プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
日曜日は姫路山神社獅子岩に行って来た。

今回初の組み合わせで
IMG_0134.jpg
オウジーズのよこちゃん、毎度のあらみちゃんの3人

狙いは獅子岩「TUKUSHI 5.12+」
その前にアップを中岩で
IMG_7587.jpg
日差しが暑くTシャツになったあらみちゃん。

私とよこちゃんはもう一本
IMG_7588.jpg
11aでアップ

獅子岩に戻り「TUKUSHI」にヌン掛けに登るが相変わらず出だしのデッドガバ取りが出来ない。
IMG_7624.jpg
その後のパートも厳しく各駅停車で呼吸を整えなければ次に進めない状態。

IMG_7628.jpg
この後右足をハイステップしデッドで伸び上がらなあかんねんけど出来ん!ここまでが私の最高到達点。
次回は何としてもムーブでトップアウトしたる!!


この日RPの期待が大きいよこちゃんの1便目、核心抜け最後のデッド甘カチを押さえたかに見えたが押さえどころが悪くフォール。

続いてあらみちゃん。
IMG_7601.jpg
出だしのデッドガバ取り
ガバまで届くようになったが保持するにはもう5cm左。

IMG_7630.jpg
2~3ピン間にある唯一のガバを目指すあらみちゃん。

IMG_7633.jpg
唯一のガバから核心抜け最後のデッド甘カチ押さえ体勢前のあらみちゃん。

IMG_7635.jpg
最後のデッド甘カチ押さだがあらみちゃんはスーッと身体が伸びて吸い付くように甘カチを押さえる。私は全く出来ない。

あらみちゃんは出だしのデッドガバ取りと2ピン目へのクリップが出来たらRP出来るやろ。
私は2ピン目へのクリップは出来るが出だしのデッドガバ取りと最後のデッド甘カチ押さえが出来ない。

さてこの日私の中で必ずRPするやろと確信していたよこちゃんの2便目
IMG_7609.jpg
ワンテン要因の甘カチを睨み付けるよこちゃん。
IMG_7610.jpg
出だしのガバを取ったよこちゃん。私の見る限り失敗は無し。
しかし当初は中々取れなかったと聞いて少し安堵した。

IMG_7616.jpg
唯一のガバから3ピンにクリップするよこちゃん。

IMG_7618.jpg
最後の甘カチを押さえた瞬間。

IMG_7623.jpg
おめでとお!第4登かな?

初登は私と歳が変わらないM師匠でルート設定者でもあります。2登3登は大阪の強強クライマーのSさんとYさんだと思うので
よこちゃんは第4登になります。
第5登は誰かな?あらみちゃんが一番近いかな?

よこちゃん次のターゲットは
IMG_7636.jpg
獅子岩左端にある「ZENMAI 5.12+」
設定&初登はHプロフェッサー

IMG_7638.jpg
プリクリップスタート、そしてビレイヤーは必ずセルフビレイを

IMG_7640.jpg
壁の弱点を見事についたルートとの事だが、左に行ったり右に戻ったりとあみだくじライン。

流石ボルダー有段者のよこちゃん2、3回のテンションでトップアウトしよった。

私も触ってみた。
IMG_7645.jpg
「TUKUSHI」より可能性があるように思えたが、よこちゃんが登った時最初のトラバースで使うガバカチが剥がれて細カチになった。小人族ならガバやろうなぁ・・・。

RPしたよこちゃん、最後の核心を解決したあらみちゃん達は意気揚々下山
IMG_0136.jpg

そして何時ものたい焼き屋へ
IMG_0137_20170227144718a3d.jpg
よこちゃんの実家が○ー○屋さんやったとは意外で驚いた。

今シーズンもう一回行こかな・・・。

余談です。
ツエルブハンターのH仙人が26日土曜日に白嵓の「葛藤 5.12a」をRPされたそうです。
今年早くも2本目をゲット!素晴らしい!

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は実際に起こったカラビナの破断に付いてです。

2月初めに友人から下記の連絡がありました。

*****
1月28日、友人がある岩場でカラビナの破断事故がありました。5.11bのルートの終了点から3ピン目で、フォールしたときに、カラビナが壊れたそうです。ヌンチャクがロックしたのかもしれませんね。ここは最近リボルトされたルートですね。参考までに写真をアップしておきます。
幸い、友人に怪我はなかったそうです。(一部修正しています。)
破断したカラビナ - コピー
*****

早速上記の内容と写真をJFAへ報告するとともに当事者に詳細を聞いてくれるよう友人に依頼。

JFAからの返事
*****
変形の状況から見て、クロスローディングしか考えられません。
長軸側がハンガー、ゲート側のそれも開閉個所にスリングで、最悪のパターンと
推測されます。

