FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩登り
昨日(7日)久し振りに蝙蝠谷へ行きましたが自転車道から下った擁壁の一部が崩壊していました。
DCIM0008_20181108151736c91.jpg
赤矢印が崩壊して底を見せていました。

以前は
こうもり谷 002
写真は2015年撮影です。
自転車道から階段を下りて約50cm程の段を渡ってきましたが赤矢印の向こう側の段が無くなっています。

以前は
IMG_6934_20181108151746062.jpg
階段の下に赤矢印の段がありましたが
昨日確認したところ
DCIM0010_LI.jpg
擁壁の一部だった段は湖水へ逆さまに沈んでいました。
赤線で囲ったところに段があったのですが

2016年に橋の上から撮影したものでは
IMG_0046_LI.jpg
赤線で囲った擁壁の段をアプローチとして利用していましたが
昨日橋の上から撮影したら
DCIM0012.jpg
角度が違うので分かり難いと思いますが今後は階段からのアプローチは使用しない方が良いと思います。
黄色矢印の割れ目も確実に広がっています。

これからは満水時だけでなく常時割れ目からのアプローチをするようにしてほしいのですが
DCIM0009_20181108151738b15.jpg
残った赤丸の擁壁も何時まで現状のままであるか?この擁壁も崩壊が始まった時から注意して見ているのですが、底に直径約1m程の楕円の石に乗っているように見えて常々大丈夫かなぁ・・・・と思っていました。
なのでこの擁壁も底の浸食が進めば近い将来崩壊するでしょう。

緑丸の擁壁は橋の橋脚の一部と思われるので危険性は低いと思われます。

赤矢印は崩壊した擁壁。緑矢印は今後のアプローチの割れ目。


自転車道からは
DCIM0011_20181108151740741.jpg
緑矢印からのアプローチになります。

クライミングは自己責任が原則ですがアプローチも同じです。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