが設置されていた。
ロックアンカーがステンレス、ボルトは鉄、ハンガーはアルミと3種類の違う金属が使われていた。
異種金属接触腐食の典型的な事例。尚ここのボルトは手で回して外せた。

P1020148m.jpg
PETZLのコリノックスを設置した状態。後日ケミカル溶剤を注入すれば完了。現在最も信頼度の高いプロテクションになる。←ただし100%ではありません。

P1020151m.jpg
取り付から2番目のボルト。ここが一番腐食が酷かった。

P1020153m.jpg
取り付から最初のボルト。これは8mmのオールアンカー強度は全くありません。

P1020154m_20090311201559.jpg
ナットを外した状態。私はこれと同じ物を備中の岩場でリボルトしたことがあります。テンションならまだしもフォールは絶対に出来ません。

P1020158m.jpg
開けた穴は赤い色のテープで隠しました。ケミカル溶剤が到着次第作業します。


資材の説明
PETZL ロックアンカー

PETZL ブリーユ

PETZL コリノックス

アイナット

尚おにぎり岩の右と左のプロテクションにはPETZL ロングライフが設置されています。←信頼度は非常に高いです。

異種金属接触腐食
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
明日天気がええので休暇を取ってコウモリ谷で「おにぎり岩・真中」のボルトと終了点のリボルトをする。
P1020004m.jpg
このようなボルトが3本と一番下のボルトはハンガーが無くなっている。
P1020114m.jpg
「おにぎり岩」の終了点。これに体重を掛ける人はいないと思うが…

尚、このリボルトは「こうもり谷を愛する会」代表者U氏の承諾を得ています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先日の北山公園清掃登攀に始まり今年も各地で(と言っても2箇所で)清掃活動が行なわれる予定。

4月5日(日曜日)兵庫県神戸市北区にある道場周辺の清掃が行なわれる。

4月19日(日曜日)広島県神石高原町の、ながの村で地元の方との交流を兼ねた清掃活動が行なわれる予定。

私は両方共に参加する。道場周辺の岩場は私のクライミングの原点だし、広島県神石高原町永野村にある帝釈の岩場は今後頻繁に通わさせてもらう岩場なので少しでも地元の方との親交を深めればとの思いがある。
先日の北山公園清掃登攀の時にも話があったが、クライミングやボルダリングがまだまだ世間一般からすれば特殊で危険なスポーツと見られ事故があれば即立入禁止になる場合が多い。
会社で私がクライミングの話をすれば必ず「気を付けてねぇ~」「危なくないの…」と言われる。
確かにクライミングやボルダリングは一つ間違えば命に関る事態になる場合がある。なので世間や地元の方からすれば理解し難い人種となる。なのでそう言った偏見?を少しでも解くために私は出来るだけ参加するようにしている。

道場、ながの村の清掃活動は後日詳しく発表されると思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日のコウモリ谷は岩も風も冷たかったがコンディションは非常に良かった。

2週続けて雨の日が多かったので衝原湖は満水状態。この時期にこれだけ水面が上がっているのは珍しい。
P1020109m.jpg

P1020110m.jpg
おかげで通常のアプローチは水没。徒渉は湖側が急激に落ち込んでいるのでもし足を踏み外した場合を考えれば避けた方がよい。←重いザックを担いでいるので溺れまっせ。

P1020111m.jpg
反対側にⅡ級?ほどのクライムダウンで降りられる場所がある。←もっとええ具合にしました。

P1020121m.jpg
普段は一筋の流れが辛うじて見られる滝が昨日は四筋になって落ちていた。

私は2週目に引き続き「おにぎり岩」を登ることにしたが、目的の右ルートは苔に覆われていて掃除から始めた。
P1020115m.jpg
柔らか目のワイヤーブラシと歯ブラシで苔を落とした。

P1020118m.jpg
約二時間半ほどかかった。右のロープがラインになる。
昼飯を食って早速取り付いた。ハングの乗っ越しが非常に悪く色々試したがどうしても乗っ越せない、左ルートより難しく感じた。ただ悪いのはハングの乗っ越しだけで上部は難しくない。

あらみちゃんが「活断層 5.12a」を登るというのでビレイした。
登る前に絶対にR.Pしたるという強い気持ちで登らなアカンで!と気合を入れた。が、本人はそんな気持ちではでけへんから気楽に行くねんそれに今日R.Pする気無いねんとぬかした。

