プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
二年間の限定だが大都市圏や都市高速道路を省く料金が乗り放題1,000円になった。
安い!と思う反面、世界と比べたら1,000円でも日本の高速道路の料金の高いと思う。

10年前にヨセミテに行った時、サンフランシスコからレンタカーで行った。
片側5車線の高速道路の広さに圧倒されると共に料金所の無い事が不思議に感じた。
ただ日本の高速道路のように一定距離にサービスエリアやパーキングエリアが無く、トイレに困ったあげく路肩に車を止めカリフォルニアの真っ青な青空の下で相棒と二人で立小便した懐かしい思い出がある。
現在においてサービスエリアやパーキングエリアは無くてはならない施設だ。だが最近あっちこっちのサービスエリアがリホームされて非常に綺麗になっている。結構なことだと思う反面、そこまで綺麗にせずにその資金を料金に還元してくれればと思ってしまう。

ヨセミテの帰りにゴールデンゲートブリッジを渡った、サンフランシスコから出るときは無料、入る時に当時で3ドルの料金を取られた。これは車の市内への流入を防ぐ意味での料金の徴収だと聞いた。
3ドルと言えば日本のお金に換算すれば500円弱だ、明石海峡大橋や瀬戸大橋に比べれば1/10以下だ。

幌馬車で西部開拓を目指したアメリカと徒歩や駕籠で東海道五十三次を行き来していた日本とは根本的に道路政策の考え方が違うのだろう。

今年もGWに入った、私も明日の夜から大分県の本匠の岩場に行く、乗り放題1,000円で車の通行量が大幅に増えると予想される、くれぐれも事故の無いように充分注意したいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
午前中に所用を済ませ、午後から太陽と緑の道のパトロールに行ってきた。
4月から担当コースが変わった。
今年度の担当は、コースNo,12黒甲越~深谷までの5.2kmだ。

南からのコースの始りである黒甲越ってどんなとこやろ…と思いつつ地図を見たらヒョウカンの近くだった。ヒョウカンとは「兵庫カンツリー倶楽部」の略でゴルフ場なのだが、私にはモトクロスとトライアルバイクのメッカという方がピンと来る。
P1020670m_20090429202804.jpg
ここの奥200mくらいのところにコースNo,12の始点がある。
今から20数年前によくこの辺りをオフロードバイクやトライアルバイクで走り回っていた。
今日もモトクロスとトライアルバイク7台ほどと出合った。
ツーサイクルエンジンの甲高い排気音を聞いていたら身体の奥深くから血がたぎる感じがした。
P1020672m.jpg

P1020689m.jpg
コースのいたるところがバイクに削られた轍がある。深いところではタイヤの半分が埋まってしまうところもある。懐かしい…。

このコースは丹生山系縦走路の一部になっている。
P1020690m_20090429203825.jpg

バイクの多いのはコース半分ほどまででそれより深谷よりは静かでなだらかな山歩きが出来る。
P1020688mn.jpg
深谷よりには落葉広葉樹が多いので秋の紅葉が楽しみだ。

P1020678m.jpg
コースの路傍に地蔵と木柱が鎮座している(標高420m)。大日如来を祀っているとのこと。
P1020686m.jpg
いつごろ積み上げたのか又何の為に積み上げたのか知る由も無いが昔は多くの人の行き来があったことが偲ばれる。

P1020683m.jpg
山道の最後にある神秘的な小さな池。
その由来は
P1020682m.jpg
ということ。

深谷側最初の民家
P1020685m.jpg
ここも神戸市です。神戸は色んな顔を持っています。近代的な町並みから山深くにある民家まで神戸の魅力の一つだと思う。

今日は3人のハイカーと7台のバイク、そして1台の四区に出合った。
昨年のコースと違ってバイクが走り回っているので草を刈る必要は全く無いと感じた。
往復で約3時間ほど歩いた。次回からバイクを何処かで調達してパトロールしたら30分ほどで済むやろなぁ…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
神戸新聞夕刊に熊本・体罰訴訟胸元つかみ「指導範囲」
        最高裁初判断少年側が逆転敗訴
との記事が載っていた。←詳細は各新聞を読んで下さい。

私は教育現場に携わる友人知人が多くいる。
その方達が口を揃えて言われるのが、どんなに子供が騒ごうか暴れようが決して身体に触れる指導が出来ない。という嘆きにも諦めにもとれる言葉だ。

保育園費や給食費を払わない大馬鹿の親や子供の躾けを学校に任せきりにする、どアホの親共に育てられたクソガキ共が、教師が手を出せないことに付け上がり好き放題しているのが日本の教育現場の実情だ。

私は親にもどつかれたが先生にもどつかれ続けて高校までの学校生活を送ってきた。
どつかれた時は、なにどつきよんねん!と親や教師の理不尽さに腹が立った、何故どつかれたか省みる事無く。しかし後になって、そりゃ~どつかれるわなぁ…と思えることばかりしていた。

今日の最高裁の判決には共感を覚えた。
が、「安易な体罰容認論につながればいいが」との声は大変重要な意味を持つと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
26日日曜日に一の壁の予定を変更して花子岩に行った。
案内はyukio君とひがぴょんさん。←ありがとうございました。
P1020646mm.jpg
近道を教えてもらった。

P1020647m.jpg

P1020664m.jpg
帝釈は高山ではないのに緯度が高いためかギョリンソウとイワガガミが途中に咲いていた。

P1020648m.jpg
高さも幅もある非常に大きな壁だが右端近くから中間部まで斜めには断層が走っていて全体に脆い。まだまだ落石が多いのでヘルメットは必携だ。しかし土曜日から雨が降り続いていたのにも関らず登れるルートがある花子岩は雨に強いこれからの季節には貴重なエリアだ。

アップルートの5.10aの1ピン目左横穴にシジュウカラが巣営しているのとのことで5.11aのルートでアップしたyukio君のヌンチャクを借りアップを兼ねてO.SトライしO.Sすることが出来た。
P1020650m.jpg
幸先良し!