要はハンガー側のクィックドローが回転した状態で、周辺の岩の突起などに引っ
かかって固定されたのでしょう。アンカーの埋込深さより、周辺の岩の突出が問
題ではないでしょうか。

アンカー周辺の岩の状態を見たい気がします。
*****

この返事を受け直ぐに現場の確認に行きました。

当該箇所との指摘があったボルト
IMG_0087.jpg
ボルトの施工具合は全く問題無し、ボルトの周囲にも顕著な凹凸は無く同じカラビナのヌンチャクで色々試したが変則な状態でロックすることは無かった。

ここでは無いなぁ~と下を見て『あれや!』と瞬時で分かった。
IMG_0094.jpg
ボルトの右側6cm位から壁が膨らんでいるのとボルト右上辺りのケミカル溶剤が盛り上がっていた。
IMG_0090.jpg
赤で囲んだ箇所です。

破断した同じカラビナのヌンチャクで試したら
IMG_0091_201702221345109de.jpg

IMG_0092.jpg
ゲートの向きに関わらず簡単にロックした。

写真を写した後問題箇所を修復しました。
IMG_0096_2017022213451253d.jpg
これで膨らみが無くなったのでロックすることは無いと思います。

このルートのリボルト後に問題箇所は無いか登って確かめたし、破断が起こるまで何十人ものクライマーが何百回と登っていたと思う。改めてクライミングではなにが起こるか予測し兼ねると思いました。

当事者の当時の状況です。
*****
先日5.11bの終了点から数えて3ピン目(4pin目だったようですね)で,フォールした際に
カラビナを破損してしまいました。

推測される経緯は,次のような感じです。
ロープをクリップした時にクイックドローが正しい状態であったかは覚えていません。
支点より左側を登ろうとして,クイックドローも左に引かれ,カラビナが横に向いた。
テンションをかけようとコール。同時に腰を支点の方に近づけてフォール。
クイックドローを水平方向に押す力が働き,横向きのカラビナが支点に乗り上げたまま,
乗り上げた部分とゲート部分がてこの支点となって大きく曲がった。
原因はクリップ時の確認不足,フォールの仕方の複合と思われます。

フォール後の状況ですが,写真の状況ではなく,ゲートも閉まったままで完全に破断したわけではありません。
クリップしたロープを外し,ゲートを開けようと試みましたが,曲がっていたので開きませんでした。
そこで,スリング部分を握り,ゆすると折れたので,回収が可能となりました。

地面についてから,改めてみますと,外した時よりもさらに曲がりが大きくなっていました。
ゲートが外れたことで,残った部分にかかっていた歪が解放されたものと思われます。

ちなみに私は身長185㎝,体重70㎏とクライマーとしては横綱級です。実力は序二段ですが・・・。(一部修正)
*****
怪我がなくて本当に良かったです。

さてカラビナが横になるのは決してグルーイングボルトに限った事ではありません。
IMG_0773.jpg

IMG_0774.jpg
上記の様な状態を一度は目にしたことがあると思います。

カラビナの強度ですが
IMG_7581.jpg
縦(赤矢印)、横(青矢印)、そしてゲートが開いた状態で変わってきます。
IMG_7582.jpg

強度はカラビナに表示されています。
IMG_7574.jpg

IMG_7575.jpg
横は縦の1/3程の強度しかありません。もし横になっていたら労を惜しまず直しましょう。

もう一点グルーイングボルトとワイヤーゲートカラビナの相性に付いてです。
IMG_7578.jpg
ボルト側にワイヤーゲートを使ったヌンチャクをお持ちの方は要注意です。

グルーイングボルトとワイヤーゲートカラビナの相性は悪いです!

何故か?
IMG_7577.jpg
理由は通常のワイヤゲートタイプのカラビナは写真の赤丸と青丸のように接点が2箇所になりゲート部分が「面」 と同じになるために、特にグルーインボルトではゲートとボルトの「 接地面積」が増え、その結果、 カラビナがボルトに乗って脱落したり、墜落時に ワイヤーゲートがマイナーアクシスのまま安定してしまい、ゲートがへし曲がる事例が確認されています。

数年前からJFAのリボルトではFIXE社のグルーイングボルトが使われています。
当初施工方法として下記の写真のように壁に垂直に埋め込むようにFIXE社より指導されていました。
IMG_7571.jpg
しかし数年前に上記の事例が報告されたため斜め下15°程の角度を付けて施工するように変わりました。
IMG_7573.jpg
高強度でカラビナの摩耗も少ないグルーインボルトですが、万能ではありません。使用するカラビナやスリングなども十分考慮したほうがいいでしょう。

※注意点
しなやかさに欠ける太い劣化したスリンング、短いスリング、ハンガー側も回転防止を施したクイックドロー=×(ロープの流れに追従しきれず、外れやすい)
IMG_7585.jpg
赤矢印のようにボルト側のカラビナを固定するのはダメです。

