プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今夕方からフェリーで本匠の岩場に行きます。
5日朝に帰ってきます。

本匠は3度目の訪問になりますが今回クライミングはそこそこにして
釣や鍾乳洞やトトロの森などの観光を楽しもうと考えています。

なので暫らくブログはお休みします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
早朝から欠かすことの出来ない用事を済ませ
昼過ぎからあらみちゃんと蝙蝠谷へ行った。

IMG_0119m.jpg
用事で行った先にある見事な滝。例年より水量が多いようだ。

蝙蝠谷の幻の滝は消えていた。
昨夜の雨で新緑が眩しかった。
IMG_0126m.jpg

岩場までの途中でNさんとスライド。

岩場に着いたらKさんが「哲学の道 5.10c」にトライされていた。
IMG_0123m.jpg
今日Kさんは「もういいでしょう」「コーナー 5.10b」をR.Pされたそうです。

今日私は2月15日以来のクライミング自粛を解いた。
IMG_0124m.jpg

そして解禁初のルートはやはり「もういいでしょう 5.9」だろう。
IMG_0125m.jpg
「もういいでしょう」をリードするあらみちゃん。
私は不安な気持ちを抱きながらもM.R.P出来やれやれと感じた。

続いて私の大好きな「マーメイド 5.10b/c」もM.R.P
IMG_0129m.jpg
「マーメイド」をリードするあらみちゃん。

そして「アパガード 5.10a」もM.R.P
IMG_0131m.jpg
「アパガード」の私。

最後に「哲学の道 5.10c」の途中から「パインヒル 5.10c」に移り「エネマ 5.10d」の終了点まで登った。
この3ルートの継登もM.R.P出来た。
IMG_0132m.jpg
「哲学の道」の私。

今日は5.9と10台3本の計4本をM.R.Pすることが出来たが、結構前腕がパンプした。
それと指の保持力が相当落ちていると登りながら感じた。
まぁーじっくり焦らず回復させていこう思う。

あらみちゃんに『2ヶ月以上のブランクでそこまで登れたら上出来やで』とお褒めの言葉を頂戴した。
私は『そんなもんかなぁ…』と思ったが再開出来たことを素直に喜びたいと思う。

次回のクライミングは5月1日の大分県本匠の岩場・魚道エリアだ。
目標は11台を登らないこと←ちょっと厳しい目標かも
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
274868-1[1]m  274869-1[1]m
ビートルズのナンバーにこの題名の曲があるとは知らなかった。
が、聞いてみるとジョン・レノンが歌っていて高校生の頃によく聞いていた。
そう40年も昔のことだ。

私と主人公のワタナベ君とは2才違いなので同世代になる。
この時代の私は何をしていたのかと遙か昔のことを思い返した。
高校を出て就職した会社を3ヶ月で辞め、その年の11月に途中入社した当時日の出の勢いだったスーパーでオーディオ関係の商品を夢中で売っていた。当時オーディオはブームで誰が担当しても売れていたのを己の力と全く勘違いをしていた私だった。
現在そのスーパーは他社の援助の下で辛うじて生き残っている。

本の中で直子が「私たちみんなどこかでねじまがって、よじれて、うまく泳げなくて、どんどん沈んでいく人間なのよ。私もキズキ君もレイコさんも。みんなそうよ。どうしてもっとまともな人を好きにならないの?」
それに対してワタナベ君は「それは僕にはそう思えないからだよ」「君やキズキやレイコさんがねじまがってるとはどうしても思えないんだ。ねじまがっていると僕が感じる連中はみんな元気に外を歩きまわってるよ」

そう現在日本を初め世界の国々の指導者たちはねじまがってよじれている連中ばかりだ。
当然私もねじまがってよじれている。

久し振りにじっくり読み応えのある本だった。

1Q84Book1・2を図書館で予約しているが私の前に1千人近い方が予約されている手元に届くのは何年先になるのか…
ひょっとしてもうこの世にいないかも…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日春の陽気の下で義母の告別式を滞りなく終えその日の内に帰って来た。
享年93才の大往生だった。
ふくよかな寝顔のまま旅立たれた。
これから何度福山に行くか分からないが、義母が居ないと思うと寂しい。


今日は休みをもらってこうもり谷で整備をしてきた。
一日中雨の予報だったが早朝と昼過ぎてから降った。
今日の整備するところは少々の雨では全く濡れない。
土日にすれば良いのだが、人気のあるルートを折角の土日に整備のため登れなくするのは気が引ける。

