プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今朝6時過ぎ無事に関空に着きました。
しかし日本の寒さは異常ですなぁ~。

関空に降りた途端タイへ戻りたくなりました。

移住計画の見直しを考えてもええなぁ~との思いになりました。

タイでのクライミングは明日以降にアップします。

ほなお休みなさい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
23日関空午前0時30分発のタイ航空TG673便に乗って行く。
001_20110122121746.jpg
準備も万全!のはず…

クライミングエリアはライレイ。

今月31日関空午前6時25分着のタイ航空TG622便で帰ってきます。

しばらくブログはお休みします。

クライミングでは落ちまくるやろうけど飛行機は落ちないように真剣に祈ってます。

ほな!行ってきます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日予約していた『サバイバル!-人はズルなしで生きられるのか』がやっと手元に届き早速読んでいる。

その中にフリークライミングについて書かれた個所を一部抜粋して紹介します。

フリークライミングとは、簡単にいえば手と足だけで岩に登ろうということだ。
「おまえ、ズルしないで、ここ登れる?」というのがその精神である。
ズルしないで、という何でもない一言が、実は大きな考え方の変換だった。
ズルをしない―フェアプレイ精神といえばそれまでだ。それならスポーツや武道の世界に昔から存在した。
フェアにやるとは、相手も自分もその能力を充分発揮できる場を、お互いの努力でつくりだし、そのうえ競いあうことでさらなる高みを共に目指そうという考え方だと私は理解している。それを相手が自然環境の行為にまで適用させたら、それはもう思想の転換というしかない。

何かをしようとするとき、われわれはそれを可能にする「道具」を探すようになっている。
何を使うのが楽で効率的かな、と考えてしまうのだ。だが、フリークライミングは逆だった。
岩を登ることをより純粋にするために、道具を体からはずしたのだ。環境をいじる、道具に頼るという、
行為者から外に向いていたベクトルを、道具を捨てる、自分を鍛えるという内面、自分の内側に向けたのである。
「自分の力で登る」というこだわりにはたくさんの副産物がついてきた。自然と純粋に触れあう喜びや、自分の意思を知る感覚、フェアネスの体感。


上記の文を読んで、フリークライミングが道具を体からはずすといっても、ハーネスを付けロープを結んで岩に打たれたプロテクションにヌンチャクを掛けて登っているではないかと思われる方もいるだろう。
しかしそれは命を守るための最低限の道具であることと私は理解している。

フリークライミングは上記の文にあるように自分との闘いである。
岩壁に設定されたルートを自分の手と足だけで登る、登れなければ何が今自分に足らないのか、考え、悩み、鍛え、何度も何度も挑戦しそして何時の日か落ちないで登れた時その喜びは何物にも変え難い。

下記の写真は2002年5月25日に私が「ジャスティス 5.11a」をR.Pしたときのものだ。
IMG_20110121214440.jpg
何故この写真を載せたのかといえば、昨年チッピングされる前が写っていたからだ。
上の写真の赤で囲まれた個所が昨年チッピングされた個所だ。

服部文祥氏の言葉を借りていえば、チッピングはズルでありアンフェアな行為のなにものでもない。
そして環境をいじる行為だ。
ズルは永遠に消し去ることは出来ないし、いじられた環境は元に戻すことも出来ない。

余談
今日間寛平氏が2年間にわたる地球一周マラソンから帰って来られた。
お疲れさん!
あめまー!

ところで「あめまー」ってどういう意味?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
図書館に予約している本が中々届かない。
なので家の本棚を覗いて見たら『新・水滸伝』があった。
IMG_20110120200735.jpg
既に読んだのかどうか記憶になかったので読んだ。
面白く一気に読んだ。


