21時過ぎ無事に我が家へ帰り着きました。

今日は台風の影響で15時くらいまで雨が降っていましたが整備に影響は無く作業出来ました。

私は「少年ジェット」「プリシラ」「フリッカー」の整備をしました。

「プリシラ」に関しては1ピン目は現状のままにしています。

昨日、今日と多くのクライマーの参加がありました、その中から整備を実際に経験された方も多くいて

頼もしく感じました。

今回8日間滞在し整備に4日間携わりましたが予想以上に整備が出来たと感じています。

詳しくは追々にする予定です。
2012.09.28 女王様
今日はTO隊長、長老さんの3人で整備しました。

私は「女王様」を、TO隊長は「パイナップルクライシス」を、長老さんは「黒鳥の交差点」を整備されました。

私は明日は「吹矢の娘」の整備をしようと思ってます。

ところで台風17号の動きはどうなっているのでしょうか?
今日2ルンゼで宿題の「濡れた棒」をもとえさんとやった。

最後のハングを越えるためのツーフィンガーポケットをとるための一手が全く保持出来なかった。

もとえさんと『あと一手のことやのにねぇ~』と恨めしげにハングを見上げた。

ケイ子さんは「奥の手」を2撃「ダンゴのリズム」を3撃し一人お土産をせしめていた。
もう少し気温が下がればなんとかなりそうだ。

明日は長屋坂で整備を行いますので登れないルートがあると思いますが、ご理解とご協力宜しくお願いしますm(__)m
今日の権現は、イケチャン、もとえさん、ケイ子さんの4人の貸切りでした。

「逆さでシェイク」でアップし「さの茶」へトライ。

1便目に出来なかった右へのトラバース後のワンムーブを解決出来た。

しかしその後の右手ギャストンから左手悪いビンチがガバを取るムーブがどうしても出来なかった。

多分足の位置だと思うが、まだまだ先は長そう。
2012.09.25 レスト???
今日は真庭市にある勝山の岩場の雀蜂の巣を撤去しその後ながの村に移動して霧降山荘の風呂場のコーキングをした。

勝山では名和CCのmoriさんに手伝っていただき大いに助かりました。

真庭から東城への県道は秋晴れの下、車も少なく信号も少ないし景色もええので居眠りしそうになった。
ヤバかった。

霧降のコーキングはど素人の施工なので見栄えはハッキリ悪いです。
素人でも器用な方ならもっとましな施工をすると思いますが痘痕も笑窪的感覚で見ていただければ幸いです。

今日は霧降に泊まります。

そういえば昨夜異様な音で目が覚めました。時計を見ると午前1時半頃でした。

小屋の剥き出しの屋根裏の換気扇の辺りから不規則な調子でカチカチという音が聞こえてきました。
懐中電灯で照らしてみたのですが何もいません。外からの音では無く確かに内側からの音でした。

しばらくすると止みましたので寝ようとしたら又音がしましたが、まあ~ええかとそのまま眠りました。

朝外に出て屋根を見ましたが全く異状はありませんでした。

多分大きめの虫が飛んで壁に当たっている音だと思われます。

明日は権現でクライミングです。
なんとか「さの茶」核心のムーブを完成させてあらみちゃんに追い付きたいと思っているだがどうなることやら…。
2012.09.24 疲れた(>_<)
今日は小屋回りの一部の草刈りをしてから長屋坂に移動しTO隊長とリボルトして来ました。

私は「カウントダウン」をTO隊長は「ストライクバック」と「99」のリボルトをしました。

なおこの3ルートはケミカル溶剤が硬化する26日朝まで登らないようにして下さい。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願いします。
2012.09.23 権現から
今日は取り合えず2ルンゼに行ったがイマイチだったので権現へ。
権現は何処からも染み出しが無く今までの最高のコンディションでした。

あらみちゃんと「さの茶」に3便出しました。
私は左から右トラバース後真っ直ぐ登ってガバをとるところが全く出来ませんでした

あらみちゃんは2便目にテンションしながらもガバを取りました
そして3便目テンションしたものの私には有り得ないムーブで核心抜けのガバを取りました

しかしガバから終了点までが右カンテに出れず最終ボルトから敗退しました

私はガバからは一撃しました

この勝負完全にあらみちゃんに先行されました、あらみちゃんは少ない便数でRPすると思います

それから今日「トメ吉の洞窟の天井壁に黄色スズメ蜂の巣が有りましたので、てつちゃんの殺虫剤を使わせてもらい撤去しました。

今日の権現はタカちゃん、リード君、あらみちゃん、てつ君、濃いキャラさん、ジョーさん、ビッチュマン、私を含め8人でした。

権現今最高のコンディションです。

明日は長屋坂の整備をします。
一部登れないルートがありますがご理解ご協力のほど宜しくお願いします。
2012.09.22
朝7時頃西の空を見たら
002_20120922161512.jpg
ひつじ雲(高積雲)が出ていたのでシャッターを切った。