あらみちゃんはフラッシュ。
P1020653m.jpg
この5.11aは非常に素直でした。←どこがやてですか?下から見てあそこはガバやろうなぁ~と思ったところが期待通りガバでした。

続いて土曜日に鳥取のマシラさんが大嵌りしていたという5.11aにマスターで取り付いた。
P1020658m_20090427202633.jpg
先ほどの5.11aとは全く違う形状で素直そうに無い。
ガバは殆ど無く細カチの連続でしかも縦やら斜めやらといやらしい。
おまけに最後のテラスへの乗っ越しも悪い!
私は1便目にホールドとムーブを完成させ、2便目でR.Pを狙ったが中間部で足の送りを間違え痛恨のテンションをしてしまった。それを見ていたあらみちゃんは中間部の足の送りをキッチリ決めて2便でR.Pした。私は先の越された腹立たしさと少しのプレッシャーを感じながらも何とか3便目にR.P出来やれやれと一安心。

次に左側にある5.11bのルートにヌンチャクが掛っていたのでお借りしO.Sトライ。
先ほどの5.11aより簡単に登れO.S
あらみちゃんは5.11aを2本R.Pした事に満足し途中で降りてきた。

続いて垂壁細カチ系の5.11cのルートに取り付いた。
P1020657m.jpg
広島のR氏の登り。
R氏が登りながらホールドがよ~わからん」と言っていたとおりホールドが分かり難かったが、よ~く見ればかかりの良いホールドが適当な間隔で合った。
このようなルートは私の好きなタイプなのでO.Sは惜しくも逃したが2便目にR.P出来た。

あと5.11cと5.11dのルートが1本づつあるのだが濡れていて登れなった。
しかし一日にイレブン2本をO.S、2本をR.P出来て大満足の花子岩だった。
あと花子岩に残るイレブンは5.11cと5.11dの2本、次回いつになるか分からないが、そのときは制覇したいと思う。

おまけ
P1020659m_20090427205507.jpg
「花よりコルネ5.12a」のyukio君。

P1020660m.jpg
同じくひがぴょんさんのアクロバティクな登り。

今回はyukio君、ひがぴょんさんには大変お世話になりました。ありがとう。
GWの本匠でも宜しくお願いします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
26日帝釈・一の壁の予定だったが土曜日から降り続く雨で壁が濡れ登れないだろうとの事で花子岩にyukio君、ひがぴょんさんに案内していただき行って来ました。
詳しくは明日…

それから花子岩の一番右の5.10aのルート(名前は知りません)の1ピン目左の穴にシジュウカラが巣作りをしていますので出来れば登らないでそ~っとしてあげてください。
子育てから巣立ちまでは3~4週間程かかると思います。
P1020662m.jpg
この穴に巣を作っています。

sijyuukara[1]
シジュウカラです。皆様ご協力をお願いします。
5月中頃から後半にかけて巣立つと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
我家の庭木の新芽が雨でより一層鮮やかに見える。
P1020639m.jpg
小さな庭に色んな種類の木を植えています。
中には鳥の糞に混ざった種子が発芽し大きくなった木もあります。

P1020638m.jpg
我家のシンボルツリー「アカメソロ」カバノキ科クマシデ属。

P1020637m_20090425162556.jpg
「ケショウヤナギ」。ケショウヤナギといえば上高地が有名だがちょっと種類が違うのかも…

P1020640m_20090425162622.jpg
エゴノキ」エゴノキ科 エゴノキ属。白い小さな花を沢山つけ、落ちる時はクルクルと回りながら落ちていきます。白い実がなります。

P1020641m.jpg
「ヤマボウシ」ミズキ科 ヤマボウシ属。白い少し大きめの四枚の花びらが特徴。秋には赤い実がなり食べられるそうですが食べた事はありません。

この時期の雨は植物達にとっては欠かせない雨なのだろうが、休みの日の雨はいただけない。
明日は帝釈一の壁に行こうと思うが、ニューエリに変更かな…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
三月から四月にかけて我社も人事異動があり新入社員が入ってきた。
一目見てこの方は新入社員やなと分かる。
新入社員は異動で来られた方とは違った緊張感を漂わせている。
どんな緊張感かと問われれば答えに窮するが…。

私も四十年程前に同じ緊張感を持って社会人の一歩を記した。
工業高校を卒業して私の入った会社は宝塚市にある特殊ポンプを設計製造している小さな会社だった。将来設計に携わらせてくれるとの約束で入社したが、三ヶ月で辞めた。
理由は余りにも地味過ぎたからだった。そして四ヵ月後にあるスーパーに途中入社した。
そのスーパーは当時飛ぶ鳥を落す勢いで成長していた。
小売業では日本初の売り上げ一兆円を達成したスーパーだった。私は入社五年目にオーディオ製品で一ヶ月の売り上げ一億円を達成し全社的に注目を浴びた。
そして慢心し結果辞めざるをえないようになり七年目に自主退社という形だったが首になった。
その後このスーパーは他社の傘下で経営の再建を目指している。

その後清涼飲料水の会社に勤めたが一年半で首になった。理由は夏の最盛期に一週間休ませてくれと言った為だ。

半年後運送会社に入り10tトラックの運転手として主に神戸、東京間を走っていた。
この会社に入った当初、先輩達が私がいつ辞めるか賭けをしていたそうだ。それは私が余りにもひ弱で厳しい労働には付いていけないと思っていたらしい。
確かにこれ程しんどい仕事は初めてだったが、女房子供の居る身だったので頑張るしかなかった。
その頑張りを見ていてくれた先輩の一人がトラックの運転手なんて歳をとったら出来る仕事ではない、同じ運転手としていくならバスに乗れとアドバイスしてくれた。
そして運良くバスの運転手になれたが、バスの運転はトラックと違って精神的な負担は比べ物にならないくらいきつかった。
バスの運転手になった当初、女房が「あんた気が短かなったなぁ~」とよく言われた。
そして二十四年間勤めたバスの運転手から異動で今の仕事に変わった。
精神的負担は半分以上に減った。
そして四年が過ぎた、後二年、正確には一年と十一ヶ月で退職だ。
退職後は年金が満額もらえる六十五歳まで又バスの運転手をしようと考えている。


