朝会社に出かけようとして空を見たら青空が広がっていた。

こんなええ天気の日に仕事するのは非常に勿体ないので急遽休んで蝙蝠谷へ行った。
こうもり谷整備 002

今日はクライミングが目的では無く岩場入口の一本橋と岩場の梯子に防腐剤を塗るためだった。
こうもり谷整備 003
この一本橋は蝙蝠谷が再開された時、《山の朋あこがれ》の方達によって設置された。←間違っていたらごめんなさい。

その後U津さんが6月と12月に防腐剤を塗られていた。

術後私が代って塗らせてもらっている。
こうもり谷整備 004
一本橋をずらし葉っぱや土を除き乾燥さす。

こうもり谷整備 010
以前はクレオソートを塗っていたが発癌性の物質が含まれているとの理由で現在は販売されていない。

防腐剤を一本橋にドボドボかけタップリ滲み込ませて完了。
こうもり谷整備 012
次回は12月。

今日は梅雨の晴れ間なので平日だったが2パーティー6人のクライマーが来られていた。

なので梯子は後回しにして、以前から要望のあった『おにぎり岩・右ルート5.11+』の1ピン目をリボルトした。
こうもり谷整備 005
RCCボルトを抜いてグージョンボルトを打とうとしたがRCCボルトが折れたので10cm程上に打った。
こうもり谷整備 007
この後折れました私のミスです。
こうもり谷整備 009
HILTI10mm×83mmSUSウエッジ式アンカーボルトを打ち込んでいますのでご安心ください。
ハンガーはFIXEのSUS製です。


昼を過ぎてから居られたパーティーにお断りして梯子に防腐剤を塗った。
こうもり谷整備 014
この梯子の丸太及び角材はT女史からの提供です。

ここにもタップリ防腐剤を塗りました。
こうもり谷整備 016

居合わせたパーティーの方からビレイしますよと度々言われたが今日は登るつもりが無かったのでお断りした。

声を掛けていただいてありがとうございました。

早目に帰って愛車のワゴンRのオイル替えをした。
こうもり谷整備 017
ターボなのでちょっと上等なオイルにしたった。

明日は甥っ子の結婚式で福山に日曜日は蝙蝠に行って「ビッグストーン」をRPする予定。


それから《清掃あちこち》の備中の日にちが間違っていました。
備中清掃は7月7日(日)です。
2013.05.30 ビレイ
先日の城山遠征でこうちゃんと初めて組んだ。

岡山に住んでいたころ備中で度々顔を会わせていたが組んだのは確か初めてだと思う。

組んでみてこうちゃんのビレイの巧さに吃驚した。

何が巧いのかと言えば、フォールしてテンションがかかるかかからないかの瞬時に身体がスーッと優しく落ちる。

これは《流す》という非常に高度なビレイ技術であり私は出来ない。

ビレイはただ単に止めれば良いのではない。というか止めるのは当たり前なのである。

しかし止め方によっては大怪我をする。どんな止め方が悪いのかというとピッタンコビレイである。

このピッタンコビレイで足や腕を骨折した多くのクライマーを知っている。

では流せば良いのかと言えばそうでもない。

寝た壁所謂90度以下の壁で流されたらどうなるか、それは《大根おろし状態》になり身体中擦り傷状態になる。

では寝た壁ではどうすれば良いのかと言えばテンションがかかる瞬間に抜けば良いのである。

10cm程でも抜いてくれれば身体にかかる負担は大幅に軽減される。

しかし簡単ではない。私は一歩前に出るようにしている、が体重差がある場合(クライマーの方が重い場合)は

引きずられる場合があるので要注意だ。

巧いビレイヤーだと思い切ってムーブを起こせるが、そうではないビレイヤーの時は躊躇してしまうのは私だけだろうか?

クライミング同様にビレイも奥が深いのである。
2013.05.29 清掃あちこち
昨日近畿、東海地方が梅雨入りした。

前日に九州、四国、中国地方、そして今日関東甲信が入梅。

いずれも10日程早い、その分早く梅雨明けしてくれればよいのだが…。

梅雨入りと共にクライミングはオフシーズンとなる。

そうなれば各地で清掃活動が行われる。

近場から紹介すれば

6月23日(日)…岡山県真庭市《勝山清掃》

7月 7日(日)…岡山県高梁市《備中清掃》

8月 4日(日)…兵庫県神戸市《こうもり谷草引き》

8月25日(日)…広島県神石高原町《ながの村清掃活動》


以上です。

地域住民との交流の場として多くのクライマーの参加が望まれます。

私は緊急事態が無ければ全てに参加します。
26日朝、こうちゃんとあらみちゃんが朝飯を作っている間にテレビ体操で身体を解す。
城山クライミングツアー 033
朝飯はホットケーキとベーコンエッグ。
城山クライミングツアー 035
パンケーキとは別物とのあらみちゃんの蘊蓄があったが私は同物と感じた。

この日はWILD BOAR GORGEへ
城山クライミングツアー 040
ここは三度目。
城山クライミングツアー 041
備中クライマーの強さを見せつけようと思ったが我々以外に3組のみでガラガラ。これでも多いとローカルが言っていた。

手始めに「クロスロード 5.10a B7」をアップに。

MOSのこうちゃん出だしでラインに迷うも難なくMOS!私はRP。

次にここでは登り易い「心の愛 5.11b★★B6」を勧めた。

左隣に宿題の「バージンキラー 5.12a★B6」があるので移動しなくていいし。

この「心の愛」だがトポに『下部はバランスクライミング。上部はアンダーとステムのコンビネーションで右上する。』とあるように下部は中々侮れない。
そして下部と上部でガラッと形状が変わる。その境が備中長屋坂の「猫だまし 5.11b/c」の最後に似ている。
こうちゃんも迷いに迷い左回りから上部へ、上部はガバの連続で快適に終了点へ

こうちゃん見事MOS成功!←ビレイしていたので写真写せず。

私は「バージンキラー」へ、トポには『やさしいフェイスよりテラスを経てかぶったカチフェイスを右上しファイナルは左斜上する。』とあるが出だしのやさしいフェイスは全然やさしくない。

MRP狙いで取り付いたが出だしのフェイスでいきなりテンション。
あれ~?忘れとる。
あれこれやってるうちに思い出しテラスで大休止。
城山クライミングツアー 043
いよいよかぶったカチフェイスへ、カチと心の愛のアンダーガバを使って大ガバを取りヒールを掛けてレスト。
城山クライミングツアー 046
ん…?ヒールフックなんか前にはせんかったなぁ~。楽やからええか。そして前回未解決だった最後のフェイスへ、がやはりムーブが出来んで一便目終了。