P1020126m.jpg
何度も登っているのでこの辺は全く問題ない。
P1020132m.jpg
いつもここで右手を出さずテンションしていたがこの日は右手を出した。
P1020137m.jpg
そして最後のハング上に立つところでモタモタしたがなんとR.Pしてしまいよった。
これはハッキリ言って私の御蔭だ。
先月に続き今月も5.12を落とした。今のあらみちゃんは私より強い!しゃくやけど認めざるを得ない。

さて私の「おにぎり岩・右」だが3便目にハングのリップに右手アンダーガバを発見。そこから遙か彼方に見えていたかかりの良さそうな(実際良かった)フレークがスタッティクに取れ難解?だったムーブが解決出来た。←未登のルートに取り付く醍醐味です。
P1020124m.jpg
17時前にヌンチャクの回収を兼ねて4便目をだした。しかしスタッティクに取れるはずだったが何かバランスが悪く手が出せない。少しクライムダウンして体勢を立て直したらスタッティクに取れた。
この違いは何なんだ…さっきとどう違うのか…この辺がクライミングの面白いところだ。
何とか4撃出来た。最初に取り付いたときは5.11の後半はあるだろうと思ったが、アンダーガバからのムーブが解った時点で5.11aが妥当だろうと思えた。
赤本で左は5.11-、真中5.11、右5.11+となっていて一番難しいルートになっている。
確かに私より背の低い方はには非常に厳しいと思う。ちなみに私の身長は166cmだ。

近々「真中」をリボルトしようと思っています。

それから迷惑コメントがやたらと多いのでコメント投稿時に画像認証をしていただく設定にしました。
大変ご面倒ですが宜しくお願いします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
一日に行なわれた北山公園清掃登攀の記事が今日の夕刊の一面のトップに載っていた。
吃驚した。
P1020140m_20090307190729.jpg

全文紹介します。

手足だけで高さ数メートルほどの岩を登るフリークライミングの一種「ボルダリング」。
ロープなどを使わずに初心者が手軽に始められるため、若者を中心に人気を集めている。
阪神地域にはボルダリングに適した自然の岩場が多く、週末は愛好者でにぎわう。
だが、人気の高まりとともにマナーの問題が指摘されるケースもある。(田中靖浩)

今月一日の日曜日、西宮市の甲山南側に広がる北山公園に約九十人が集まった。
岩場周辺を掃除した後、ボルダリングを楽しむ「清掃登攀」だ。
衝撃防止用のマットを足元に敷く。足裏にゴムが張られた専用の靴をはき、手に滑り止めのチョークをまぶして岩に取り付く。わずかなくぼみに足を掛け、時には一センチにも満たない膨らみに指を掛けて慎重に登る。
「体を使うパズル」と、清掃登攀の呼び掛け人で神戸登山研修所(神戸市灘区)スタッフの尾崎基文さん(四二)は表現する。脚や腕の力とともに、コースを読む判断力がなければ、岩の上まで登り切れない。
北山公園は一九八〇年代初めからボルダリング愛好者に親しまれ、日本での発祥地の一つとされる。登るルートは「課題」と呼ばれ、同公園内の課題は尾崎さんがまとめた。対象の岩は四十カ所以上あり、それぞれの岩に難易度の異なる複数の課題が設定されている。初心者からベテランまでが一緒に楽しめる。
阪神地域では、ほかに宝塚・西宮市境の武庫川中流、猪名川町・篠山市境の大野山(おおやさん)山頂付近、神戸市の六甲山中などの岩場も専門誌などで紹介され、広く知られている。
一方愛好家のマナーに関する問題も起きている。北山公園では二〇〇六年、チョークで白くなった岩肌を見たハイカーが「岩を傷つけているのでは」と指摘。公園を管理する兵庫県森林管理署が一時岩登りを禁じた。その後、同公園ではチョークをブラシで落すことが習慣になったが、マナーが改善されていない場所も。愛好者団体「ボルダリングサークル関西」によると、違法駐車やトイレの問題、事故などで岩場に立ち入れなくなった場所は多いという。
同団体は「新たに始める人はマナーや安全についても学んでほしい」と呼び掛けている。


