2013.11.30 ハイキング
今日は会社の女子二人と姫路市夢前町の雪彦山にハイキングに行って来た。
雪彦山 003
9時24分駐車場発

いきなり急登が続く
雪彦山 004
写真では急登には見えませんが結構キツイ登りです。

雪彦山 007
出雲岩10時25分

ここはエイドの練習場になっている。ここには高難度のフリールートが引けると思うのだがいかんせん通うのが大変。

出雲岩から鎖場や岩稜の登りが続く。
雪彦山 009

こんなところも
雪彦山 012

駐車場から約1時間半の11時大天井岳着
雪彦山 021
約1時間程昼飯を食べたり下界を眺めたり
雪彦山 022
今日は暖かく非常に気持ちが良かった。

11時55分発。


いよいよ下山、これから地蔵岳経由で下るのだが岩稜のクライムダウンが続くので気が抜けない。
雪彦山 027

雪彦山 035

約1時間程下ると地蔵岳正面壁が真正面に見える展望岩に到着
雪彦山 032
この反対側に地蔵岳正面壁があります。写真撮るのを忘れた。

この先も結構厳しい岩稜下りや鎖場があります。

二人とも足をガクガクさせながらもよ~く頑張りました。
雪彦山 041
途中の休憩場。これから先は危険な個所はありません。

雪彦山 044
緩~い下りをダラダラと途中に渡渉を3回程
雪彦山 045

そして14時15分出発地点へ帰り着きました。
雪彦山 050

帰路の途中にある雪彦温泉でまったり。

無事故で終えれたことでホッとしています。

明日はコウモリ谷でクライミングをします。
2013.11.29 招待
今夜会社のは女子会に是非来て下さいと招待されたので同期の爺二人で参加することにした。
 
悪酔いしたらアカンのでヘパリーゼを買った。同期の爺から『これ酔い止めちゃうで元気の出るやっちゃで、元気出してどないすんねん』と笑われた。
 
まあ~ええか。
2013.11.28 パックリ!
ちょっと油断してたらパックリ割れた。
花子岩・奥壁 073
これが途轍もなく痛い!

指先を使ったときや、水を使ったときなど堪らん痛さがある。

ただクライミング中に痛みを感じることは無いのが救いだ。

早速ケアー用品を購入。
001_20131128200017ccb.jpg
ひび割れの箇所に塗る《液体ばんそうこうEX》と荒れた肌用に《尿素入りハンドクリーム》

帝釈で私の指先をみたあらみちゃんから月曜日にメールで神戸新聞朝刊に、手荒れケアーの記事が出とーで~と教えてくれた。
IMG_20131128200229b8a.jpg
早速読んでひび割れには尿素はダメで保湿系が良いとのこと。

ネットで〔保湿系 ハンドクリーム〕であっちゃこっちゃ検索して出てきたのが《ムサシ製薬フタアミンhiクリーム 130g 2100円》
002_2013112820001969d.jpg
ネットの価格を調べたら1050円~2100円まで色々、2100円って定価で売っとるふざけたところもあった。

昼休みに三宮センター街にあるOーOOドラッグに行ったらなんと!788円で売っていた。

思わず原価はなんぼやねんと考えた。

使った結果は概ね良好でガサガサがツルツルになった。

何事も面倒臭がらず日頃の小まめな手入れが大事ですな。
今日も一時間早退してGRへ

今日は空いていましたわ
001_2013112721094704d.jpg
17時40分頃のジム内。

今日は疲れもあって易しい長もの課題をやった。

黒50手課題の往復をやったが復路の途中で番号を見つけられず足を着いてしまった。

寒さが本格的になるまでは外岩での本気トライをする予定なのでジムでは身体を解す程度に止めるか

暫く通うのを止めるか思案の為所や。
24日この日も真っ青な青空が、タカさま、あらみさまの僕として奥壁へ

従来の徒渉点は増水で不可、50m程下流をおっかなびっくり徒渉
花子岩・奥壁 038

岩場に着いたらイケチャンが登っていた。
花子岩・奥壁 058
早!

この日の奥壁は、チームマメオとI田氏、イケチャンと先生の7人。

試しに先生!と呼んだら3人が振り向いただろう。こんど呼んでみたろ。

さてタカさまはアップの後ワンテン宿題のあるフラワーロックへ転戦。
花子岩・奥壁 044

イケチャン指の皮が捲れムズいルートは登れんと言いながらI田氏のリクエストで「芽台酒で乾杯 5.12a」にムーブを探りながらヌンチャク掛けを
花子岩・奥壁 040
そして2便目を出す前に《彼のまんぞう君は4撃した》とプレッシャーを
花子岩・奥壁 045
まんぞうには負けられんと難なく2撃でのRP!