こうちゃんは「ジャンバラヤ 5.11c★★★B7」をMOSトライ。
城山クライミングツアー 054
中間部のハング越えでフォールし一便目終了。

あらみちゃん、terra君組はTUBE ROCKのやさしいルートでアップし「心の愛」へ、
terra君OSグレイド更新を狙って取り付くも出だしでフォール、その後テンションしながらも終了点まで抜けたのは立派。
城山クライミングツアー 052

あらみちゃんも「心の愛」へ、しかし出だしでテンション。
しかししかし二便目に危なげ無くRP!
城山クライミングツアー 056

城山クライミングツアー 060

城山クライミングツアー 062

私は二便目に最後のフェイスのムーブを解決し三便目に備える間にこうちゃんのビレイを。
こうちゃん核心のハングを越えたところで力尽きフォールし宿題に。
城山クライミングツアー 055

私の三便目、腕はパンプしていないが身体が疲れているのかいないのか自分でも分からん状態で取り付いた。気持ちとは裏腹に腰がついてこない。で最後にフォールし又又宿題へ

このリベンジは秋に決行予定。

アッと言う間の二日間だったが各々成果をお土産に早目に下山
城山クライミングツアー 064

そしてJR三島駅へ
城山クライミングツアー 067

18時25分発のこだまに乗り込み発車すると同時に駅弁をアテにビールを
城山クライミングツアー 069

城山クライミングツアー 070
ブッハーたまりゃーせんのぉー!

新大阪でterra君と別れ、新神戸であらみちゃんと別れた私は地下鉄、神鉄と乗り継ぎ家に帰り着いたのは22時40分だった。

城山はこの時期暑いかなと思ったが肌寒さを感じるくらいだった。
ちょっと交通費がかかるが時間を有効に使えるし車を運転しなくてもええので楽!ビールが飲めるのも最高!

これもこうちゃんが転勤になった事で実現したのだか、単身赴任のこうちゃんを慰められたのか反対に我々が慰められたのか分からないが岡山の時と寸分違わない姿に安心しました。

こうちゃんありがとお!秋に計画するので宜しく!城ヶ崎にも行こ!
城山クライミングツアー 065


おまけ
各自の成果(11以上)
terra君
「マイウェイ 5.11a★★★B9 23m」MOS←最高OSグレイド更新

あらみちゃん
「富久娘 5.11b★★B7 20m」MOS

「テイク・ア・ユアタイム 5.11c★★B7 22m」MOS

「心の愛 5.11b★★B6」RP2撃

こうちゃん
「マイウェイ 5.11a★★★B9 23m」MOS

「ジクソー 5.11c★★B3 8m」MOS←最高OSグレイド更新

「心の愛 5.11b★★B6」MOS

マメオ
「ハードラック 5.11d★★★B8 21m」MOS

「フォーリングラブ1P 5.12a★★★B7 25m」RP2撃。

それからもうひとつの楽しみは「バージンキラー」のRPだったが未々力不足だった。秋までに11を登り込んで再チャレンジや。
24日大阪を22時定刻に発車
城山クライミングツアー 001

着いた所は
城山クライミングツアー 002
清水駅前

そして久し振りの再会
城山クライミングツアー 004
楽しみの一つ《元気なこうちゃん》に会えたこと。

清水から更に東へそして少し南へ
城山クライミングツアー 007
2010年12月23日以来の城山。

この日は2008年12月20日以来のWILD TURKEY GORGEへ
城山クライミングツアー 008
10時頃岩場着。

私はこうちゃんと、あらみちゃんはterra君と組んで早速クライミング開始。

こうちゃん「マミーブルー 5.10c★★B7 20m」をアップでMOSトライ。

しかし久し振りのリードなのか四苦八苦しながらもMOS成功!

続いてトポに『ハング、フェイス、スラブと変化に富んだルートで、イレブン入門ルート。』とある「マイウェイ 5.11a★★★B9 23m」にMOSトライ。

慎重にも慎重を期した登りでMOS成功!

私は第一狙いの「ハードラック 5.11d★★★B8 21m」にMOSトライ!
上部で乏しくなるホールドに耐え雄叫びを上げてMOS成功!

続いてこうちゃんに私お勧め「ジクソー 5.11c★★B3 8m」のMOSトライを、
城山クライミングツアー 014
トポに《短いからとなめてかかるとはまるかも?》とあるが、出だしではまりかけたが意を決してムーブを起こしキッチリMOS成功!

ただこのルートの終了点は一個のプロテクションにカラビナだけなので万全を期して右隣のルートの終了点が後3本のプロテクションを繋いだ上にあるとトポにあるので登ってもらったが無く、仕方なく二つ左隣の「マミーブルー」の終了点までトラバースすることになった。

このエリアは比較的新しいにも関わらず余り登られていないのか要注意だ。

こうちゃん「ジクソー 5.11c★★B3 8m」のMOSでOSグレイドを更新。

あらみちゃん、terra君組は10台2本でアップの後terra君が「マイウェイ 5.11a★★★B9 23m」にMOSトライ。
城山クライミングツアー 011
11aは彼の限界グレイドなのだが難なくMOS成功!
城山クライミングツアー 012
終了点にクリップした後『あらみさ~ん!テンションお願いします!』との声が弾んでいた。
terra君RPグレイドとOSグレイドが一緒になった。

あらみちゃんは狙いの「富久娘 5.11b★★B7 20m」をサクッとMOSし「テイク・ア・ユアタイム 5.11c★★B7 22m」を
城山クライミングツアー 013
これまたサクッとMOS!この日ノーフォール、ノーテンションでした。←この「テイク・ア・ユアタイム」も終了点が大きなアイボルト一個だけだったよう。

私は11を数やろうか12をやろうか迷ったが、久し振りに12を触る事にし「フォーリングラブ1P 5.12a★★★B7 25m」にMOSトライ。
核心は3本目から4本目の間。トポに《ポイントは3本目のボルト上の甘いホールドでの立ち込み。右の凹角に入ると11c。》とあるので甘~いホールドを使ったが外傾していて無理、ハングドッグでその右にかかり良い水平カチがあったのを使いクリア、最後は帝釈の「初床」シリーズのような棚へ立ち込んで終了。2撃でのRP!
今年初の12だったので嬉しかった。
城山クライミングツアー 021
フォーリングラブのこうちゃん。

