001_20120831204925.jpg
今日も無理をしないように易しい課題ばかりを、そして《9月課題》というのが赤~白まで15課題設定されていたので赤2、緑3?、黒2、水色1をやった。

赤、緑は全て一撃、黒2課題は垂壁のバランシーな課題だったが2~3撃だった。

今日の特記は水色9月課題⑦を一撃したことだ。
001_20120831205012.jpg
見ていた可愛いおねーちゃんが『すご~いバランス~』とビックリして目がハートになっていた。
スタッフも何人かトライしていたが誰も最初で落ちていた。

あと2回分あるので来週の火曜日と木曜日に行こかな。
衝撃的なタイトルですがクラミングにおける死亡ではありませんがクライマーなら一度は訪れてみたいクライミングの聖地での出来事なのでアップしました。

昨日の神戸新聞夕刊に載っていた記事をそのまま転載します。


ネズミ媒介のウイルス感染

米ヨセミテで2人死亡

【ワシントン共同】米カリフォルニア州の観光地、ヨセミテ国立公園内の宿泊施設に滞在した観光客4人が、野生のネズミが媒介するハンタウイルスによる肺症候群を発症し、28日までに2人が死亡した。
AP通信が伝えた。
4人はいずれも6月ごろカリービレッジにあるテント型のロッジに宿泊し、8月になって2人が死亡した。
ウイルスは感染したネズミのふんなどに含まれるため、舞い上がったほこりを吸い込んだ可能性がある。
地元当局は6~8月に約1700人が施設を訪れたとみており、電子メールなどで健康状態に問題がないか確認している。ハンタウイルスの潜伏期間は数週間で、発症すると高熱や呼吸困難を引き起こす。
米国で最初に確認された1993年以降に587人の感染報告があり、うち3分の1が死亡している。


そういえばあの方もこの時期にヨセミテに行かれていてカリービレッジに泊ったと言っていたけど大丈夫なのかなぁ…。
001_20120829184250.jpg

強い男、りりしい男はいないのか!
弱気な夫と、巨額の負債をしょいこんだ家庭の中で、休む間もない奮闘を続ける、男まさりの゛強い妻〟を独自の真情と塩からいペーソスで描く―直木賞受賞作

佐藤氏の自ら体験を元に描かれたそうだ。
他に短編七作が収録されている。
今日一時間早退けしてGRで2時間弱セコトレをしてきた。
002_20120828204944.jpg

セコい(ケチ)トレーニングを略してセコトレ。

なぜセコいかというと、12回分の回数券の期限が9月6日までで過ぎると無効になるから無駄にしないため未だ土日の疲れが残っているにも関わらずトレーニングをしてきたからだ。


今日は疲れも残っているので易し目の課題だけを登った。

二番目に易しい赤テープ全16課題、三番目に易しい緑テープ全22課題、ちょびっと難しい黒テープ課題を7本、クールダウンに赤4本を合計49課題登った。

うち赤と緑全42課題は全て一撃した。←8~6級くらいなんで登れて当たり前か。

黒課題(6~4級くらい)は一撃2課題、二撃4課題、三撃1課題だった。

次は金曜日に行く。
25日(土)5時半頃家人を起こさないようにひっそり出発。

今回は一人なので高速代節約のためイナゴ(国道175線)を中国道滝野社ICまで北上。
ながの村清掃活動 002

前夜Gッキーさんが出演した《探偵ナイトスクープ》観てしまったため完璧な寝不足だったが無事東城ICに8時過ぎ頃着いた。やれやれ。

途中のコンビニでおやつを買おうと入ったら
又おるやないかぁ~奈良ナンバーが…。
ながの村清掃活動 004
神出鬼没なやっちゃ、ホンマに九州に住んどんかなぁ~?

霧降山荘で今回おんぶして抱っこしてまらうしいちゃんに挨拶して貢ぎ物を献上。
ながの村清掃活動 007

その足でフラワーロックで大変お世話になっている方宅へお礼のご挨拶へ
そしたらこれ食べっと言って、今まで畑になっていた西瓜をくださった。ありがとうございました。
ながの村清掃活動 009

この日も暑かったので前面壁へ、
ながの村清掃活動 012

ながの村清掃活動 013
梅雨時期の豪雨で取り付きが1m~2m程えぐられて非常に難しくなったルートがあった。

しいちゃん、A山君と、少し遅れてたけぞー君とSioちゃん、ヤナ兄さんとMさん、そして昼頃にyukio君が
ながの村清掃活動 014
へっぴり腰で渡渉するヤナ兄さん。
ながの村清掃活動 018
yukio君は通い慣れただけにひっくり返りませんなぁ~。

この日は他に広島のNご夫妻、以前の山チエちゃんからナガチエちゃんに、相変わらず可愛い!
ながの村清掃活動 043
写真は帰る時に写したのもです。


岩場に居た全員でいただいた西瓜を皆で食べましがメチャクチャ甘かった。ご馳走さまでした。
ながの村清掃活動 031

この日はA山君が「空中散歩5.12b」を4撃。
ながの村清掃活動 032

そして私、しいちゃん、Sioちゃんが「春咲き5.10d」をRP
ながの村清掃活動 033
ながの村清掃活動 046

ながの村清掃活動 037
ながの村清掃活動 049


Mさんが「やっぱりラガー5.11a」を2撃。
ヤナ兄さんは「空中散歩」を遊泳してましたな。
ながの村清掃活動 020

それに寝てたし。
ながの村清掃活動 028

それから遷都君に戻りつつあるyukio君
ながの村清掃活動 022
次に会うときはきっと立派な遷都君になっているでしょう。


この夜霧降る山荘で私のこれまでのクライミング人生で一番豪華な晩飯が待っていた。
ながの村清掃活動 051
しいちゃんが私のために家の近くのスーパーで閉店前の特売で買ったホッケ。