今日の整備で九割終了した。

アプローチの途中にU津氏が借りている畑がある。
今年になって整備を始めた3月中旬から畑に手が入った様子がない。
今日も雑草が伸びたままだった。
今年から消防団の確か分隊長を任せられるようになると言っていた。
忙し過ぎて畑まで手が回らないのだろうと思われる。
昨年くらいからクライミングも全くされていない。

U津氏が居られてこそ、こうもり谷でクライミングが出来る現状だ。
もし辞められたら閉鎖になるだろう。
U津氏もその辺のところを充分に認識されていてあれこれと思案されている。
私に出来ることは地元の方達と親しくなり見方に付けることだと思っている。
そのためにもこうもり谷入山の取り決めは最低限守っていかねばとアプローチを帰りながら考えてしまった。

今日夕方再生リサイクルに出していたHILTIのバッテリーが帰って来た。
IMG_0112m.jpg
新品は一個4万2千円、下取りで2万8千円、再生リサイクルだと1万5120円だ。
これで途中家に充電しに帰らなくて済むだろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日20時08分永眠しました。

仏法で生命は永遠と説かれています。

日蓮は死は新しい肉体を得る為の仮の姿とも説いている。

しかし二度と会うことは出来ない。

ありがとうございました。安らかにお眠りください。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日人間ドッグを受けてきた。
人間ドッグを受けるのは実に10年振りだ。

会社の制度の一つで退職前の人間ドッグがあり脳のMRI検査も含めて安く受診できる。

午前中に、血液採取、血圧、聴音、肺活量、眼圧、腹部エコー、胃カメラ、動脈のエコー等の検査を受けた。
胃カメラの結果は直ぐに医師から説明があり、慢性胃炎の状態になっている、この状態では胃潰瘍や胃癌になりやすいとのことだった。今後も定期的に検査を受けてくださいとのことだった。

軽い食事の後、MRIを受診した。
初めてのMRIで閉所恐怖症の人は辛いですよと技師に言われたが、私は閉所も高所も大丈夫ですと答えた。

血液検査の結果は昼前に分かり医師から説明を受けた。
「全く問題ありません」とのことだった。内心当然と思った。

後の結果は後日郵送されてくる。
MRIの結果が楽しみだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
春になると多くの草花が芽吹きだす。
その中でアヘンの元である『けし』も芽吹く。

昨日と今日、そのアヘンの元になる『けし』を抜いてきた。
昨日の植えてはいけない『けし』はなんと中学校の校庭の隅に咲いていた。

今日のところは3年連続して咲いていた。
『けし』の栽培はアヘン法で禁止されているので注意してください。
『けし』の仲間には園芸用に改良されたものもあり多くの園芸家に愛されている。

植えてはいけない『けし』…ソムニフェルム種、セティゲルム種、ブラクテアツム種
kesi02[1]m

kesi04[1]m

kesi09[1]m

kesi01[1]m
植えてはいけない『けし』の特徴は
 ○茎は、太くしっかりしており、大きいものは草丈が1m以上になる。
 
 ○葉や茎などの外観は、キャベツのような白味を帯びた緑色をしている。

 ○葉、茎、つぼみの表面には、ほとんど毛がない。

 ○葉は、茎を巻き込むようについている。

園芸用の植えてもよい『けし』…ひなげし、おにげし等
36528_1521745_img[1]
ポピーなども植えてもよい『けし』です。

もし植えてはいけない『けし』を見かけた場合は、最寄の保健所や警察に知らせてください。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
最近は若者の車離れが多いと聞くが本当なのかなぁ~と思っている。

JFA NEWSに奥多摩秋川の天王岩の駐車場について載っている。

各地の岩場でのトラブルの元の一つになっている問題に駐車場所がある。
重いクライミング用具や大きなボルダーマットを担いで電車やバスなどの公共交通で出かけるのはしんどい。
なので出来るだけ岩場の近くまで車で行ければ楽なので私も大概車で出かける。

よく行く岩場での駐車場所は迷惑にならない所に止めているが、初めて行く岩場では迷惑駐車かどうかよく分からないことがある。そんな時はローカルの方にお聞きするなどして地元の方達へ迷惑にならないように事前に情報を聞いておくようにすれば問題も起こらないと思う。