日中はまだまだ短パンTシャツで充分だが、朝晩はちょっと寒く感じる。

いよいよクライミングシーズン突入。

とういう訳ではないが、明日の早朝から30日夜まで備中の用瀬小屋に滞在してクライミングや岩場の整備をする。

予定としては
23日(日)2ルンゼ若しくは権現でクライミング

24日(月)長屋坂整備

25日(火)午前中勝山の岩場でちょこっと用事をして昼からながの村霧降山荘で用事。

26日(水)趣味で整備士をやっている職業クライマーとクライミング(エリア未定)
          ↑
        入れ替わる可能性有
          ↓
27日(木)小屋周辺でぶらぶら

28日(金)長屋坂整備

29日(土)長屋坂整備

30日(日)長屋坂整備

以上ですな。

ブログは携帯から簡単にアツプしようと考えています。
それからコメントには現地でお応えできませんので悪しからず、帰ってから纏めてお応えします。
003_20120922162904.jpg
車への積み込みも完了。

平日の夜は多分私一人だと思いますのでお暇な方は遊びに来て下さい。
ただし生きている人間に限ります^^;
2012.09.21 リソール
スカルパのインスティンクトSとインスティンクトレースアップをリソールした。
こうもり谷 002
          ↑BEFORE
インスティンクトS         ソールは5.10のC4 5mm
          ↓AFTER
リソール後 001


こうもり谷 001
          ↑BEFORE
インスティンクトレースアップ    ソールはビムラムの5mm
          ↓AFTER
リソール後 002

施工はVAC resoleに出した。

施工が丁寧だし2足以上だと1足につき500円の割引がある。(6足以上だと1000円の割引)

私はリソールに出す時には必ず洗ってから出す、それは作業をする側にしてみれば汚く臭いシューズより奇麗に洗ってあるシューズの方がより丁寧に作業してくれるのではとの勝手な思いからだ。 
001_20120920200518.jpg
今日も相も変わらず赤・緑テープ全課題を落ちないことを目標に登ったが、9月のマンスリー緑課題に3便かかった。

これは前にも1撃出来なかった。

原因は私の左手をオープンハンドが弱いからなのだが、そこで右手をギャストンで処理したら登れた。

あとは黒課題3題と垂壁の35手課題をしてコソトレを終了。

時間は2時間弱。

途中から初Nさんが来られた。

今日は私を含め年寄りが多かった。

次回は10月4日かな。
2012.09.19 三連休最終日
霧降る山荘で朝飯を
備中帝釈 047
ここは一番落ち着くので大好きだ。
備中帝釈 046
久し振りのまんぞう君。何もせんでもええ味を漂わせている。

朝飯後ダメ元で長屋坂へ。

垂れで登れないルートはあったがterra君お目当ての「ミセスリエコ」が乾いていたので荷を解いた。

私以外は「ザグ」でアップしたあと、terra君が「ミセスリエコ」にMOSトライし見事MOS達成。

あらみちゃんが「TTハイスクール」を再RPしたいと言うので、ヤナ兄さんがアップを兼ねヌンチャン掛けに登ったが核心でスリップしフォール。

続いて登ったあらみちゃんは核心で四苦八苦しフォールを連発。
備中帝釈 052

情けないやっちゃ、俺がお手本を見せたると登った。
ヤナ兄さんはデッドだが私は右足ハイステップの加齢な華麗なステップで核心を越えた、核心を越えて右腕を伸ばしたら何故か身体が落ちて行く。

磨きに磨かれたスタンスに置いた右爪先が滑ったらしい。

ヤナ兄さん、あらみちゃん、私の三人が揃ってフォールという今回のツアーで一番の見ものだったと思う。

あらみちゃん、私はキッチリ2便目にリベンジ。

続いてめーちゃんがトライしている「スプリング」に全員でトライ。
あらみちゃんと私は何度も登っているので難なくクリア。

一番手にterra君のFLトライ。
備中帝釈 048
ハングは力で越えいよいよツルツルピカピカの核心へ
足を滑らせながらも耐えてカチを取ったので行った!かに見えたが足を滑らせ痛恨のフォール!
暫く干物状態でぶら下がってました。
備中帝釈 050
しかし2便目に足を上手く処理してRP!
備中帝釈 068
おめでとう!