私が焼き役を命じられそれならと最高の焼き加減を発揮したお陰で、皆が『こりゃーもんげぇーうめえ~!』と奪い合いになり私の口にはほとんど入らなかった。

そして仙台のハム。
ながの村清掃活動 057

メインディッシュはホルモン、口の中でのとろけ加減が何とも美味かった。

〆は持ち寄りのデザート。私は神戸スイーツでアップルパイを
ながの村清掃活動 058

この日他に長老ご夫妻、坊さんもとえさんご夫妻、Iさんあられさんご夫妻?と賑やかなうちに時間が過ぎて、私はいつも通りいつの間にか撃沈。

尿意で目が覚めて時計を見たら5時半だった。

学校の便所に行くついでに散歩を
ながの村清掃活動 063

ながの村清掃活動 060
早くも稲穂が黄色く色付いていた、この景観はいつもいつも心を癒してくれる。


8時TCNetを代表してTO隊長から挨拶後花面公園に移動し草刈を
ながの村清掃活動 069
今回は40名の参加でした。

私は幻の鍾乳洞下り口横の駐車スペースとつづら折れ登山道の笹刈を
ながの村清掃活動 070
途中で村が用意してくれたお茶で喉を潤し公園の草刈を草刈機でバリバリ刈り上げた。

11時半頃終了し終りの挨拶。
ながの村清掃活動 074
その後に村が用意してくれた弁当を村の住民、クライマーが入り交じって食べた。
ながの村清掃活動 076
食後村人との雑談の中で、大阪の車は恐いと顔を歪められて話されていたのが印象的だった。(注)

昼食後自然解散し私はしいちゃん、A山君とロックバレーへ
ながの村清掃活動 077

私は5月26日以来の「団地妻…5.12b」を
この日は団地妻のご機嫌が悪かったのか、私のテクニックか未熟なのか、それとも《草刈よれ》か玄関から二歩(2ピン)上がったところで拒絶された。暫く様子見をして二度目のチャレンジを試みたがやはりご機嫌が悪く二歩上がったところで早々に退散しました。情けない…。

ならば小癪な団地妻を若者A山君に勧めた。
1便目二歩上がったところで上がらしてと粘ったが力尽きてフォール一撃ならず。

しかし力任せに二階へ寝床へ上がる前に何が気に入らないのか隣の謎のルーム否ルートへ、私が『オーイ!そっちには誰も居らんどー!』と忠告しクライムダウンして正規の団地妻へ、最後に手こずったが終了点へ。

A山君の2便目、最後まで危なげなく到達、仕上げのカチを掴んだので行くなと見ていたらスッポ抜けて行けなかった。←抜けたのは足ですから。

回収して下りますと言うので、欲求不満のまま帰ったらアカン!スッキリさせて帰れと命令。


私は団地妻に相手にされないので最近三倉の主R氏が拓いた「メーテル5.11c」にMOSトライ。オブザベで2ピンから3ピン間には顕著なホールドが見当たらない、登れば何かあるやろ~と取り付いたが出だしから悪い。大きなコルネをレイバックで2ピンまで、そこで幾ら見てもホールドらしきものは見当たらない。

目ー出る状態になるまで探したがこりゃアカンと左ルートの「離婚届5.8」にエスケープして何とか終了点へ、登る前にヤナ兄さんが、Gッキー先生が登った感想で12はあると言ってましたとのことだったが私もそう感じた。又宿題が増えた。

さてA山君だが力でねじ伏せ「団地妻…5.12b」を三撃しスッキリしたのかなと思ったら2撃出来なかったのが少々ご不満だったらしい(贅沢な!)。団地妻は若い者がええのかなぁ~。
ながの村清掃活動 087

そしてそしてしいちゃんだが宿題の「北斗5.12a」を

悪~いアンダーに耐えて足を上げればガバというところで『あっあ~ダメ~テンショ~ン』でRPならず。
しかし初ワンテンで抜けました。初12も目の前です。
ながの村清掃活動 079
頑張れーしいちゃん。

という事で登りの方は《夏バテ》と《草刈よれ》でダメダメでしたが、清掃活動に於いては永野村の方々から感謝されましたし今後も宜しくと期待もされ良かったです。
来年も草刈機持って参加するどー!っと。

帰りに前々から食べたいと思っていた神龍ラーメンを
ながの村清掃活動 088
ラーメンと餃子を食べたが餃子は不味かった。
右は生ニンニクです。好みで潰して入れるのですが私は疲れが取れるだろうと思い入れたが味がニンニクの味になってしまい入れない方がよかったです。

今回クライミングではお土産は無かったが、心優しい仲間達から色々とお土産をいただいた。
ながの村清掃活動 090
みんなありがとう!又お願いします(笑)

(注)
永野村住民の方達が恐いといわれる、大阪の車ですが、大阪関連のナンバーには、大阪、なにわ、和泉、堺の4つがあります。どのナンバーを指して恐いと言われたのか特定出来ませんが大阪だけでなく、クライマーはスピードを落として住民との挨拶を心掛けるようにしましょう。
この点の注意はこちら⇒TCNet『花子岩・注意とお願い』


おまけ
今回大変お世話になったしいちゃんに感謝を込めて。
ながの村清掃活動 015
より美しく仕上げてみました。
2012.08.24 霧降る渓谷へ
明日早朝から3ヶ月振りの霧降る渓谷へ行く。

26日(日)に行われる、ながの村清掃活動に参加するために。

土曜日は何処かで1日登って、日曜日は午前中草刈機でバリバリ刈って、昼から何処かでちょろっと登る。

今回は一人旅なんで、しいちゃんにおんぶして抱っこしてもらう( ̄∇+ ̄)

詳しくは月曜日辺りに。
今日久し振りにGRでコソトレをしてきた。
002_20120823210006.jpg
ここはクーラーが良く効いているので快適。

今日は久し振りなんで2番目に易しい赤テープ全16課題と3番目に易しい緑テープ全20課題と4番目に易しい黒テープ4課題、合計40課題を2時間半程の間に登った。


ところで昨年9月に一年間の期限付きで12回分の回数券を買ったが、買った後に60歳?以上が平日1000円になったので回数券は土日祝日に使うようにしていた。
今日期限を確めたら9月7日までにあと4回行かなければならないことが分かった。

えらいこっちゃ、使いきれるかなぁ…。
いつ頃からかこうもり谷に爆風スランプのRUNNERのメロディーが聞こえるようになった。
流れ出す時間や流れている時間はマチマチだ。最近は正体が分からないだけに不快感を覚えるようになっていた。

そして先日偶然その正体を突き止めた。

コイツだ↓↓
こうもり谷 020
橋形クレーン(門形クレーン)といってレールの上を動くようになっている。

この会社が何屋なのかは分からないが、このクレーンの動きに併せRUNNERのメロディーが流れるようになっている。

地上作業員に対して安全喚起する意味のようだ。
こうもり谷 021
こうもり谷で不思議に思っていたクライマーの皆さん。
如何ですか正体が分かってスッキリしたでしょ。
2012.08.20 頑張れ!男子
ロンドン五輪が終わって久しいが、なんといっても女子の活躍が目立ったなぁ~との印象が強い。

