2009.08.31 散々や(;_;)
一晩寝たら痛みはだいぶん和らいだ。
出社も帽子を被り社内では手拭いを巻いている。
色んな方から「暑いん?」「掃除ですか?」と聞かれる。私がクライミングをしている方は「落ちたん?」など色んな事を言われる。その都度手拭いを取って見せたら一葉に「痛そ~(>_<)」と言う。それより頭を早く洗いたい。

今朝からパソコンが起動しなくなった。この記事は携帯電話で更新した。
なので暫くは毎日更新出来ないかも知れません。

早く修理なり買い換えるなりしたいと思います。

家に帰ってパソコンを分からないまま色々弄くってみたがある画面でフリーズし動く気配が無い。強制終了させてモデムやパソコンの接続端子を適当に触ってスイッチを入れたら起動した。でこの追加記事を書いています。
いつまで持つやら分かりませんがやれやれです。

選挙も民主党の大勝だった。まあ予想通りなのだが民主党は支持団体に労働組合が大きくかんでいる。
昔東京都知事に社会党の推す美濃部氏が知事になった。その時支持母体の労働組合との兼ね合いで職員を大幅に増やし東京都の財政を破綻させた経緯がある。次の政権を担う民主党にはそのようなことの無いように不公平、無駄の無い政治をしてくれればと期待する。
まぁ~国民の底辺にまで光を当てる政治をしてくれれば何処の政党でもええ。
当面は民主党のお手並み拝見やな。
2009.08.30 堡塁岩
今日昼から堡塁岩に行ってきた。
P1030851m.jpg
アプローチ入口の案内板。保塁が正解なのかな…

P1030852m.jpg
中央稜の上から見た神戸市街。
堡塁には2007年8月以来だった。

今日の堡塁には我会からガンちゃん、arutuさん、ヨッチャンが中級登山教室の講師で来ていた。
私は初Nさんと待ち合わせし中央稜の「檜のフェース5.11c」を登る事にした。
P1030853m.jpg
「中央クラック」でアップする初Nさん。

アップの後多分5年?振りに「檜のフェース」に取り付いた。
P1030855m.jpg
ヌンチャクのかかっているフェースを左寄りに直上し小さなハングを越えるのが核心。
ハング上の右カンテを使っては駄目と限定付ルートになっている。

5年?前には右のカンテを使わなければどうしても抜けられなったが今日は1便目にムーブを解決出来2便目にR.Pすることが出来た。
初Nさんも2便目にムーブを解決し3便目のR.Pを狙っていたのだが、私がしょうもないことで怪我をしてしまい初NさんのR.Pは御預けになった。私は急遽病院に行く為下山した。

怪我の状況は、中央稜の上で落ちていたペットボトルを拾おうとして、おでこの右上辺りを枝振りの立派な松の木の枝で強打した。痛!と思って手を頭にやったら血がボタボタと落ち手が血に染まった。
慌てて持っていた手拭で傷のところを圧迫し、中央稜凹角の終了点にいたarutuさんに初Nさんに上がって来てもらうように依頼。
初Nさんに傷口を見てもらったら「こりゃー酷いで、医者で縫うてもらわんとあかんで」というので応急処置として傷口付近の頭髪を鋏で切ってもらい傷口を水で洗い傷パワーパッドを貼り手拭を鉢巻状にして止血し後の事を初Nさんに任せて自分で車を運転して家の近くの病院に行った。
P1030860m.jpg
看護師が医師に「縫います?」と聞いたら「否!スキンステープラーで止めよか」という。ステープラーってホッチキスのことやないか痛いんちゃうんかと内心思っていたが、滅茶苦茶痛かった。看護師が「痛かったでしょ?」と聞くから「痛かったわ」と応えた。
そりゃ~松ノ木の枝で強打したところをスキンステープラーで上から押さえつけてガッシャとやるから痛いし、それに4箇所止めたけど最初の1箇所目に失敗したのか見えなかったけど、医師が「あっ!…」看護師がなにかゴソゴソして少し間が空いた。最後の4ッ目を止めた後意識が飛びかけそうになった。
看護師が薬を出して帰るときに「痛かったり血が出て止まらなくなったら何時でもいいですから必ず来て下さいね」というので内心「今メッチャ!痛いねんけど!」と思いながらハイッ!分かりましたといって帰った。
家に帰ったら女房が(山に)行かんかったらよかったのに、ヘルメットを被ってなかったん?何のためのヘルメットなんと痛い所を付かれた。
確かにヘルメットを被っていれば何とも無かったと思う。
反省。最近反省することが多いなぁ…

P.S
初Nさんには大変お世話になりました。ありがとう御座いました。
しかし明日からこの網を被って会社には行けんなぁ…。どないしょ…。
今日朝からTOYOTA VOXYのタイヤを交換した。
購入から7年と8ヶ月見た目にも減っているのがハッキリ分かるほどだった。
pic_es340_01[1]
ヨコハマタイヤミニバン用map195 65 R15 4本交換工賃、プラグ交換、旧タイヤ処理費、消費税込みで50,000円なり。多分神戸で一番安いと思う。

