今年で13回目となる、こうもり谷を愛する会主催の《こうもり谷草取り》8月4日の日曜日に行われます。

開始時間は8時となっていますが毎年開始の挨拶はなく来られた方から作業を初められています。

駐車場ですが出来る限り詰めて駐車して下さるようお願いします。

作業に使う用具等は各自でお持ち下さい。

それから当日参加された方の中で登録証をお持ちでない方もこの日はこうもり谷で登れます。

それでは当日多くのクライマーとお会い出来ることを楽しみにしています。
日曜朝6時半イケチャン、先生、はたねー、私でラジオ体操で身体を解す。

朝飯を食って片付けをしてロックバレーへ、その前に霧降山荘に
帝釈 030
朝飯を喰ったにもかかわらずしいちゃんのバナナ入パンケーキに齧り付くはたねー。
その横で呆れ顔のASAYAMA君。

この日は昼から雨の予報なので早目に岩場へ
帝釈 031
ロックバレーは昨年11月以来、はたねーは初めて、アップを終える頃から続々とクライマーが

名和CCのmoriさんと久し振りのRWさん、そして1日チームマメオに入隊されるchikakoさん、ヤナ兄さん率いるチームロックス隊7名が

はたねーはイケチャンとchikakoさんに勧められた「バージンロード 5.10c」をMOSトライ。

めーちゃん曰《華麗な動き》で余裕でMOS成功!

続いて「酉蔵 5.11a」を憧れのchikakoさんのビレイでMOSトライを
帝釈 038
緊張のためか出だしのハングで諦めかけたが皆のガンバ!にお尻を押し上げられ何とかハング越えを、
帝釈 040
その後はめーちゃん曰《華麗な動き》(ただ素早く動けないだけ)と珍しく粘りを出して見事MOS成功!
帝釈 041


私は宿題の「メーテル 5.11b」にMRPを狙って取り付くも2ピン目でムーブを失念しテンショ~ん。情けな
ハングドッグを繰り返すも進展がない。

見かねたはたねーが右足をもう少し上に上げたらとのアドバイスを、で、やってみたらこれが大正解!

ヌンチャクを掛け終わって2便目にRPをと思いロープを抜こうとして空を見て思い止まった。

案の定昼から本降りになり「メーテル」の上部が濡れて撤収。
RPは何時になることやら…。

さてチームマメオのchikakoさんは「団地妻 5.12b」へ、取り付く前にアドバイスくださいね~と言われたが、各パートを然程苦労することなく登って行かれる、ビレイしながら流石13クライマーと感心しきり。

雨の降りしきる中2便目を最後のハング越えもサクッと越えて行かれた。私があれ程苦労した「団地妻 5.12b」なのに…11クライマーと13クライマーの力の差とムーブ解決力の差をまざまざと見せ付けられました。

さて名和CC隊
moriさんは
帝釈 037
「初○の床 5.11d」を

RWさんは
帝釈 032
「酉ロード 5.10b」などリハビリクライミングを

チームロックス隊

めーちゃんは
中々登れないんですと言ってた「バージンロード 5.10c」を
帝釈 034
1便目にRP!
帝釈 036
確実に上手くなっとる。

ヤナ兄さん。

「初の床 5.11d」をOSトライ!1ピン目でテンショん!

ほりさん、てっちゃんは
帝釈 035

帝釈 039
「もすら 5.12c」を、二人でブンブン舞落ちてました。

2時過ぎ雨が本降りになったので早目に撤収。
帝釈 042
この日登った3ルート全てMOSしたはたねーの歩きが軽やかだった。

次回の帝釈は清掃の時かな。
先の土日にチームマメオは帝釈へ行って来ました。チームと言ってもはたねーと二人やけど…。

土曜日ははたねーの宿題があるフラワーロックへ
帝釈 001
益々深緑の度合いを増す渓谷。

岩場では同県のマルコメ師とK女史が毎度お馴染みMMCS(マルコメ・マンツーマン・クライミングスクール)が開催されていた。
帝釈 003

岩場に着く早々準備運動ストレッチよりもまず燃料補給するはたねー。
帝釈 005
燃費の悪さは一昔前のアメ車以上。

そのはたねー栗ご飯10aでアップし宿題「猿も木から落ちるかも 5.11a」にRPトライ。
帝釈 004
しっかし2ピン目にクリップ出来ず早々にテンショ~ン。

その後怒濤の4便計5便出すもワンテンで又もや宿題に

私はワンテンから4年程放置していた「花よりコルネ 5.12a」に太陽が照り付ける中MRPトライを、しっかし4年の空白でムーブは完璧に失念していて1ピン目からテンショ~ん!その後も各駅停車で大汗を掻きながらも何とか終了点へ、回収かなっと思ったがヤナ兄さんが登るだろうと残置しロワーダウン。

日が陰った午後に他にやる所が無いので「花コル」に持久力トレのつもりで無欲で取り付いたら何と!5ピン上までノーテンで登れた。こんには本人が一番驚いた。

そして夕方近くあわよくばRPをと強欲な思いを胸に秘め3便目を、夕方近くで気温が下がったのも幸いし核心抜けへの最後のコルネを鷲掴みする一手手前まで自分でも驚く程のええ登りを、後左手アンダーを中継してコルネを鷲掴みするだけ、そのアンダーがヌルッと滑ってフォール!

見ていた仲間達から悲鳴のような溜め息が…。

悔しさより満足感一杯の登りでした。

8月のながの村清掃の時にRPします。

この日のフラワーロックは
帝釈 012
マルコメ師
帝釈 009
「天下無双 5.13a」を、いよいよ13に狙い定めましたか。ガンバ!