金メダル7個の内、実に女子が4個取っている。
yaw777-045[1]
柔道 女子57キロ級で優勝し、金メダルを獲得した松本薫。

wrs111-jlp13109554[1]
レスリング女子63キロ級で金メダルを獲得し五輪三連覇を成し遂げた伊調馨。
しかも片方の膝の靭帯を損傷していての快挙だ。凄い!

wrs111-jlp13109154[1]
同じくレスリング 女子48キロ級で金メダルを獲得した小原日登美。
一度は引退をしたハンディーを乗り越えての快挙。

wrs111-jlp13119115[1]
レスリング女子55キロ級で金メダルを獲得し五輪三連覇した吉田沙保里。
金メダルは当然と言われたプレッシャーは想像だにも出来ない。

そして私が注目したのは男子サッカーだ。
und230-jlp13130649[1]
三位決定戦の韓国戦、予想通り負けました。
しかし男子サッカーがここまで来るとは正直いって思ってもみなかったです。
そういう意味では頑張った!

男子の負けを女子がきっちり仕返しをしてくれました。
isb526-jlp13097750[1]
女子バレーボール三位決定戦で韓国に3セット連取でやっつけてくれました。
実にメダルは28年ぶりの獲得だった。
女子バレーボールですが私はまさかメダルを取るとは思ってもみなかったです。

こうして見ると日本の女子は強い!

私の近辺でも女子の活躍が目立っています。

タカちゃんの「アクエリアス5.12a」の女性初登。

あらみちゃんの「タフグリップ5.12a」の女性初登。

そして風の便りでchikaさんが小川山で5.12aを2本RPしたとのこと。
chikaさんもツエルブクライマーの仲間入りです。

オチオチしとれんで男子!

えっ!?一番オチオチしとれんのはお前や!ってですか…仰る通りでございます(反省)
今日あらみちゃんとこうもり谷へ行って来た。
こうもり谷 005
今日一日貸し切りだった。

11時半頃やっと太陽が壁の向こう側へ
こうもり谷 003
岩場基部の気温は
こうもり谷 004
16時過ぎには26.5℃だった。

2本でアップのあといつも通りMRPを狙って「旅路郎」へ

しかし核心のデッドの前にテンショ~ン、ワンテンでヌンチャク掛け終了。

あらみちゃんは昨日PUMPで登っていたので1本のアップで「タフグリップ」へ、当然MRPを狙って
こうもり谷 008
ハングを越して2ピン目で足がカンテから出てるなぁ~と観てたらテンションし1便目はヌンチャク掛けで終了。

1時間程休憩し私の2便目は13時過ぎ頃だった。

出だしのホールドを持った途端…違う?なんか変?…と感じた。

それは湿度が上がって1便目より滑った感触だった。

1便目より力が入ったが核心までは順調にこなせた。

左手デッドの前に大きく深呼吸してから柔らかく飛ばした、充分に届いたが保持出来ずフォール。

直にやり直したら保持出来てワンテン。

あらみちゃんの2便目
こうもり谷 009
「タフグリップ」の下部は「アパガード5.10a」から「ダウンタウン・ボーイ5.10d」を
こうもり谷 010
このハング越えから「タフグリップ5.12a」が始る。
こうもり谷 011
左カンテは手のみで足を出しては駄目な限定ルート。
ルート名の由来は腕を酷使するところから来ている。
こうもり谷 013
ここでのレストが大事。
こうもり谷 014
大棚の上に上がるのが最大の核心、ガバはありません。
よほど身長の高い方でないと棚の上の小さなカチは見えません。

小さなカチですがかかりは良いです。

今までタカちゃんもあらみちゃんも棚上のカチを取ってから落ちてました。

あらみちゃんは…
こうもり谷 015
やりよりました~。
「タフグリップ5.12a」女性の初登でしょう。(注)
こうもり谷 018
おめでとう!
↑↑写真は嫌味で悪戯をしたのではありません、あらみちゃんからのリクエストで装飾?を施しました。

さて昼飯を喰って充分休憩し15時半直に私のヌンチャク回収を兼ねた「旅路郎」の3便目。
なんとかあらみちゃんにあやかりたいと気合を入れて、核心まではもう31回目なので機械的に登れる。

気負わないように自分に言い聞かせ左手を飛ばした!
こうもり谷 019
ハイッ!ワンテンでした。

あらみさまに続こうなんで大それた考えでした。

まだまだ修行が足らないようです。くっそーーーーー!

「旅路郎」には今日の3便で31便になりました。
あと何便で登れるのか全くわかりませんが、これほど便数をかけても未だ登れないとは情けない限りです。

ただ過去に30便以上かかった12に「カウントダウン」「親の心子知らず」があります。この2本も腕は違ものの核心はデッドでした。
ホンマに下手です。

次回のこうもり谷は9月2日(日)です。絶対RPしまっす!

努力してんねんけどなぁ~ええ加減報わせてくれーーーーー!

(注)
「タフグリップ5.12a」の女性初登は今日のあらみちゃん以前にすでに登られている女性がいるかも知れません。既に登られているのをご存知の方が居られましたらお知らせ下さい。
よろしくお願いします。
2012.08.18 献血
今月8日に今年3回目の献血に行って来た。

その時の検査結果はが先日来た。
IMG_20120818204612.jpg
一点を除いては全て標準値内に収まっている。

ヘマトクリット値(Ht)がちょっとだけ低い。

標準値…男…39.0~50.4%が私の場合38.8%だった。

ちなみにヘマトクリット値(Ht)とは?
↓↓
一定の血液量に対する赤血球の割合(容積)をパーセントで表したもの。
↑↑
これが標準値より低かった場合は?又高かった場合は?
↓↓
正常値よりも低い場合。
貧血の疑いがある。
何らかの原因で赤血球の数が低下、もしくは赤血球の大きさが小さくなってしまった。
妊娠中である。←私は男なのでこれはあり得ない(苦笑)

正常値よりも高い場合。
赤血球増多症の疑いがある。
嘔吐や下痢、発汗などによって脱水症状に陥っている。
何らかの原因で赤血球の形状が異状をきたしている。
白血球数が極端に多い(値が不正確になる)。


