プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:スポーツ
昨日早退けしてGRでコソトレを。

宿題のマンスリー7と10を

10は片付けられたが7はゴールに手を添える瞬間に落ちてしう。毎回同じ繰り返しで己の非力が情けない。

後水色1が登れたので良し!

今月は4回GRでコソトレをした。

今年後半に向けて故障しない程度でコソトレを続けて行こ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:身体
昨日風呂に入ろうと思いパンツを脱ごうとしたときに、右足太もも付け根裏辺りでピリッと引っ張るような痛みがあった。

ん!?なんやろ?と覗き込んだら米粒程の大きさの血豆のようなものがあった。

指で触ってみたらピロピロと動く、が、痛みはない。ん?ひょっとしてマダニかも!
マダニ 001
急いで虫眼鏡と手鏡で見たら血豆の周りから足が出ている。

マダニやがな~!時間的に病院は閉まっているので毛抜きでゆっくり慎重に噛み付いている付近の皮膚をゆっくり挟んだらポロッと取れた。
マダニ 003
動かないので死んでいるのかなと思いテッシュペーパーに包んでゴミ箱に捨てた。

しかしもしコイツが感染症ウィルスを保有していて発症したら厄介なんで、調べてもらおうと思いゴミ箱から拾いビニール袋に入れようとしたら動き出した。
マダニ 004
おうっ!生きとる!
咬まれたのは26日の日曜日のコウモリ谷対岸。それから2回風呂に入っとるのにまだ生きとるとはなんちゅう生命力。

で、今日会社の検査機関に持ち込んで検査を依頼した。


ここから《和歌山市感染症情報センター》の《マダニからの感染症》を参照します。

マダニによる感染症は
*重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
ダニに刺されてから6日~2週間程度で、原因不明の発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が中心です。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)など様々な症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。

*日本紅斑熱・つつが虫病
ダニに刺されてから、日本紅斑熱は2日~8日後に、つつが虫病は10日~14日後に、高熱、発疹、刺し口(ダニに刺された部分は赤く腫れ、中心部がかさぶたになる)が特徴的な症状です。紅斑は高熱とともに四肢や体幹部に拡がっていきます。紅斑は痒くなったり、痛くなったりすることはありません。治療が遅れれば重症化や死亡する場合もあります。

*ライム病
ダニに刺されてから、1~3週間後に刺された部分を中心に特徴的な遊走性の紅斑がみられます。また、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザ様症状を伴うこともあります。症状が進むと病原体が全身性に拡がり、皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状がみられます。

*マダニ媒介性の回帰熱
ダニに刺されてから、12~16日程度(平均15日)に発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感など風邪のような症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が現れます。

いずれの疾患も、症状には個人差があり、ダニに刺されたことに気がついていなかったり、刺し口が見つからなかったりする場合も多くあります。見た目だけでの診断が困難です。治療が遅れれば重症化や死亡する場合もありますので、早めに医療機関に相談しましょう。

受診時には、

・○月○日、野山に行った
・○月○日、草むらで作業した
・あの時、ダニに刺されたかもしれない

など日付け、場所、発症前の行動(2週間程度)を伝えましょう。


予防するには
予防するためのワクチン等はありません。ダニに刺されないようにするのが予防法です。マダニやつつが虫は木の葉や草むらの土の表面に生息していますので

・できるだけ草むらに入らない。
・野山に行く時は長そで、長ズボンなどできるだけ肌を露出しない。
・草の上に直接座ったり、寝転んだりしない。敷物を利用する。
・脱いだ上着やタオルは、不要意に地面や草の上に置かない。
・虫よけスプレーを活用する。
・帰宅後、すぐに入浴し、着替える。

などを心がけることが重要です。


コウモリ谷対岸ですが非常にマダニが多く生息していますので要注意です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日夏季休暇をとって神戸市中学校吹奏楽コンクールを鑑賞してきた。
コンクール 006
場所は神戸文化ホール
コンクール 003

コンクール 004
ハナの出番は昼過ぎだったが早目に行った。

普段全く聴くことのない演目ばかりだったが中学生とは思えない迫力とぎ技術レベルの高さに驚いた。

ハナ達の演目はロバート・ジェイガー作曲吹奏楽曲「シンフォニア・ノビリッシマ」。邦題は「吹奏楽のための高貴なる楽章」でした。

実は私もちょうど半世紀前の中学時代に吹奏楽部でクラリネツトを吹いていたがこれ程難しい演目は無かった。

久し振りにええ時間を過ごせました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
7月号は先々週届いていましたが遠征やらで今日の紹介になりました。
2015072709125445a.jpg
今月の花は
《柳花笠(やなぎはながさ)》…サンジャクバーベナ