概ね好意的な記事だと思う。しかもトップに取り上げられるとは思ってもいなかった。
神戸新聞は地元に密着した新聞なので今後の反響がどのような形で出てくるのか少し心配である。
中にはこの記事をきっかけに批判を強める人達がいないとも限らない。
きたやまにあさんやボルダリングサークル関西には色々な形での問い合わせが多く寄せられるだろうと予想される。特にきたやまにあさんは実名で載っているので何かと大変だと思うが頑張ってほしい。
私に出来ることがあれば協力は惜しまない。

P.S
今日コウモリ谷であらみちゃんが「活断層 5.12a」を2便目にR.Pした。
中々安定した登りやった。今のあらみちゃんは私より強い!ボチボチしとれん…
詳しくはあした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
神戸新聞の夕刊によると今日は冬ごもりしていた虫たちが目を覚ますとされる啓蟄となっているが、ネットで調べたら3月6日ころというのが多かった。
まぁ~ころなので5日でも6日でも大して変わらないのだろう。
いよいよ春の訪れである。

同じ記事に神戸海洋気象台によると、神戸の2月の平均気温は8.1度で、平年に比べ2.3度も高かった。その影響か、ウグイスの初鳴きは、平年より9日早く今月1日に観測。
と載っていた。
これも温暖化の影響か…

しかし最近の天気の移り変わりの激しさには戸惑ってしまう。
今日は久し振りに青空がのぞいたが午後からは曇ってきた、今は雨が降っている。
明日も一日雨のようだ。
備中に行きたいがこの雨続きでは登れるエリアは限られる。
なので今週も近場のコウモリに行く事にした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日昼から休んでPUMPに行ってきた。
P1020105m.jpg
今年1月21日以来の2回目だった。
水曜日に登りに行きたいなぁ~と思っていたが我会のメンバーに行く気配が無いので昨日夜にK女史にメールしPUMPに行かれますかと尋ねたらS市のS女史と行くよ!とのことだったので急遽混ぜてもらった。
S女史とは2回のPUMPで2回ともお会いした事になる。←特別な意味は無いけど…
P1020107m.jpg
今日は強い強いお二人の登りを拝見させていただき大変勉強になったような気がする。
次回PUMPに行くのは梅雨時分になるかな…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
現在のJFA(日本フリークライミング協会)の会員数をご存知ですか?
Free Fan #058に掲載されている数字は下記の通りです。

2007年2月1日現在の総会員数は1081人です。
内訳は

北海道  53人(北海道の人口約556万人  0.00095%)

東北    37人(東  北の人口約981万人  0.00037%)

関東  549人(関 東の人口約4,212万人 0.0013%)

中部  124人(中 部の人口約2,170万人 0.00057%)

近畿  117人(近 畿の人口約2,064万人 0.00056%)

中国   93人(中 国の人口約497万人  0.0018%)

四国    8人(四 国の人口約408万人 0.00019%)

九州  100人(九 州の人口約1,323万人 0.00075%)

この数字を見てどう思われますか。まぁ~各地域のクライマーやボルダラーの総人口が分からないので一概に何とも言えませんが、私は余りの少なさに愕然としています。
特記すべきは岡山、広島、鳥取、島根、山口を擁する中国地方が人口比率でいえば一番多い。
これは備中や帝釈などスケールや内容で日本はおろか世界でも通用する岩場を擁しているからだと思う。
反対に私の住む近畿は岩場のスケールや内容が乏しいのを繁栄してか3番目に少ない。

近畿は大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、三重県を指す。
府県別の人口比率を抜きにして単純に7で近畿の会員数を割ったら16.7人になる。
私の所属する須磨勤労者山岳会でJFAに入会している人数が20名ほどだ。
これは我会の意識の高さを示していると自画自賛している。

先日も書いたがこの数字でJFAに期待するのは酷だと思う。
JFAを働かす意味でもっともっと多くの方の入会が望まれる。
年会費3,000円一月にすれば250円です。
私はタバコを吸わないので分からないがタバコ一箱、ビール350ml缶一個を始末すれば捻出出来る額だと思います。
大袈裟ではなく、日本の岩場でいつまでもクライミングやボルダーが行なえるようにJFAに入会しよう!

