プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日先週に続き備中・原瀧山に行った。
メンバーは我会のリード君、あらみちゃん、会友のタカチャンの四人で行った。

先週案内してくれたヤナ兄さんや羽山で会ったTCNetの実行委員の方から原瀧山は駐車問題があり地主さんに駐車料金500円を払わなければいけないと聞いていた。

先週は車を遠く離れた所に止め挨拶せずに昼頃まで登った。

今週は今後の事もあるので地主さんと思われる岩場に一番近いお宅に、あらみちゃんと挨拶に行った。奥さんと思われる女性が出てきて「岩場は隣の土地だが、岩場に行くのには、うちの土地を通る。ついこの間黙って3組の人らが登りに来てたが感じが悪いし挨拶はマナーですからね。」と言われた。私は先週の我々の事を言っているのだと思い「そうですか…すみません」と少し言葉を濁した。
奥さんは笑顔で「あなた達のように挨拶してくれたら安心するし気持ちが良い」と言ってくれた。
又「500円は隣に渡しておくので気を付けて登って下さい。」言ってくれた。

これで我々も気兼ねせずに登れるし、何より地元の方の不信感を拭えたことが嬉しかった。

17時ごろ岩場を後にし、お礼の挨拶にアプローチの地主さん宅に挨拶に伺った。
朝と同じ女性が出てこられ「わざわざご丁寧に又いつでも登りに来て下さい。」と言ってくれ隣(岩場の地主さん)にも話しておきましたからと言われたが、やはり挨拶しておくべきだと考え岩場の地主さん宅にも挨拶に行った。
やはり奥さんと思われる女性が出てきて「ハイ!聞いています。いつでも来て気を付けて登って下さい」と笑顔で言ってくれた。

そして車に乗ろうとしたらアプローチの奥さんがわざわざ出て来てくれ「気を付けて帰ってくださいね」と言ってくれた。

挨拶は何も難しい事ではない。一声かけるかかけないかによって相手の受け取り方は全く違ってくる。
そして街中と違い、村の方達は余所者を常に見ている。挨拶は理解を得る為の第一歩だと思う。
ホント今日は声をかけて良かったとつくづく思った。
もし今日声をかけずに登っていたら原瀧山が立ち入り禁止になる原因になっていたかも知れない。

次回いつになるか分からないがお二人の地主さんに神戸の洋菓子をお土産に持って行こうと思う。
今日の岩場での様子はあした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日15時過ぎから太陽と緑の道のパトロールに行った。
今日は八多(はた)側から入った。方向では北からになる。
八多側の始終点は交通量の多い県道に面している。
P1030146m.jpg
半分草に隠れていたので見落としかけた。
P1030147m_20090530205305.jpg
直ぐ横を大型トラックや乗用車が結構なスピードで走るので恐い。

ここから約1kmほど入ると未舗装の林道になり標柱が立っている。
P1030148m.jpg
しかし八多側には何も書かれていない。
P1030150m_20090530205326.jpg
手持ちの案内板を木ネジで止めた。
P1030154mm.jpg
ついでに周りの草も刈った。

P1030152m_20090530205346.jpg
林道から山道に入る間のゴミを拾った。
何故かビールの空き缶が多かった。それと紙おむつが捨ててあった。

来月はいつ行こうかな…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
P1030140m.jpg
写真の3点差し上げます。
先日車庫を掃除していて十数年来使っていない(車のワックス拭取り用ブラシ?は別)コールマンのランタンとガスストーブが出てきました。
粗ゴミに出そうと出しかけたのですが、まだまだ使えそうなので(たぶん)使っていただける方いれば差し上げようと思いなおしました。


P1030141mn.jpg

P1030144m_20090529195221.jpg
コールマン、ワンマントルランタン MODEL286A700  燃料はホワイトガソリンです。
替えのホヤ一個付きです。外観は綺麗です。ケース付き。あまり使っていません。

P1030142m.jpg

P1030145m_20090529195228.jpg
コールマン、ホワイトガソリンストーブ MODEL508STOVE
これは結構使いました。パイプの掃除が必要かも。

P1030143m.jpg
5年?程前に購入。メーカー不明。100V電源使用。一度使いましたが気に入らなかったのでそのまま車庫で眠ってました。拭取り用パッド?が要ります。

出来れば手渡しできる方が良いのですが、郵送の場合はご負担願います。

尚、コールマンのランタン、ストーブ共に長年使っていませんので不都合が生じているかも知れませんのでご承知おき下さい。クレームは一切受け付けません。

以上了承の上でご希望の方は管理者だけに分かるコメントを下さい。
出来ればお一人一点でお願いします。希望される方が多い場合は私の独断と偏見をもって決めさせていただきます。
悪しからず。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の昼過ぎ新型インフルエンザに対して神戸市長から安心宣言が発表されました。

神戸市長メッセージ(要約)

【内容】
5月16日に、市内で国内初の新型インフルエンザ患者が確認されて以来、みなさんのご協力のもと、初期の対応を迅速に実施することで新型インフルエンザの被害を最小限に抑える努力をしてきました。そして、23日以降の市内全域に対する学校の休業等の措置を解除しました。
23日以降の市内の新型インフルエンザ患者は、1つの高等学校での発生にとどまっており、神戸市においては、ひとまず収まったものと思われます。
このようなことから、『ひとまず安心』の宣言を全国に発信いたします。
今後は、新型インフルエンザを体験したまちとして、その経験を生かし、どこよりも安全で安心な生活を取り戻していきましょう。そして、神戸まつりをはじめとするイベントの開催や施設の無料開放など、さまざまな仕掛けでもって、人々が交流し、集う、以前にも増して元気で明るい神戸のまちを、アピールしていきましょう。
また今後は、季節性インフルエンザに近い対応に変更し、家庭生活を平常に戻し、個人予防に重点を置いた対策に舵をきっていきます。
さらに、新型インフルエンザの第二波に備え、このたびの教訓や経験をもとに、神戸モデルの早期探知地域連携システムを構築していきます。今後とも、どこよりも安全・安心で、明るく元気なまち「こうべ」を築いていくため、市民のみなさまとともに、力強く歩みを進めていく決意であります。

