プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
GW前半の中日の今日新緑が眩しいコウモリ谷へ行って来た。
蝙蝠谷 001
今日のパートナーは
蝙蝠谷 006
赤毛のチカさん。

「マーメイド 5.10b/c」と「ロンググリーン 5.11c」でアップの後宿題の「ロングエッジ 5.11c ★X B9」に取り付こうとしたらリード君がやって来た。
リード君は昨年ロングエッジを登っているのでムーブを聞いたらえ!?って感じで出来そうにない。

しかしそれが核心のムーブだと言うので取りあえずやってみたがやはり出来るとは思えない、自分のムーブをやったがこれも全く出来そうにない。

でリード君にお手本を
蝙蝠谷 014
しかし右腕の腱鞘炎と今年初めてのコウモリでムーブが出来ない。

チカさんも今年初のコウモリ谷で昨年来からの宿題「ロンググリーン 5.11c ★★★ B12」を
蝙蝠谷 016
1便目はムーブの再確認を。

リード君は昨年ワンテンのままだった「ターザン 5.11 ★ B4」を
蝙蝠谷 030
しかし宿題へ

私は昼飯を喰って充分休憩した後ロングエッジ2便目を
2ピン目にクリップし核心始まりのガバを取るまでどっちのムーブで行くか迷っていたが駄目元で正しいムーブをやってみることにした。
蝙蝠谷 021
強烈にエッジの立ったガバをマッチし右足をハイステップすると同時に左手をピンポイントのクラックに飛ばしギャストンで止める。でやってみたら身体が浮いている左手をみたらクラックにギャストンで止まっているではないか!

こうなりゃ~いまでしょ!ちゃう!行くしかないやろ!頭の中を真っ白にして上を目指し3ピン目にクリップ!雄叫びを上げてました。

あとは慎重に落ち着いてと言い聞かせ終了点にクリップ!やったー!と叫んでました。
蝙蝠谷 024
今日登れるとは全く思っていなかったのホンマに嬉しかった。
これもムーブを教えてくれたリード君の御蔭ですわ。

そしてチカさんのロンググリーン、2便目に下部で足位置を間違いフォール、3便目行ったかと思っていたら最後のハングに乗り込むところでフォールしワンテン。

そしてヌンチャク回収を兼ねた4便目を17時30分過ぎに
蝙蝠谷 028
最難の核心に入る前に少しヤバかったが突入してからは安定して棚上へ

3便目にフォールしたハングへの乗り込みも難なくこなし終了点へのクリップに少し手間取ったがRP成功!
蝙蝠谷 038
計10便でのRPだったそうだ。おめでとう!

ご褒美に黒棒をあげた。
蝙蝠谷 040

今日のコウモリ谷は我々3人と常連のTKさんたち5人だけだった。

そして今日のコウモリ谷は
蝙蝠谷 005
午前中は17℃、午後からは16℃で空気が冷たく乾いていてクライミングには最高のコンディションだった。
蝙蝠谷 039
これから入梅までは良いコンディションが続くでしょう。

ロングエッジは通算で2日5便目でのRPだった、なので今日2便目にが登れなかったら封印せなあかんとこやった。やれやれですわ。

次から昨年13クライマーのisaさんやHg君が難儀した「ターザン 5.11 ★ B4」をやる。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
第4回 岩戸開き in 用瀬祭・開催決定!!

第4回岩戸開きin用瀬祭(岩登り見学と体験講習会orボルダリングセッション)が、備中高梁クライミング協会主催で開催されます。

一般の方の希望者に岩登りを体験&見学していただく企画や、特設ステージを設けてのボルダリングセッション(コンペ)、高梁クライミング少年団(育成会)によるカレーライスや焼きそばの販売と、今年も盛りだくさんの内容となっています。

★イベントの内容

岩登り見学と体験講習会(一般の希望者に岩登り体験と見学をしていただきます。)

特設ステージでのボルダリングセッション

場 所  岡山県高梁市備中町・用瀬クライミング広場

日 時  平成25年5月12日(日曜日) 10:00~16:00

目 的
  
岩登り技術の向上と普及

地域の皆様との交流

主 催  備中高梁クライミング協会

共 催  用瀬町内会、高梁市体育協会、高梁クライミングスポーツ少年団、高梁川流域クライミング交流会、吉備国際クライミング愛好会

後 援  高梁市、高梁市教育委員会、備北商工会


参加費 
岩登り体験講習会:1,000円 岩登り見学:1人200円 チャリティーボルダリングセッション(コンペです):1,000円 参加費は当日受付にて徴収します。

 ※ 詳しい要項と申込方法は高梁川流域クライミング交流会のホームページをご参照ください!!  

こちら⇒高梁川流域クライミング交流会
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
不動岩東稜「砂かぶり Ⅳ+ 30m」の上部テラスに可なり大きな浮石があるとKINetの掲示板に投稿がありましたので転載しました。

**************
砂かむりルートの頂上テラスで、岩剥がれがあったようで
テラスの登り口側の端のほうに、直径20~30cm長さ40~50cmほどの
直方体石2つが、支えあうようにして乗っています。

テラスに直径5cmくらいの杉が1本生えていますが
その根本に新しい剥がれ跡がありましたので、岩剥がれで50cm程落下したもののようです。
(昨日の地震によるものかもしれません)

直ちに落下の危険はありませんが、斜度のあるビレイ・懸垂下降時の足元で、支えあうようにして乗っているので間違って石に触れると落石の危険が出てきそうでやや不気味な感じがします。
小石類は片づけましたが、テラスが狭く、大石2つは片付けられませんでした。
****************
以上


上記の投稿に対して、今や不動岩の主的存在で居られるアンパンマンさんがもっと深刻な状況であると言われています。

もっと危ない状況 投稿者:アンパンマン 投稿日:2013年 4月24日(水)01時39分20秒
4月17日に以下の投稿がありました。
不動のすなかぶり終了点について・・