最近各メーカーから発売されている、しなやかなダイニーマ製で長めのスリングを用いたクイックドロー=〇(ロープの流れに追従し外れにくい)カラビナがボルトに乗って外れる事案が多発したからです。

長くなりましたのでここらで終わります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先週届いてました。
P1020043.jpg
一面の花の名を色々探しましたが分かりませんでした。

今号の【村長日記】に普段は全く気にすることは無いが、ある岩場に行くと非常に気になる生物の正体が書かれていました。

日記から抜粋
ふれあいセンターの校庭や講堂の前などに、キクラゲのようなぐじゃぐじゃの気持ち悪いコケか藻のような物が繁殖しています。
よそでもいろいろな場所でよく見かけます。乾燥していればまだマシですが、雨の後などぬかるんでる時は最悪です。
ヌルヌルでぐじゃぐじゃ、うっかり踏んだりすると滑ってコケそうにまります。いったいあれはなんでしょう?

私も同じ疑問をある岩場に行けば非常に気になっていました。

その答えが村長日記に書かれています。

調べてみたらありました。イシクラゲと云うそうです。陸棲藍藻類(りくせいらんそうるい)、菌類の一種です。
ワカメのようなキクラゲのような見た目ですが、植物やキノコではなく、光合成をして栄養作り、分化して増えていく菌類らしいです。
乾燥している時は、代謝が著しく低下しておりカラカラですが、死んではいません!水分を得れば再び繁殖、増殖を始めます。
古くは食用にもされたとか!
駆除方法ですが、通常の除草剤はあまり効きません。コケや藻に効くといわれている酢もダメなようです。除草剤を撒いて雑草が枯れた後にイシクラゲが大量に発生したという事例が多くあるそうです。
現在最も効果的とされているのが、「コケそうじ」という商品名の除草剤だそうです。
ただ、たっぷり全体に散布して一気に全滅させないと、少しでも残っていると再び増殖してまた、元に戻ってしまうため、完全に駆除するのはなかなか困難なようです。厄介ですねぇ。それにしてもいろんな生物がいるもんです。

そお!ホンマに厄介で気持ち悪い!このイシクラゲが繁殖している岩場ですが、高知県の大栃の岩場の「酔鯨 510c」と「婆沙羅 5.12c」の下部にびっしり生えています。
「酔鯨 510c」の1ピンと2ピン間ではホールドやスタンスがイシクラゲに覆われているし、「婆沙羅 5.12c」の4ピン辺りでフォールするとイシクラゲ地帯に着地するのでシューズにイシクラゲの破片がこびり付きます。

昨年しいちゃんとローカルの方が掃除をしてくれ綺麗になりましたが、完全に取り除かれていないので又繁殖し盛大に蔓延るかもです。
大栃に行く度、高圧洗浄機で根こそぎ飛ばしてやりたいと思うが、これをやると生息範囲を広げるだけになりそうなんで止めた方がよさそう。

小まめに掃除するしかないかな・・・・・。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
先の土日は又してもここ
IMG_0105_20170220143141de1.jpg
三重県大紀町【白嵓】に

紀勢道大宮大台ICで降り国道42号線を尾鷲方面に右折し約10分程走ると
IMG_0106_20170220143143cb3.jpg
岩場に、青矢印は岩場、赤矢印は駐車スペース(詰めれば4台程止めれます)、黄色矢印の民家の前にも2台程止めれます。

今日こそ一番乗りと思いきや白いHONDAが
IMG_0107.jpg
このお方には勝てん(苦笑)

昨年元祖奥の院以来でした
IMG_0108_20170220143146713.jpg
ここに来ていると言うことは・・・・・。

お会いする度美味しい珈琲をいただきながらしばし情報交換を

この日のアップは【悪い!】と評判の「仙人掌(サボテン) 5.10a」を、言われているようにホンマに悪かったですがMOS!

そしてこの日の第一目標「寄り道 5.11a」にMOSトライ
IMG_0109_201702201431471b6.jpg
このルートのトポに『平行クラックの効く部分を的確に見つけ出すのがカギ』とあるようにMOSトライで効く部分を的確に探せずテンションし失敗。それを見ていたあらみちゃん核心を難なく越えFLか?と思った瞬間にテンショ~ン!
四十路になって分別がつくようになったようです。

IMG_0110_20170220144611aa1.jpg
「寄り道 5.11a」を私の後で(ここ大事!)2撃したあらみちゃん。

続いて私は前回悔しい宿題になった「トンガリコーン 5.11a」にMRP狙いでトライ。前回全く取れなかったハング内のポケットはイメージしていたムーブがドンピシャ正解で楽々に取れた。内心『いただき!』と右足を上げ左足をヒールフックして次のガバを取ろうとするが、んん・・・・?腰が落ちたままで次の手が出せない。何度かやり直すが腰は落ちたまま、でMRP失敗。