次にヨウコちゃん、小柄なヨウコちゃんにはハング越えも核心。一度フォールしたが足を上手く使ってハングを越えた。
備中帝釈 056
そしてツルツルピカピカの核心でもフォール。
ここでヤナ兄さんのアドバイスを忠実に決めて2回のフォールで終了点へ。

次はリン君、難なくハングを越えツルツルピカピカの核心で一回フォールしただけで終了点へ、
備中帝釈 062

欲の無いヨウコちゃん、リン君は私の『次RP出来るで』との言葉をあっさり拒否して隣の「TTハイスクール」へ
備中帝釈 071

備中帝釈 069
滅多に備中の岩場に来ることが無いので一本のルートに拘るより色んなルートを登りたかったのでしょう。

めーちゃんも満を持して「スプリング」にトライしたようですがツルツルピカピカの核心を克服出来なかったようです。
まだまだ若いからチャンスは無限にあります、ガンバレー!!

台風の影響で登れない可能性があったが三日間問題無く登れたし無事故で終えれええツアーでした。
備中帝釈 078
左からヨウコちゃん、あらみちゃん、terra君、リン君、マメオ。
2012.09.18 三連休ツアー
15日土曜日台風の影響を心配しながらも車を西へ走らせた。

成羽町を流れる成羽川の水が焦げ茶色になっているのに驚いた。
9時過ぎ用瀬小屋着、空身で2ルンゼ偵察。
壁全体が垂れと染み出しでルートは全滅、「奥の手」から上のアプローチは川状態。
こんなに酷い2ルンゼは初めてだった。

即長屋坂へ転戦。
車が2台止まっていたので登れるだろうと用意していたら岩場から『マメオさん!?』と声がかかった。
名和のyoneさんだった。『垂れと染み出しで登れるとこないです』との事だったが挨拶がてら偵察。

こりゃ~アカン!で霧降る里へまたまた転戦。

ロックバレー駐車スペースに広島No.の車が一台止まっていたので登れると判断し先に山荘に寝床を確保し岩場へ。

岩場は貸切りだった。広島No.のクライマー達は奥壁へ行っていた。
私は「バージンロード」でアップ
備中帝釈 003
し前回相手にされなかった「団地妻…」のご機嫌伺いを、テンションしながらも終了点下へ、ここで数度のハングドッグで解決。
備中帝釈 010
この日は一便で終了。

あらみちゃんは「初夜床」に一便。
怒涛のテンションしまくった一便だったが降りてきた第一声が『次登れる♪』だった。誰やろに似てきた。

あとterra君が気合いの入った登りで「バージンロード」をOS。
備中帝釈 006

リン君(純粋な日本人です)は「下あご」「おせち」をOSやFL。
ヨウコちゃんは初霧降る里で。
「七草がゆ」「離婚届」をOS、「おせち」をFLし私とあらみちゃん以外は早々にお土産GET!
備中帝釈 001

夜は霧降る山荘でしいちゃん、ともしょうP、I村さん、あられさん達と賑やかに

翌16日朝飯は炊き立てご飯に玉子焼き味噌汁。
備中帝釈 014
美味い!

エリアはメンバーの希望でフラワーロックへ、私は昨年8月29日以来だった。
この日のフラワーロックは20人近いクライマーで大賑わい。
備中帝釈 028
クライマーは「ぬらりひょん5.11d」をリードするヤナ兄さん。←3撃でした。

私も「くりごはん」でアップのあと宿題の「ぬらりひょん5.11d」へ
昨年8月29日にワンテンだったので少ない便数でRPしたかったが結局5便かかった。ホンマ下手や。

あらみちゃんは宿題の「山ちゃんのルート5.11c」を2便目にRPしご満悦。
そのあとOSして以来登っていない「Over Play5.11a」を登ったがテンションしまくりだった。
備中帝釈 036
あらみちゃんは獲物に照準を合わせ手応えを感じると途轍もない力を発揮するが、獲物を奪取してしまうと180度変身し弱弱クライマーになってしまう。まぁ~それだけ集中しているからだろう。

フラワーロック初のリン君、ヨウコちゃん、terra君は「お年玉5.8」でOSを兼ねたアップを
備中帝釈 015
三人それぞれOS,FL。

続いて「くりごはん5.10a」にトライ。
備中帝釈 021
ヨウコちゃんだけがFLしリン君とterra君はワンテンだった。

めーちゃんも「くりごはん」にトライ
備中帝釈 030
残念ながらRPならずでした。

そしてヨウコちゃん、リン君、terra君は人気ルートの「Over Play5.11a」にFLトライ。
備中帝釈 025
リードするリン君。
残念ながら三人とも3ピンにクリップ出来ずでした。