「水滸伝」は六百年の余、中国で愛読されて来た。文字の国の国民文学だけに巨大な長編であり、
義賊だけでも百八人だから、神仙、朝廷の貴人、官軍、民衆の、名を書かれた人たちだけでも千人に
余るであろう。それが英雄豪傑はもとよりのこと、しがない曲獄のはしくれにいたるまで、一人一人の
性格は活写されているし、大小の戦闘場面、殺戮、拷問、刑罰、朝廷の綺羅から大自然の美までの変化はと
精彩は言うまでもない。
「水滸伝」に盛られた封建時代の倫理観は、中世日本の社会にも大きな影響を与え、江戸文学をも色濃く
染めあげている。
西のアラビアンナイト、東の水滸伝といわれるゆえんであろう。
←裏表紙から
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
18日の神戸新聞夕刊に、14日に演出家で元NHKディレクターの和田勉氏が食道ガンのため死去されたと載っていた。80歳だったそうだ。
ご冥福をお祈りします。

氏のテレビドラマの作品の中に『天城越え』がある。
元は松本清張氏の短編小説だ。

私にとって『天城越え』と言えば石川さゆりの『天城越え』を一番に思い浮かべる。
しかしあの歌詞は凄まじいの一言に尽きる。


8年程前に湯河原幕岩に行った時に天城山の浄蓮の滝を見に行った。
歌詞の凄まじさに比べて少しがっかりした記憶がある。
22000719_1901_1[1]


私は若い頃の石川さゆりはあまり好きではなかったが、近頃の石川さゆりは何とも言えない色気がある。
津軽海峡冬景色も好きな歌の一つだ。

日本人はやっぱり演歌やな。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日胃の検査を受けた。

バリュームを呑んでレントゲン撮影をした。

4年前だったか胃の検査の募集があったので受けたらポリープがあった。

ポリープの検査結果は一応良性だったが、いつ悪性に変化するか分からないとのことだった。

それ以降毎年検査するようにしている。

しかし我身体なのにこれ程不可解な物体は無いと常々感じている。

私の身体もあちこちガタがきている、機械のように取替が出来ればいいがそうはいかない。

後10年は現状維持して欲しいと我身体に願うのみだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今朝5時過ぎに携帯にメールが入った。
誰やこんなはように…と開いたら神戸市危機管理室からだった。

16年前の午前5時46分に起こった地震は未曾有の被害をもたらした。

先日神戸新聞に地震に対する兵庫県民と静岡県民の意識調査の結果が出ていた。

確かな事は忘れたが、この先30年(10年だったかも?)のうちに大震災が起こるかとの問いに
兵庫県民の半数以上が起こらないとあり静岡県民の半数以上は起こるとあった。

この結果を見て私は兵庫県民の意識の中に二度と起こって欲しく無いという気持ちが強いと感じた。
当然私もその中の一人だ。

16年前のあの揺れは未だに身体の奥深く残っている、永遠に消え去ることは無い。


それから神戸新聞夕刊に「ひょうご安全の日1.17のつどい」に出席予定だった松本龍防災担当相が降雪のため、新幹線が遅れあいさつに間に合わなかったと載っていた。
今現在の日本の気象状態を考えれば降雪による新幹線の遅れは事前に予測できた。

16年前の震災当日、当時の総理大臣村山富市はその日大震災が起こったのを知りながら財界人達と昼食会を開いていた。そして震災現場に来たのはスイスの救助犬より遅かった。

この国の政治家に多くを期待するのは無理なのかと思うが、この国に生まれた者としては期待せざるを得ない。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨年12月後半の城山での民宿で寝入りばなにD助さんから電話があり、1月に紅ノ峰で整備をしますので手伝って下さいと言われ、二つ返事でOKした。

四国は私の両親の生れ育ったの高知県があるし、私も高知県で生まれた。
なので県が違ってっも何か四国四県には親しみを感じる。

14日8時過ぎに神戸を出発。
10時半頃紅ノ峰に着いた。
01.14~16紅ノ峰リボルト 001
顕著な岩壁が遠くからでも見える。
香川県の山は四国の他の県と違って山の様相が穏やかだ。
日本まんが昔話に出てくる山のようだ。

01.14~16紅ノ峰リボルト 003
14日の参加者は4人。この日は太陽が当って非常に暖かかった。
左からF田さん、D助さん、トッキー。

F田さんは今回の影の大功労者だ。
非常に良く動いてくれました。
又寒い中ハーゲンダッツのアイスクリームを買ってくるなど非常に正直と言うか洒落の分かる方なのだ。
震えながら食べたアイスは美味しかったです。

