プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
         「知ることが理解への第一歩」
        -HIV/エイズとともに生きるー
HIV/エイズとは
エイズを引き起こすウィルスをHIV(ヒト免疫不全ウィルス)といいます。
HIVに感染したことが原因となり、身体の免疫力が低下することによって発症するのがエイズ(後天性免疫不全症候群)です。

増え続けるHIV/エイズ
日本国内のHIV感染者は年々増加し、平成20年は過去最高の1,545人で一日あたり約4人が感染している状況にあります。新規感染者のうち若年層(10代~20代)の占める割合は22%を超えています。
最近では特定の相手(夫婦や恋人などから)の感染が多くなっています。

無関心ではいられない感染症
HIV感染の多くは、HIVに感染している人との性的接触です。
感染拡大の要因は、「無防備な性的接触にある」という認識がないこと、
HIV感染しても数ヶ月~10年は症状が現れないため知らない間に感染し、
また他人に感染させている、などが挙げられます。予防行動(コンドームの使用等)をとらなかった性的接触によって、HIVは誰もが感染の可能性があります。自分の身近な問題として考えてみませんか。

早期発見が鍵
エイズは、早期にHIV感染がわかり早期に治療すれば、発症をコントロールができる病気であり、今までどおりの生活を続けることが可能になっています。
HIVに感染したかどうかは、検査でしかわかりません。血液検査は、匿名で受けられ、プライバシーが守られるようになっています。感染の不安があるときは、検査を受けることが大切です。

HIV/エイズとともに
感染の不安があっても検査に行けない人やHIV陽性を家族や友人に言えないでいる人がまだまだ多くいます。
HIV/エイズの正しい知識を持ち理解すること、差別や偏見を持たず、エイズとともに生きやすい社会をみんなでつくっていきましょう。


ちなみに私は陰性でした。
コメント

正しい知識を

ご無沙汰しておりました。

エイズについて正しい知識を持っていない人は多いと思います。
まず正しい知識を持つことが一番大事でしょう。

そのためにも中学の早い時期や小学校高学年ぐらいで、きちんと学校で学ぶべきです。(性交渉については発達段階も考慮して)

なにで感染するのか、しないのか、メカニズムはどうなのか、エイズの人とどのようにつきあっていくのか。
できれば参観日に授業をして、保護者と一緒に学べるといいと思います。(意外と保護者の方が知らないことが多いです)

「知らなかった」は、やはり不幸につながります。
性教育についての議論はあるでしょうが、性は「りっしんべん(心)に生きる」なんですから、みんなが互いに生きていくための知識の獲得と心がまえの教育だと思います。
科学的にキチンと教師が教えれば、子どもはまじめに受けとめるはずです。

お夕 さま≫
ご無沙汰しています。
…性は「りっしんべん(心)に生きる」なんですから、みんなが互いに生きていくための知識の獲得と心がまえの教育…
今までは教える側も教えられる側も恥ずかしいとの気持ちからか避けてきたように思います。
性教育をしっかり行うことにより胎児遺棄や子どもへの虐待がなくなるのではと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