続いて後一本アップしたいなぁ~といいつつ、まあ!ええかとI田氏の「芽台酒で乾杯 5.12a」1便目
花子岩・奥壁 046

花子岩・奥壁 047
3ピン目クリップと上部垂壁で危なかったが持ち堪えてRP!2日3便でした。

サーティーンクライマーにとって12aは片手仕事なのだ。羨ましい~。

さて今月初めに「グリーンデスティ二― 5.12b」に3便出し行けそうやとの感触を掴んでいたあらみさまのMRP狙いの1便目。
花子岩・奥壁 051
ハング下でフォールしたものの後は安定した登りを

昼を過ぎた頃2便目を
花子岩・奥壁 053
ハング下で『あっ!失敗した』と珍しく叫んだもののどこが失敗?と思わせる登りでRP!2日5便だった。もう13狙えるで…。


さてさて石灰岩に悪戦苦闘して懲りたかなと思ったterra君。

アップで「小姐 5.10a」をMOSし気を良くしたのか「ほ 5.10d」を登った後に「ショコラ 5.11a」と「チャイナホワイト 5.11a」を登ると宣言しあらみさまを呆れさせていた。

そのterra君「ほ」
花子岩・奥壁 059

は!と気合いを入れて取り付いたものの

ひー!?と見た目以上の被りに恐れをなし

ふ…とテンションして一息入れ

へ~??ガバどこ?ガバは?

結局「ほ」まで辿り着けず4ピン敗退し1日が終りました。

未だ若い!今苦労しとけばきっと報われる日が来る!多分…。


さてさてさて私だが「芽台酒で乾杯 5.12a」をやるか「グリーンデスティ二― 5.12b」をやるか迷ったが2日目なのでパワー系でない「グリーンデスティ二― 5.12b」をやることにした。

1便目ハング乗っ越せず敗退。
花子岩・奥壁 066

2便目ハング越え成功!が滅茶苦茶怖~い!で最後のヌンチャク掴んでテンション。
花子岩・奥壁 067
ハングから終了点までは一発でクリア。

気を良くして回収しようとしたらイケチャンが『ムーブ出来た時はもう1便出した方が良いよ、未だ2時やし』と言うのでもう1便出すことにした。

3便目ちょっとキツかったがハング越え成功!だが青息吐息呼吸困難状態。
花子岩・奥壁 071
ここから終了点まで3m程だが一ヶ所甘い外傾したカチがある。

その甘いカチに右手を出した『悪!止まらん』左手を添えたが無情にも身体が壁から剥がれて行くのをどうすることも出来ずフォール!
『うわーっ!くそー!くやしいー!』と歳も顧みず叫んでいました。結局ワンテンで終了、いつ以来かツエルブ1日片手GETを逃してしもた。

後一手我慢すればガバやったのに…この辺がサーティンクライマーとの違いなのだと思い知らされた。


ビレイしていたあらみちゃんが『ほんま惜しかったなぁ~』と慰めてくれたがその瞳が笑っていた。

ぐやじぃーーー!

PS
タカさまロックバレーのワンテン宿題「初上手 5.11d」を3便目にRPしたそうです。
23日terra号でながの村へ、ながの村の田畑には霜が降りていた。
花子岩・奥壁 002
渓谷からは雲海が
花子岩・奥壁 003
紅葉も終わりです。

真っ青な秋晴れ下、壁はパリパリに乾いて真っ白。
花子岩・奥壁 005
一番乗りでゆったりしていたらヤナ兄さんとめーちゃんが
花子岩・奥壁 006
暫くしてteam rocksのお二人、昼を過ぎてマルコメ師とKさんが来られた。

チームマメオは各々の宿題へ、タカちゃん、あらみちゃんは「花よりコルネ 5.12a」へあらみちゃんMRP狙いの1便目
花子岩・奥壁 009
2回程のテンションで終了点へ

タカちゃん1便目中間部下の左へのトラバースで四苦八苦。
花子岩・奥壁 019

terra君は「over play 5.11a」へ
花子岩・奥壁 007
エボコマ・不動では通用するド正対もここでは全く通用せず悪戦苦闘。

私は「小猿拳 5.12b」へ

棚上核心は問題無くこなせるようになったが最終ピンへのクリップが不安定。

あらみちゃんの「花よりコルネ 5.12a」2便目
花子岩・奥壁 012

花子岩・奥壁 015
全く危なげ無く黙ってサクッとRP!2日5便だった。

タカちゃん夕暮れ迫る中の4便目
花子岩・奥壁 024

花子岩・奥壁 032
少しハラハラする場面もあったがあーでもないこーでもないと賑かにRP!2日6便でした。

3便目のマルコメ師のクライミング教室と実技見学が良かったのかな?