01.14~16紅ノ峰リボルト 005

01.14~16紅ノ峰リボルト 007

01.14~16紅ノ峰リボルト 006
14日は昼からの作業にも関わらず5本のルートの整備が出来た。
これはF田さんの大活躍なくしては成し得なかった。

01.14~16紅ノ峰リボルト 017
夕食は宿近くの食道で名物『チリトリ焼き』を食べた。
翌日ローカル達にチリトリ焼きの事を聞いたが誰も知らなかった。

01.14~16紅ノ峰リボルト 014
宿は『スーパーホテル』温泉もあり冷え切った身体を温め静に独りグッスリ眠れた。

15日は曇り空で風が強く時たま雪が舞うという最悪のコンディションだったが大雪の島根県からgakuさんが応援に来てくれ4人体制で作業し残りのルート全ての整備を仕上げることが出来た。

01.14~16紅ノ峰リボルト 021
壁の上部からの眺め。

01.14~16紅ノ峰リボルト 024
D助講師のリボルト勉強会。
この中からエキスパートが育つ事を願ってます。

01.14~16紅ノ峰リボルト 026
夜は高松市内で四国クライマーとの懇親会。
多くのクライマーとお知り合いになった。

16日は午前中約2時間程後片付けをし一部を除いて完全に整備を終えた。

昼飯は名物讃岐うどんを食べた。
01.14~16紅ノ峰リボルト 036
あまりの人の多さにゆっくり味わう暇がなかった。
ただローカル達の話では咀嚼しては駄目だそうで、噛むのはうどんを切るだけで後は呑み込むのが正しい食べ方だそうだ。

それから『紅ノ峰』での注意点は下記の通りです。

駐車場は
01.14~16紅ノ峰リボルト 035
高松市内方面から来たら『カラオケ わん』を左折し緑色のフェンスに囲まれたテニス場前の広場です。
間違っても『カラオケ わん』には止めないように。
01.14~16紅ノ峰リボルト 020
赤四角が駐車広場。緑四角は『カラオケ わん』

01.14~16紅ノ峰リボルト 027
駐車場の反対側にある工場横の道路を入ります。
この辺りは絶対に車を止めないようにして下さい。

01.14~16紅ノ峰リボルト 029
少し行くと道が二手に分かれます。
左側の細い道を行きます。
ここはミカン畑の作業用道路です。絶対に乗り入れないように。
それから畑で作業している方には必ず挨拶しましょう。

01.14~16紅ノ峰リボルト 031
初めての左の登り坂を登って行く。
両サイドはミカンやビワが植わっています。
間違っても採らないように、泥棒です。
落ちたものも絶対に拾わないように。
01.14~16紅ノ峰リボルト 019
可なりの急登を行くと道標があります。
この辺りから5分程で岩場に着きます。

トイレですが駐車場から高松市内方面に3分程のところにある「香川県総合運動公園」のトイレが使えます。
01.14~16紅ノ峰リボルト 033
この自粛のお知らせはケミカル溶剤が固まるまで登らないようにの注意書きです。22日まで掲示されています。
22日以降は登れます。
今回はJFAの主催で行われ旧いボルトをグルーアンカーステンレスに替えたが、100%安全を保障するものではありません。最終的にはクライマー自信の判断の元ご利用下さい。

それから四国全県でJFA会員が11人しかいないそうです。
これを契機に多くのクライマーが入会される事を願っています。

おまけ
01.14~16紅ノ峰リボルト 012
高松市内の山道具屋さんに居たわんこ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日から16日まで四国で行われるルート整備のお手伝いに行って来ます。


なのでブログは暫くお休みします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日昼から道場周辺の岩場を見に行って来た。
昨年末から色々私的にはあり得ない事が起こっている。

その一つ烏帽子岩「ジャスティス 5.11a」のチッピング。
002_20110113235748.jpg
赤丸で囲った部分。
ここは核心に入るムーブで一番多く使われているところで、何時誰が削ったのか分からない。
ここはのっぺりしていてスメアを確実に決めないと止まらなかった。