自分に合った仕事を見つけるのは至難の業だと思う。私も長年自分に合った仕事が他にあるのではと思い続けていた。私がトラックの運転手をしている時、女房が人生の先輩に私の仕事について相談したとき、その先輩は仕事の内容よりどんな仕事でも続けていける体力をつけることが大事だといわれた。今になってその先輩の言われた事が理解できるようになった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
図書館で借り読み出して先日読んだM8の続編だと分かった。
M8は東京直下型地震を書いていた、このTSUNAMIは東海、東南海、南海地震が同時に起こりそれにより波高が20~30mの津波が太平洋側を襲うという内容だ。
31XH10FWNWL._SL500_AA200_[1]
日本列島付近には大陸から続くユーラシアプレート、北からの北アメリカプレート、そして太平洋プレート、フィリピン海プレートの四枚のプレートが複雑にぶつかり合っている。プレートが衝突する境界には、トラフと呼ばれるくぼみができている。東の駿河湾内から遠州灘沖までが駿河トラフ、それより西側が南海トラフと呼ばれている。東海地震、東南海地震、南海地震は、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートが押し合っているこの二つのトラフで起こる地震だ。
駿河湾内から浜名湖沖までの駿河トラフで起こる地震が東海地震。南海トラフで起こる地震で、浜名湖沖から紀伊半島潮岬沖までを震源とする地震が東南海地震、潮岬沖から四国の足摺岬沖までを震源とする地震が南海地震だ。
いずれの地域も、フィリピン海プレートがユーラシアプレートを押し曲げながらその下に潜り込んでいく。そして、曲がっていくユーラシアプレートには徐々に歪エネルギーがたまっていき、限界に達したときに跳ね上がり、巨大地震が発生する仕組みになっているそうだ。

M8では一介のポストドクターに過ぎなかった瀬戸口は教授となり日本防災研究センター地震部部長のの要職に付いている。

本の最後に瀬戸口が衆議院本会議場で国会議員を前に『将来の地震災害にそなえて』と題する提言を行なう。
その中で「将来地震予知が可能になったとしても、根本的に地震の規模を小さくしたり、地震そのものを抑えることは出来ません。そうであれば、地震が来ても壊れない建物、町、道路、鉄道等を造るしかありません。日本は世界においても有数の災害大国です。地球における陸地面積は約0.25%にもかかわらず、歴史的な大地震、大噴火の10%以上が日本で起きているという事実は私たち日本人は重く受け止めなければなりません。四つのプレートが集中している上にあり、遠く赤道近くで発生した台風の通り道ともなっています。毎年繰り返される災害に加え、またどこかで起こるであろう巨大地震に脅えながら暮らしている。これが現実の姿です」とのくだりがあり最後に「大都市直下型の巨大地震、広域に多大な被害を与える海溝型巨大地震。いつ来るかは分からなくとも、来ることは確かなのです。来ることが分かっていて相変わらず多大な被害を出すということになれば、天災でありながらも人災の要素も含んできます。この地震の国に住むかぎりは、国ばかりでなく国民も十分に自覚して地震に対処しなければなりません」で瀬戸口の話は終わる。この部分を読んで果たして今の日本人のどれだけの方が自覚しているのかと思った。当然私は緊急なことではないとの認識でしかない。

私は阪神淡路大震災の起こる一週間程前に死んだお袋が「神戸の町はええなぁ~大きな地震もないし台風もそんなに来ないし」との言葉を忘れることが出来ない。これは私を含めた凡人の考えだろうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
19日今日も晴天だ。
朝8時集合にも関らず50名近いクライマーが清掃に集まった。

10時半頃に作業が終わり戴いたお弁当を食べ岩谷へと向かった。
P1020626m.jpg
この日の岩谷は、私とあらみちゃん、そしてS谷君、TO隊長とメグねーさん、それから少し遅れて広島愛媛混成軍団5名の計10名だった。

さて私は昨日に懲りてもうイレブン掃討作戦を封印しようと思っていたが、広島の山チエちゃんが「365歩のマーチ」をリードしているのを見て、山チエちゃんが…なら俺ならR.P出来るやろ…と不遜な考えが頭を過ぎった。
その前に最近めっきり強くなったS谷君がトライ。
P1020630m.jpg
「365歩のマーチ」をリードするS谷君。核心最後のガバが取れずワンテンだった。←S谷君は既にR.P済。

続いて私がR.Pトライ。
P1020631m.jpg
右「365歩のマーチ」をリードする私。左「婚姻届」をリードする広島R軍団の女性。
このルートは昨年の8月に一度取り付いたが悪くて2ピン目で敗退していた。
今回も同じく2ピン目で敗退してしまった。
言い訳をするが、朝の清掃で体力を使い果たしていた為と昨日今日のためにと買っていた北海道大豆使用のアンパンを朝飯に食ってしまっていた。折角のあんこパワーも清掃に使ってしまい力が出なかったのだ。
岩谷イレブン掃討どころかいまだ岩谷のイレブン1本も落としていない。

さて次に何を登ろうかなぁ~と思案していたらTO隊長が「Death Penalty」を登っていたのでヌンチャクをお借りして登らせてもらった。
P1020629m.jpg
「Death Penalty」をリードするTO隊長。

早速取り付くが離陸出来ない。あの北朝鮮のロケットでも発射したのに何故俺が離陸出来ないのか…俺は北朝鮮のロケットより性能が劣るのかと情けないやら腹が立つやら、何度試しても離陸出来ない。ビレイしているあらみちゃんを見たら意味ありげにニヤ付いている。
ほんならお前やってみーと心の中で叫びながら、あらみちゃんと交代した。
なんと!一発で離陸するではないか…そしてテンションしながらも高度を上げていくのをビレイしながらムカついて仕方なかった。
続いてS谷君がトライ。当然問題無く離陸、離陸後少しコースを外れそうになったが軌道修正し正規の軌道へ戻りどんどん高度を上げていく。しかし核心部下であっさり下りてきた。

このままでは引き下がれない私は再度挑戦、今度は上手く離陸に成功、そしてたまにテンションを入れながらも高度も上げ核心部まで辿り着く事が出来た。ここで充分満足したので降ろしてもらった。

今まで多くのイレブンを登って来たが岩谷のイレブンほど手強いイレブンは無いと思う。
次回は真剣にトライしようと思う。まずは「365歩のマーチ」からやな。

おまけ
P1020634m.jpg
「団地妻昼下がりの情事」を登るメグねーさん。
メグねーさんも2ルンゼの「林田節」で棘棘の洗礼を受けたらしい。

P1020635m.jpg
「離婚届」5.8をO.Sしたあらみちゃん。

今週末の日曜日は一の壁に行こうと思う。初めての壁なので楽しみだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ながの村清掃活動に土曜日から行った。
土曜日のエリアは、あらみちゃんの希望で2ルンゼへ
あらみちゃんのお目当ては「半分バナナ」だ。
私は宿題に「寺島ルート」を残しているが今の私にはトテモじゃないが登れるわけが無い。
ならば同じく宿題になっている「林田節」を手始めに2ルンゼのイレブンを全て登ってしまおうと何とも身の程知らずな思いで車を飛ばした。