同じルートを小柄な可愛い女性が2撃するのを見て2便目に試したらガバが目の前に有ってRP!右足を上げたままが間違いでした。

次にあらみちゃんと「葛藤 5.12a」を
IMG_0113.jpg
あらみちゃんは3便目にワンテンに、私は3ピンへのクリップホールドが上手く取れずに終了。

このルート名の由来は左壁を使うと5.11bだと背の高いふゅきゃがゆうとった。

しかしトポには『左上するクラック。下部は左壁に足を突っ張って楽々だがクラックが途切れる上部が核心。』と書いてある。

あらみちゃんは2ピン目くらいまで左壁を使っていたがこれはどないやろ?

取りあえず明日は二人して終わらそうと下山

何気なしに川向こうの山を見たら入道雲のような雲が
IMG_0115.jpg
どうりで暑いはずやった岩場の気温は33℃を越えとったもんなぁ~(直射日光の下での計測ですが)

この日の宿は
IMG_0117_201702201446164d7.jpg
【民泊井戸ばた】

IMG_0118_20170220152011bad.jpg
女将さん手作りの雛人形がお出迎え

この日の晩飯は
IMG_0120_201702201520121ce.jpg
前日孫が釣ってきたグレでグレづくし

初めて食べた刺身があっさりして美味かった。


翌日朝も女将さん手作りの料理を堪能
IMG_0121.jpg
ヨーグルトと納豆を混ぜ合わせたのが美味しかった。

この日は3番手でした。
IMG_0122.jpg
赤矢印から上がって行きます。岩場まで5~8分位かな?

この日も奥様淹れ立ての珈琲(いつもありがとうございます)で一息ついて最上段の「真っ黒クロスケ 5.10a」でアップ後「葛藤 5.12a」を
IMG_0125_20170220152734d4e.jpg
ヌンチャク掛けに左壁を使って登ったらMFL?MRP?した。

そしてあらみちゃんの1便目、昨日と同じく2ピン目近くまで左壁を使いRP!

私は1ピン目まで左壁を使うことにしてトライしたが2ピン目へのクリップが出来そうだが失敗したらグランドフォールするのでテンションし失敗。

その後あらみちゃんが文句は言わさんと1ピン目まで左壁を使うだけにして再RP!(文句言いません)

私はあらみちゃんの手に足ムーブが股関節の固さで出来ないので2ピン目近くまで左壁を使いRP!

トポからすればOK!なんやけど・・・あらみちゃん『ええんとちゃう!』、俺『くそ!ええねん!』

それを見ていたお方がにんまり
IMG_0130_20170220155048854.jpg
今週頑張って下さい!

最後に前回二人ともハングが越せなかった「道普請 5.10c」を
IMG_0126_201702201527352f0.jpg
あらみちゃんがMRP狙いで取り付いたがやはりハングを越せず敗退しバトンタッチ

私もハング越ムーブをキョンやらヒールフックやらあれこれやるがガバまであと数センチ足らない(背の高い奴には楽勝やろと内心毒づく)。
最後のトライやと焼け糞気味にあるムーブをやったらガバに届いてRP!

降りて嫌がるあらみちゃんにあのムーブやと言っても全く信用しない、近くにいた小柄な(150cm)女性があのムーブで私でもガバに届きましたよと言うのを聞いて再トライし、余りやらないあのムーブに四苦八苦しながらも何とかハングを越えRP!

降りて『葛藤 5.12a』が登れたより嬉しいわ。

今回の成果
あらみちゃん
「真っ黒クロスケ 5.10a」 FL
「道普請 5.10c」 RP(2日3便)
「寄り道 5.11a」 RP(2便)
「葛藤 5.12a」 RP(2日4便)


「仙人掌 5.10a」 MOS
「真っ黒クロスケ 5.10a」 MOS
「道普請 5.10c」 RP(2日2便)
「寄り道 5.11a」 RP(2便)
「トンガリコーン 5.11a」(3日5便)
「葛藤(左壁有) 5.11b」 MFL
「葛藤 5.12a」 RP(2日4便)

2回目の白嵓だったが8mm径のカットアンカーが多いのとハンガーが回る箇所が多数ある、ボルトが錆びている箇所もあるしで早急にリボルトの必要性を強く感じた。
次回のJFA理事会時に申請しようと思っています。

今回は2日間共に晴天に恵まれ暖かい日差しの下でクライミングが出来ました。

何より一番の成果は行き帰りの無事故と岩場で怪我も無く楽しめたことです。

今回もお会いしたHさん東京からとのこととお聞きして私のモチも上がりました。

次回の白嵓がいつになるのか分からないが「花ずきんちゃん 5.11c」と「目覚めの一発 5.11b」をやりたい。



※白嵓の緯度経度です。

北緯:34.325451

東経:136.404739
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今年も懲りずに
e0069822_19522688[1]
今年も「北山公園清掃登攀」の季節がやって参りました。