                                     平成21年5月28日
                                     神戸市長 矢田 立郎


神戸の町中でのマスク姿もだいぶ減ってきました。
私もマスクをしなくなりました。一時はマスクをしていないと非国民と吊るし上げられそうな雰囲気でした。
今週月曜日から兵庫と大阪の各学校の休校が解除されました(感染者の出た学校は今週も休校)。
通学の為電車に乗った高校生に中年男性が「おまえら乗るな!うつるやないか!降りろ」と叫んだと新聞に載ってました。何とも馬鹿なおっさんがいるのもだと呆れてしまいました。
彼らこそ被害者なのに…そのおっさんに同調する輩もいたそうだ。
日本はいつから思いやりの無い人間が多くなったのやろか…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日午後から休んでコウモリ谷へ行った。
土日の疲れが充分取れていなかったが仕事の予定が全く無かったの行く事にした。
宿題の「右カンテ」のハングの乗っ越しムーブが何とか出来たが蚊の猛攻に遭い退散した。
次回は火の出ない蚊取り用具持って再チャレンジする。

ところで356の数字は61、60、59、59、59、58を足した数だ。
何の数か、今日コウモリ谷へ来ていた我会のメンバーの年齢だ。
P1030139m_20090527191003.jpg
帰路に付くメンバー(一人先に帰った)。私が一番若い!が、嬉しくは無い。
しかしこの方達が「活断層5.12a」や「カンテ5.12c」のR.P目指して頑張っている。
既にワンテンに持ち込んだメンバーもいる。そう思えば凄いことだ。


P1030134m_20090527190941.jpg
コウモリ谷へ来れば必ず登る「マーメイド5.10」一番好きなルートだ。
私がコウモリ谷へ通い始めて最初の目標ルートだった。
薄被りで細かいカチやら遠いホールド、多彩なムーブが要求されボード育ちのツエルブクライマーも本気にさせられている。

P1030136m_20090527190951.jpg
「マーメイド」の終了点から見た自然に帰りつつある対岸の岩場。
ここにはイレブンの好ルートが揃っている。早い再開が待たれる。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
まだ懲りずに読んでいる。というか立花隆氏個人の旅へのうん蓄に少々辟易してたけど、旅そのものの内容の記述は非常に面白いしためになる。それは私が何も知らな過ぎるせいでもあるが…

今日は氏が1987年9月~10月にかけてフランスのワイン街道を旅したときのシャンベルタン村で“ドメイヌ・ルイ・トラペ・ペール・エ・フィス”を訪ねた様子をちょっとだけ紹介します。

いいワインはどうして生まれるのかと問うと、
「それは自然のミステール(神秘)としかいいようがないね」という。
「美女はいかにして生まれるか。自然のミステールだ。それと同じだよ。たとえば、ロマネ・コンチ。あのワインはやはりブルゴーニュで最高だが、あの味はどこから生まれるのか。なぜ、数メートルしか離れていない隣の畑のワインの味がちがうのか。誰にも本当のところは、よくわからない。地質が微妙にちがう。あそこの土からとれるブドウには、ローズやジャスミンの香りがある。あそこの土の中の何かの鉱物の作用らしい。それに表土の深さ、表土の下の礫層の石の大きさ、土の温度、風の流れ、そういったあらゆる要素が作用してああいうワインが生まれる。美女を生むいくつかの要因は分析できるが、トータルにはわからない。結局、自然のミステールなんだよ」

ワインに付いての記述が39ページもあるのでここでは紹介できない。ワインが好きな方は読むことをお勧めします。

それから御存知方がおられるかも知れませんがワインラベルの読み方を紹介します。
ワインラベルの読み方m
如何ですか?参考になりましたか。ただこのラベルの読み方が世界共通なのかどうかは全く知りません。あしからず

※AOCとは…原産地名表示統制のこと詳しくは省略(書ききれないため)

次回(いつになるか分からない)はヨーロッパチーズを紹介したいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
23日土曜日はヤナ兄さん、M川さんの案内で原瀧山へ行った。
P1030089m.jpg
壁は然程大きくないが被りはご覧の通りです。

10bでアップしヤナ兄さんがヌンチャクをかけてくれた「マウスポインタ5.11b」をオンサイトトライする。
P1030092m.jpg
オブザベ通りの登りが出来O.S!

続いてあらみちゃんがFLトライ。
P1030098m.jpg
ハングの乗っ越し気合でクリアしFL!

二人気分の良いまま羽山へ転戦。
駐車スペースには見慣れた車ばかり止まっていた。

穴小屋ではB場さん、ふゅきゃ君、S谷さんが期間限定公開の「そのまま過ぎた5.11c」のO.S競争をやっていた。私も参戦しないかと誘われたが「発情期」にかかっているヌンチャクに心奪われ拒否。
P1030102m.jpg
一抜けした真庭の狼B場さん。

P1030103m.jpg
長期出張の疲れか終了点下でフォールしたふゅきゃ君。

P1030128m.jpg
既にR.PされているS谷ツヨツヨさんの登り。

P1030107m.jpg
「そのまま過ぎた5.11c」のO.S競争を横目に「発情期」に取り付いた私。
発情期は昨年右膝手術の前に2度取り付いたが右足ハイステップが出来ないので途中敗退のままだった。
P1030109m_20090525213847.jpg
今回一発で右足ハイステップからのムーブが出来たがその上のムーブに戸惑いテンションしてしまった。2便目にMORISAMAから手順をご教示していただきムーブを解決。
3便目に確実にR.P出来ると取り付いたが、なんと核心の右手が異常に滑りあえなくテンション。
なんと情けない結果に終わり寒くなるまでのお預けとなった。

P1030125m.jpg
あらみちゃんはと言うと数年来の宿題だった「半日仕事5.11a」をR.P。

R.Pの源は
P1030120m_20090525213903.jpg
私が直売所で買った大福餅だった。

あらみちゃんに続けとM川さんが「半日仕事」にR.Pトライ。
P1030105m.jpg
終了点横のカチを取り行けたと思った瞬間フォールした。残念!おしい!