少し肌寒い2ルンゼに9時過ぎに着いたら誰も居なかった。
「かぶったエイト」と「やさしいフェイス」でアップした。「やさしいフェイス」を登っている時に、真庭の狼ことB場さんが来られた。

あらみちゃんがB場さんに、何を登られるのですか?と聞くと「半分バナナ」を片付けに来たとの事。
それを聞いた、あらみちゃんはではではヌンチャクを掛けて下さいと自分のヌンチャクを差し出す。
早速B場さんがアップを兼ね「半分バナナ」に取り付く、一撃するだろうと見ていたら中間部でテンションが入った。1便目はワンテンだった。

続いてあらみちゃんが「半分バナナ」に取り付く、3ピン目辺りで迷う素振りを見せただけで核心部をスンナリ抜け何と!期待に反して1便目にR.Pしてしまった。
P1020607m.jpg
核心部をスンナリ抜け終了点へ

P1020608m.jpg
人の褌で相撲を取るの例えの如く人にヌンチャクを掛けてもらってR.Pし大喜びするあらみちゃん。

私もあらみに負けじと「林田節」に取り付く。
このルートは2年前のリボルト後に一度取り付き大嵌りして以来だった。
今回は何としてもR.Pしようと行き込んで取り付こうとしたが…
P1020610m_20090421195804.jpg
見上げると終了点辺りに木が茂って邪魔をしている。まぁ!何とかなるやろ…と取り付いたが、やはり嵌ってしまった。しかしテンションしながらもムーブを解決し終了点への最後のムーブを起こそうとしたら、痛い!なんなんだと後を見たら張り出した木の枝に棘棘が一杯付いているではないか…
P1020611m.jpg
なんちゅう木か知らんが恐くてムーブを起こせない。やっとR.Pの目途が付いたと喜んだものの、もし終了点間際でフォールしたら大根おろし状態になる。食べるのは大好きだが自分がおろされたくない。なので泣く泣くヌンチャクを撤収した。
下りて靴を脱いでいると、あらみちゃんが頭に血が滲んどー!という。
P1020614m.jpg
止めてて良かった。ところで改めて自分の頭を見たら毛根の過疎化が進んでいる、しかし我家系から見れば私の頭髪はフサフサなのだ。祖父、叔父はスキンヘッド。親父、兄貴は花菱アチャコ状態(所謂バーコード状態)なのだ。
ここで2ルンゼ・イレブン掃討作戦はつまづいてしまった。

その間にB場さんは「半分バナナ」をキッチリR.Pしていた。B場さんから一緒に「寺島ルート」をやりましょうよと誘われたので付き合うことにした。B場さんはO.Sトライとのことだったので私があらみちゃんのお返しにとヌンチャクを掛けに登った。
2年振りに取り付く「寺島ルート」なので、イケチャンのあんこパワーにあやかり直売所で買った柏餅を食って取り付いた。
P1020613m_20090421202124.jpg
あんこパワーの御蔭か今まで出来無かった終了点下のムーブが出来た。あとは繋げるだけなのだがこれが果てしなく遠い道のりに思える。
ところでこの柏餅は凄い!!!!!のだ。
P1020612m.jpg
驚く事なかれ何と何と『老化防止剤』入りなのだ。今度買占めよっと。

一方O.SトライされたB場さんは、私の褌が気に入らなかったのか3便出されたがR.P出来無かった。この日は朝は空気が冷たく非常に良いコンディションだったが午後から気温が急激に上がりムッとした状態だった。なので甘いコルネが全く保持出来なくなった。
P1020616m.jpg
最後の核心部を前にレストするB場さん。


夜帝釈の霧降山荘である方に「林田節」の張り出した木の事を話したら…ではマメオさん伐って下さい…と予想通りの返事をいただいた。
次回2ルンゼに行った時に伐ろうと思います。               終わり

明日は岩谷イレブン掃討作戦の巻です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
日曜日に行なわれた第4回ながの村住民交流清掃活動に土曜日から行ってきた。
クライミングの事は明日以降に書くことにして今日は清掃活動を紹介します。

P1020618m.jpg
清掃活動に参加するため土曜日から来られているクライマーの親睦会が霧降山荘であった。
久し振りにお会いする方や初めての方達との近況報告は夜が更けるのも忘れる楽しい時間だ。
私は朝が早かったので皆さんの話し声を子守唄に早めに寝た。

P1020619m.jpg
朝早い8時集合にも関らず50名近い方が来られていた。
それと北海道からも参加があった。←お疲れ様
地元役員や村長、TCNet実行委員の挨拶の後早速休耕田の雑草の刈り取りを行なった。

P1020621m.jpg
雑草といっても3m近く伸びた萱の刈り取りが主だった。
私は草刈機で刈って行ったが気温の高いこともあってかなりの重労働だった。

P1020622m.jpg
約1時間ほどで刈り取りが終わり、花面公園へ移動し満開の枝垂桜のしたで戴いたお弁当を美味しく食べた。
P1020623m.jpg
花面公園の枝垂桜は約210本あるそうだ。210本の枝垂桜の咲き乱れる様は実に壮観だった。

ここ、ながの村も過疎と共に高齢化が進んでいる。広い休耕田を地主だけで刈るのは時間もかかるし重労働だ。一見清掃活動とは無縁に思える草刈だが地元住民との交流を思えば苦にならないし喜んでいただければ毎年行なう意義もあると思う。
各地から参加された皆さん、世話役のTCNet実行委員の皆さんお疲れ様でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
もうアイスの季節は終わったのですが、10年前に買って一度だけ使用したアイスバイルとハンマーそしてスクリュー3本をセットで売ります。
P1020593m.jpg
シモンのナジャのアイスバイルとハンマーそしてブラックダイアモンドのスクリュー3本です。

P1020596m.jpg

P1020599.jpg

P1020597m_20090417204505.jpg
17mmのスクリュー2本。カラビナ付きです。
P1020598m_20090417204514.jpg
13mmスクリュー1本。カラビナ付きです。
以上をまとめて買って下さい。
値段は15,000円~20,000円くらいでどうでしょうか?←高いのかなぁ…?
物は時代遅れだと思いますが程度は上です。
購入希望の方は管理者だけに分かるコメントでお知らせ下さい。