この献血後に年内にもう一回献血出来ると思っていたら次の献血は来年2月だった。

これはどういう理由なのかなぁ~。
お盆の鳳来ツアーから帰った翌日(13日)は関西・東海地方は豪雨に見舞われた。

その豪雨に鳳来ガンコ岩で遭遇し想像だにもしない事態に冷静に対処し無事生還されたクライマーがいる。

その詳しい記録はこちら⇒いたちのMONA、岩を行く(注)

私も場所は違うが、同じような経験をした。

お知りになりたい方は、ブログ内検索から『温故知新裏話その壱~四』をお暇な時にでも読んで下さい。

それからMONAさんのブログの記事で私が特に注目したのは『ちなみに、警察官の方の言葉から、改めてクライマーは自力下山が期待されていることを確認しました。』の個所です。
これは私自身の思いなのだが、先日某有名クライマーら3人が那智の滝を登って逮捕されるという事件がありました。
この事件以降世間は勿論のこと消防や警察などクライマーに対する見方が厳しくなっていると感じます。

クライマー(ボルダラー)として山に入るなら不慮の事故(怪我)以外では消防や警察の手を煩わせるのは極力避けるべきだと思います。
そのためには普段から自力下山・搬出の方法を知っておく必要があると思います。

そのことに関して、最近では各岩場に於いて搬出訓練講習会が開かれています、自分の命をそして仲間の命救うためにも積極的に参加しましょう。

(注)
『いたちのMONA、岩を行く』を掲載するにあたっては管理者であるMONAさんの承諾を得て掲載しました。
2012.08.16 私は凡人だ。
鳳来の翌朝いつも通り5時に起きた。
 
睡眠時間は4時間程、寝不足でボーッとした頭でコーヒーを飲みながら朝刊を読んでいた。
 
そしてロンドン五輪のボクシングで48年ぶりに金メダルをもたらした村田選手の記事に出ていた言葉に衝撃を受け頭が覚醒した。
 
 
「努力したから報われるわけじゃない。でも努力しないと報われない」
 
当たり前といえば当たり前の言葉なのだが、今の自分の不遜さ傲慢さを指摘されたように感じた。
 
 
私にとってフリークライミングは趣味の一つなのだが、生活時間のほとんどをクライミングのために費やしている。
もっと上手くなりたい、もっと強くなりたい、がために、しかし中々結果として現れない。
 
そんな時のイライラを相棒や時には家族にぶつけてしまうことがある。
 
この記事と言葉によって、ここ数ヶ月の悶々とした思いが拭われたように感じた。
 
そして結果よりも自分が納得出来るクライミングを大切にしたいと思う。
 
しかしやっぱり結果に一喜一憂してしまうやろなぁ~。
 
まあ~凡人なんでしゃーないか((苦笑))
この日もゆっくり目に駐車場へ、相変わらすガラ空き、鬼目指しゆっくり歩みを進める。昨日まともに登っていなかったので身体は軽かったが、やはりしんどい。
12.8.10~12鳳来ツアー 019
天気予報に反しええ天気でした。

途中の水場で一服した以外はノンストップで歩いた。
12.8.10~12鳳来ツアー 017

ゴザを広げて汗が引く間のんびりしてたら、メインウォールから聞き覚えのある関西弁が、
あの声はkiyomiさんやなぁ~と言ってたら下りてきた。
12.8.10~12鳳来ツアー 023
「FIRST」の1ピンにプリクリするkiyomiさん。
今回はIさんと一緒とのこと。

そしてA山君もアップを済ませて下りて来て、私の顔を見るなり『会いたかったんです~』と言うので『俺は君だけには会いたくなかった』と返した(当然冗談)
なんと!一人で九州から運転してきたとのこと。
12.8.10~12鳳来ツアー 022
そのA山君だが
この日がっかりエリアの「もっと光を5.12c」を3便目?にRPした。
12.8.10~12鳳来ツアー 020
なんでも昨日最後のガバで落ち1日でRP出来なかったのが不満だと、ツヨツヨの彼なら当然かな。

汗が引いたところであらみちゃんとアップに「あんこ」を。

続いて私は3年来の宿題「卒業」にMRP狙いで取り付く、2週間前のような結露は無く壁は乾いていたので、出だしも難なくクリアー。傾斜が強くなるとともにホールドも大きくなるのが、何かしっくりこない、なので不必要に力が入ってしまう。
いや~な感触に我慢仕切れずテンショ~ン。結局4テンして1便目終了。

続いてあらみちゃんの番。
3ピン目でこの感触嫌!とテンションし『下ろして~』と早々と下りてきた。
『あたし、このヌメッとした感触嫌い!ガンコが好き』と昨日とは別人のような変わり様。

そうこれがあらみちゃんなのです、一旦明確な獲物を定めると執拗な狩人になり仕留めた途端、10台でも『あっ!ダメ!あたし怖い…』と、か弱い女に変身してしまう。

最近は馴れたが、一時期私はあまりの変貌ぶりに唖然とするやら腹が立つやらして『何しとんねん!もっとガンガン登らんかえー!』と怒鳴ると『何ゆうとん!怖いものは10台でも怖いねんからしゃーないやろ~!このおっさん!』と言い返され後頭部に平手打ちをしばしば見舞われた。なので最近は又可愛い子ぶりっ子病が発病したなと気にしないようにしている。

この日の鬼には、他にNご夫妻、大阪のお二人、そしてハイカラにお二人だけで総勢11人だけだった。

昼飯を喰って「卒業」のヌンチャク回収を兼ねた2便目、
だ~れも居ない観覧席をバックに
12.8.10~12鳳来ツアー 021
4ピン?~5ピン?間を直登しようと思ったが滑った感触が嫌で右回りに変更しクリップ、その先のホールドを間違え修正しようと思ったがしんどかったのでテンション。テンションしてから直ぐ上がレストポイントだったがこの日は無理。

無理というのは履いているズボンが半ズボンだったのでニーバーが出来ない。次回からはせめて七分ズボンを履こう。

という訳でRPは何時になることやろ。

一方あらみちゃんは昨日のRPでお気楽ムード、がっかりの「大洪水」や河原の広場の「FIRST」で遊んでました。

この日は最終日なのにお土産がない。

何か手頃な11はないかいなぁ~とうろうろしてたら、あらみちゃんが3年前の宿題の「かみなり5.11a」登ったらと言うのでRPした。
実に3年越し2日2便でのRPだった。