それとクライマーだけの問題ではなく、老若男女を問わず駐車する場所に無頓着なドライバーが多い。
なぜなんだろう…

JFA NEWSは⇒こちら

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
51NhtK+xTCL._SL500_AA300_[1]m
一週間程前に買い物ツアーの途中に覗いた古本屋で105円で売っていたので買った。
この本は平成14年11月に出されて話題になったと記憶している。

読んだが非常に面白い。
39の項目からなっている、その一つ「自分で決めることの出来ぬ国」の中の一部に

トインビーはその著書『歴史の研究』の中で、すべての国家は衰退するが、その原因は必ずしも不可逆的なものではない。しかし一番致命的な要員は、国家が自己決定が出来なくなることだといっている。
その証左は歴史の中に枚挙に暇がない。
あの大ローマ帝国も自らの国を守るという国家にとって致命的な仕事を、外国人にまかせてしまったために、あっという間に亡んでいった。
数年前、隣の中国の李鵬首相はオーストラリアの首相との会談の中で、日本などという国は二十年たったら消えてなくなっていると提言していた。アメリカの国際政治学者ブリジンスキーは最近の論文中で、日本は所詮アメリカの
Vassal(下僕)でしかないと記している。
なんとも口惜しい話だが、日本の政治家なり外交官がこれに抗議したという話を一向に聞いたこともない。
しかし、いわれて見ればむべなるかなという気持ちがしないでもない。彼等から眺めると、経済の図体はいくら大きかろうと、日本という国の存在感はひどく希薄なもに違いない。
なぜなら、日本という国は第二次世界大戦後このかた国家としての自己主張なるものをしたことがない。
主張というものの背景には必ずそれを口にすべき自らの意思決定があるはずだが、それが一向にうかがえない。
だから演繹していえば、国家のいかなる戦略も在りえない。特定の友好国の意向に百パーセント従うなどという姿勢はとても戦略とはいえまい。独自の強固な戦略をかざしてそれへの同調を押しつける相手へのただただの迎合は、友好などではなしに隷属としかいいようない。


まだまだ続くが、この本が出てから8年が経っているがこの構図は全く変わっていない。
氏の事を強烈な右翼思想の持ち主と特定の友好国(中国なのだが)が声高にいうが、自国のことを思ってハッキリものをいえば往々にしてそうとられる。
私も右翼的な思想は持ち合わせていないと自分では思っているが、氏のこの本に書かれていることには一々納得でき共感も出来る。

しかし鳩山首相の普天間の代替案を新聞等で知るに付け真っ先に地元へ乗り込んで行くのが筋やろうと思う。
あのおっさん気は確かなのかといいたくなる。
確かにこのままでは日本は消え去ってしまうやろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日も蝙蝠谷へ行って整備してきた。
今日は日曜日で天気が良かったので久々に賑やかだった。

今日は我会に最近入会したKさんとTさんが来られていた。
そしてあらみちゃんが珍しく来ていた。
あらみちゃんのクライミングを見るのは実に1月24日以来だった。
が全く進歩していない。情けないやっちゃ!

写真を写したが間違ってパソコンに取り込まずにSDカードをフォーマットしてしまった。

永年使っていたパナソニックのデジタルカメラDMC-LZ2が今日壊れてしまった。
IMG_0070m.jpg
本体が分厚いが手に馴染んで持ち易かった。
後継機にはキャノンIXYデジタル930ISを用意してある。
これは息子がゴルフの景品で貰ってきたのを私が取り上げた。

今週も天気の悪い日が多い自然現象なので仕方無いのだが
こう天気の悪い日が続くと気持ちも塞ぎ気味になる。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は蝙蝠谷で整備をしてきた。

久し振りの青空が気持ち良かった。
そして山も新緑の彩りに模様替えを始めた。私はこの時期の山の彩が一番好きだ。
P1050029m.jpg
連日の雨で桜も散って自転車道が花弁で埋まっていた。
P1050031m.jpg

アプローチを上がって行くと大きな石が道を塞いでいた。
P1050051m.jpg
靴は私ので石の大きさがわかるでしょう。
ここは正面壁の裏のルンゼの下部にあたる。このルンゼは非常に浮石が多く要注意箇所だ。
しかし歩いている時にこんな石が落ちてきたら怪我では済まないだろう。
3月以降雨の日が多く雨量も例年の2倍近く降っているそうだ。
春先は落石が多いが特に今年は注意が必要だ。
アプローチでもヘルメットを被るようにしたい。
しかしこんな石が落ちてきたらヘルメットも役に立たないだろう。