その後太陽と緑の道のパトロールへ
25日に下見をした反対側から入山した。
今日は標識の補修と倒木の処理をした。
P1030827s.jpg
15箇所の標識の補修をしたが取り付けている位置が高かったり低かったりと見にくかったのでハイカーの目の高さに合わせるようにした。

それと倒木が細いのから太いのまで6箇所もあった。
P1030829s.jpg
これは可愛いもんや。

P1030841m.jpg
葉っぱに隠れて見にくいが今回一番太い倒木だった。
直径50cmほどの枯れた松ノ木が登山道の頭の上に横たわっていた。

P1030843m.jpg
倒木の下になって支えている木を切って登山道に横たえさせた。
ノコギリを持っていたがこれを伐るのは無理なのでこのままで放置することにした。

P1030844m.jpg
この倒木の直径は30cmほどだったのでノコギリで約20分ほどかかって伐った。

P1030845m.jpg
全身汗みずくになり休憩を入れて伐った。メキメキと音がして伐れ落ちた時は雄叫びを上げていた。

そして25日に川を徒渉した先の道が土砂崩れで無くなっていると思っていたところは私の勘違いだった。
徒渉地点が2箇所あって混同していた。やれやれ。

今日の夕方6時から我会の納涼会があったがパトロールで思った以上に時間がかかり参加出来無かった。まぁ~しゃーないか。

それから私が物心付いたときから我家にあったノコギリが今日先っぽが折れてしまった。
P1030846m.jpg
親父が四国の山奥で炭焼きの時に使っていたと思う。
50年以上昔のものだがよく伐れるが折れてしまった。まぁ~しゃーないか。

エンジンチェーンソーが欲しい。
2009.08.28 反省
日課の一つでお気に入りのブログを見ていく中に長老さんの『整体登攀』の常識とルールの記事に目が止まった。
その記事の中の「いわのぼりの日々・四国ルール」の記事を全文紹介します。

「四国ルール」  提言
私が直接確認したわけではありませんが、鳴滝でナイトボルダリングが行われた形跡があるようです。

四国のボルダリングエリアでは、アクセス問題を未然に防ぐという観点からナイトボルダリングは行わないでください。登っている皆さんは楽しくても、地元の方から観ればただのうるさい不審者と見られるかもしれません。

特に鳴滝は最近滝をよく見せるための雑木の伐採が行われるなど、地元の方の出入りも多くなっています。駐車場でのテント泊も謹んでください。訪れる皆さんの行動が今後の鳴滝の未来を担っているといっても言い過ぎではありません。近くのキャンプ場としては「四国三郎の郷」という立派な施設がありますのでこちら等をご利用ください。


以下、四国でボルダリングエリアを開拓しているローカル全体の意見として以前ロクスノで掲載していただいた文章を転載させていただきます。


*************************

① チッピング・グルーイング厳禁
もはや当然のことでありますがチッピング・グルーイングは決して行わないでください。
ホールドが欠けることなどもあるかもしれませんが、それも自然の摂理と考えそのまま記念に持ち帰りいただくか、自然に帰してください。

② 岩場には何も残さない
岩場から帰るときには自分たちのゴミは持って帰り、ホールドに付きすぎたチョーク跡はできるだけ落としてください。またトイレ(特に大)も事前に済ませておくなどの適切な処理をお願いいたします。残念ながら場所によってはクライマー以外の不法投棄が目立つエリアもあります。我々も機会あるごとに清掃など行っていますが、もし余裕があれば自分たちのゴミ以外に一つだけでも拾っていただければありがたく思います。

③ 車はできるだけ乗り合わせる
四国のボルダリングエリアには多くの車を止めることができるような駐車スペースはほとんどありません。多くのクライマーが訪れることができるように、また地元に住む方々や観光客とのトラブルを避ける上でも、できるだけ車は乗り合わせてお越しください。通行の妨げとなるような駐車は絶対に行わないでください。

④ナイトボルダリングはしない
近年一部で流行しているナイトボルダリングですが、真っ暗の中ヘッドライトやランタンをつけて岩の前で騒ぐ姿は、近くに住む地元の方々から“不審者”と見られてもおかしくありません。現在、四国のボルダリングエリアにおいてクライマーと地元の方々は良好な関係を築いていますが、これを壊さないためにもナイトボルダリングは行わないでください。

新たなアクセス問題や登攀禁止の岩場を増やさないためにも、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

投稿者はtaoさんです。

何故私がこの文を紹介したかといえば私がこの中に書かれている「駐車場でのテント泊も慎んでください。」を知らぬとはいえ破ったからです。
今年7月の連休に鳴滝に行った時に駐車場ではなく鳴滝の滝壺のところにある広場にテントを張りました。暗くなってから張り翌朝は早めに撤収しましたがこの記事を読み軽率だったと大いに反省しています。
四国ローカルの皆様申し訳ありませんでした以後充分注意いたします。m(_ _)m
宝塚mm

