プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
IMG_0001_20110224194338.jpg
2003年4月26日(土)アメリカ合衆国ユタ州ブルージョン・キャニオンでキャニオニアリング(峡谷探索)中に著者のアーロン・ラルストンは、落岩に右手首をはさまれ5日後に、みずから腕を切断して脱出した。
ほとんど陽射しも届かない地底に閉じこめられ脱出までの5日間に食料も水も無くなり自分の尿を飲みながら迷妄、錯乱、幻覚にとらえられながらも、冷静に脱出の方法を考え試行錯誤を繰り返しついに生還した。

日本に於いてもクライミング中に起こりうる可能性は十分にありえる。
もし私が同じような事故に遭遇した場合、同じような行動がとれるだろうか。
泣き叫び自分の悲運を呪い、野たれ死にするのが関の山だろう。


それからこの本にも書かれているが遭難者の捜索体制等を日本と比較した場合、果たして日本は充分なのだろうか、私がよく行く岩場の中には非常に険しいアプローチを経て行かなければならない所が少なくない。
怪我人が出て119に連絡しエリア名を告げるだけで果たして119の方で掌握しているだろうか。
クライマー間だけで通じるエリア名(例えば帝釈の第一道場など)を告げても相手は全く分からないだろう。

私は最近、岩場を管轄にもつ消防署と連絡会のようなものを設け岩場の所在地を掌握してもらう必要があるのではないかと思うようになった。
ただ日本の場合はやみくもに消防署などに乗り込むと『そんなところで登るな』と言われかねないので十分な根回しを踏んでから行わなければならないだろう。
日本全国のフリークライミングの岩場でエリア名を告げるだけで即座に救助体制が敷かれる仕組みがあればと夢のような事を考える事がある。
しかし夢を実現させたいとの思いもある。
コメント

私もこの本を読んですごく衝撃を受けました。まだお若い方なのにすごいですよね。

救助体制に関しては、一般の登山道は場所を特定する識別標識が普及してきて、番号を告げると消防の方でピンポイントで認識してくれるのですが、クライミングのエリアはカバーされてないところが多いかもしれませんね。
GPS機能付の携帯電話で救助要請をすれば把握することは可能だと思うのですが・・・

にゃみにゃみさん≫
なるほどGPSの付いた携帯電話なら即座に位置がピンポインで分かるんですね。
ただ岩場のあるエリアはかなり複雑なアプローチを辿って行かなければならないところが多くあります。
場所は特定出来たがどの道を行けばよいのか?と現状ではなりかねません。
そのためにも意見交換などが必要と思います。
六甲山や帝釈山系に設置されている道標の上に付けられている番号を告げれば即座に位置とアプローチが分かるシステムがフリークライミングエリアに普及する事を願っています。

僕も図書館でこの本を予約しました。
この人の話は知っていましたが、本が出ているとは・・・・・
GPSを調べている時にWebで見たんですが、
ヨットマンの人たちはGPS機能つきの防水携帯を万が一の為に持っているそうです。
海上ではAUが一番入るそうです。
でも、海水に水没すれば数秒でアウトらしいですが・・・・(あくまでも2CH情報です)

カナダからの飛行機の中で映画見ました。「127時間」でしたっけ。本も出た当時読みましたわ~すごいですねえ。海外に行くといつも思うのですが日本人はもっとクライミングを楽しまなければ行けませんねえ。楽しんで冒険してればコンセンサスも得られると思うのですが、なかなかそうなりませんね。

登攀工作員さん≫
GPS機能が付いていても通話可能地域でないと駄目なんですかねぇ?

kiyomiさま≫
カナダへ…ええなぁ~。
映画になっているんですか?

映画になってます。グランドキャニオンの赤土が興奮させてくれます&チムニーに挟まっていくところとか。でもハーネスもロープも持ってるのに、ナイフ忘れていって・・・まあ私たちも気をつけないと。

Dr. kiyomi ≫
6日目に自ら右腕を切り落とすシーンはどないでした。
私は読みながら『痛い…』と気を失いそうになりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