FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今月3日に椿岩に行き、「アトランタ5.11a」にオンサイトトライしたが、上部のガバの目測を誤りフォールしオンサイト出来なかった。
ぶら下がってハングドッグし右側に大きな穴があったのでそれを使って登ったら簡単に登れた。

フォールした時は、その穴を使わず親指と人差し指でつまめるくらいのホールドを使った。

オンサイトを失敗して下りた時にローカルの方から、あの穴を使っては駄目ですと言われた。
なので2便目は、穴を使わず登りR.Pした。

そして4日後に再び椿岩に行った時に、ローカルの方が何人か「アトランタ5.11a」にトライされたいた。
やはり上部のガバが取れずにフォールされる方が多かったが、それを見ていた女性の方が、『ルート設定時には、穴を使って登っていたのに、いつの間にか穴を使っては駄目となってしまった』と言われていた。
2010.11.07椿岩 024
「アトランタ5.11a」をFLしたあらみちゃんの登り、上部ガバの手前です。

このような事は椿岩に限った事では無く、日本の多くの岩場で行われているように感じる。

私の知る限りで、神戸市北区道場にある烏帽子岩の「おじいちゃんのドタドタ落ち5.11a」がそれである。
私が初めてトライした時にハングの上の左奥の壁を使っては駄目と言われた。
そして使わずに登ったが、数年後ルート設定者にお会いしルートの詳細をお聞きする機会があった。

私はルート設定者の方に『どうして限定されたのですか?』と聞くと、その方は非常に強い口調で『私はルートを設定するに当たって限定はしていません。ライン上を自由に登っていただければ良いのです。限定はありません』と明快に答えられた。

その後機会ある毎に「おじいちゃんのドタドタ落ち5.11a」には限定は無いですと言っているのだが、どうも浸透していないようだ。

私は限定ルートは嫌いだ。何故か!それはオンサイトトライしオンサイトした~!と満足感一杯で下りた時に見知らぬ方から『あのホールドやスタンスを使って登ってはいけません』と言われた事が何度かあった。
その時の気持ちを何と表現して良いのやら何とも情けない気持ちになります。と同時に見てたら登る前に言ってくれー!と腹が立つ。

何故こう言う事が起こるのか、一つには日本の岩場資源の少なさにあると思います。
岩場が少ないので引かれるルートも限られます。あるエリアを登り終えたとしたら、人情としてもっと難しいルートを登りたくなるものです。そしてホールドやスタンスを制限して登るようになり何時しか、そのルートが限定ルートへと変身して行ったのではないかと思います。

その点日本で有数の岩場を抱える備中や帝釈には限定ルートがありまり無いように思います。
なので私は備中や帝釈が大好きなのだ。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