意気軒昂のあらみちゃんと意気消沈の私は羽山から帝釈に移動。
夕方から降り出した雨は翌24日朝方まで降り続き一旦上がったように思ったが昼前頃から降り出した。昼過ぎからは雨脚が強くなると共にカミナリまで鳴り出した。
しかし花子岩は問題無く登れた。
P1030131m_20090525213952.jpg
「花よりコルネ5.12a」にO.Sトライする大ボス。

私も「花よりコルネ5.12a」にO.Sトライしたが2ピン目であえなくフォール。
2便目に終了点まで抜けるつもりだったがカミナリが近くでゴロゴロ鳴っている恐くなって敗退。

あらみちゃんは花子岩でも11bをR.Pし益々意気軒昂になり楽しいーーーー!を連発。
私は午前中に「花よりコルネ」を落とし羽山に転戦し「発情期」を落す目論みだったが「花よりコルネ」の手強さに無残にも粉砕された。
これも寒くなるまでお預けか…情けなや…
しかし新型インフルエンザの国内初感染した神戸から行ったが備中に居た全てのクライマーが気持ち良く受け入れてくださった。ホンマに嬉しかったです。ありがとう御座いましたm(_ _)m

おまけ
P1030129m.jpg
一目見て気に入って買いました。「おじぃ」Tシャツの表側。

爆睡中のふゅきゃ君
P1030118m_20090525222248.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
予報では雨など降るようなことは言ってなかったのに土曜日の夕方から降り出した雨は日曜日朝に一旦止んだが昼前頃から降りだした雨はカミナリの伴い強く降ったが花子岩は問題無く登れた。

土曜日に原瀧山にヤナ兄さんとM川さんに案内していただき初めて行ってきた。
こじんまりした岩場で高さも無いが被りが強いし北向きのためこれからの季節には涼しくて良さそう。
駐車は地主の方に駐車料金500円を払わなければいけないので要注意。
我々は少し離れた所に止めた。
午後から羽山に転戦。「発情期」R.Pしそこねて非常に悔しい!

詳しくは明日以降に

問題
P1030130m.jpg
右は誰でしょう?左のおじぃTシャツは私です。
ヒント:フォールする間に二言三言喋る特技の持ち主。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
肝心な食べ物を忘れていた。
果物である。
石垣島は亜熱帯海洋性気候に属している為いわゆるトロピカルフルーツが採れる。
お土産に三点買って帰った。
P1030087m.jpg
石垣市内の公設市場の地下にある乾物屋のおばぁー二人がアルバイトで果物を売っていたので上(地上)より安い!との言葉を信じ買った。しかし、おばぁー二人常に喋り続けていたけど何を喋る事があるのかと思うくらい、ずーーーーーーっと喋っていた。←写真撮るのを忘れた。私が果物の事を聞くと二人があんうんの呼吸で説明してくれた、ホンマ楽しいおばぁー二人やった。 

マイナップルは説明の必要は無い。昔石垣には百以上のパイナップル工場があったそうだが今は一軒も無いそうだ。

P1030086m.jpg
これはパッションフルーツ。おばぁーが上では1,800円やけど1,500円でええと言われ買った。食べ頃は写真のように皺が入ればOK。

P1030083m.jpg
パパイヤとパッションフルーツをカットした状態。
パパイヤはこってりとした感じがする。
パッションフルーツは半分に切ってスプーンですくって食べる、種も一緒に食べる。
パッションフルーツは味に癖があるので好き嫌いがハッキリすると思う。
私は酸味の強いのが好きだ。
しかしこの大きさで一個150円から180円もする。なので今後は買ってまで食べようとは思わない。

以上、石垣島ツアー報告は終わりです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
今回のツアーは2泊3日で3万9800円だったのでけして格安ではなかった。
ただ食事付きだったので高くはなかったとも思える。
今まで特に海外での食事付きのツアーは不味い食い物が多かったが今回は美味かった。
P1020917m.jpg
初日の晩飯で食った石垣牛の焼肉。柔らかくてホンマ旨かった、カルビなんか口に入れたら溶けた。ただ量が少な過ぎた。

P1030001m.jpg
翌日の朝食。石垣シーサイドホテルのバイキング。映っていないがゴーヤチャンプルがメッチャ美味しかった。それから果物も美味しかった。

P1030028m.jpg
昼食にでた、ソーキソバ。これと炊き込みご飯がでた。

P1030043m_20090522201901.jpg
石垣シーサイドホテルでの晩飯。バイキングだったので今まで食ったことの無い物ばかり選んで食った。しかし新鮮な魚の鮨が一番旨かった。

P1030050m.jpg
なんと言っても極め付きはこれ!ボリューム満点のチキンカツカレー。
P1030052m.jpg
ほかほかのご飯が入って350円は安い!そして旨い!お勧めです。
石垣空港に入った右手の売店で売っています。

それから明日明後日と備中・帝釈に行きます。土曜日のエリアは未定、日曜日は花子岩に行きます。
マスクをして。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
石垣島は2005年12月に続いて2回目だった。
今回は3日間島内巡りをした。
P1020912m.jpg
今回バス運転手兼ガイドをしてくれた稲嶺さん。
ゆっくりバスを走らせながら要所要所で極端にスピードを落とし説明してくれる。
私も2年程観光バスの運転手をしたがこの真似は絶対に出来ない。

P1020908m.jpg
玉取崎展望台。ここは石垣島で一番細いところで幅200mしかない、右は太平洋で左は東シナ海だ。昔は船を担いで行き来していたらしい。

P1030008m.jpg
2回目の川平湾。

P1030035m_20090521203949.jpg
今回の宿「石垣シーサイドホテル」
P1030002m.jpg
部屋からの眺め。

P1030025m.jpg
石垣やいま村にいた「カンムリワシ」

石垣島は人口4万8千人で沖縄より台湾の方が距離的に近い。
島一周が160km程なので淡路島と同じくらいの大きさだ。
近年本土から移住する人が増えていて専用の住宅も用意されている。
老後をノンビリ過すには良い風土だと思う。