日時
 2017年3月5日(日)10:00~ (少雨決行)
 (悪天候により中止の場合はブログ【Soliloquy】に書き込みします)

場所
 北山公園桜の園(池の花見広場)。北山公園入口から徒歩約10分(下図参照)。
 出来る限り公共交通機関で来て下さい。また、車で来られる方は、出来るだけ乗り合わせて来て下さい。

内容
 ボルダー周辺と植物園内のゴミを可燃物、不燃物に分けて拾います。
 ゴミばさみ、軍手は各自で御用意下さい。ゴミ袋はこちらで用意しますが枚数に限りがあるので、コンビニ袋とかがあれば便利です。

その他
 今年は、子供向けのトポを作ろうと考えており、その為にベータ版を配って、子供達が喜びそうな場所を探したいと思ってます。また、写真もイッパイ撮りたいので、子供連れ・ファミリーでの参加を宜しくお願いします(^-^)ノ
 勿論、例年通り清掃後のセッションもありますので、沢山のクライマーの参加をお待ちしてます。目一杯登り倒して下さいね(o^^o)

桜の園マップ
e0069822_19531172[1]

※この記事はブログ【Soliloquy】の管理者(キタヤマニアさん)から許可を得て一部修正し転載しました。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今年は所得税の確定申告を我が家のパソコンからやった
P1020042.jpg
ややこしいかな?と思いながらやったが簡単に出来た。

確定申告に必要な書面の数字を打ち込むだけで約1時間程で終わった。

今までは税務署に行って何時間も待っていたがこれは楽でええわ。

ただ今まで税の還付ばかり受けてきたが今年は税を収めなアカンことになった。

今の職場での給料から所得税は引かれていないので当然かな?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
やっと終わった
P1020041.jpg
いやぁ~~かかった~一週間で片付くやろうと思っていたけど蔦類の絨毯には参った。

結局2週間と2日かかった。

幾ら上物が綺麗でも足元が汚れていたら不潔でだらし無く見える、これで暫く手を入れんでもええやろ

因みに手を入れる前は
P1020010_201701241324008f7.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
今日昼から三宮で買い出しついでにGRへ
P1020040.jpg
今日は学生が多かったもう春休みかな?

いつも通りレディース6課題から
P1020039.jpg
今週は全部登れた

あとマンスリーの12をやったが最後の一手が出せなかった

マンスリーは難しいので水色課題をつまみ食い、5課題触って3課題終わらせることが出来たので気持ち良く家路についた

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
今日、総合運動公園で西区ファミリーロードレースがありセナが個人ロードレースと駅伝を走るというので応援に行って来た。
IMG_7569.jpg
ここはバスの運転手時代にマラソン練習や社内駅伝大会で走り回っていた場所なんで懐かしかった。

IMG_7476.jpg
個人ロードレースは1kmを3分45秒で走り19位でした。

一番の鉢巻は私の現役最後の駅伝の時に仲間が用意してくれていたものだがセナが何故か気に入って巻いて走った。
お陰で直ぐに見付けられた。

駅伝は地域のサッカークラブの同学年仲間と
IMG_7473.jpg
5区間で仲間内で一番速いセナは1区を
IMG_7500.jpg
セナは中間より少し上でタスキを繋いだがその後遅れて後ろの方でゴールした。

今日は空気が非常に冷たく午後から雪が舞ったりして寒かったが子供達夫々一生懸命走る姿を見ていると楽しかった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は当初PUMPに行く予定だったが、起きて空を眺めると雲一つ無い青空に急遽不動岩に変更
IMG_0098.jpg
天気予報の曇り雪の影響か道場駅前にクライマーらしき姿は皆無だった。

登り口の駐車スペースに一台も車が止まっていなかったのには驚いた。

まさか貸切?と正面壁に着くと先日白嵓で一番乗りに先を越された方が居られた。今回も負けた。

「リトルボーイ 5.10c」でアップをしていると隠密N師匠と新さんが来られ、しばらくするとカバさんとボスが来られた。
IMG_0102.jpg
今日の正面壁は3パーティー6人の超ガラガラ、お陰でゆっくり登れた。

カバさんだが近頃の強烈寒波の所為かロバに変身してましたわ。
IMG_0103.jpg

しかし今日は燦々と陽が壁に照り付けロバに変身したカバさんは
IMG_0104_201702111701031e5.jpg
Tシャツで登ってました。

私とあらみちゃんは「リトルボーイ 5.10c」「ミート&ポテト 5.10a」「ペガサス 5.11a」を登って昼飯後に私が「金太郎飴 5.11a」を登ると言ったら『やめとき悪いで~』と言うので『久し振りやからええねん』と言い返して登ったがホンマ悪くテンションしてしまった。

金太郎飴は甘く無かった、久し振りに両前腕が強烈にパンプした、次回リベンジしたる!

