FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:身体
フェイスブックに新型コロナウィルスの最前線で闘われている看護師さんの声を紹介します。
長文ですがコロナに対する防御が明確になります。
↓↓↓
東京の大学医学部付属病院で看護師をしている者です。
この度、4月頭からコロナ外来に選出され、毎日PCRや入院手続きなど実施しています。今私から最新の情報を発信できるとおもい、情報をアップします。まず大事なのは漠然と怖がらないで、きちんと理解して適切に怖がろうということです。空気感染ではないので、ふわふわ飛んているのではなく接触!飛沫!人のしゃべるツバ!この見えない概念の理解が大事かなと思っています。マスクとマスクをしていれば基本的にうつりません!
以下、100人くらい問診した結果からの情報です。
<症状の特徴>
コロナウイルスは7日〜10日にピークを向かえます。
1、最初に倦怠感が顕著に出る
2、頭痛がほとんどの人で出現
3、下痢(回数は多くない)も多い
4、途中から味覚と共に嗅覚も全くなくなる人が半分位いる
5、発熱 軽症:微熱がだらだらと続く
     中症:39度台くらいまで上がる
     重症:38度以上がずっと続く
  特徴は一旦7日目くらいにおさまってまたぐんぐん出る
  日内変動はある
6、咳や痰はあまり多くない印象
7、若くても息切れが出てくる
8、喘息や喫煙歴、糖尿病があると重篤化しやすい
9、肺炎像は両肺に淡い影がはっきりと出る
(レントゲンよりCTでしか読影できないことあり、CTがいいです)
<現在の治療>
対症療法のみ。当院では
○発熱、頭痛:カロナール(イブやロキソニンは✖︎)
○抗生剤は基本的に効かないので飲まない
○咳:デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
○痰:カルボシステイン
○下痢:整腸剤(ミヤBMなど)
カロナールは400mg〜500mg/回 3回まで
<PCR受けるまでの流れと結果>
1、発熱と上記症状があった場合保健所に電話。ひどいと2時間繋がらないとか丸2日間繋がらないという現状がある。繋がらなかったら他の近隣地域の保健所に電話してください。
2、経過観察と言われることが多い様ですが、そんな時は近医にまず電話をしてから受診。だいたい上の薬+医師によっては抗生剤を出して自宅待機となる。 
3、解熱しない、もしくは症状が消失しない場合は遠慮なく保健所にもう一度電話する。
4、それからPCRの検査を受ける場所を指定される。
5、病院や検査所から直接電話がかかってきて受診の日時を聞く。
6、保健証と現金を持って検査場へマスクをしていく。
(保健が効けば料金は1000円程度。CTなどを撮影すると6000円程かかる)
7、薬が必要であれば依頼して帰宅。帰宅は交通公共機関を使わない。
8、翌日保健所が検体を持っていく。今検査が立てこんでいて月曜日に出した結果が金曜日にならないと戻ってこない。つまり5日間位かかる現状。
9、自宅で呼吸苦が出たら保健所に電話。万が一繋がらなくて危険を感じたら迷わず救急車を呼ぶ。
10、症状が落ち着いたら今後はPCRしないで2週間後から普通の生活になる方向。家族も2週間同じ対応で。
<実際にうつる場所の印象>
1、居酒屋や外食店のホールスタッフの手が怪しい!毎回手指消毒していなければウイルスのついたお皿をさげて次の人のお皿を運んでいる可能性が十分あります。
2、ライブハウス系の人はよく来ます。
3、陽性の出た人の家族はほぼみんな陽性です。
4、孫が祖父祖母宅に遊びに行って濃厚接触をする。
5、病院関係のクラスターとその家族や、それらの人と接触した人。
<入院となった場合>
1、指定病院がなかなか空いておらず、とにかく医師が電話して探し回る場合が多い。その間患者は待っていて家族が荷物をまとめて持ってくる。入院したら面会は一切禁止。現金、持参薬も一切持ち込み禁止。
2、とにかく病室の中から出れないで対症療法のみ。
3、呼吸状態が悪化したら、ICUで気管挿管し人工呼吸器をつけるしかできることはなく、あとは患者の免疫力で回復を祈るのみ(悪化しても回復する患者もいる)
4、万が一のことがあった場合は最後まで家族に電話をして状態を伝え、火葬してから遺族に遺体を返す。入院になった時点で軽症化するまで一切誰とも会えず、そして重症化したら一気にあっけなく…という印象があり、ここが怖いところです。
5、軽症になったらすぐに専用の移送の車でホテルへ移動して療養。結構これは早い段階でスムーズにいきます。新患者や重症者のベッド床を確保するために。
<私が気をつけていること>
1、口から入るのが一番うつるので食べる前、ドアノブなどどこも触らない状態にしてから、爪や指と指の間までしっかり洗う!これにつきます!
2、1日8時間睡眠(睡眠を十分にとる)
3、現金は一切触らず全て電子マネー。
4、クラスターになっている場所や病院はできる限り行かない。
5、携帯電話は食事中触らない。帰宅後はまず第一に消毒してから家にいれる。
6、マスクの表面は絶対に触らない。ポケットにしまった手は汚染されていると認識する(マスクは基本1枚/日)
7、タクシーに乗らない。実はコロナ患者さんはタクシーで移動してる人が多いので、タクシーは基本的にコロナウイルスウヨウヨです。
<患者の流れ>
1、3月の3連休で陽性となった患者のPCR検査はピークアウトしてから実施されている。若い人が多く軽症が多い。
2、4/5週はその家族が続々ときて陽性になっている場合が多かった。高齢者にうつり、重症な肺炎も多々見られるようになった。
3、4/12週はクラスター本人とその家族も一気に陽性となった印象。
4、陽性になった患者の同居人はだいたいうつるので適切な隔離方法を指導している。 
以上です。必要以上に怖くなるような情報は避けたつもりです。
日本は他国よりだいたい2週間程、対策や実行が遅れている印象があります。お金の心配も絶対あると思います。ですが、目先のことより、今ぐっとこらえることが大事な命を救ってくれます。私が今いる病院の中もまさにコロナ戦争ですが、みなさんに応援してもらって私達医療従事者は頑張れています。本当に感謝しています。長々と失礼しました。   