女の園といわれている宝塚歌劇団に1945年から1954年まで「男子研究生」として「男子部」があったという本。

私は小学生のころ確か2回か3回宝塚歌劇を観に行った。
それは高知県の山奥に住む祖父母が神戸に遊びに来た時に行っただけでそれ以降は観に行っていない。

祖父は歌劇の舞台が始ると椅子から立ち上がって目を輝かせ口をポカンと開けて魅入っている姿を今も鮮明に覚えている。
それは今から思えばこれと言って娯楽の無い山奥で人生の大半を過した祖父にとってはこの世のものとは思えなかったのだろう。特にラインダンスは衝撃的だっただろうと今になって思う。
祖父が観終わったあと高知弁で『げにもう!堪らんぜよ』というのを当時は理解出来無かったが今私が歌劇を観たらやはり『げにもう!堪らんぜよ』という気持ちになるかも…

※この本を読みたいと思われる方は差し上げますので連絡下さい。
2009.08.26 こうもり谷
今日夏季休暇を取ってこうもり谷へ行ってきた。
P1030801m_20090826202032.jpg
こうもり谷には7月5日以来だった。
衝原湖は例年なら渇水で湖面の底の一部を見せているのだが今年は満水だ。

須磨平日クライミングメンバーの集合時間より少し早く行ってアプローチの草を刈った。
P1030803m.jpg
それと岩場周辺の草も刈った。

今日は5.10台と5.11、5.12を合計7本登った。
5.12以外はR.P出来たし『カンテ』が3テンで登れたのでこの時期にしてはまあまあかな
しかし最後に登った「活断層」は最初のハングで降りた。

今日のこうもり谷は余り風が無く蒸し暑かったが私を入れて8名の方が来られていた。
P1030808m.jpg
「マーメイド」をリードするともちゃん。

P1030811m.jpg
「カンテ」でワンテン地獄を驀進中の初Nさん。

P1030820m_20090826211131.jpg
「活断層」で最高到達点を更新した須磨の化物トレトレKさん。←見てくれではありません。

P1030821m.jpg
「活断層」のアンパンマンさん。2日続きのコウモリで今日は少々お疲れ気味。

P1030824m.jpg
今日初めてお会いしたDr,H女史。今日一日ビレイありがとうございました。
それから今日「コーナー」をR.Pされました。おめでとうございます。

あと平日クライミングの世話役のラスマツさんとアンパンマンさんの相棒のY君?が来られていたが
ええ写真が無くアップ出来ませんでした。すみません。

P1030825m_20090826212159.jpg
平日なのにこの人数。皆さん何をしているんでしょうかねぇ…
2009.08.25 仕事の合間に
昨日と今日、仕事の合間に山歩きをしてきた。
昨日は油コブシを東屋のある中腹まで往復約40分の山歩きをした。
P1000078.jpg
油コブシの山道に入ったらツクツクボウシの大合唱だった。
夏も終わりか…ほんと短い夏やった。

P1000082.jpg
途中の景色の良い所から大阪湾を携帯のカメラで撮った。
昨日は大陸からの高気圧に覆われていたのか湿度の無い気持ちの良い天気だった。
空気も澄んで遠くまで見渡せた。

今日は北区淡河町の施設に行った。施設のある場所と私の担当の太陽と緑の道が近かったので待ち時間の合間にパトロールをしてきた。

先月見回った時には無かった、オフロード用のタイヤが不法投棄されていたり、大きな松ノ木が道に倒れていたりして可也荒れていた。
P1000089.jpg

P1000088.jpg

P1000086.jpg

中間点にある川の徒渉点まで行ったが土砂が崩れて道が無くなっていた。
修復には相当な時間がかかりそ。
まずは29日土曜日に新しい道が出来るのか下見をする予定。
クライミングどころではないえらいこっちゃ。
世界陸上ベルリン大会の男子やり投げで村上幸史が銅メダルを獲得した。同種目でのメダルは、五輪、世界選手権を通じて日本人史上初とのことだ。
215794_c185[1]
我社は四紙の新聞を取っている。神戸、読売、毎日、朝日。

その四紙の朝刊に、このニュースを載せていない新聞があった。
それは毎日新聞で村上のむの字も載っていなかった。女子マラソンの記事は大きく取り扱っていたのにだ。他社は大きく載っていたにも関らずにだ。
ニュースが間に合わなかったか、それともメダルを取るのは想定外だったので記者を張り付けていなかったか、はたまた日本人には地味な競技なので敢えて載せなかったのか。

私は女子マラソンの銀メダルより凄いニュースだと思う。

まぁ~夕刊には大きく取り上げていたのでニュースが間に合わなかっただろう。
しかしお粗末な話。
P1030793m_20090823204513.jpg
大正7年生まれの義母と平成14年生まれの華、平成17年生まれの世那。
年齢差は85歳と89歳。
P1030794m.jpg
未だ元気でしっかりしている。
女房と私にとって唯1人親と呼べるひとだ。
目指せ100歳!
2009.08.22 里帰り
今から女房の里、広島県福山市東深津町まで孫二人を連れて90歳になる義母のご機嫌伺いと墓参りに帰る。
一応一泊の予定だが初めてのお泊りとなる孫が大人しく寝てくれるか…夜中に帰る羽目にならなければよいが…

時間があればアシーズにも寄りたいと考えている。
それに山ちゃんのパリパリ餃子も食べたいし…

なので今週末はクライミングは無し。
2009.08.21 池波正太郎
山崎豊子氏の「不毛地帯三・四」を予約しているがまだまだ手元に届くには日がかかりそうなので何か面白そうな本が無いかと昨日図書館に行った。

いつだったかイケチャンのブログに紹介されていた『剣客商売』があったので借りて読んだ。
513QKBAC45L._SX230_[1]
理屈抜きに面白い。
主人公がじぃさんでこれが又滅茶苦茶強い!