それから19日日曜日に、ながの村で行なわれる清掃活動に参加するため明日の早朝から行きます。
明日は備中2ルンゼで登って夕方帝釈ながの村に移動します。
2ルンゼが染み出しで駄目な時は長屋坂に行こうと思います。
この方面でお会いしましたら宜しくお願いします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
先日会社の隣の図書館に行き面白そうな本はないかいなぁ…と書棚の間をウロウロして志水辰夫著作の本『みのたけの春』を借りて読んだ。『みのたけの春』という題名に惹かれたことと出自が同じ高知県であったので読むことにした。
minotakenoharu[1]
あらすじは幕末の兵庫県但馬を舞台に郷士の清吉という若者の生き方を描いている。
大志よりも日常を選んだ男を描く長編で結構惹き込まれて読み終えた。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
満太郎さん率いる、おっさんおばはんクライマーがエボコマ(烏帽子岩・駒形岩の略)へ行くと言うので昼から休んで混ぜてもらった。
P1020570m.jpg
昨日の雨でJR道場周辺の山の新緑は勢いを増したのか鮮やかに感じた。

P1020573m.jpg
駒形岩から見た烏帽子岩。初級中級者向けの岩場だ。
左のクライマーは関西を代表する5.9「太陽がいっぱい」をロワーダウン中。
右の赤い服のクライマーは我会のトレトレKさんだが何処を登っているのかな?

P1020582m.jpg
烏帽子岩のルートの上部から見た駒形岩。こちらも初級中級者向けの岩場だが面白くて良いイレブンが揃っている。関西NO1ルートの「プロミネンス5.11b」もここにある。

P1020580m.jpg
同じく烏帽子岩のルートの上部から見た駒形大ハング帯。
ここにはフリーのルートが1本だけでエイド主にアブミの練習エリアになっている。
なので無秩序にボルトが乱打されいる現状がある。
この被りと綺麗な壁に何時の日かフリールートが拓かれる時が来る事を願っている。
その日までもうボルトは打たないで欲しいと願う。

今日は駒形岩が濡れていたので約1年振の烏帽子岩で登った。
5.9から5.11aまで8本登った。
その中で「サピエンス5.10c」の核心でフォールしてしまった。
P1020576m.jpg
この写真の範囲の中に3本のルートが拓かれている。「サピエンス5.10c」は真中より少し右側のルートで核心はスラブだ。7年程前にO.Sしたが今日5.10cにしては核心のカチが非常に細かいので驚いた。この右隣に同じ5.10cの「ウィング」がある。この「サピエンス」と「ウィング」を5.10cだと舐めてかかるとエライ目にあいまっせ。

それから関西最難の10dといわれている「タフ」を再R.P出来た。
P1020583m_20090415201508.jpg
これも核心の細カチに耐えてハングを越えるのだが上手く登れたので満足した。
私は烏帽子の細カチに鍛えられて今があるのだとつくづく感じた半日だった。

いつか烏帽子岩の全ルート(ラマーズとオリーブは除く)を左から右、そして右から左へと往復したと思う。当然オールノーテンで。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
昼前電話が鳴った。内線からだった。←鳴り方で外線からか内線からかが分かる。

俺「ハイ!○○係です。」

相手(女性)「○○課の○○ですが、部長はお席に居られますか?」

俺(顔を右に向けて、居る居る)「ハイ居られますが」

相手「○○の決済を戴きたいのですがお伺いしても宜しいでしょうか?」

俺「はっ!?…(何を聞くのや?)良いと思いますが…

相手「では行かせていただきます」

俺「はぁ~どうぞ…(俺に部長の都合を聞かれても…それとも俺よりヒマそうにしているのが電話では分からんわなぁ…今度同じ事聞かれたら、アカンゆうたろどんな反応するやろ)」
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は孫のセナの幼稚園の入園式だった。
P1020539m_20090413204544.jpg
三歳児組のセナは式の間中ウロウロと好きな事をしてたらしい。
まぁ~三歳で大人しく人の話を聞く態度もちょっと異様かなとも思う。
さてどんな幼稚園生活を送るか楽しみや。

P1020532m.jpg
この春、2年生になったハナ。
将来モデル志望。趣味はお絵描きと泣く事。

話は変わるが、先日間違って買ったアッセンダーを交換してもらった。
P1020567m.jpg
左手PETZL、右手Black Diamond、構造的にはPETZLは至ってSimple。
Simple is Best!という何処かのコマーシャル?で言っていたが果たして結果は…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
11日12日の両日で雪彦山三峰「友人登路」のリボルトを行なってきた。
このルートは1970年前半に村山順一氏と木下誠氏(故人)によって拓かれⅣ級+A1のグレードが付けられていた。
2006年8月に雪彦山不行岳北壁の中央ルートを初Nさんと整備し「温故知新」として発表したあと次ぎの整備として初Nさんから「友人登路」のフリー化をしようと誘われていた。
しかし中々二人の日程が合わなかったり私の怪我などで延び延びなっていた。
そうこうする内昨年「友人登路」をリボルトしているクライマーがいると数人の知り合いのクライマーから連絡があった。リボルトと言っても手製のステンレスハンガーをステンレスのオールアンカーで打ってあるとの事だった。
早速初Nさんが現状を見に行った。たまたまリボルトをしている方と会うことができ話し合う事ができた。
この方は最近クライミングを始めた方で「友人登路」のボルトが余りにも酷いので新しく打ち替えたとの事だった。初Nさんはリボルトするに於いてのルールや使用資材等について懇切丁寧に説明し理解してもらった。今後はリボルトをしないとの言質もとる事が出来た。
初Nさんは開拓者の村山順一氏と木下誠氏のお二人とは古くからの友人でもあり「友人登路」をフリー化するにあたっては開拓者への承諾は勿論、地元山岳会や岳連などとも再三にわたり話し合いを持って今回のフリー化へ臨んだ。←この辺りは私にはトテモできない。

11日雪彦山の麓夢前町は桜が満開だった。
P1020498m.jpg

雪彦山の登山口の村を「シャガの里」と呼ぶ。
それはシャガいたるところに群生しているからだ。
P1020499m.jpg
しかしシャガの咲くにはまだ早すぎたよう…

P1020500m_20090412211514.jpg
麓から見た雪彦山。右の飛び出た岩山が「地蔵岳」ここには元こぶしのポチさん達が開いた「セッピコ・ルネッサンス5.11d」など3本のフリールートがある。
その横が「三峰」今回フリー化した「友人登路」がある。