・分類
熊葛(くまつづら)科 クマツヅラ属。
・学名
Verbena bonariensis
・開花期
4月~11月
・花の色
赤、紫
・分布
原産地は中南アメリカ、日本では逸出したものが帰化。
・生育地
庭植え道端や空き地など。
・植物のタイプ
多年草
・大きさ・高さ
50~150cm 茎の断面は四角形で毛が生えており、中空である。

*みんなの花図鑑を参照しました。

《村長日記》
今月は人生においての『運』に付いて書かれています。
将棋のプロ棋士が書いた本から引用されています。

日記の最後の方に『幸運』の女神に微笑んでもらうには、「笑顔」と「謙虚」が大切とあります。
上手くいった時は「運に恵まれました。」と謙虚に考え、上手くいかなかった時には「力が足りなかった。」と思えば良い。たまに上手くいった時には「俺の実力だ。」失敗した時には「ちくしょう、ついてね~な~。」などと逆の事を言っている人がいますが、ああはなりたくないですね。(←ギクッ!※)
先ずは、地球上の数ある国の中で、今、平和な日本に生まれた幸運に感謝します。
で締め括られています。

※(←ギクッ!)は私の心情で日記には書かれていません。



『運』なんですが、「運も実力のうち」とか「運は引き寄せるもの」とか言われていますが、「棚からぼた餅」式の幸運はそー滅多にあるものではありません。
私のよ~く知っているクライマーが限界ルートを1.5便で落とした方がいます。凄いですねぇ~と感心して言うと『たまたまですよ~十一(トイチ…10回に1回の割という意味)ですよ~』と謙遜されますが、一度家にお邪魔して手製トレーニング器具を見て実力のほどを納得したことがあります。
『幸運』の影には並々ならぬ努力があると私は思っています。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日あらみちゃんとコウモリ谷へ行ってきた。
こうもり谷 002
相変らず満水状態。

今日は対岸のルートのライン上に繁った雑木の処理をした。
こうもり谷 003
一応全て処理しました。

この後夕方近くなって「ネックエレキバンD  5.11c/d」にMOSトライを
こうもり谷 004
それまでの作業で疲れていたので1ピン掛けたところでテンション!

このルート3ピンへのクリップと5ピンから6ピン間が未解決。まぁ~A(5.11b)より易しいかも?

それから有料駐車オーナーのご厚意により8月2日の《こうもり谷草取り》の当日に限り元テニスコート跡に車を止めさせていただけることになりました。
こうもり谷 001
赤丸が出入口で青矢印は臨時駐車場の大まかな位置です。

この駐車場は臨時駐車場が満車になった時点で使用しようと思っています。

当日は世話役さんの指示に従ってください。宜しくお願いします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:身体
今日午前中に《北村クリニック》で脳血管のMRIと頸椎の血管のIMT診断を受けた。
IMG_201507252116106b6.jpg
検査後の問診の時の医師の第一声は『肉好きか?甘いもん好きか?血管がえらい太い!糖尿病の人より太い!』だった。

私は「肉も甘いもんも好きですがここ数年あまり食べないようにしています。」

そのご脳のMRIの画像を観ながら『脳の血管は綺麗や、瘤も細い個所も無いし、脳自体も異状は無い。ちょっと白くぼやけているのは年齢的なもんでこれが全体に広がれば良く無い。今のところ所謂脳梗塞や脳血栓の心配は無い。なんで薬を処方して飲む必要もない。このままで脂っこいものや甘いものを控えて行くように』

やれやれやけどIMT診断の検査結果のコメントに『あなたの血管年齢は80歳です。血管壁が高度肥厚となり危険性が高いので生活習慣病の治療が必要です。』と書いとる。グラフには私の評価は安全限界を遥かに超えとる。

しかし医師が治療の必要無いゆうとるからええか。ただこれからは岩場で甘いもん食べるの止めて煎餅類を食べることにする。

午後から女房の買い物に付き合った後、ハンガーの掃除を
004_2015072521160468d.jpg
これはコウモリ谷対岸の整備で回収したPETZLのハンガーでコンクリートボンドと錆びで汚かった。

それをグラインダーとワイヤーブラシで磨いた。
005_20150725211606aaf.jpg

なんと!
006_2015072521160851c.jpg
ピッカピカ!我ながらこれ程綺麗になるとは予想にもしなかった。

これは秋に小豆島に行った時の交換用にする。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
昨日早退けしてGRへ
20150724105436723.jpg
リードエリアに目をやると、ん!?何処かで見たような方が…。
20150724105436f84.jpg
アンパンマンさんとウメちゃんでした。

アップ後宿題のマンスリー7とレディース6をやろうと3の壁に行ったらレディース6が無くなっていた。

まぁ~ホールドを覚えていたのでやったがアカンかった。

マンスリー7も前回同様でアカン!ホンマ非力で嫌になる。
20150724105501b82.jpg
もう封印!