さてterra君の「over play 5.11a」
花子岩・奥壁 021
めーちゃんのアドバイスも慣れない石灰岩のフットホールドに惑わされまくりgive up4ピン敗退。

私は3便出したが最後核心始まりの左手保持時間が1秒程伸びたのと最終ピンまで少し余裕で登れるようになったのが慰めかな。

ヤナ兄さんとイソミッチさんが封印したとの事だが私はしつこくトライし続けます。

その夜はふれあいセンターでタカさま、あらみさまの満面の笑みを酒の肴に
花子岩・奥壁 034
地元への還元に
花子岩・奥壁 036
神石高原町油木の地酒《神雷》を中村商店にて購入。

くっくっくーやしいーーーー!

今日はここまで
2013.11.22 ながの村便り
11月号の一面上段に冬の花《山茶花》の写真が大きく掲載されており、その下に錦秋に彩られた帝釈峡の写真が二枚。
002_201311221958482cd.jpg
見出しは《帝釈峡のシーズン到来!》
そして記事の最後に『来年はぜひ、帝釈峡で紅葉狩りを!!』とあります。

紅葉狩りはもう終ったかも知れませんが、クライマーにとって課題や宿題狩りはこれからがシーズン。
なので明日明後日と帝釈峡で宿題&課題を狩りまくろうと目論んでいます。ただ村長さん情報によればながの村は冬です!寒いです!路肩には霜が降りています!だそうです。

ん…寒さは強敵やけど文句言わずに大収穫目指すど~!

乞うご期待!!


ところで村長さんも就任一年になるそうです。日々何かとお忙しくされている様子です。
助っ人が必要な時は気軽に声を掛けて下され~。
以前あるクライマー否今はボルダラーかな?からマメオさんのブログは文句が多い!と言われたことがあります、今日もその文句?(私は啓蒙だと思っていますが)をつらつらと書きます。

17日の日曜日にコウモリ谷の終了点に残置されているロワーダウン用カラビナで摩耗が激しい物やゲートの開閉の固い物を私の使っていたPETZLのカラビナと交換しました。
コウモリ谷 010
↓↓この日交換したカラビナ
コウモリ谷 034
私としては本当は終了点にカラビナを残置したくはないのですが、全て撤去すると何かと支障や苦情が噴出するので交換しました。
006_2013111121384167f.jpg
↑↑交換に用いたカラビナ。

しかし今後は徐々にカラビナを残置するのを止めようと考えています。

先日リボルトしたMCフェイスには四ヶ所の終了点がありますがロワーダウン用にカラビナを残置したのは右端の「サーティストーリー」だけでそれも元々残置されていた物の中で程度の良い物を二個残しました。

何故全てに残置しなかったかと言うと、心無いクライマーに持ち去られる恐れが強いからです、私の経験でフリールートだけのエリアに於いてはまず持ち去られる事はないのですが、マルチのあるエリアに於いては少なからずカラビナが持ち去られます、それは本チャンに於いて時間切れや緊急時の撤退用に使う魂胆からです。

なのでマルチの練習エリアでもある不動岩MCフェイスの終了点にカラビナを残置しませんでした。

なので結び替え後ロワーダウンかラッペルで降りるようにしてください。

それからトップロープやアップ、RP狙いで一つのルートに何度も取り付く時は終了点に各自のヌンチャクをセットして行うようにして下さい。←

宜しくお願いします。

…終了点の使い方はJFAのホームページに詳しく載っています。⇒JFA
今日も一時間早退けしてGRへ
001_20131120204558cb4.jpg

空いていたと旅路のトレーニングにと垂壁4の細カチと立ち込み課題を集中的に
003_201311202046009da.jpg
しかし細カチで指を痛めないようにしなければとの思いが頭を過るがやり出すとそんな思いは何処へやら。

この壁で一番易しい赤課題から始め緑、黒、水色までやったが緑課題2がどうしても出来ない。

勤務を終えたスタッフのK君が来たのでやってもらった。

垂壁苦手なんですよ~遠~いなぁ~といながらサクッと一撃。

なるほどとやったら登れた、左足立ち込みが不十分だったよう。


帰り際に黒50手課題をやったが余りパンプしなかったので往復してやろうと思ったが65手目に指がスッポ抜けて落ちた。

次回は往復してやる
先日リボルトを行った不動岩MCフェイスの「スプリングサーティ 5.10c」の一つのプロテクションには長年リボルトに携わって来た者として衝撃を受けました。