それからくどいようですが、私はJFAの回し者ではない。

おまけ玄人と素人
先日の北山公園清掃登攀での集合写真の比較です。
素人(私)
P1020086mm.jpg

玄人(新聞記者)
IMG_0800m.jpg
さすがこれで飯を食っているだけあって巧い!しかしこの方は新聞記者であってプロの写真家ではない。
ところで取材された記事はいつ何に掲載されるのやろ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日集合時間に早く着いたので少し足を伸ばして北山ダムに水鳥を見に行った。
P1020055m_20090302202621.jpg
正体不明の水鳥
P1020063m_20090302202633.jpg
野鳥図鑑で調べたら「亜種シジュウカラガン」に似ているが説明では冬鳥として少数が渡来するとあるので違うかも…

P1020058m_20090302202643.jpg
「マガモ」の雄
P1020062m.jpg
「マガモ」の雌

P1020059m_20090302202702.jpg
風に吹かれて膨らんだように見える「ツグミ」
P1020060m.jpg
歩く「ツグミ」

P1020065m.jpg
冬鳥として全国に渡来する「シロハラ」ヒヨドリに似ている。

P1020090m_20090302202743.jpg
コックロックから見える池で日光浴をしていた「カメ」何亀やろ…

P1020092m_20090302202756.jpg
岩と遊ぶ人間の親子。

P1020097m_20090302202813.jpg
岩を前に考え深げな人間達。

P1020101m_20090302202822.jpg
岩に群れる人間の若者達。

P1020104m.jpg
岩に登って何をしているのか分からない人間達。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今年も小春日和のなか北山公園にて清掃活動が行なわれた。
P1020080m_20090301221749.jpg

今年で7回目になるそうで子供達を入れれば約90名近い参加者があった。
P1020069m_20090301222127.jpg
集まったボルダラーやクライマーを前に挨拶する、きたやまにあさん。
日本の多くの岩場やボルダーエリアに於いてアクセス問題がにより登攀禁止になったところが多くある。ここ北山公園も一時禁止になったことがあるが関係者の尽力で一応解決したが何時又禁止になるか分からない。清掃という地道な活動を継続することによりアクセス問題解決の一助になっていることを自覚し、この活動を次の世代に引き継いで行くことが大切である。旨の話だったと思う。←間違っているかも?

10時過ぎから約1時間各エリアや公園の西を流れる川へと分かれて清掃を行なった。
P1020071m.jpg

P1020072m.jpg

P1020075m.jpg

集めたゴミを分別。
P1020077m.jpg

我会のメンバーと友人。
P1020079m_20090301223641.jpg

終了時にBCK(ボルダリングサークル関西)の長老さんからアクセス問題とJFAの話があった。
P1020085m_20090301223657.jpg
今の日本の岩場の現状として事故が起これば禁止となる。
こういったアクセス問題に対して今までは地元の多くの場合は個人やその仲間が問題解決に当ってきたが、この度JFA(日本フリークライミング協会)がアクセス問題に対して取り組む体制を作った。
しかし現在のJFAの会員数は全国で2000名ほどでしかない。これでは資金が集まらず充分な活動は出来ない。多くのボルダラーやクライマーがJFAに入会することにより資金が集まり活動範囲も広がる。なので皆さんの協力をお願いしたい。という内容だった。←間違っているかも?

これは私も大いに賛同する。確か関西のJFA会員数は200名も居ないと思う。そのうち我須磨労山は20名程の会員が入会している。これは我の自慢の一つだ。当然私も入会している。
日本各地の岩場においてJFAにより信頼性の高いボルトや終了点にリボルトされている。この費用は主にJFA会費から賄われている。関西に於いては残念ながらJFAによるリボルトはあまり行なわれていない、これは会員数の少ないが為だと思う。しかし北山問題や大野山のアクセス問題においては機関紙フリーファンを通じて尽力してくれた。今までJFAは何もしてくれないという声をよく聞くが、したくても出来ないのが現状だと思う。年会費3000円は月にすれば250円である。何もしないと文句をいうより一人でも多くの方が入会して働ける組織に育てていかなければならいと思う。

ゴミを前に記念撮影。
P1020086m_20090301223707.jpg
遠くは島根県や和歌山県、岡山県からも参加者があった。

そして神戸新聞社から清掃登攀の様子を取材に来ていた。
P1020088m_20090301223719.jpg


JFAへの入会に付いては⇒こちら

尚、私はJFAの回し者では無い。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