2020年4月18日 看護師
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:神戸の風景
昨日は絶好のクライミン・・・ウォーキング日和
なので8時半頃家を出た
取り合えず天狗岩に打ち込んだボルトの撤去を
DSC_0135.jpg
約30分で天狗岩到着。下から見ると中々のハイボルダーなのだ

十数年前に打ち込んだボルトは3本
DSC_0138.jpg
これはロープの横ズレを防ぐために打ち込んだが硬くて半分しか打ち込めなかった
DSC_0139.jpg
当時は未だボルトの知識も全くなかったが横ズレ防止なのでええかとの思いでいた
DSC_0141.jpg
こちらは確り打ち込めている
DSC_0143.jpg
ハンガーを外しモルタルパテでアンカーを隠した
DSC_0140.jpg
作業は30分程で終わり【シブレ山】へ

約30分で【シブレ山】着
DSC_0146.jpg
視界は殆どない
近くにNTTドコモの巨大な中継アンテナがある
DSC_0147.jpg
さて衝原湖へ行くのやけど山田池周回路は立入禁止なのでNTTドコモの管理道路を下った
DSC_0165.jpg
衝原湖に架る衝原大橋。右に行けば蝙蝠谷から衝原の集落へ。左上に山陽自動車道が走っている。
今回は人出を避けて左へ行ってみた
DSC_0164.jpg
墓の横に階段があったので上がって行ったら
DSC_0155.jpg
洞窟が・・・自然の造形では無く手掘りされたように思えた。そして可なり奥まで続いていそう、ヘッ電が無かったので入る事はしなかった。あってもよー入らんけど。興味のある方は入口まで案内しますよ。

下りてプラプラ歩いていたら前方にスラブ壁が
DSC_0157.jpg
夏にDWSが出来そうやけど不意落ちしたら命が危ない。

またまたプラプラ歩いていたら道路際に壁が
DSC_0159.jpg
正面から見ると顕著なクラックが2本、コロナが収束したらトップロープで登ってみよかな?

この道も人出が多かったので引き返すことに、さて何処から帰ろうかと考えていたらネットでシブレ山から関電の送電線管理道を下って木津駅にと言うのを思い出してシブレ山までドコモの管理道路を再び上がって行った
DSC_0168.jpg
左上の送電線に沿うように整備された道が続いている

12時前になったので見晴の良い所で昼飯を
DSC_0169.jpg
この日のメニューはカップヌードルCurryとポーランド産シリアルバー2個〆て202円安!

日差しが暑く汗ばみながら下って行くと舗装路に出た【押部谷太陽光発電所】の東側の出入口があった
DSC_0173.jpg
舗装路、未舗装路の繰り返しを歩いて行くと前方に柵が、横から難なく通り抜けれた

そしてこの道は何処に出るのかなぁ~と思いながら歩いて行くと今度が頑丈そうな柵が
DSC_0174.jpg
ここは横から抜けれないので石垣を攀じ登って向う側の道路に出た
DSC_0175.jpg
この道路は私が蝙蝠谷や道場方面に行く時に通る。交通量は少ないが人が歩くことは滅多に無い
歩道が無いので急ぎ足で木津駅方面へ