ある方がマンスリー10が簡単と仰っていたのでやってみた。
201507241054380b2.jpg
5便出したが全くアカンかった。これも封印!

水色を1本でも落とそうと堀こたつに行ったらレディース6があった。

やったら一撃出来た。

落とせそうな水色を物色して33が落とせそうに見えたのでやったらアカンかった。

見ていた若者が一撃して左腕の決めですね♪というのでやったら落とせた。良し!

又行こ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
《決行や!》
17日台風11号による豪雨で阪神間の交通網は殆ど運休や通行止め
ヨウコちゃんから再三『行くんですか?明日朝に出発しませんか?』との訴えに『遠いから予定通り決行や!』

相当の遅れを予想していたが、通常と変わらぬ時間に現着!内心『ふぅ~』

現地でチャリの男が付いて来いというで付いていった。
三連休 003
チャリの男はふゅきゃだった。
三連休 002
この夜はふゅきゃ家で雑魚寝。
お世話になりました。


《たかが50cmされど50cm》
18日はふゅきゃ家から約1時間の三倉岳へ

2年ぶりの外岩クラックのふゅきゃにテーピング指導
三連休 005
皆さん良く出来ました。
三連休 007

私は「ヒップクラック 5.9」にリードで
三連休 009
3年?4年?振りのクラックだったが後50cmまで順調に高度を上げて行けた。ここからがこのルートの真髄や、OSの時もここで落ちてローカル達を大喜びさせたと思いつつヒール&ツーをせなあかんと足元を見た途端落ちた。

なんとかトップロープをセットして順番にトライ開始。
三連休 014
1番手はヨウコちゃん。50cmに『どうしたらいいのか分からな~い?』
三連休 017
2番手はふゅきゃ。50cmに『意味不明???』
三連休 024
3番手はタカちゃん。クラックを無視してフェイス登りを、しかし50cmはクラックに身体を捩じ込み『上がらない~』
三連休 035
最後は経験者のあらみちゃん。トップロープながら唯1人ノーテンで抜けた。

この日唯1人成果を出したのは
三連休 027
ヨウコちゃんの「モアイクラック 5.9」RP
三連休 028
おめでとう!

今回宿
三連休 043
《三倉山荘》
三連休 047
ふゅきゃ君お世話になりました。又宜しく~!

《なぁ~んも見えへん》
19日夜半から雨。
三連休 056
朝起きても雨。ならばハイキングに
三連休 059
《青白ハング》もベッチョリ。
三連休 061
三倉の最高峰?なぁ~んも見えへん。
三連休 063
《三倉岳》?標識では違う方向になってたけど…。
三連休 068
《Aフランケ》負けた。
三連休 069
Bコース~Aコースを歩いた。約2時間程。

この後協議の結果帰ることにした。
後片付けしふゅきゃ家へ向かっていたら青空が広がって来た。

《バリバリ3》
21日はあらみちゃんとコウモリ谷へ

クライミング前に臨時駐車場の草刈りを
三連休 071
約2時間程
台風11号の影響で衝原湖も
三連休 074
ミーコ色。

一本橋も流されて
三連休 075
この橋は鉄道の枕木なんで重いのなんのて
三連休 076
必死のパッチ火事場のくそ力で元に戻しました。痔になりそお。

この日下界は暑かったようですが
三連休 083
対岸の岩場の《子年のエリア》の大岩の下から冷気が、霊気ではありませんのでご心配なく。

この日のあらみちゃんは「鷲鼻ハング 5.11d」を登ると言い出した。
三連休 089
この日というより最近頭を傾げたくなるようなルートに取り付くことが多い。

この三連休は結果、台風11号に振り回されましたが、無事故で終えれたことに感謝しています。

ところで小指その後どう?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今年で15回目となる《こうもり谷草取り》が8月2日(日)8:00よりおこなわれます。