各々大満足でこうちゃん宅へ
城山クライミングツアー 022

城山クライミングツアー 023

城山クライミングツアー 024

晩飯は御当地B級グルメの《富士宮やきそば》
城山クライミングツアー 027
ポイントは《肉かす》
001_20130527200641.jpg

麺も腰があって『うまい!!!』
城山クライミングツアー 031

城山クライミングツアー 028
関西の《ソース焼そば》とは違った食感にあらみちゃん、terra君大感激!あっ!私もです。

そしてあらみちゃんの一日遅れのバースデーを

コンビニスイーツで
城山クライミングツアー 032
そして撃沈zzzzzzzzz

今日はここまで。
2013.05.24 東へ
今夜発で東の方へ行く。

メンバーは、terra君、あらみちゃん。

帰るのは日曜日遅く。

楽しみが二つ。
2013.05.23 古  城


歌 三橋 美智也
作詩 高橋掬太郎  作曲 細川潤一
昭和34年 
1 松風騒ぐ 丘の上
  古城よ独り 何偲ぶ
  栄華の夢を 胸に追い
  ああ 仰げば侘し 天守閣


2 崩れしままの 石垣に
  哀れを誘う 病葉や
  矢弾のあとの ここかしこ
  ああ 往古を語る 大手門


3 甍は青く 苔むして
  古城よ独り 何偲ぶ
  たたずみおれば 身にしみて
  ああ 空行く雁の 声悲し


私が8歳の時に流行った歌だ。

歌詞の意味は全く理解出来なかったが何か心に残るものがあった。

それ以降なんの前触れもなくこの歌を口ずさんでいる時がある。

今日藤坂ロックガーデンのことをあれこれ考えている時にふっと歌詞が浮かんだ。
JFAのNEWSに『藤坂ロックガーデン(栃木県)が入山禁止に』との記事があった。
栃木県、藤坂ロックガーデン、遠いし聞いた事のない岩場だったが入山禁止の理由が事故の多発との事で他人事ではないと詳細の書かれたブログを覗いて驚愕すると共に何ともやるせない気持ちになった。

藤崎ロックガーデンの誕生の経緯⇒こちら


藤崎ロックガーデンへのご案内⇒こちら


藤崎ロックガーデン管理人齋藤雅巳氏について⇒Wikipediaフリー百科事典

齋藤雅巳氏の偉業⇒こちら

                     藤坂ロックガーデンは
     クライミング中の事故多発により2013年5月12日より
                 入山禁止です。

事故の多発に伴い、当局(救急隊・警察)への出動要請が度重なり、関係各位へこれ以上のご迷惑を掛けることは心苦しく。また更に、事故を起こされた方々の苦痛や無念な気持ちを考えますと、クライミングの禁止(入山禁止)が最も正しい判断という結論に至りました。クライミングを愛する皆様には、大変残念なお知らせとなりましたが、安全に考慮したクライミングを実践されますよう心より願っております。

       長年のご来場に感謝を込めて、また何処かの山にて再会を願い。

                    管理人 齋藤雅巳

上記の文は齋藤氏の娘さんのブログから引用しました。⇒サイキンノスミコ


この事故の原因が懸垂下降時にロープの末端が結ばれていなかったためのスッポ抜けによるものと知り防げられた事故との思いを強くした。

最後にこのブログ記事(サイキンノスミコ)によせられた入山禁止を惜しむコメントに対し齋藤雅巳氏の返事を紹介します。

藤坂RG管理人の齋藤です。コメントありがとうございます。今回の決断は本当に残念ではありますが、その判断の大きな要素となったのは、事故の多発ではありますが、何故その事故が起きたのか、しかも何度も連続して、という事です。それは、事故の大半(80%)を占めていたのが懸垂下降中のロープの扱いミス、すなわち末端を結んでおくという処理、プラス、サブロープのシュリンゲ(出来れば平帯状のもの)によるバックアップを取るという、最低限すべき対処をしていなかったという事です。今回の入山禁止直前の事故もまさにこのケースの典型でした。
私も、気持ちの持って行き場が見付からない中で、とりあえずロープの末端処理についてはどうしても声を大にして全てのクライマーに言いたい、解っていてもヤラナイ人がいかに多いか訴えたい。事故が起これば全国のゲレンデでも同じような事態になりかねません。そのことを皆様には今一度考えて頂きたいと願っています。



PS
不動岩に於いても過去に懸垂下降時のロープ処理のミスによる事故でお二人の方が亡くなられている。

その他グランドフォールやロープに足が入った状態でのフォールによる事故等防げえたであろうと思える事故が後を絶ちません。

そしてその事後処理を人知れずされている方が居られる事をご存知でしょうか。

道場周辺の岩場に於いては大北商店の若旦那、蝙蝠谷に於いてはU津さんだ。

クライミング時に誰一人として事故を起こしたくて起こす人はいないだろう。しかし如何に不注意による事故が多いか。私も経験者の一人として自戒を込めてこの記事を書きました。

それにしても斎藤雅巳氏が残りの人生の全てを掛けた岩場を入山禁止にするまでの心痛を考えればどんな言葉をもってしても慰めにはならないだろう。
2013.05.21 3駅間の奇跡
パソコン回りを整理していたら昨年9月3日神戸新聞朝刊の切り抜きが出て来た。
ブログで紹介しようと思いつつ忘れていたものだ。
なので最後の方は現在と合わない個所がある。


編集委員・平松正子

少々長くなるが、最近目にした電車内での一こまについて書きたいと思う。
「お隣、よろしいですか」。
白髪の女性が声を掛けたのは、黒いサングラスのちょっと怖そうな中年男性。
彼は大きなかばんで隣の席も占領していたのだ。「なんや、面倒くさいのう」と言いながら、
男性は荷物を網棚へ。女性はおずおずと腰を下ろしたものの、別の席が空いた途端、
逃げるようにそちらへ移った。
空いた隣席に男性がまたかばんを置くと、別の年配女性が現れた。
今度は彼も文句は言わず、再び荷物を網棚へ。
だがその女性は2人連れだった。一つの座席を譲り合う彼女らを前にし、
男性は意を決したように立ち上がって席を譲った。
2人は次の駅で、笑顔で降りていった。
二つの空席の一方に座った男性は、もう荷物を隣に置くことはなかった。
次にやってきたのは幼いきょうだい。
小学生らしき姉は小さな弟を席に座らせた。すると男性、「詰めたらお姉ちゃんも座れるで」と、
男の子を自分の方へ引き寄せた。
それでも窮屈そうなのを見て取るや、少年を膝の上に抱き上げたのだった。
次の駅に着くと、きょうだいは優しいおじちゃんとハイタッチをして別れた。
たった3駅を通過する間に、悪人が善人に生まれ変わったわけではあるまい。
彼も最初は少し機嫌が悪かっただけだろう。
しかし私を含め一部始終を見ていた乗客の間には、小さな奇跡に立ち会ったかのような感動が広がっていった。
奇跡なんて案外身近に転がっている。
その気になれば自分でも起こせるかもしれない。
意気揚々と降り立ったのは阪神ドーム前駅。
今年のタイガースには、その夜も奇跡は訪れなかったけれど…。