これとよく似た内容で藤沢周平氏の用心棒日月抄が私は好きだが全て読み終えたのでこれからは
池波正太郎氏の剣客商売シリーズを読みまくろうと思う。
後輩の象印君が、面白いですよと貸してくれ読んだ。
bn18961[1]
大まかなあらすじは、富山の百姓の出の岩松(のちの播隆上人)が富山の百姓一揆に巻き込まれ誤って最愛の妻おはまを槍で突き殺してしまう。
逃走の為出家するが、罪の贖罪とおはまへの未練を断ち切るためみずから厳しい修行にのめり込んで行く。
そして笠ヶ岳を再興し文政十一年(1828年)七月二十八日に中田又重郎と槍ヶ岳に初登頂する。

しかし播隆上人が槍ヶ岳を開山したのは事実なのだが新田次郎氏の書いた内容は史実とは全く違うようだ。まぁ歴史書ではなくあくまで小説なので当然かも

私も過去に槍ヶ岳には三度登った、播隆上人が逗留したといわれる岩窪もみたが、今から約180年も前によくぞ登れたものだとほとほと感心した。
日本人にとって山、特に高い山は信仰の対象として崇められてきた。
それは現在と違って誰でも簡単に登れる対象では無かったからだろう。
交通機関や装備の発達した現在では大概の方が簡単に登れる、それに伴って山に対する畏敬の念が薄れ山を甘く見たりゴミで汚しても平気な人が増えたのではないかと思う。
2009.08.19 時間休
我社で数年前に年次休暇一日を時間に分けて取得出来る制度が出来ていた。
今日初めて14時から16時までの2時間の時間休を取って隣のジムで汗を流した。

7月の中頃に体調を崩してから真ともなトレーニングが出来無かった。
昨日風呂に入る時に体重を量ったら57kgあった。
通常は56kg辺りを前後しているので少々焦った。

出来るなら54kg台にしたいのだけれども現状の生活習慣では無理。
もっと走り込みをするか飯の量を減らすかだが、走り込むと膝を痛めるのではないかとか、飯の量を今以上減らすのは惨めに思うしと中々実行出来ない。

何ゆえ54kg台かというともっと登れるようになるのではと何の根拠もなく思っている。

今日のトレーニングは、30分のジョグと腹筋150回、背筋90回に10kgのダンベルを持ってのスクワット90回、片足での踵上げを左右各100回、18kgのベンチプレス60回やった。
これで多少は体重が減ると思ったが、退社間際に女房から電話があり『今三宮に居る、晩飯一緒に食お』と誘われ、何十年振りかでに行った。ギョーザと中華丼とビールを飲んだ。
これで今日のトレーニング効果は帳消しや。←たまにはええか。
2009.08.18 不満と不安
今日第45回衆議院選挙が公示された。

先日テレビの街頭インタビューに中年の女性が、『自民党には不満を、民主党には不安を感じる』
と答えていた。
上手いこと言うなぁ~と感心した。

今回民主党が圧勝する予想だが、自民党の国民を無視した数々の実態を見せ付けられたら政権の交代は当然だと思う。

が、反面民主党の言う、児童手当の拡充など選挙前になって急に出してきたものだ。
以前公明党が拡充を提案した時に無駄遣い、ばらまきなどと言って反対していた。
それに高速料金の無料化だがそのための財源の出所を明確にしていない。日本の高速道路は欧米のように元々無料を前提にして造られていないので弊害が大きいように思う。

と言って他に政権を任せられる政党は見当たらない。なら一度民主党に政権を任せたら自民党も本気になって国民のことを考えるのではないかと思う。

良い意味で切磋琢磨して不公平の無い日本の国にしてくれたらどの政党でもええと思う。

国民の権利としての一票を無駄にしないようにしなければ
2009.08.17 盆休み
二男家族が昨日から遊びに来た。
昨夜は久し振りに庭で焼肉をする。
P1030734m_20090817180311.jpg

P1030740m.jpg
孫達にボードを開放。教えてもいないのにデッドやキョンのようなムーブをする。
夢中で登りふと下を見て高さに慄き『恐い~!』

今日は、しあわせの村に行って来た。
P1030741m.jpg

P1030765m_20090817181546.jpg
ここでも登ろうとする孫達。
P1030772m.jpg
水遊びも大好き。

P1030787m.jpg
遊び疲れてお昼ね。

P1030778m.jpg
今日は夏の日差しが強く神戸市の西の地域に光化学スモッグ注意報が発令された。

P1030782m.jpg
しあわせの村は緑が多いので日陰に入れば暑さは凌げる。

P1030773m.jpg
油蝉もそろそろ終わりか。

又明日から8月の後半に突入や。
はよ涼しなって。
2年振りに六甲北石切場に行ってきた。
従来の壁の左に新たにルートが10本ほど出来ていた。
P1030714m.jpg
従来の壁。
P1030715mm.jpg
新たに拓かれた壁。