この夜はヤナ兄さん、めーちゃん、イソミッチさん、まんぞう君が加わり賑やかに
備中帝釈 039
まだまだ賑やかな最中に私はいつも通り撃沈
備中帝釈 045
大人しく寝ている私にシャモジやお玉を使ってエジプトのミイラやと皆で遊んで大笑いしたらしい。

翌朝相当弄繰り回したけど覚えている?と聞かれたが、全く記憶に無い。

ホンマ失礼な奴らや!
奈落の底2人、前面壁4人、ロックバレー及び奥壁4人、フラワーロック20人近くでした。
今日の午前中の状態では2ルンゼ、長屋坂は全滅。

下帝釈はフラワーロック、前面壁はパリパリ。

ロックバレーもパリパリです。
2012.09.14 三連休
明日早朝から備中へ行く。

メンバーは、リン君ヨウコちゃん夫妻、terra君、あらみちゃんの5人で。

明日は2ルンゼへ行って「蜘蛛の巣の上の人」と「濡れた棒」を。

日曜日は霧降る渓谷のロックバレーで「団地妻…」を。

最終日はレイクビューで4本のイレブンを制覇してやろうと企んでいる。

しかし猛烈な台風サンバの動きが気になる。
空模様によりエリアを変える予定です。

酷い被害が出ないことを祈ってます。

宿は霧降る山荘の予定だが念のためテントも持って行こ。
友人のふゅきゃ君のブログにフリークライミンググレード診断という記事があったのでやってみた。

やり方は簡単で名前を記入すれば速攻で結果が出る。

で、私のフリークライミンググレードの限界は
   5.11c

だった。そしてコメントに《スクールに入りましょう》とあった。

今の私の状態からして合っていると思う。

ん…まじスクールに入ろうかなぁ…。


ちなみに友人のふゅきゃ君の限界グレードは⇒5.10aでコメントは《ジャパンカップ行けます。》って何しに行くねんと突っ込みたくなる。

そして奥さまはなっなんと 5.15a でコメントに《日本で登るところありません。》とあった。驚きやねぇ…。

暇つぶしに貴方もご自分の限界グレードを診断されてみては

こちらから⇒フリークライミンググレード
コソトレ再開。
001_20120912205417.jpg
とはいってもやってることはセコトレと同じ。
二番目に易しい赤テープ課題と三番目に易しい緑テープ課題を全課題落ちずに登り三番目に易しい黒テープ課題をちょこっとやっている。

しかし緑13番課題を最後の一手で止めた。
その緑13番は一番高さのある壁に設定されていて最後の一手が、あまりにも遠いからだった。

シーズン前に怪我や故障したくない。

いつもというより詰めて通い出してからこんな登りを続けていて果してトレーニングになっているのかと疑問に感じている。

しかし通わんより通った方が少しなりともトレーニングになると思うのでこれからも週一回水曜日に行く。

今日は初Nさんと会社の元上司、そして入れ違いにりょうすけに会った。

それから少し課題が変わっていた。
ピンク、赤、緑課題は足自由、黒課題から足限定になった。
ええことやね。
001_20120911215842.jpg
山の霊気に溢れた全8篇
本書中の短篇、中篇は、いずれも、ただ山の話というだけでなく、〝ひと味〟それに付け加わっている。(帯から)


《山の霊気》私も数少ない山の経験の中にも何度が《山の霊気》との表現が最も当てはまる経験がある。

その一つ1999年の夏、以前に所属していた山岳会の夏山合宿で南アルプスの北岳、間の岳、北荒川岳、塩見岳

から三伏峠の縦走の途中の北荒川岳と塩見岳の間にある雪投沢源頭で幕営した時のこと、メンバーの8名で晩飯を

あてに酒を飲みながら賑やかに話をしていた。時間は20時ごろだったと記憶している。

日が落ち辺りはすっかり闇に包まれていた。

仲間とわいわい話している時に私は何処からかの視線に気付いた。

気付くと同時に背中に悪寒が走った。

仲間は相変わらずわいわいと楽しそうに話しこんでいる。

私はその視線の出処を探した、それは私が座っている正面の小さな樹林の中からだった。

私はその樹林の闇の中を凝視したが何も居る様子は窺えなかった。

しかし視線を常に感じていたので私はヘッ電を点け小便をするふりをしてその小さな樹林の中へ入って行った。

何も無かった。

テントには4人で寝た、私は小さな樹林に一番近い端に寝た。

シュラフに入ってからもその視線を感じ続けその夜はまともに眠れなかった。

翌朝明るくなって小さな樹林の隅々をくまなく歩いたが何も無かった。

未だにあの視線の正体が何だったのか分からない。
001_20120910195816.jpg
R&S#057の57ページに7月に起こった《那智の滝登攀騒動》に対する3人連盟の謝罪文が掲載されているので全文紹介します。