そしてそして幻の滝が今日も出現していた。
P1050033m.jpg
今年になって何度出現したのか、例年なら一年の内で2~3回、全く出現しない年もある。
もう幻ではなくなったのかな。

今日は8時前に岩場に着いた。
P1050034m.jpg
壁は所々染み出しや垂れがあったが、17時頃には完全に乾いて非常に良い状態になっていた。
ただし『森のエリア』は垂れが酷く登れないルートが多い。

今日は貸切だったなぁ~と思いながら17時過ぎにアプローチを下っていたらDrが上がって来られた。
いやはや熱心なDrだ。
P1050052m.jpg
これはDrの愛車だ。

明日も非常召集がかからなければ整備をする。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
しかしよく降る。
予報では、この土日は太陽マークが出ているが、来週は曇り雨の日が多い。
この時期にこれだけ雨が降るのは異常だ。
それに関連しているかどうかは分からないが

ブラックホールに関する斬新な理論を展開している天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士が以前日本での講演後、聴衆の質問に答えていた。

この宇宙に地球のように文明が進み確かな生命の在る惑星はいくつくらいあるのだろうかとの問いに博士は言下に、
「我々が視認している限りの宇宙でおよそ二百万ほど」と答えている。
そして次の質問者が、それなのに小説や映画やUFOの噂としては在っても人間が実際に宇宙人や宇宙船を目にすることがないのはなぜかとの問いに言下に、「地球ほど文明が進んだ星は加速度的に不安定なものとなり自滅消滅してしまうからだ」と答えている。

この言葉からして現在の地球における異常気象は地球が消滅する前兆なのかと思ってしまう。
つい最近アイスランド南部エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山が200年ぶりに噴火してヨーロッパの航空機の飛行に多大な影響を与えている。
ひょっとして富士山も噴火するかも…

200px-Stephen_Hawking_050506[1]m
スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking、1942年1月8日 - )はイギリスの理論物理学者である。「車椅子の物理学者」として知られる。←フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
f0039916_2473458[1]m
日本フリークライミング協会(JFA)の会報freefan#061が送られて来た。
今号の〔日本の岩場を斬る~新田ロン編〕と番外編日本の岩場を斬る〔六甲・こうもり谷〕で何度か私の名前が出てくる。何故か照れを感じる。

ただ記事の中で私を『関西岩場環境整備ネット』の所属と書かれているが2007年7月に脱退している。
しかしこれはお互いの確認の不備だと思う。

さておいて今号の記事で私の興味を引いたのは〔フリークライミング安全三種の神器“ヘルメット”〕と〔ロープの二重結びについての検証(続報)〕だ。
この記事は是非読んで欲しいと思う。
未だJFAに入会されていない方はこの機会に是非入会して下さい。
年会費は3,000円です。
この会費の中から各地の岩場でのリボルトの資金が出ています。
今現在私は進めている『こうもり谷』のリボルトもJFAより多大な資金の提供を受けています。
今まで又これから『こうもり谷』で登られている方登ろうと思われている方は必ずJFAに入会して欲しいです。

JFA入会の方法はこちら⇒日本フリークライミング協会
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日の夕方義母が倒れ救急車で病院に運ばれたと電話があった。
急遽女房と福山の病院へ駆けつけた。

病名は脳出血で今夜が山とのことだった。
ICUに入っているが一人づつなら病室に入れるとのこと。

頭にキャップを被り、マスクをし、手をアルコールで消毒し身体全体をエアーシャワーで綺麗にしてから病室に入った。
目を硬く閉じて眠っている。
しかし表情に苦悶の様子は見られない。
時たま鼾もかいている。

一夜明けて再度見舞ったが容態が安定しているようだった。
私だけ帰って来た。

義母は大正7年生まれの91歳だ。
連添いを40歳半ばの時に会社の事故で失っている。
女房が中学生のときだ。
それから女手一つ保険の外交員をして3人の子どもを育て上げた。

いつもにこやかな笑顔で迎えてくれた。
「ようおいでなさったなぁ~」と

女房と私にとって親と呼べる最後の人だ。
もう一度にこやかな笑顔が見たい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の神戸新聞夕刊に元プロテニス選手の沢松奈生子さんの随想『スポーツ文化』を紹介します。

