FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
土曜日の朝6時に神戸を経ち直売所で昼飯と晩飯を買って用瀬小屋に9時前に着いた。
駐車場とキャンプ場には見慣れた常連の車が既に止まっていた。
我々も準備をしていたらMORISAMAが来られ小屋の煙突の修繕を始めた。
お手伝い出来る事もなさそうなのでニューエリアへ行った。
3月15日以来のニューエリアだ。壁はパリパリに乾いていた。
「なんと思います 5.10b」をおメグ・TO隊長が登っていたのでヌンチャクを借りてアップした。

その後「神楽坂」に2便、「時間よ~」に1便出した。
「神楽坂」は2便目にムーブを解決し終了点まで抜けれた。少し涼しくなってからR.Pを狙おうと思う。
「神楽坂」はニューエリで「美しくカンテ」の次に長いルートなので登り甲斐がある。
ボルト間隔もランナウトしているようでしてないような…設定者がノッポなので納得。

P1030535m.jpg
取り付きと壁の半分位までは木の葉に陽射しを遮られて暑くない。
この日も気温が高かったようだが私は余りヌメリを感じなかった。ただテンションすると同時に汗が噴出した。登っていてこれだけ汗をかいたのは久し振りだった。

P1030538mm.jpg
ちょっと休憩。
右から「ランコロ」のTO隊長、「まむし」のMORISAMA、「神楽坂」のあらみちゃん。

P1030539m.jpg
MORISAMAの海外旅行の話は面白かった。左膝を痛め腫れていた。お大事に。

この日は「神楽坂」のムーブが解決出来たし「時間よ~」の最後も光明が見出せたのでええ気分で岩場を後にした。

P1030541m.jpg
晩飯は直売所で仕入れた乾麺と野菜を適当にぶち込んだものだが非常に旨かった。

22時半ごろ寝る前に何の気なしに川の方を見たら、なんと!蛍が飛び交っていた。
小屋に泊まりだして何年にもなるが初めて見る蛍だった。何とも幻想的でしばし見とれてしまった。

翌12日は朝目が早く覚め集合時間までにかなりあったので橋から駐車場までの道路脇の草刈をした。

今年は権現と用瀬小屋周辺の草刈を重点的に行なった。
又用瀬自治会と合流しての草刈だった。P1030550m.jpg
挨拶される用瀬自治会長さん、話しの内容は当初クライマーのマナーに対して危惧していたがゴミも放置することも無く当初の思いは杞憂に終わった、とのことだった。しかし一人一人のクライマーがいままで以上に常識ある行動を心がけなければ強く思う。それは一人のクライマーの非常識な行いで今まで積み重ねてきた信頼関係が一瞬にして崩壊してしまう。私も常に注意しなければと思う。

P1030566m_20090713212946.jpg

P1030567m_20090713212924.jpg
今まで雑草と雑木に覆われたお墓がMORISAMAの手によって綺麗になりました。
何処のお墓かは知りませんが、ご先祖様も喜んでおられると思う。

P1030562m_20090713212911.jpg
女性陣の奮闘で小屋も綺麗になりました。

P1030570m_20090713213537.jpg
心肺蘇生法の講習ではrockwaveさんの独り舞台だったような感が…

心肺蘇生法の講習後、アクセス問題と川エリア「燃えない岡山県民」のキーホルドをどうするかなどが話し合われた。
結論としてアクセス問題に関しては、他人様の土地にある壁で登らせてもらっているという意識を常に忘れない事。「燃えない岡山県民」に付いてはしばらく様子を見るが自己責任に於いて登攀自粛を解除することになった。

その他、色々話をしたが、備中に於いてはMORISAMAの存在があって今の備中があると思う。
しかしMORISAMAも未来永劫に存在されるわけでは無い。将来を見つめた場合今以上にクライマー一人一人が地元との交流に心血を注がなければならないと思う。でなければ備中の将来は無くなるかもしれない。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