FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:スポーツ
土曜日は神鉄木幡駅から藍那駅まで行き、藍那古道⇒丹生山⇒シビレ山⇒吞吐ダム堰堤⇒栄駅⇒家のコースを。 
DSC_0231.jpg
コロナ禍以前から乗客は少なかったが私が乗った車両は10人程でした。
藍那駅は二つ目。少し引き返し藍那小学校を目指す。
DSC_0232.jpg
明治6年(1873年)開校で市内唯一の木造校舎だそうです。

フェンスに付けられたプレート
DSC_0233.jpg
ここ藍那古道から丹生山を目指す。暫くコンクリート舗装路を行く。分岐が何ヶ所かあるが左へ行く
DSC_0234.jpg
この分岐が最後。左へ。
DSC_0235.jpg
藍那古道は、古くには義経や弁慶が進軍した道とも伝えられる歴史ある道らしい。
DSC_0236.jpg
しかし現在はハイカーよりオフロードバイクが走り回っている

実は私も30代の頃オフロードバイクで白川林道⇔藍那古道⇔丹生山頂を走り回っていました。
この日は1台だけ遭遇しました。

古道の出口は
DSC_0237.jpg
赤矢印が丹生山
DSC_0238.jpg
黄色矢印の丹生神社の石の鳥居をくぐって道なりに行きます。

舗装路を暫く歩くと所々に
DSC_0241.jpg
丁石と呼ばれる石塔がある。これがある道が山頂の神社に続く参道になります。
暫く行くと左手に
DSC_0243.jpg
ここで舗装路と分かれます。
約20分の登りで
DSC_0245.jpg
丹生山頂神社(赤矢印)と帝釈山・シビレ山(黄色矢印)への分岐へ
DSC_0250.jpg
丹生神社の本殿。ここが山頂になるのかな?。
DSC_0251.jpg
階段を降りたところに社務所(左の建物)があり何故か土俵があります。
ここもオフロードバイクで走り回ってました。その所為か柵が何時の間にか出来ていました。

丹生山系は六甲山系と違い眺望が殆ど無い。
DSC_0247.jpg
山頂から唯一見える景色。北鈴蘭台周辺かな?

ここからシビレ山へ。この日で先日と2回目のシビレ山通過になるが、三角点も頂上を示すプレートを見掛けることがなかった。
ただYAMAPの地図では通過したことになっている。シビレ山から衝原湖に下りる道は何本かあるが一番西に出る道を下った。
DSC_0252.jpg
途中眺望のええところで少し早い昼飯を。シリアルバーよりやはりおにぎりが旨かった。
DSC_0253.jpg
正面の二つの小高い山は右が【雄岡山(おっこさん)】左は【雌岡山(めっこさん)】
左の山の名の頭にア行の最後の字を付けないように^^;
長男が小学校低学年の時に会社の慰安行事でこの辺りで芋堀をした時、この山の麓を歩いた。その時案内板に誰かがいたずら書きをしていて長男がア行最後の字を付けて大声で読んだ。周りには会社の家族連れが大勢いたが怒る訳にもいかず『そやな』と言いながら急いでその場を離れた。今思い出しても冷や汗もんである。
左の湖面は衝原湖。右の白い大きい方の建物は三木防災公園にあるEディフェンス。

この日の行程
share_1589003742568 - コピー
赤矢印間は神鉄乗車区間。黄色矢印間が藍那古道。赤三角は丹生山。緑三角はシビレ山。黄色楕円は蝙蝠谷。
歩数計での歩数は28,307歩でした。

翌、日曜日は昼から近くを徘徊
share_1589110753785.jpg
歩数計での歩数は14,628歩でした。
| BLOG TOP |

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