次は未だ行っていない島に、宮古島、与那国島に行って見たいと思う。

「おーりーとーりー」とは「いらっしゃいませ」の意味。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今週土日に備中帝釈へ行こうと考えている。
岩谷と花子岩に行きたいのだが新型インフルエンザが蔓延しているかも知れない神戸から今出かけてもええのかどうか悩むところだ。

私が備中帝釈に行って帰った後で新型インフルエンザの感染が出たらと考えたら自粛するべきかととも思う。
なんて事をちょっと心配しています。
この土日に備中帝釈で私を見かけたら近寄らないようにして下さい。
宜しくお願いしますm(_ _)m


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
17日新型インフルエンザウィルスが蔓延する神戸から逃避する後ろめたい気持ちなど全く無いまま孫達に見送られ神戸空港から石垣島に行った。
P1020885m.jpg
全員マスクの中学生達。
P1020887m.jpg
ハナ、セナもマスクを着用。

そして石垣島に着いた翌日から八重山諸島は入梅。

今日19日は朝から石垣島は大雨洪水警報が出ていた。
P1030046m.jpg
滑走路は水浸し。
予定では10時25分発だったが機材が天候不良で着陸出来ず、隣の宮古島に下りてしまい結局石垣空港を飛び立ったのは13時30分になった。
P1030048m.jpg
水しぶきを上げて着陸するANA機。
しかしこの機は無人で何処かに飛び立った。

P1030054m.jpg
那覇空港ロビーにもマスク中学生がうようよ居た。

16時前には家に帰れる予定だったが20時40分ごろ帰り着いた。
明日から出勤、私が居ない間に会社は新型インフルエンザの対応に追われて大騒ぎしていたはず、まぁ~私一人居ても居なくても全く大勢に影響は無いけど。

女房に今回は御蔭でゆっくりさせてもらったわ、明日から会社でもゆっくり出来るわと言ったら引っくり返りよった。

それから神戸ではマスクが完売し全く無い状態とのメールを受けたので石垣空港で買ったが高かった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
我町神戸で新型インフルエンザの感染者が出た。
渡航経験の無い高校生から出たというだから驚きと共に恐怖を感じる。

高校生は兵庫県立神戸高校の生徒だという。この高校は県下でも有名な進学校である。
戦前戦後の一籌(一中)と呼ばれた次代、帝大(現東京大学)の学生が前から歩いてくる一籌の帽子を被った生徒に道を譲ったという話をよくガキの頃に親から聞かされた。
余談だがその優秀な神戸高校に私の六つ上の兄が通っていたのである。兄は我家系に於いては突然変異的に頭が良かった。神戸高校から一浪して京都大学と神戸大学の両方に合格したが電車賃の要らない神戸大学に通っていた。←我家が貧乏だったため
そんな訳で何かにつけて兄には頭が上がらない、しかし一つだけ兄に勝てるものがある。それは頭髪の多さは私の方がはるかに多いのだ。←なんの自慢にもならんけど…

神戸高校は六甲山系の摩耶山の麓にあり、家から近いこともあってガキの頃の遊び場として慣れしたんだ高校でもある。今も姉が住んでいるが、感染の可能性は無いと思う、何故か姉は私と一緒でアホだから。
今朝のニュースで神戸高校のバレー部と試合をした兵庫高校生からも感染者が出たと流れていた。
この兵庫高校も県下で有名な県立の進学校で私の通勤経路の途中にある。

通勤電車内での感染を避けるためということではないが(2ヶ月前から決まっていた)沖縄方面へ旅に出ます。詳しい行先は神戸空港で分かるらしい。
何とも旅行者を無視しツアー会社の都合だけの旅だが安いので仕方無い。
ほな行って来ます。ただ那覇空港で神戸から飛んできた飛行機に着陸許可が出るのか心配や。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日コウモリ谷へ行ってきた。
いつ降り出してもおかしくない空模様で昼頃からたまにポツポツきたが16時頃まで登れた。

今日は先日リボルトした岩小舎「右カンテ5.11c」の終了点を設置した。
P1020860m_20090516180222.jpg
従来からの終了点。リングボルトを3個設置しているが全てが半分しか入っていない。抜けかけなのか設置不良なのかわからない。

P1020861m.jpg
今日、FIXEのステンレスケミカルを2本設置した。登る時は各自スリング等で終了点を構築してください。

早速「右カンテ」にトライした。
P1020864m.jpg
出だしはガバがある。
P1020865m_20090516180247.jpg
これから少し遠目に色々あるホールドを取るのだが、全て見た目以上に悪い!
P1020868m.jpg
正面から見たところ。色々試したが解決出来無かった。

P1020871m.jpg
ここも悪い!しかし見えないところに…。登る前にオブザベーションをしっかり。

P1020873m.jpg
ここから先は簡単。がボルトが遠いので慎重に。

P1020875m.jpg
ミキチームの挑戦。
P1020876m_20090516180355.jpg
1ピン目をクリップするまではスポットを忘れずに。
P1020877m.jpg
ボルダーグレイドにすれば私の体感で3級+~2級-と感じた。
このルートはボルダーとして登れないことはない。
しかし高さは8m近くある。特殊な事情の下でクライミングを行なっているコウモリ谷に於いてクライミングでの怪我は再び閉鎖になりかねないのでロープを結んで取り付いてください。

それはさて置いて、この被りは半端では無い。ここで鍛えれば強くなりそうに思える。
当分楽しめそう。

おまけ
P1020853m_20090516180427.jpg
先日、不動岩から烏帽子・駒形岩へ探索の途中の赤松の木にこんなものが…何なん?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
近々旅行に行くからではないが、図書館で目に付いたのがこの本だった。
shisaku[1]
読み始めてとんでもない本を借りたと後悔したが、投げ出すのは嫌なので読み続けている。