私はテニスの大会で世界中を飛び回る生活をしたおかげでさまざまな人種、文化、生活環境の違いをまざまざと体感してきた。特に感じたのは、その国にとってスポーツとは何なのかということで、欧米、特にヨーロッパの国々でのテニス大会に集まる観客数とそのレベルの高さに驚いたものだ。
日本ではテニス観戦といえば「静かにしなくてはいけない」という妙な概念があって、応援している選手に声をかけることさえはばかれる。思い切って「がんばれ!」と声を上げると周りから「シー」とたしなめられる始末だ。
ところが欧米ではとにかく応援が熱い。これは選手の方も自然に気分が盛り上がるが、プレーを妨げるようなマナー違反はほとんどなく、皆、テニスの本質が分かっている。
ある年、ロンドンのヒースロー空港で入国手続きをしていた時、渡航理由を聞かれ「ウィンブルドンに出るために来ました」と答えた途端、係官の表情が変わり「名前は?1回戦の相手は誰?」などと入国審査と全く関係のない質問を矢継ぎ早にされた。最後に「ずっとテレビ見て応援しているからがんばって。僕が入国のスタンプを押したなんて光栄だなぁ」と言われてとても誇らしい気持ちになった。
イギリスでは、自国で開催されるウィンブルドンといえば国中が注目するスポーツイベントで、出場する選手をとても尊敬しているということが街を歩いていてもよくわかる。
ヨーロッパにおいてスポーツ選手とは単なる有名人ではなく、誰からも尊敬される人格を備えているのが当たり前なのだと気が引き締まる思いがした。
良きファンがいて、そして選手自身も自覚を持つことで立派な人間として成長する。それこそがスポーツが文化として根づいている証しなのだ。


さて日本ではどうなのか、先日大相撲の朝青龍が数々の素行不良を理由に引退に追い込まれた。
これは朝青龍自身の不遜と傲慢の所為もあるだろうが親方である元大関朝潮の指導の仕方に問題の根本があると私は感じている。
それから通勤電車の中で将来のスポーツ選手になるだろうと思われる高校生達を見かけるが、その素行は酷い!ものだ。大きなカバンを通路に放り投げしゃがみ込んで一生懸命携帯を覗き込んでいるし、席に座れば大股開いて足を前に投げ出して人の迷惑などお構い無しのものが多い。
これは親の育て方の悪さが一番の原因なのだが指導する教師の責任も少しはあるように思う。
日本はまだまだスポーツにおいて後進国だと思わずにはおれない。
これはスポーツ会だけの責任でなく政府の取り組みにも問題があると思う。
この傾向は自民党から民主党に政権が変わっても変化が無いようにおもう。
嘆かわしいことだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
今日会社の友人達と日本海方面へドライブに行った。
IMG_0045m.jpg
皆の意見を無視して私が前々から行きたかった。植村直己冒険館に行った。

IMG_0050m.jpg
この通路はクレパスをイメージしているとのことで、その所為かひんやりした感じがした。

IMG_0048m.jpg
そして特に私の気を引いたのがこの『ウエムラスペシャル』だ。
世界に3台しか存在しないそうで、1台はここ植村直己冒険館に、1台は東京の碑文谷?、そして後1台は植村直己氏と共にマッキンリーにあるそうだ。
このF2ウエムラスペシャルの特徴は
「F2チタン/ウエムラスペシャル」の改造点
本体はニコンF2アイレベルファインダー
チタン外装化(黒縮緬塗装仕上)
フィルムの順巻化(通常の巻き上げとは逆にしている)
巻き戻しクランクを赤色に着色化
フィルムカウンターの31以降を赤色に着色化
ボディーの隙間をシーリング化
シャッター等のチャージバネの強化
極低温時におけるシャッターの安定作動のための調整
内部のオイル類を耐寒仕様化
ストラップの金具を外し、糸で縫製