今朝方の雨でクラックのルートがクラックの中が濡れていたで非常にシビアのクライミングだった。
そんな悪条件のなか、リード君が新たに開かれた壁の『猪鹿蝶 5.11b』に果敢にトライする。
P1030718.jpg
中間の核心で惜しくもテンションしO.Sはならずだったが2便目にキッチリR.Pした。
私はリード君の登りを参考にしFLした。リード君様様だ。

この岩場は標高900m程あるし壁が北東に向いているので日が当たらないので涼しい。
しかしここのグレーディングは日本一厳しいのではないかと思う。
この夏もう少し通ってみようかな。

それから今日昨年の御手洗ボルダー以来1年振りにyoukoさんとお会いした。
久しく厳しいルートは登っていないとのことだったが中々どうして柔らかい身体を駆使して粘りのクライミングを披露していました。
P1030721m_20090816225531.jpg
このルートの名前はAでグレードは5.10+だ。しかし10台だと思って気安く取り付けば出だしからとんでも無い目に遭う。ツエルブクライマーも出だしのランナウトには躊躇するだろう。
P1030724m.jpg

P1030725m.jpg
壁の遠くに見えるのは神戸の有馬から北神地域だ。
2009.08.15 終戦の日
01343431[1]
神戸新聞社ホームページから引用しました。

太平洋戦争で戦死した日本の軍人・軍属約230万人、空襲や原爆で亡くなった民間人約80万人。←神戸新聞夕刊から

この地球に生命が誕生してから今まで争いの歴史だと思う。
動物社会では今も弱肉強食の争いが毎日繰り広げられている。

人間はどうか、原始社会では生き残る為弱肉強食の争いが繰り広げられただろうし、集団で生活するようになれば他の集団との間に食べ物などの奪い合いで争いが繰り広げられただろう。

小さな集団から一族の争いになりやがて国同士の争いになった。

現在も自国の利益の為や主義主張の違いで争いが起こっている。

この先遙か未来永劫に争いが絶えることは無いだろうと思う。
これは人間だけのどうしようもない性なのか。


話は全く変わるが今日の夕方遊びから帰ってきた息子の嫁の『ギャー!』という叫び声が聞こえたと思ったら、女房がおっさん!おっさん!はよ来て!はよ!はよ!ヘビ!
と近所迷惑も顧みず叫ぶので出て行ったら階段に茶色いヘビがいた。
IMG_1027m.jpg
私が捕まえようとしたら塀の隙間に逃げ込んだ。
まだ子どものヘビである。
IMG_1028m.jpg
頭の後ろを掴んで引きずり出したら1mほどの青大将の子どもだった。
500mほど離れた川の河原へ逃がしてやった。

昨年我家の要壁の水抜きの穴に逃げ込んだ青大将の子どもかも…とすると後4,5匹はいるかも…
IMGm_20090814203938.jpg
本来なら8月7日が立秋なので『残暑お見舞い』なんですが、やっとホンマにやっと夏らしくなってきましたので敢えて『暑中お見舞い』にしました。

しかし東北六県は梅雨明けをしないまま秋に入ったと先日の神戸新聞に載っていました。

各地で自然災害による被害が出ています。これから台風シーズンに突入しますが程々にしてもらいたいと切に願わずには居れません。
5時過ぎに目が覚めた、前日の二日酔いによるムカつきも殆んど解消したように感じるが完治はしていない。
この日は昼から帰るので朝飯を早めに済ませ片付けにかかった。
今回の小川山の朝飯はトーストと川上村特産のレタスのサラダにベーコンエッグと果物そして珈琲。
P1000043_20090813195758.jpg

空は相変わらず雲に覆われている。片付ける間雨が降らなかったのかせめてもの救いだった。

片付けが済んで早速昨日あらみちゃんが下見をした八幡沢スラブ状岩壁に出かける。
P1000073.jpg
テン場から20分ほどで着いた。
既に5人程のパーティーが来ていた、若いガイドが講習会をしていた。
礼儀正しいガイドだったので気持ちが良かった。

我々も早速登る事にし、私が「高い窓 5.10b」と「穴があったら出たい 5.10a/b」をアップを兼ねO.S
あらみちゃんは「Song of Pine 5.8」を恐い~ギャー!と喚きながらO.S?
そして「穴があったら出たい 5.10a/b」をFL?

