FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
近々旅行に行くからではないが、図書館で目に付いたのがこの本だった。
shisaku[1]
読み始めてとんでもない本を借りたと後悔したが、投げ出すのは嫌なので読み続けている。

著者の立花隆氏は1940年生まれ。東京大学仏文科卒。ジャーナリスト・評論家。

1974年(昭和49年) 『文藝春秋』に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表。大手マスメディアの警察の発表を元にした記事とは一線を画し、自らの足で膨大な資料をかき集めた詳細な記事は大きな反響を呼び、田中退陣のきっかけを作ったとされる。←フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

なにせ東大出だ。頭は無茶苦茶にええ!なので文章も難しい(私にとって)表現が多い。
例えば…旅とは「ここではないどこか」に行くことであり、「昨日のようでない明日」に確実に、しかも安全に出会えることである。「安全に」というのは、旅は、「いずれ『いま、ここ』に戻ってくる」ことを前提にした行為だからである。それはそれ故に、冒険心遺伝子を満足させるとともに、冒険心遺伝子より強い遺伝子、「不確実な未来にすべてを賭けたくはない」という「最終的安全性確保の遺伝子」をも同時に満足させてくれる行為で、「百パーセント冒険家」から見たら、ちょっとズルい行動なのである。
このような文章が500ページも続く大作なので果たして最後まで読みきれるのか、今やっと85ページ読んだ。
本の中で氏は…つまり私は、団体ツアーだけは、死んでも参加したくないと思っている人間なのである。…と述べている。

私が女房と17日日曜日から19日火曜日までの日程で行く旅は完璧な団体旅行だ。なんでもミステリーツアーとの謳い文句で目的地が当日でないと分からないのが売りらしい。
女房が、このミステリーツアーという旅に異常に興味を示し年に何回か行っている。
私がお前が行けば何処でもミステリーやないかと言ったら張り倒された。
出来れば行きたくはないが、女房殿の機嫌を損ねたら今後のクライミング計画に重大な支障をきたすので仕方なく行く事にした。まぁ~同じ行くなら何か目新しいものに出会えればいいなぁ~と思っている。

明日は、コウモリ谷へ行く。先週リボルトした岩小舎の「右カンテ」を登ってみようと思う。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