FC2ブログ

備中のアプローチが大変なことに

MORISAMA通信のブログを観て吃驚し早速情報を仕入れました。

情報は現場を偵察されたMORISAMAとヤナ兄さんから戴きました。


備中の用瀬小屋付近

集落から用瀬小屋までは通行止になっていて車では入れません。
備中アプローチ①
集落を過ぎた所に全面通行止の看板が

備中アプローチ②
反対側から見た所。
道路が抉られています。

途中に大きな石や瓦礫が
備中アプローチ③
人力では動かせないでしょう。

1ルンゼも瓦礫の押し出しで埋もれているとの事です。

用瀬小屋は無事だそうですが当分使用は出来ないと思います。

2ルンゼ付近
備中アプローチ④
赤い矢印は2ルンゼの入口です。

備中アプローチ⑥
2ルンゼ「濡れた豆 5.12a」から下部を観た所。
壁自体は影響無しとのことです。

奥の院のルンゼ
備中アプローチ⑦
反対側から見ると
備中アプローチ⑧
じゃろう岩の壁は問題無しとのことです。

なお、用瀬小屋までは徒歩で行けますが、浮石等が相当あると思われますのでヘルメットの着用をお勧めします。

権現岩付近
権現岩・河原から権現岩までの間の山から土石流があった模様で大きな杉などの樹林が道を防いでいて車では入れないとの事です。

土石流の規模からして人力での撤去は不可能とのことです。

権現岩の壁自体は問題無いとの事です。

反対側の芋原からのアプローチは確認出来ていません。

備中側からですが徒歩では行けるそうですが落石に充分注意が必要です。

他のエリアに関しては未調査なので状況は分かりませんが、ニューエリアや杉田ロックのアプローチが心配です。

長屋坂ですが上からは車で入れます。



帝釈ですが村長さんからの情報です。
花子岩は7日8日の土日に数パーティーが終日クライミングをしていたようなので問題無しとのことです。

前面壁、二の壁は川の増水により渡渉不可及び壁がびしょ濡れとのことです。

一の壁もびしょ濡れだそうです。

アプローチは問題無し。

岩谷は最初の渡渉は長靴が必要との事です。奥壁と共に状態は不明。

第一、第二道場も不明。

備中、帝釈ともに当分の間浮石には充分な注意が必要ですのでくれぐれもヘルメットの着用をお勧めします。

それから備中の各エリアですが乾くのに2~3週間はかかるだろうとのことです。

今日現在分かっているアプローチ情報ですが以後詳細が分かり次第お知らせします。

今回の情報はMORISAMA、村長さん、ヤナ兄さんでした。

使用した写真はヤナ兄さんからの提供です。

2013.09.09 | Comments(1) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-