プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
IMG_20101130195159.jpg
登攀工作員さんのブログで紹介されていたのを見て、早速借りて読んだ。
読みだして、既に読んだような記憶があったが構わずに読んだ。

燃料もコンロもなし。食料は米(一日一合)と味噌と基本調味料のみ。電池で動くものは携帯しない。
地図は五万分の一地形図。ルート上に登山道を極力入れない。装備は基本的な服装に、ザッグ、雨具、渓流足袋、サンダル、帽子、包丁、ノコギリ、鍋、タープ、ろうそく、古新聞、シュラフ、シュラフカバー、ライター、三ミリパワーロープ、メタ(着火剤)、釣具、コンパス、テーピング、必要があるときは、登攀用ベルトとロープ。
一週間ほどの山行なら、全装備、全食料が三五リットルのザッグに余裕をもって収まってしまう。
森の命を食して生きようというなら、危険や不快に身をさらし、森の糧になるかもしれないリスクを背負ってこそフェアといえる。そうすることで、ゲストからケモノへと近づける。

なんでソロなのか。
これにはいくつかの理由が複雑に重なりあっている。気ままなほうがいい、とか、登山を独り占めしたい、仲間と休みが合わないなどが単独行になる理由であり、楽だから、経済的だから、たのしいから、確保してほしいからというのが仲間を求める理由だろう。行くもやめるも自由気まま、月明かりがあれば夜中も歩き、よさそうな草原に出くわしたら昼間でもテントを立てる。これは単独行の利点だ。僕の場合はあえて厳しい状況に自分を追い込むとか、ただ格好いいと思うからという理由でソロを選ぶこともある。




読みながら、私自信ならどちらを選択するのか…考える事も無く私は仲間を求めるだろう。
一番の理由は山の中で一人で寝るのは恐過ぎるからだ。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