今回のチッピングでこのルートの面白さが完全に失われた。
残念でならない。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
昨年末から退職に向けて色んな書類が回って来た。
厚生年金の申請やら退職後改めて就職する意思があるのか?とか
退職金はどこの銀行で受け取るのかとか?
普段は滅多に書類などにお目に掛らないので少々戸惑っている。

年金を満額受け取られるのは65歳からなんでそれまで再就職する。
60歳で年金が満額もらえれば再就職せずにフルタイムクライマーになってあっちこっちの岩場に行ったり各地の岩場の整備のお手伝いをしようと思っていた。

しかし男として元気なうちは働けるだけで良し!やろう。

働きながら少しの余暇の時間をクライミングに充てる
私的にはこれが長続きする要因だと思っている。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
朝飯を食おうとしたらイケチャンが来てニューエリに行きましょう!と言うので行くことにした。
01.08~09備中ツアー 036
朝飯に米入り餅を食べ、ニューエリアにマメオ、あらみちゃん。長屋坂にマルチさん、モチマスさん、タカちゃんに分かれて行った。

01.08~09備中ツアー 054
日曜日は前日とは比べ物にならないくらい寒く又クライマーも多く来られていた。その8割が関西勢だった。

01.08~09備中ツアー 038
備中三大ブログのうちのババチョップ氏とイケチャンにお土産に昨年姫路の福崎で買った『鳴門金時羊羹』を進呈した。

その『鳴門金時羊羹』の効果か
01.08~09備中ツアー 039
「美しくカンテ 5.12c」をイケチャンが2便目にあっさりR.P
01.08~09備中ツアー 043
最後は指の感覚が全く無かったそうだ。

イケチャンに負けてはおれないとババチョップ氏は「水の泡 5.12a」にR.Pトライ
01.08~09備中ツアー 045
3便出すもR.Pならず。
この日は何故か「水の泡 5.12a」は大人気で行列が出来ていたのでモチベーションの維持が難しかったと思う。それに時間と共に寒さが尋常では無くなったこともR.P出来なかった一因だったやろ。
次回は行けるで

私は前日に続いて「親心」にトライ。
01.08~09備中ツアー 050
しかし前日の疲労と寒さのため3便出したがボロボロやった。
まだまだ修行が足らないようです。

あらみちゃんは「時間よ~」では無く何故か「親心」にトライ。
01.08~09備中ツアー 053
前日の「時間よ~」でモチも体力も使い果たしたのか核心前で下りて来た。

そして久し振りにお会いしたべっち師は
01.08~09備中ツアー 055
「ランコロ 5.12a」にトライされてました。

この日ババチョップ氏とイケチャンに還暦のお祝いを戴いた。
01.08~09備中ツアー 057

初備中で何とか成果を出したかったが実力不足を思い知らされただけだった。
しかし何時も備中や帝釈でお世話になっている、MORISAMAやTO隊長とメグさん、そしてヤナ兄さんには初日に、べっち師にババチョップ師、イケチャンには2日目にお会い出来たのかなによりの収穫だった。

それから新年早々大変失礼な事を仕出かしてしまった。
土曜日にS谷君から日曜日に一緒に遊びましょうと連絡を戴いていたのを日曜日の当日すっかり忘れていて約束の時間前に何処へ行くとも告げずにニューエリアへ行ってしまった。

そして昼を過ぎた頃に突然思い出し電話をして失礼を詫びた。
S谷君本当に申し訳ありませんでした、これに懲りずに又遊んで下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
三連休の土日で備中へ行った。
昨年のクリスマス寒波以降気温の低い日が続いている。

土曜日の成羽の9時過ぎの気温も
01.08~09備中ツアー 010
マイナス2℃。

しかしニューエリアは太陽の日差しで暖かくTシャツで登れた。
01.08~09備中ツアー 011
『俺の時代』TシャツはTO隊長とメグさんから還暦祝いに戴いた。←アッチコッチ探しまくられたそう。感謝感激です。