                       謝罪文

このたびは私たちが引き起こした那智の滝の不祥事で、熊野那智大社の関係各位、地元の皆様、そして登山やクライミングを愛好する皆様に、多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
また、地元熊野のクライマーの皆様をはじめ、クライミングエリアのアクセス問題対策に取り組んでこられた全国のクライマーの皆様の、今後の活動に影響を及ぼしかねない事態を招いてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
私たちの非常に愚かで身勝手な行動が、信仰の対象であり、大切な世界遺産でもある那智の滝への多くの方々の想いを踏みにじり、皆様に強い憤りの念を抱かせてしまったことを深く悔やんでおります。
また、前日に行われた火祭が、昨年の災害からの復興のシンボルともいえる重大な行事であったことを知り、この行為に及んでしまった無知と非礼に罪の意識が深まるばかりです。

7月22日に熊野那智大社へ謝罪に伺わせていただきました。宮司様からお話をいただき、昨年の災害からの復旧を経て火祭の実現に至るまでに尽力されてきた道すじ、長きにわたり那智の滝がご神体として信仰されてきた歴史や、滝を愛し保護に努めてこられた皆様方の信仰心を拝聴するほどに、私たちのとった行動がいかに無思慮で、身勝手な行為であったかを、あらためて痛感しております。
熊野那智大社をはじめ、多くの皆様にご迷惑をおかけし、また、これまで私たちの活動を支えていただいた方々を悲しませてしまいましたことに、謝罪の気持ちでいっぱいです。この滝を取り巻く環境を知った今でこそ、なぜこんな行為に及んでしまったのかと自責の念に駆られています。しかし当時の私たちには、この滝を登ることで、これほど大きな問題が生じることを予測できていませんでした。

知らない土地で何かを行うときは、その地域の情報をよく調べ、地元の方々への配慮を徹底し、起こりうるすべての可能性を予測したうえで行動を決めるべきでした。
今回の件でクライミング界全体のイメージを悪くしてしまったことが残念でなりません。このような過ちを二度と犯さぬよう真摯に反省し、今後は心を入れ替えて精進してまいります。
このたびは本当に申し訳ございませんでした。

                              大西良治   佐藤祐介   宮城公博




謝罪文の最後に『今後は心を入れ替えて精進してまいります。』との言葉を信じて再出発することを願ってます。そしてクライミングシーンだけでなくアクセス問題にも積極的に関わってほしいと願っています。
今日あらみちゃんに付き合ってもらいこうもり谷へ行って来た。

空模様がいつ雨が降り出してもおかしくない様子だったので傘、合羽、ザックカバーの完全装備で出かけたが

お天気姉さんが居たので雨は降りませんでした。

お天気姉さん御一行は、にぃに、Hg君の三人で来られていた。

先日「呪い5.13b」を8便でRPしたHg君はもう登るところがないのではと思っていたら

前回MOS出来なかった「ターザン5.11b」狙いだとのこと。
こうもり谷 005
Hg君のトレードマークは通勤用靴下にモカシム。

このスタイルで鳳来の「ステロイドパフォーマンス5.13c」を登り、こうもりの「旅路5.13a」「呪い5.13b」を登った。

今日は前回MOS出来なかった「ターザン5.11b」をMRPした。

そしてにぃにも2撃?した。
こうもり谷 008
この「ターザン」なのだがグレードが5.11bになっているがもっと難しい。
私も何度かトライしたが未だ最後のムーブが解らず登れていない。

今日RPしたHg君とにぃにのグレードの感触は5.11cが妥当だとのことでした。

そして今日は久し振りにリード君が来た。
こうもり谷 007
今朝違うエリアに行ったが誰も居なかったのでこうもりへ転戦してきた。

しかし最近日勤夜勤の連続で寝不足らしく昼からはほとんど寝てました。

さて私の「旅路郎5.12b」だが、1便目当然MRP狙いで取り付くが核心フォール、ならばと違うムーブを試したがどれも出来そうにないのでデッドムーブでヌンチャク掛け。