*********
テラスに直径5cmくらいの杉が1本生えていますが
その根本に新しい剥がれ跡がありましたので、岩剥がれで50cm程落下したもののようです。
(昨日の地震によるものかもしれません)
*********

でも現場はもっと危ない状況でした。
上記のはがれ岩は自然には落下しないように見受けられます。
終了点でクライマーが誤って落とした場合は別ですが・・

上記5センチくらいの杉の根基(根の上)に30センチ角程度の岩が載っています。
この杉の木が風が吹くと根元から揺られ、上に乗っている岩ごと3~4センチほど一緒に動いていました。
23日、終了点でセカンドのビレーをしていましたが、風が吹くたびにその岩を抑えながらビレーをしていました。
17日投稿の大岩二つよりはるかに危険でいつ落ちるかわかりません。
私も、懸垂で降りる予定でしたが、それを諦め、一般道を下りました。
この根元の岩が自然に落ちるか、何らかの対処をするまで、砂かぶりの基礎部には近づかない方が良いと思います。
簡単に除去出来そうもないので今日はそのままにしています。
クライマーのみなさん注意してくださいませ。


ここは以前から度々落石が起こっています、不動岩東壁及び東稜に行かれる方はくれぐれも注意をして下さい。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
一昨日オーバーグレードに付いて書いたが、それに関連してトップロープに付いて私が常々思っている事を書こうと思います。

記事を書く前にお断りしておきますが以下の内容は私個人の考えである事を明記しておきます。

トップロープクライミングをクライマーならご存知と思いますので説明は省かせて戴きます。

一つのクライミングスタイルとしてトップロープによるクライミングがあります。
008_20130424204157.jpg
駒形岩の「斜陽 5.9」をトップロープクライミングするあらみちゃん。

トップロープクライミングは初心者や初級者だけのクライミングスタイルではありません。

5.14のルートをトップロープでムーブを探ったと以前R&Sで読んだことがあります。

私もクライミングを始めた当初はトップロープクライミングオンリーでした。

いつ頃かは忘れたが相当前からトップロープでのクライミングはしなくなった。

それはクライミングが上手くなりたいがためでした。

それとトップロープは時として他のクライマーに対して非常に迷惑をかける事があると思い至ったからです。

それは一つのルートにトップロープを掛けたまま次々とその仲間の方が登られるという光景です。

これはそのルートを特定のグループが独占していると言っても過言ではありません。

平日で空いている時なら未だしも土日祭日の多くのクライマーでごった返している岩場でトップロープをやられたら迷惑以外の何ものでもありません。

私も数年前に備中の羽山の「発情期 5.12a」にあるグループがトップロープを掛け次々と子ども達を登らせていました。

その日は日曜日で私は「発情期 5.12a」のRPを狙っていたのですがいつ終わるともしれなかったの諦めて帰ったことがあります。

トップロープはたとえ平日であっても他に違うグループが居れば掛けっ放しにするのは如何なものかと思う。

ある岩場で行く度に見かけるのだが5.12以上のグレードのルートにトップロープを掛けて登っているグループがいる私から見ればそれは完全にオーバーグレード以外の何ものでもないと思うのだが私の考えは間違っているのだろうか?

それとトップロープを掛けたままのグループからロープを避けますので登って下さいと言われることがあるが、これまた時にロープが邪魔になりムーブが出来ない事がよくある、なので長時間のトップロープは時と状況をよ~く考えて行って戴きたいと思います。

最後になりましたが私は決してトップロープクライミングを否定していません。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
既にお気付きの方も居られると思いますが、3月に肺炎を患い完治した以降に私はツエルブに取り付いていない。

それは私にとってツエルブより上はオーバーグレードとの思いに至ったためだ。

元々一つのルートに打ち込むことが出来ない性質なのだが、諦め切れないという相反する性質の持ち主でもある。

なので5年6年という歳月を掛け一つのルートを登ることは儘ある。

その最たるルートが長屋坂の「カウントダウン 5.12a」で5年11ヶ月の間に43便出して登った。

3月に患った肺炎は正直言って非常にショックだった。

医師から相当疲労していると言われ思い当たった。

ここ2年ほどの間に長年取り付いたが登れなかったツエルブを短期間で次々と登った。

そして新たに取り付いたのが杉田ロックの「停滞前線 5.12b」やニューエリアの「けもの道 5.12b」だった。
備中・杉田ロック 009
↑「停滞前線 5.12b」
12~13備中 011
↑「けもの道 5.12b」

しかし両ルートとも私にとっては非常に厳しいルートだった。

両ルートを登るために自分に何が足らないのかを見極め日々腹筋、指腕立て伏せ、片足踵上げ等のトレーニングを重ねて来た。

疲れていてもコソトレと称してジムへも週一回は通った。

そして身体が悲鳴を上げ肺炎を患った。

療養中に色々考えた、そして出した結論はこのまま今までの様なクライミングを続けていたら早晩身体が壊れてい大好きなクライミングが出来なくなってしまう、クライミングをこの先長く続けるためにグレードに拘らないで5便程で登れるルートを登ろうと。

なので今後はグレードに関係無く5便を目安にしてルートの選択をして行こうと思っている。 
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
13日土曜日に烏帽子岩で起こった事故に関して当日現場で私が感じた事を書こうと思う。