その後岩場を右に回り込んだところにある「水曜日のシンデレラ 5.11a★★」をO.Sトライした。
P1000072.jpg
前日登攀工作員さんにルートの位置を聞いていたが出だしがよく分からず多分ここだろうと思って取り付こうとした時に3人組みのパーティーが来られたので聞いたら違っていた。←やれやれ

このルートは岩の弱点を見事に付いたラインで非常に登り応えがあった。
手ホールドの乏しいところのスラブをトラバースする何ともスリリングで○玉が縮み上がりそうになるし核心はきっちりムーブを起こさなければ越えられないしと最後の核心で諦めかけたが、あらみちゃんや知らない方からガンバの声援を受け何とかO.S出来た。←このO.Sは嬉しかった。

今回の小川山で出来ればツエルブを登りたいと思っていたがまだまだ実力不足を痛感した。
スカッと晴れた日は一日も無かったが2年振りの小川山をそれなりに堪能できた。

登攀工作員さんの話の中で、小林由佳ちゃんが今でも1年に一度は小川山に来てスラブを登り込み身体の修正するとの話は非常に興味深かった。
ほんまスラブはクライミングの基本中の基本の三点支持をしっかりしないと登れないと改めて感じたしだいだ。

P1000071.jpg
帰りに見た八ヶ岳は来るとき同様に雲に覆われていた。

この日のクライミング数、私3本、あらみちゃん2本。四泊五日で登ったルート二人とも6本。

来年も行くど!!!        
朝ムカつきと喉の渇きで目が覚めた。
昨夜そんなに飲んだと思えないがチャンポンしたのが悪かったようだ。
麦焼酎にレタス焼酎、スコッチと冷酒を飲んだ。
私は酒は好きだが強くない、が雰囲気が良いとついつい度を越して飲んでしまう。自制心が弱いのだろう。

朝飯はいつもと変わらない量を食べれたが胸のムカつきは治まる気配が無い。
クライミング前の景気付けにアミノバイタルPROを飲んだら余計ムカつきが酷くなった。

胸のムカつきは私だけではなく、あらみちゃんも昨夜から胸がムカついてたらしい。

とりあえず用意をして二日酔いの状態で兄岩に向かう。
10時過ぎに取り付きに着くが全くクライミング意欲が湧かない。
兄岩の概念把握のため周囲を歩く、易しいルートには既にクライマーが取り付いている。
イレブン台には誰も取り付いていなかったが登れる気がしないので易しいルートが空くまで寝て待つことにした。
P1000076.jpg
少し寝たがムカつきは治まりそうにないしルートも空きそうにないのでテン場に引き上げることにした。

昼飯に百均で買ったお粥を温めて食べた。美味しかった。
それから昼寝をした。その間あらみちゃんは八幡沢一帯の探索に出かけていたらしい。

晩飯もおじや風雑炊を食べたが美味しかった。しかしムカつきはしつこく残っていた。
その後することが無いので今読みかけている山崎豊子氏の『不毛地帯』を読んだ。
P1000075.jpg
あらみちゃんは19時過ぎに寝たが私は21時過ぎまで本を読んでいた。
20時頃から雷を伴った激しい雨が降り出した。しかし今回の小川山は本当によく雨が降る。

三日目終わり。

この日のクライミング数0本
前日昼過ぎからの雨が朝方まで降り続いていたが朝飯を食べる頃には薄日が射すまで回復していた。しかし尋常でない雨量だったので壁は垂れや染み出しで登れないかもしれないが、当初の予定通り砦岩に向かった。
初めてだったのでトポと睨めっこしながら行ったが屋根岩2峰の下部に出てしまった。←帰りに確かめたら最初の取り付から間違っていた。

トポを確認したら『おむすび山スラブ』の下部だった。
P1000060.jpg
『おむすび山スラブ』のテラスから見た廻り目平。

ここで「無名ルート 5.10a★★」「リメンブランス 5.10c」「ラベンダー 5.10a★★」の3本を登った。
超久し振りのスラブだったし超ランナウトしていて10台といえ痺れたが3本ともマスターでO.S出来た。
P1000059.jpg
「ラベンダー 5.10a★★」をTRで登るあらみちゃん。
このルートはグランドアップで拓かれたそうだが、出だしからマントルの3連発でしかもボルトが全て足下にくるという超痺れるルートだった。

『おむすび山スラブ』を後にしカモシカ遊歩道から金峰渓谷の唐沢の滝まで探索をした。
途中に有名なボルダーやカモシカサイドロックなどがあったが濡れていて登れる状態では無かった。
P1000055_20090811203024.jpg
唐沢の滝。三段で結構大きな滝だった。

唐沢の滝を後にし親指岩に向かった。
その途中に丹波の貴公子アンちゃんと京都のファイアーマンのペアーに出会った。
この日から日曜日までの予定とのことだったが天気が悪いので福部に移動しようかと思案していたが行ったのやろか…

親指岩に着くと同時くらいに雨が降り出したが直ぐに止んだ。
P1000054_20090811203617.jpg
「小川山レイバック」にO.Sトライするあらみちゃん。
P1000052_20090811203629.jpg