木津駅から少し行った所に子犬が居たので少し相手に可愛い!
DSC_0176.jpg

この日のadidasウォーキング計測記録は
share_1587796190420.jpg
赤い三角形が【シブレ山】です。
来週は衝原大橋西側から【シビレ山】への登山口があったので行ってみようと思います。
DSC_0162.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ジム
PUMP大阪店が5月31日で閉店される
20190701140639f33[1]
よく行って年に2回程やったけど
雨の週末にリード出来る貴重なジムでした
寂し過ぎる
PUMP大阪
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
会の方から教えてもらったadidas Running GPSランニング&ウォーキング距離計測フィットネス記録アプリを使って
昼から里山ウォーキングに行って来た
一時間程のつもりが枝道散策で二時間程歩いた
share_1587630885195.jpg
家に帰り着いて止めたつもりが止まって無く30分程余計に掛かった
これをみると何処をどう歩いたかが良く分かる
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
        200420_sangaku-seimei_page-0001 - コピー
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
先日、烏帽子岩・駒形岩へ行かれるクライマーの車が地元から駐車禁止箇所に指定されていた所に数台止められていた為苦情が出ていました(私も地元の方からお聞きしていました)。
推測される理由は、コロナ禍で三密を避けるためと世間の目を気にしてJRから車利用に切り替えたと思われます。
苦情を受け関西岩場環境整備ネット(KINet)が駐禁箇所への警告文付替え作業を4月17日に行いました。その付替え作業報告とクライミング自粛要請も発表されましたので公開します。
烏帽子岩アプローチ道路駐車禁止看板の取替作業完了報告_page-0001 - コピー

烏帽子岩アプローチ道路駐車禁止看板の取替作業完了報告_page-0002 - コピー
しかし三密を避けるとは言え車内は完璧な三密状態やし岩場では密閉は無いけど密集密接の二密でシャレにならんし
烏帽子岩・駒形岩周辺の道路に多くの車が止まっているのを地元の方々が目にしたらクライマーの品格が問われるのではと思いますがね・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:神戸の風景
日曜日は里山歩きを
我が家の周囲は山に囲まれていて【太陽と緑の道】が数本設定されている

その中の1本神鉄木津駅から山田池を巡るコースを衝原湖まで延長することにし10時20分家を出た

木津からのアプローチは【太陽と緑の道】の標識を頼りに歩き始めたら道が三つに分かれていたので
一番広い真ん中を行ったら人様に庭に入って行きそうになったので引き返し山田池の方向から左の道を選んだ
道は山に向かい緩い登りが続いたのでこれで間違いないと思って歩いていたら下り坂になると山と離れて元の道に出てしまった

こりゃ~アカンとと何度も歩いた木幡駅からの道に切り替えた
ただここからは一部シダが半端無く茂っていてヤブ漕ぎ状態になるので敬遠していたが
DSC_0111.jpg
なんと両サイドのシダの茂みが見事に刈り取られいた

ここからの山道の途中にはわしのお気に入りの場所がある
DSC_0113.jpg
天狗岩と呼ばれている高さ約8m程の岩の上から見た我街並み
見難いが淡路島と明石海峡大橋が見える
DSC_0117.jpg
上の写真の中程の黒いのは太陽光発電のパネルである
元はバブル時にゴルフ場の造成をしていたがバブルが弾けると同時に造成が中止されていた

この天狗岩は今から十数年前にわしの遊び場だった
DSC_0115.jpg
アッセンダーを装着して一人クライミングを楽しんでいた
DSC_0116.jpg
ボルトはPETZLのケイビング用をわしが手打ちしたものです
何方かがロープを垂らしてゴボウで登っていると思われる
これは危険なので来週ボルトを撤去しようと思う
DSC_0118.jpg
何方が草刈りや標識の設置などをしてくれているよう感謝!
山田池方面へ

山田池に近づくと立入禁止のフェンスがあった
DSC_0120.jpg
ここで引き返すと面白くないので申し訳ないが立ち入らせてもらった
DSC_0131.jpg
山田池堰堤
昭和8年に造られたそう
DSC_0121.jpg
堰堤から流れ落ちる水が引き込まれそうに綺麗かった
DSC_0123.jpg
約2時間半で衝原湖【野鳥観察広場】に到着
DSC_0128.jpg
ここで昼飯を
DSC_0129.jpg
クラッカーを省く昼飯代は200円チョイ!
DSC_0130.jpg
衝原大橋の脇に【BE KOBE】のモニュメントが5月末頃に出来上がるそうです

帰路は山田池の立入禁止を通るのは気が引けたが木津駅に下りる道を知りたくて四辻までピストンした

四辻から木津へ下る途中の山側にボルダー群を発見
勇んで斜面を立木をプロテクションにして上がって行ったが
DSC_0132.jpg
高さが2~3m程で傾斜も緩いのでボルダリングにはちょっと物足りないかんじでした
DSC_0133.jpg
その後【太陽発電所】の脇を通り下って行くと道が二手に分かれた
コンパスで家の方面になる西への道を行くことにした
そして出た道は木津駅と木幡駅の中間辺りだった
来週もう一本の道(道路)を下ってみようと思う

この日の歩数記録
DSCN0343.jpg
久し振りだったが所要時間約5時間よ~歩けた

この日出会った人ですが、家から里山の入口まで数人、山中は無し、衝原湖では親子連れのサイクリングが多かったですね
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
今日女房が業務スーパーに連れてってと言うので行って来た
行ったついでに店内をウロウロして何時かのために行動食を買った
DSC_0110.jpg
6食分で1,212円1食202円超安!
賞味期限は今年の10月と11月まで
それまでに行けるようになるのか・・・?