下記の記事は私が当事者と仲間以外のクライマーから聞いた事と、当事者の仲間が消防署員や警察官から事情聴取を受けているのを聞いた内容です。

事故が起きたルートは「いじわるおヨネ 5.10b」
駒形岩 030
赤丸の終了点にクリップしようとして3m程フォールし赤い矢印の棚で左足を強打した模様。

怪我は骨折の疑い有とのことでレントゲンを撮らなければ分からないとのことだったが、消防士の話では多分骨折しているだろうでした。

当日の13時頃救急車や消防自動車のサイレンの音が聞こえ出した、それも一台や二台では無い。

あらみちゃんやタカちゃんと山火事?それとも不動岩で事故?と話していたら烏帽子・駒形岩のアプローチ入口付近で止まった。

烏帽子で事故?しかし烏帽子の見える範囲では何事も無いようにクライミングをしている。

そうしていたら次々に消防自動車が止まった。

これは烏帽子で事故だと確信し急いで烏帽子岩の「ジャスティス」がある壁へ行った。

そこには多くのクライマーが居たが事故があった様子は全く無かった。

顔見知りのクライマーに事故があったのですか?と聞くと『捻挫や自分で歩いて降りれるわ』との返事。

そして「いじわるおヨネ」のある上部壁に行くと怪我をされたと思われる方が仰向けに寝ていた。

そうしていると救急隊員や消防士が12名程来られた。そして空には消防ヘリが待機していた。
駒形岩 026

駒形岩 027
そうして怪我の処置をされ搬出になった。
駒形岩 031

当初事故者を仲間の車で病院に運ぼうとしていたらしいが、事故の当事者が自分で119番通報したとのことだった。

私のその場で感じた他のクライマー達の雰囲気はなぜここまで大袈裟にするのかという感じだった。

下の壁に居たおばちゃんクライマーが続々と上がってくる消防士達に『えらい仰山来て』と言ってたとあらみちゃんが苦笑していた。

私は過去に3度クライミングでの事故に遭遇し救助活動をした事がある。

その内の2回は烏帽子岩で「ウィング 5.10c」のハング上からフォールしたとき足がロープに入っていて逆さまに落ち頭を岩にぶつけた。
ぶつけた時の裂傷で多少の出血があったがタオルで圧迫し仲間の車で近くの病院へ行き、数時間後に頭に包帯を巻いて岩場に戻ってきた。
CTの結果も異常が無いとのことだった。

もう一件は烏帽子の「タイムトンネル 5.10a」の棚の上でフォールし足首を強打した。
どちらの足かは忘れたが足先があらぬ方向を向いていて相当に痛がっていた。
この時は我会の初Nさんが当事者を背負ってトップロープ状態で棚から下へ降ろし居合わせたクライマーでビニールシートに当事者を寝かせアプローチ入口まで搬送し救急隊員に引き継いだ。

そして3度目は高知県の鬼岩屋での落石で左膝下粉砕骨折した事故で私が背負って狭い壁の隙間を抜けロープバックに当事者を寝かせ居合わせたクライマーで正面壁まで急斜面を降ろしレスキュー隊に引き継いだ。

道場周辺の岩場では年に数回クライマーによる事故で消防や警察のお世話になっている。

地元住民からも再三起こすクライミング中の事故を非常に憂慮しているとのことだが、駅前の大北商店のご主人が今のところ納めていただいているようです。

長い記事で纏まりの無い内容になりましたが、私が一番言いたいのは緊急をようする怪我以外は119要請せずに仲間や居合わせたクライマー達で処理していただけたらと思います。

それと受け入れ先の病院は119番に電話すれば近くの病院を教えてくれます。

まあ~クライミングに事故は付きものなんですがお互いの注意によって防げる事故があります。
例えばハーネスの締め具合、ロープの結び具合、逆クリップ、足がロープに入っている、ダラリンビレイ等々知らないクライマーでも危ないと思えば躊躇せず注意しましょう。

岩場を閉鎖させないためにも

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日の天気を気象庁はじめ民間の天気予報と睨めっこして晴れ間が出るのは15時以降とのことだったので、コウモリ谷を諦めPUMPに行くことにした。

しかーし7時40分頃家を出ると
001_20130421214848.jpg
青空が広がっているではないか…。

山の向こう側にコウモリ谷がある。今さら変更出来ないので今日のパートナーを途中でピックアップし一番乗りでPUMPへ
002_20130421215126.jpg
今日のパートナーはこの方
007_20130421215155.jpg
赤毛のチカさんです。

今日のPUMPにはこんな方や
004_20130421215243.jpg
こんな方が
005_20130421215250.jpg
来られてました。

なんかここ数週間同じ顔触れではないか。

今日はチカさんと24本ずつ登った。

私は5.10b~5.11bを終了点にクリップした時にテンショ~ンという以外にテンショ~ンとは言わなかった。

そして限界と感じても後一手出してフォールし即降ろしてもらった。

これは今後とも続けて行こうと思う。

それから今日お会いした多くの方から『あらみちゃんは?』と聞かれた、あらみちゃんは日曜出勤でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は駒形岩にあらみちゃんと行って来た。

夕方会の集会があるので久し振りに電車で岩場へ
駒形岩 001
それともう一つの狙いである駒形岩の11で唯一登っていなかった「スリーハーフD 5.11c」のMOS。

駒形岩と言えばR&S最新号で紹介された《日本の100ルート》の関西BEST10のNo.1の

「斜陽 5.9」とNo.3の「プロミネンス 5.11b」がある。

↓↓「斜陽 5.9」をTRでアップするあらみちゃん。
007_20130420225639.jpg
今日あらみちゃんはこの一本だけ

私は「斜陽 5.9」でアップのあとすぐ「スリーハーフD 5.11c」のMOSトライをした。
駒形岩 013
このルートは「プロミネンス 5.11b」1ピン目から右上する6m程のシンクラックを辿りプロミネンスの右を抜けるラインで核心はシンクラックなのだが、確実に取れるプロテクションは一ヶ所のみBDナッツ8番が唯一決まる。
駒形岩 009
一応念のためエイリアンを持って行ったが確実に決めれなかった。

シンクラックを抜けたあとは楽だろうと思っていたが結構しんどかった。
駒形岩 011
二度目は無い!と言い聞かせMOS成功!やれやれ駒形岩の11を制覇!しかし何年かかったのやろ…。

私がスリーハーフDを取り付く時にタカちゃんがやって来た。
駒形岩 014
「斜陽 5.9」でアップ↑↑し「プロMINI 5.11c」のMOSトライ↓↓
駒形岩 016
難なくMOS成功!