↓↓これです。
003_20131119202707f35.jpg
ステンレス製のオールアンカーです。
スプリングサーティの3ピン目に設置されていました。

なぜ衝撃を受けたのかといえば
004_20131119202709869.jpg
このオールアンカーの全長は40mmです。
そして壁に入っている長さは多分25mm程です。

何方が設置されたのかは知る由もありませんが今までこれに全体重を掛けて来られたクライマー諸氏に敬意を表します。

で今回FIXEのグルーアンカーステンレスに打ち替えました。
005_20131119202711aa2.jpg
40mmのオールアンカーより遥かに信頼がおける代物です。

このFIXEのグルーアンカーステンレスが壁に入っている長さは↓↓
006_20131119202712b03.jpg
赤い矢印のところ約90mmまで壁に埋めています。

このようにより信頼性の高いプロテクションへの交換作業をJFAが行っています。

このブログをご覧のクライマーの中でリボルト希望の方が居られればご連絡下さい。

宜しくお願いします。
日曜日あらみちゃん、terra君とコウモリ谷へ
コウモリ谷 001

衝原湖周辺の山も色付いてきました。
コウモリ谷 002
コウモリ谷も紅葉が始まっていました。
コウモリ谷 005

大テラスでのんびりしていると続々とクライマーがやって来た。
コウモリ谷 003

コウモリ谷 004
殆ど顔見知りばかりで大賑わい。人気ルートの「活断層 5.12a」や「カンテ 5.12c」には順番待ちが


マメオチームは「マーメイド」でアップし各々の課題へ

前日絶好調のterra君、宿題の「ハットトリック 5.11b」へ
コウモリ谷 026
三便出すも足を迷わせ宿題へ、コウモリは手強いのだ。

あらみちゃんは「カンテ 5.12c」「鷲鼻 5.11d」でトレーニングを
コウモリ谷 025

私は宿題?の「旅路 5.13a」へ
コウモリ谷 018
二便出したが二便目に核心始まりのガバまでノーテンが精一杯、核心のカチと言いアンダーと言い今は全く保持出来ず触るのみ

この核心部は5m?程だが絶望的な距離に感じる。

しかし膿まず諦めずに挑戦して行こうと思っています。

それからヤナッチとこうちゃんが来ていたので嫌がるヤナッチを焚き付けて「ビッグストーン 5.11d」を登ってもらった。
コウモリ谷 021
こうちゃん『嵌まってるよ~』とニコニコ顔。

13クライマーのヤナッチも封印を宣言。誰か登って~。

この日大賑わいだったが誰もお土産のお持ち帰りがなかったのでは…そんな中非常に惜しかったのがこうちゃんの「カンテ 5.12c」
コウモリ谷 017
左こうちゃん、右マメオ。

最後の右壁へ出るところでチョークアップのため保持した左手?が抜けフォール。結局ワンテンで次回持ち越し


そしてU西さんの「呪い 5.13b」
コウモリ谷 032
三便目?に右手デッドを止めたが足に迷い?フォール

栗ちゃんの「活断層 5.12a」
コウモリ谷 028
一番上が栗ちゃん、中こうちゃん、下muraさん。

ワンテン?来週もコウモリ突撃予定だとか。

最近週末のコウモリ谷は大賑わいが続いています、反面不動岩正面は閑散としているようです。16日土曜日の正面壁には誰も居ませんでした。未だ暑いからかな?

私は来週は下帝釈へ出撃し「小猿拳 5.12b」を仕留める予定。
2013.11.17 MCフェイス
16日土曜日は不動岩MCフェイスへ
不動岩MCフェイス 001
夜に会の集会があるので電車で

JR道場駅周辺は昨夜の放射冷却で気温が下がり武庫川からの川霧で視界不良状態。

この日はあらみちゃん、昼からterra君が
不動岩MCフェイス 002

不動岩MCフェイス 006

午前中は川霧の所為かMCフェイスの壁はしっとり
不動岩MCフェイス 003
「サーティストーリー 5.9」のあらみちゃん。

このルート小さなハングをド真ん中から乗っ越して行く面白いルートなのだが5.9とのグレイドに舐めてかかったらえらい目にあいまっせー!