はよ行きたい・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
現在神戸市の基幹病院である中央市民病院と日本赤十字病院で新型コロナウィルスの院内感染が発生し救急外来を中止しています。この様な状況下でクライマーが岩場で事故を起こし救急搬送される事態が起こらないことを強く強く願います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
クラックス大阪さんが下記の記事をFacebookに投稿されていましたので承諾を得て転載しました。

皆様ご無沙汰しております!
(と言っても弊社が休業に入ってまだ1週間しか経っていないのですね。!(◎_◎;)
新型コロナウイルスを取り巻く状況は、まだまだ予断を許さない状況が続いております。弊社運営のクラックス大阪&クラックス京都は、一応4/20までは休業と案内させていただいておりますが、延期の可能性が非常に大きいです。今週末には正式に発表いたします。
またジムだけでなく、各地の岩場でも利用自粛要請が地元から出てきております。
非常事態宣言の出ている間は、人との接触を8割減らすというのが目的で、そのためにクライミングジムは休業し、国民には不要不急の外出自粛が要請されている状況です。この措置に効果があるかどうかは自分たち次第。コロナと共にコントロールして生きていくためにも今は我慢の時かと思います。以下のJFAからのお願いをぜひご一読いただきご協力ください。
JFA【新型コロナウイルスの感染拡大を受けての岩場でのクライミングの再検討のお願い】

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2843094442444773&id=314220058665570
また情報サイトの「雪山大好きっ娘+」では、現在自粛要請が出ているクライミングエリア情報がリストされておりますので、こちらもご覧ください。
http://yukiyama.co.jp/mountain/2020/04/covid-19-crisis.php
利用自粛または禁止要請が出ている岩場で、関西クライマーで特に関係がありそうなのは以下になるでしょうか?
SNS上で再確認お願いします。
京都・笠置ボルダー(自粛要請)
三重・宮川ボルダー、三重ボルダー(自粛要請)
三重・熊野ボルダリングエリア(自粛要請)
三重・名張の岩場(自粛要請)
徳島・立川ボルダー(自粛要請)
岐阜・瑞浪の岩場(登攀禁止)
広島・下帝釈峡(自粛要請)
広島・三倉の岩場(自粛要請)
愛知・鳳来の岩場(自粛要請)
長野・小川山(4/25~5/6 自粛要請)
長野・佐久・志賀の岩場(自粛要請)
また岡山県備中の岩場情報を発信するTCNetさんも以下のお知らせをされております。

http://takahashigawa-climb.net/information/998/…
他エリアに関しては上記エリアのように正式にアナウンスが無いだけで、それは「登ってもいいエリア」というわけではありません。北山公園とか烏帽子岩や駒形岩では結構登りにいっている人がいると聞きます。
接触を8割減らして感染対策をして登りにいけばいんでしょとおっしゃる方もいらっしゃいますが、なぜ8割減らすことを目標としているのか、その元を考えてほしい。ウイルスは人が移動して接触するから感染が拡大するのです。人が移動しなければウイルスも動けません。だからこその8割減であり自粛なのです。
また全国に緊急事態宣言が出た今、県外への移動自粛も要請されているところがほとんどです。県外ナンバーによる利用お断りとかは差別ですが、それは平時のこと!今は異常時であり緊急時であります。県外ナンバーは「こういう要請が出ている時にもそれを拒否してくる人たち」ということであり、それは地元住民の方々には迷惑以外なにものでもありません。
よく考えて、想像力を働かせて、未来を見据えた行動をお願いいたします。
クラックス
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ながの村村長さんがFacebookに投稿された記事を転載しました。
↓↓↓
お知らせ(重要)
新型コロナウィルスの感染拡大が一向に収らない中、本日のながの村の役員会で、当分の間、下帝釈峡(ながの村周辺)でのクライミングを自粛して頂く事になりました。再開がいつになるのか分かりせんが、それまでの間、日帰りのクライミングもしない様お願い致します。御理解、御協力の程、宜しくお願い致します。可能な範囲で周知をお願い致します。

↑↑↑
関連して今日友人から今日、烏帽子・駒形がクライマーで大盛況との連絡がありました。
ある程度は予想していましたが、実際耳にするとやっぱりという思いと共に悲しくなりました。
エボコマにはJRを利用される方が多いです。大きなザッグを担いでゾロゾロと道場駅で降りる姿を目にした一般の方々は
どの様に思われるのか・・・コロナの感染に怯えながらも通勤せざるを得ない方々の心情を思いやると自粛せーよ!言いたくなります。
ホンマ自粛しましょうよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ
フェイスブックに下記の投稿がありましたので紹介します。
詳しくは⇒Akimama

***************************************************************************************
現在、日本の29のアウトドア関連企業、ブランドが会員として参加する一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン(以下、CAJ)が、「パンデミックの今、アウトドアに出たいと思っている人へ! CAJからのお願いと、5つのガイドライン」というメッセージを配信しました。

