今日30年1ヶ月16日の務めを終えました。
定年退職 030
この職場に来て初めて背広を着たので皆が珍しがって見に来ました。

次の仕事は4月中に決まると思います。←多分。

4月中は旅行やら備中で約2週間程過ごそうと思っています。
退職は明日なのだが、仕事は今日が最後だった。

バス時代を含め運転手として30年務めた。

いや長距離大型トラックの運転手時代を含めれば32年になる。

IMG_0001_20110330202200.jpg
バス時代の私。2003年6月にバスマニアの青年が写してくれた。

32年間運転席から世に中を観て来た。

トラック時代の一番の思い出は、1979年7月11日に起こった東名高速道路日本坂トンネル火災事故だ。

丁度私は東名高速道路の富士川の橋の上で止まった。

そして1週間ほど通行止めになり、7月18日に上り線を利用した対面通行で仮開通したものの、完全な復旧は

事故から60日後の9月9日となった。



バス時代の思い出は、1985年8月12日18時56分に起こった日本航空123便墜落事故と、1995年1月17日

に発生した阪神淡路大震災だ。

日航の事故では乗員乗客524名のうち生存者(負傷者)は4名であった。

そして阪神淡路大震災の時、丁度私は休暇を取って家で寝ていた。

あの揺れは今も身体の奥深く潜んでいる。

公共交通機関では私の所属するバスがいち早く復活した。

あの時ほど公共交通機関としての使命を感じたことはなかった。

しかし交通渋滞は想像を絶していた。



そして今の職場に替っての思い出は、その年に起こったJR福知山線脱線事故だ。

2005年4月25日9時18分ごろ速度超過により快速列車が脱線しマンションに激突するという信じられない

事故だ。

この事故により運転士を含め107名の方が亡くなられている。

そして東日本大震災だ。

交通従事者として交通事故とは常に隣合わせだ。

トラック時代は過労で男性には珍しい腎盂炎になった。

バス時代は寝ていてよく追突する夢を見た。

もうこれからは事故の夢を見なくてもいいかな。

32年間でバス時代に一件だけ私の過失とされた事故があっただけで後は無事故無違反で通せた。

これからも運転免許証を返納するまで無事故無違反を心がけたいと思っています。

002_20110330205643.jpg
今日の出先での私。
あらみちゃんに先に登られたショックと不甲斐無さで中々寝付かれず、おまけに朝早く目が覚めた。

27日はヤナ兄さんがくぼけん君と杉田へ来ると連絡を貰っていた。
備中・杉田ロック 018
この日はteam ROCKSのキャプテンヤナ兄さん、災害派遣から帰って来たくぼけん君、ヌンチャクデッドの特技を持つこうちゃん、運転手のたなかさん、TBのみこちゃんが来ていて賑やかな一日だった。

ヤナ兄さんは朝一に「カチワリ 5.12b」をR.Pし「わかって安代 5.11d」を2撃した。
備中・杉田ロック 019
「わかって安代 5.11d」のヤナ兄さん・
いや~強くなったと思っていたが、改めて強さを見せつけられた。おめでとう!

くぼけん君は宿題の「山田のアッコちゃん 5.12c」を
2便3便目に後2手までのところで惜しくもフォール。
備中・杉田ロック 020
「山田のアッコちゃん 5.12c」のくぼけん君。
K市消防局救助隊員として片道1000km強の道のりを約22時間かけて被災地に向かい一週間行方不明者の捜索にあたっていたそうです。本当にお疲れ様でした。ありがとう!

こうちゃん、たなかさん、みこちゃんは「フクちゃんのC 5.11c」を
このルートは当初5.10d?が付けられていたそうだ。
私も登った事があるが(ワンテンのままだが)5.10dのグレードを付けた根拠を知りたいなぁ~と思ってます。
現在は5.11cに修正されている(妥当)が悪いです、特に出だしが。

こうちゃんが我々が下山した後にR.Pしたとteam ROCKSのブログで知ったが嘘やろう~と思った。←『交通事故みたいなもん』とこうちゃんが言っていたのを知って納得。
何故か、私は1便目のMOSトライと2便目のトライを間近で見ていた、MOSトライでは3ピン目のボルト近くでフォールしグランドぎりぎり。
2便目には同じく3ピン目で特技のヌンチャクデッドを披露した。
なので3便目にR.Pしたと知って嘘やろうと思った次第で悪気はありません。
いや~おめでとう!