土曜日のニューエリアは我々5人とTO隊長とメグさん、そして京都のKちゃん親子だけだった。途中にMORISAMAも来られたが「まむし…」に1便出しただけで帰られた。
01.08~09備中ツアー 021


早速着て「親の心…」にトライ。

マスターでR.Pの予定だったが2ピン目から3ピン目のなんでも無いところで足を滑らせフォール。
ヌンチャクを掛け降りたら、あらみちゃんが『マダマダ俺の時代ちゃうなぁ~』とぬかした。

2便目も核心手前で足を滑らせフォール。
又もあらみちゃんが『俺の時代は来るのか?』とぬかす。内心腹立つけど上手い事言うなぁ~と感心した。

今年から怪我予防のため本気トライは2回と決めていたが
01.08~09備中ツアー 030
日曜日は寒くなるとの予報だったので3便目をあんことニンニクの力をチャージして出した。

01.08~09備中ツアー 023
しかし2テンで抜けるのが精一杯だった。
ヌンチャクを回収して降りたらあらみちゃんが『俺の時代は永遠に来ないだろう』とぬかす。俺もそんな気がした。

そのあらみちゃんは「時間よ~」にマスターでR.Pトライ。
01.08~09備中ツアー 019
初備中に行くと決まってから絶対に止めて帰ると珍しく宣言していたあらみちゃん。

今まで一度もマスターでヌンチャクを掛けれなかった最後のボルトに難なくクリップ。
こりゃ~マジで止めてしまうかもと見てたら最後の棚に移る前辺りで右足をアチコチ動かしだしたので
落ちるなぁ~と思った瞬間フォールした。

この日はあらみちゃんにしては珍しく4便出したが、最後の最後でフォールし止める事は出来なかった。
しかしナイストライやった。
あらみちゃんはそろそろ20便を越え仙人の領域に入るやろう、出来れば40便を越えた神の領域に入るまでには止めて欲しいと願っている。

この日我々が帰ろうとした時に、メグさんが「MRSA 5.12a」の5便目を出した。
01.08~09備中ツアー 031
見るからに悪く細かいカチの連続とそんなところには置けないやろうと思われるスタンスを使ってじわじわと高度を上げて行く、その巧さはただただため息が出るばかりだった。
そして我々5人とビレイヤーのTO隊長が見守る中終了点の2個あるカラビナにクリップ。
『凄い!』の一言に尽きる登りやった。
これがサーティンクライマーの実力かと感心させられるとともに力の差だけでなく集中力の差をまざまざ見せつけられた登りだった。

夜は小屋で
01.08~09備中ツアー 035
雑煮を食べた。
この夜は我々5人とヤナ兄さん、そして男性お二人だけだった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
20時過ぎに帰って来た。

「親の心…」は、もっともっと修行して出直して来い!
でした。

あらみちゃんは後一手で時間を止められるかのように見えたが止める事が出来ず
yoneさん状態に突入した。

次回は2月の三連休


詳しく明日以降に


今日寒かったし疲れた…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
明日の早朝から、総勢5名で備中に行く。

明日から三連休だが土日だけの遠征になる。

明日はニューエリアへ

私は宿題の「親の心子知らず」を

あらみちゃんは「時間よ止まれ」の時間を止めに

他のメンバーは???



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
北の国の友人「しまね自然学校の焚き火小屋」管理人さんからプレゼントが届いた。
002_20110106201148.jpg
先日この方のブログ「焚き火小屋の備忘録」に私の事を随分良く書いていただいた。
なのでお返しにこの方の事を書こうと思ったが、私の文章力ではとてもじゃないが書くことは出来ない。

なにせこの方は凄い!の一言に尽きるのだ…
この方のブログ「焚き火小屋の備忘録」を観ていただければその凄さが分かります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
IMG_20110105194246.jpg
「サクリファイス」とは『いけにえとか犠牲になる』との意味があるが、この本に於いての「サクリファイス」は犠牲になるの意味合いで使われいる。

この本は登攀工作員さんに紹介されて借りた。

私も30代半ばから40代半ばまでロードレーサーに乗って地方の小さな大会(主にトライアスロン)に出ていた。
なので本に書かれているレースに於ける駆け引きなどを自分の体験と織り交ぜて楽しく読んだ。