新型コロナウイルス感染症が拡大する今
野外に出るときに守らなければならない
5つの約束ごと


1)まわりの人々の健康と安全を脅かさないこと。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、多くの人々の生命を脅かす重大な事態です。それを念頭に置いて行動しなくてはなりません。政府や自治体が発信する最新の情報をこまめに確認しましょう。ウイルスの感染拡大を阻止するためにアウトドア・コミュニティができる最良の選択は、不要な外出をしないことです。
※日本政府の最新の方針は、厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」を参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

2)戸外に出るときは、他者との安全な距離を保つこと。
電車やバスなど公共交通機関での移動や、混雑が予想される施設などの利用は避けましょう。大人数やグループでの行動はNGです。できうる限りの予防的なアプローチを選んで、友人や家族の安全を確保してください。外出するときにはマスクを着用し、常に専門家が推奨する社会的距離を保ち、食事前、帰宅後には、こまめな手洗い、うがいを励行してください。

3)家の近くにある自然を楽しもう。
私たちにとって野外での時間は生活の重要な一部ですが、遠くへ行けば行くほど、他の地域に感染を広めてしまう可能性があります。戸外に出ることの心身へのメリットは、身近な自然に触れるだけでも十分にあることが科学的にわかってきています。今は、できるだけ近所で過しましょう。身近な自然に目を向けることで新たな発見もあり、家族との貴重な時間を過ごすことができます。

4)ケガや病気をしないように慎重に行動しよう。
現在、各地の医療機関は、感染者が拡大してかなり逼迫した状況になっています。救命救急搬送機関も同様です。病院に見てもらう必要のあるケガのリスクのあるアクティビティや身体的に負担のかかる挑戦的な行動は、今はすべきではありません。高齢者や子どもはとくに注意が必要です。

5)休業、休園、閉鎖、中止をリスペクトしよう。
公園やキャンプ場などが休園、休業、閉鎖されているのは、ユーザーの安全と健康を守るためです。オープンしている場所に行く場合でも、フィールドの保全管理、巡回メンテナンスなどに負担をかけないように、ゴミはすべて持ち帰り、トイレは家ですませておくこと。
***************************************************************************************
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
ビレイグローブの右手側の親指と人差し指の間が長年の使用で大穴が開いた
DSC_0109 - コピー
で今日ホームセンターで親指と人差し指の間から手の平まで補強された牛革の手袋を買ってきた
昨日届いたfreefan#081にビレイグローブの比較が掲載されているが
わしはずーっとホームセンター品を愛用している
早く使える日が来て欲しい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
今日、会員証と共に届きました。
92875575_2939258902821768_6029856706006089728_o.jpg
仕分けは済んだ
さてどの様にしてお届けするかな?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
【新型コロナウイルスの感染拡大を受けての岩場でのクライミングの再検討のお願い】
クライマー各位
新型コロナウイルスの感染拡大は深刻度を増し、ついに日本でも新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出され、4月7日から5月6日までの間、 特に感染者の多い 7 都府県で「緊急事態措置」が始まりました。また、 この7都府県以外の地域でも日ごとに感染者は増し、コロナ禍は全国規模で広がりを見せています。
このような状況の下、外出自粛要請のためクライミング業界、アウトドア業界も大きな影響を受けています。多くのクライミングジムなどや関連企業が休業を余儀なくされ、大変な状況にある事業者も多いことと思います。政府が具体的な補償策を打ち出さないなか、市民の生命と健康を守るため、このような英断に出られたことに敬意を表します。

●クライミング界における問題
クライミング界では、ここでさらに大きな問題が生じつつあります。 外出自粛要請によりクライミングジムなどが休業になったことから、登る場を失ったクライマーたちが、アウトドアの岩場(外岩)に平日から押し寄せ、岩場付近の駐車スペースや登山口などに他県ナンバーの車が目立つようになっているという事実です。 クライミングがオリンピック種目となり、その認知度がかなり高まってきていますが、 実際のクライミングは冒険的行為であり、一歩間違えば、誰もがけがや、場合によっては簡単に命を落とすこともあるのは、クライマー自身がよくご存知かと思います。いま、感染拡大防止に協力していくことはもちろん、この時期に切迫した医療機関に余計な負担をかけることは何としても避けなくてはいけません。
そして、日本の多くの岩場ではアクセス問題がクリアになっていません。また、 ふだんはウェルカムな地域であっても、多くの方が感染防止に努力されているこのタイミングでは、違う感情を抱かれることもあることは想像に難くありません。ましてや、移動の制限も求められる「緊急事態措置」が取られている地域や、感染者が多いとされる地域から来たナンバーを付けた車を見た地元の方はどう思われるでしょう? 岩場使用の許可を得るために、地元と長年交渉 を続けてきたローカルクライマーのコミュニティはどう感じるでしょう?
クライミングは本来自由な行為ですし、カウンターカルチャー的な側面もあり、そういったところに魅力を感じているクライマーも多いでしょう。主義や主張、スタイルもいろいろあって然るべきなのがクライミングです。しかし、それらは「平時」であればこそ追及できることではないでしょうか。

