プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今夜半年振りに眼科で緑内障の検査を受けた。

もう三回目なので途中から見えない範囲が多いなぁ~と思った、特に左目は酷かった。

先生が検査表を見るなり『ん……左目が今までで一番悪いですねぇ~。どうしよう…ん……よし!薬を変えましょう。次回は半月後の4月に来て下さい』

しかし自覚症状は全く無い。

これといった予防法は無く、目薬を一日一回差すだけだ。
001_20101022212035.jpg
黄色から青色のに変わった。
半年間毎日忘れずに差さなければ。
最悪の場合手術すれば進行は抑えられるそう。
まぁ~なるようになるやろ。

明日は久し振りに姫路の奥の雪彦山に行く。
ソノさん、ポチさんが拓いた三峰「ニッチモ」4P、130m、5.10dから不行岳南東壁「サッチモ」3P 5.10c に継登する。
トポによれば

雪彦山三峰「ニッチモ」を2007/11/11、岩と雪の会こぶしの園田、東川で開拓、初登した。
このラインは三峰下部前傾壁の弱点をついて上部へ抜けるもの。先に開拓した地蔵岳のセッピコルネッサンスや上昇気流ほど、グレードは高くないが、総合的な力が試されるラインだ。決して気軽に取り付けるルートではない。
 1P目はクラックや、コケを取り除いた後の岩溝に、カム&ナッツを多用しボルトを制限した。浅いクラックを利用するため、完璧なカム&ナッツの技術が求められる。前傾しているが、ラインは斜上しているので、どこでもフォールが赦されると言う訳ではない。特に前半はフォールしてはならない箇所がある。常に一つ手前の支点まで戻れるようなクライミングが必要だ。カム&ナッツの振られ止めも必要。また先のボルトが見えないこともあるから、当然ボルトを辿るようなクライミングはできない。ラインを読んで、岩が導くように登ってもらいたい。
・使用ギア:ヌンチャク10数本、キャメロット1番〜エイリアン青まで、ナッツ1セット
・取り付きは前傾壁入口のケルン
・下降は同ルートを懸垂3P(ダブルロープ要)or三峰のコルから不行沢へ下降(60mシングルロープ)
・2、3、4ピッチは傾斜も落ちて、先読みし易いので、1ピッチ目のような困難はなく、技術的に
 は今日のスポートクライミングと大差ない。

となっている。果たして無事に登りきれるだろうか…。
今から緊張してきた。
詳細は明日に←無事ならば^^;

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