K女史
帝釈 002
「まだまだ 5.11c」を、まだまだのようです。ガンバ!!

メグさん。
帝釈 010
「女ごろし 5.12c」を近々RPするでしょう。

チカコさん。
帝釈 007
「まだまだ 5.11c」を2撃し「TOP GUN 5.12c」を
帝釈 017
邪魔をしてすみませんでした。

TO村長さん。
帝釈 014
「天下無双 5.13a」を、ムーブは解決されているようでした。

めーちゃん。
帝釈 013
「猿も木から落ちるかも 5.11a」を、ムーブ手探り模様。ガンバ!!!

ヤナ兄さん。
帝釈 018
「花よりコルネ 5.12a」を、この日は終了点まで行ってました。


この日の宿は清澤山荘。

お風呂を洗おうと風呂場へ、ん…!?床に土のようなものが落ちている。何気なしに上を見上げて目ん玉が飛び出しそうになった。

黄色スズメバチが天井の化粧板に穴を開けているではないか。
帝釈 020
赤丸の所。
こりゃー巣を作っとると思い霧降山荘からハエ・蚊用の殺虫剤を借りてきて穴に向けて噴射すると次々ハチが出て来て悶絶、それを掃除機で吸引。

もう出て来なくなったのを確認してめーちゃんから提供してもらった医療用テープで蓋をした。
帝釈 024

玄関近くの天井にも穴が開いていたのも封印。

晩飯は霧降山荘で
帝釈 026
しいちゃんの鳥丼?美味かったど~。

千鳥足で清澤に戻った後、ストレッチしながら寝たらしく足が捩れたままだったらしい。

どおりで朝腰が変に痛かった。

今日はここまで
2013.07.24 草刈
今日夏季休暇を取って衝原地区の草刈りをU津さんとやってきた。
7時前に家を出ようと思ったがお腹が下り気味で30分程遅くなった。

現場(8月4日草引きの駐車場)に着くと
蝙蝠谷草刈り 001
すでにU津さんが作業されていた。

約一時間程で終わり次の現場へ
蝙蝠谷草刈り 003

次の現場は蝙蝠谷へのアプローチの途中にある車止め右横の空き地。
蝙蝠谷草刈り 005
ここはマムシの巣があるので長靴を履いて
蝙蝠谷草刈り 006
ん?履いてませんなぁ~。私は履きましたよ。

ここも約一時間程で終了。
蝙蝠谷草刈り 007
右の石の下にマムシの巣があるらしい。

この空き地の奥に地区のお墓がある、以前は鬱蒼と木や草が茂っていたのをご先祖様から桜が見えるようにとU津さんがお一人で伐採と草刈を何年もやってこられた。
心臓の手術後に私もお手伝いさせてもらっている。

ここで少し休憩し地区のK上のおばあちゃんの畑に生っている胡瓜とトマトをおやつ代わりに戴いた。
この美味さは格別でした。←おばちゃんの許可を得て食べました。

次に橋から車止め間の土手の草刈。
蝙蝠谷草刈り 008

蝙蝠谷草刈り 010
斜面なので慎重に。

ここは厄介なのが至る処に
蝙蝠谷草刈り 009
釣り師達が無造作に捨てて行くテグス(釣り糸)です。これが絡まると回転が止まってしまいます。
何とかならないものですかねぇ~。
蝙蝠谷草刈り 015

この後U津さんは橋から車止め間の花壇の草刈りを私は車止めから蝙蝠谷入り口のアプローチの草刈を
蝙蝠谷草刈り 011
↑↑before

↓↓after
蝙蝠谷草刈り 014


蝙蝠谷草刈り 012
↑↑before

↓↓after
蝙蝠谷草刈り 013
7時半頃から初め少し休憩して12時前に終わりました。
作業中は雲り空だったが終わる頃から雲が消え太陽が射し出した。
御蔭で一杯汗を掻いたが暑くてたまらんちゅうことはなかった。

今日紹介した草刈だが以前はU津さんが独りで行っていた。
3年?4年?前から私もお手伝いさせてもらっている。
頻発するツイッターでの失言
政治家などの失言がしばしば報じられますが、田中角栄元首相は、失言の要素として、「言っていいこと悪いこと、言っていい人悪い人、言っていい場所悪い場所」の3つを挙げていたそうです発言だけでなく、最近はインターネット上のツイッターやフェイスブックなどへの書き込みが批判されることも多くなっています。アルバイト先の飲食店に芸能人が来店したことをツイートした大学生、東日本大震災の被災地を中傷するような内容をツイッターに書き込んだ官僚、「体罰もありだよね」とつぶやいた教師など様々な例がありましたが、画面の向こう側には現実の人間がいるのだという認識が不十分だったのではないでしょか。

言っていい場所ではありません!
法務省に寄せられる人権相談でも、インターネットを利用した人権侵害行為は増加傾向にあります。匿名性を悪用して、他人を誹謗中傷したり個人情報を流出させることが許されないのはもちろんですが、ブログやツイッターが「親しい人だけの空間」「友達同士の会話」だと錯覚して気軽に書き込んだことが、他人を傷つける結果になることも少なくないと思います。インターネット上での発言は、誰でも見ることの出来る公共の場所での発言であり、いったん拡散されるとすべてを削除することは困難です。何でも「言っていい場所」ではないことを自覚し、「言っていいこと悪いこと」を見極めたうえで書き込むという情報モラルが求められます。