臨時駐車場です。
IMG_0001_20111118204820[1]
草を取る場所は上の地図の『大歳神社』境内と周辺です。

昨年は134名の方の参加により臨時駐車場に入り切れない車が出たと聞いています。

今年から《対岸の岩場》でのクライミングが出来るようになりました。

そのため今年は昨年以上の参加者が見込まれます。

そこでお願いなんですが、車で参加の方は出来る限り乗り合わせて来て下さい

そして駐車場の左奥から出来る限り詰めて止めて下さるようお願いします。

ただし仕事や所用等で早く帰られる方は入口の右側に止めて下さい。

宜しくお願いします。

それからこの日に限り《こうもり谷草取り》に参加された方は『登録証』※が無くてもこうもり谷でクライミングが出来ます

※『登録証』の申請方法
このブログのブログ内検索欄に『こうもり谷登録証申請方法』と入力して検索をクリックして下さい。
こうもり谷入山取り決め、こうもり谷の復活再開とこれから、などこうもり谷に関する重要な記述が長々と書かれています。
その後に『こうもり谷登録証申請方法』が書かれています。
よ~く読んで理解した上で申請して下さい。
補足
ここ2年程登録証の発行はされていないようです。理由は長くなるので省略します。
《こうもり谷草取り》参加は登録証発行のための最低条件です。

準備完了!バリバリ3・4
臨時駐車場の草刈りを20日と今日やってきました。
三連休 072
20日はあらみちゃんと2時間程バリバリ。
今日は1人で
駐車場草刈り 002
4時間半程バリバリ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先月号に引き続き大岩あき子さんの《安全にクライミングをするために―アウトドア編―》を紹介します。
20150721115312272.jpg
今月号は「アウトドアクライミングの危険性と岩場での事故例」です。

アウトドアクライミングの危険性
岩場でのクライミングでは、ルート開拓をするのでない限り、事前に設定されたルートを登ることになる。その方法は大きく分けると、トップロープ、リード、フォロー、のどれかになるだろう。
アウトドアの経験がない初心者同士が初めて岩場に行く場合は、いきなりのリードは危険である。まずは、登りたいルートにロープを張って、トップロープで登るようにしたい。トップロープの注意点を以下にあげる。


1.トップロープクライミング

トップロープの支点

自然のものを使う場合

日本の場合、ルートの上に生えている木を使うケースが多い。最低でも直径30cm以上ある木を使うこと。しっかり根が張っていて、ゆすってもぐらぐらしないものを選ぶ。それ以下の細い木の場合は複数本使うこと。
・スリングを巻く場所は、なるべく根元の太い部分に巻く。ロープの擦れを防ぐためか上のほうの枝を使う場合は、必ず根元の部分からもバックアップを取ること。
・複数の木を使う場合には、長さを調整して均等に荷重がかかるようにする。
・メインロープが岩に擦れる場合は、スリングを長くしてロープが擦れないように、カラビナを傾斜面の下に出すようにしよう。


人工物(ボルトやラッペルステーション)を使う場合
まず、ボルトの強度を確認する。ボルトの種類は、溶剤を使って固めるケミカルボルトと中で広がって強度を出す拡張ボルトに分けられるが、拡張ボルトの中でも古いタイプのリングボルトやRCCボルトの場合は、岩の中に入っている長さが短いため、しっかり根元まで埋め込まれていないと危険である。
・ボルトがスリングで連結されている場合でも、残置スリングは使わず、直接ボルトから支点を取ること。
・グラグラしているボルトを引っ張ったら抜けてしまったという話も聞くので、新しいボルトでもしっかり設置されているかを必ず確認したい。
・トップロープの支点はそれがすべてとなるので、必ず複数の支点から複数のスリング、2枚以上の安全環付カラビナを使ってセットすることは鉄則だ。


補足(残置カラビナ)
トップロープをセットする時は、残置されたカラビナを使わないこと。安全面だけでなく、同じルートや隣のルートをリードした人がその支点を使って下降するための残置カラビナである。フリークライミングのエリアでは、持って帰ったりしないでほしい。

トップロープセットでの事故例

トップロープをセットするために、岩の裏側から歩いてトップへ行き、セットした支点でラペル(懸垂下降)したところ、そのまま地面まで墜落、死亡した例がある。
原因は、ロープをセットする時に使ったロープスリングの結び目が結ばれていなかったこと。友人から借りた用具だったため、結び目が中途半端だったことに気がつかなかったと思われる。


2.リードクライミング

ボルト位置とグレード


とにかく危険な要素が多いので、初めてアウトドアでリードクライミングをおこなう場合は経験者について行くようにしたい。
ジムとの大きな違いは、ボルトの間隔である。1本目のボルトが地面から3~4mの所に打ってあるのは普通のことだ。当然そこまではフリーソロ状態。クリップ前に落ちればグランドフォールし、大けがをしてしまう可能性もある。また、1本目のボルトが低い位置の場合は、2~3本目のクリップ前に落ちれば危険な状態であることも認識しておこう。
岩場のルートにはグレードが付けられているが、ボルト間隔とグレードは大きく関連している。易しいグレードの場合でも難しいグレードの場合でも、そのグレードが登れるレベルであることを基準にボルトの位置が決められることが多いからだ。難しい箇所(落ちそうなところ)にはボルトが打ってあるが、易しい箇所(落ちないだろうところ)にはボルトはない。つまり、自分の能力に応じたルートにトライしていれば、それほど危険な目に会うことは少ないが、自分の実力以上のルートに取り付けば危険度は高くなる。エリアによってもグレードは若干違うので、行った岩場が初めてである場合は、そこの岩場のグレードを把握し、自分のレベルと照らし合わせてルートを選びトライしよう。ボルト間隔が短いルートこそ、いきなり難しいという場合もあるので気をつけたい。