そして二番目に高い岩山が「不行岳」でここの北壁に「温故知新」がある。
一番高いのが「大天井岳」で中間部に「出雲岩」と呼ばれている大ハングがあり雨の日などにアブミの練習場所に成っている。

8時半頃大曲の東屋に着いたら既に初Nさんや地元山岳会の方達が来られていた。
そしてなんと木下誠氏の奥様と娘さんがわざわざ挨拶に来られていた。
亡き夫、亡き父の拓いた壁を見たいとの思いから足を運ばれたそう…

私は1ピッチと2ピッチのボルトの打ち替えを行なった。
P1020524m_20090412213016.jpg
日本の本チャンのビレイ点そのもの。

P1020506m.jpg
FIXEのステンレスリング付きハンガーをHILTIの68mmステンレスグージョンで施工した。
そして迷彩塗装もした。←初Nさんが前以ってしてくれていた。

P1020509m.jpg
善意でリボルトされていたもの。この場所は音響テストの結果岩が浮いていた。なので80センチほど右側の硬い場所に打ち直した。
P1020511m.jpg
FIXEのステンレスハンガーーをHILTIの68mmステンレスグージョンで施工した。

P1020531m.jpg
手製のステンレスを8mmステンレスオールアンカーで施工していた。
このハンガーは強度はあるが面取りが充分にされていないのでヌンチャクを痛めるし、スリングを直掛けしたら切れる恐れがある。それに岩場に打つボルトにオールアンカーは絶対に止めるべきだ。

一日目は1ピッチと2ピッチの打ち替えと3ピッチ目のビレイ点の打ち替えで終わった。

汚れた身体を雪彦温泉に行き綺麗にした。
P1020512m.jpg
経営者が変わったのか料金が600円から700円になり以前は試食に蒲鉾をくれたがそれもなくなっていた。

そして今夜の宿へ、いつもお世話になっている秘密の場所。
P1020520m.jpg
この日のメニューは炭火で焼肉。この日は我会の春合宿と集会を兼ねていた。
ここの宿を利用出来るのは我須磨労山とあとお医者さんのグループだけ。これは我会のarutuさんの人徳御蔭です。それに一泊500円は安い!

たらふく食って飲んで爆睡。

P1020522m.jpg
よく12日の朝飯。ん…残り物の焼きそば、朝から焼きそば………

3ピッチ目を初Nさんと共同で整備行なったので早く終わった。
P1020527m.jpg
3ピッチのビレイ点で我々を確保してくれるガンちゃんと○○君。
P1020528m.jpg
3ピッチのルート上から見た麓の様子。

P1020529m.jpg
初Nさんとお互いを写しあいした。

P1020530m.jpg
整備の終わった「友人登路」1ピッチ目30m。ここはA1で登っていたが、今回フリー化し5.11aのグレードをつけた。

P1020508m.jpg
今回手伝っていただいた方達。リボルトは初めてとのことだったのでグージョンでの施工方法を勉強した。

今後は懸案の「温故知新」周辺に新しいラインの完成だ。いつになるやろ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
仕事の帰りに前々から欲しかったアッセンダーを買った。
P1020496m.jpg
ブラックダイアモンドの左手用を何の迷いも無く買って帰った。
以前から持っていたペツルの右手用とで両手が揃ったと思っていたらペツルのアッセンダーも左手用だった。月曜日に交換してもらわな…。
ところでブラックダイアモンドのアッセンダーはそこそこいい値がするが今回は極親しい方からお年玉をつい先日戴いた。なので約半額で買うことが出来た。ラッキー!

以前から持っているペツルのシンプルさに比べブラックダイアモンドは構造が複雑に出来ている。
使い勝手はブラックダイアモンドの方が良いように思えたので今回買ったが果たして酷使に耐えられるのやろか…

明日明後日と姫路夢前町の雪彦山に行く。
昨年から計画していたルートの整備を行なう。私は1ピッチだけの整備なので多分一日で終わると思う。一日で終われば前々から構想を練っていた「温故知新」のバリエーションの下見をしたいと考えている。
昨年は一度も雪彦山に行っていない、今の時期は若葉も綺麗やろうし、宿のシャガの里にも久し振りにお世話になる。天気も良さそうなので非常に楽しみだ。
ただし春は落石の多い季節なので充分に気を付けなければ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
私は彼の作品が好きでよく読む。
最近、M8(エムエイト)とトルーマンレターを読んだ。
41-NFYwproL._SL500_SS100_[1]
東京にマグニチュード8の直下型の地震が起こると神戸淡路大震災を体験し夫々家族を亡くした地震の世界的権威だった元神戸大学教授と何の実績も無いポストドクターが警告するという話。
私も神戸淡路大震災を体験しているので面白いという言葉は語弊があり使いたくないが読み応えはある。読み終えた感想は今の政府にもこの本の最後に書かれているような地震対策に目覚めてくれればと思った。

51VT5QTJZ2L._SL500_SS100_[1]
広島、長崎に落とされた人類初の原子爆弾はアメリカ合衆国の第33代大統領ハリー・S・トルーマンが投下書類(投下命令書)を承認した。彼はルーズベルト大統領の死を受けて1945年に副大統領から大統領に昇格し公民権革命を行った初めての大統領である。トルーマンが日本への原子爆弾投下を決定した背景として、アメリカ軍の損失を最小限に止めること、実戦での評価、戦後の覇権争いでソ連に対して優位に立つという目的があったとするほか、人種的偏見があったとする説もある。
この本では原爆投下の一番の理由が書かれたトルーマン直筆とされる手紙が愛人の墓場から盗掘され日本に持ち込まれ中国を引き込んだ壮絶な争いが展開されるという内容。←Wikipediaフリー百科事典参照

私の読後の感想は本当にそうだったのではと思った。それと原子爆弾の使用には如何なる理由付けも無いと言うことだ。もし今後原子爆弾を使用した国が出てきたら、世界が共同してその国の指導者を死刑に処すべきだと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、arutuさんとトレトレKさん、クッキングママさんの3人がコウモリ谷へ行くというので昼から休んで行ってきた。
P1020470m.jpg
この暖かさで一気に開花した桜。今週が見ごろだろう。