●岩場を守るために今クライマーにできること
人々の生命と健康を守るために、そしてクライミングの社会性や文化を守るため、地域とのつながりを大切にするため、このコロナ禍が去ったあとも岩場を気持ちよく登らせてもらうため、
NPO法人日本フリークライミング協会は、クライマー諸氏に対して以下の行動を伴う岩場でのクライミングを今一度再検討いただくようお願いいたします。
・遠方からの来訪自体が地域社会に不安を与えてしまうような行動
・アプローチを含め3密(密閉・密集・密接)が発生するような行動
・医療リソースをひっ迫させてしまうことが容易に想定できるような行動

何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

今回は、クライマー全体の社会性が問われている事態です。
仮に、感染が拡大していない、登攀に影響がないと思われるエリアであっても、アクセス途中を含めた地域全体の気持ちや、クライマーが集中する可能性等の影響も考慮し、各自の行動や情報の取り扱いには十分ご注意ください。海外ではハイキング中にケガをして救急搬送された人がコロナ陽性とわかり、救助隊員やヘリパイロット、搬送された先の病院スタッフが全員2週間の隔離となり、救助隊や医療機関の機能を著しく低下させ、その結果、すべての国立公園が閉鎖されるという事態になった国もあります。

今、クライマー各自が、自分たちの岩場の未来を考えることが、何より大切なことだと考えます。

期間は緊急事態宣言の期間中である2020年4月10日から5月6日と考えています。 また、お願いの期間については、感染拡大・収束状況、社会情勢をみて再度延長を提案する場合があります。

皆様のご賛同とご協力を重ねてよろしくお願い申し上げます。

NPO法人日本フリークライミング協会環境委員会
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
7日火曜日烏帽子岩で終了点整備をやって来ました。

助っ人は
DSC_0081.jpg
松ちゃん♀ 遅れて松ちゃん♂も来てました。

5日に登攀工作員さん写してもらった写真と2016年1月に調査した資料を基に取り掛かった。
烏帽子岩終了点摩耗度調査結果_page-0001 - コピー
赤線のルートはその後手直しされその他のルートにはKINetによりステンレス製のカラビナが各2枚応急処置として残置されていました。

松ちゃん♀に「イジわるおヨネ」を登ってもらい私はユマーリングで上がり作業しました。
DSC_0073.jpg
「イナバウアー」の終了点ですが相当酷い摩耗状態でした。これでロワーダウンされていたとは強心臓と言うか『俺は(私は)大丈夫!』って思っていたのでしょうか・・・

さてナットを外そうとして問題発生!M12で施工されているしWナットだったのでレンチかスパナが2個無ければ外せない。
(リボルト時私も作業したが完全に忘れていました)
DSC_0074.jpg
ならばちょっと手荒いけど摩耗したカラビナを切断しました。(時間的にはこっちの方が早い)

DSC_0075.jpg
KONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。

次は「イジわるおヨネ」ですが今時では滅多に見られないFIXEスーパーシャットアンカーが設置されていました。
DSC_0076.jpg
ここもWナットならば切る!それにしても恐ろしい摩耗
DSC_0077.jpg
ここにはFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。
DSC_0078.jpg
残置カラビナですが絶対に持ち去らないようにお願いします。

次は「アルゼンチリ」
DSC_0079.jpg
ここもよー減ってました
DSC_0080.jpg
ここもFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用にPETZLの新品カラビナ2枚残置しました。

一度下りて松ちゃん♀に「ハーフ&ハーフ」を登ってもらいました。
DSC_0084.jpg
「ハーフ&ハーフ」終了点のカラビナです。いやはや見事な削られかたでした。
DSC_0085.jpg
ここはFIXEリング付ハンガーにKONGSUSマイロとSUSチェーン1コマにロワーダウン用カラビナは既存のものを残しました。

降りるついでに「サピエンス」もチェック
DSC_0086.jpg
感動するほど削れていました。
DSC_0087.jpg
摩耗したカラビナを切断すれば現在最も多く使われているラッペルステーションになります。
リングにロワーダウン用新品カラビナ2枚を残置しました。

昼飯後の最初のルートは「北山・林ルート(アフターバイトダイレクトと共用)」から
DSC_0089.jpg
FIXEカラビナ付ラッペルステーションにSUSカラビナが2枚残置されていましたがゴチャゴチャした感じでした。
で摩耗したカラビナを切断
DSC_0090.jpg
既存のSUSカラビナをそのまま使用。スッキリしました。ただチェーンの弛みが気になるのですが・・・

続いて「ハーフ&ハーフ」を
DSC_0091.jpg
FIXEカラビナ付ラッペルステーションにスチール製マイロン2個にSUSカラビナが付けられていました。ガルバニックコロージョンで錆が発生していたのと摩耗も酷かったので外しました
DSC_0092.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