後はkiyomiさんのヌンチャクをお借りして「FIRST」で遊んで鬼を後にした。

帰りにゆーゆーありいなで汗を流し新城市内で晩飯を喰って、東名高速の渋滞を避けるためNさんに教えていただいた山越えで東海環状道豊田松平ICから高速に入った。

あらみちゃんを送り家に着いたら日付が変わっていた。

しかし成果を出せない、自分が下手なのと弱いので仕方ないのだろう。
鳳来常連クライマーの方々が言うには夏に登り込んでムーブを固め涼しくなる秋に結果を出すとのことだが、シーズンに入れば、人気ルートには多くの順番待ちがあると聞く。
そうなれば私の足は自然と西に向く。

まぁ~これまで通りかな。
二日目は当初鬼の予定だったが、前日の二人ワンテンが悔しくてガンコへ行先変更。

土曜日だったがお盆で空いていると思い、ゆっくりめに出発、途中大きなザックを背に自転車で乳岩駐車場へ向かうN夫人を追い抜かし8時半頃着いたら3台止まっていた。

その中に何処かで見たような車が…
12.8.10~12鳳来ツアー 015
奈良ナンバーだが今は福岡に住んでいるA山君だ。

ザックを背負い桟敷岩を歩き出した途端、異常に身体が重い、行先変更して正解やなぁ~とあらみちゃんと話ながら汗びっしょりになってガンコへ到着。

前日とは違って湿度が高く蒸し暑い。

私は「講習会ルート」と「かんたん」でアップ。

あらみちゃんは「講習会ルート」でアップをすませ各々宿題のルートへ

まずはあらみちゃんの「ムーブ12」MRPトライ。
12.8.10~12鳳来ツアー 009
前日に比べ湿度が高い所為か3ピン目クリップホールドを保持仕切れずフォール、その後核心を抜けるまでの足位置をあれこれ確認しヌンチャク掛け終了。


続いて私の「木漏れ日…」MRPトライ、前夜飲み過ぎだったのか二日目で疲労が抜けていないのか異常に身体が重くデッド体勢に入る前にテンションした。情けな( p_q)エ-ン
こんなことではアカン!と自分を叱咤し気合を入れ直して再トライ、左手を何とか取ったが身体が重く渾身の力で右トラバースから上の水平カチ取りへ、しかしカチに触れただけでフォール!

この時アンダー気味に持っていた右手小指の第一間接と第二間接の間の皮がザックリ捲れ血が出て来たのでトライ終了。前日のロープバーンといい踏んだり蹴ったりや(T-T)

あらみちゃんの2便目、核心抜けのガバ取りで腰がついて来ずフォール。あらみちゃんもお疲れ模様。

この日は我々以外に豊田市の若者が二人来ていた。

昼頃から雷が鳴り出し一層湿度が高くなった。いつ雨が降りだしともいいように壁際に荷物を移動しついでに昼飯を喰った。

昼飯を喰って昼寝していると雨が降りだした、雷が近くで鳴り出すとともに雨脚も強くなった。

そんな中あらみちゃんが3便目を

核心を抜けたら終了点までガバガバやから濡れてても問題ないと抜かして否仰って果敢にトライ開始。

核心抜け前の水平カチ取りで滑ったのかフォール、ムーブを確認して下りてきた。

その頭はシャワーを浴びたようにビショ濡れだった。ええ根性しとるわ。

雨は一時弱まったが又強く降り壁際以外は川の状態になり、壁もそこら中が雨水の垂れ筋になったが、ムーブ12の核心抜けまでは辛うじて濡れなかった。
雨は約40分程で止んだ。

暫く休憩する間に豊田の若者達と話をしている中で、「木漏れ日」は雨水の道筋になっているので雨が降れば登れないですよとのことだった。

それならヌンチャクを回収しに上がったら確かに2ピンから4ピン間がビショビショだった、チョンボ棒でロープを掛け最後のリップ越えだけをフリーで越え今回の「木漏れ日を浴びて」のRPトライは終了した。次のトライは何時になることやら…(´Д`)

4時を過ぎて又雨が降りだしそうな中、あらみちゃんのヌンチャク回収を兼ねた4便目、雨が降った所為が湿度が下がり風も出てこの日の中ではコンディションはまずまず。
12.8.10~12鳳来ツアー 013
3ピンへのクリップも難なくこなし、核心抜けガバを取る前の水平カチも確実に保持し足を上げて右手を飛ばした、止まった!が一瞬動きも止まった。

豊田の若者二人のガンバコールに足位置を上げると同時に右手を奥に確実にガバを掴んだ。若者達から『おっおー!!凄い!』とため息にも似た言葉が洩れた。

そして雨でビショビショに濡れたガバガバラインを慎重登り終了点へクリップし「ムーブ12 5.11d」のRP成功。

下りて若者達から『この条件下でのRPは凄いですね~』と驚かれていたがホンマに凄い執念の登りでした。
12.8.10~12鳳来ツアー 014
おめでとう!

夜ビールで乾杯の時、マメオさんも「講習会ルート 5.9(実は5.7)」をFLしたからええやんと憎たらしいこと抜かしよった。

この夜はバーベキューだった、あらみちゃんが『お肉久し振りやわ~』と嬉しそうに口に入れて暫くしたら急にしゃがみ込んだ、そして喉のへんから『キュ~』と声にならない音が聞こえて来た。どないしてん?と近寄ったら肉を喉に詰めたらしい、憎まれ口叩くからほっとったろ思たけど先立たれたら明日のビレイヤーに困るので背中をドン!と叩いたら口から肉が飛び出して来た。
あらみちゃん曰く『噛み切れんから呑み込もうか出そうか迷ってたら喉につかえた、あっ死ぬかと思た』

あらみちゃんだが、時たまとんでもない集中力を出すことがある。相棒を組んで9年を過ぎたが、何時頃かは記憶に無いが多分ここ二三年のことだと思う。

この状態時のあらみちゃんにはとてもじゃないが敵わない。


今日はここまで
木曜日午後9時前ごろ神戸を出発、お盆で車が多いものの金曜日午前1時半ごろ鳳来湖キャンプ場着。

3日間の無事故を祈りビールで乾杯し2時ごろ眠りについた。

鳳来湖名物<コケコッコー!>定刻の2時半と4時半ごろ眠りを妨げられる。
12.8.10~12鳳来ツアー 001

12.8.10~12鳳来ツアー 004
鳳来湖対岸にそびえる上臈岩(じょうろういわ?)←ルートがあるらしいが…???

