プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日仕残していた駐車場と他に2ヶ所をU氏と午前中に草刈りをした。
蝙蝠谷草刈り 004
5月6日に刈ったところにもう草が伸びていた。

蝙蝠谷草刈り 006
二人で刈れば早い。

続いて車止め横の空き地を刈った。
蝙蝠谷草刈り 007
ここは大きな石が隠れているのと石の下がマムシの巣になっているので要注意だ。
蝙蝠谷草刈り 008
ここで何匹ものマムシを捕まえてマムシ酒を造ったが生臭く飲む気がしないとU氏の弁。
私も飲みたくない。

そして蝙蝠谷への入り口を刈った。
蝙蝠谷草刈り 012
刈り取り後↓
蝙蝠谷草刈り 014
これで暫くは刈らなくてよいだろう。
次回は8月の終わり頃にかろうかな…。

よく降ったので衝原湖も満水状態。
蝙蝠谷草刈り 011
土砂も一緒に流れ込んだためだろう茶色く濁っていた。
しかしよく降った後はヘラブナが良く釣れるとU氏の言葉通り多くの釣り師が来ていた。

草刈りが終わりU氏と別れて岩場に向かったが
蝙蝠谷草刈り 016
幻の滝だけでなくフィックスのあるアプローチも滝になっていた。
『こりゃ登れんなぁ~帰ろかなぁ~しかしmuraさんが来るかもなぁ~』と独りブツブツいいながら滝を観ながら昼飯を食った。
昼飯後サンダルに履き替えて右の巻き道から岩場に行った。
蝙蝠谷草刈り 020
過去何回も雨後に蝙蝠谷へ来たが今日は全てのルートが濡れていて登れるところは無かった。
こんなことは初めてだ。
元々登る気はなかったが以前から気になる個所があったので手直しをした。(リード君もう大丈夫やで)
作業の途中にmuraさんが来た。
muraさんんもべったりと濡れている壁を観て驚いていた。

梅雨に入ってからクライマーが訪れていないのか駐車場から蝙蝠谷入り口までのアプローチにゴミが多かった。
muraさんと二人で奇麗に拾った。(muraさんお疲れ様でした)
散歩に来ていた夫婦連れから『ボランティアでゴミを拾われているのですか?』と聞かれたので『そうです』とだけ答えた。
それと自転車道の清掃を委託されていると思われる方からも頭を下げて挨拶された。
このアプローチのゴミの殆どは釣り師や散歩に来ている人達が捨てていったものでクライマーで捨てる人はいない。
一時期クライマーでない人達が捨てたゴミを拾うのに腹を立てたこともあったが随分前から奇麗になればええやんと思い抵抗無く拾えるようになった。
最近ではゴミが落ちて無かったら寂しく感じることもある。

しっかしよ~降るなぁ~。来週末は登れるかなぁ~。
コメント

どのルートでしょう?次行くのが楽しみです

いつも岩場と周辺の整備ご苦労様です。

お中元

リード 君≫
ちょっと早いけど気持ち良く登って

今日は天候が悪いだろうと昼からの出勤を決め込み、北神戸に向かうも段々と曇り空に・・・衝原湖に流れ込む谷すべてに霧がかかっていました。
マメオさんから中止の連絡もないのと、お返し物があったので、のんびりとサイクリング・ロードをゆくも、道の上を水が流れた跡がくっきりと残っていました・・・。
途中、刈ったばかりの草原やアプローチ道がありました。有難うございます。
私もアプローチの滝を見たときは私も引き返そうか・・・と思いましたが、サンダル履きだったので、滝の脇を直登しました。

今日、全てのルートがべったりと濡れていたのには、ビックリしましたが、良い買い物ができたので、成果あり!といった感じです。

いつも、岩場の整備等、ご尽力有難うございます。
来週は登れると良いですね~

次回挑戦

muraサン≫
滝になったアプローチ横を直登したと聞いて吃驚!
次回沢靴で挑戦してみるわ。^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