しかし電車内のマナーの悪さは相変わらずや…。
2013.05.20 二代目
最初多少の不安があったが安さに引かれて買ったtenDonクライミングロープ9.4mm×60m
IMG_5221.jpg
送料込み16800円

なにせその細さにちょっとビビった。

なので初めての時、落ちるのが恐くクライムダウンして少しでも落ちる距離を縮めた。

しかし今はもうなんの躊躇いも無く落ちている。

そして扱いやすさと軽さから又もtenDonに。

それからtenDonは正規の長さより短いのではと思い測ってみたら30cm程長かった。

tenDonクライミングロープのお求めはこちら⇒クライミングドットコム
↑↑
ここまで褒めたら販促費もらわなあかんなぁ~。
2013.05.19 PUMP
天気予報の昼から雨ということでPUMPへ
PUMP 001
8時前に家を出る時もPUMPに9時過ぎに着いた時もええ天気だった。

今日はあらみちゃん、少し遅れてterra君と
PUMP 003

PUMP 004

私は朝起きた時から腰が痛かった。

家でラジオ体操とストレッチを充分して行ったが、6本登ったところで腰の痛みが尋常では無くなった。

こりゃ~アカンとクライミングは止めと腰痛に効くストレッチをやったり昼寝をしたりして時間を潰した。

そうしていたら腰の痛みが和らいだので又登り始めた。

そしたら登攀工作員さんの新作5.11bをFL出来るわ、今まで3回最後の方で落ちていた5.11aをRP出来るわで中々調子がええ!

調子に乗って薄被りに出来たやはり登攀工作員さんの新作5.11aをやったら中間部で落ちた。

今日は12本しか登れなかったがたまにはええかな。

そしてこんなペアーも来られてました。
PUMP 007
分かります?

これならどや!
PUMP 005
どうも~失礼しました~。
2013.05.18 考える人たち
天気がええ方に変わった。

ならば蝙蝠谷へ
蝙蝠谷 002
緑が濃くなっています。

今日は久し振りのmuraさんと
蝙蝠谷 003

壁の温度は
001_20130518204911.jpg
19℃で空気が乾いていて爽やかだった。

少し遅れてチームマメオの超最強コンビが
蝙蝠谷 042
しかし最近少々お疲れ気味?

他にアンパンマンさんとウメちゃんペアー

そして一年振りだと
蝙蝠谷 019
《山の朋あこがれ》の方達。総勢9名の蝙蝠谷だった。

muraさんは「レインボー 5.11c」に2便出し
蝙蝠谷 010
昼過ぎに早引け。

アンパンマンさん、タカちゃんは「旅路郎 5.12b」を
蝙蝠谷 047

蝙蝠谷 031

しか~しカンテに出るところで
蝙蝠谷 022
どこがアカンのやろ…足かなぁ~力が無いのかなぁ~。
蝙蝠谷 050

蝙蝠谷 035
『考える人』になってました。

あらみちゃんは「御中元 5.11c」だったが
蝙蝠谷 017
2ピン目遠いなぁ~とやはり『考える人』に

情けない奴らを尻目に私は「ビッグストーン 5.11d★ B3」にMFLトライ!
蝙蝠谷 021
しかーーーーし
蝙蝠谷 005
私も『考える人』に

今日3便出したが2手程の距離が解決出来なかった。ホールドらしきものはあるが私の力では保持出来ん。

昨年リード君がMOSトライした時に2ピン横の大きな岩が剥離した、その部分に大きめのスタンスがあったのかも。

今日の感じでは登れる気がせん。

その後あらみちゃん、タカちゃん、アンパンマンさんが「御中元 5.11c」でセッションを
蝙蝠谷 051

私は気がおさまらんので※「ジョーカーダイレクト 5.11b/c ★ 30m B10」にMRPトライを
蝙蝠谷 054

蝙蝠谷 071
なんとか成功させちょびっと溜飲を下げた。今年25本目の11。

それからそれからウメちゃん
蝙蝠谷 039
「哲学の道 5.10c★★★」をMRPしました。おめでとうさん。

明日は不動岩の予定だったが昼から雨の予報なのでPUMPに変更。

※「ジョーカーダイレクト 5.11b/c ★ 30m B10」だがジョーカーダイレクトというルート名は私が勝手に付けた。現在2ピッチに分けられていて「ジョーカー 1P 5.10d」「ジョーカー 2P 5.11b」となっているが赤本では一本のルートで「ジョーカー 5.11+」と載っている。
なので私は紛らわしさを避けるためにこのブログ上だけ「ジョーカーダイレクト 5.11b/c ★ 30m B10」とした。

先月「ながの村友の会」に入会した。

年会費があって2500円。

なにゆえ入会したのかというと、オーナーズハウスを予約しようと、ながの村のホームページを開いて『お問い合わせ』という項目をクリックしたらその中に『友の会 入会』があったので何気なく申し込んだ。

数日後入会案内と共に年会費の振り込み用紙が入っていてちょっと驚いた。

しかし友の会に入会すると施設利用の割引がある。

例えばオーナーズハウスは一泊2500円だが会員ならば2000円で泊れる。

ふれあいセンターも500円引きなので年に5回利用すれば元が取れる←セコ!