私は相変わらず「わかって安代 5.11d」に3便出すが核心の一手が出来ず登れなかった来週以降の宿題へ

あらみちゃんは右隣の「変なこと聞いていいですか 5.12a」にMOSトライ。
この「変なこと聞いていいですか 5.12a」は「わかって安代 5.11d」と非常に近いラインのところがある。特にハングを越える辺りは殆ど同じと言ってもよい。
あらみちゃんはこの日このハングが全く越えられなかった。

私が昨日と同じ登りして登ったら?とアドバイスして試したが全然越えられない。
昨日ホンマに登ったのやろかと疑いたくなるような登りだった。
交通事故みたいなもんやろうと思えば少し溜飲が下がった。

まぁ~年を取るとひがみぽっくなるのでお許しを…

おまけ
杉田ロックのアプローチに咲いていた花達(名前分かりません)
備中・杉田ロック 005
備中・杉田ロック 012
備中・杉田ロック 013
寒かったけど確実に春ですね。

それから今回ビレイ器の『GRIGRI2』をひょんなところで入手したので使ってみました。
備中・杉田ロック 006
中々の優れ物です。
詳しくは近いうちにアップします。
後ろめたさを引きずりながら26日27日に一ヶ月振りの備中に行って来た。

当初は、あらみちゃんのリクエストでロックバレーに行く予定だったが岡山道有漢ICから先が冬用タイヤ規制になっていたので急遽備中杉田ロックへ行き先を変更した。
備中・杉田ロック 002
賀陽ICから備中へ向かう県道は薄っすら雪化粧。

成羽ダム横の駐車場に車を止め歩くこと40分弱で岩場に到着。
久し振りだったので遠く感じた。

アップに「我が家ではこうなんです 5.12d」の下部(5.10d)を登ろうとしたら、今まで岩場全体を暖かくしてくれていた太陽が張り出して来た雲に隠れおまけに雪まで降り出した、それも吹雪のように。

寒いのが大の苦手な私は寒さにモチも急下降。
1ピン目からテンションしまくり何とか終了点へ

続いてあらみちゃんがアップ、すると何故か太陽が出て来て岩場が一辺に暖かくなった。
↑↑
まぁ~偶然やろと内心思う。

レストもそこそこに宿題の「わかって安代 5.11d」に1便目の準備をする。
ハーネス良し!ビレイ良し!『ほな行くで!』と取り付こうとすると又太陽が雲に隠れた、そして又雪が降り出した。←なんでや!?

まぁ~ええやろうこんな事もあるわなと気持ちを切り替えトライ、が寒い!
出だし、ハング越えも何とか通過、今までに2便出したが解決出来ていない核心部へ突入するが、やはり出来ない。
ヌンチャク掴んで核心を越え終了点へ

続いてあらみちゃん、あらみちゃんは一か月前に「停滞前線 5.12a」に取り付いていたが、急遽「わかって安代 5.11d」に鞍替え。

あらみちゃんがトライし始めると又太陽が出て岩場が暖かくなった。
↑↑
なんなんだふざけやがってと内心毒づく。

初トライのあらみちゃんはハングの乗っ越しで嵌り、上部核心でも嵌りまくって核心下で敗退。
↑↑
当然と私はビレイしながらほくそ笑む。

昼飯を食って2便目を出そうとすると又又太陽が雲に隠れ雪が降り出した。
巡り合わせの悪さを呪いながら2便目を出す。しかし寒い!
核心部で何度かハングドッグしムーブを解決する事が出来た。
あらみちゃんに丁寧にムーブを説明し降りる。

そしてあらみちゃんの2便目。
なっなんと!又しても太陽が出てくるではないか…
備中・杉田ロック 010
ハング下でレストするあらみちゃん。

この後ハングを難なく越しいよいよ核心部へ
夢か幻かあれよあれよという間に核心部を抜け終了点下のガバまで辿りついていた。

ガバで最後のレストをしながら『私確かテンションしてないよね?』と聞くので『してない!後はそんなに難しくないけど慎重に』とアドバイス。
そして終了点にクリップ!なんと!2撃しよった。
備中・杉田ロック 011
「わかって安代 5.11d」を2撃し大喜びのあらみちゃん。

私はR.Pとヌンチャク回収を兼ね大プレッシャーの中3便目を出す。
そして太陽はこの時は出ていたが西に行ってしまい壁には日差しが当らない、なので寒い!