しかしお盆の鳳来はクライマーは少ない、しかもこの日は平日やし。

ゆっくり朝飯を喰って8時半ごろ乳岩駐車場に着いたら3台止まっていただけだった。
12.8.10~12鳳来ツアー 006
右端の軽四は私のワゴンRです。

この日は予定のガンコへ

午前中は爽やかな風が吹いて気持ち良かったが昼から曇るとともに湿度が高くなった。
12.8.10~12鳳来ツアー 008


私は「タップダンサー」あらみちゃんは「かんたん」でアップし各々宿題のルートへ、

私は2週間前に初めて触りええ感触だった「木漏れ日を浴びて」に、あらみちゃんは「ムーブ12(ツエルブ)」に各々MRP狙いで取り付いた。

さて私の「木漏れ日」MRPトライ、ロープを結びシューズを履いて両手にチョークを付けルートの出だしを見上げた途端…ここも左手デッドやで…と頭の中で誰かの呟きが聞こえた。
12.8.10~12鳳来ツアー 011
…2週間前の初トライで難なく取れたから大丈夫や、力を抜いてホールドを睨み付けるんや…と自分に言い聞かせトライ開始。

デッドの体勢に入り中継の細カチを保持しピンポイントの小ガバを睨み付けて左手を飛ばした。

しかし距離が足らず情けなくフォール。

この時右膝裏をロープバーンし己の不甲斐なさに追い打ちを掛けられたようで情けなく腹が立った。その後二度三度と左手を飛ばすが取れない。

一度冷静になるため下り、あらみちゃんの「ムーブ12」ビレイを
あらみちゃんも当然MRP狙いで取り付くも2ピン目のヌンチャクを掛ける体勢前にまさかのフォール。
12.8.10~12鳳来ツアー 010
その後はテンションしながらもヌンチャク掛け終了。

そして私の2便目、
息を吐いて力を抜いて睨み付けて左手を飛ばす、が、届くものの位置が悪く保持出来ずにフォールを繰り返す、己の下手さ加減に腹が立つやら情けなさで自己嫌悪になり下ろしてもらい水を飲んで深呼吸し何が何処が悪いのか自問自答。

頭の中を空っぽにして冷静になったら、ハタッと思い付いた。
それは《力を抜く》のと《睨み付け》とは相反する結果になるのではということだった。

いくら力を抜いても睨み付ければ力が入ってしまう、なので睨み付けずに《見つめて》みてはどやろ?早速試したらガッチリ保持出来た、そしてテンションしながらヌンチャク掛け終了。

続いてあらみちゃんの2便目、3ピン目のクリップ体勢と核心部抜けの足位置が定まらず試行錯誤。

昼飯を喰って暫くして、あらみちゃんの3便目、3ピン目のクリップも上手く出来あとは核心抜けのガバを取ればほぼRP確実なのだが、少し届かずフォール。おしい!

私はヌンチャク回収を兼ねた3便目を、力が抜けているのかどうか、見つめるでもなく睨み付けるでもなく自分でも判らないまま左手を飛ばしたら一番いいところをつかんでいた。しかしその次が又々曲者の水平カチで、ここもピンポイントでしかもデッド気味に取らなければならない。思い切って左手を伸ばしたら少しずれたものの何とか保持、外れそうになるのを必死に耐えてレスト体勢へ、

しかし何度も繰り返し飛ばした左手の疲労は尋常ではなく少々のレストでは回復しない。
充分回復しないまま最後の核心へ、右手は小さいがかかりの良いカチをガッチリ保持、左手の甘~いカチを取ろうとした瞬間、頭の中の誰かに…その左手では無理、右手を飛ばしてガバを取れ!…との命令が、そして反射的に右手が飛んでいた。

そして右手の指はガバの縁舐めるだけで落ちていく身体を食い止めることは出来なかった。
『うわぁーくそーっ!』と私の怒声が誰もいないガンコ岩に響き渡った。
直ぐに気を取り直して右手左手右手と出したらガバが取れた。
ここでも又『うわぁー左手出しとけば良かった~くそーっ!悔しいー!』とどなりちらしながらワンテンで抜けた。マジ悔しかった。

下りてあらみちゃんが『右手デッドの選択は間違ってないで、私もそうしてRPしたから、そやけどええ登りやったで』と慰めなのか自慢なのか分からん言葉を掛けてくれた。

そのあらみちゃんの4便目は核心抜けのガバを取る体勢で足が外れたが、以後頑張ってワンテンで抜けた。

この日は二人仲良くワンテンでの終了でした。


この記事を書いてたら段々自分の下手さ加減に腹が立ってくるし悔しさがぶり返してきたので今日はここまでです。
2012.08.09 鳳来へ
今夜から日曜日まで鳳来へ行きます。

金曜日はガンコで「木漏れ日を浴びて」を

土曜日は鬼で「卒業」を

日曜日は金土の結果次第。

私が鳳来へ行くと決めたら天気が悪くなる。
今回天気がいいのは金曜日だけ、まあカンカン照りより多少雨が降った方が涼しくてええと自分を慰めている。

ということでブログは暫くお休みです。

13日から再開予定です。
本日、関西岩場環境整備ネット(KINet)と須磨労山の有志の方達により堡塁岩中央稜「蜂の巣コーナー」にあった黄色スズメバチの巣が撤去されました。

巣が撤去されてもしばらくの間、蜂が飛び交うと思いますので十分ご注意下さい。

黒っぽい服装は要注意です。

大変暑い中作業された隠密N師匠、初Nさんお疲れ様でした。ありがとうございました。
001_20120807204448.jpg

江戸時代の一人の漂流者の記録に基づいて書かれた小説である。

天明5年(1785年)1月、土佐藩赤岡村(高知県香南市赤岡町)から田野(高知県田野町)へ三百石船にて御蔵米を運搬した帰路に、船は土佐沖で嵐(冬の大西風、シラ)に遭遇し、舵・帆柱を失って漂船となった。
漂船は室戸岬を越えて黒潮に乗り無人島の伊豆諸島の鳥島に漂着した。