この日の主役は昼過ぎて来たterra君。
不動岩MCフェイス 009
「ルンルンサーティー 5.11a」をOSトライするterra君。

このルート真っ直ぐ登れば5.11aで中間部を右の大きなフレークを使えば5.10bとなっている。

terra君が「サーティストーリー 5.9」をMOSした直にこのルートに取り付かせた。

登る前に「ルンルンサーティー 5.10b」やからと教えたが、敢えてラインは教え無かった。

登り出して11aと10bの分岐に差しかかっても黙っていた、そしたら何と!真っ直ぐ11aのラインに突っ込んで行った。

そして呻き声を上げながら
不動岩MCフェイス 010
見事OS成功させよった。

terra君2本目の5.11aのOSだった。おめでとう!

terra君この後「スプリングサーティー 5.10c」もOSした。

私はこのエリアで唯一登っていない「さよならサーティー 5.11b」を
不動岩MCフェイス 011
ここの核心は3ピンから4ピン間でガバもカチも無いスラブで、北山公園の初級スラブを90°に立てた感じ。

結局惜しいところまで行ったが宿題に

ここMCフェイスは辛めにグレーディングされているように感じたが面白いルートばかりなので是非行ってみて下さい。

そして夜は久し振りに会の集会に出た、集会後は恒例の飲み会へ
不動岩MCフェイス 015

今日はここまで、コウモリ谷はあした。
2013.11.16 明日は
コウモリ谷へ行く。

今日の不動と明日のコウモリは後日アップします。
2013.11.15 冬支度
今日オートバックスでヴォクシー用アルミホイール付スタッドレスタイヤを買った。
001_20131115214454e6f.jpg
タイヤサイズ195/65R15オートバックスのオリジナルタイヤでNorthTrekN2

ダンロップやブリジストンに比べれば半額から半額以下、製造はトーヨータイヤとのことなのでダンロップ傘下企業だしMADE IN JAPANなんで問題は無かろう。

これでこの冬の備中・帝釈は大丈夫!

この冬は今まで雪に恐れて一度も行っていない帝釈に通うかと思っている。

理由は空いていると思うからなのだ。

明日は不動岩のMCフェイスに行く。
我が家の照明の約九割をLED電球が占めている。

二年前に蛍光灯以外全てを替えた。

可なりの出費に顔をしかめる女房に消費電力が少ないので二年で元がとれるし、40000時間という長寿命に私の存命中に球切れはないと断言し財布の紐を緩めさせた。

ところが今年の四月に一個がチラチラし出し買った量販店て交換してもらった。

そして六月に一個、十月に一個、なんと今月には三個が球切れした。

そしてそして先日掃除機がウンともスンとも動かなくなった、買って未だ二年しか経っていない代物。

修理代が一万五千円やてと女房がブチ切れた。

一昔前日本の家電業界は良い物を造って世界を席巻していた。

しかし何時からか無駄と思われる機能を追い掛け、所謂ガラパゴス化した製品を造り出し世界からそっぽを向かれた。

そして韓国や台湾、中国の安さ攻勢に太刀打ちするため製品の品質を落としだしたのではないかと思う。

LED電球はP社、掃除機はH社だ。
今日も一時間早退けしてGRへ

指を痛め無いのと疲れを残さないようにと緑課題に数取り付いたが易し過ぎてトレーニングにならないので黒課題を
001_2013111321114985a.jpg
緑は6級、黒で5級くらいかな?

A壁~K壁?までやったがD、E、F壁に面白いのが揃っている。
002_2013111321115110f.jpg
高さが無い分一捻りさせている。

二時間弱少しレストを入れながら遊んだ。

最後にD→E→F壁に作られたトラバース50手課題をやったがレストの練習にええなぁ~と思った。
003_20131113211153698.jpg
47手目が見付けられず一撃出来んかったのが情けない。

又行こ。
2013.11.12 寒いので
昨日から我が家に
001_2013111221511219f.jpg
石油ファンヒーターが登場。

年々夏の暑さや冬の寒さが身に応え、暑いや寒いやと文句ばかり言ってきたが、今年は心を入れ替え文句は心の中だけにしようと決めた。

クライミングに関しても寒いのは苦手なので今シーズンの冬は外岩を止めてジム通いにしようと以前ブログに書いたところ、ある方から『クライミング=岩登り』ですよとのコメントを戴いた。

まさにご指摘の通りだと気付かされ寒くても頑張って文句を言わずに外岩に通うと決心した次第です。

そろそろ外岩用防寒グッズを用意せねば…。
久し振りに衝動買い症候群を発症してしまった。
003_20131111213840a98.jpg
PETZLスピリットエクスプレス12cm8本、17cm4本、25cm5本。

今年発売された時から欲しい!と思っていたが、2年前にアンジュフィネスを買っていたので我慢していた。
001_20131111213835cf7.jpg
アンジュフィネスは軽さに魅力を感じ買ったのだが、スリングの長さが10cmと17cmしかないのが不満だった。


今回衝動買いに走った原因の一つに一の壁のリボルトがある。

私はリボルト用クイックドローとしてPETZLスピリットエクスプレス旧モデルを使用している。
002_201311112138389cf.jpg
これが長時間のリボルト作業に於いては半端無く重たい。