↑↑上の文章は我社の人権推進課から回ってきたのですが自戒を込めて紹介させていただきました。私のブログ《Mrビーンズのマメマメ日記》の記事で私自信の思いを書いたつもりだったが、一人の人を人を傷つけていた。それ以降文章には充分気をつけるように心掛けてはいるが、元々が軽薄な性格なので今後又同じ過ちを犯すかも知れません。その時は厳しく指摘していただければ幸いです。宜しくお願いいたしますm(__)m
001_20130722201841.jpg

高度成長期、海に生きた船乗りの物語である。

南氷洋の捕鯨船の仕事
南氷洋は時化ていて当たり前――「吠える40度」と称される南緯40度、「悲鳴の50度」と称される南緯50度の暴風雨が吹き荒れる海域が漁場となる。
キャッチャーボートは船団の最前線にいて鯨を追い狩ることを目的とする船だ。総員22名。漁は順調に進んだが、天候が崩れた。操業停止となったある日、プロペラがなにかを巻きこみ、エンジンが停止した。推力を失いコントロールのきかない状態で、荒海を漂流する第三栄潮丸。発電機も止まり、零下の外気に晒された船は、発達するパックアイスに挟まれて氷漬けになっていく。

絶体絶命の危機的状況。22名に助かる道は残されているのか。

「あのな、一つ教えてやる。死神はな、弱いものに取り憑くんだ。一歩前に進めば、それだけ生還に近づく。自分一人の命じゃない。俺がへこたれれば、仲間を危険に晒すと考えるんだ。この脱出行も、船の仕事と同じなんだよ。生き延びることが、仕事であり、君に課せられた義務なんだ」


これ程過酷な仕事があったのかと初めて知った。
その苛酷な仕事に魅せられる男達が居る事も。
今日は一ヶ月振りに蝙蝠へ行って来た。

行く前に日本国民の義務であり権利でもある投票を済ませて
こうもり谷 001


一ヶ月振りの蝙蝠谷は深緑に覆われていた。
こうもり谷 002

今日のメンバーはなんと!兵庫県クライマー三大美女&満太郎さんだった。
こうもり谷 004
兵庫県クライマー三大美女左からチカさん、あらみちゃん、ヨウコちゃん。
     ↑↑
兵庫県の場合三大美女は常に変動します。

痛めた足も9割方治ったヨウコちゃんは「アパガード 5.10a」をアップで
こうもり谷 008

続いて「マーメイド 5.10b/c」を
こうもり谷 014
3ピン目でフォールしたが大丈夫だった。もう安心。

あらみちゃんは何を思ったか「鷲鼻ハング 5.11d」を
こうもり谷 012
3度程テンションしたがトップアウトしてました。

チカさんは10台を精力的に
こうもり谷 016
「アパガード 5.10a」のチカさん。

他に「セカンドチャンス 5.11a」や「おにぎり岩左 5.11a」や「ハットトリック 5.11b」も登ってました。

超久し振りの満太郎さんは「セカンドチャンス 5.11a」で悪戦苦闘。
こうもり谷 011
しかし3便目にキッチリRP!

この満太郎さんだが日本を代表するクライマーも頭を下げる方なんです。
でも非常に気さくな方で教え魔でもあるのです。

私は「マーメイド 5.10b/c」でアップのあと「ロンググリーン 5.11c」を
こうもり谷 013

他に「鷲鼻ハング 5.11d」と「復活 5.11c」を登ったが土付かずだった。
この時期には厳しいと思っていた「鷲鼻ハング 5.11d」が登れたので大満足な一日だった。

それから今日の岩場の気温は
こうもり谷 020
終日26℃。下界より5℃程涼しいが一本登る毎汗びっしょりになった。
こうもり谷 017
シーズンまでは易し目で持久力トレに励もうかな。

次回は8月4日(日)毎年恒例の《草引き》後に。
001_20130720125127.jpg
東北の山奥から中学卒業後集団就職で東京へ、勤め先はラーメン屋。

ひょんなことからそこで知り合った者になりすましその者の財産を活用し運送会社を興し大企業へと育て上げた。

金は有り余るほど手にした。

裏切り、嫉妬、復習。

久し振りに読み応えのある小説だった。
2013.07.19 ながの村便り
今月も届きました。
002_20130719203507.jpg
前々からながの村は過疎が進んでお年寄りばかりととお聞きしたが便りを読んで何時も感心するのが皆さんお元気なこと、村長さんも書かれていますが特に女性方が毎月色々活動されて楽しく過ごされている事だ。


話しは変わるが、先週久し振りに鳳来に行った。
仮眠を含めれば三泊したが、鳳来に行く度クライマーの立場からながの村と比較してしまうものがある。

それは宿泊施設だ。

ながの村は多分日本一宿泊施設が充実していると思う。

霧降山荘、清澤山荘、ふれあいセンター、オーナーズハウスと小さな村にこれだけの施設がある。
そしてテント場だが村内の広場であれば何処でもOK!ただし基本的には花面公園である。

利用料金もテント一張200円、霧降山荘500円(風呂利用+200円)、清澤山荘(予約制)1000円、ふれあいセンター(予約制)2500円、オーナーズハウス(予約制)2500円と低料金で各施設にはお風呂、キッチン、調理道具、食器が完備されている。ふれあいセンターとオーナーズハウスに至っては寝具も完備と至れり尽くせりなのだ。