著者の立花隆氏は1940年生まれ。東京大学仏文科卒。ジャーナリスト・評論家。

1974年(昭和49年) 『文藝春秋』に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表。大手マスメディアの警察の発表を元にした記事とは一線を画し、自らの足で膨大な資料をかき集めた詳細な記事は大きな反響を呼び、田中退陣のきっかけを作ったとされる。←フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

なにせ東大出だ。頭は無茶苦茶にええ!なので文章も難しい(私にとって)表現が多い。
例えば…旅とは「ここではないどこか」に行くことであり、「昨日のようでない明日」に確実に、しかも安全に出会えることである。「安全に」というのは、旅は、「いずれ『いま、ここ』に戻ってくる」ことを前提にした行為だからである。それはそれ故に、冒険心遺伝子を満足させるとともに、冒険心遺伝子より強い遺伝子、「不確実な未来にすべてを賭けたくはない」という「最終的安全性確保の遺伝子」をも同時に満足させてくれる行為で、「百パーセント冒険家」から見たら、ちょっとズルい行動なのである。
このような文章が500ページも続く大作なので果たして最後まで読みきれるのか、今やっと85ページ読んだ。
本の中で氏は…つまり私は、団体ツアーだけは、死んでも参加したくないと思っている人間なのである。…と述べている。

私が女房と17日日曜日から19日火曜日までの日程で行く旅は完璧な団体旅行だ。なんでもミステリーツアーとの謳い文句で目的地が当日でないと分からないのが売りらしい。
女房が、このミステリーツアーという旅に異常に興味を示し年に何回か行っている。
私がお前が行けば何処でもミステリーやないかと言ったら張り倒された。
出来れば行きたくはないが、女房殿の機嫌を損ねたら今後のクライミング計画に重大な支障をきたすので仕方なく行く事にした。まぁ~同じ行くなら何か目新しいものに出会えればいいなぁ~と思っている。

明日は、コウモリ谷へ行く。先週リボルトした岩小舎の「右カンテ」を登ってみようと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
今週は異常に長く感じる。
GW明けのせいだろう。

明日一日頑張ろうっと。
土曜日から来週火曜日まで四連休にしている。

日曜日から三日間ブログネタを仕入れに旅に出ます。

ほな
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
午前中仕事でJR道場駅から東へ約10kmのところにある施設へ行った。
待ち時間が3時間ほどあるので武庫川ボルダーの探索に行こうかと考えたが真っ暗なトンネルを通らなければならないので没。
ならば烏帽子・駒形岩と不動岩を結ぶ山道があると以前から聞いていたので探索することにした。

不動岩側から烏帽子・駒形岩に抜けることにした。
P1020842m.jpg
だ~れも居ない不動岩正面壁。冬のエリアなのでもう暑すぎて登れない。

P1020844m.jpg
「ウリウリ」のある東稜。なんと一組マルチの練習に来ていた。

P1020845m.jpg
不動岩の頂上から見たJR道場駅。

いよいよ烏帽子・駒形岩へ向け探索開始。コンパスを頼りに西へ向かう。

P1020847m.jpg
ハッキリした踏み跡と適当な間隔で白色のテープが木に巻かれていた。

所々踏み跡の怪しい箇所があり間違いかけたがテープに導かれどんどん進んで行った。
30分程歩いたところで三叉路に出合わせた。
P1020850m.jpg
真っ直ぐ西へ行く事にした。理由は南に下るには早過ぎると判断したから。

どんどん進んでいくと椎茸を栽培しているところに出た。
プレハブの建物があり車が止まっていた。
P1020852m.jpg
ここはゴルフ場の近くなのでは、ならば来過ぎていると判断し三叉路まで引き返すことにした。
三叉路から南に進路をとりどんどん下って行った。
谷間を下って行く道なので間違いがないだろうと踏み跡らしきものを頼りに下った。
30分程下ったところから踏み切りの音が聞こえてきた。ん…???おかしいなぁ…?烏帽子・駒形岩は線路からだいぶん離れているのになんで踏み切りの音が聞こえるのかと思ったが時間的に引き返す余裕がないのでそのまま下った。
山道が終わり視界が開けて最初に目に入ったのが駐車場だった。ここは…なぬ!?
P1020859m.jpg
登り始めた不動岩下駐車スペースから東へ約300m程のところに出た。
聞こえていた踏み切りの音はJR道場駅西側にある踏み切りの音だった。
なんと約1時間かけて歩いたにも関らず出発点から僅かしか離れていなかった。
まぁ!俺の方向感覚も大した事がないと実感した半日だった。
次回いつになるか分からんがリベンジしようと思う。
| BLOG TOP |

DATE: CATEGORY:未分類
仕事の出かけに孫の華が、じーちゃんへん!と私を睨み付けていう。
何が変やねん?
服がへん!

私の今日の服装は黒の綿パンに茶色の綿Yシャツに薄いグレーの綿と麻の入り混じったジャケットを着ていた。

私がジャケットを着て出かけることが殆ど無いので異様な姿に見えたのだろう。
いつもはジーパンや綿パンにポロシャツや綿シャツを着ている。
スーツ類は冠婚葬祭以外ここ何十年と着たことがない。なので久し振りにジャケットを着たら肩が凝った。

家に帰ったら華が、今日はしんどかった?と聞くのでいいやなんで?と聞くと山に行ってたんでしょという。
華は私が毎日山に行っていると思っているようだ。確かに毎日デイバッグを担いで出かけるのを見ているためだろう。
まぁ~早くそうした毎日が来ればいいなぁ~と思ってはいるが。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日会社で殆ど一日中パソコンで資料を作っていた。←ブログの資料ではない。
昼からパソコンのキーボードに手を置いたまま居眠りを繰り返したのでゴチャゴチャの資料になってしまった。パソコンは課長の直ぐ前にあるのを使っている、課長が何ともいえん顔で私を見ていたが、気にしないで居眠りをした。まぁ~歳も近いし近所のよしみもあるし注意したところで聞く奴ではないと思っているだろう。