P1000049_20090811203647.jpg
名張の成果か余裕でO.S。
目標を達成して二人大満足でテン場に帰った。

この夜、登攀工作員さんとももやんのいるテン場に金峰山荘で買ったレタス焼酎を持って遊びに行った。
P1000046_20090811204118.jpg
あっさりして飲みやすかった。
P1000045_20090811204124.jpg
登攀工作員さんとももやんを撮ったが携帯だったので写っていなかった。
ルートの話や本チャンのテン場での不気味な足音などで盛り上がり楽しい時間を過した。
登攀工作員さんが出してくれたイングランド産のスモーク風味のスコッチが無茶苦茶旨かったので知らず知らずの内に飲み過ぎたようで、テン場に帰るときから目がグルグル回り何十年か振りに吐いてしまった。
この後翌朝まで意識不明の状態だった。
今日はここまで

P.S
この日あらみちゃんが4本、私は3本登った。
5日(水)21時過ぎに名神高速西宮ICから一路小川山を目指した。
途中のSAで仮眠し6日7時頃再び小川山目指し車を走らせた。
廻り目平に入る前にNANA’Sで買出しをするのだが開店時間の9時には未だ早いので途中で時間潰しを兼ね渓谷の展望を楽しんだ。
P1000067.jpg
ここからは八ヶ岳も見えるのだが厚い雲に覆われ裾野の一部しか見えなかった。

P1000066.jpg
開店時間の40分も前に着いた。
1本97円のトウモロコシが無茶苦茶美味しかった。

P1000065.jpg
買い物を済ませ小川山に向かった。
屋根岩の上部は黒い雲に厚く覆われていた。

P1000064.jpg
お目当てのテン場を確保する事が出来た。
今回念のためにと10数年前に買った大きなタープを持っていたが非常に役に立つ事になった。

昼飯を食って早速兄岩方面へ登りに行こうと向かったが長雨の影響で例年より川の水が多い。
適当な徒渉地点を探してウロウロするが中々良い場所が見つからない。
それに金峰山方面の空は黒い雨雲に覆われこちらに向かって来る気配がある。
帰り雨に濡れながら徒渉するのは嫌なので親指岩に行く事にした。

P1000053_20090810205644.jpg
親指岩「小川山レイバック(2P)5.9+、5.9★★★」
親指岩に向かう上りの途中から雨が降り出した。
少々の雨なら小川山レイバックは濡れないので是非あらみちゃんにマスターO.Sしてもらおうと向かうが雨脚は益々強くなる。
13時過ぎに親指岩に着いた、大粒の雨で壁の黒いところはベチョベチョに濡れているが小川山レイバックは濡れていない。が、ビレイをする私は全身ずぶ濡れになるので雨脚が弱くなるのを岩穴で待った。
14時ごろ雨脚が弱まり空も明るくなってきたので登れると準備しだしたら又強く雨が降り出した。
そして小川山レイバックも結露でベタベタになったので諦めてテン場に戻った。
P1000074.jpg
夕方小降りになった雨だが夜には強く降り出し翌明け方まで降り続いた。

結局この日は1本も登れず仕舞いだった。

2日目はあした。
今日の13時過ぎ小川山を出て、あっちこっちで渋滞につかまりながら21時半ごろ無事に家に帰り着きました。
6日から8日まで毎日雨が降りました。今日も多分午後から雨が降ったと思います。
今回の小川山ツアー6日の昼からと9日午前中の間で登ったルートは6本だけだったです。
そんな中で最終日に八幡沢スラブ状岩壁の「水曜日のシンデレラ 5.11a★★」をマスターO.Sでき気分良く家路につけました。
詳しくは明日以降に

P.S
それからyukio君たちより1本多く登れて満足しています^^v
2009.08.05 小川山
今から小川山に向け出発します。
途中のSAで仮眠し明日の10時頃到着予定です。

次回の更新は10日になると思います。
ほな
この本は1840年から2年間にわたって行われた清とイギリスとの戦争への経緯とその後を歴史に基づいて書かれている。
61iTTTDXBOL._SL500_AA240_[1]
そして... この戦争は、史上まれなる「不義の戦争」と言われた。 ...
「麻薬の密輸」という開戦理由にイギリス本国の議会でも、野党保守党のウィリアム・グラッドストン(後の首相)らを中心に『こんな恥さらしな戦争はない』などと反対の声が強かったが、清に対する出兵に関する予算案は賛成271票、反対262票の僅差で承認され、この議決を受けたイギリス海軍は、イギリス東洋艦隊を編成して派遣した。

装備などの戦力を比べたら大人と赤ん坊との戦いでイギリスの完勝に終わった。

この戦争を契機に中国の近代化が始った。

近年「不義の戦争」が中東で行なわれた。
アメリカ軍を主力とする多国籍軍がイラクに侵攻した湾岸戦争だ。
大義名分はクェートに侵略したイラクを懲らしめる為だが、その裏でアメリカの陰謀説が囁かれている。
イギリスといいアメリカといい元は同じアングロ・サクソンの人間だ。
自国の利益のために力で相手を屈服させるやり方、いつまでも通用するとは思えない。
歴史に照らし合わせても必ず衰退する時がある。

※参考資料としてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用しました。
2009.08.03 やっと明けた
気象庁が今日、近畿地方が梅雨明けしたと発表した。
平年の7月19日より15日遅く、統計を取り始めた1951年以降で最も遅い梅雨明けらしい。
中国地方はまだ明けてないらしい。
P1030710m.jpg
昨日の夕方と同じ方角に立派な入道雲が出ていた。