この船には水主(船員)の長平以外に三名の水主がいたが、漂着後2年以内に相次いで死亡し、以後長平は無人島での単独生活を強いられる。鳥島での主な食物はアホウ鳥の肉と卵、それに少量の海産物であった。

長平の漂着から3年後に大阪船が、さらに2年後に薩摩船が漂着し、無人島生活者は十数名に増えた。しかし、精神的な影響や栄養不足などで、3分の1は死亡していった。

漂着から数年が過ぎても島の近傍に一隻の船影も見られないことから、故郷への帰還を目指す長平らは自ら船の建造を始める。
材料となる木材は島に漂着する難破船の部品を手分けして集め、また釘については炉を構え、古釘や碇を溶かして作った。造船開始から数年の後、船体がつぎはぎだらけの三十石の帆船が完成した。
船には生存していた漂着者14名全員が乗り込み、数日の航海で青ヶ島を経て無事八丈島に辿り着いた。
長平にとっては13年ぶりの社会復帰であった。

長平は1798年(寛政10年)1月19日に土佐に帰還した。
藩から野村姓を名乗ることを許された。その後、野村長平は各地で漂流の体験談を語って金品を得るなどし、また妻子にも恵まれ、60年の生涯を全うした。帰還後につけられた「無人島」という彼のあだ名は、墓石にも刻まれた。←ウィキペディアフリー百科事典から引用

*長平の墓石が高知県香南市香我美町岸本(国道55線沿い)に現存し、香南町の史跡に指定されている。

*土佐くろしお鉄道の香我美駅前(高知県香南市、墓石の近隣)に長平の銅像が建立されている。

いつかの日か訪れてみたい。
2012.08.06 お知らせ2件
2件とも下帝釈からです。

①ながの村清掃活動~第7回クライマーと地域住民の交流~

8月26日(日)詳しくは⇒TCNet高梁川流域クライミング交流会



②岩谷の駐車についてのお願い。

詳しくは⇒team ROCKS

なお、リンク先にある駐車方法については調査の方からのお願いということですので、駐車によって地域の方に迷惑をかけないようにしましょう。
今日は少し早目に家を出て臨時駐車場に7時30分頃着いたら
こうもり谷草取り 001
8割方埋まっていた。
来年はもっと早く行こ。

8時作業開始だが開始前の挨拶はないので到着次第草取りを始める。
こうもり谷草取り 009
9時頃作業が終わり恒例の記念撮影を
こうもり谷草取り 013
今年は過去最高の103名の参加者があった。
参加出来なくて活動費を仲間に預けた方達を含めると110名程の参加者があった。

遠く岡山県から参加の
こうもり谷草取り 007
ヤナ兄さんとめーちゃん。

四国は徳島県と愛媛県から参加の
こうもり谷草取り 010
しいちゃんとしおちゃん。

写真は無いですが広島県からTO隊長とメグさんも参加されてました。
遠路お疲れ様でした。

最後にU津さんの挨拶
こうもり谷草取り 018

全参加者への挨拶の後、未だ登録証を持っていないクライマー(申請中・申請予定)に対して話があった、話の要約は『登録証を手にしたなら毎年行われる草取りに参加してほしい、それが登録証を発行するうえので約束事であり、又こうもり谷で何時までも登り続けて行けるためでもある』

10時半頃解散し岩場へ行く方、帰る方三々五々別れた。

私はこうもり谷へ
こうもり谷草取り 021
久し振りに多くのクライマーで賑わった。

アップルートが順番待ちだったので「旅路郎」をアップを兼ねMRPを狙って
こうもり谷草取り 033
昨日友人のたけぞう君からメールで『デッドの前は一回完全に力を抜いて距離を出すのがコツですよ』とのアドバイスを思い出し実行したがやはり保持出来ずフォール。

未だ力が入っていたようだ。

2便目に力を抜いて柔らかくデッドしたら取れた!
よっしゃー!あとは悪い右手ギャストンに耐えれば行けると右手ギャストンをデッド気味に飛ばし取ったものの滑って保持し切れずフォール。

3便目も結局ワンテンだった。
しかし今日は非常に蒸し暑く3便中2便ワンテンで抜けれたのは上出来だと思う。

さてタカちゃんあらみちゃんの「タフグリップ」初登争いだが
こうもり谷草取り 047
タカちゃん3便中1便ワンテン。

あらみちゃんは
こうもり谷草取り 044
2便目に行ったか!?と見ていたら
こうもり谷草取り 027
落ちて来た。

勝負は引き分けでした。
次回のこうもり谷は19日かな

その他今日は珍しい方々が
こうもり谷草取り 026
しいちゃんの「哲学の道」

こうもり谷草取り 056
同じく「哲学の道」のカオリさん。
右指を痛めているそうなので本来のツヨツヨ振りは発揮出来なかったよう。
早く治して下さいねぇ~。

これまた超久し振りの
こうもり谷草取り 050
youkoさんの同じく「哲学の道」
youkoさんは膝の靭帯を痛めているとのこと、早く良くなってください。

後ろ姿でyukio君かなぁ~と思うものの自信が無く前に回って確認したらやはりyukio君だった。余りの細さに誰だか分からなかった。
こうもり谷草取り 045
「復活」のyukio君。細!

そしてこうもり谷は久し振りの
こうもり谷草取り 031
めーちゃんは「もういいでしょう」をリード。

相棒のヤナ兄さんは
こうもり谷草取り 037
「グリーンカーペット5.10c」で行き詰っていた。
よそ見してて振りかえったら
こうもり谷草取り 042
テンションしてた。

そして今日の末尾を飾ったのは異星人Hg君の「呪い5.13b」RPトライだった。
こうもり谷草取り 058
今日「呪い」をMOSトライしたが右手デッドでフォールしロワーダウン。

しかし2便目3便目はワンテンで抜けた。
特に3便目は右手遠い小さな棚をとるところで失敗したがフォールせずにクライムダウンしてレストした。
再度右手デッドのところをムニュ~という感じで小さな棚を取った。
こりゃ~行くかもと見ていたら左へのトラバースでフォール。

Hg君は「旅路郎5.12b」を2撃、「旅路5.13a」を8便で落としている。
今日もう少し気象条件がよければ落としていただろうと思った。

本日草取りに参加された皆さまお疲れ様でした。
来年も宜しくお願いします。
早朝からU津さんのお手伝いで明日の草取りの臨時駐車場の草刈りをしてきた。
003_20120804184532.jpg
ここの後に大歳神社横の公園の草刈りをしたが、草が柔らか過ぎて暖簾に腕押し状態で奇麗に刈れなかった。