さてあらみちゃんは
駒形岩 019
寝とる。今日はず~っと寝てた。

それから13時過ぎ頃救急車や何台もの消防自動車のサイレンがだんだん近づいて来て岩場の下辺りで止まった。

ん…!?山火事?それともクライマーの事故?隣の烏帽子岩を見たら何事もないように登っているクライマーがいる。
駒形岩 007
しかし岩場下の道路に何台もの消防自動車が止まった様子だしヘリコプターも飛んできた。

何かあったと烏帽子岩に行ったら「いじわるおヨネ 5.10b」の終了点にクリップしようとしてフォールし3m程下の棚まで落ちて左足を強打した模様とのことだった。
駒形岩 029
消防士12人程と警察官2人がやってきた。

怪我の具合は左足骨折の疑いとのことだった。

この件に関して後日詳しく書きます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
4月21日(日)に関西岩場環境整備ネット(KINet)により実施される予定でした

神戸市北区の不動岩MCフェースの整備は雨予報のため中止になりました。

次回実施予定は7月末から8月末の間に行われる予定です。

実施日が確定次第お知らせします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先週末に前々から気になっていた、ながの村にあるオーナーズハウスに泊った。
奥壁・花子岩 028
一見、車の大きさと比べて然程大きくないように見えるが。

中に入ってみると中々どうして結構広い。
奥壁・花子岩 029
台所は四畳半くらい、手前のリビング?は八畳くらい。
冷蔵庫、電子レンジ、包丁や鍋、食器付きです、なので食材だけ用意すればOKです。

奥壁・花子岩 030
リビングの横に四畳半の畳の部屋が、ここの押し入れに寝具が入っています。
布団が五人分ありました。

奥壁・花子岩 031
お風呂は清潔なユニットバス。お湯の出も問題無し、ただちょっと湯加減が微妙。

奥壁・花子岩 032
お風呂の脱衣所兼洗面所。お湯が出ます。

奥壁・花子岩 033
暖か便座の簡易水洗式。

上記の設備で一泊一人2,500円です。

クーラーは無かったようでしたが、石油ファンヒーターはありました。

非常に快適な一夜を過ごせました。

ご利用はこちらから⇒ながの村ホームページ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
日曜日朝外でラジオ体操していたら《パァーン!》と鉄砲のような音が突然して一瞬身を竦めた。

野鳥などを追っ払うためなのか定期的に鳴っていた。

この朝は又又私のリクエストでバナナ入りパンケーキとフレンチトースト。
奥壁・花子岩 039

奥壁・花子岩 040

エリアは色々思案したがタカちゃんが行った事のないflower rockへ
奥壁・花子岩 042
駐車スペースに知人の車が止まっていたが岩場には居られず一番乗りだった。

三人「くりごはん5.10a」でアップ
奥壁・花子岩 045


タカちゃんが「マカ5.11c」に取り付こうとした時、Jibe夫妻と友人が来た。
奥壁・花子岩 065
よく岩場でお会いするJibe夫妻
石を投げつけたりチョンボ棒でどついたりと何時も仲が良い。

結局この日は6人だけだった。

さてタカちゃんだが「マカ」のMOSトライでは2ピン目近くでバランスを崩しフォールし危うくグランドするところだったが2便目に粘ってRP、二撃でした。

続いて「CB返し5.11b」をMOSトライ。
奥壁・花子岩 057
少しぶつぶつ言いながらMOS成功!

そしてヌンチャクがかかっていた「Over Play5.11a」にOSトライ。
奥壁・花子岩 073
危なげなくOS成功!
奥壁・花子岩 075
なんとタカちゃんは2日間で11a2本、11b1本、11c2本の計5本をGET素晴らしい!

さてあらみちゃんは「トライアングル5.11d」を三撃し安堵の表情。
奥壁・花子岩 048

奥壁・花子岩 066

奥壁・花子岩 068

さてさて私だが前日に今回の目標を達成していたのでお気楽に「山ちゃんのルート5.11c」「トライアングル5.11d」「マダマダ5.11b(ルート名、グレード曖昧)」をGETしてやろうと思ったが「マダマダ5.11b(ルート名、グレード曖昧)」のラインが分からず没に、取り合えず宿題の「山ちゃんのルート5.11c」を一撃する予定で取り付いた。
奥壁・花子岩 047
が!出だしのハング乗っ越しが出来ない。こんなはずではないとムキになってトライするが乗っ越せない。

フォールやテンションをしたら降ろしてもらい1つのルートへのトライは5回までと己に課した約束事だったが3便出したが駄目だった。

このままで封印するのは余りにも情けないので確りオブザベして取り付いた4便目に難なくハングを乗っ越し、
奥壁・花子岩 062
後は気合いで終了点へ、
奥壁・花子岩 064
やっとこさRPした。

続いてあらみちゃんが三撃した「トライアングル5.11d」へFLトライ。
奥壁・花子岩 069
あらみちゃんの登りを確り見ていたので核心越えの棚下までは難なく到達したが棚の穴ガバが何処に有るのか見えないので分からない。

無闇やたらに手を飛ばして探れない、それはハンガーを外したボルトが突き出ているため下手すると手の平を怪我する。

結局フォールしてFL失敗。
奥壁・花子岩 077
ここで己に課した約束事を破ってハングドッグし穴ガバの位置を確認した。

2便目に棚の穴ガバを取る細カチを保持し切れずフォールしワンテンで終了宿題へ、悔しいー!

しかし3人2日間で11a2本、11b1本、11c4本、11d2本の計9本をGETした。素晴らしい!