それと毎月広報誌を郵送してくれる。
001_20130517200550.jpg
毎号村長さんの蘭があるが中々大変な仕事だと読んで分かった。

一時は私も村長になってやろうと思ったがとてもじゃないが勤まりそうもない。

あの人も村長を狙っていたようだが絶対勤まらないと思う。

さて最近備中も帝釈へも行っていない明日は蝙蝠に行くし、日曜日は不動岩の予定。

6月の2週目に帝釈へ行こうと思っているが入梅しとるかも。

ながの村友の会入会はこちらから⇒お問い合わせ
今、我が家の庭木のエゴノキが満開
006_20130516191248.jpg
エゴノキという名前の由来は果実を口に入れると喉や舌を刺激して《えぐい》からきているとのこと。

しかしこの果実はヤマガラには非常なご馳走らしく毎年秋から冬にやって来て一粒残らず巣に持ち帰っている。

今は枝いっぱいに咲く白く清楚な花の蜜を目当てに十数匹のクマバチがブ~ンと大きな羽音を立てホバリングしながら飛び回っている。
008_20130516191404.jpg
クマバチは見かけとは違い非常に温厚で攻撃性はない。

009_20130516191539.jpg
刺し針はメスだけが持っていて、つかんだり巣を脅かさなければ刺す事はない。

これから生き物達が活動する季節になる。

蜂といえばスズメバチはもう営巣に精を出しているし蛇も卵を産み終わっているだろう。

蛇と言えば怖いのはマムシやヤマカカシの毒を持った蛇、岩場やアプローチでは足元のしっかりした靴を履いて身の安全を守りましょう。

岩場やアプローチでマムシを見かけるのはニューエリアの左壁付近と花子岩のアプローチだとTCNetの掲示板にTO隊長が書かれています。

下帝釈峡のながの村からマムシの血清のある病院まで20~30分程かかるらしいです。

もしマムシに咬まれたらインセクト ポイズンリムーバー(毒吸出し器)で早目に吸い出せば軽く済む様です。

私は常にクライミングザックに入れています。

2013.05.15 拍手
ブログ記事の左下に《拍手》の項目がある。

つい最近その拍手にコメント欄の存在を知った。

そして何年も前から多くの方からコメントを戴いていたのを知り愕然としています。

知らなかったでは済まされないのですが、今となっては済ませてもらうしかないと思っています。

以後は小まめにチェックしていきますのでこれまでの失礼の段なにとぞお許し下さるようにお願い申し上げます。
先月末にお知らせしました第4回岩戸開きin用瀬祭が当日の雨予報のために延期されていました。


・開催日~5月26日(日曜日)

・申し込み締め切り~5月22日

既に申込完了の方でキャンセルされる方は22日までに連絡下さい。


詳しくはこちら⇒TCNet
2013.05.13 200
先日の長尾鼻「サイボーグMMH 5.11b」のMOSでイレブン200本を達成した。

ちなみに初イレブンは2002年4月11日に烏帽子岩の「ジャスティス 5.11a」のRPでビレイヤーは土田氏。
IMG_0618.jpg
上の写真はRPした一ヶ月後のもの。なんと頭の髪がふっさふさや!

50本目は2006年5月4日に島根半島地合の「ブルーライン 5.11c」のMOSでビレイヤーは満太郎さん。

100本目は2009年5月3日に本匠魚道エリアの「エンジェルタワー 5.11a」のMOSでビレイヤーはあらみちゃん。

150本目は2011年7月16日に岩谷奥壁の「チャイナホワイト 5.11a/b」のMOSでビレイヤーはタカちゃん。

そして200本目は2013年5月6日に長尾鼻の「サイボーグMMH 5.11b」のMOSでビレイヤーはmoriさん。
島根半島クライミングツアー 261

昨日蝙蝠谷の「ターザン 5.11b/c」のRPで204本になった。
これから300本、400本、500本を目指して行こうと思っています。 
金土で広島、山口、福岡、山口、島根を巡る旅の疲れを癒すために今日は蝙蝠谷へ。

昨日の雨の影響は全く無くパリパリ
蝙蝠谷ターザン 001
朝の内は少し湿度が残っていたが時間と共に乾燥しコンディションは抜群
蝙蝠谷ターザン 003
気温は終日17℃~18℃

そして昼を過ぎると壁は完全に日陰に
蝙蝠谷ターザン 018
対岩は暑そう。

今日のチームマメオは
蝙蝠谷ターザン 017
タカちゃん、チカさん、あらみちゃんの最強トリオ。

しかし
蝙蝠谷ターザン 012
タカちゃんは「旅路郎 5.12b」の核心でド嵌り状態。要足位置修正やろな。

そしてあらみちゃんは「御中元 5.11c」で
蝙蝠谷ターザン 008
楽しそうにブンブン舞ってました。未だ時期が早いからやな。

そしてそしてなんとも惜しかったのがチカさんの「レインボー 5.11c」
蝙蝠谷ターザン 005
3便目に核心を抜けて足元の長スリへのクリップに手間取り痛恨のフォール。
いやぁ~ホンマ惜しかった。
次回はスッキリMRPだ!

それからチームマメオではないが、しのさんが「活断層 5.12a」を
蝙蝠谷ターザン 014
右足肉離れにも関わらず後一手やったのかな?

私は森のエリアの「ターザン 5.11b/c」を
蝙蝠谷ターザン 020
1便目中間部から意味不明
2便目中間部上部も一応解決するも厳しい
3便目中間部手順変更しパワーセーブ
4便目かなり余裕でRP!

タカちゃん、チカさん、あらみちゃんの最強トリオの強い!要請でアップ。
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
 ↓↓
蝙蝠谷ターザン 031
お見苦しいもの大変失礼しました。
4月22日(月)「自己下山」の記事に対して知人のクライマーAさんから下記のメールが届きましたので全文を紹介します。(掲載するにあたりAさんの承諾は得ています。)


マメオさん

こんにちは、◯◯です。
現在は救助関係者にロープレスキューの講習しながら 山岳ガイドを目指しております。

マメオさんのブログ記事「自己下山」、非常に懸念しているところであり、ご説明させていただきます。

コメントでどなたかがご指摘の通り、救助関係者は各種事故現場の外傷患者に対しては「高エネルギー外傷」を念頭に活動します。交通事故、工事現場災害の他、家庭での転倒転落でも同じです。
クライミングの場合、グランドフォールか否か、何m落ちたかは関係ありません。

高エネ外傷では、目立った「外傷」がなくとも、骨折はもちろん、脊椎損傷や内部出血など、非常に多種類の外傷を引き起こします。これらは致命傷にならなくとも、後に障害が残るものもあります。もちろん、徐々に悪化し致命傷になる場合もあります。

心肺停止や大出血など、確実に命に関わるケース以外は、絶対安静とし、身体を固定して医師の診察を受ける必要があります。


件のクライマーの場合、足を骨折の疑いとの事ですが、足から腰椎や骨盤に衝撃が加わっているため、損傷が考えられます。足への衝撃から脳内出血を引き起こしたケースもあります。

「緊急を要しないケースは自力下山」と書かれていますが、現場のクライマーは「捻挫や」と言い、消防は「骨折」と言っています。見立てが全く違ってますよね。
クライマーの知識で「緊急を要しない」と判断するのは非常に危険だと思いませんか?クライミングのボルト問題や落石の危険と同じで、「知らないから何とも思わない」状態は非常に怖いと思います。