次に右横の「タイムトンネル(短)」を(「すきま風」と共用)
DSC_0093.jpg
ここには高価なFIXE安全環付カラビナ付V字ラッペルステーションが設置されていました。
DSC_0095.jpg
安全環付カラビナの摩耗も酷いので切断し周辺にあったリングボルトも撤去しました。
DSC_0094.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

続いて「寄ってらっしゃい(「盛り上がろう」と共用)
DSC_0096.jpg
ここはあまり利用されていないのかカラビナは殆ど摩耗していなかったので既存のSUSカラビナ2枚を残置しました。
DSC_0097.jpg

続いて「ジャスティス」
DSC_0098.jpg
ここも「ハーフ&ハーフ」同様にFIXEカラビナ付ラッペルステーションにスチール製マイロン2個にSUSカラビナが付けられていましたのでカラビナとマイロンを撤去しました。
DSC_0099.jpg
人気ルートだけに摩耗の度合いが酷かった。
DSC_0100.jpg
ロワーダウン用に新品のカラビナ2枚を残置しここもスッキリしました。

次は右横の「ウィング」(「ラマーズ」と共用かな)
DSC_0101.jpg
「ジャスティス」と同様の処置をしました。残置カラビナは既存のものを残しました。

最後は「タフ」
DSC_0104.jpg
摩耗したカラビナを切断し新品のカラビナ2枚をロワーダウン用に残置しました。
以上で烏帽子岩の終了点整備は完了しました。
今後はロワーダウン用に残置したカラビナの摩耗の酷さに気付いた方が交換されることを願っています。

そしてこの日の残骸
DSC_0105.jpg
岩壁やクライマーどもが落ちた跡

※1月から始めた終了点整備ですがJFA(NPO法人 日本フリークライミング協会)とKINet(関西岩場環境整備ネット)さんから
資材の無償提供を受けて行いました。この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。
残りは不動岩のスカーフェイスとシアターの終了点整備ですが世相の雰囲気に配慮し実施したいと考えています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
5日日曜日は不動岩へ
DSCN0331.jpg
道場駅前の桜は満開。例年なら【道場桜祭り】が開催されているのだがコロナめー!

しかし不動岩正面壁は・・・
DSCN0333.jpg
2密状態

わしは「ペガサス」の終了点の入れ替えを
DSCN0332.jpg
チェーンのコマ数を3個にして両支点への角度を60°になるようにしました

入れ替えて下を見ると
DSCN0334.jpg
あらみちゃんが「ミート&ポテト」のハングを越えるところでした

その後2密状態を避けて空いたエリアへ
DSCN0335.jpg
スカーフェイスへ 右は「クライミングフェアー 5.10b」のリッチマンS氏
左は「ご懐妊 5.10b」のサーファーA

わしも「クライミングフェアー 5.10b」をリードしたが核心で落ちた前日蝙蝠の「活断層 5.12a」を落ちんと登ったのに・・・

昼飯後はMCフェイスへ
DSCN0338.jpg
「スプリングサーティー 5.10c」のサーファーA

わしは昼飯後に昼寝をして指先のひび割れでモチも上がらんので早々に帰った
DSC_0071.jpg
この時期にひび割れするのは初めてマジ痛い!(涙)
これもコロナの所為で手荒いとアルコール消毒を毎日会社でしているため
コロナめー!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩場整備
誠に急なんですが明日(7日)烏帽子岩の「イナバウアー」「ハーフ&ハーフ」「いじわるおよね」「アルゼンチリ」その他
終了点のカラビナの摩耗の酷いものの交換を行います。
交換に所要する時間は約15分程です。
ご不便をお掛けすることになりますがご理解とご協力宜しくお願い致します。

今回使用する資材は関西岩場環境整備ネット(KINet)さんから無償提供されました。
DSC_0069.jpg
今回の提供で残りの摩耗の酷い終了点の全てを交換出来ると思います。

又先日知人のFキさんからカラビナ13枚を提供していただきました。
DSC_0068.jpg
この様な提供は本当に有難く感謝しています。

4日土曜日に偶然お会いした登攀工作員さんが烏帽子岩に行かれるとのことでしたので終了点の調査をお願いしました。
下記の写真は登攀工作員が撮影されたのですが摩耗の酷さがよく分かります。
ハーフ&ハーフ
「ハーフ&ハーフ」

イナバウアー
「イナバウアー」

いじわるおよね
「いじわるおよね」

アルゼンチリ
「アルゼンチリ」

それから4日に不動岩の「ペガサス」の終了点を入れ替えました。
DSCN0332.jpg
チェーンのコマ数を3個にして両支点からの角度を60°になるようにしました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
4日土曜日は暖かいとの予報で蝙蝠谷へ
DSCN0299.jpg
衝原湖に流れ込む山田川両岸の桜は満開でした
DSCN0300.jpg
日差しも暖かく春の気配でしたが風は冷たかった
DSCN0328.jpg
日が壁の向こうに隠れるとちょっと寒かった