帰りの車内でも本を開いたまま眠ってしい危うく乗り越すところだった。
疲れを取るには睡眠が一番だと思うが、早く目が覚めてしまう。歳かなぁ…

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日コウモリ谷の岩小舎の「右カンテ5.11c」のリボルトをした。
当初一人でする予定だったが、急遽あらみちゃんが手伝ってくれ大助かりした。

P1020829m.jpg
相変わらず満水状態の衝原湖。

まずはルート全体を覆っている蔓性植物の撤去から。
P1020833m.jpg

約一時間ほどで綺麗になった。
P1020835m_20090510214554.jpg

既存の1ピン目のボルト位置が低く2ピン目のクリップ時にフォールしたらグランドするので1ピン目の位置決めのため試登した。
P1020834m.jpg
ボルト4本の短いルートで核心は出だしのどっ被りからハングを抜けるまでだがホールドが甘く厳しく感じた。
1ピン目を80cm程上に打ち替えることにした。これでグランドの危険は無くなった。

既存のボルトはPETZLのステンレスハンガーを10mmの鉄製オールアンカーで施工されていた。
P1020831m_20090510214526.jpg

ここのオールアンカーは100mmの長さのものが使われていた。
P1020838m_20090510214629.jpg
今までの経験からオールアンカーは簡単に撤去できると思っていたが、ここのオールアンカー非常にしっかり施工されていて撤去するのに難儀した。多分今まで一番難儀したと思う。

P1020839m.jpg
1ピン目のボルトはPETZLのコリノックスをHILTIのグルーアンカーRE500で施工した。
残り3本はFIXEのステンレスケミカルアンカーで施工した。

14時頃にリボルトが終わったので正面に行きクライミングを楽しんだ。
P1020840m_20090510214655.jpg
久し振りの方や先日の本匠で一緒になったミキ君とK畑君達が来ていた。

P1020841m_20090510214705.jpg
3月にリボルトした「おにぎり岩真中5.11」でヘッドジャムでレストするK畑君。
何人かの方に登ってますよと言われ嬉しかった。

今日は「マーメイド」「復活」「カンテ」を登った。
「カンテ5.12c」はテンションしまくるだろうなぁ…と思いながら登り始めたが終了点直下でフォールしただけのワンテンで抜けれた。これにはビレイしていたあらみちゃんも驚いていた。私も登りながら中々腕がパンプせえへんなぁ~どないなってんねん?強くなったのかなぁ…と思ってしまった。

来週の土曜日はコウモリ谷へ行く。
岩小舎の「右カンテ5.11c」を登ろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今回のツアーで4本のイレブンとツエルブを1本登る事を目標にしていた。
4本のイレブンは早くも二日目の3日に達成できた。
何ゆえ4本かというと2002年4月11日に道場の烏帽子岩の「ジャスティス5.11a」を初イレブンとして登って以来100本目のイレブンまであと4本だった。
記念すべき100本目のイレブンは5月3日の本匠魚道エリアの「免許皆伝5.11b」になった。
免許皆伝というルート名も一つの目標を達成し次の100本目指す区切りとする意味で非常に気に入った。

さてツエルブだが3日間我ながら良い登りが出来ていたのでそろそろ取り付いてもいいだろうと思い狙いを魚道エリアの「リバーダンス5.12a」に定めた。
理由はローカルの何気ない会話の中で登り易いツエルブと話しているのを3日の日に聞いたからだ。
それと被りの強いのも出だしだけで上部は薄被りになっていたしレストポイントも複数あるように見えた。
5日早々に朝飯を食い魚道エリアに向かった。
駐車スペースに見たことのある大阪ナンバーの車が止まっていた。
誰だろうと思いながら岩場に下りたら、なんと!ツエルブハンターHさんご夫妻ではないか。おまけに私が狙いを定めた「リバーダンス5.12a」に奥様がヌンチャクをかけに登られていた。ラッキー!

後で登らせて下さいとお願いしアップのため左壁の「夏男夏女5.10b」を登った。←もちO.S(あらみちゃんはFL)

その頃から続々とクライマーがきだした。yukio君チーム、ミキ君チームも来た。
P1020728m.jpg

P1020779m.jpg
左壁でアップするyukio君チーム、ミキ君チーム。

H仙人が「リバーダンス5.12a」を登られるのをそれとなく見ていたら出だしで苦労されている。
登り終えるまでクライミング犬『クロ』と遊ぶ。
P1020784m_20090509140609.jpg
喉の辺りをさすってやった。気持ち良いのかどうかよく分からないし腕も疲れてきたので止めたら右前足を私の腕に絡めてきて、止めたらアカン!(大分犬なのでアカンとは言ってないと思う)もっとさすってと催促してくる。で再開したらじっと気持ち良さそうにしている。私が疲れて止めれば、さすって!さすって!と足を絡めてくる。そのうち何を思ったかガバっと起き上がり私の腹の上に乗ってきた、そしてあろう事かカクカクと腰を振り出した。コラーっ!こんな真昼間になんちゅう気持ちええことしようとすんねんと心の中で叫んだ。私の心の叫びが聞こえたのか。あっそ!アカンの…そっ!と離れていった。クロは徒渉してきたばかりだったので身体半分が濡れていた。御蔭で私の腹回りはびしょ濡れになってしまった。

H仙人が登り終えたので早速登らせてもらう。
出だしが悪そうだがムーブは頭の中で出来上がっていた。中間部は大穴が3つあり然程難しそうには見えない。穴の終わった辺りから直上し終了点まで左へトラバースするラインだが左にホールドらしきものが見えない。右の甘そうなコルネを上手く使えば何とかなるだろうとオブザベもそこそこにFLトライする。
出だしは考えた通りの動きができ上手く抜けれた。これで気合が入った。
中間部にある大穴まではガバが続いていたので問題無くクリア。大穴に入り込み腰を下ろして5分ほど左腕のパンプが抜けるまでレストした。
気合を入れ直して上部核心へ向かう。穴二つ越す辺りから急にホールドが悪くなった。ここは足が上手く使え何とか抜けガバだと思って取ったホールドが余り良くなかったが、ここまで来て落ちたくないし終了点まで後1ピンのみ、足を踏ん張り腕を伸ばしたらガチっとよくかかるホールドを掴んだ。
これでパニックになりかけた頭が冷静さを取り戻せた。そして少し余裕を持って終了点にクリップした。
やったー!!!5.12aをフラッシュしたーーーーー。バンザーーーイ!!!。