プレッシャーの塊で身体が重く感じるまま核心部へ突入。
2便目に出来ていたムーブが出来ずフォール!くそーっ!

翌日も杉田の予定だったのでヌンチャクを残置しておこうと思ったが回収し帰路へ

あらみちゃんは意気揚々軽々と私はずっしりと重~い心と身体を引きずりながら下山した。

書きながら思い出し気分が悪くなったので今日はここまで
27日のことは明日アップします。


それからブログの再開に対して多くの方から本当に嬉しいコメントいただき感激しています。
改めてお礼申し上げます。
ありがとうございます。
2011.03.25 ブログのこと
13日にブログは暫く休止と書かせていただきましたが、本当は止めるつもりでした。

昨年末頃から何時止めようかとず~っと考えてた矢先に東日本大震災が起こりその被害の甚大さに

更新する気にもなれず、取りあえず休止することにした。

その内メールや道でお会いした数人の方達から、何時まで休止するのですか?もう止めるのですか?と聞かれ止めますと答えた。

残念とか寂しいとか楽しみにしていたのにという嬉し言葉をいただき気持ちが揺れた。

そしてお一人でも私のブログを観て下さる方がいる以上続けようと決心した。

これからは今までのように頻繁に更新は出来ないと思いますが世情やクライミングのことなど

独断と偏見に満ちた内容でお届けしようと思っています。

今後とも幾久しくお付き合いのほど宜しくお願いします。


明日から日曜日まで久し振りに帝釈・備中へ行きます。

地球における陸地面積は約0.25%にもかかわらず、歴史的な大地震、大噴火の10%以上が日本で起きている。
将来地震予知が可能になったとしても、根本的に地震の規模を小さくしたり、地震そのものを抑えることは出来ない。そうであれば、地震が来ても壊れない建物、町、道路、鉄道等を造るしかない。日本は世界においても有数の災害大国です。

日本列島付近には大陸から続くユーラシアプレート、北からの北アメリカプレート、そして太平洋プレート、フィリピン海プレートの四枚のプレートが複雑にぶつかり合っている。プレートが衝突する境界には、トラフと呼ばれるくぼみができている。東の駿河湾内から遠州灘沖までが駿河トラフ、それより西側が南海トラフと呼ばれている。東海地震、東南海地震、南海地震は、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートが押し合っているこの二つのトラフで起こる地震だ。
駿河湾内から浜名湖沖までの駿河トラフで起こる地震が東海地震。南海トラフで起こる地震で、浜名湖沖から紀伊半島潮岬沖までを震源とする地震が東南海地震、潮岬沖から四国の足摺岬沖までを震源とする地震が南海地震だ。
いずれの地域も、フィリピン海プレートがユーラシアプレートを押し曲げながらその下に潜り込んでいく。そして、曲がっていくユーラシアプレートには徐々に歪エネルギーがたまっていき、限界に達したときに跳ね上がり、巨大地震が発生する仕組みになっている。

↑↑以上 高嶋哲夫著作【TSUNAMI】から引用しました。

3月11日14時46分に起きた東日本大地震は三陸沖(牡鹿半島の東南東約130km付近)の深さ約24km(暫定値)で発生したマグニチュード(Mw)9.0(暫定値)の西北西-東南東方向に圧力軸をもつ逆断層型(CMT解)、太平洋プレートと北米プレート境界域における海溝型地震である。

↑↑以上 ウィキペディア・フリー百科事典から引用しました。

民主党が政権を担うようになって『事業仕分け』に於いて100年から200年に一度の割合で起こると予想される洪水に対処するための「スーパー堤防」が廃止された。

果たして本当に必要が無いのか。

今回の大地震よる津波によって釜石湾の入り口に1200億円の費用を掛けて昨年完成したばかりの防波堤が見るも無残に破壊された。

改めて自然の猛威は人知を遥かに凌駕している。

最初に紹介した【TSUNAMI】に地震が来ても壊れない建物、町、道路、鉄道等を造るしかない。とあるが、これも限界がある。
それよりも何時起こるか分からない大災害に対して地域に応じた避難方法を確立し如何に人的被害を最小限に留める事を考える必要があると思う。

昔から《災害は忘れた頃にやって来る》と言われています。
常日頃から自然災害の種類に対する対策を考えておく必要があると思う。

しかし福島原発の事故は津波に起因するとは言え人災だと思う。
そして国や企業のトップや科学者は安全な場所で想定外と言うが、現場の最先端で命を掛けて戦っている作業員や警察官、消防署員、自衛官が居る事を忘れてはいけない。

海江田万里さん、あなた何様のつもりなのか、あなたと同じ人間が家族や自身の命を顧みず日本のために奮闘しているのをご存知ですか。
一度でもいいからあなたも防護服を着て最前線で戦っている人達を激励されたらどうですか。
2011.03.23 宣誓
私たちは16年前、阪神・淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間ととに頑張っておられます。

人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに今できること。

それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。

がんばろう!日本!