ボルトの強度
トップロープの章でも触れたが、ボルトの種類だけでなく、設置された年代や設置方法によってボルトの強度には差がある。どんなボルトが打たれているのか?さびていないか?ハンガータイプの場合は、ハンガーを止めているビスに緩みがないか?など登る前に、または登りながら確認しよう。クライミングは自己責任のスポーツである。ボルトの知識を得ることもアウトドアクライミングの基本と考えて、しっかり知識を持っておきたい。

ボルトルートでの事故例

●リードクライミング中、2本目のボルトでテンションをかけた途端に、ハンガーからカラビナが外れる事故がおきた。クライマーは取り付きより下部の岩にグランドフォール。後日死亡した。
原因は、テンションをかけた時にカラビナが回転していて、ゲートが開いた状態で荷重がかかり、ハンガーから外れたのではないかとみられている(過去にも同じ状況での事故報告がある)。

●クイックドローにクリップしながらクライミングしていたが、落ちた時に突然ハンガーが外れ、大きく振られて岩に激突。腰を打撲した。
原因は、クイックドローがかかっていたため、ハンガーが緩んでいることに気がつかず登っていた。チェックを怠ったミス。

●クライミング終了後、支点でのロープ結び変えを間違って墜落した。死亡。
原因は、ロープワークを熟知していなかったこと。

●ボルト3本目でフォールした際、ハング下のボルトが抜けた。落ちた距離は長かったがけがはなかった。古いボルトで、引き抜き方向に強い力がかかったため抜けたと思われる。この場合は長いクイックドローを使ってロープの屈曲を小さくすることが必要。その後ボルトがリボルトされ安全性は高くなった。


3.ナチュラルプロテクションルート

クラックをリードクライミングするためには、確実なプロテクションのセットを習得することが必要になる。事故の原因は、そのほとんどがセットミスまたはランナーアウト後の大フォールである。初心者は、経験者のフォローをたくさんやって、プロテクションのセットを学ぶようにしよう。
また、ジャミング技術の必要なルートでは、トップロープを使って安全な状態でジャミングの練習と共にプロテクションのセット練習をすることも必要。
リードに臨む時は、確実に登れるグレードから始めるようにしたい。


ナチュラルプロテクションルートの事故例

●グレードは易しいが、プロテクションがセットしにくいクラックルートをリード中に終了点間際でフォール、プロテクションが数個外れグランドフォール。死亡。
●クラックルートのリード中にフォール。プロテクションが2個外れ、その下のカムからカラビナが外れ、上部で落ちたにもかかわらずビレイヤーのいる岩の傍らの枯れ木に激突。軽傷打撲。カラビナが外れた原因は不明。
●クラックルートでフォール、セットしたカムがすべて外れグランドフォール。死亡。カムのセット方法を知らずに登っていたのではないかと思われる。


4.その他

人為的ミスによる事故例

●ロープの結び忘れ、結び間違いによる墜落。死亡事故と大けが(数件)
●ビレイヤーがビレイするロープを間違え、クライマーがグランドフォール。大けが。
●ルートの途中で天候が悪化し、ギヤの回収中にロープ操作を間違えて墜落。死亡。
●30mのルートを50mロープでクライミング後にロワーダウン、確保器からロープの末端が抜けグランドフォール。大けが。


起こりやすい危険な事例

●ビレイヤーによるビレイミス
●ハーネスのバックルの折り返し止め忘れ
●コールの聞き違いによるビレイ解除


用具の損傷による危険な事例

ボルトだけでなくクライミング用具全般にいえることだが、道具を過信しないようにしよう。カラビナが壊れたり、カラビナからロープが外れたり、スリングが切れたりする可能性はあり、実際に多くの事例が報告されている。大きな事故にはならなかった場合が多いが、注意してしすぎることはない。
●テンションしたカラビナが割れロングフォール。軽傷。
●落ちた時にロープの外皮が裂け、5mほど芯が露出。即座の対応で無事。
●ルートに長期間かけてあったクイックドローのスリング部分が岩に擦れ、切れかかっているのを発見。交換した。
●終了点に下降用として残置されているカラビナが、長年の使用で半分削れて細いまま使用されていた。もちろんすぐに交換。
多くの人はこのような危険に対して無知である。自分の命は自分で守る気構えがなければアウトドアクライミングを安全に楽しむことはできない。管理された場所ではないことをしっかり理解して臨もう。残置されている古いスリングやカラビナは、積極的に取り替えよう。