おまけ
今回のおやつ色々。
奥壁・花子岩 011

道の駅で買った《プリンあずき》120円
奥壁・花子岩 012
プリンとあずきの組合せに期待したが期待外れで10a

アプローチに咲いていたショウジョウバカマ
奥壁・花子岩 041

そして帝釈の渓谷
奥壁・花子岩 043
この眺めはいつ見ても飽きることが無い。

明日は、ながの村オーナーズハウスの詳細を紹介します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
土曜日朝ユサユサと大きな揺れに出端を挫かれかけたが一路ながの村へ向け車を走らせた。

この地震に対して友人クライマーからお見舞いのメールを戴きました。ありがとうございました。


途中佐用JCT手前でカバさん号にぶち抜かれたりしたが順調に走り9時前に東城IC着。

道の駅で昼飯と晩飯の食材を仕入れながの村で村長さんから今回の宿泊先の鍵を受け取りrock valley奥壁へ

アプローチに獣の真新しい足跡が…
奥壁・花子岩 002
猪の足跡と共に臭いも漂っていた。出来れば遭遇したくない。ただこの猪突然の人間の出現に慌てていたのか泥濘に足を滑らせ尻もちを付いた痕があった。

さてこの日の奥壁にはteamマメオの3人、カバさんチーム2人、京都のIさんの6人、これって先週のpumpと同じ面子ではないか。

朝方曇って寒かったが昼前から青空が広がり暖かくなった。

「小姐(シャオチェ)5.10a」でアップし先々週喰い外した「餃子(チャオズ)5.11d」にMRPトライ。

出だし乗っ越で躓きかけたが何とかクリア、前回フォールしたところもちょっと危なっかしかったがクリアしMRP成功!

昼飯を食ってゆっくりしてたが、もう1つの目標「突撃隣の晩御飯5.11c」にMOS突撃開始。

村長さんからラインを聞いた時に慎重に行けば大丈夫ですとのアドバイスを受けていたが核心の一手は

少し遠目のガバフレークを取るのだが、慎重に行けそうにないので苦手のデッドを一か八か睨み付けて

右手を飛ばしたら身体が止まっていた。

でMOS成功!

この「突撃隣の晩御飯5.11c」で奥壁の11(7本)は制覇した。

ちょっと早い晩御飯を完食しお腹が一杯になったのでその後はIさんやあらみちゃんのビレイを

さてタカちゃんは「チャイナブラウン5.11c 35m」にMOSトライ。
奥壁・花子岩 004
何時もはぶつぶつと独り喋りしながら登るのだがこの時は静か、そして最後の薄被り垂壁へ突入。

しかし最終ボルト下辺りでフォールしMOS失敗。

しかししかし2便目にRP。

そして2年前に途中敗退していた「チャイナホワイト5.11a」を
奥壁・花子岩 017
すんなりRPしそのまま「グリーンデスティニー5.12b」のハング下まで。

それからあらみちゃんは「芽台酒(マオタイチュウ)で乾杯!5.12a」を、しかしハングのコルネがびっしょり濡れて水か滴り落ちている。

私が『無理やで…』と言うと『そお~私は大丈夫やと思てんねんけど』と信じられない言葉が、その言葉通りびしょ濡れコルネを鷲掴みし身体を上げていく、
奥壁・花子岩 015

奥壁・花子岩 016
2便目に今まで出来なかった3ピンへのクリップも出来ハング乗っ越しもボスの登りを参考に解決し、

最終の3便目、ハングの乗っ越しで後3センチ否2センチ届かずで痛恨のフォール!

結局ワンテンで終了。

この日Iさんが「チャイナブラウン5.11c 35m」をOS。
奥壁・花子岩 006

ボスが「グリーンデスティニー5.12b」をRPした。
奥壁・花子岩 010
ボス曰く『僕ノーレストハンドは上手いねん』と何時ものニコニコ顔で。

そおかぁ~《ノーレストハンド》出来んとこのルートは登れんのか…。

え~っと!カバさんは登ってたのかなぁ~。

この夜の宿泊は
奥壁・花子岩 028
ながの村オーナーズハウス

晩御飯は
奥壁・花子岩 036
私のリクエストで《おでん》
奥壁・花子岩 037
今日はここまで

おまけ
奥壁・花子岩 024
上の写真は奥壁の中間にある壁(ルートは無い)なのだが、ここにある生き物が静に眠っていました。

それは↓↓
奥壁・花子岩 023
蝙蝠です。そっとしておきましょう。

そして奥壁にひっそりと咲いていた花
奥壁・花子岩 020
Iさんに名前を聞かれたが初めて見る花でした。

そしてそして花面公園のしざれ桜
奥壁・花子岩 025
五分咲き。今週末は満開になるでしょう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今週末は天気も良さそうやし暖かくなりそうなので先々週喰い外した「餃子5.11d」を完食しに奥壁へ明日の早朝から行く。

メンバーは、タカさま、あらみさまのお二人と。

あらみさまは前回宿題にされました「芽台酒で乾杯5.12a」を今回はグイッと一気飲みされその後は酔い潰れてまったりされるでしょう。

タカさまは確か二回目の奥壁になるので何をされるのかな…?

私は「餃子」だけでは喰い足りないので「突撃隣の晩御飯5.11c」にMOS突撃する予定。

この二品を喰えば満腹になるので後はまったりとロックバレーの「メーテル5.11c」 で遊ぶ予定、出来ればRPしたい。

結果は月曜日以降に
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
第32回全国中学生人権作文コンテスト(主催:法務省人権擁護局・全国人権擁護委員連合会)で法務大臣賞を受賞した作文をご紹介します。