食材やお酒等も簡単なものなら村内の中村商店で揃うし、車を15分程走らせた東城町には大きなスーパーがあるし、温泉も車で15分の範囲内に三ヶ所(スコラ高原・帝釈の温、東城温泉、休暇村帝釈峡)ある。

この様にクライマーにとっては非常に恵まれた環境である。この恵まれた環境でこの先何時までも登り続けて行くためには地域住民の方達との信頼関係を保ち続けることにあると思う。
信頼関係の第一歩《声を出しての挨拶》ですかね、そして車のスピードは控え目に。

クライマー同士注意しあってながの村で何時までも登り続けられるようにしましょう。

スコラ高原・帝釈の温⇒こちら

東城温泉・リフレッシュハウス東城⇒こちら

休暇村帝釈峡⇒こちら
15日朝5時起床。

パラつく雨の中で朝飯を、食べ終わる頃から本降りに

7時前《県民の森》を後にしこの日もパラダイスロックへ

岩場へ着く頃から青空が暑なりそ…。

この日も一番乗り
鳳来ツアー 049

他にK中スクール6人と4人パーティーの13人だった。

私とあらみちゃんは当然「ドルフィン 5.12a」を、一便目MRPを狙って取り付くが身体が重くオマケに指先も痛く4ピン目でテンショ~ン。

二便、三便とちょっとしたスタンスのズレでフォール。
ヌンチャク回収を兼ねた四便もスタンスのズレでフォールしワンテン宿題に

あらみちゃんは三便出したが朝からお疲れ気味で同じく宿題に

タカちゃんは「モルのひまわり畑 5.11b/c」にMOSトライ。
鳳来ツアー 050
中間辺りでクリップホールドに迷いフォール。
しかし三便目にRP!
あらみちゃんだが気が進まないまま「シャムロック 5.11a」にFLトライするがハング越えで弱気の虫が出現したのかフォール!

私はタカちゃん、K中さんお薦め「花鳥山水 5.11b」にFLトライ。
鳳来ツアー 052
タカちゃんやK中スクール生が苦労していた中間上の核心も右にある大穴に手を伸ばしたらガバだったので然程苦労せずにクリアーしFL成功!
鳳来ツアー 054
少し溜飲を下げ帰路に、下山は《治山水》経由で駐車スペースへ
鳳来ツアー 056

高速の渋滞を避けるため151から301を経由し東海環状道豊田松平ICへ、途中《壱利》で晩飯を食ったが
鳳来ツアー 057

鳳来ツアー 058

値の割りにイマイチだった。

道路は名神瀬田東JCT辺りで若干渋滞に遭遇した以外は概ね順調に走れ23時に家に帰り着けた。

次回は10月最初の土日に行く。

今回のツアーで登れそうで登れない己の力の無さを痛感した。季節や年齢の所為にはしたくないと声を大にして言いたいのだが季節が良ければとの思いが正直ある。

秋を楽しみに今はトレーニングと割り切ろう。
14日朝ラジオ体操を老夫婦に混ぜてもらい身体を解した。

朝飯を食って初めてのパラダイスロックへ
鳳来ツアー 023

駐車スペースでワンコ(犬種お聞きしたが忘れた)を連れたご夫妻に色々情報をいただき大いに助かった。

ご夫妻は『治山水』へ行かれた。

ホームページ《FREE CLIMBING ふらふら日記》の『楽しいルート・リスト』のアプローチ情報のお陰で迷わず岩場到着。所要時間40分程。
鳳来ツアー 024

パラダイスロックは風が通り抜け昼からは日陰になるのでこの時期には快適とまではいかないが過ごし易く感じた。
鳳来ツアー 026

この日のパラダイスは我々以外にK中スクールの8名が
鳳来ツアー 045

「シャムロック 5.11a」をアップを兼ねMOSトライ。
鳳来ツアー 027
何とかMOS!
鳳来ツアー 029
タカちゃんFL!


あらみちゃんは「ジャストミート 5.10b」でアップ。
鳳来ツアー 031
当然OS!


私は11を片っ端から登ろかと思っていたが壁の真ん中辺りの「ドルフィン 5.12a」に吸い寄せられた。

見るからに登り易そうだったし前日〔12お買得マスター〕のH仙人から《お買得》との御墨付きをいただいていたのであらみちゃんとトライすることに。
まだ日が当たり壁が白く光る中MOSトライを
鳳来ツアー 040
取り付き始めて時期尚早だったと後悔。

4ピンへのクリップガバポケットホールドが滑る滑る滑ってフォール。

二便目にホールド、スタンスを決め三便目を、最終ピンまで会心の登り、後はハング越えるだけ、右手でハング上の大穴ガバスローパーを押さえ付け左手でガバ穴を取ろうと左手を出したらなんと!?右手がニュルッと滑って身体が落ちて行くではないか、で後一手のワンテン。

四便目を出したがモチ切れで雑な登りになりフォールの嵐で宿題に。

さてあらみちゃんの四便目
鳳来ツアー 044
綺麗な澱みの無い登りで最後のハング越えを残すのみ、チョークアップし右手が大穴ガバスローパー取った。ビレイしながらこりゃ先に行かれたなぁ~と思いつつガンバ!とマジ声援を

そして左手を穴ガバを取るため出したと同時に身体が落ちてきてRP失敗。
あらみちゃんもアラフォーになって大人の対応が出来るようになったらしい。

あらみちゃんもやはり右手がニュルッと滑ったらしい。

さてタカちゃんは「花鳥山水 5.11b」を
鳳来ツアー 043
K中スクール生と核心部のムーブをあーやこーやと意見交換を、その結果三便目にRP!
鳳来ツアー 046