自然に起因する事故例

●リードクライミング中、手で触った岩が突然剥離。握ろうとしたが止められず、落石。フォールしたクライマーはビレイヤーが止めたが、その岩がビレイヤーを直撃した。片足骨折ですんだのは不幸中の幸いだったかもしれない。
●リードクライミング中、横方向に引いたノブホールドが剥がれ岩と共にフォール。テンションが入ったクライマーの頭にその岩が当たって流血。幸い頭に大きな損傷はなかった。ビレイヤーや下にいた人にも当たらず無事。
アウトドアクライミングは自然の中の遊びなので、さまざまな危険が待ち受けている。雷や突風などの天候の急変もある。濡れた岩はスリップしやすくなることや、湿気の多い時はホールディングも悪くなる。雨の中、無理にギヤの回収をしようとして事故を起こした例もある。また、ハチに刺されたり、ヘビにかまれそうになったり、サルの群れに囲まれたり……
持っている岩が割れたり欠けたりするのも不可抗力=運なのかもしれないが、いつ自分が危険な目にあったとしてもそれが最小限にとどめられるよう、注意してクライミングに臨むようにしたい。
けがをした時のファーストエイドや人工呼吸法、行くエリアに一番近い病院の場所。また、携帯電話の電波状況やSOSを発信する場合には、今自分がどこにいて目印になるものが近くにあるかどうか、そこに救急隊がくるためのアプローチはどうなっているか?などは常に把握しておきたい。
一緒に登るパートナーの氏名、住所、緊急連絡先、持病があるかどうかなども情報としてお互いに知らせておくようにしよう。
アプローチでのけがも多く報告されている。気が緩んだ時に起こる事故もある。時間的にも体力的にも余裕を持った行動ができるようにしておこう。
最近起きた重大事故の多くが頭部の損傷によるもので、ヘルメットを被っていたら助かっていたかもしれないという事例もあると思う。
ヘルメット自体の軽量化や機能性の向上により、以前よりもヘルメットを被ることへの違和感も少なくなった。危険を回避するための一つの道具として考えてもらいたい。



私自身も今までのアウトドアクライミングを振り返ってヒヤッとすること幾知れない経験をしてきたが大きな怪我無く現在まで来られたのは運が良かったのだろう。
そして多くの友人や知人がアウトドアクライミングで大怪我をされたり亡なったりされた。
その事故の大半がうっかりミスから起こっている、後から考えれば防ぎ得たと思われる原因だけに残念でならない。
気心の知れた仲間とのアウトドアクライミングは非常に楽しい、が、いざ岩に取り付こうと決めたら命をかけた真剣勝負との気構えで臨む。けっして大袈裟ではないと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
昨日早退けしてGRでコソトレをしてきた。
201507160857102c8.jpg
この日からジム用シューズにスカルパ《インスティンクト・レース》を履いてみた。
20150716090614081.jpg
今まで履いていたインスティンクトSは、あまりにも臭く廃棄した。

で昨日は前回ゴールで落ちていたマンスリー7を
20150716091100480.jpg
ゴールまでは難なく辿り着け右手も余裕で取れる、ただしここから左手を添える瞬間的に片腕保持になるし足ブラになって保持仕切れず落ちてしまう。
3回やって0.5秒程保持出来たが完登にはならない悔しい結果で又もや宿題に

7番をやっていて何気なしに左を見たらレディース課題の6があった。
201507160920091e1.jpg
あれ?これやってないででトライした。

この課題もゴールとゴールを取る前のムーヴが核心、私はツーフックでゴール取りカチを取ったが、設定者の意図は左ヒールフックだというので、やって見たが出来んかった。

この課題レディースにしては力強過ぎるとの常連達の声でしたが私もそう思う。
けど面白いからええか。

マンスリーとレディースの2課題が最後の一手で落ちて悔しいかったが、堀こたつの水色中級セッション課題2つを1撃と2撃出来たのでちょっと気分が良かった。

又来週行こ!