「リスペクト アザース」
神奈川県鎌倉市立御成中学校 3年 坪井 洸

僕は、日本人の両親を持ちながら、アメリカのサンディエゴで生まれて、十歳半まで生活し、地元のデイケア(保育園)、プレスクール(幼稚園)、小学校に通った。その中で出会った先生たちが何度も口にした『respect others(リスペクト アザース)』という言葉は、今も僕の行動や考え方に大きな影響を与えている。
サンディエゴは、ロサンゼルスの南にあり、メキシコの国境から一時間程度だったので、土地柄のせいか、クラスには、肌の色も髪の毛の色も本当にいろいろな人種の人がいた。僕が物心ついたときには、周囲にいろいろな人種の人たちがいるのが当たり前の状況だったので、自分がまわりの人と違っていることも当然だと思っていたし、それに対して深く考えることもなかったように思う。どこの国でも同じだと思うが、集団生活が始まると、誰かが意地悪をしたとか、誰かが誰かにいじめられたとか、いわゆる人間関係のトラブルが起こってくる。そんなとき、先生たちは必ず『リスペクト アザース』と言い、当事者に反省を促した。
『リスペクト』の意味もはっきりわからない保育園や幼稚園の頃から、ことあるごとに繰り返し叩き込まれた。日本語にすると、「他の人のことを尊重しなさい」という意味なのだが、今思うと「意地悪しないで、みんな仲良くしなさい」とか、「いじめはダメ」というそのときの行動を注意するのではなく、その行動を起こしてしまった根本の考え方を問題にしていることになる。
また、この言葉は僕が入っていたリトルリーグの監督やコーチもよく使っていた。選抜テストがない地元のリトルリーグでは、上手い選手と上手くない選手が混合して十二人でチームとして試合に臨まなくてはいけなかった。上手くない選手がフライをポロリと捕りそこなったとき、チーム全体が「おい、この下手くそ」と怒鳴りたくなる場面で、監督やコーチは『リスペクト アザース』と言った。やる気がなくてエラーをするのはもっての他であるが、やる気があっても上手くできない選手はいるのである。この場合は、そこをわかってやれという意味だと思っている。実際、当時初心者だった僕は、この言葉を聞いて救われる気持ちになり、もっと上手くなるようにうんと頑張り、シーズン最後にはチームに少しは貢献できるようになった。
その後、僕は日本の小学校に通い始めた。周囲のみんなのおかげで生活にはすぐに慣れたが、同時に大きなカルチャーショックも受けた。一番驚いたことは、みんなが他の人と大きく違わないように、なるべく同じようになるように非常に気を遣っているように見えたことである。他人よりうまくいかないから目立たないようにしているのではなく、他人よりうまくできても目立たないようにしているように感じた。僕は最初のうち、そのノリがわからず今までどおり、自分が上手く出来たことを周りの人にも伝えていたら、「それは自慢だ」と言われて、なんとも悲しい気持ちになった。また、友達同士で相手の気持ちになれば絶対言えないような侮辱するようなひどい言葉を言い合っていても、『冗談』と言ってうやむやにしていることにも驚いた。僕がよくわからない世界だった。僕が叩き込まれていた『リスペクト アザース』の世界はここにはなかった。僕の限られた経験の話になるが、アメリカ(サンディエゴ)ではなぜそんなに『リスペクト アザース』を子どもの頃から叩きこんでいるのだろうか。
それは、アメリカ社会がつい最近までひどい人種差別などを行ってきたことの反省からかもしれない。住居地区を制限したり、公園やバスなどの公共の場でも座る場所をわけていたりと、差別することが当たり前で、一般人が差別したりされたりすることに何の疑問を持たずに時代が流れていた過去がある。そんな過ちをこれから先に繰り返さないように、子ども建ちに叩き込んだり、またそうすることによって、大人も自分自身を戒めているのかもしれない。
僕は日本でももっと、『リスペクト アザース』が浸透していけばいいと思う。日本は表面上差別のない社会なので、必要ないと思われるかもしれない。しかし、これこそが人権を考える上での基本だと思う。人権尊重の社会を作っていくのは僕たちひとりひとりの考え方によるからだ。同じ人間は一人もいない。人と違っていることがまたその人の個性である。違う点だけでなく、うまくいったこと、できなくても努力していくことなどを尊重し合っていくことができれば、もっと素晴らしい社会になっていくと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日PUMPでフォールしたりテンションをかけたりしたら即降ろしてもらった。

それは数登ろうと思っていたのと混んでいたためだが、何度も繰り返すうちに登り返したりハングドッグをするより

即降ろしてもらっていたら気持ちがすっきりしてきて初めからやり直した方が力が付くのではとの思いに至った。

なので今後はフォールやテンションした時点で降ろしてもらい最初から登り始めようと思う。

ただこれをやれば中々登れないと思う、なので一つのルートに5回取り付いて登れなければそのルートには暫く取り付かないようにする。(半年~1年)

フォールしたら即降りる、これは確かフリークライミング初期にこういうスタイルで登っていたように先輩クライマーに聞いたり書物に書いてあった。

潔くて格好ええ!

なので私は以後原点復帰をする。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は朝一であらみちゃんとPUMPへ、昼頃にタカちゃんもやって来た。
008_20130407195123.jpg
朝空模様を見てコウモリでも行こうかと一瞬考えたが、風が強いし気温も低く寒いだろうと思い止めた。

今日のPUMPは大盛況。

カバさんチームや京都チームなど備中でお会いする方々が大勢来られてました。

今日は5.7~5.11bまで多分25本程登ったと思う。

その内11aと11bに10本程取り付いたが1本もRP出来んかった。

あらみちゃんは宿題だった11aと11bをRPした。

もうあらみちゃんには外でもジムでも勝てんようになった。

しかし今日の登りで何か得るところがあったのやろか…???