続いてあらみちゃんの「旅路郎」トライ。
こうもり谷 009
私が核心デッドで持つ左手ピンチを右手で持って私が今日で36回保持出来なかったホールドをいとも簡単にそれもスタッティクに取った。
私より早くRPしそう。

これと同じムーブを以前に試したが私には出来なかった。
左手デッド!私にはやっぱりこれしかないと意地でも左手を飛ばして登ってやる。

3便目に左手を飛ばしたら5cm程下に飛んでいた、でフォールしやはりワンテンで本日も終了した。

下で観ていたリード君がデッドの態勢の時右足に体重が残ったままでフォールしやり直す時は左足に体重が乗った状態で飛ばしていると指摘された。

それとたけぞー君のアドバイスでデッドのコツは飛ばす前に身体の力を抜くことです。と教えてもらったが下から登って行き核心まで来ると身体がガチガチに固まっている、その固いまま飛ばしても跳ね返されるしまうのだろう。

フォールすれば身体の力が完全に抜け柔らかいタッチでホールドを取りに行けるので保持出来るのだろう。

次回の修正点は左足に体重を充分に乗せて身体を壁に密着させた状態で手を飛ばしてみようと思う。

さて次回だが、10月の14日(日)に行く。


こうもり谷でTシャツの忘れ物。
こうもり谷 014
8月の初めころから《おにぎり岩》前の木の枝に掛かっていました。
こうもり谷 015
ヨセミテのプリントが胸にされています。
こうもり谷 016
サイズはLL?かな?かなり大柄な男性だと思います。

お心当たりの方は岩場基部に取り付けてある温度計の上のクラックに挟んでいます。
こうもり谷 004
今日は終日26℃だったがやはり蒸し暑かった。

次回のこうもり谷は爽やかな秋晴れでありますように。
2012.09.08 多忙
今日は家に居る日。

そして家に居る日は、何かと忙しい。

6時に起きてTV体操をして飯を喰ってハムスターのゲージの大掃除。
001_20120908152504.jpg
孫達が面倒をみる約束で飼い出した。

孫達が面倒をみるといっても大したことは出来ないのは始めから分かっていたが、グッと我慢して手出しをしなかったが、このままでは死んでしまうと思ったので今日ゲージの大掃除をした。

おが屑を入れ過ぎたため給水器の口がおが屑の中に入り込んでジャジャ漏れ状態になっておか屑が湿っていた。これが冬ならもうとっくに死んでいたと思う。

その後台所の換気扇のフィルターを交換し
002_20120908153332.jpg
一ヶ月毎に交換している。←私が

そして掃除機で一階の掃除をし、続いて風呂の掃除。
003_20120908153324.jpg

昼前にハナのピアノの稽古の送迎をして、女房と近くのホームセンターとコープで買い物。

昼飯を喰ってセナをサッカーの練習に送って、庭の雑草抜きとゴーヤの処理をして今やっと今日の雑用予定全てが終わった。やれやれ。

家に居る日だが、月に2回居るように心掛けている。

そして居る日は何かと用事をする、用事自体は全く苦痛ではなく、ボーっとTVやパソコンを観ている方が遥かに辛い。

それに用事を進んですることにより週末泊りでのクライミングに出かけやすいとの下心がある。

明日は、あらみちゃんに付き合ってもらってコウモリ谷へ行く。

勿論「旅路郎」のRPを狙って行くのだが、まだまだ蒸し暑い。

今日は雨の予報だったが未だに降らない。

その所為か非常に蒸し暑い。

身体の疲れ具合と気候条件からして明日RPするのは難しいと思っている。

なので明日は核心のムーブのデッドを違うムーブで試してみようと思っている。

コウモリ谷へは明日の次は10月半ばまで予定がない、なので出来ればRPしたいと思っている。
001_20120907220542.jpg
読み始めて暫くの間、この小説が何を描こうとしているのか分からなかった。

しかし本を閉じる気持ちにはならず、どんどんと引き込まれていった。

主人公の渋川春海は実在の人物である。

そして彼を取り巻く多くの偉人達、それは彼の人柄ゆえなのだと感じた。

大志を胸に抱き、何度も失敗を重ねながらもあきらめない男の心意気に感服した。

そして彼を生涯支えた二度目の女房えんに私は惚れてしまった。

今日はあらみちゃんを誘ってGRでリードとボルダリングをしてきた。
002_20120906224239.jpg
しかし全くもって登れなかった。

今までこれ程詰めてジムに行ったのは初めてなので疲れが抜けてないので当然やろと思っている。
あらみちゃんからも、これ程登れんマメオさん初めてかも…と言われた。

しかししかし今日は多くの仲間に会えたので楽しかった。

皆がこれからと言う8時頃帰った、疲れをこれ以上溜めれば週末の登りに差し障りが出るからだ。

帰りにJR高架下のお好み焼き屋で、野菜炒め、スジ焼き、そばめしを喰って帰った。
004_20120906224312.jpg
ちょっと食い過ぎた。
GRコソトレは来週から週一で通おうと思う。