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
兵庫県神戸市六甲山にある《堡塁岩》の中央稜西面の「蜂の巣コーナー」に約30cm径の黄色スズメバチの巣があるとの情報がよせられました。
つきましては、下記の日時で撤去作業を行いますので近寄らないようにお願いします。

当日はご不便をおかけしますが、皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。


場所
兵庫県神戸市六甲山上《堡塁岩中央稜西面「蜂の巣コーナー 5.10a」》

7月18日(土) 10時~約3時間

作業者=クライマー有志
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日の備中清掃にタカちゃん、あらみちゃんとで行って来た。
備中清掃 001
備中は久し振りで今年初になる。

久し振り会う顔顔顔
備中清掃 004
1年以上の久し振りに会ったチョップ師から『老けましたねぇ~』と言われた。確かに1歳老けた。

私はキャンプ場をバリバリ
備中清掃 005
途中から助っ人が入ってバリバリ
備中清掃 010
めっちゃ!スッキリ!

その後前々から気になっていた炊事棟の屋根の掃除を
備中清掃 008
下から『滑らないで下さいよ~』とか『もう若くないんやから』とか注意され『大丈夫や!』と応えたあと、足が滑って危うく転落しそうになったが、つもり積もった枝葉で止まった。
ちょっと冷や汗かいた。来年からセルフビレイ取ってやろ。

ここも助っ人が
備中清掃 009
スッキリ!とまでいかんけど綺麗になりました。

あらみちゃんはキャンプ場トイレの掃除を
備中清掃 007
タカちゃんは小屋の掃除を

約2時間弱で終了。
備中清掃 011
今年から受付を終了後に変更。68名の参加者があったそうです。

ただ関西からの参加者が我々3人だけだったのが何とも寂しい限りでした。

清掃後に《姿勢改善の講習》がありました。類人猿姿勢の多いクライマーには非常に参考になる講習でしたが、
メニューが多くて覚えきれませんでした。

昼飯後に小屋で《TCNet 実行委員会》が
備中清掃 016
色々決まりました。いずれTCNetのホームページにアップされると思います。

その後《奥の院》の更に奥に開拓中?のエリアの見学に
備中清掃 019
ここはMORISAMAが開拓中のエリアで《元祖エリア》やったかな?
ここも今年中に開放される予定です。

ただアプローチが
備中清掃 020
小屋から約20分程。

昨日現在備中・帝釈全てのエリアが滲み出しや結露でベチャベチャだそうです。こんなことは非常に珍しいとのことです。

さて今後の清掃活動ですが

8月2日(日)コウモリ谷草引き 8時から

8月30日(日)ながの村清掃活動 8時から

以上です。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
鬼のイヤイヤ女房の居ぬ間に庭木の剪定を
002_201507112102360c4.jpg
玄関前の坪庭から
012_2015071121050435a.jpg
綺麗に丸~く?…歪やな。

続いて玄関右のエニシダも
005_20150711210240c4e.jpg
刈り取った枝葉をお隣に落とさないように
006_201507112102424f0.jpg
親しいからええやろはアカン!
007_201507112104596de.jpg
おうっ!スッキリ!

最後はカイズカイブキをバリバリと
003_20150711210238203.jpg

004_20150711210239f2b.jpg
見苦しいほど伸びとる。

ここも左隣へ落とさないように
009_20150711210502b29.jpg
ここの剪定にはハーネスを付けてセルフビレイでバリバリと
010_20150711210503595.jpg

011_201507112118113c1.jpg
我ながら上出来!これで女房も暫くはご機嫌さんでいてくれるやろ。

剪定は午前中に終わったの昼から○ナのサッカーの試合を見に行ってきた。
019_20150711211813d3d.jpg
地元のサッカークラブのエースストライカーらしいが最近スランプらしい。

相手が孫のヒロ○の居たチームだったので見に来ていた。
023_20150711211814ba3.jpg
久し振りに見たら大きくなっとった。背中は二男の○ウ○。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
某山荘で取り寄せてもらいました。
20150710085421f60.jpg
PETZLのGOです。

消費税込み1個961円でした。

何に使うのか?

多分クライマーなら殆どの方が経験したことがあると思います。

自分の限界グレードのルートを登っていて終了点まで辿り着けずルートの途中で行き詰まり、プリクリップ棒(チョンボ棒)を使おうとしたが長さが足りなかったり、自分より登れるクライマーが居なかったりして、途中のボルトにカラビナを残置してロワーダウンしヌンチャクを回収したことありませんか?