それからロードレーサー達が結構甘い物を多く採るのにも正直驚いた。

クライミングに於いてもある地方のローカル達が異常に甘い物を食べて登っているのもこの本を読んで理にかなっていたのだと知った。

この本の続きに『エデン』がある。
今予約中だ。

日本で自転車レースと言えば大概の方が競輪を思い浮かべるだろう。
ヨーロッパに於いて自転車レースは非常に盛んでその最高峰に『ツールドフランス』がある。
この本を読めば自転車レースでの駆け引きなど違った角度で見る事が出来楽しめると思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
今日は仕事始めだった。

私は始業時間の一時間以上早く出社する。大概所属の部署の一番乗りだ。
001_20110104202149.jpg
何故早く出社するか?早く起きる事もあるが、誰も居ない会社内の風景が好きなのだ。

出勤日数は3月末の退職まで休みを省けば後46日しかない。
まぁ~あっと言う間に終わるやろう。

今は無事故で退職するよう頑張るのみや。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日不動岩で初登りをしてきた。
不動岩 初登り 017
今日の天気予報は曇りだったが、大外れで太陽が燦々と照り暖かかった。

不動岩 初登り 012
タカちゃん差し入れの和洋折衷【珈琲羊羹】
味はコーヒーゼリーを固めたようだった。11a

今日は我会と会友11人の貸し切りだった。
不動岩 初登り 022
左から、テンプル君、リード君、あらみちゃん、なっちゃん、muraさん、満太郎さん、満太郎さんの友人、マルチさん、タカちゃん、リン君、マメオ。
皆さんから『還暦おめでとう!』と声をかけていただいた。嬉しかったわ。

今日は7本登った。登り納めの時にテンションした「ペガサス」と「タイコ」をノーテンで登れたが「小熊物語」でワンテンした。
しかし今週末からの3連休に向けてええトレニーングが出来た。

あらみちゃんから還暦祝いに
不動岩 初登り 023
養毛剤の【リアップ】を貰った。
これで頭の毛はフサフサになるやろう。


そして家に帰ったら
還暦祝い 011
還暦祝いの飾り付けがしてあった。

還暦祝い 015
二男家族も忙しい中、時間を割いて来てくれた。

今日クライミング仲間や家族に祝福してもらい本当に幸せな男だと思いました。
これに応え得るには元気で明るいジジイになることだと思っています。

そしてもう一つ友人から嬉しい恥ずかしいお祝いを戴きました。
それはこちら⇒焚き火小屋の備忘録
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ひび割れの対処法として4人の方からアドバイスを戴いた。
ありがとうございました。

そのアドバイスの中から良いところと私のやり易いように変えて続けている。
中々具合がええです。

私は毎日風呂上がりの寝る前に行っています。

鍵コメさんとアンパンマンさんからのアドバイスで、ひび割れの周りの固くなった皮膚を取り除く。
ひび割れ対処法 003
ひび割れ対処法 004
ひび割れした周りの固い部分を爪切りで切る。←切り過ぎると痛いので切り過ぎないようにする。

次に紙ヤスリでひび割れの一番深いところ近くまで削る。←少し痛いのと爪を削らないように注意。
ひび割れ対処法 007
紙ヤスリは中くらいの粗さのものを使う。
目が細か過ぎると削った跡がツルツルしてクライミング時に滑る。
ひび割れ対処法 008
2枚目の写真と比べれば違いが分かります。

次に化粧水をたっぷり塗る。
001_20110102150125.jpg

次に登攀工作員さんやアンパンマンさんのアドバイスでメンソレータムをたっぷり塗り綿の手袋をする。
ひび割れ対処法 011
ひび割れ対処法 010
先月の30日から始めたが今は傷は殆ど治った。

ひび割れでお悩みの方は一度試して下さい。

アドバイス戴いた、オギチさま、登攀工作員さま、鍵コメさま、アンパンマンさまありがとうございました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
001_20110101180655.jpg
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


五回目の年男なのでより一層の飛躍を目指したいと思っています。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