私が件のクライマーなら、間違いなく同じように通報しています。烏帽子なら簡単に救急隊もアプローチできますしね。


以上の内容から、マメオさんの提言は「岩場が登れなくなると皆が困るから、ケガしたら救急車なんか呼ぶなよ!あんたが二度とクライミングできなくなっても、皆のためだからガマンな!」と言ってるに等しいと思います。
「ボヤくらいなら消防呼ばずに自分たちで消せ」と言ってるのと同じです。


若いクライマーが落ちたあと、ちょっと無理させたために、本来なら回避できた麻痺や障害を起こして、二度とクライミングできなくなったら?車椅子生活になったら?
そういう事例は労災による例で良く聞きます。
そんな事、マメオさんも望まれてらっしゃらないと思います。

マメオさんのように影響力のあるクライマーには、むしろそういう事故対処につて正しい知識を広めて頂きたいと思います。事故予防の注意喚起やボルト整備と同じで、正しく理解してもらえるよう啓蒙していただけませんでしょうか。

今一度、記事の内容をご精査いただきますようお願いします。
長文失礼しました。



実はあの記事を書いた翌日に知人のBさんからのメールで救助隊が出動した経緯と怪我の程度を知りました。

その事実を知り私の記事が完全な一方通行であることに憂慮しました。そこでBさんを通じ事故から救助隊による搬出、怪我の程度等を当事者側からの記事を書こうと思い都合を確認してもらいましたが承諾を得られませんでした。
ならば直ぐに「自己下山」は削除しようと思ったのですが何か卑怯というか引っ掛かるものがありました。それは「自己下山」の記事により当事者を始め仲間の方達に多大な心労を与えているという事実でした。そのことにどう対処すればよいのか、そしてなんとか謝罪したいと思っていた矢先上記のメールが届きました。

Aさんの指摘により私が怪我と救助方法について全くの素人であること、素人判断により怪我を重症化させる可能性がある事を知りました。

将来いつかどこかで同じような事故が起こるかも知れませんそんな時「自己下山」と「自己下山について」の二つの記事を思い出して素人判断の怖さの教訓にしていただければと思い掲載することにしました。

最後になりましたが「自己下山」の記事により多大な心労を受けられた当事者とお仲間の方々にこの場を御借りして心から御詫び申し上げます。

そして怪我をされた方には一日も早く社会復帰されることを御祈りするとともにクライミングを再び続けられることを願っています。
6日最終日も快晴
島根半島クライミングツアー 225

この日は島根半島から約120km程東にある鳥取県の《長尾鼻》に行った。

道の駅<大山恵みの里>でMoriさん、RW氏、イケチャンと待ち合わせ国道9号線を東へと走らせ約一時間程で青谷町グラウンドに到着。

ここでトイレを済ませます、そして車を乗り合わせる場合はここに駐車しておきます(無料)

国道9号線を西に向けて250m程走ると右側に最初の細い道がありますので入って行きます。入り口に<長尾鼻灯台>の標柱が建っています。一ヶ所分岐がありますが左へ行きます。暫く走ると広場に出ます、駐車場です。入り口に小屋がありますので駐車料金500円を払って下さい。
島根半島クライミングツアー 229

島根半島クライミングツアー 233
《長尾鼻》は島根の《片句》を大きくした感じです、ただし高さはありません。

北風が強く吹く日は波しぶきが飛んで来て壁を濡らし登れないそうです。

この日は風が強かったのですが西風だったので問題無く登れました。ただし打ち寄せる波の音が凄く多少の不安を感じながらのクライミングでした。しかしローカルのMoriさん、RW氏が一緒だったので心強かったです。
島根半島クライミングツアー 234

さて私は「サンセットメモリー 5.10a★★★」でアップし壁の左端の「ニコちゃん 5.11a★」にMOSトライ、オブザベ通りでMOS成功!

続いてローカルお勧めトポにも…長尾鼻きっての好ルート…「サイボーグMMH 5.11b★★★」にMOSトライ。
島根半島クライミングツアー 262
ヤバかったがこれを記念の一本にしたいとの思いで粘りに粘りMOS成功!
島根半島クライミングツアー 264

その後「イクラ 5.11c★」
島根半島クライミングツアー 274
MOS成功!

「タラ 5.11b★」
島根半島クライミングツアー 288
MOS成功!

「サメ 5.11b★」
島根半島クライミングツアー 291
MOS成功!

〆に「長尾鼻ストーリー 5.9」をOSしてツアーの締め括りとした。

terra君は「長尾鼻ストーリー 5.9」
島根半島クライミングツアー 237
をMOS!

「サンセットメモリー 5.10a★★★」をOS、「ニコちゃん 5.11a★」は2ピン目にクリップ出来ず敗退、「サイボーグMMH 5.11b★★★」はテンションしたもののトップアウトしたのは今後に活きてくると思う。←よー頑張った。

チカさんは「長尾鼻ストーリー 5.9」「サンセットメモリー 5.10a★★★」をFL。
「ニコちゃん 5.11a★」
島根半島クライミングツアー 247
1ピン目で敗退したが「サイボーグMMH 5.11b★★★」は
島根半島クライミングツアー 287
2便目にRP!

「イクラ 5.11c★」は上部でカンテを行くかクラックを行くかでクラックを選択したが慣れないクラックのジャムが決まらずフォールし宿題に、2日目に股関節を痛めそうだがよー頑張ってました。

さてあらみちゃんは体調イマイチの様子で「長尾鼻ストーリー 5.9」でまさかのフォール!あらみちゃんスラブ大の苦手なんですわ。
そして「サイボーグMMH 5.11b★★★」も粘り足らずフォールしてましたな。
島根半島クライミングツアー 284

そうこうしていると益々風が強くなり波の花が舞い出したので速攻で撤収。
島根半島クライミングツアー 259

最後に記念撮影をして各々家路に
島根半島クライミングツアー 297
後ろの小屋は駐車場の入口にありここで駐車料金500円を払います。

今回のツアーで名和CCのMoriさんには何ヵ月も前からキャンプ場の予約を取っていただいたり岩場を案内していただいたりと本当にお世話になりました。
またgakuさん御一家、RW氏、しいちゃん、チョップ師、イケチャン、そしてI丸さんと多くの友人方のお陰で無事故で楽しい時間を過ごせました、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

ありがとお!!