一の壁のリボルトの時、スピリットエクスプレス旧モデルの重たさに閉口しアンジュフィネスを使えば楽になるのではとの思いになっていた。

買おうかどうしようか迷っていたが取りあえず年末まで待とうとの思いでいた、が、あるエリアである方がスピリットエクスプレスのニュータイプを一揃えで使っていたのを見て我慢の限界がブチ切れ買ってしまった。

リボルトからお役御免になったスピリットエクスプレス旧モデルのカラビナは終了点の残置ビナにしようと考えています。
006_2013111121384167f.jpg
もうホンマにクイックドローはこれが最後の買い物にする。

先日の不動岩MCフェイスのリボルトにクライミングからお役御免になったアンジュフィネスを使ったが相当軽く腰への負担が然程ではなかったので今回の衝動買いは正解だったと自己満足している。
今日は堺市深井のナカガイへ
001_20131110203846870.jpg
一番乗りだったが
ナカガイ 001
昼過ぎまで貸し切り状態。

これでやっていけるのかと心配になった。

今日の相棒は
ナカガイ 002
あらみちゃん。

宿題の5.11-をじっくりオブザベ
ナカガイ 005
2便目にRP!

ナカガイ初のイレブンだそう凄い!

一方私も宿題の5.10+へ
ナカガイ 004
オーナー設定のこの課題今まで2便出したが登れていないというか終了点まで辿り着けていない。

今日こそはと取り付いたが果たして
ナカガイ 003
今までと同じ高度が限界やった。

赤の矢印が終了点なのだが、落ちたところから終了点までが10台にはあり得ない位悪い!

昼を過ぎて小さな女の子二人を連れた家族が来た。

そのお姉ちゃんの方が私が3便出しても終了点に辿り着けない5.10+を登り出した。

この子は小学生1年生か2年生くらいで身長は120~130cm位

その子がなんと!私と同じ所でテンションした、その子がクライミングを初めて七ヶ月くらいだと父親が言っていた。

私はクライミングを初めて10年以上経つ   情けない…。


あらみちゃんはイレブンを落として
ナカガイ 006


しっかし何時になったら10台が登れるのやろ…???
延び延びになっていた不動岩MCフェイスのリボルトが今日無事に終わりました。

事前調査や要員確保に尽力されたKINetの皆さま特に代表者の初Nさま大変お疲れ様でした。

MCフェースリボルト 001
岩場の取り付きにてリボルトに於ける注意点等の説明の後早速作業を

終了点とプロテクション設置班に分かれ作業をした。

ここの終了点↓↓
MCフェースリボルト 002

MCフェースリボルト 003
リングボルトですが三ヶ所からとっているのはまだ救われますが、ロープは設置後何年経っているのやら…。


プロテクション↓↓
MCフェースリボルト 005
PETZLのケイビング用ボルトハンガーとロックアンカーにて施工されています。

ハンガーはアルミ、ロックアンカーは鉄なので異種金属接触腐食により錆びています。

MCフェースリボルト 006
RCCボルトです。

JFAの岩場整備において打ち替え対象アンカーになっています。


今日新しく打ち替えられたものです。
終了点
MCフェースリボルト 009
FIXEステンレスラッペルステーション。
※今日打ち替えられたラッペルステーションにロワーダウン用としてのカラビナを残置していませんので最後の方は結び替えをして懸垂下降して下さい。

プロテクション
MCフェースリボルト 008
FIXEグルーアンカーステンレス。

作業風景
MCフェースリボルト 007

それからルートの中に下の写真のプロテクションがあります。
MCフェースリボルト 011
これはPETZLのロングライフ(ステンレス)というもので非常に信頼度の高いプロテクションですのでリボルト対象外でした。

MCフェイスの全景です。
MCフェースリボルト 012


今日は9時前から荷揚げ9時半頃から作業を開始し16時半ごろ全ての作業が終わりました。
MCフェースリボルト 013
不動岩登り口の駐車スペースで作業終了の挨拶を

本日参加された皆さまお疲れ様でした。

MCフェイスですが11日(月)より登れます。

PS
本日のMCフェイスリボルト作業はKINetにより行われました、私はJFA(日本フリークライミング協会)から派遣という形でお手伝いをさせていただきましたことを付け加えておきます。

それからこのブログをご覧いただいているクライマーの方で未だJFAに入会されていない方はこの機会に是非入会して下さい。
宜しくお願いします。
2013.11.08 リボルト
明日神戸市北区にある不動岩MCフェースのリボルトがKINetによって行われる。