ということ。

このあと出石で昼飯に皿蕎麦10枚食べた。
IMG_0054m.jpg
ここまでが美味しく味わえる限界の枚数だ。
これ以上は苦行になる。

それからメンバーで未だ行ったことが無いと言うので
IMG_0064m.jpg
天橋立の笠松公園に行った。
小雨が降っていたが靄った天橋立も違った趣向で良かった。

17時過ぎ天橋立を後にして帰路に付いた。
宮津から綾部宮津道路に入り舞鶴若狭道を走れば短時間で帰れる。
途中の西紀SAで晩飯を食った。
IMG_0069m.jpg
丹波名物の黒豆をふんだんにつかった料理。
丹波の彩り御膳『まめまめおちょぼっくす』←名前が気にいったので食べた。1000円。
おしながき
黒豆豆腐
春日の出し巻き玉子
鮭の塩焼き 丹波味噌添え
サックリ猪コロッケ←これは美味かった。
えだまめ
ハーブ鶏のくわ焼き 山椒の香り
季節の地場野菜の天婦羅
丹波名産 煮黒豆
山ももの甘露煮
黒豆ごはんにほんのり甘塩を←御代わりしたかった。
おちょぼな黒豆うどん
香の物
麦芽黒大豆の黒豆茶←これも美味い!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日も大忙しの一日やった。
朝6時に起きるつもりが5時前に目が覚めた。
しゃーないから起きて朝飯食って車のタイヤをスタッドレスからラジアルタイヤに履き替えた。
IMG_0003m.jpg
この冬は一度もスタッドレスタイヤの効果を試す事が無かった。

そしてハナとセナを連れて買い物ツアーへ
昼飯を食って、蝙蝠の整備えをちょこっとしようと思いバアさんとハナ、セナを連れて花見がてら出かけた。
IMG_0004m.jpg
今日は暖かく桜も散り始めていたが多くの人が訪れていた。

バアさんにハナとセナの子守をしてもらってる間に岩場で整備しようと思っていたが駐車場に着いて車を降りた途端道具箱の鍵を忘れたことに気付いた。
今更取りに帰るのも面倒なので整備は止めてハナとセナと遊ぶことにした。
IMG_0009m.jpg

この写真は息子がゴルフの景品で貰って来たデジタルカメラで写したものでハナの持ち物なのだ。
ハナが弄繰り回していてレンズに指の痕が付いてぼやけている。
今までの写真は私が写したものでこれからのはハナが写したものだ。
IMG_0017m.jpg

IMG_0026mn.jpg

IMG_0040m.jpg

IMG_0041m.jpg

IMG_0043m.jpg
さてハナはカメラのセンスがあるのだろうか…。
ちなみに自転車に乗っているのは私とセナ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日、西日本最大級のクライミングジムとの謳い文句で好日山荘神戸本店がオープンした。
早速昼休みに覗きに行った。
我社から南へ歩いて5分のところにある。
P1000057_20100409210846.jpg
西日本最大級というが見た感じではPUMP大阪店の方が大きいように感じた。
8mのリード壁もあるが上の写真にあるように狭い。
ボルダー壁は赤や黄色などをベースにしてカラフルで明るくお洒落な具合に仕上げている。
三宮の中心部から5分程のところにあるので人工壁が好きなクライマーには便利だと思う。

私は多分利用することは無いと思う。

そしてこんな子がいた。
P1000058_20100409210855.jpg
どっかで見た子やなぁ~チュウゲンやないか?何故ここにおんねん?

それからFIVE TENのアプローチシューズキャンプフォー09’モデルが定価15750円のところ9800円で売り出していたので買った。
私は4000円分買い物券を持っていたので実質5800円で買えた。
ラッキー!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日年休をとって蝙蝠谷で整備をした。
P1050027m.jpg
朝の早いうちは雲が多く少し寒く感じたが9時ごろから雲が切れ春の陽射しが暖かかった。

今日の昼飯とおやつ。
P1050024m.jpg
女房が昨日から亀岡の湯の花温泉に行っているのでカップ麺とレトルトの赤飯。
蝙蝠谷は一切の火気が使えないのでテルモスのお湯でカップ麺を作る。←当然タバコも駄目です。
この麺と赤飯は中々旨い!
レトルト赤飯は家のレンジで温めてある。冷えても味はグーッ!だ。