そのあと以前から気になっていたスカーフェイスの「犬と猫 5.11b」をやりにいったが居合わせたN師匠と新さんとでオブザベをしたが出だしのハング辺りに『こりゃ~ホールドらしきものが無いで』でやらずに退散

少し早かったが雲も出て来て寒くなったので下山

そりゃそーとカバさんによると今日はPUMPでコンペがあり登れないとのことだったがTNF CUP 2017 が行われていた模様

不動に変更して正解やったし天気予報のお陰で空いていたし気温の割に暖かく寒がりの私にも暖かい一日でした。

そして怪我無く無事故で終えれました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
第156回 芥川賞受賞作
P1020038.jpg
同じ灘区出やし財布に五百円の図書券があったので買った。

脚本家倉本聰が開設した【富良野塾】の二期生の二年間の生活を書いている

こんな小説初めて読んだ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
今日は昼から散髪のあと今年初のGRへ
P1020037.jpg
常連のTさんご夫妻や顔見知りの方から声を掛けていただき楽しく登れました。

今日はレディース6課題とマンスリー10課題と水色2課題にトライ

結果はレディースの5番とマンスリー11番と水色1課題が登れなかった。

久し振りにしてはまあ!登れたかな
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今日は岩場に設置されているボルトについての話です。

日本(多分)ではルート開拓に使用するボルトに何を使おうが開拓者の自由になっています。

本チャンでよく使われているのがリングボルトとRCCボルトですかね。
P1020030.jpg
横尾谷屏風岩の「雲稜ルート」にはPETZLのケイビングアンカーが打たれています。
P1020036.jpg
昔登った時にこれが打たれていてホッとした覚えがあります。

今もフリーのルートでたまに見掛けることがあります。

JFAによるリボルト前の多くの岩場で見掛けるのはオールアンカーとカットアンカーでしょう。
P1020032.jpg
右はスチール、左はステンレスです。

この弱点はボルトが中空になっていてナットで締めれるようにネジが切られています。
なのでネジの谷の部分の肉厚は1mmも無いと思います。

それとこのボルトは引抜強度は多少あっても横方向(クライミングでは下方向)からの荷重には非常に弱いです。

数年前に駒形岩大ハングにオールアンカーで施工されたプロテクションを使ってアブミの練習をしていたクライマーが体重を掛けた途端ボルトが折れて大怪我をした事故がありました。

次のカットアンカーもよく使われています。
P1020031.jpg
右は外部コーン式で岩壁に適正な深さの穴を開け専用工具で叩き込んでクサビ形のコーンが穴の底にあたる事によってアンカーが拡張し固定する仕組みになっていますが、適正な深さの穴を開けるのが難しく、深過ぎるとアンカーが岩壁にめり込んでしまいボルトが充分に捩じ込めなくなりますし浅ければアンカーが岩壁から出てハンガーが岩壁から浮いた状態になります。

左はクサビ形のコーンがアンカー内部にあって設置方法は外部式と同じですし穴開けの浅深具合による不具合も同じです。

この内部コーン式カットアンカーの設置不具合による事故が烏帽子岩でありました、幸いクライマーは無傷でした。この事故は穴を深く開け過ぎていてボルトが充分ねじ込まれていなかったのが原因でした。

現在深く開け過ぎた場合の不具合対策としてアンカーのネジ側に反りを付けて中に入り込まないようなアンカーも販売されています。

カットアンカーが適正に設置されていれば強度的には問題はありませんが見た目での判断は出来ません。

上記の不具合を解消したのがグージョンボルトです。
P1020034.jpg
ボルト径と同じ径で深めの穴を開けハンガーとワッシャとナットを取り付けた状態で叩き込みます。
そして適正な深さまで叩き込んでナットを締めればウエッジが残り固定されます。

深めの穴を開ける訳は、もし使わなくなった場合ハンガーを外して叩き込めば岩壁内に収まり穴をコンクリートボンド等で蓋をすれば殆ど跡が分からなくなります。

ただしこれも万能ではありません、岩質によっては不具合が生じます。

石灰岩、凝灰岩等岩質が不均一な岩には向いていません、確か有笠山で抜けたと聞いています。

不均一な岩質用?としてウエッジを2個付けたのもが出ています上の写真の左側

では何が良いのか?今世界(日本も)で一番信頼の高いのがグルーインボルトをHILTI RE500による施工です。
P1020035.jpg
右からPETZLコリノックス、FIXEグルーインボルト、左端はJFAが有笠山用として特注した長さ194mmのもの。