賑かに語らいながらも各々の課題ルートに真剣に取り組むK中スクール生達。
「シャムロック 5.11a」「モルのひまわり畑 5.11b/c」「狼煙 5.11d」の宿題をRPされていました。

下山で汗ビッショリになった身体を《梅の湯》で洗い流しコンビニKマートで晩飯を調達し《県民の森》に19時半頃帰り着いた。

テント場は昨日の喧騒は何処へやら、貸切り状態で静な夜を過ごせた。
鳳来ツアー 047

今日はここまで。
11ヶ月振りの鳳来。

13日7時前乳岩駐車スペース到着。

なんと!既に6台程が止まっていた。

その後も次々クライマーが来て

7時前にはこの状態。
鳳来ツアー 002
先頭は大先輩H仙人の車が

えっちらおっちら今年一番の汗をかきガンコへ到着。


岩場にはH仙人ご夫妻が居られ珈琲をご馳走に、何時もありがとうございます。

ご夫妻は「ホフマン教授 5.12a」を
鳳来ツアー 004


私はワンテン宿題の「木漏れ日を浴びて 5.12a/b」を

サクッとMRPして
「ホフマン教授 5.12a」に参戦したろっと取り付いたが左手デッドする前に情けなくフォール(被りにホンマ弱い)。
鳳来ツアー 010
青息吐息悶絶状態で一便終了。

高い湿度が益々高くなり雷が鳴り出し雨がポツリポツリし始めた昼過ぎ二便目を

RPしたる!との意気込んで気合いで飛ばした左手もヌルッと滑って又々宿題。

タカちゃんは「ムーブ12 5.11d」を
鳳来ツアー 013
一便目出だし以外のムーブを解決。

二便、三便と出だしで躓く以外は完璧。

多くのクライマーが四苦八苦する2~4ピン間は全く問題無いが出だしで四苦八苦して宿題。

あらみちゃんは仕事疲れを引きずって「オラウータン 5.11c」を
鳳来ツアー 011
三便出すが宿題に、
もっと楽な仕事に転職しなはれ~。


この日のteamマメオは寝不足でお疲れ模様。
今回の宿『県民の森』のチェックインの関係で15時過ぎに下山。
鳳来ツアー 017

手続を済ませ『盆栽センター』へ
『味噌カツ定食』千二百円を注文し『ゆ~ゆ~ありいな』へ
鳳来ツアー 020
※注
以前『盆栽センター』で定食を食べると『ゆ~ゆ~ありいな』料金六百円が無料だったが何時からかは知らないが風呂代二百円がいります。

この日の『県民の森』テント場は家族連れや学生の団体で満員状態で賑やかだったが寝不足のteamマメオは20時半頃撃沈。
鳳来ツアー 021

明日はパラダイスロック編です。
2013.07.12 三連休
今週末からの三連休は昨年お盆以来の鳳来へ行く。

メンバーは、タカちゃん、あらみちゃんだ。
ただ最近二人とも仕事疲れで精彩が無い。

なので滅多に行かない鳳来で気分転換出来ればええなと思っている。

エリアはガンコ、パラダイス、韋駄天、ミルキータワーを予定。

宿は赤トンボにしたかったが満室だったので《県民の森》の常設テントに泊まる。

と言うことでブログは火曜日までお休みします。
2013.07.11 HARD
002_20130711201242.jpg
METOLIUS GripSaverPlus HARD

今まで使っていたMEDIUMでは物足りなくなったのでHARDを

三宮にある某山荘で15日(月)まで夏山セールが行われていて店頭価格から10%OFFで買った。

以前女性14クライマーの方に腕のパンプを軽減する方法があれば教えて?と聞いたところ最大筋力を強化するのが一番手っ取り早いと教わった。最大筋力の8割9割を使っていたのを鍛えることにより7割6割でよくなる。
そして鍛えるにはジムで週二回のボルダリングが良いと言われその後コソトレに励んだ。
しかし週二回はとてもじゃないが身体がもたんので一回にしたがそれでも身体が悲鳴を上げた。

ボルダリング以外に腕の筋力を強化すにはGSPでグーパーが良いのは経験済み。
何時でも何処でも時間があれば行える、おまけに指の痛みも治る。

GSPHARDで総指伸筋を鍛えカチ保持力を強化して12をサクッと登ってやる。
2013.07.10 PENTAX WG-3 GPS
002_20130710202859.jpg
買ってもた。

衝動買いちゅうやつ。

防水:IPX8、JIS保護等級8相当(14m防水)

防塵:IPX6、JIS保護等級6相当

耐衝撃:2m

耐荷重:100kgf

耐寒:-10℃

その他
GPS搭載、電子コンパス(方位、緯度、経度、気圧)等々

優れもんやけどどこまで使いこなせるかなぁ…。

購入は三宮○○社

価格2万7千円弱

あっあ…へそくりが。。。
備中ニューエリアの「吟じまして 5.9」だったかな?の前にある木のウロ(樹洞)にマムシの巣があります。
備中清掃 003
赤丸のところです。

幸いなことに私は未だ遭遇していません、出来ればこれからも遭遇したくありません。

どなた様もご注意ください。
土曜日早朝あらみちゃんと備中へ、

エリアは久し振りのニューエリへ

久し振りのアプローチで久し振りに大汗をかいた。

出掛けに登れるルートがあるのやろか…?との思いは杞憂だった。
ただ「けもの道」だけがコルネからの滲み出しで登れ無かったのが重ね重ね残念だった。

久し振りの5.9でアップのあと5年振り超久し振りに「水の泡 5.12a/b」に取り付くことにした。

5年の間に出だしの木が朽ちて倒れたので3年程?前から1ピン目までボルダースタートも出来るようになっている。

私は格好良く(ただの自己満足)ボルダースタートすることにした。当然狙うはMRP!
一応安全を期してプリクリスタート。

適当にオブザベをしてヌンチャク12本ぶら下げスタート!が、メッチャ重!しんど!