ロワーダウンしHさんご夫妻から祝福を受けたときは嬉しかったです。
あらみちゃんからも足の動きが凄く良かったと珍しくお褒め戴いた。
私の長期目標に60歳までにツエルブをO.Sすることを掲げているがこれで目安がついたと思う。

その後「冬の散歩道5.11d」に2便出すが宿題になってしまった。
そして最後に地元高校山岳部が苦労していた「鈴木君のルート5.11b」を登り何とかFLした。

この日の成果は「夏男夏女5.10b」O.S、「リバーダンス5.12a」「鈴木君のルート5.11b」をFL。
あらみちゃんは「夏男夏女5.10b」「波瀾番匠5.11b」をFL。

この夜は祝杯を挙げようと思っていたが連日の疲れで眠気に勝てず速攻で寝た。

おまけ…レスト色々
P1020786m.jpg
リーダーの「波瀾番匠5.11b」でのレスト

P1020789m_20090509150014.jpg
同じくyukio君のレスト

P1020790m_20090509145653.jpg
K畑君「元気の出るカンテ5.11a」でのレスト

P1020780m.jpg
同じくひがぴょんさんのレストちゅうか出だしです。

6日最終日は午前中だけ登る事にし遊歩道エリアへ
yukio君チームのyukio君、ひがぴょんさん、T田さんは渋滞を避けるため早めに出発した。
遊歩道エリアへはミキ君チーム、そして10日まで休みのリーダーとなべちゃんも来られた。
P1020800m_20090509150836.jpg
「バットマン5.11b」をリードするミキ君。

P1020799m.jpg
「バットマン5.11b」の終了点からロワーダウンし川に下りたK畑君。

私もあわよくばR.Pしようと取り付いた。
P1020807m.jpg
ここまでは順調。
P1020813m.jpg
しかし核心でのデッドに腰が付いて来ず敢無くフォール。結局ワンテンで宿題になった。

最終日の成果は「おもえばタラチネ5.10d」O.S。「ナマコの涙5.12a」上部敗退、「バットマン5.11b」ワンテン。
あらみちゃんは登らなかった。

12時半頃に本匠を後にし、教えてもらった近道を途中間違えながらも(近道になってない)14時頃無事に佐賀関港に到着。
P1020825m.jpg

P1020828m.jpg
Uターンの車を満載し愛媛県三崎港を目指す。

P1020827m.jpg
三崎港のある佐田岬は風力発電の基地になっている。

初めての本匠は良い登りが出来たこともあって非常に良いところでした。
次回9月の5連休に再訪したいと考えています。

それから最後になりましたが今回(ず~っと)色々とお世話になったyukio君、ひがぴょんさんホンマにありがとう!
それからそれから前日魚道エリアの「リバーダンス」にトライされていたツエルブハンターHさんご夫妻は6日午前中に落とされて次のツエルブ目指して旅立たれてました。ヌンチャクありがとうございました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨夜早く寝たためでもないが5時過ぎに目が覚めた。←普段通り
お米を研いでからジョギングに出かけた、約30分程小半村の中を走った。
P1020724m.jpg

P1020725m_20090508201607.jpg
走っていてカッパの置物の多さに気づいた。この村はカッパの伝説でもあるのかも…

キャンプ場に帰り炊飯器のスイッチを入れラジオ体操をした。
7時頃に、あらみちゃんが起きて来て朝食のサンドイッチを食べ今日のエリア「魚道エリア」に向かった。
P1020723m.jpg
綺麗な空気の中では何を食っても美味い!

P1020733m.jpg
「魚道エリア」全景。
ここは遊歩道に比べれば被りは弱いが高さがある。グレイドは遊歩道に比べれば少し易しい目と昨日遊歩道でお会いしたローカルのS藤さんが仰っていた。
またここの岩質は石灰岩だが今まで経験した石灰岩とは異質に感じだ。下部は番匠川に侵食されツルツルして硬い。中間部から上部にかけて備中に見られるようなコルネが出て脆いところもある。

早速岩場の左端にある「入門5.10a」と「アッチャンフェイス5.10a」でアップ、当然O.S。
壁の正面に戻り、居られたローカルの方にルートを教えてもらった。
まずは「元気の出るカンテ5.11a」にマスターオンサイトで取り付く、然程苦労する事無くO.S達成。
幸先良し!あらみちゃんもFL。
続いてこのエリアの人気ルートの「エンジェルタワー5.11a」にヌンチャクが掛っていたのでお借りして取り付く、これも難なくO.S!あらみちゃんもFL。益々調子に乗る二人が次に取り付いたのが「免許皆伝5.11b」ローカルの説明ではワンムーブだが厳しいとのこと。マスターで取り付くがハングの乗っ越しのバランスが悪くテンションしてしまう。ムーブを解決して2便目にR.P。
少し休憩して壁の右側にある「波瀾番匠5.11b」のマスターで取り付きキッチリO.S!
このO.Sで気分を良くして16時過ぎに撤収。この時点で岩場に残っていたのは我々だけだった。

キャンプ場近くの遊歩道にはまだ多くのクライマーがいた。
P1020735m.jpg

yukio君チームも居たので対岸から観戦。
P1020738m.jpg

P1020737m.jpg

今日の成果は「入門5.10a」「アッチャンフェイス5.10a」「元気の出るカンテ5.11a」「エンジェルタワー5.11a」「波瀾番匠5.11b」をO.S。 「免許皆伝5.11b」を2撃でR.Pだった。
あらみちゃんは「入門5.10a」「アッチャンフェイス5.10a」「元気の出るカンテ5.11a」「エンジェルタワー5.11a」をFLした。

