FC2ブログ

エボコマ(烏帽子岩・駒形岩)

今日年休を取ってエボコマに行って来た。
エボコマ2011.02.16 002
月曜日の雪がまだ残っていたが壁は乾いていてクライミングには全く差し支えなかった。
エボコマ2011.02.16 003
午前の早い時間は取り付き付近には日が当らないので4.4℃で寒かった。

今日のパートナーはアンパンマンさん。
エボコマ2011.02.16 014
シューズやチョークバックにトレードマークのアンパンマンが
そういえばお顔をも似ているような
エボコマ2011.02.16 004
関西最難の5.10d「タフ」をリードするアンパンマンさん。
今日は調子がイマイチだったのかあちこちのルートで落ちてました。

そうこうしているとタイ以来のS山仙人が来られた。
エボコマ2011.02.16 015
いつお会いしてもお元気です。
エボコマ2011.02.16 005
エボコマではこの姿も全く異様ではありません。

今日は太陽が雲に遮られることがなかったのでグングン気温が上昇。
エボコマ2011.02.16 017
日向ではなんと!22.8℃になっていた。暑かったです。

昼過ぎてから今日の本来の目的である事を確かめに駒形岩に行った。
1月に入ってから「プロミネンス5.11b」もチッピングされていると耳にした。
今日は登って確かめたかったが雪解け水でルート全体が濡れていて登れなかった。
なので「斜陽5.9」を登ってプロミネンスの終了点へトラバースしロワーダウンしながら最上部から下部までのホールドやスタンスを確かめた。

私は事前にチッピングするならここだろうと目星を付けた個所を入念に調べたが濡れていることもあって判断出来なかった。他のホールドやスタンスに異常は無かった。
エボコマ2011.02.16 021
上の写真は15時頃に写した。
下の黄色の丸は昨年人為的落石により傷ついたホールド。
上の赤色の丸が私が個人的にチッピングするならここだろうと目星を付けた所だ。

ここはプロミネンスの最大の核心部で緑色の丸のホールドを右手で持って赤色の丸の小さなカチを左手で取り上のガバを取るのだが、赤色の丸の小さなカチを今日じっくり触った感じでは『こんなに持てたかな?』と感じた。ただ私がプロミネンスをR.Pしたのが2004年7月9日なのでその時から比べれば少し力が付いているので同じホールドを持っても『持てる!』と感じるだろう。

拡大してみると
エボコマ2011.02.16 018
濡れていたので見た目での判断は出来なかった。
そしてロワーダウンして触っただけなので実際にチッピングが行われたのか判断出来なかった。
今度下から登って触った感触で判断したいと思っている。
それと私一人では無く多くの方に登っていただき判断するのが最良だと思う。

それから今日「タイムトンネル5.10a」をリードされていた方が1ピン目付近から落ちグランドされた。ヘルメットを被っておられたのと最初に打ったお尻が幸い平らなところだったので打撲だけですんだ。
本人に確かめたところ1ピン目に確かにクリップしたと言われた。ビレイヤもクリップしたように見えたと言っていた。
原因として考えられるのは
※クリップしたがロープがゲートに引っ掛かってキッチリ入っていなかった。
※逆クリップだったのでは←これはS山さんが見ていた状態では身体は1ピン目の下にあったのであり得ない。
※クリップしたと本人は言っているが思い違いだったのでは
それからビレイヤが少し離れたところでビレイしていて落ちた時に驚いて後ずさりしていたのでクライマーが1ピン目にクリップするまで真下近くでビレイし万が一の場合スポットするように注意した。

岩場では予期しないことが突然起こります。ロープを結ぶ時点からクライマー、ビレイヤ共に無駄話を止め気を引き締め無ければならない。
これは私自身への忠告でもあります。

2011.02.16 | Comments(5) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-