で三手目でテンショ~ン!
しかしホールドを確認して青息吐息で1ピンに到着。

ん…終わったなぁ~と心中で思いつつも、あらみちゃんには行くで!と弱音は見せない。
しかししかし身体は正直、各駅停車になったが何とか終了点へ

各駅停車だったが全てのムーブを起せたので充実感があった。

あらみちゃんは「ロマンチックまむし街道 5.12d」のエスケープルート「青大将 5.12b」を
備中清掃 011
今年出だしの勢いは最近の仕事の忙しさにすっかり鳴りを潜めどこへやら「まむし」否「青大将」否否「ミミズ」程度の登りでしたわ。

この日は他に広島、岡山を代表する女性13クライマーのおメグさんとチカコさん、そして久し振りの名和CCyoneさんが来られていた。

この日のニューエリは湿度が高ったもののじっとしていれば肌寒さも感じる程だったが午後から湿度が増し登れば汗びっしょりになった。

女性13クライマーのおメグさんとチカコさんは「四国第二国道 5.13a/b」を
備中清掃 007

備中清掃 009
おメグさんは3便、チカコさんは2便出しシーズンに向けムーブ作りを

yoneさんは「ランコロ 5.12b/c」を
備中清掃 006
これまたムーブ作りに専念。

私は最後に「ただのアプローチ 5.10d」をクールダウンするつもりだったが必死のパッチでなんとかRP!

チカコさんは「水の泡」でクールダウン、きっちりRPするあたりは流石13クライマーなのだ。
恐れ入りました。

翌7日は9回目備中清掃草刈が約80名の参加者で行われました。

私はキャンプ場、2ルンゼまでのアプローチ、小屋周りの草刈りをした。

清掃草刈後に高梁市消防本部から心肺蘇生法と止血の講習があり12時でお開き。

私は13時から行われたTCNet実行委員会に、16時過ぎに終わり帰路についた。

家に帰って道具等を片付けていたがデジカメが見当たらない。

小屋から持ち出すまでの記憶はあるがその後の記憶が釈然としない。

駐車場に忘れたか、はたまた何処かに落としたか…。

キャノンのコンパクトデジカメで黒いケースに入れてBDのワイヤゲートのカラビナを付けています。

お心当たりにお方はお知らせいただければ幸いです。

宜しくお願いします。

と言う訳で7日の画像がアップ出来ませんでした。

尚、6日ニューエリの画像は携帯で写したものです。

それから7日の清掃草刈に関西からの参加が非常に少なかったのが残念だった。

そんな中、大阪のU西さんが日帰りで清掃草刈のためだけに参加されていた。お疲れ様でした。
明日(7日)の清掃草刈に今から出発します。

今日はニューエリで登り、登れるかなぁ…。

明日は午前中清掃草刈レスキュー講習を受け午後は何処かで登る予定。
2013.07.05 ※注意!③つ
①臨時休業
PUMP大阪店7月9日(火曜日)臨時休業だそうです。

月火の2日間で全館の空調設備を入れ替えるためだそうです。

②はみ出し駐車厳禁! 
烏帽子、駒形の苦情…おおきた
先ほど烏帽子岩まで行き、何人かのクライマーから情報収集をしたところ、先週あたりに道路にはみ出している車があったそうなので、そのことかも知れないという話をしました。しかし一台でもそのような苦情があると、どうしても車で来るクライマーやクライマー全体が悪いというように思われますので、どうか皆さんで注意をし合って楽しいクライミングをして欲しいです。車に関する苦情はちょくちょく出ていますので、気を付けて下さい。

↑↑KINetのHPの掲示板への投稿を原文のまま転載しました。

投稿された『おおきた』さんはクライマーではありません。しかしクライミングやクライマーに対して非常な理解を示されている方です。道場周辺の岩場でのクライマーに対する色々な苦情が現在『おおきた』さんに寄せられています。その中には岩場の閉鎖との話もあるとのことですが、『おおきた』さんのご尽力により今のところ各エリアに於いてクライミングが続けられています。投稿にもありますようにマナー違反等を見かけた時は躊躇せず又勇気を出して注意しましょう。

③蜂に注意!
三倉岳源助崩れ「モルモット・クラック 5.11a」中間部のクラック内に蜂が巣を作っている模様。
[名和クライミングクラブ]ブログよりの情報です。

蜂の種類は分かりませんがクラックの中に巣を作る事を考えれば黄色スズメバチか蜜蜂ではないかと推測されます。ただジャムを決めようと右手を突っ込んだらハチがぶわっと出てきたとあります、そして刺されなかったともあります。もし黄色スズメバチなら多分刺されていると思いますので蜜蜂ではないかと思います。
ただし蜜蜂も刺しますので要注意です。

↓↓写真のクライマーの右手辺りからハチがぶわっと出てきたとのことです。
b0077448_12454218[1]
↑↑写真は[名和クライミングクラブ]ブログより転載しました。尚、名和クライミングクラブ様からの承諾は得ています。