生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。


第83回選抜高校野球大会選手宣誓文
昨日の『東日本大震災への支援』の記事で紹介した内容はチェーンメールだと多くの方からご指摘をいただきました。
関西電力のHPにもその旨のことが明記されています。
  関西電力HP⇒こちらから

私は何事も十分に考慮しないで行動に移してしまう性格なのでこの度はご迷惑をおかけしました。
深くお詫びします。

それから昨日も書かせていただきましたが暫くブログを休止させていただきます。
本当に長い間多くの方にご覧いただいた事を感謝します。
ありがとうございましたm(_ _)m
ひとつでも多くの命が救われること祈るとともに
理不尽にも失われた命に心からご冥福をお祈りします。

暫くブログの更新はお休みします。
IMG_20110310185835.jpg
優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。
生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。
キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。
図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない
態度……。
彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていくーーーー全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。解説/柴田元幸
←裏表紙から

この小説に登場する施設ヘールシャム、介護人、提供者、がなんなのか詳しい説明がないまま物語が進んで行く、読み進むうちに施設ヘールシャムはクローン人間を収容している施設なのだろうと分かった。
提供者とはある年齢に達すると臓器を提供する、そして介護者は提供者の介護をする。
介護者は提供者にもなると言う事が分かった。
主人公キャシー・Hの回顧録のように描かれているが何かよく分からないまま読み終えた。
この本は欧米で絶賛されたらしいが私にはその良さが全く分からなかった。
映画化されこの春上映される。
2011.03.09 太陽と緑の道
喉の痛みが若干残るものの体温は平熱の35台に落ち着いた。
今日は元々年休を取っていたの会社は休み。

家でゴロゴロしていても仕方ないので我会のarutuさんがコウモリに行っているので
気分転換に行こうかと思ったが天気がイマイチ良くないし寒いので止めにし
太陽と緑の道のパトロールに行くことにした。

一ヶ所前々から気になっていたところの補修のため草刈機を持って行くことにした。
005_20110309143856.jpg
立派な道標がある正規の道はクマ笹に覆われていてオフロードバイクによって付けられた荒れた道が今登山道になっている。

クマ笹を刈り雑木を伐って正規の登山道を復活させたが、このコースは殆どハイカーが訪れる事がないので直にクマ笹に覆われ道標だけが不自然に立ってるようになるだろう。
007_20110309143905.jpg
太陽と緑の道のパトロールも今月で終わる。
3年間で3コースを担当したが、どのコースもアクセスが悪いので殆どハイカーに出会わなかった。
オフロードバイクや四駆に出会わなければ、本当に静かな四季折々の里山歩きを独占出来た。

寒肥だがヒヨドリだけでなくスズメ達にもええ餌になっている。
008_20110309143912.jpg
寒肥を埋めた所の土を掘って食べている、臭いはないようなのだが鳥達には臭うのだろか?
2.5kgの寒肥を5袋分埋めたり撒いたりしたが全て食べられてしまいそう。
その内我が家の周りをメタボのヒヨドリやスズメが飛び交うかも。
そうなったら捕まえて焼き鳥にして食たろ。
2011.03.08
ここ二三日我が家の庭にヒヨドリがよく来るようになった。
野鳥 012
庭木の新芽でも食べに来ているのかと思い、よ~く観察していたら
土曜日に撒いた寒肥を食べに来ているよう。←寒肥やりで私は風邪を引いた。
野鳥 003
野鳥 007
あんなのを食べても大丈夫なんやろか…。
野鳥 016
ヒヨドリは年中いるが近くで姿を見ると春が来たように思う。
確かに春は近くまで来ている。
野鳥 002
我が家の庭の片隅に春の野草の『ヒメオドリコソウ』が咲いていた。