数登った中で登攀工作員さん設定のルートがどれも面白かったのが印象に残った。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
確か今年の初め頃に我会のホームページの制作を引き受けた。

できるホームページ・ビルダー 16

ちゅうソフトを買ってもらった。

届いた説明書を見た途端拒否反応を引き起こしパソコンの横に置いたままにした。
001_20130406194753.jpg

一ヶ月程過ぎたころ拒否反応が薄らいで取りあえずダウンロードした。

しかし又拒否反応がぶり返し又又見ないようにした。

しかししかしこのままではイカン!と重~~~い腰を上げ今日の昼から説明書を片手にパソコンと取っ組み合った。

裏表紙に
002_20130406194800.jpg
と書かれているが

詳しい操作手順とポイントで丁寧に解説。
ポイントが多過ぎて消化不良を起こした。

操作を間違っても大丈夫!対処法がすぐわかる。
間違っている事さえ分からん。

手順の横にヒントを掲載。関連知識も身に付く!
ヒント、関連知識なにせ大過ぎ!訳分からん!

ホームページの知識が深まる用語集付き!
用語が多過ぎて読んだ端から忘れて行く。

しかしなんとか形だけはでけた!

リン君あと否!もう暫くまっててな~。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今月21日(日)に不動岩のMCフェースのリボルトが関西岩場環境整備ネット(KINet)により行われます。

MCフェースは2006年に行われた不動岩リボルトの前に岩場上部から大規模な崩落があり見合せてていました。今年に入ってローカルクライマーからリボルトの要請がありKINetにより事前調査が行われ崩落の危険性が認められないとのことでリボルトが行われる事になりました。

当日はMCフェースでのクライミングは出来ませんのでご理解とご協力を宜しくお願いします。

MCフェースリボルトの詳細はこちら⇒KINet
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
厳しかった冬も過ぎ去り神戸の各地も桜が満開の様子です。

さて暖かくなると虫たちがザワザワと蠢いてきます。

クライマーにとって有難く無い虫たちなのですが、そんな中にあまり知られていない虫としてマダニがあります。

こいつです↓
image[3]
マダニはハーラー器官と呼ばれる感覚器を持ち、これらによって哺乳類から発せられる二酸化炭素の匂いや体温、体臭、物理的振動などに反応して、草の上などから生物の上に飛び降り吸血行為を行うのです。

そのマダニの中に厄介なウィルスを持っている奴がいますので要注意です。

マダニ科のダニは吸血の際に様々な病原体を伝播させるベクター(病原体の媒介動物)として知られています。以下に媒介する感染症の代表例です。

日本紅斑熱:感染したときの症状は、かゆみのない発疹や発熱などがある。この時点で病院に行けば大事には至らないが、放っておくと最終的には高熱を発し、そのまま倒れてしまうことがある。治療は点滴と抗生物質の投与。咬傷が見当たらなくても、医師にキャンプやハイキングなどに行ったと伝えておけば、診断しやすくなる。

Q熱:治療が遅れると死に至る上、一度でも重症化すると治っても予後は良くない。山などに行った後に、皮膚などに違和感を覚えたり、風邪のような症状を覚えたら、この病気を疑うべきである。日本紅斑熱の場合と同じく、キャンプやハイキングなどに行った後に何らかの症状が出た場合は医師に伝えることが推奨される。

ライム病:ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニ科マダニ属 Ixodes ricinus 群のマダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリア Borrelia の感染によって引き起こされる人獣共通感染症のひとつ。

ダニ媒介性脳炎:マダニ属のマダニが媒介するウイルス性感染症。脳炎による神経症状が特徴的。東ヨーロッパやロシアで流行がみられ、日本においても、過去に一例の国内感染例が報告されている。

重症熱性血小板減少症候群:SFTSウイルスの感染により引き起こされる感染症で、本症候群に起因する死亡事例が2013年に国内で初めて発表された。症状は発熱、嘔吐、下痢などが現れる。マダニの一種にかまれ感染したと見られている。

昨年末からマダニによる感染症での死亡例が3件ほどマスコミに取り上げられています。

私も仕事の関係で昨年から数件マダニによる感染症の検体を扱いました。

上に上げた感染症を媒介するマダニは我々の非常に身近に居ます。

これから暖かくなると肌を露出する機会が多くなります。

我々クライマーやボルラダーも裸族になったり短パン、ランニングシャツになる方も多いと思います。

肌を露出した服装で草むらや藪には入らない方が賢明です。


マダニに咬まれないための予防策です↓
できるだけ草むらに入らない、長袖長ズボンを着用、山では草に直接座らない、虫除けスプレーを使用する、帰宅後すぐ着替え入浴するなどが望ましい。

吸血されたときの対処(ヒトの場合)↓
ヒトを吸血中のシュルツェマダニ
image[2]
一度口器を差し込んだマダニは、吸血が終わるまで1 - 2週間程度は体から離れない。そこで無理にマダニを引き抜こうとすると、体液の逆流を招いたり、体内にマダニの頭部が残ってしまう可能性がある。細菌感染の恐れがあるため、マダニを発見したら出来るだけ早く皮膚科を受診したほうが良い。場合によっては、切開してマダニを除去するほかないが、それが一番確実である。民間療法では、マダニにアルコールや酢や殺虫剤をつけたり、火を近づけたりするとマダニが嫌がって勝手に抜けることがあり、それが成功した例も報告されているが、やり方を間違えると抜ける前にダニ本体が死んでしまい、切開以外で取れなくなる可能性がある。アルコールなどの薬剤で取る場合はドボドボとかけずに綿棒でそっとつけ、火を近づけて取る場合はマダニ本体が焼けないように慎重に近づけなければならない。 また、マダニが体から自然に脱離した場合でも、医療機関を受診する。虫体を写真を撮ったりして医療者に吸血されたことを伝える。

※上記の記事は《ウィキペディア フリー百科事典》から引用しました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
001_20130402185250.jpg
このシリーズを読み始めてこれで二十三弾目になる。

主人公の坂崎磐音だが浪人をしている。
背が高く男前で欲無く謙虚で人当たりが良くそして滅茶苦茶強い正義の味方なのだ!

