FC2ブログ

不幸中の幸い

今日あらみちゃんと不動岩に行って来ました。
IMG_0002_20160117182825006.jpg
寒さなんて何のその!って寒いから早退けしました。

あらみちゃんはRP以来?年振りの「タイコ 5.11c」を
IMG_0001_20160117182823be1.jpg
最初の核心はお見事クリアーしたが次の核心でポケットを反対の手で取り敢え無くフォール。

昼休憩時に友人から昨日(16日)烏帽子岩でハンガーが外れる事故があったと連絡があった。

偶然事故の当事者と知合だったので電話で詳細を確認した。

事故は、烏帽子岩「目玉おやじ 5.12a/b」の3ピン目にヌンチャクを掛けロープをクリップしテンションを掛たところハンガーがボルトごと外れ当事者はフォールしたが2ピン目のヌンチャクで止まり辛うじてグランドフォールは免れ怪我はしなかったとのこと。

不動岩の帰りに現場を見に行ってきた。
12549008_775104475926759_6784387633905501952_n[1]
左のカンテラインが「目玉おやじ 5.12a/b」。写真は当事者が写したのもです。

そしてハンガーとボルトが外れた跡を確認してきました。
IMG_0004_20160117182826de2.jpg
使用されている資材は、10mmカットアンカーとFIXEハンガーでした。
施工状態ですが、私の見た限りアンカーを設置するための穴が深く開けられたためアンカーが岩に入り過ぎていました。

外れたハンガーとボルトです。
IMG_0006_2016011718282731d.jpg
アンカーにねじ込むボルト側は
IMG_0007_201601171828292ab.jpg
赤矢印辺りでボルトの色が違っています。約2/3程しかアンカーにねじ込まれていなかったと思われます。

そしてこのルートの特徴として、右上するカンテ沿いに登って行くのですが、少し被っているためハンガーに対して外側に引っ張られながら反時計回りの力が加わります。そして徐々に緩んで行ったと考えられます。

この様なハンガーをボルトで止めるタイプのルートではよく起こることです。

ハンガーが回っているかいないか?ヌンチャクを掛ける時に大概分かります。
そう言う場合、私は取り敢えず手でネジ込みます。
そして後でモンキーレンチで締めます。

私は常にモンキーレンチを携行しています。そして緩んだボルトや終了点のナットを気が付けば締めるようにしています。

日本の岩場ではまだまだハンガーをボルトで止めているところが多いです。
今回のような事故を防ぐためにも、ワンパーティーで一個モンキーレンチを携行することをお勧めします。

それからたまたま今日事故のあったルートにボルトを設置した当事者と合ったので事故の原因と今後の対策をアドバイスさせていただきました。

明日は雨かな?ならばレストしょ!

2016.01.17 | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-