この日の蝙蝠谷は久し振りに多くのクライマーで賑わっていました
DSCN0307.jpg
「カンテ 5.12c」のアズマさん
DSCN0308.jpg
久し振りのchikaさんは「鷲鼻ハング 5.11d」
DSCN0318.jpg
これまた久し振りのタカちゃんは「呪い 5.13b」にランジ体勢までノーテンやったかな?
DSCN0305.jpg
下は「ロンググリーン 5.11c」のあらみちゃん
上は「鷲鼻ハング 5.11d」の小タッキーこの日の2便目?にRP!おめでとー!
DSCN0329.jpg
「呪い 5.13b」のツヨツヨヨコちゃん 2便目?にランジを止めて最大の核心部へ皆のガンバコールも虚しくフォールしワンテン
DSCN0327.jpg
そしてこれまた久し振りのしのやんは「旅路郎 5.12a/b」
DSCN0304.jpg
jiibeは「旅路 5.13a」 4便出しヌンチャクを回収しようとしたら『明日もやったら~』としのやんのお言葉に残置決定
さて明日はどうなるか?(翌日曜日にRPされました凄い!おめでとー!

あとアンパンマンさんと梅ちゃんが来られていたが写真を写すタイミングが合わずでした

わしとあらみちゃんは何時もの如く競い合いを
DSCN0303.jpg
「活断層 5.12a」で肩レストするあらみちゃん
DSCN0319.jpg
右「旅路郎 5.12a/b」のキャプテンと左「カンテ 5.12c」のあらみちゃん
DSCN0317.jpg
「ロンググリーン 5.11c」のわし

この日の結果は
「哲学の道 5.10c」あらみちゃん、わし共に○
「旅路 5.13a」あらみちゃん×(終了点まで登る)  わし××(核心上アンダーで敗退)
「活断層 5.12a」あらみちゃん×(ハング越出来ず敗退) わし○
「レインボー 5.11c」あらみちゃん○ わし×(ワンテン)
「鷲鼻ハング 5.11d」あらみちゃん、わし共に○
「ロンググリーン 5.11c」あらみちゃん、わし共に○
「カンテ 5.12c」あらみちゃん×(ワンテン) わし××(4ピン目で敗退)
この日もわしの完敗やった(情けな)

おまけ
DSCN0316.jpg
大テラス近辺にタチツボスミレが咲き誇ってます

翌日曜日は寒の戻りで寒い予報やったので不動岩へ
不動岩の様子はいずれ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩登り
昨日は代休を取って不動岩へ
DSCN0283.jpg
相方は
DSCN0285.jpg
珍しくハタネーと

平日にも関わらず
DSCN0287.jpg
この人出

我会の千さんも友達と
DSCN0295.jpg
左「ペガサス」の千さん  右「ミート&ポテト」の友達

この日は「リトルボーイ」と「ペガサス」の終了点を交換した
DSCN0292.jpg
「ペガサス」の従来の終了点  14年間擦り続けられた結果 これは未だマシな方
新たに交換した終了点
DSCN0291.jpg
両支点の間隔が広く角度が90°程になっているので近々チェーンのコマ数を増やして60°以内になるようにします
但し差し当たっての使用には何ら問題はありません

「リトルボーイ」の従来の終了点 こちらの摩耗度は酷い
DSCN0289.jpg
交換した終了点
DSCN0286.jpg
昨日の交換で不動岩正面壁の全ての交換が終わりました(金太郎飴 5.11aは殆ど摩耗していないので交換していません)
交換した終了点には新品のカラビナをロワーダウン用に残置しています
最近は滅多に無いと思いますが絶対に持ち去らないようにして下さい

この日の取り付きの気温
DSCN0294.jpg
3日前の寒さとは打って変わって暖かく私にとっては絶好のコンディションでした
なので
「ミート&ポテト 5.10a」「リトルボーイ 5.10c」「ペガサス 5.11a」「タイコ 5.11c」「ワンマンショー 5.11d」「小熊物語 5.11b」をフォールもテンションもすることなく登れ5.11j(※)を達成した

(※)5.11jとは
アルファベットの順番を足します
aは1 bは2 cは3 dは4なので足すと10になります
アルファベットの10番目がjなので「ペガサス 5.11a」「タイコ 5.11c」「ワンマンショー 5.11d」「小熊物語 5.11b」をフォールもテンションもすることなく登れれば5.11jになるという事です
これを提唱したのはS山仙人ですが本来の5.11jは4本のルートをレストすることなく続けて登らなければならないとの事ですが混んでいる時は至難の業です
過去に正真正銘の5.11jを達成されたのはS山仙人とアンパンマンさんのお二人だけです

この日道場周辺には春が訪れていました
IMG_20200331_135854_738.jpg
駅前の桜は満開間近 今週末が見頃かな
DSCN0296.jpg
正面壁反対側に椿が咲き誇ってました
DSCN0297.jpg
アプローチにはミツバツツジが満開

良い季節の始まりですが新型コロナウイルスの拡大で喜んではいられない
早く収束してくれることを願う

| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