なので身分や男女を問わずに慕われる。

読んでいてこんな男は居らんやろ~と思いながらもストリーの面白さについつい引き込まれて読み耽ってしまう。

この二十三弾の最後に初めてあとがきが描かれていた。

そこには『絵空事、嘘とすぐに分かる物語でもいい、浮世の憂さを晴らす読み物を書こうと思った。
父が倅を、娘が母を、女が男を、人が人を信じられる世間を描写しようと思った。
読後に一時の爽快感を得られるような物語を書こうと思った。』とある。

まさに不正や悪がバッタバッタとやられる様は気分爽快になる。

最新号は四十二弾なのであと暫くは楽しめる。

私の通勤時の良き友なのだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
30日31日の土日は久し振りのロックバレー奥壁へあらみちゃんと行って来た。

奥壁には至る処にカタクリが咲き乱れていました。
岩谷奥壁 014
この花ええわ~。

土曜日の奥壁には村長チームとカバさんチームそして我々の6人だけだった。

奥壁には2年振り2回目

「小姐(シャオチェ)5.10a」でアップ、あらみちゃんはMOS、私はFL

私の今回の目標は「チャイナブラウン5.11c 35m B15」のMOSに成功することだった。

そしてそのチャイナブラウンのMOSトライ。

このチャイナブラウンだがスラブとハングの連続で最後に薄被りの壁で終了する。

最後の薄被りの壁まで傾斜は無いがこれと言ったカバも無い。

ハンドには厳しいがフットには充分なホールドに上手く足を乗せ体重移動をし指への負担を如何に軽減するかがポイント。

私の得意系なんだが砂砂で砂を払いながら慎重にクライムダウンを各所で繰り返しながら何とかM.O.S成功!

早々に目標を達成して気を良くして右隣の「爆肉(パーロー)5.11c 25m B10」にMRPトライ。

このルートは2年前にMOSを失敗していた。

今回は出だしも上手くこなせM.R.P成功!

益々気を良くして「タッチ5.11b 20m」にMOSトライ。

これも最後は甘いカチだったが強気で攻めてM.O.S成功!

今回の目標を遥かに凌ぐ成果に気を良くしてあらみちゃんの「芽台酒(マオタイチュウ)で乾杯 5.12a」のビレイに専念。
岩谷奥壁 010
1便目はどっ被りのハング越えに苦労していたが2便目に何とか解決。

3便目に1・2便で出来なかった3ピンへのクリップが出来たので3撃かと思ったがハングの乗っ越しでフォールし宿題へ

あとカバさんチームのボスは「グリーンデスティニー5.12b」を
岩谷奥壁 002
3便出すもワンテン。

村長チームの村長さんも「グリーンデスティニー5.12b」を
岩谷奥壁 005
2便目にサクッとRP成功!今年4本目のツエルブだそうです。

その後「突撃隣の晩御飯5.11c」を2撃、いや~強いわ。


そしてメグさん、最近半身不随気味に身体を壊していて難し目を敬遠してイレブンを
「突撃隣の晩御飯5.11c」を3撃し続いて「餃子(チャオズ)5.11d 25m B9」を
岩谷奥壁 009
サクッと2撃。

半身不随の身体でイレブン後半を2本ゲットとは恐れいやした。

土曜日夜は《ふれあいセンター》でタイ風晩御飯を
岩谷奥壁 015
しいちゃんプロデュース、作成メグさん、助っ人あらみちゃんでグリーンカレーと普通の季節の野菜カレー。
タイ米の炊き上がりが糊状になって以外は完璧でした。

でも美味かったです。
岩谷奥壁 017
ここ《ふれあいセンター》は個室なら寝具、暖房器具、お風呂、炊事場使用で2500円、大部屋素泊まり(寝具、風呂無し)なら1000円です。

翌朝は6時に起きて村長とラジオ体操第一第二を

朝食はタイ風パンケーキ
岩谷奥壁 019
パンケーキにはバナナが入ってます。

そしてこんなパンケーキも
岩谷奥壁 022
反対側だけ食べました。

日曜日はTeam Rocks、しいちゃんと奥壁へ
岩谷奥壁 023

アプローチ横にこんな風景が
岩谷奥壁 025
まさしく「井の中の蛙大海を知らずされど空の高さを知る」でした。

Team Rocksのメンバーはヤナ兄さん、Hさん、山ちゃんでした。
そしてこの日3人の目標は「チャイナブラウン5.11c 35m B15」のOSだった。

一番目Hさん
岩谷奥壁 027
中間部下辺りでフォールしMOS失敗。

続いて山ちゃん
岩谷奥壁 032
下部でフットホールドが剥がれフォールしOS失敗。

岩谷奥壁 030
爆睡し休養充分とったヤナ兄さんのOSトライ
岩谷奥壁 033
最後の薄被りへ突入したので行ったか!?と思って見ていたら終了点を横に見て痛恨のフォールでOS失敗。

私は「みこりす半劇場5.10b」をMOSを兼ねてアップし「餃子(チャオズ)5.11d」へMOSトライ。

後半のハング越えでホールドが分からずフォールしMOS失敗、ワンテンで終了点へ

充分にレストして2便目中間部まで1便目よりスムースにこなせいよいよ核心部へ、1便目にフォールしたハング下の垂壁で足位置に迷い修正し切れず痛恨のフォールでワンテンで終了点へ、ハングが難なく越せたのでメチャクチャ悔しかった。
まぁ~これが実力なのだ。

そしてこの日のあらみちゃんは花粉症で戦闘意欲喪失。

ならば早目に帰ろうとしたらしいちゃんが「ショコラ5.11a」にRPトライ中
岩谷奥壁 035
この日2便目だったのかなRP成功!おめでとう!

帰りは時間が早かったので権現岩の通行止の状態を確かめに芋原から権現岩へ、道路工事も終わっていて通行止めは解除されていました。

権現岩も状態は良かったです。

おまけ
土曜日の昼飯とおやつに中国道東城IC近くの道駅で買った《山菜おこわ》と《桜餅》
岩谷奥壁 007
 岩谷奥壁 008
350円と340円絶品の美味さ13d
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