しっかし風はまだまだ冷たい!
今日も休んだ、木曜日から出勤するつもり。
朝布団の中で体温を計ったら37.0度だった。

仕事に行こうと起きたが頭がフラフラするので又布団に潜り込んで寝た。

30分ほど寝てまた計ったら36.8度だった。

腹が減ったので朝飯を食った。何故か食欲は旺盛だ。

出社しようかしよまいかと少し悩んで休む事にした。

フラフラする頭では仕事にならんし送別会も苦痛だ。

かかり付けの医院に行き受付で診察券を出すと『風邪ですか?』聞かれた。
『そんなこと病人に聞くな!』と心の中で思ったが『いやぁ~分からんので調べて下さい』と答えた。

鼻の穴深くに紙縒りのようなもの入れられ四五回抜き差しされる。

思い切りクシャミが出そうになるのを何とか我慢し結果を待つ。

結果はインフルエンザではなかった。

風邪の薬を出しましょか?というのを断り、女房からのリクエストの湿布薬と嗽薬をもらった。

風邪で会社を休んだのは何年振りやろ…。



2011.03.06 風邪?
朝起きたら体がダルく熱っぽい。

体温を計ったら37,0度だった。

このくらいならと思ったが何故か気乗りがしないので、きたやまにあさんに不参加のメールを送り寝た。

昼前に37,9度、15時頃に38,4度まで上がった。
何時以来かなぁ~8度を越したのは…。

明日は会社の部全体の送別会があるが休もうかな…。
IMG_20110305160139.jpg
【Serial Guide 日本のマルチピッチ 第8回御在所・雪彦山・三倉】の記事をほんのちょびっとお手伝いしたので早く手に入った。

未だ読んでいないが【Second Feature Article 瑞牆山・不動沢 高みを目指して 文=室井登喜男 写真=井上大助】など面白そうな記事がある。

1月の紅ノ峰リボルトの帰りの車中で室井氏から一本のボルトも打たないNPだけの開拓の話を思い出した。写真を見ただけだが凄い。
殆どのルートのグレードの後ろにR(注1)やR/X(注2)が付けられている。

(注1)Rはランナウトの意味。
(注2)Xは致命的な事故が起きる可能性が高い危険なルート(日本100岩場の凡例から)。



易しいルートととして「藤の花」5.10b15mと「スネーク・ピット」5.10c20mの2本ある。
このルートにはRもR/Xも付いていない。がNPである。
登りに行こうかなぁ~。


それから103Pの
杉野保氏の【危ないクライミングも認めてほしい】と
菊池敏之氏の【失われた「段階」の世代】
は短文だが非常に内容がある。
2011.03.04 カンニング
現在マスコミを賑わしている予備校生による携帯電話を使ってのカンニングだが
私はどうも彼が憎めない。

ただし彼の行った事は許されるべきではないし罰も受けなければならないだろう。

あのような行いの発想とバレないだろうと思ってやった(私の推測)ところに19歳というまだまだ子供だとの思いを強く感じたし日本の捜査当局も捨てたもんではないとも思った。

今回のことで受験した全ての大学で不合格になるだろうし本人共々親御さんも世間から冷たい目で見られるだろう。
これはある程度仕方ない。

しかし彼はまだ19歳である、このまま卑怯者の烙印を押して一生を送らせるのは忍びない。
来年もう一度正々堂々受験させてあげる環境を作って欲しいと思う。

2011.03.03 送別会 2
昨夜今の職場に配属された頃に居た仲間が送別会を開いてくれた。
2送別会 013
場所は神戸の歓楽街の一つである【東門筋】にある店
夜の東門筋に足を踏み入れたのは、さて何十年振りになるのか…

二件目のスナックに入ったまでは意識があったが…
しかし最終電車に乗って家に帰っていた。

当然午前様になったが、午前様も何時以来か記憶に無い。

昨夜は気心の知れた仲間ばかりだったので楽しく旨いお酒だった。
2011.03.01 はや三月
定年退職までついこの間残り1年と思っていたが

なんとあと1ヶ月になった。

実質出社する日にちは休みを差し引いてあと16日と半日だ。

工業高校を昭和44年2月18歳で卒業し小さな特殊ポンプ会社を皮きりに転職すること5回
今の会社は通算して30年と1ヶ月少々
社会人としては42年間働いた。

御褒美に4月1ヶ月間の休みでリフレッシュし5月から新たな職場で第二の人生を送る予定。

最後まで無事故で元気に頑張る!