今週水曜日の夜から9日まで小川山へ行く。
一時はY&Pさんように鬱陶しい小川山を覚悟していたが、なんとか夏空の下でクライミングが楽しめそう。
Y&Pさんは一週間小川山に居て雨の日が多く5本しか登れなかったとコウモリ谷清掃のときに聞いて、お気の毒と思いながら顔が笑ってしまった。←決して悪意はありませんので^^

しかし明けたら明けたで暑い!今夜は熱帯夜か…アイスノン枕して寝よ。
今日は恒例のコウモリ谷草刈の日だが、夜半からの激しい雨に何度も目を覚まされた。
5時過ぎに起きた、雨は激しく降り続いている。
P1030672m.jpg
決行するのかなぁ~と思いながら朝飯を食い用意をするが一向に止む気配が無い。
6時半ごろ決行するのかとの問い合わせがあったので確認の為U津氏に電話する。
U氏「するで!」
7時頃になると雨も止んできた。

集合時間の8時に少し遅れていったら既に多くのクライマーが来られていた。
P1030673m_20090802211421.jpg

P1030674m_20090802211434.jpg

P1030679m.jpg
2時間程で草刈も終わり全員で記念撮影。今年はスムースにいけました。
大阪からの道が通行止になっていたそうだが約70名超のクライマーが参加されていました。
感激しました。

P1030682m.jpg
挨拶されるU津さん。明け方近くまでの大雨にも関らず多くのクライマーの参加に本当に嬉しそうでした。年一回だが日頃コウモリ谷のために生活の全てを捧げておられるU津さんのお手伝いができたかな…来年は10周年だそうです。多くのクライマーが参加して迎えればええなと思います。

少し早く終わったので神戸週登山研修所の猿山下の広場の草刈をしようと、隠密N師匠、ラスマツさん、初Nさん、あらみちゃん、そして大津岳士会のこうちゃん、私の6人で移動。
P1030683.jpg

P1030685m.jpg

P1030686m.jpg
先週のセルフレスキューの時に、えらい茂っとるなぁ~ジャングル状態やなぁ~と思っていた。
その思いは隠密N師匠、ラスマツさん、初Nさん、あらみちゃん、こうちゃんも思っていたようだった。
約2時間で綺麗になりました。
P1030688m.jpg

P1030687m.jpg

P1030691m.jpg
特にピラミッドウォール周辺は木や草が生い茂り足を踏み入れることも出来ないくらい酷かった。
私は登山研修所は殆んど利用しない、年に多くても2回から3回くらいだ。
しかし登山研修所には何故か愛着がある。
今日はその恩返しを出来たかな?と思う。
ここで一言苦言を言わせてもらう。登山研修所には多くのスタッフがいる、年に1回でも日を決めて草刈を行なおうとは思わないのか不思議だ。

草刈後ラスマツさんは仕事へ、初NさんとこうちゃんはPUMPへ、私と隠密N師匠、あらみちゃんの3人でピラミッドウォールで遊んだ。
P1030692m.jpg
「いやぁ~ん」ちょっとお釜チックな隠密N師匠

P1030698m.jpg
ぐぇ!と変な声を発しながら大胆なムーブをするあらみちゃん。

P1030709m.jpg
夕方東の空に入道雲らしきものが出ていた。
もう梅雨明けて。
しっかし今日はよー汗かいた。ビールが旨かった。
2009.08.01 ルートの再生
備中・ニューエリアでルートの再生が行なわれます。 
「2009リボルト協力会」によるルートの再生(リボルト)が、備中・ニューエリアにおいて行なわれます。

【日   時】 9月5日-6日(土日) 両日ともに午前9時~
【内   容】 ニューエリアでのルートの再生(兼・JFA リボルト勉強会)
【集合場所】 用瀬クライミング広場
【主   催】 2009リボルト協力会
【協   力】 TCNet、JFA、高梁市体育協会クライミングクラブ、島根フリークライミング協会
2009リボルト協力会では、荷上げ、フィックス張り、サポート要員などで活動に参加していただけるクライマーを募集しています。 備中の岩場で登られているクライマーの参加、協力をお願いします。
参加希望の方は、参加申込みフォームに必要事項を記入して申込みください。 申込み締め切り8月21日(金)までとします。 (定員になり次第締め切ります。)

★リボルトは、危険を伴う作業です。参加は自己責任でお願いいたします。

申込みはこちら↓↓

http://my.formman.com/form/pc/zZWzD0lu8XKx9CDK/

私はもう申し込みました。
参加したいけど当日用事や既に他のクライミング計画、又遠方で参加出来ないとか申し込んだが定員超過で断られた等々の方は、岩場の環境整備・清掃活動基金へカンパで参加する手もあります。一口 500円だそうです。
振り込み先は↓↓です。
口座 中国銀行総社東支店 店番 205
(普)1177093 TC-NETジムキョク セキモトヨシユキ

P.S
明日はコウモリ谷の草引きがあります。雨でも実施されると思います。
登録されてなくても参加はOK!です。