プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
三日目も源助崩れに行った。
途中いけさんにワッフルやスフィンクスを案内していただいた。
気候の良い時期に登りたいと思う。

源助に来るたびに憩いのテラスへのアプローチの正面に見えるルートが前々から気になっていた。
「猫のひめい 5.10b 10m」とあらみちゃんに教えてもらいO.Sトライした。
2010.07.16~19三倉岳 035
TRのあらみちゃん。

出だしの右に大きく開いた水平クラックに右足をロックさせキャメ#3.5をセットしてO.Sトライを開始。中間部に右上する平行に並んだ2本のクラックうち下のクラックをジャムせずにアンダーでもって上のクラックにキャメの赤をセットした。
あらみちゃんがそこはみんなジャムするとこやで。とビレイしながら喚くが私は下手なジャムよりアンダーの方がええのや!と喚き返す。
クラックが終わる所から垂直に走る短いクラックもジャムせずにピンチで持って唯一のボルトにクリップしこれで落ちても安心と胸を撫で下ろす。
残すは2m程なのだが顕著なホールドが見当たらない。
左のカンテにホールドらしきものを見つけ手を出したら大穴のガバだった。
これ幸いにとガバでがばっと身体を上げその奥にあるフレークを掴んだらまたまたガバだった。
最後は結局左カンテを登ってトップアウトし赤松の木にシュリンゲで終了点を構築しO.Sしたと喜んだが
R氏がひょっこり現れ左カンテを登ったら駄目じゃが~核心部を逃げとると言われた。
なるほどそう言われれば簡単やなぁ~と納得。
前に一度TRで登ったあらみちゃんが何も言わないので左へ逃げたが生涯の一度のO.Sチャンスを逃して残念だった。

次に前日○防さんが微妙な足遣いで登っていた「モアイ・カンテ 5.11b 20m」に取り付いた。
日本100岩場では5.11aになっているがトライされた多くのクライマーの意見で現在は5.11bになっている。
2010.07.16~19三倉岳 037
モアイ・カンテをリードする?君。

出だしはラッキーネーブルやモアイ・クラックと同じ。
クラックが終わりフェイスが核心の始まりなのだが出だしは易しい。
フェイスの上に水平に走るクラックを取るのが最初の核心なのだが、私はラインを間違え早くカンテの右に入ってしまいどうにも出来なくて敗退した。
涼しくなって条件の良い時期に再度チャレンジしたい。

14時過ぎに岩場を後にし帰路に付いた。
大した渋滞に合うことなく19時半ごろ家に帰り着いた。

このツアーであらみちゃんが左薬指をパキり満足に登れなかったが、元々彼女はこの時期手がぬめるので真剣に登らない。
翌日医者に診てもらったらどうもない。と言われたそうです。

私は5ヶ月振りに気合の入ったクライミングが出来たし結果も出せたので大満足のツアーだった。
R氏、まゆみさん、いけさんから涼しくなったらお好み焼きをするので是非おいでんさい!とお誘いを受けた。何をおいても出かけようと思っています。

又このツアー中に久し振りにお目にかかった方や初めての方などと楽しい時間を過ごすことが出来たのが一番の収穫だった。

今夜で三倉岳ツアー記事はおしまい。

そうそう忘れてました。
三倉平に熊の親子が出没したそうです。
2010.07.16~19三倉岳 032
コメント

やってますな~

オメオさんやってますね~。いつかはクラックやってみて~

それよりもアラミ嬢のパキリのほうが気になったりしたて。また遊んでもわんといけんしね~。

rockwave さん≫
たまにするクラックも楽しいですよ~。

あらみちゃんは秋の涼しくなる頃には治るでしょう。
遊んでやって下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