これはなんちゅう動物のウンチ?
P1050022m.jpg
ウンチと同時にシッコをするのは人間と同じ生理現象のよう。
したてホヤホヤのが2ヶ所あった。

今日もDrがユマールで「復活 5.11c」を登りに来られていた。

今年に入って蝙蝠谷の整備を予定した日が天候不順で流れたことがない。
順調に進んでいる。この分だと5月中に終えることができそうだ。
次回の整備予定は来週の日曜日だ。
今週はバッテリーをリサイクルに出したのでお休みなのだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
2日広島のマツダスタジアムで試合前の練習でノックを打っている際、ふらつきながら突然倒れ搬送された広島大学病院で、くも膜下出血と診断され意識不明の重体だったが、今日午前3時22分に死去された。
20100403k0000m050014000p_size5[1]m
まだ37歳という若さで、くも膜下出血により死去されたことに正直驚いている。
テレビで元巨人の宮本投手が「野球人としては悔いの無い人生だっと思うが、年齢のことを思うと悔しい」と涙ながらに言っていたのが印象的だった。

特に目立つ存在ではなかったが、なくてはならない選手だっと多くの野球人が語っている。
社会人として最高の栄誉ある言葉だと思う。

ご冥福をお祈りします。
6[1]
        
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
今日仕事で裏六甲にある施設に行ったついでに4月から担当の替わった「太陽と緑の道」のパトロールをしてきた。
変わったコースは昨年度の隣のルートで南側の取り付きは同じで北側の取り付きが少し西になっている。
この近辺は関西に於いてモトクロスバイクと四駆の聖地になっている。
私も30歳代の頃ホンダXL250Rで走りまわっていた。←正確に言うとコケ倒していた。
P1000056_20100406200652.jpg
今日は平日にも関らず3台の四駆が来ていた。

この辺りのコースはハイカーよりモトクロスバイクやトライアルバイクや四駆の方が多い。
なので山道にはハイカーの足跡よりバイクや車の轍ばかりだ。
P1000049_20100406200852.jpg
バイクや四駆が走りまわっているので道は荒れ放題に荒れている。
P1000053_20100406200910.jpg

P1000051_20100406200902.jpg
なのでこの周辺を歩く時は登山靴よりこれに限ります。
P1000052_20100406200918.jpg
しかしこの長靴底に穴が開いているのか水溜りを歩いたら染込んで来た。
穴の開いた長靴はただ単に足を蒸らすだけしかない。新しいのを買ってもらお。

今日は御蔭で時間潰しと月一回のパトロールの義務を果たせた。
こう言うのを一石二鳥というのかなぁ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
今日仕事でポートアイランド(以後ポーアイ)へ行った。
会社から車で5分程でポーアイに着く。

P1000051_20100405202524.jpg
ポーアイ西岸壁から三宮を望む。

神戸は海と山に囲まれた細長い都市だ。
私は一歳半ごろから神戸で育ってきた。
ガキの頃は海より山での遊びが多かった、それは住んでいる場所が山に近いこともあったが、海は神戸港や臨海工業地として開発され遊べる場所がなかったからだ。

なので六甲山系の摩耶山が私の遊び場だった。
泳ぎも青谷川の砂防ダムで覚えた。

今ポーアイ沖にある神戸空港の有り方が何かと取り沙汰されている。
1960年代に関西に伊丹空港に変わる関西第二国際空港を大阪南港沖・神戸沖・明石沖・淡路島・泉州沖のいずれかに作ろうとの計画が上がった時神戸市会は全会一致して反対した。

私は当時何故反対するのかと思っていた、確か当時は公害問題が喧しくマスコミを賑わせていた。
市会の先生方は公害反対イコール票になるとの思いから反対したと思う。
しかしこれからは飛行機の時代であることは誰が考えても分かっていたように思うのだが
結局非常に不便な泉州沖に関西空港が出来た。

もし神戸沖に出来ていたら神戸の町はもっと発展していただろ思うしアジアのハブ空港にもなっていたかも知れない。

日本人は真似は非常に巧いが独創的なことはからっきし駄目なようである。
これもリーダーシップを取れる人間が居ない所為でもあるのだろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は道場周辺の清掃活動があったが、申し訳ないと思いながら蝙蝠谷の整備をしてきた。
7時半頃岩場に着いた。今日は早朝にも関らず釣師達と花見の人出が多かった。
P1050017m.jpg
7時16分に写したが7分咲くらいだった。

今日は最近にない多くのクライマーが訪れていた。
と言っても11人ほどだった。

その中で久し振りにお会いした方が居られた。
京都のT氏で故障やら家の用事等で一年半振りのクライミングだとか、いつもご夫婦で仲睦まじく登られていたのを近頃は全くお目にかからなかったので、どうされているのかなぁ~と気に成っていた。今日は旦那様がお一人で仲間の方と来られていた。

