FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:

5130VNHGSNL._SL160_AA115_[1]51KVQ7GVBXL._SL160_AA115_[1]51Z45FK1XQL._SL160_AA115_[1]

 山崎豊子著作の「華麗なる一族」を読んだ。             

週刊誌に2年7ヶ月連載した小説にさらに取材をし加筆訂正して上中下三巻にまとめられたそうだ。 

都市銀行のオーナー頭取が自身の野望の為金の力で自分に都合の良い正義を作り出すとともに、血を分けた家族をも犠牲にして野望を遂げるという内容だ。

白い巨塔同様に悪人と善人が登場する。そして悪は栄え、善は滅び、正直者は損をする世の中であることは、過去も現在も、たぶん未来をも含めて変わることはないだろう。とすると山崎豊子の作品は、そのような現実世界を曇りなくえがいていることになる。しかしそういう世の中を肯定しているのではなく、彼女は怒りをこめて、こうした世の中に抗議しているともいえる。←下巻解説から

小説の中で善人の三雲頭取が悪人の万俵頭取に対して、「孟子の教えに、『天下ヲ得ルニハ、一不義ヲ成サズ  一無辜ヲ殺サズ』という言葉がありますねぇ」という箇所がある。

過去現在そして未来において政治家や官僚そして財界人たちのなかで上記の孟子の言葉を実践しているものがどれほどいるだろうか。

| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