しっかし疲れとるなぁ~。
2012.09.05 お知らせ
長屋坂 再生作業の実施について

延期になっていた備中・長屋坂エリアの再生ですが、以下の日程で実施することとなりました。
作業実施日は、長屋坂のすべてのルートでクライミングが不可となります(翌10月1日から可)。
また、9月24日(月)~9月28日(金)までの間も、準備期間として一部のルートでクライミングが不可となります。
クライマーの皆様には活動趣旨をご理解いただき、ご協力のほどお願い申し上げます。
【日 時】 平成24年9月29日(土)~30日(日)(天候により変更有)
【準備期間】平成24年9月24日(月)~28日(金)(一部のルートでクライミングが不可)
【内 容】 各ルートの終了点および中間支点の再生

【主 催】 TCNet
【協 力】 JFA

上記の記事は高梁川流域クライミング交流会TCNetのホームページから転載しました。

私は23日~30日まで用瀬小屋に滞在しお手伝いする予定です。
2012.09.04 GRセコトレ
今日も一時間早退けしてセコトレをしてきた。
002_20120904211620.jpg

スタッフに「確かあと1回ですね?」と聞いたら、パソコンのモニターを観ながら『いえ!あと2回あります』と言われガンバって下さいと笑顔で言われた。
6日までにあと2回を消化しようと思えば3日連続になる。
そんなことしたら身体が壊れてしまう。


今日も赤全課題と緑全課題をしたが緑で1課題落ちた。

あとは9月のマンスリー課題の赤1課題と緑3課題をやったが緑の1つの課題に3便かかってしまった。先週一撃した課題なのに…。
001_20120904211748.jpg
こんなことしてても意味無いと思い6時半頃帰った。


それから今日は孫のハナの誕生日だった。
003_20120904211908.jpg
十一歳になった。
二十歳まであと九年、私は七十歳になるのだが生きとうかなぁ~。
備中で仲良くしていただいているめーちゃんのブログにハンタウイルスについて詳しく?紹介されていたので記事をそのままコピペしました。

ところでめーちゃんは現役の看護師さんで海外での医療活動の経験もある非常に知識欲旺盛な魅力一杯の女性です。

め―ちゃんの記事↓↓

ヨセミテで亡くなった方の疾患、ハンタウイルスについて。


ハンタウイルスは 2つのタイプがある。


ねずみの排泄物から感染。


排泄物が空気中に舞ったりしたものを吸ってしまう とか ねずみに噛まれる など。


潜伏期間は 1~6週間。


場所: 北米 ルイジアナ テキサス フロリダ ニューヨーク など。


1)肺が侵されていく タイプ

3~7日間の熱。 

頭痛。

肩・腰部・太ももの筋肉痛。

嘔吐下痢。

めまい。


これらの症状が 3~7日継続


咳・呼吸が苦しくなるなどの症状が急激に・・・

時に数時間で出現。


肺に水がたまったりしてくるので、2~4日間の気管挿管(のどに管を入れる)

して、呼吸管理を要する。

それを乗り切ると快方に向かう

重症化して 心臓の機能が侵されると 予後不良・・・

死亡率は近年では30~40%



2)腎が侵されている タイプ

症状は上記とほぼ同じ。


リバビリンは 抗ウイルス活性を示すが有効な薬剤とはいえない。



どちらも発症後、24時間から48時間以内に 3次救急病院(大きな病院)で 治療を開始することが

予後の明暗を分ける。


ヒトから ヒトへの感染は起こらないと言われている。


ワクチンや 特効薬がないため まず自分達でできること。気をつけること。

大雨の年は ねずみのえさが豊富になるため ねずみの数がUP↑ し、感染率も増加。

なので、注意。


また、ねずみが 営巣していると思われる住居・建物に入るときは、

窓を開けて 外気が入るようにしておく。


ハンタウイルスは ブリーチ・洗剤・一般的な消毒薬で効果があるため、これらを使用することも

おすすめ。


ねずみが来る環境を作らない。(食べ物をおきっぱなしにしておく・・・など)