今日は多くのクライマーには五月蝿くしてご迷惑をおかけしたが皆様のご理解とご協力で予定通り終えることが出来た。また道具類の後片付けも手伝っていただき感謝しています。

P1050019m.jpg
帰りの17時51分に写した。ほぼ満開になっていた。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日昼から蝙蝠谷の『森のエリア』の最後に残っていた2箇所の終了点を取り付けてきた。
これで『森のエリア』の整備は終わった。

蝙蝠谷の終了点は2箇所(カンテ5.12cと旅路5.13a)を除いて全てFIXE社製のラッペルステーション若しくはリング付ハンガーを設置している。
これは資材の大半をJFAから提供していただいたからだ。
終了点にはカラビナが付いた物もあるが、JFAはあえてリングのみのラッペルステーションとリング付ハンガーを設置若しくは各地の岩場に提供している。
これはクライマーを育てる意味で行っていると聞いた。高グレイドが登れても終了点でロープの結び変えも出来ないような偏ったクライマーばかりにならないためだ。
これは非常に良いことだと私も思っている。
クライミングには思わぬアクシデントが付き物である。どんな状況下でも冷静に対処できるクライマーを育てる意味でも優しくない終了点は歓迎だ。

st_01[1]
FIXE社製ラッペルステーション

ただ旧い終了点に残置されていた、まだ使えそうなカラビナを残置し直した終了点もある。
rappel_rei2[1]

FIXE社製リング付ハンガーの終了点
rh_01[1]
もし残置カラビナが設置されていない終了点では、まづ自分のヌンチャクを終了点にかけロープをクリップする。
そしてビレイヤーにテンションとコールする。
テンションがかかったらヌンチャクとうで自己確保して結び変えをする。
結び変えの方法もクライマーによっては色々な方法で行っているようだが一つ間違えば大事故になる。
クライマーの先輩や(確かな先輩に聞くこと、クライミング歴イコール正しいとは絶対に言えない)本などで充分勉強して行なって下さい。
いずれ紹介しようと思います。

それから友人の登攀工作員さんのブログ「登攀工作員日記」の記事で是非読んでいただきたい記事が出ています。
『クライミング人気から見えるもの』と題して
1 アクセス問題
2 地域振興へ新エリア 
3 冒険心少ない国民性 
4 遭難事故
に分けられて書かれています。

この記事は工作員さんが、ある地方のサイトで見つけられたそうです。
私は読んで非常に良い記事だと感じました。
あなたも是非読んでください。記事はこちら⇒「登攀工作員日記」
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
観て来ました。
top[1]m
史実に基づいて制作されたそうです。

intro_title[1]m
生きて帰ることは出来無かった。

詳しくは友人の登攀工作員さんのブログを⇒登攀工作員日記

初登ルート
routemap[1]m
ちなみに日本人の初登頂は1965年8月16日 高田光政

冬季単独初登頂は1977年3月9日 長谷川恒男によってなされている。

妻登攀工作員さまのご忠言に従ってゲロ袋を用意していったが使うことはなかった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
定年退職まで1年を切った。
土日祭日年休などを差し引いて定年退職まで206日出勤する。
今日はもう終わったので正確には、あと205日だ。

昭和56年2月30歳で今の会社に入社したので30年の勤務になる。
いや~ほんとあっと!言う間だ。
工業高校を出て4つほど転職してい今の会社に入った。
転職も今になって振り返れば良い経験になっている。

2つ目の会社は遣り甲斐もあって辞めるつもりは全くなかったが、首になった。
3つ目の会社も首になった。

2つ目の会社は、その後会社更生法の適用を受けて同業者の支援を受けている。
その時の同僚達も人員整理で辞め苦労している模様。

3つ目の会社は存続しているのかどうか多分潰れているだろう。

もう1年を切ったので第二の人生をどのように過ごすかそろそろ決めなければならない。
神戸に留まるのか、それとも移住するのか、女房の思いもあるので自分の思いを無理に通す訳にもいかない。

新たな仕事も探さなければならない。
基礎年金だけでは女房と二人の生活は無理なので年金が満額もらえる65歳までは働かなくてはならない。

移住できれば当地のバスに乗りたいと考えている。
神戸では地下鉄の駅掌になろうかと考えている。

なにはともあれ健康で定年を迎えられるよう精進していこうと思う。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