U津さんだが、こうもり谷再開に向けて地元の理解を得る手段の一つに地区内の草刈りを閉鎖後毎年行っている。
006_20120804185200.jpg
車止めのところから左奥に地区の墓場がある、墓場への道の左側の土手の草刈り最初に始めたそうだ。

祖先の土地を大事にしたいという地主さん言葉から思いたち始めたそうだが、2、3年は冷やかな目で見られていたそうだ。
それでも続け5、6年目頃から地区の方達から『御苦労さん』と声をかけられるようになり時には冷えた西瓜を持ってきてくれるようになったとのことだ。

あと地区の草刈りをしているところは
007_20120804190050.jpg
墓場入り口左の空き地。

010_20120804190147.jpg
橋から車止め間の土手。

反対側から見れば
009_20120804190300.jpg
ここは傾斜して危険だし、釣り糸の放置などで草刈機が傷むとのことだ。

これらの草刈りを手術前は年に2回お一人でされていた。
これらの事を知ってから私は出来る限りお手伝いさせていただいている。

今年は臨時駐車場以外は予定が合わずお手伝い出来なく申し訳なかったと思っている。

草刈の後、前々から気になっていたアプローチの倒木3本の処理をした。
004_20120804191000.jpg
↓処理後
005_20120804191216.jpg
全ての作業は11時までに終わったが、かなり疲れた。
なので今夜我会の集会は欠席した。

さて明日の草取りには多くのクライマーの参加が見込まれると予想している。
なので臨時駐車場に車を止める時は詰めて止めて下さるようにお願いします。

それから草取り後に、こうもり谷で多くの方がクライミングされると思いますが、明日に限っては長時間のハングドッグ等は遠慮してお互い譲り合って気持ち良く楽しんでいただけたらと思っています。

よろしくお願いします。
001_20120803203417.jpg

幸福の条件

大庭丈太郎のことを、人は幸せな男だという。

まず第一に彼には古いが百坪ほどの土地つきの家がある。
東京の地価がまだうんと安い頃に地主に頼まれて特に安値で買ったものだが、それが今は何十倍という値段になっていると世間は騒いでいる。

十年前、その庭の西寄りに長男の謙一夫婦と孫のための家を建てた。生活は別であるが、縁側に立って呼べばすぐに答えが返ってくるという距離である。

この二月、丈太郎は七十二歳の誕生日を家族に祝われた。その時の写真がパネルに作られて茶の間に懸かっている。丈太郎と妻の信子を真ん中に謙一夫婦、孫の吉見。長女の珠子と銀行員の夫である秋野満と二人の子供。名古屋で小学校の教師をしている次男の康二も駆けつけてきて、一族全員が笑顔を作っている。そのパネルも人の目には幸福の象徴に見えるだろう。
今、人が「幸福な老人」というのは、老後を息子や孫とひとつ囲いの中で暮らせるということを指しているのである。しかも丈太郎は息子の厄介になっているわけではでなく、「息子一家を住まわせてやっている」という優位な立場にある。そのことだけでもたいした幸福だと人はいう。



これはこの小説の冒頭部分だ。ここを読んで即座に若干設定の違いはあるものの私の今の立場に似ていると思った。

私も友人や知人から「マメオさんは幸福者やなぁ~」とよくいわれる。
いわれる度に内心『そんなことはないと否定する』そして「そうかなぁ~」と惚ける。

小説はその後、丈太郎は妻から離婚を切り出され、長男夫婦は長男の浮気から離婚することになる。
そして丈太郎は岩手県の花巻の奥にある過疎の村で寺子屋を開くため家を出ることになる。

「わしはこれで…、目的を持ったことでむしろ元気が出たよ。人間、生きてる限り、何かかにか問題が起きるものだ。人は死ぬまで何かと戦わなくちゃならん。どうせ戦うなら退屈と戦うよりは苦労と戦った方がいい。頑固に生きてきたからには頑固を貫こう。そう思ったんだ。」

私がこの小説で一番感銘を受けた箇所だ。

私は今、給料を貰いながら退屈と格闘している。私は高校出てから五回転職したが、これぞ天職といえる職種に携わったことがない。しかしどんな嫌な仕事も精一杯取り組んできたつもりだ。

昨年定年退職し、第二の人生は趣味と実益を兼ねたところに移住したかったが、長年連れ添った女房を苦しめるので止めた。
なので小説の丈太郎が羨ましく思った。

しかし未だ夢は捨ててはいない。六十五歳で二度目の退職をしたら……密かに夢をふくらませている。

あと三年だ。
堡塁岩中央稜「蜂の巣コーナー」に直径約20㎝大の黄色スズメ蜂の巣が出来ているとの情報をいただきました。
来週の平日に有志の方が巣の撤去をされます。

撤去されるまでは十分注意して下さい。

尚、黒っぽい服装は要注意です。
又身体近くに飛んで来てもじっとして絶対に手で追っ払わないで下さい、攻撃を受けたと勘違いし刺される恐れがあります。

黄色スズメ蜂はスズメ蜂の中で最も攻撃性の強い蜂です。

撤去されましたら改めてお知らせします。
今年も8月の第一日曜日が近付いて来ました。

先日もお知らせしましたが、今年の第一日曜日は5日です。

毎年の地区の行事のお手伝いとして大歳神社周辺の草取りをクライマーが担当させていただいています。

作業開始は午前8時からです。

この日は臨時駐車場が解放されますので必ず臨時駐車場に止めて下さい。
IMG_0001_20111118204820.jpg

それからこの日、草取りに参加されたクライマーは登録証が無くても、こうもり谷でクライミング出来ます。

その場合ゴミバサミとゴミ袋をご持参下さい。

もう一点、この日参加されたクライマーから『こうもり谷を愛する会』の活動資金として1000円を徴収されると思いますのでその趣旨をご理解の上ご協力お願いします。

徴収時にお名前を確認しますが、未登録のクライマーの方は、お名前と共に《申請中》《申請予定》と申告して下さい。

それと当日所用等で参加出来ない方は、参加されるお知り合いのクライマーに活動費を預けていただいてもいいです。
私も既に何人かのクライマーから活動費を預かっています。

以上ですが、何かご不明な点がありましたら鍵コメントにしてお問い合わせ下さい。
宜しくお願いします