私はそのお手伝いをさせてもらう。

え~っと何年か前に不動岩のリボルトがKINetによって行われたのだが、この時MCフェースは実施されなかった。

それはその数年前にMCフェースの岩場上部から大規模な崩落があったためだ。

今回はKINetにより事前に岩場上部の調査が行われ大丈夫との判断で行われることになった。

MCフェースには5.9~5.11bの6本のルートがある。

私も初心者のころ良く通った。

特に「サーティストーリー 5.9 15m」は小さなハングを越えて行く面白いルートであったと記憶している。

ただここのプロテクションの劣悪さは尋常ではないので今回のリボルトは喜ばしきことである。
一時間早退けしてGRへ

今日はキッズスクールの日か何時もはガラガラの時間帯なのに結構混んでいた。

今日は月が変わって初めてなのでマンスリー課題を
001_201311072051077e3.jpg
1~4と7を一撃、5は三撃、6は最後がランジのようなので止めた。

5は最後が両手マッチし足ブラから右足ヒールフックし左手マントルを返してプッシュしカウンターバランスで左足を切る、ゴールはツルツルの壁という設定で中々面白かった。

約二時間程遊んだので帰ろうとしたら我会のNさん、Mさん、Sさん(何方かのブログみたい)が来られた。

次回は9に撃ち込んでみようかな。
前夜村長さんから明日は晴との情報を戴いていたが、正しく見事な秋晴れだった。
岩花子 032

ながの村のとある景色。
岩花子 030
日本まんが昔話の一駒のよう。

猿もいました。
岩花子 031

この日もフラワーロックへ
岩花子 033
渓谷も秋の装いを
岩花子 035

壁は前日と打って変わってパリパリ。
岩花子 037
一番乗り。

早速アップを兼ね「小猿拳」にヌンチャク掛けを
岩花子 038

あらみちゃん、タカちゃんは「栗ご飯」でアップの後「花よりコルネ 5.12a」へ

トップバッターはあらみちゃん、出だしの3ピン間で悪戦苦闘のテンション祭りを
岩花子 043
ヒーッ!恐~い!と言いながらも何とか中間下まで、しっかしここからが核心の始まり数度のサデクリ落ちで戦意喪失タカちゃんとバトンタッチ。
岩花子 046
タカちゃんも同じように悪戦苦闘サデクリ落ちを繰り返すも核心抜け一歩手前まで到達。
この後あらみちゃんは2便、タカちゃんは1便出し少し曖昧な箇所は有るものの全てのムーブを解決して終了。
次回は2人揃ってRPするでしょう。

さて私だが勝負靴テスタロッサを履いてトライしたが薄被りのルートには合わないのか滑るのではとの思いに支配されスタンスに確り置けず早々に降りて履き慣れたミウラーVSで再度トライ。

不思議な事に滑るのではとの思いは消え最終ピンまでノーテンで登れた、がその先のムーブを試す力も気力も無く降りて大休止を。

回収便を兼ねた4便目、最終ピン手前でノーハンドレスト体勢を発見、お陰で少し余裕を残して最後の核心へ突っ込めた。
岩花子 059
しっかしライン&ムーブは意味不明、ハングドッグしては大フォールを何度も繰り返した結果終了点到達の目処が立ったところで時間切れ。

この日最終ピンにコロ付きヌンチャクを掛けていたので身体への衝撃も然程ではなかったし登り返しが楽だった。

次回のフラワーロックは23日24日の予定だが今から待ち遠しい。

この日は他に
村長さん、メグ姐、チカコさんがそして昼過ぎにマルコメ師とK村さんが来られた。
岩花子 047
上の写真に私以外全ての方が写っています。

「女ごろし 5.12c」のTO隊長。
岩花子 044

「トップガン 5.12c」のチカコさん。
岩花子 051
柚子と酢橘ありがとうございました。

ところでこの朝備中に移動された京都組の情報によるとニューエリアはパリパリだったとのことでした。

PS
フラワーロックの「チェンジングレーン 5.13a」の3ピン目か4ピン目のプロテクションのボルト自体が回って危険な状態になっています。近々グルーアンカーに打ち替えられる予定ですのでそれまでは登らないようにして下さい。(取り付きにその旨のメモをぶら下げています。)
打ち替えが済みましたらお知らせします。
3日日曜日曇天の下、タカちゃん、あらみちゃんを乗せ一路東城インターを目指す。