そのような事態に遭遇した時ように購入しました。

ただケミカルアンカーで整備されたルートであれば直接アンカーにロープを通して結び換えしロワーダウンすればよいのですが、何時設置されたか分からない錆びたボルトを使ってロワーダウンするのはそれこそロシアンルーレット状態で非常に心もとない心境で降りなければなりません。

そんな時にこのGOとプールジックスリングを使えば安全性が格段に高くなる方法があります。

これを知っていると知らないでは寿命に大きな差が出ると言っても過言ではありません。

この方法が詳しく載っているサイトがあります。

ALTERIAのホームページのスポーツをクリックし《技術情報》をクリックします。

その画面の《ロッククライミング》をクリックします。

カタログ掲載の技術情報の中から《敗退時の下降とギヤの回収》をクリックします。

《敗退時の下降とギヤの回収》画面が出てきますのでよ~く読んで下さい。

この方法は劣悪な終了点からのロワーダウンにも使えます。

ただ終了点からのロワーダウン時にGOを使わなくてもよい場合もあります。

そして途中敗退時も終了点からのロワーダウン時も必ず《プールジック》でおこなって下さい。

この方法のミソは《プールジック》を使う点にあります。

なぜ?《プールジック》なのか?プールジックはどちらの方向に引かれても止まります。

文章では分かり難いので近々写真入りで説明します。

こんなことは常識やろ!思われるクライマーも居られると思いますが、結構知らない方が多いので紹介しました。

という私も最近《プールジック》を使う方法を知りました。

それからなぜ?PETZLのGOなのかといえばコストパフォーマンスに優れているからです。

敗退用にはカラビナより絶対に環付カラビナが安全性が高いですが高価です、GOなら1/2~1/3で買えます。

GOの強度はゲートを閉じた状態で縦25kN、横10kNです。

それからプールジックも環付カラビナを使ってビレイループに接続して下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
今日、久し振りに早退けしてGRでコソトレを
001_20150709213315107.jpg
疲労の蓄積で腰の調子は最悪。

なんでガツガツせんとゆったり登ろうとの思いは課題を前にしたら何処へやら。

レディース課題とマンスリー課題に撃ち込んでしもた。

レディース課題は6番が2撃以外全て1撃。
003_20150709213318d79.jpg

マンスリーは1~6は1撃、7はゴールのホールドを取った瞬間落ち宿題に、8は2撃出来た。
002_20150709213317a4a.jpg

腰を労ろう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:閑人閑話
動機付け=モチベーション

クライマーの間ではモチベーション=やる気?になるかな。

少し前から私のクライミングに対するモチベーションが変わってきた。

何時から?どのように?

コウモリ谷対岸の整備の途中から私のクライミング対する考えが徐々に変わってきた。

それと共にモチベーションにも変化が。

どう変わったのか?

今までなら12のルートに、特に人気ルートに取り付きたい!との思いが強かったので、週末になると備中・帝釈を目指していた。

しかしコウモリ谷対岸整備の途中から備中・帝釈に行きたい!との思いにならなかったし整備が終わって暫く経つが

未だに行こうという気が起こらない。

今、コウモリ谷対岸の整備したルート25本に全てに取り付いて不具合を確める作業をしている。

その作業では9から11を登っている。

そして9や10や11に非常に面白いルートがある。

前々から言われていることだが、クライミングはグレードではなくルートの質にある。

今、それを実感しているのでコウモリ谷でのクライミングが非常に楽しい。

しかしコウモリ谷と備中・帝釈のルートの質を比べれば、やはり規模の大きさで備中・帝釈に俄然軍配が上がる。

今週末の備中清掃に日帰りで行きクライミングはしない。

これが動機付けになって備中・帝釈に足が向くようになればいいなぁ~と思っている今日この頃です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
今日予定になかったPUMPに行って来た。
PUMP 001
相方は毎度お馴染あらみちゃんと

今日で今年3回目のPUMP、なので課題は新鮮。
PUMP 003

昼過ぎて5.10cの3ピン~4ピン間でフォールしたので尻尾巻いて帰った。

しかし5.11bを2本一撃出来たので上出来やったと思っている。

次は何時かな?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日あらみちゃんとコウモリ谷へ
こうもり谷 001
《子年のエリア》の「ネックエレキバンD 5.11c/d」をやろうと思っていたが壁は結露?で黒っぽいので正面壁に

アップで「マーメイド 5.10」を
こうもり谷 002
続いてあらみちゃんが「ハットトリック 5.11b」をやるとうのに内心『気は確かか?』と思いつつ私もやった。

そうこうしているとポツポツ雨が、今日は曇りの予報やったのに外れや~。

こんな日でもクライミング大好きな顔見知りの2パーティーが
こうもり谷 003
「カンテ 5.12c」の終了点の動きの悪いカラビナに潤滑油を注すマルコメ師

15時頃から本格的な降りになったので撤収決定!
こうもり谷 007
しかし今日は「活断層 5.12a」の最後のハング越えを一発でクリア出来たので良し!
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