P1020473m.jpg
衝原湖の周りには桜が植えられているがコウモリ谷の中は広葉常緑樹が多い。唯一種類は分からないが桜が咲いていた。

岩場に着くとarutuさんとトレトレKさんの二人だった。クッキングママさんは出しなにギックリ腰になった模様。←お大事に
P1020485m.jpg
「活断層」のarutuさん。
P1020487m_20090408202401.jpg
「セカンドチャンス」のトレトレKさん。

私は先日リボルトした、「おにぎり岩真中5.11b/c?★★」を登り3便目にR.P出来た。
P1000627.jpg
P1000628.jpg
3本の中では一番便数が少なくR.P出来たがホールドの位置もある程度分かっていたし岩にも慣れていたためだと思う。このルートは1ピン目が遠いのでプリクリップしてから取り付いた方が無難だと思う。

そして今日は次のターゲットにしようと考えている「岩小舎」の偵察をした。
P1020482m.jpg
高さは無いがこの被りは貴重だ。ここには「センターライン5.12b/c」と「カンテ5.11c」の2本のルートが引かれている。それと左にプロジェクトが2本ある。
P1020479m_20090408204628.jpg
「カンテ5.11c」どっ被りから垂壁へ出て行く面白そう。
P1020480mmm.jpg
「センターライン5.12b/c」最後はトップアウトすれば面白いと思う。
この岩は今ならハイボルダーとして見ても魅力がありそうに思えないことは無いが既にボルトが打たれているし高さもボルダーとしては相当な高さになるので私は絶対に取り付けない。まぁ~U氏と充分に相談してリボルトをしようと考えている。

これからコウモリ谷のシーズンが始まる四月五月の間が最も良い季節だ。

P1020491m.jpg
夕闇迫る衝原村。

P1020495m.jpg
帰りarutuさんの車に乗せてもらい家から少し離れた所で降ろしてもらって歩いて帰った。
明日も良い天気のようだ。
トレトレKさんは明日も烏帽子・駒形岩に行かれるそう。元気や~。
私も早くリタイヤしてフルタイムクライマーになりたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日だったが女性お笑いコンビのハリセンボンの箕輪はるかさん(29)が肺結核に感染し、都内の病院に入院したとのニュースが流れた。
20090407-00000531-san-soci-thum-000[1]
今日の夕方のニュースで、この事に対し舛添要一厚生労働相は7日の記者会見で、「結核は日本ではほとんどはやらない状況になっていた。ちょっとショックだ」と述べた。

私は仕事の関係で結核患者を追跡している方達とよくご一緒する。
なので舛添要一厚生労働相の言葉に本当に日本の現状を把握しているのかと思った。
日本においては特に大都市圏で結核患者が多い、神戸もその中に入っている。
結核で厄介なのは薬を服用すると直ぐに効果が現れ完治したようになり治療を途中で止めてしまう患者が多いことだ。治療を途中で止めてしまうと折角退治されかけた結核菌が息を吹き返し今までの薬に対して耐性を備え効かなくなってしまうことがある。
現在の日本においても結核患者のなかで全く薬が効かない患者が相当数いるらしい。
以前テレビで耐性菌の結核菌を持つ結核患者が医師から、貴方が何の予防措置もなく社会生活を送っている事はテロ行為そのもだと言われたと言っていた。
結核は決して過去の病気では無いのです。今定期的に役所等において結核の検査が無料で受けられます。私も昨年受けました。結果は陰性でした。ただ肺の極一部に白くなっている所がありました医師の診断で過去に結核に罹っていたが今は完治しています。とのことだった。
あなたも早急に検査を受けることをお勧めします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
落ち葉と言えば秋の風物詩と思われがちだが1年で一番落ち葉の量が多いのは春だって事を知ってました。
木の種類を大きく分けて落葉樹と常緑樹に分けられます。
落葉樹は字の如く葉を落すのですが寒い冬に備えて乾燥から身を守るために葉を落とし活動を停止する。一方の常緑樹はこれも字の如く年中葉を付けている。これは冬の短い太陽の照射時間でも光合成をし春からの活動を容易にするためだそうだ。常緑広葉樹のクスノキやシラカシは、4月から5月にかけて新しい葉が出始めると、今まで付けていた葉を1週間ぐらいの間に全て落としてしまう。これらの葉の寿命は1年だそうだ。
クスノキは兵庫県の木にも指定されている。
kusuno3[1]
神戸の町にもクスノキが多く植えられている。
常緑樹の落葉は葉が青いままで落葉する。この青いまま落葉するのが土を肥やす意味でも非常に重要な役割を負っているらしい。六甲山は豊かな緑に覆われているが江戸時代後半から明治の初め頃までは燃料や資材として山中の樹木の伐採が進みはげ山化していた。
310px-Mt_rokko01s2816[1]
現在は豊かな緑に覆われているように見えるが、その実宅地開発や神戸市の山海へ行くとの謳い文句で多くの山が削られポートアイランドや六甲アイランド、神戸空港にその姿を変えた。
神戸市は数年前に六甲山の開発は中止すると決めた。
これは良い決定に思うがやりたい事をやり切ってからの決定のように思う。
未来永劫にこの緑を残して欲しいと願う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
清掃開始時間に早く着いたので駒形岩の濡れ具合を、たまたま会ったyukio君とひがぴょんと一緒に見に行った。
P1020452m_20090405204649.jpg
予想通りお目当ての「プロミネンス5.11b」はべったり濡れていた。
yukio君とひがぴょんはこれで清掃後ナカガイジムへ転戦を決めたもよう。私は昼を過ぎれば登れるだろうと思った。

キャシーさんの挨拶後約一時間駅周辺、不動岩、烏帽子岩、川へと思い思いに散らばりゴミを拾った。
P1020457m_20090405204957.jpg
今年は約70名の参加があった。
各地の清掃活動で思うのだが、この活動を通じて普段お会いする事のない方達と会うことが出来る。年一回の同窓会のようだといつも思う。