このグルーインボルトを設置するにはそれなりの知識と技術が要ります。
JFAでは公認リボルト職人養成の講習会を開いて職人の育成に努めています。

グルーインボルトによる不具合を紹介します。
帝釈5日間 042
帝釈一の壁です。
不具合は2箇所、赤丸はカラビナが岩角にあたっていて強い衝撃で破断する恐れがあります。
青丸箇所はグルーインボルトが深く埋め過ぎられていてカラビナがロックされ破断の原因になります。

これを
帝釈5日間 043
赤丸と青矢印の部分を削り不具合を解消しました。

同じルートで
帝釈5日間 048 - コピー
ここも深く埋められていてカラビナがセット出来ない状態でした。

ここも
帝釈5日間 051
赤丸部分を削ってカラビナが自由に動くようにしました。

あっ余談ですが帝釈一の壁ボルト施工は私ではありませんので念のために。

最後にタイ国チェンマイの岩場を開拓しているクライマーのボルトを打つ場合に標準としている決まり事を紹介します。

※marine-grade stainless steelかtitanium glue in boltsを使用すること(JFAでは検討中)。

※HILTIのRE-500を使用すること(JFAも実行)。

※使用期限の過ぎたグルーの使用はしないこと。又グルーは冷蔵庫で保管されたものであること(JFAも実行)。

※そのグレードを限界とするクライマーの為にボルトを打つこと。

※スリングは使わないこと。

※終了点には下降用のリングを取り付けること(JFAは基本ラッペルステーションを使用)。

日本でも同じ様な決まり事で開拓してくれたらリボルトせんでもよーなるのに・・・・・

今日の記事は私の経験に基いていますが誤りや思い違いがあるかも知れませんことをご承知おき下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
土曜日は姫路市の山神社の岩場へ
IMG_0066.jpg
相棒はいつものあらみちゃん

狙いは
IMG_0075.jpg
獅子岩「TUKUSHI 5.12+」
IMG_0070.jpg
ボルト4本の傾斜の強い短いルートで各ボルト間がボルダーでホールドにポケットが多くしかもガビガビなんで指が痛い!

2週間前の1月22日は寒過ぎて何も出来なかったが昨日は暑過ぎた
IMG_0073.jpg
雲一つない空から太陽がガンガン照り付けた結果

なんと!35.4℃猛暑日になった←直射日光を浴びせ続けた結果ですが

あらみちゃんはTシャツ一枚で
IMG_0067_201702051047255f6.jpg
結果ですが午前2便午後1便出しましたが二人共相変わらず出だしのガバが保持出来ません
その上も各ボルト毎にテンションし呼吸を整えないと次に進めない状態

ただあらみちゃんは出だしがクリアー出来れば終わらせる可能性があるでしょう

私は出だしと最後の4ピンへのクリップが全く出来ません

今シーズン後一回挑戦する予定です

3便出して身体が限界になったので左壁へ移動

山神社の終了点はアイボルトにスリングで施工されているが、数年前にKINetにより終了点のリボルトがされたのでこのエリアは安心して取り付けます

昨日は左壁西面にある8本のイレブン(a3、a/b1、b4)の内3本を登った
IMG_0078_20170205111341a03.jpg
「黄昏の大地 5.11b」のあらみちゃん

私は「黄昏の大地 5.11b」「紺碧の宇宙(ソラ)へ 5.11a」「落陽 5.11a」をMOSした

トポに「黄昏の大地 5.11b」には三ッ星、「落葉 5.11a」には一つ星、「紺碧の宇宙(ソラ)へ 5.11a」に至っては五つ星が付けられているが皆これと言ったムーブが無くただ大小のホールドやスタンスを左右に順番に上げて行くだけでMOSしても達成感も満足感も得られなかった(壁の形状自体に変化が無いので仕方ないのかも)。
ただ落ちなくて良かったとの思いだけが残った

それと言うのも上記の3本のプロテクションの合計数が17本なのだが、その内5本のハンガーがクルクル回った

ボルトが緩んでいるのかな?と手で締めようとしたがビクとも締まらない

考えられる事は、ボルト長が長過ぎてハンガーを固定出来ない状態だと思う

この状態ではフォールによる衝撃力が1箇所に集中するのでアンカー毎抜けたりボルトが切断する恐れがある

ハンガーは岩壁に密着することにより衝撃力を分散している

17本中5本もの不具合は考えられん程雑な作業としか思えない

対策として一度ボルトを外して短めの(25mm)ボルトに交換してみる必要があると思っています

それともう一点非常に危険に思えたのは
「落陽 5.11a」だがトポではボルト5本、24mとなっているが、5本目の最後のボルトから終了点が見えないことと6m~8m近い
ランナウトの意図が理解出来なかった

5本目にクリップ後、終了点が確認出来たのは少し登って仰け反るようにして確認出来たが、そこまでのラインにはこれと言ったホールドやスタンスが見受けられないし傾斜も緩くない
なので私は若干傾斜が緩くなりホールドが見受けられる右へとラインを取った