9時前に東城インター近くの道の駅に着いた途端雨が降りだした。
予報で雨は昼からとなっていたがながの村は朝から雨模様とのことだった。

奈落の底へ降りようかと思ったが、この雨では宿題の「danger zone」は登れないと思いフラワーロックに行くことにした。

駐車スペースには関西ナンバーの車が三台止まっていた。

渓谷はガスって視界不良。
岩花子 001

岩場には関西の顔見知りばかり居られた。
岩花子 002
Hさんいつもいつも美味しい珈琲ありがとうございます。

雨の降り続く中あらみちゃん、タカちゃんはOSとアップを兼ねて「まだまだ 5.11c」を、2人とも上部の垂れに恐れをなして後2ピンを残し敗退。
岩花子 019
垂れでビッショリ濡れた上部。

ならば私がアップを兼ねヌンチャク掛けを、核心抜けクリップガバホールドには水溜まりが出来ていたが全く問題無くクリアー、終了点クリップのカチもベチャベチャだったが滑ることなく再RP。

そしてあらみちゃんが
岩花子 009

岩花子 010
2便目にサクッとRP。

続いてタカちゃんもRP!
岩花子 011

なんと!2人して二撃し超ご機嫌さん。
岩花子 014

15時前に我々以外が帰られ静かになった。
岩花子 018

一時は大盛況だった。
岩花子 006


私はDr,Mさんに掛け替えてもらった本命の「小猿拳 5.12b」にトライ!
岩花子 015
小猿拳のDr,Mさん。

しっかし棚上3~4ピン間の小核心が出来ずブンブン舞うばかり、ご機嫌さんのあらみちゃんとバトンタッチ。

なんと!私が四苦八苦している箇所を意図も簡単に抜けて行きよった。

そして所々テンションしながも最終ピンまで到達。

続いてこれまたご機嫌さんのタカちゃんのトライ、タカちゃんには小核心は核心では無かった。

ええ時間になったので私が回収便を、が、やはり私には小ではなく大核心だった。しっかし2人に出来て俺に出来ん事は無いと不貞腐れ気味にムーブを起こしたら出来た。
岩花子 022
しかし最後のピンへのクリップも私には難敵やった。

何とかクリップしたがここから終了点までがこのルートの最大のハイライトの核心なのだが、既に精も根も尽き果てた私はあっさり降参しチョンボして終了点へ、ヌンチャク回収時にホールドを探ったが12bのグレードがこの部分に凝縮されているように感じた。

この日は暗くなるまでよ~く遊びました。
岩花子 024


この夜はオーナーズハウスで2人のツヨツヨ美女の祝盃にお付き合いさせて戴きました。
岩花子 025

この夜のメニューは
岩花子 026
タカちゃん手作りのチヂミ、ばか美味!

そして
岩花子 027
おでん。

今日はここまで


PS
この日フラワーロックの「まだまだ 5.11c」から数度、「猿拳 5.12c」から一度ホールド剥がれによる拳大の落石がありました。
ここは何度も注意させていただきましたが今後も落石が起こると思われますので「猿拳 5.12c」から「猿拳 5.12c」と「まだまだ 5.11c」を登っているときは絶対下に入らないようにして下さい。
そしてビレイヤーは必ずヘルメットを被るようにして下さい。
宜しくお願いします。
それから参考にフラワーロックの緯度経度です。

北緯  34°49′39″

東経 133°13′57″

です。
2013.11.02 威風堂々
今日は孫の音楽会があり聴きに行って来た。
001_2013110218565125c.jpg
ここに一年と六年の二人の孫が通っている。



一年生の曲目は、歌:きょうもあしたも一年生  合奏:クラッピング・ファンタジー第1番

この四月に一年生になった69人の子ども達が一生懸命大きな口を開けて歌う姿に自然と顔がほころんだ。



六年生の曲目は、合唱:ARASHI「ふるさと」 合奏:行進曲「威風堂々」第1番

もらったプログラムにこの演目を見た時、なんと難しい曲をと思った。

イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲で私の大好きな曲だ。

私は中学と高校の一時期吹奏楽部に居たのでこの曲を小学生が演奏するのにどうアレンジするのかと非常に興味をもちつつ聴き入った。

演奏が始まり『おっ!中々やるやん!』六年生76人、得て不得手な子ども達が混じる中でよくぞここまで纏めたと感動した。

演奏が終わって感極まって涙を流す子ども達の姿に私の瞼からも涙が流れ落ちた。

この「威風堂々」はイギリスでは第二の国家と言われ愛されているらしい。
2013.11.01 備中岩場情報
MORISAMAからの情報です。

備中・長屋坂の通行止が10月31日12時に解除になり通行出来るようになったとのことです。

長屋坂は冬場のエリアとして多くのクライマーに愛されています。
シーズンを前にしての通行止解除は有り難い限りです。


MORISAMA情報有り難うございました(*^ー^)ノ♪