FC2ブログ

太陽と緑の道…黒甲越~野瀬大杣池

今日会社の同僚と私が担当する太陽と緑の道を歩いてきた。

今日は『絵のある風景』に書かれている文章と絵を実際に歩いて写真に撮ったのを比べて紹介します。

『絵のある風景』では天神橋~野瀬大杣池~黒甲越までを紹介しているが、今日は逆の黒甲越~野瀬大杣池までを歩いた。野瀬大杣池~天神橋までは淡河集落の舗装路なので省略した。
IMG_20100920194405.jpg
黒甲越の入り口に車を止め8時45分に出発。
太陽と緑の道パトロール 001
今日の相棒。
太陽と緑の道パトロール 016
ここが黒甲越で他のコースとの分岐にもなっている。

『絵のある風景』でこの辺りを「雑木林の小道は豊かな自然に抱かれた楽しい道。小川の清流がよぎり、せせらぎがさわやかに感じられる」とある、が、ケチをつけるつもりは毛頭ないが四駆やオフロードバイクにより醜く削られた登山道は歩き難くそこらじゅうにゴミが散らかっている。

そして次の分岐の手前に大日地蔵がある。
太陽と緑の道パトロール 014
この辺りもゴミが多い。

暫く林道を歩くとやっと登山道らしくなったと思ったらNTTの中継基地がど~んと出現。
太陽と緑の道パトロール 013
この基地周りの草を刈らんとあかんと思っていたが奇麗に刈られていた。NTTさんかな?
仕事が一つ減ってラッキー。

基地への舗装路を暫く歩いてから登山道へ入る。
山道らしい登山道をひたすら下って行き突き当たりのT字路を左にとって少し行くと天保池が右手奥にある。
太陽と緑の道パトロール 003
池の畔で休憩。

そしてゴロゴロした石の多い元林道後をひたすら下ると鳴川を横切るともう少しで野瀬大杣池と中山大杣池への分岐も近い。
太陽と緑の道パトロール 007
鳴川に架かる橋だが情緒もなにもない。

野瀬大杣池と中山大杣池の分岐を右に取り野瀬大杣池へ向かう。
太陽と緑の道パトロール 009
この野瀬大杣池は高台に造られた池で、遠く飛鳥時代に造られたともいわれている。

今日はここで引き返した。

『絵のある風景』では時々ふりかえると野瀬大杣池や天保池の遠望がすばらしい。と書いてあるが樹林に遮られて何も見えない。このコースで景観を楽しむところは無い。
この本が書かれた1992年頃には見えていたのかも知れない。

今日はゴミを拾いながら往復5時間の山歩きだった。久し振りに汗をびっしょりかいた。
帰りに『銀河の湯』に浸かって汗を流すとともにストレッチを入念にした。そして無料のフランスベッドの全身マッサージ機で身体を解した。

今日のゴミの成果は
太陽と緑の道パトロール 017
約10.5kgだった。まだまだゴミが落ちているので来年四月の任務完了までには一掃しようと思う。

2010.09.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-