又宜しくお願いします。


※補足

長尾鼻のルートの終了は全てトップアウトして終了です。

そして終了点はFIXEのグルーアンカーやPETZLのバチノックスが設置されています。
島根半島クライミングツアー 230

島根半島クライミングツアー 231

なので各自カラビナやスリング、ヌンチャクを使って終了点を構築しなければなりません、又「ニコちゃん」のようにロワーダウン出来ないルートもありラッペリングでヌンチャクを回収することになります。ただし殆どのルートの終了点に歩いて行けますので回収は容易に出来ます。(ただし滑落要注意!)
島根半島クライミングツアー 296
それから終了点及びプロテクション等のリボルト資材はJFAからの提供でJFA理事のD助さんの協力の下行われました事を付け加えておきます。

それから島根半島及び長尾鼻の全てのルートには残置カラビナが設置されていません、なので最後は結び替えをしてロワーダウン及びラッペリングにて降りなければなりませんのでご注意を。

長尾鼻は神戸の中心部から約200km程なので日帰りでも充分に楽しめます。又行こ。
島根半島クライミングツアー 298
無料の鳥取道は値打ちがあります。
5日子どもの日は朝から快晴

朝飯は野外できっちり茹でた饂飩を
島根半島クライミングツアー 097
ん!?後ろで朝から良からぬことをしている輩が
島根半島クライミングツアー 095
若いだけあって朝から元気やのう~。

早目にテントを撤収して《マリーンパーク多古鼻》から5分程のところにある《沖泊》へ
メンバーは、チームマメオ、Moriさん、しいちゃん、チョップ師、イケチャン。

地区の駐車場(無料・水洗トイレ有)
島根半島クライミングツアー 100
に車を止めて外に出るとザッパーン!と波の打ち寄せる音が、道路を越えて見ると、おおーーー!凄~い!
島根半島クライミングツアー 099
ここにルートが引けたらなぁ~脆くて駄目なようです。
島根半島クライミングツアー 102
道路から階段を上りしっかりした踏み跡を辿り尾根筋に出て又又凄~~~い!
島根半島クライミングツアー 105
あの天辺に立ちたい!

目指す《沖泊》は赤い矢印のところ。
島根半島クライミングツアー 106
駐車場から約15分程

コの字型した小さな岩場だが特異な形状の岩で縦ホールドが多く、持久力とテクニックが求められる。
島根半島クライミングツアー 108
しかしハングル文字のゴミが多い。

早速「人間フェイス 5.9」と「?(名前不明)5.10a」でアップし「チェンニェン 5.11c★★★」にMOSを狙って取り付いた。
島根半島クライミングツアー 122
トポには…人気ルート。核心は上部…とあったが私の核心は出だしだった。なんとか2ピン目にクリップし足を入れ替えようとするのだが出来ず敢えなくフォールしMOS失敗。
この失敗でしいちゃんに鰻を奢る羽目に…経緯は然々斯々。

2便目も同じ所でフォールした、3便目イケチャンのアドバイスを取り入れRP。
島根半島クライミングツアー 162

チカさんのアップは「?(名前不明)5.10a」出だしで難儀しているのを見た獣達は落ちるのを期待して
島根半島クライミングツアー 115

しいちゃんにもしてやってな。
島根半島クライミングツアー 117
女性なら選ばないチョップ師。

あらみちゃんの「チェンニェン 5.11c★★★」
島根半島クライミングツアー 133
2便目にRP。負けた。

チカさんの「チェンニェン 5.11c★★★」
島根半島クライミングツアー 134
2便目に行ったかと見ていたら足に迷いフォール!宿題に

terra君は「人間フェイス 5.9」「人間フェイス右 5.9+」「?(名前不明)5.10a」を全てOSし「チェンニェン 5.11c★★★」へ

しかし出だしが厳しく敗退、「ブリティウーマン 5.11c★★★」も同じく出だし敗退。
Moriさんの「ブリティウーマン 5.11c★★★」
島根半島クライミングツアー 195
やはり厳しい。

しいちゃんは「チェンニェン 5.11c★★★」と「ブリティウーマン 5.11c★★★」をTRで本領発揮。

チョップ師とイケチャンは早朝駆けで

我々が岩場に着いた頃チョップ師が「灼熱金太 5.12a★」をRPしたとこだった。
島根半島クライミングツアー 113
そのあとイケチャンとルーフから垂壁に出て終わる「?(名前不明)5.12a」に打ち込み開始。
島根半島クライミングツアー 186

島根半島クライミングツアー 188
2便目にムーブを解決し3便目にRPしこの日12を2本ゲット。

イケチャンも3便目に垂壁に難なく出たので行ったかと思ったがフォールし宿題に
島根半島クライミングツアー 199

この日は<こどもの日> 皆童心に返ってゴミ遊びを
島根半島クライミングツアー 185

島根半島クライミングツアー 194

島根半島クライミングツアー 191
ところで誰の生足や?
島根半島クライミングツアー 174
カメラが壊れるやないか。

最後に仮装記念撮影を
島根半島クライミングツアー 214
3日目なので早々に撤収し美保関灯台観光へ
島根半島クライミングツアー 215

島根半島クライミングツアー 218
ここでチョップ師と別れ、この日の宿<境港公共マリーナキャンプ場>へ
島根半島クライミングツアー 219

ここでMoriさんと別れチームマメオは近くの<みなと温泉ほのかみ>へ、晩飯を近くの回転寿司で食べようとしたが行列が出来ており急遽近くのスーパーで寿司とビールを買ってテントで宴会。
島根半島クライミングツアー 220

島根半島クライミングツアー 224

しいちゃんは夕方から何処かへ…。

早目に寝たが直ぐ横の産業道路を走る車の音に度々目を覚まされた。

※《沖泊》ですが打ち寄せられたゴミが非常に多いので持ち物が紛れて分からなくなる可能性がありますので整理整頓するようにお勧めします。
翌4日テントを打つ雨の音で目が覚めた。

朝飯のパンケーキを喰って
島根半島クライミングツアー 040

チームマメオとMoriさんは《魚瀬》から《地合》へ、イケチャン、チョップ師、RW氏、しいちゃんは《沖泊》へ

雨は降ったり止んだりしていたが《魚瀬》でI丸さんと合流しちょっと遠回りして《地合》へ
島根半島クライミングツアー 042
雨は降っていたが『昼から晴!』とのRW氏の言葉を信じてごろた石のアプローチを

途中8m程の壁を登ったり
島根半島クライミングツアー 044

下りたりして
島根半島クライミングツアー 045

ずーーーーっと見えているのに中々近付かない《地合》
島根半島クライミングツアー 046
約30分歩いて漸く到着。

壁は濡れていないし染み出しも然程ではなさそう。

この《地合》にはプロジェクトを入れて8本のルートのみ、しかも一番易しいのが「爆チャビー 5.11b」なのでterra君にはちょと厳しいかも

私はアップを「爆チャビー 5.11b★★★」でし7年前に途中敗退した「待ち伏せ 5.11d★★★」へMRPトライ。
島根半島クライミングツアー 066
しかしハング越えでフォール。