情報はいろんなところより収集しているため、すべてではないことをご了承ください・・・


あくまで参考までに・・・



めーちゃんのブログ⇒Baby-climber-Meguの成長過程
今日はあらみちゃん、少し遅れてタカちゃんと蝙蝠谷へ
001_20120902202323.jpg
U津さんとあらみちゃん。
毎月第一日曜日は消防団の訓練日とのことでした。お疲れ様です。

今日の蝙蝠谷は午前中壁の取り付きは28℃あり蒸し暑かった。
こうもり谷 005
そして今日は久し振りに多くのクライマーで賑やかだった。
こうもり谷 028
CさんとMさん。
こうもり谷 026
そしてボス。
こうもり谷 021
そしてそしてS山仙人が、お元気そうでなによりです。

さて私は今やどっぷりワンテン地獄に嵌り込んだ「旅路郎」を、いつも通りMRP狙いでいこうと思っていたら、あらみちゃんが下部をアップ代りに登ると言うので譲った。

昼前に半MRP狙いで「旅路郎」を
こうもり谷 013
左手デッドに入る前に腕は限界すんでだったが、駄目元で飛ばした。
こうもり谷 014
いつものようにカチには届くもの保持出来ずフォール、登り返してやり直すと簡単に保持出来ワンテン。

昼飯を喰って少し昼寝していると、雷がゴロゴロ鳴りだした。
雨もパラパラし出したのでRPとヌンチャク回収を兼ね2便を

しかし雨が降り出す前なのか異様に湿度が高く下部で滑りを感じ必要以上に力を使ってしまう。
中間でレストするが汗が噴き出してくる。

そして核心の左手デッド、一連のムーブに組み込まれているかのように届いているのだが保持出来ずフォール、直登り返してやり直したら簡単に保持出来ワンテン。
何かが悪いのだろうが分からない。
当初今年いっぱいかかりそうと思ったのが本当になりそう。

あらみちゃんに女性初登を掻っ攫われたタカちゃんの「タフグリップ」のMRPトライ。
こうもり谷 017
5日以来で手順を間違えたのか、最後の乗っ越し前にフォール。

昼飯後雨の降る中2便目を、最後の棚上のカチが保持出来ずフォールし女性第二登はお預け。

15時頃から雨が強く降り出し早々に下山するパーティーも、残ったパーティーは少々の雨なら濡れない正面壁で登り続けてました。当然我々も。
こうもり谷 034

あらみちゃんはいずれ「呪い5.13b」にトライする準備に下部の「セカンドチャンス5.11a」を
こうもり谷 035
RP以降何年も再RP出来て無かったが今日再RPし『これで呪い登れるなぁ~』と嬉しそうに抜かしていました。

今日あらみちゃんから伊勢のお土産、タカちゃんからRPした時ようのお酒と元気を出すためにとニンニクを貰った。
こうもり谷 038
私がブログで次はRPするすると大口を叩いているのを真っ正直な方達が真に受けてRPしたら呑んで下さいとお酒を戴いている。
しかし何時になったら呑めるのか私自身全く予想が付かない。

先週しいちゃんに貢いでもらったお酒は生酒だったので腐らしてはと二日間で空にした。旨かった。
Sioちゃんから貰ったのも冷蔵庫で眠っているが、もう呑んでやらないとアカンやろなぁ~。

なので9日(日)は日帰り備中を予定していたが、多分蝙蝠谷へ行くと思う。
今度こそRPするのだ!したい!させてくれー!させて下さい。←「旅路郎」のRPですから^^;
002_20120901155606.jpg
この本はこれまでベールに包まれきた選抜の実態が克明に描かれています。

2008年2月、日本で10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集が、日本の宇宙研究・開発を担うJAXAによって発表された。応募総数は史上最多。試験自体もハイレベルで熾烈を極めるものとなった。本書は、この選抜試験の内側を日本で初めて取材することに成功したNHKの番組スタッフによるドキュメンタリー。スタッフは、宇宙ステーションを模した閉鎖環境という特殊な状況で10人に絞られた受験者が競う最終試験の一部始終に密着。約1週間24時間監視下、残った10人は何を考え、語り、行動したのかをつぶさに追っていく。宇宙という極限の環境において、自らの命を賭け、かつ他の乗組員の命をも預かる宇宙飛行士とはどういう職業なのか。求められる資質と人間力に迫る!
 
この本は我が会のterra君が貸してくれた中の一冊だ。読み終えた印象は《選らばれし人間》との言葉が私の中に強烈に残った。現在日本人宇宙飛行士は通算で11人しかいないそうです。

宇宙飛行士には絶対なれないが一度宇宙へ飛び出して見てみたいものです。