それから黄色スズメバチなら今シーズンだけで巣は放置しますが蜜蜂なら何年も営巣し続けます。

蜂の種類を見極める必要がありますね~。

もし蜜蜂の場合なら分蜂が考えられます。
春からこの時期にかけて分蜂が行われます、これは種族保存の大切な現象だそうです。もし蜜蜂であればモルモット・クラックを営巣の地にしない事を祈るばかりです。

分蜂とは⇒こちら
2013.07.04 無料開放!
7日(日)は備中恒例の一斉清掃草刈活動の日です。
今年で9回目となるそうで多くのクライマーの参加が望まれます。
それに関して備中の岩場中興の祖的存在のMORISAMAから嬉しいお知らせが↓↓

 6日(土曜日)17:00~7日(日曜日)17:00まで、コテージ木の村を無料開放していますので宿泊、キャンプ、シャワー、当~皆様ご利用くださいませ。
尚、予約~連絡は不要です。 杉○

co2[1]
《コテージ木の村》は長屋坂の岩場から車で5分程のところにあります。
co1[1]
蛇足ですが利用後の清掃はお忘れなく。 
日本100岩場中国・四国・九州増補改訂版の発売以降にR師により拓かれたルートで長さ22~3m、ボルトは確か10本。

取り付きは「くりごはん 5.10a」の右。
IMG_0003_20130703202459.jpg
ラインは見るからに脆そうな高さ5m程(5.8位 ボルト2本)の壁から一旦大テラスに出る、そしてこれまた大きさの異なる石を無秩序に積み重ねた破砕帯のような高さ5m程(5.9位 ボルト2本)の壁を登る。
ここから壁の様相は一変する。

少し直登?し右上するクラック沿いに10m程登り終了点下辺りから3m程直登?する。
ラインに変化があって難しいムーブも無い、ボルト位置もガバを持ってクリップ出来る位置に打たれている。

ただ拓かれてそんなに経っていないので落石が頻繁にある。

6月29日(土)に我々は「まだまだ」の取り付きの反対側(整地されている)に荷物を置いて休憩していた。

そして居合わせたクライマーが登り始め破砕帯を過ぎた辺りから頻繁に落石があった。

大きさは卵大のものが多かった、余りにも落石があるので場所を右奥に移動し避難した。

そして翌日曜日、たけぞう君がMOSトライ中に上部の薄いフレークが剥がれフォール、私の2便目にクラック沿いに右上する箇所で持った岩が剥がれフォールした。
IMG_1140[1]
↓↓赤丸は私が落とした落石個所(たまたま別角度から写していた)
花子岩 067
この二ヶ所とも下からは木の葉っぱで全く見えない↓↓
花子岩 056
なので落石があっても見えた時には間近に迫っているだろう。

特に私が落としたブロック状の石は10㎝×25㎝大で重さは3~4㎏程あったと思う。
もし頭に直撃すれば致命傷を負うだろう。

↓↓落石直後の写真
花子岩 069
赤丸の石は剥がれ落ちた石。
ビレイヤーはしいちゃんだったが咄嗟に避けて無事だった。思っているより俊敏なのかな…。

私は前々から葉っぱで上部が見えないので危ないと思っていた、なので落石後に少し枝を伐らせてもらった。
花子岩 075

「まだまだ」は、まだまだ壁が落ち着いていなく落石が起こると思われますので「まだまだ」を登っているクライマーがいる時はルートの下には入らないようにすることと、ビレイヤーはヘルメットを被ることをお勧めします。

それからクライマーに余裕があれば2本目のボルトにクリップした後に1本目(最初のボルト)のヌンチャクからロープを外せばクライマーが破砕帯を越した辺りから壁に向かって左側に避けてビレイすれば落石を受ける事は減少します。
花子岩 077
↑↑赤丸内は危険地帯
たけぞう君のいる辺りがベスト。

元々花子岩は脆い個所が多いのでエリア全体で落石に注意が必要です、ヘルメットの着用をお勧めします。
いつも通り6時起床、半からのラジオ体操の間に霧降山荘を覗いたら…。
花子岩 039
覗くのではなかった。

気分転換に
花子岩 038
ええ眺めや~。
ふれあいセンターの広場でラジオ体操第一第二を、しかし身体は解れん。

この日は混雑が予想されるため早目に岩場へ
花子岩 040

三人「くりごはん」でアップ後、私は「トライアングル」にMRPトライ!
花子岩 043
しっかし身体が重く感じるのと左腕総指伸筋(注)のパンプが抜けきれてなくテラス乗っ越すところでテンション!

で敢えなくMRP失敗!

2便目に備え左腕総指伸筋を重点的にマッサージをする。

そして2便目
花子岩 042
マッサージの効果か少し余裕を残してRP!やれやれ。

teamマメオの熟女二人は「猿も木から落ちるかも」を
花子岩 041
チカさんはテラス乗っ越しで試行錯誤。
花子岩 049
はたねーは出だしから試行錯誤。

チカさん満を持した4便目もテラス乗っ越しでフォールし宿題にしますと言うのを、まだ時間があるのでじっくりレストして取り付けばとアドバイス。

そして5便目
花子岩 076
おっ!?と思わせるところもあったがRP成功!諦めんで良かった。

はたねーもチカさんに刺激を受け5便出したが宿題に、これは今月末に片付けよか。

この日は続々とクライマーが、昨日に続き広島県クライマー三大美女のIミッチさんがガッツクライミングジムのメンバーを引き連れて
花子岩 045

そして三倉の主R師が広島県クライマー三大美女のIっちさんと来られてました。
花子岩 048
厚かましくも「トライアングル」のヌンチャク回収をお願いしまして失礼しました&ありがとうございました。