なんとか足で立てる位置に来て終了点を見たら2m程左にあったので慎重にトラバースしてクリップしたが11aのグレイドでこのランナウトは有り得ないと憤りを覚えた

降りてあらみちゃんに最後は理不尽なランアウトやった言いうと
タイのチェンマイを開拓しているクライマーが標準にしているボルトを打つ場合の話をしてくれた

色々あるがその中に【そのグレードを限界とするクライマーの為にボルトを打つこと】と聞いて私は全く同感だと感じた

「落陽 5.11a」の最後のランナウトの意図を知りたいのともう1ピン打ち足すことを提案したいと思いながら岩場をあとにしました
IMG_0080.jpg

そしてこれで気分を癒やしました
IMG_0081.jpg
今回は小豆たい焼き110円

今回も怪我無く終えれましたので良し!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
1月7日(土)昼過ぎ5.10b/cのルートをトップロープで登っていたクライマーが掴んだ岩の一部が剥離し落下

右隣の5.9のルートを登ろうとしていたパーティーのビレイヤーの右前腕にあたり骨折する事故があった。

この一報を聞いた時私はラインから外れて不安定な岩を掴んだのかな?と思った。

数日後現場に行き事故当時現場に居たクライマーから詳細を聞くことが出来た。

又怪我をしたクライマーからも情報を得たので事故の詳細を書き記します。


剥離した岩はラインのほぼ直線上にあって不安定な状態では無かった。

クライマーがホールドとして掴んだ時に剥離し落下した、落下と同時に『落!』と叫んだ

隣のパーティーのビレイヤーは『落!』のコールを聞き避けようとして壁に向いていた身体を反転させた時に右腕に衝撃を感じたとのこと。

後日現場で写真を撮ったので掲載します。

剥離し落ちた石
IMG_0006_20170203134651c08.jpg
約20cm四方で厚みは5~8cmほど重量は定かではありませんが約2~3kg

剥離した岩の写真です
IMG_0007_201702031346524aa.jpg
赤四角で囲った茶色の箇所が剥離した跡

私はたまたま数日前に同じルートを登ったのですが異状は認められませんでした
この時パートナーがヌンチャク回収のためトップロープで登った時の写真があったので掲載します。
IMG_0024_20170203134654b5d.jpg
赤四角が剥離した岩で赤矢印の方向へ落下した。写っているヌンチャクは右隣の5.9のルートのものです。

落石の着地点の写真がありましたので掲載します。
IMG_0002_20170203141442586.jpg
赤矢印は落石の軌道で赤四角辺りが落石の着地点。赤ヘルメットのクライマーが登っているのは5.9のルート

怪我のレントゲン写真と術後のレントゲン写真の使用許可を当事者から得ましたので掲載します

手術前
b0227552_21331356[1]
右橈骨(とうこつ)幹部開放性骨折


手術後
b0227552_21325436[1]
プレートとボルトはチタン製で生涯このままだそうです。

怪我をしたクライマーは仲間の車で病院へ搬送され手術し数日前に無事退院され現在リハビリに励んで居られます。

当事者はもとより居合わせた仲間そして私が切実に思ったのは腕で良かった、もしヘルメットを被っていたとは言え頭や首にあたっていたら深刻な重大事故になっていたでしょう。

クライミングに於いてはいつ何が起こるか分かりません、先日も友人がスペインの岩場でホールドが剥がれグランドフォールし右前腕を骨折したと知りました。

クライミングを初めた当初教えを受けた師匠から休憩時は和気藹々と楽しく過ごしてもいざ岩と対峙したら命を掛けた真剣勝負との気構えで望めと言われました。、又ビレイするにあたっては人一人の命を預かっているとの心構えでキョロキョロ余所見するなど言語道断とも言われました。

最近慣れからこの様な気構えも心構えも薄れてきていました改めて初心に戻らねばと反省しています。

※記事掲載にあたり事故当時者の承諾を得て行いました。又【ある岩場】としたのは岩場の置かれている状況から名称は伏せましたのでご理解下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事
先週から手を付けた裏溝だが蔦系植物がビッシリ根を張り巡らせて中々進まない

溝の中は上から落ち葉、腐葉土、蔦の根の絨毯となっている

落ち葉を取り除き腐葉土をスコップで街路樹の木々の根元に捨てる

厚さ5~10cm程の蔦の根絨毯は想定外やった

剥がした後の処理をどうしたものかと思案したがある清掃活動の時のようにした

今日でやっと半分近くすんだ
P1020028.jpg

以前の状態は
P1020010_201701241324008f7.jpg
毎日泥まみれになりながら頑張った成果なのだ(自己満足)

残りは
P1020029.jpg
こちら側は蔦が這っていないようなので楽勝やろう

そう願うわ
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