今夜の晩飯は
P1020743m_20090508205311.jpg
刺身とそしてキャベツと豚肉を酒蒸ししたメニューだった。
我々が食べている横でyukio君チームがいい匂いをさせていた。
P1020745m.jpg
鯵の開きを炭火で焼いたものと鯵の叩き。
そして
P1020746m_20090508205552.jpg
マグロの頬肉をニンニクを効かせて焼いた物。両方ご相伴に預かったが滅茶苦茶美味かった。
しかしエンゲル係数の高さは我チームの5.8比べyukio君チームは5.14くらいあったように感じた。
この夜も速攻で寝た。

翌日(4日)は昨日夕方から降り出した雨がまだ降っていた。
なので少々の雨でも登れる遊歩道に行く事にした。
P1020748m_20090508210302.jpg
朝食のメニューは蟹入りスクランブルエッグにパンとスープ、そして果物にヨーグルトにコーヒー。

この日はyukio君チームと一緒に登った。
P1020753m.jpg
「エトウダッチ5.10c」をリードするあらみちゃんん。

P1020758m.jpg
遊歩道の人気ルート「バットマン5.11b」にヌンチャクをかけるyukio君。

P1020761m.jpg
ヌンチャクをかけ終わり川に下りたyukio君。

P1020763m.jpg
素足でも痛く無いとの事。

P1020766m.jpg
3年振りのクライミングにも関らず「ラーメンとウドン5.11a」をR.Pしたリーダーの登り。

P1020767m.jpg
「JTライン5.11a」をリードするT田さん。

P1020769m.jpg
なんと「ナマケモノ5.12a★★★」を2撃し居合わせた男達を唸らせたツヨツヨのなべちゃん。ホンマ強い!それから身体を傾けてなべちゃんの登りを見ている方が地元のS藤さんです。今回岩場の説明や帰りの近道を教えていただき大変お世話になりました。

P1020770m.jpg
「バットマン5.11b」をリードするひがぴょんさん。

P1020771m.jpg
この日の最後に「バットマン5.11b★★」をR.Pし大喜びするyukio君。

P1020774m_20090508212003.jpg
「ナマケモノ5.12a★★★」に続き「タラチネ5.11a★★」をO.Sしたなべちゃん。
このタラチネをyukio君と私もO.SしあらみちゃんはFLした。

P1020777m_20090508212032.jpg
キャンプ場に帰ると炊事場が地元高校生に占領されていた。
あらみちゃんが『ちょっとどいて!』と言ったらさっとスペースを開けてくれた。

この夜ミキ君チームとも合流した。
P1020778m.jpg

この日(4日)の私の成果は「エトウダッチ5.10c」「病み上がり5.10a」「タラチネ5.11a★」をO.S。
初日に宿題とした「JTライン5.11a★★」を1便目にR.Pした。益々絶好調。
あらみちゃんは「エトウダッチ5.10c」「病み上がり5.10a」「タラチネ5.11a★」をFLした。

今日はここまで、明日は四日目と最終日をアップします。
お楽しみに
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
渋滞を避け四国周りで行った。
交通費は高く付いたが渋滞にあうことも無くフェリーで少し横になれるのでちょびっとだけ楽に行けた。
P1020703m.jpg
2日午前4時半に行楽の車を満載し三崎港を出航。

P1020702m_20090507195426.jpg
豊後水道に朝日が昇るころ大分県佐賀関港に着いた。

本匠の岩場は番匠川の清流沿いに点在して夫々違う表情を持っている。
岩場のある小半(おながら)村は番匠川の清流と緑豊かな山に囲まれた静かな村だ。
P1020707m.jpg
小半森林キャンプ場の入口にある日本一大きな水車。
その横に遊歩道エリアがある。
P1020708m_20090507195858.jpg
7時前に着き遊歩道エリアを探索し8時半頃キャンプ場の手続きを済ませ昼まで仮眠したが、長時間の運転と壁を見た興奮で中々寝付けなかった。

昼過ぎに起き早速遊歩道エリアへ行った。
P1020712m.jpg
「振袖5.10c」を登ろうとする、あらみちゃん。
奥は「JTライン5.11a」のゲンさんご夫妻。
遊歩道エリアでは欄干に登ってから取り付く。

P1020713m.jpg
「振袖5.10c」を下から見たところ。エリアの最奥にあり被りの弱いところでもこの被り具合です。

P1020711m.jpg
エリアで一番被りの強いところ。青いヌンチャクの掛っているのが遊歩道の人気ルート「バットマン5.11b★★」です。実際はもっと被っています。

P1020716m.jpg
被りの強いルートをロワーダウンで取り付きに戻るにはロープを投げてもらい、それを引き寄せて遊歩道に戻る。
戻れなければ川まで下りて徒渉する。
P1020718m_20090507195942.jpg
ただし場所によっては泳がなければならないくらい深いところもあるの要注意。


夜はyukio君チーム(T田さん、ひがぴょんさん、リーダー、なべちゃん)と合流し一杯飲むつもりだったが速攻で寝た。
P1020720m.jpg

初日の成果は、「ハエハエイダイダ5.10a」と「振袖5.10c」をO.Sし「ラーメンとウドン5.11a」を3便目にR.Pした。あらみちゃんは、「ハエハエイダイダ5.10a」「振袖5.10c」「ラーメンとウドン5.11aをFLした。そして最後に取り付いた「JTライン5.11a」は二人共に翌日以降の宿題となった。     一日目終。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
22時半頃無事本匠から帰って来ました。
初めての本匠でしたが非常にロケーションが良くて、ローカルの方も親切で思い出に残るクライミングが出来ました。
詳しくは明日以降に…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今夜から本匠に岩場に行きます。
前々から行きたかったので非常に楽しみにしています。
6日に帰る予定です。
城が崎の似の前にならないよにしたいと思っています。
 
現地でyukio君、ひがぴょんさん、T田さん達と合流します。

どうなるかはインシャラーかな?

次回更新は7日予定なので暫らくお休みします。

ほな
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