他にたけぞう君がsioちゃんと、あっ!しいちゃんもおった。

私はsioちゃん、しいちゃんの宿題「まだまだ 5.11c」に参戦。

たけぞう君がヌンチャク掛けを兼ねてMOSトライ、私はOSを狙っていたので見ないようにしていたが、上部辺り(木の葉っぱで見えない)で突然落ちてきた。どうやらホールドの薄いフレークが剥がれたため。
花子岩 057

私はsioちゃんの次にOSトライしたが最初の小核心で左ガバを見付けられずフォールしOS失敗、しかし全てのムーブを解決して2撃でのRPを狙った2便目。

小核心も難なく越えガバから次のガバを取るために左手を右上するクラックにあるブロックをスロパー気味に押さえつけたところ突然剥がれフォール!
花子岩 073
私の頭半分程の大きさのブロックだったので誰にも当たらなかったので良かった。

ビレイしていたしいちゃんも上手く避けたよう。↓たまたま私の登りを撮っていたはたねー?チカさん?が落ちて来る岩を避けながらシャッターを切った写真。
花子岩 068
その動きをクライミングに活かせれたらなぁ…。
(この落石に付いては明日詳しく書きます。)

ホールド剥がれのアクシデントで冷静さを欠いていたのかレストもそこそこに3便目を出したが、小核心でフォールした。

こりゃアカンと冷静さを取り戻すためにしいちゃんのビレイを
花子岩 075

愛媛県代表TRPの本領発揮しロープをヌンチャクから外すのが早いこと。その変わり掛けるのはメッチャ遅い。

そして満を持した4便目
花子岩 082
レスト出来るところではきっちりレストして余裕を残してRP成功!これでフラワーロックの11を制覇出来た。嬉し。

14クライマーのたけぞう君はプロジェクトを
花子岩 079
月曜日RPした模様。おめでとー!

名前とグレードは霧降山荘のノートに書いているそうです。

帰りの駐車スペースに可愛子ちゃんがお見送りしてくれた。
花子岩 083


注…総指伸筋(そうししんきん)
image[2]
総指伸筋は、第2~第5指に付着している指の伸展筋です。指の伸筋としては最も強力な筋肉で、4本の指を伸展させる唯一の筋肉です。外側上顆から始まって、4本の腱に分岐して分かれていきますので、指を思いっきり伸展すると、この腱が浮き上がり、確認することが出来ます。最も表層にある筋肉ですので、筋腹を触診する事が可能です。
鍛えるには握ったり開いたりすることだそうです。
なので私が毎日やっているメトリウスのグリップセイバープラスが鍛えるには一番良い方法だと思います。
二人の熟女を乗せ一路ながの村を目指す。

8:30過ぎに東城ICを降り道の駅で昼飯と晩飯を購入しフラワーロックへ
花子岩 001
遊歩道からの眺めは何度見ても見飽きない。

フラワーロックは貸し切り?
花子岩 006
二人の熟女とは、久し振りのはたねーとチカさん。

初フラワーロックのチカさんにアップを兼ねて「くりごはん 5.10a」のMOSトライを
花子岩 007
10aにしては悪い!しかしMOS!
チカさんこれを手始めに快進撃を

三度目のはたねーもアップで「くりごはん」を
花子岩 014
なんとか再RPをとの思いもテンショ~ン!

私も「くりごはん」でアップし宿題の「トライアングル 5.11d」へ
花子岩 011
MRPを狙って取り付いたがコルネが湿っていて左手がスッポ抜け危うくグランドだった。
まじヤバかった。

そうこうしていると久し振りのIミッチさんが広島イケメン軍団を引き連れて来られた。
花子岩 026

Iミッチさんとイケメンの塩君が「トライアングル」に参戦。
私のニーバーレストを盗んでIミッチさんは2便目、塩君は3便目にRPしよった。

私はこの日4便出すもワンテンだった。←悔しい~!

さてさて初フラワーロックのチカさん「くりごはん」に続いて「Over Play 5.11a」へMOSトライ!
花子岩 009
しかし核心でフォールしMOS失敗。

しかししかし2便目に
花子岩 016

花子岩 017
危なげ無くRP!2撃でした。

続いて「CB返し 5.11b」をMOSトライ!
花子岩 020

花子岩 023
これもMOSは失敗したが2撃でのRP!←やるではないですか~。

はたねーは「くりごはん」を2便目に再RPした後
花子岩 008
「Over Play 5.11a」「CB返し 5.11b」も再RP。
やるなぁ~。

その後熟女達は「猿も木から落ちるかも 5.11b」へ
花子岩 025
しかし二人とも宿題へ

ところで広島イケメン軍団達の会話の中で《広島県クライマー三大美女》というのが耳に入って来たので聞いたところ《Iミッチさん、Yさん、Iっちーさん》とのことYさんとはお目にかかったことがないので何とも言えないが、この話はこの辺で。

この夜の宿は
花子岩 027
清澤山荘へ宿泊費一人千円。要予約。

花子岩 035
この季節ビールが美味い!チカさんは特に美味かったやろなぁ~。

そりゃそーとはたねーの今回の食糧買い込みも凄かった、はたねーと一緒やったら餓えることはない!
これからはたねーを『動く食糧庫』若しくは『登る食糧庫』と呼ぼ。

続きはあした。