7年前もここは解決していなかった。

少しハングドッグしてムーブを解決。

しかししかし核心はここからだった。

トポに…チョーク跡がなければ5.12?…とあるように非常に分かり難いそれにホールドが甘く私の技量では探ることが出来ない。
ハング越えムーブを解決したことで1便目終了。

少し休憩して2便目をハング越えも楽にこなせいよいよ核心へおおよその見当をつけてフルパワーでカチ持ちやらピンチ持ちで高度を上げて左指甘~いギャストンで保持して右手を出そうとしたら『ピッチッ!』と音がして左指が外れフォール。
又又宿題になってしまった。

チカさんは「爆チャビー 5.11b★★★」にMOSトライ。
島根半島クライミングツアー 050
核心のトラバースで足を滑らせフォール。

しかし2便目にRP!
島根半島クライミングツアー 072

あらみちゃんは「爆チャビー 5.11b★★★」を難なくOS成功させニコニコ。
島根半島クライミングツアー 056

島根半島クライミングツアー 060

最高グレードが11aのterra君も「爆チャビー 5.11b★★★」にリードで果敢にトライを、
島根半島クライミングツアー 061
しかし前傾した壁に慣れていないので早々にフォール。それでも女性陣に負けてはならじと雄叫びを上げながらムーブを繋いで終了点まで。いやよ~頑張りました。

I丸さんは久し振りの外岩とのことで手当たり次第に、Moriさんは狙っていた「センチメンタルフレンド 5.12a★★」だったが左のルンゼから自然落石がありビレイヤーが危険なので止め水遊びを
島根半島クライミングツアー 078
ここは水が綺麗し野鳥も多く自然が一杯!

昼過ぎ頃壁の上部から鳥の羽毛や羽根が雪の様に舞い落ちて来た。
何事かと見上げたら隼が獲物を捕まえて食事中でした。

ホンマ《地合》はワイルドだぜぇ~。

晩飯の買い出しがあるので早目に撤退。

マリーンパーク多古鼻から見る夕日は
島根半島クライミングツアー 083
絶景でした。

この日の晩飯は、しいちゃんプロデュースの<海鮮アヒージョ> と湯豆腐。
島根半島クライミングツアー 087

RW氏の呂律が怪しくなりだしたので早目に就寝。
島根半島クライミングツアー 089

島根半島クライミングツアー 093


「待ち伏せ 5.11d★★★」次いつトライ出来るのかなぁ~7年後はあり得んのでこの秋に《秋の島根半島クライミングツアー》を企画しょっかな。
島根半島は7年前のGW以来二度目の訪問。

今回のチームマメオは、あらみちゃん、terra君、チカさん。

初日は《片句》へ

しかし松江市から岩場までの道順を完璧に失念

gakuさんから道案内の有り難い申し出で無事駐車スペース着。
島根半島クライミングツアー 001
ここで今回の岩先案内人Moriさんと合流。

島根半島クライミングツアー 002
↑↑片句への入り口、民家の狭い路地を、静に通過しましょう。
島根半島クライミングツアー 003
↑↑目の前には雄大な日本海が、しかし景観に見惚れて滑落しないよう注意!
島根半島クライミングツアー 004
↑↑ビビリのあらみちゃんはへぴり腰で
島根半島クライミングツアー 005
↑↑約10mⅢ級の登り、空荷で登り後続者をフォローし帰りは懸垂下降が無難。
島根半島クライミングツアー 007
↑↑やらしいアプローチの先には素晴らしいロケーションが…期待通りや~。

早速、…力強くハングを越えて、緊張のスラブ…とトポにある「潮風に吹かれて 5.9★★」とこれ8?と思わせる「入門スラブ 5.8★」でアップ。この二本グレードの割に手強くしっかり核心があって面白い。

続いて「茶色い顔 5.11c★」にMOSトライ。
島根半島クライミングツアー 019
しかーし核心入口と思われる細カチを引き付けた途端縁が剥がれフォール!MOS失敗。

gakuさんも参戦しホールド剥がれ後初登争いを
島根半島クライミングツアー 033
お互い3便目にRPし引き分け。

Moriさん、チカさん、あらみちゃんは、…前傾壁のガバルート。手が張る。島根半島でぜひ登っておきたい一本…「ドン・ガバチョ 5.11a★★★」をOS、FL。
島根半島クライミングツアー 020
↑↑OSのMoriさん。
島根半島クライミングツアー 022

島根半島クライミングツアー 024
↑↑FLのチカさん。
島根半島クライミングツアー 032
↑↑OSのあらみちゃん。

terra君は核心でフォールするも終了点まで
島根半島クライミングツアー 030

後「潮風に吹かれて 5.9★★」をOS↓↓
島根半島クライミングツアー 011
「入門スラブ 5.8★」をMOSしました。

この日はgakuさんの息子中三生と高一生の友人、山口県ペアー、15年振りですわとノッポのTさんとあんな怖いアプローチを引き回されてと小柄なAさんの総勢12人と多分滅多に無いであろう混み具合でした。
島根半島クライミングツアー 034

天気は晴れていたが風が冷たく日当たりが気持ち良かった。

風が強い所為で波が高く一部登れないルートがあったが
島根半島クライミングツアー 013

7年振りの片句は期待通り素晴らしかった。

少し早目に撤収し今夜の宿《マリーンパーク多古鼻》へ
島根半島クライミングツアー 098

gakuさん一家とイケチャン、しいちゃん、チョップ師も加わり賑やかな宴会
島根半島クライミングツアー 037
しかし22時前には終宴、ここの利用者はマナーが良く21時頃には就寝。

gakuさん月山、よう子さんおにぎり美味しかったです。
島根半島クライミングツアー 038
又お願いします。
2013.05.02 島根半島へ
明日からのGW後半四日間は島根半島と鳥取県の岩場を巡るツアーに行く。

明日は《片句》明後日は《地合》明明後日は《美保関》最終六日は鳥取県の《長尾鼻》を予定している。

天気も良いとの予報なので大好きな日本海を望みながらのんびりクライミングを楽しむ。
日本海と言えば新鮮な海の幸だろう。

新鮮な海の幸をアテに一杯!今回のメインはこれやな。

と言うことで暫くブログはお休みします。