清掃後、エボコマ(烏帽子岩、駒形岩)に行き、駒形岩の「斜陽5.9」と「サイレントティアーズ5.11a」でアップする。久し振りの「斜陽5.9」は鳳来の「卒業5.12b」より恐かった。
昼飯を食って烏帽子岩に転戦。リード君が「シー・イズ・ソー・デリケート5.11c」を登ると言うので私も登らせてもらった。このルートは烏帽子岩のイレブンで唯一落としていないルートだ。
病み上がりで無理かなぁ~と思いながら登ったら核心がメッチャ巧く登れあっさり1撃してしまった。これで烏帽子岩のイレブン全て制覇した。

その後他のパーティーの方が「タイムトンネル5.10a」をリードしていて核心部下でフォールし中間部の棚にグランドフォールしました。ビレイヤーの大丈夫ですか?との問い掛けにリードしている方が、足が折れたよう、との返事。見ると右足のくるぶし辺りから変な角度に足先が曲がっている。直ぐ仲間の一人が119へ連絡する間に、私のビレイで初Nさんが搬出に登った。下ではリン君、よう子ちゃん、あらみちゃんが搬出用にロープバッグとビニールシートを準備。怪我人をシートに乗せ付近に居たクライマー8人で道路まで搬出。暫らくして救急車が来て応急処置をしたのち近くの済生会病院に運ばれた。
怪我は足首の骨折だけで頭等は打っていなかったのが不幸中の幸いだった。
帰りにロープバッグとビニールシートをとりに済生会病院に行ったら丁度家族と仲間の方が出てきたところだった。ここで足首の整復処置だけをして手術は家の近くの病院で行なうとのことだった。
この事故で緊急事態における須磨労山メンバーの手際の良さと団結力を発揮する事が出来た。
今回搬出に協力したクライマーは居合わせた方々と須磨労山メンバーからは、初Nさん、満太郎さん、リード君、リン君、よう子ちゃん、あらみちゃん、私、そして大津岳士会のヤナッチとこうちゃんの協力もありました。
皆さんお疲れ様でした。

一息ついて駒形岩に移動し「プロミネンス5.11b」を見たら上部の抜け口辺りを残し完全に乾いていた。早速登る事にした。
P1020467m.jpg
超久し振りだったが、観ているギャラリーの期待を裏切り全く危な気の無い綺麗な登りをした私。←ん…満足。
その後調子に乗って「北斗の拳5.12a」のランジをしない左手ピンチムーブにトライしたが弾き返された。まだまだツエルブを登る身体にはなっていなかった。
しかし今日は「シー・イズ・ソー・デリケート5.11c」をR.P出来たし「プロミネンス5.11b」も綺麗に登れたので大満足な一日だった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今週初めからの体調不良も何とか回復に向かっている、やれやれである。
思い起こせば先月29日備中・長屋坂の帰りの車中でいやに寒気を感じたのが始りだったよう…
原因が何なのかよく分からない、医者には風邪だろう?と診断されたが喉の痛みや咳は全くでなかった。やはり女房の「遊び過ぎ疲労」が正しい診断だと思う。

今日は愛車ワゴンRのタイヤのローテーションを行なった。
P1020450m_20090404170018.jpg
30分程で終わった。もうそろそろ新しいタイヤに履き替えなければと思うが、2年後に新車に買い換えようと考えているので勿体ないかな?とも思っている。

明日はJR道場周辺の清掃がある、清掃後はエボコマ(烏帽子岩・駒形岩)でリハビリクライミングする。久し振りに関西人気NO.1ルート『プロミネンス5.11b』を登ろうと思う。果たして核心を巧く越えれるか楽しみや^^
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
クライミングを初めて師匠から色々教わった事柄の中にJFAという組織があり機関紙としてFree Fan が発行されている事を知り即入会した。
a0032559_026866[1]
2000年に入会したので今年で9年になる。
自慢するが私の勧誘で多くのクライマーが会員になっていると思う。たぶん…
しかし先日も書いたが関西の会員数の少なさには愕然としてしまう。

クライミングの考え方の違いや記事の内容が面白くないとか、理事が気に食わんとか、との理由で入らないらしいが、私が会員になった一番の理由は年会費3,000円の中から岩場の整備として使われているからだ。
日本で人気のエリアの小川山、城が崎、城山、鳳来、備中などはJFAが直接や間接的に整備に関っている。そういうエリアの整備されたルートを登ったクライマーも多いと思います。
整備されたルートを一度でも登ったことの有るクライマーで未だ会員になっていない方は是非入会して欲しいと思います。あえて言うなら入会する義務があると私は考えています。

今回のFree Fan #059に非常に興味深い記事が載っています。
クイックドローの向きを考える―クリップのしやすさか、安全性か―
この記事は是非多くのクライマーに読んで欲しいと思います。
又この記事に関して友人のブログを是非読んでください。⇒登攀工作員日記のクイックドローについての考察です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
少し前に使っていたエアーマットが空気漏れをするので購入した店に持って行き
修理を頼んだ。
先日店から電話がありメーカーから新品が送られて来ましたので取りに来て下さいとのことだった。
えっ!?また…と猜疑の思いが私の中に生じたが新品になるならええかと考え取りに行った。

私にとってこのメーカーの商品は曰く付きの品で最初に買ったのは、確か8年前だった。
それから4年程して空気漏れがありメーカーに修理を出したら理由は分からないが新品と交換してくれた。それから又4年経った今回も又新品に交換してくれた。
P1020387m_20090402185714.jpg
メーカーのいう交換理由は、エアーバルブの対応年数が製造後5~7年に対して製造後4年で空気漏れを起こしたのは部品に不都合があったたので交換したとのことだ。

私の極親しい人にこの事を言ったら「えっ!又~さすがクレマーはちゃうなぁ~」とぬかしよった。
このことを店の人に言ったら「いえいえクレマーでは断じてあるません。メーカー側から交換して下さいと言って来ましたから」と言われた。
なので私はクレマーではありません。今までメーカーや店に対して疑問に思うことを遠慮せず言っているだけです。そしてこれからも言っていこうと考えています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
今年もあっという間に3ヶ月が過ぎた。
今日は休もうか出社しようか遅刻のタイムリミットまで迷った挙句フラフラする頭で出社した。
朝一で体温を測ったら37.5度あった、こりゃ~無理やなぁ…と思いながら朝飯を食って測ったら37.2度に下がっていた。これで出社しようと決心がついた。

何とか無事故で仕事を終える事が出来た。熱も36.1度まで下がったがまだ頭がボーっとしてる。

しかし昨年7月から体調が万全でない時が多い。
まぁ~こういう時期もあると焦らずに行こうと思う。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